FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を鍛えるサイト。

menu

迷晴れFX

日足と4時間移動平均線『乖離』を使ったトレード・アイデア / 週ナビ#293

週刊チャートナビ(2020.07.13~2020.07.17)は、ドル円、ユーロドル、ユーロ円の主要三通貨ペアの一週間を振り返ったチャート考察です。

ドル円

今週の見通し

4時間足に月足+週足ロウソク

  • 5+6月安値サポートと6月高値レジスタンスの戦い。
  • 6月安値に逆三尊をつくり上げ直したが、6月高値半値戻り目108.0付近から売られ再び6月安値を目指してるところ。

TR上段㊤:6月高値

TR中段:7月仮高値と5月+6月安値106.0

TR下段㊦:105.0

4時間足ベアの視点:6月安値を目指す流れを売る。5週前はらみ安値+先週安値を割れば6月安値106.0、これを割れば105.0まで売れる。

4時間足ブルの視点:先週安値、または、6月安値で下げ止まれば7月仮高値を目指す流れを買う。

今週の値動き

1時間足に月足+週足+日足ロウソク


14火曜高値の三尊天井から先週安値まで売られたあと、15水曜安値2番底からWネックまで買われ、先週安値Wボトム完成。底堅く先週安値を更新できなかった。

毎日の見通し

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

07/13 月曜

先週高値から6月安値を目指して売られ中。

1時間足ベアの視点:金曜陰線を先週安値まで戻り売り、売りの候補は先週終値107.0かウリNゾーンまで上がるかも。

1時間足ブルの視点:先週安値Wボトム2番底から仮ネックまでロング。

07/14 火曜

先週安値まで売られる前に上昇を始めウリNに到達。

1時間足ベアの視点:前日高値+先週陰線61.8%戻り売り。

1時間足ブルの視点:前日高値+先週陰線61.8%戻り売り崩れから先週高値を目安にロング。

07/15 水曜

月曜高値+先週陰線61.8%の戻り売りが崩れたかに見えてが前日が同時線、三尊天井になるかも。

1時間足ベアの視点:三尊天井+先週陰線61.8%戻り売り。

1時間足ブルの視点:上昇トレンド押し目買い、押し目候補は107.0周辺。

07/16 木曜 ECB政策金利・米6月小売売上高

先週陰線61.8%三尊天井で売られて先週安値まで急落、カイNゾーンを行き過ぎて先週安値に付けにいき急反発、前日足は下髭の長い陰線。

1時間足ベアの視点:前日陰線、先週安値への2回目の下値試しを戻り売り、戻り目候補は107.0×1時間sma21

1時間足ブルの視点:カイNゾーン押し目買い(前日の値動きはアンダーシュート扱い)、先週安値への売りを受け、1時間sma21を上抜いてからロング。

07/17 金曜

先週安値Wボトムのネックラインまで上昇。

1時間足ベアの視点:前日高値+Wネック(107.5周辺に強者の高値含む)レジスタンスでショート。

1時間足ブルの視点:前日陽線押し目買い。Nゾーン+1時間sma21が機能しそう。Wネックを越えても107.5周辺に強者の高値アリ。

毎日の値動き
15分足に週足+日足+4時間足ロウソク

07/13 月曜

東京時間、赤1金曜陰線戻り売り、赤1ピンバーから安値抜けで先週安値目安にショートしたが微損、売りが弱かった。

上昇フラッグ上抜け青1ロング、売りポジ決済で急騰後にウリN安値で半決済、残りは強者の高値+金曜高値でアウト。

07/14 火曜

東京時間、前日高値をブレイクするもダマシを疑い黄1ロングは見送り、その後、売られ始めたが、先週陰線の戻り売りサイズではないので2回目の上値試し待ち。

ロンドン時間、前日高値を更新したが先週陰線の戻り売り候補なので三尊天井を疑った。

07/15 水曜

東京時間、三尊天井の戻り売りセットアップ待ち。

ロンドン初動、三尊右肩で赤1ショート、4時間足1本下落したところでモミあったので半決済、NY時間、15分sma21で続落、先週安値手前の強い反発でアウト。

07/16 木曜 ECB政策金利・米6月小売売上高

東京時間、売りが弱く1時間sma21にの乗り上げ、107.0レジと1時間sma21サポに挟まれた。

ロンドン初動、1時間sma21を下抜けたが、前日のV字+安値切上げで黄1ショートは見送り。

下値試し完了後に107.0上抜き返しで青1ロング、Mトップで半決済、深夜に押し目買いされ水曜強者の高値でアウト。

07/17 金曜

東京時間、カイNゾーン×1時間sma21で押し目待ち。

ロンドン初動、1時間sma21押し目崩れで一段下がったが、ゾーン内での安値切上げで15分足CH高値まで青1ロング、続く天井試し後、赤1戻り売り、前日押し安値×15分足CH安値でアウト。

ユーロドル

今週の見通し

4時間足に月足+週足ロウソク

4週前はらみ足のなか、4週前はらみ高値に到達。

TR上段㊤:3月はらみ高値

TR中段:4週前はらみ高安

TR下段㊦:5月終値1.110

4時間足ベアの視点:先週高値+4週前はらみ高値レジスタンスで、4週前はらみ安値を目指す流れを売り。4週前はらみ安値を割ると5月終値1.1100サポート(5月安値上昇半値)が控えている。

4時間足ブルの視点:4週前はらみ安値サポートで反転狙い、割れても、1.1100半値押し目サポートが控えている。このまま、先週高値の三尊を崩す可能性もある。

今週の値動き

1時間足に月足+週足+日足ロウソク


先週高値Mトップが14火曜に崩れ6月高値まで買われた。15水曜の三尊天井を崩したが6月高値レジスタンスが強くて急落、このときできたMトップで売られるかに見えたが、先週高値からの買いは意外に強かった。

毎日の見通し

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

07/13 月曜

4週前はらみ高値+先週高値の三尊天井に注目。

1時間足ベアの視点:金曜高値の三尊右肩ラインから金曜安値までショート。1.130押し目崩れで金曜押し安値までショ-ト。

1時間足ブルの視点:1時間CH安値×金曜押し安値サポートで金曜三尊肩までロング、金曜高値(三尊右肩)を越えれば三尊崩れで4週前はらみ高値抜きの可能性。

07/14 火曜

4週前はらみ高値の三尊右肩を崩し先週高値まで買われた。前日終値は4週前はらみ高値をブレイク未遂。

1時間足ベアの視点:4週前はらみ高値Mトップ狙い。前日高値への上値試しから一旦、金曜高値までショート。

1時間足ブルの視点:東京時間は高値追いはせず先週高値抜けを待つか、金曜高値まで下げれば天井への試しでロング。

07/15 水曜

4週前はらみ高値を前日陽線終値が完全ブレイク!6月高値ではレジスタンスされそう。

1時間足ベアの視点:6月高値レジスタンスから前日陽線押し目候補+仮ネックまでショート。

1時間足ブルの視点:前日陽線押し目買い、カイNゾーンは月曜高値から火曜安値だが有力なのは1.135と前日の押し安値。

07/16 木曜 ECB政策金利・米6月小売売上高

6月高値を更新後に急落、前日陽線はピンバー、三尊天井の予感。

1時間足ベアの視点:6月高値+三尊天井右肩からカイNゾーンまでショート。

1時間足ブルの視点:6月高値三尊天井崩れでロング。カイNゾーンまで下がってから買われる可能性アリ。

07/17 金曜

6月高値上1.145で高値切下げMトップ完成、カイNゾーン高値まで売られた。

1時間足ベアの視点:Mトップへの上値試しから戻り売り。カイNゾーン内1.135サポートの可能性もある。

1時間足ブルの視点:カイNゾーンでの下げ止まりを確認後に押し目買い。

毎日の値動き

15分足に週足+日足+4時間足ロウソク

07/13 月曜

東京時間、金曜高値から売られる素振りは見せたがロンドン初動で金曜高値+三尊右肩ラインをブレイク。

ロンドン初動のダマシを警戒、Mトップの可能性アリとみて静観。

NY初動、東京高値Mトップ崩れで青1ロング先週高値でアウト。

07/14 火曜

東京時間、金曜高値への下押し待ち。

ロンドン初動、金曜高値の反発でスパイク狙い青1ロング、先週高値+前日高値更新後のモミで半決済。残りは1.140でアウト。

07/15 水曜

東京時間の上値追いは見送り、6月高値に到達。

ロンドン初動、東京安値への下値試し後、安値切上げ、黄1ロングは6月高値目前で見送り。

6月高値上抜けをオーバーシュートとみて追っかけロングは見送り。

スポンサーリンク

NY時間、1.145Mトップを待って赤1の強反発からショート、急落後、Nゾーン高値サポートでアウト。

07/16 木曜 ECB政策金利・米6月小売売上高

ロンドン初動、東京高値+三尊右肩への上値試しから赤1ショート、この売りが弱くミニWボトムでアウト、前日高値Mトップの予感。

NY初動、東京高値+三尊右肩で再び売られるも乱高下で黄1ショートは見送り。

前日高値との高値切下げMトップ、1時間CH高値+ミニ三尊で赤1ショート、ロンドン安値でアウト。

07/17 金曜

東京時間、カイN高値+前日安値で押し目待ち。

ロンドン初動、15分足ピンバーをサインにロング、1.1400を警戒したがブレイクして6月高値でアウト。

NY時間、すでに高値圏内なので上値追いはせず。

ユーロ円

今週の見通し

4時間足に月足+週足ロウソク


4週前はらみ高値に達して売られた。

先週高値Mトップと先週安値Wボトムになるかも。

TR上段㊤:6月高値

TR中段:4週前はらみ高安

TR下段㊦:5月安値上昇61.8%押し目118.0

4時間足ベアの視点:先週高値+4週前はらみ高値レジスタンスで先週安値目安に売り、これを割れば4週前はらみ安値まで売り。

4時間足ブルの視点:先週安値への戻り売りから先週高値+4週前はらみ高値まで買い。

今週の値動き

1時間足に月足+週足+日足ロウソク


13月・14火はドル円+ユロドルとともに買われた。

15水曜以降のレンジは、レジスタンス側がユロドルの6月高値+1.145、サポート側はドル円先週安値。

14火曜高値が4週前はらみ高値を更新したのに買われなかった背景には、ユロドルが6月高値を日足終値ベースでブレイクできなかったから。

毎日の見通し

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

07/13 月曜

4週前はらみ高値で頭を押さえられ1時間CH安値まで急落後に強く反発して先週金曜陰はピンバーになった。

1時間足ベアの視点:先週高値Mトップからの戻り売り、Mトップネックから売りN安値が売りの候補だが、金曜がピンバーだったので戻り売りが失敗する可能性もある。

1時間足ブルの視点:①先週安値への下値試し2番底から仮ネックまでロング。②戻り売り崩れで先週高値までロング。

07/14 火曜

金曜ピンバーが効いたか先週安値への戻り売り崩れで先週高値まで全戻し、4週前はらみ高値も目前。

1時間足ベアの視点:先週高値への2回目の試しでMトップになればショート。

1時間足ブルの視点:前日陽線押し目買い。押し目候補は121.5のキリ番だが、ユロドルもあわせて考える。

07/15 水曜

前日陽線終値が4週前はらみ高値をブレイク。

1時間足ベアの視点:ユロドルの6月高値レジスタンスが機能すると、ユロ円の4週前はらみ高値抜けがフェイクになるかも。

1時間足ブルの視点:4週前はらみ高値ブレイクからの122.0+先週高値サポートで押し目買い。

07/16 木曜

14陽線が4週前はらみ高値を日足終値ベースでブレイクしていたが、ユロドルのレジスタンスで前日陰線はコマ足になった。

1時間足ベアの視点:前日高値Mトップ+ユロドルのWレジスタンスでショート。

1時間足ブルの視点:前日安値から前日高値への2回目の上値試しをロング。

07/17 金曜

122.5Mトップ完成、日足終値は4週前はらみ高値で2日連続レジスタンス。

1時間足ベアの視点:①前日高値122.5への上値試しから前日安値Mネックを目安にショート。②Mネック割れで火曜押し安値121.5までショート。

1時間足ブルの視点:①前日安値付近、強者の安値で押し目買い。②火曜押し安値121.5まで売られればサポートで押し目買いを考える。

毎日の値動き

15分足に週足+日足+4時間足ロウソク

07/13 月曜

東京時間は売り戻り売りセットアップ待ち。

ロンドン時間、Mトップネックでの戻り売り崩れで青1ロング、先週高値でアウト。

07/14 火曜

東京時間、121.5での押し目待ち。

ロンドン初動、121.5への2回目の反発で青1ロング(ユロドルの金曜高値サポート、先週高値を更新、1時間CH高値でアウト。

07/15 水曜

東京時間の上値追いは見送り、122.5に到達、ユロドルの6月高値抜けをオーバーシュートとみていてロングは見送った。

NY初動、高値切下げの3トップで赤1ショート、ユロドルのタイミングでアウト。

07/16 木曜

東京時間、前日安値で押し目待ち。

ロンドン時間、前日安値Wボトム×1時間キリサゲL抜けで青1ロング、前日高値122.5でアウト。

NY時間、122.5Mトップ+ユロドルWレジスタンスで赤1ショート、ユロドルのタイミングでアウト。

07/17 金曜

東京時間、木曜強者の強者の安値で押し目待ち。

ロンドン初動、15分足ピンバー+ユロドル15分足ピンバーのWサポートで青1ロング、前日高値122.5でアウト。

今週の視点

移動平均線とはある期間の平均値をグラフ化したものです。

平均値なので値動きに遅行しますが、売りと買いの強さであるモメンタム(勢い)の傾向をつかむことができます。

上に傾き、移動平均線の上にレートがあれば買い優勢。

下に傾き、移動平均線の下にレートがあれば売り優勢。

平均値なので期間(ピリオド)を大きくとれば傾きが緩やかに、小さくとれば急傾斜になります。

4時間足移動平均線に比べ日足移動平均線が緩やかなのはそのためです。

強いモメンタムが発生するとレートは遅行する移動平均線から離れていきます。

ビギナーからベテランまで、等しく利益がでやすい相場は、移動平均線に傾きのあるときです。

それはモメンタム(勢い)があることを示唆するからで、無風状態では稼ぎようがありません。

相場に難しい・優しいがあるわけではなく、相場にモメンタムがあるかないか、それが、どの時間足レベルのモメンタムかです。

モメンタムの出現している時間足が上位になるほどトレードがやさしくなります。

4時間足

日足sma21(20~25なら何でもいい)に傾きがなければ、それは日足レベルにモメンタムがないことを示唆しています。

日足sma21は4時間足sma126(4時間足sma21の6倍)と同じことなのでピリオドが大きくなれば必然的に緩やかな曲線になります。

全く値動きのない世界になら、心臓が止まった心電図みたいに、どの時間足の移動平均線もピーッと水平になります。

モメンタムが発生すれば短期足の移動平均線から順番に傾きを示し、日足の移動平均線にも伝播します。

日足の移動平均線は4時間足以下の移動平均線に比べ最も遅く反応します、最後に傾くし、最後まで水平です。

つまり、モメンタムが弱くなるにつれ、日足の移動平均線にレートが集まる傾向が現れます。

今からの内容は、この日足の移動平均線を基準にしたトレード・アイデア。

ボクは日足と4時間足の移動平均線の乖離を『環境認識』として意識しますが、手法にはしてないので、あくまでアイデアです。

興味のある方は手法まで昇華させてみてください。

w9~w11では、傾きのない日足sma21にレートが集まっていて、そこに4時間sma21が絡んでいます。

まるで釣り糸同士が絡まった『お祭り』のようですが、こういうときのトレードは難しくなります。

経験者なら、一段ギアを落として1時間足以下でトレードできますが、ビギナーなら様子見でもいいくらいです。

反対に、w5はモメンタムがあって、4時間sma21が日足sma21から離れていってます。

このように、日足sma21から4時間sma21が離れていくときが『順張りトレード』のチャンスです。

モメンタムが持続すれば、日足sma21の傾きが強まりますが、今回は続きませんでした。

さらに、日足sma21と4時間足sma21が乖離すると、今度は日足sma21に戻ろういう力が働きます。

このモメンタムで『逆張りトレード』ができます。

傾きのない日足sma21にレートがウロウロしてるときはポジションを持たないようにすればムダ打ちを防止できます。

4時間足

w1は日足sma21にも4時間足sma21にも傾きがあるパーフェクトオーダー(完璧な秩序)で、ロング天国、ショート地獄です。

w2・w3は乖離した4時間足sma21から日足sma21に戻るところを逆張りできます。

w5は日足sma21と4時間sma21が絡みだしてムズかしいところです。

w6以降は4時間sma21が日足sma21を上抜き返して、日足sma21から離れていくところなのでロングできます。

来週以降、6月高値でレジスタンスされれば、今度は、日足sma21まで逆張りのチャンスかもです。

注意点は移動平均は値動きに『遅行』すること。

移動平均線が傾く前に値は動き始め、水平になる前に値が止まり始めます。

なので、日足移動平均線に対する4時間足移動平均線の乖離幅や移動平均線の傾きをみるのがいいでしょう。

  • 日足MAから4時間MAが離れるモメンタムを順張り。
  • 4時間MAが日足MAに戻るモメンタムを逆張り。
  • 日足MAと4時間足MAが絡んだらお休み。

値動きだけで相場観を持てる人は必要ありませんが、ビギナーが相場観を身につけるのに移動平均線は自転車の補助輪になります。

このアイデアは時間足のダウン・サイジング可能ですが、下位足になるほど上位足レジサポの影響を受けるのでご注意ください。

あわせて読みたい5つの関連記事








◆お断り◆
この動画は「学習」を目的に制作されたものです。個人の見解を過去のチャートから解説したものであり、未来を予想したり、利益を保証するものではありません。

記事へのレビューやご意見はコメント欄をご利用ください。コメントを「読者さまの声」としてブログや動画に掲載させていただくことがございます。

◆著作権について◆
当サイトは無料でご覧頂けますが、著作権は放棄しておりません。動画等のコンテンツを営利目的でお使い頂くことはできません。

詳細はご利用についてをご覧ください。



こちらの記事もあわせてご覧ください

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (29)

    • ブルースやってもロックになっちゃう
    • 2020年 7月 18日

     いつも動画ありがとうございます。金曜のEURUSDの上昇は意外でした。。。水曜の1.145からの強い反発や、木曜の1.144からキュッと戻された値動きで、「そろそろもう一段下の押し目まで下がるかも」とRASが働いていたと反省しています。金曜は仕事で帰りが遅く、NY時間からのトレードだったこともあり、逆張り⇒損切りでした。後から見ると、6/22を起点とした上昇チャネルにセンターラインが引け、そのセンターライン+前日安値+6/5高値(山尊左肩)が重なっているので、多くの方の意識が集まったのかなと考えております。
     余談ですが、USDJPYの水曜から金曜にかけての15M足チャートは美しいです。迷晴れ様が木曜18時にロングされた箇所を中心に斜めのネックラインを引くと鏡に映したようですね(笑)大衆心理もまた自然の産物なのでしょうか。(夜に書いているので、変なコメントお許しください笑)

      • NoN
      • 2020年 7月 19日

      フィボナッチ・リトレースメントの半値や61.8%付近がよく効くのは自然の造形というものが、人のなかに根付いているせいなのかもしれないと、思ってます。

    • Yoshi
    • 2020年 7月 19日

    今週も動画更新、ありがとうございます。ご無沙汰しております。いろいろとプライベートが忙しく、コメントをすることができませんでしたが、毎週、動画はしっかり拝見させていただいておりました。ここ数カ月で、人生観が変化するような出来事があったのですが、それを契機に、不思議とトレード結果も向上し、ロットもメンタルがブレずに上げることができてきました。ある種の「諦め」というものが、自分の中で生まれたのですが、それにより、相場でも、「諦め」の気持ちを持てるようになったことで、短期足に振り回されすぎず、それでいて、短期足の重要なサインは見逃さず、大枠の環境認識から、ざっくりとしたトレードができるようになりました。(伝わりますでしょうか、、、汗)全て完璧にやろうとしても、相場は自分の都合などお構いなしに好き勝手に動きます。そうであれば、自分にできることだけやって、あとは諦める。相場だけでなく、世の中のありとあらゆるものは全てそうだ。そういう精神性が生まれた時に、迷いが晴れたように思います。今週は、ユーロドル中心でトレードしましたが、ほぼ全て、マヨハレさんと同じ位置でエントリーしていました。利食いがまだまだマヨハレさんに比べれば下手くそなので、獲得pipsは遠く及びませんが、トータルプラスは維持できているので、いいかなと思っています。来週も頑張っていきます。引き続き、よろしくお願いします。

      • NoN
      • 2020年 7月 19日

      いい具合に肩の力が抜けた感じでしょうか(^_-)-☆もしかして肩の荷を下ろしましたか?!

        • Yoshi
        • 2020年 7月 22日

        そっちの肩の荷はまだ背負っています・・・(苦笑)でももう自分の中でも思考に整理がつきつつあり、ゾーンに達している感じです。その節はお世話になりました(^^; おかげで4月のトレード成績は散々でしたが、5,6,7と安定してきました。ほんと、精神状態とトレード結果って面白いほどリンクしてますよね(笑)

    • モモイチゴ
    • 2020年 7月 19日

     いつも動画更新ありがとうございます。

     今週は19.7pipsの勝ちでした。先週木曜日の動画で短期足のプライスアクションについて解説していただきましたが、それを参考にしてエントリー後にすぐ逆行されることが少なくなりました。それで週初めには40pips以上勝っていたのですが中盤から負けが込んでこの結果に終わりました。

     中盤以降目線の切り替えがうまく行きませんでした。15分足から4時間足にかけて自分としてはコロコロ目線が変わるように感じやりにくかったです(実力不足のせいかもしれませんが・・・)。動画作成大変なご苦労かとお察しします。今後ともよろしくお願いいたします。

      • NoN
      • 2020年 7月 19日

      お疲れ様です!今週のドル円は先週安値Wボトムのイメージと、15日ピンバーの扱いがポイントだっかかな、と思います。来週もナイストレードを!

    • ふっかつぐみ
    • 2020年 7月 19日

    いつも何もかもありがとうございます!
    ドル円トレーダーですが、今週は金曜日の目線にラスが働きすぎ利益を持っていかれました。
    私は【7月1日高値】と【半値の戻り売り50%の高値】、【今週火曜の高値】で4Hの切り下げラインを引いていました。日足レベルのWボトム、4HでもWボトムで、その問題の切り下げラインを金曜に1時間足でブレイクしたかのように見えてブル目線になり、短期足をそのラインにそってWボトムを付けてエントリーしましたが、上に抜けませんでした。
    これはまぁしっかり負けたからいいや!と思っていたのですが、週刊チャートナビを見てみるとびっくり!
    なぜなら、あんなに自信をもってひいていた4H切り下げラインを迷晴れさんがひいてもないのです!
    もちろん、チャートの見方はラインの引き方はそれぞれ、十分承知の上ですが、どうしてひかなかったのか?ひけなかったのか?もし、仮に引けるとすらも考えていなかったならば、あんなところで切り下げラインを引いた私が少し見当違いをしているか?小さな気になる点でも構いませんので是非とも助言を頂きたいです!
    宜しくお願いします!

      • NoN
      • 2020年 7月 19日

      先週高値売りと先週安値買いのネックネック攻防と見ました。先週+今週のWボトムとネックラインから売られて下げ止まればロングを考えますが、ネックvs.ネックとみてキリサゲLは引きませんでした。4時間レベルの仮チャネル(オレンジ点線)を別に引いていたせいもあります。

      • Taka
      • 2020年 7月 19日

      横から失礼します。

      私もふっかつぐみさん同様、H4の切り下げラインを引いており、先週+今週のWボトムの3波目のつもりで青1ロングをエントリーして負けました。チャートナビを見るまでの考えも似ていたので反省点を勝手ながら共有させていただきます。

      チャートナビを見たあとでの自分の反省点は、前日高値にできたWトップをしっかり認識しておらず、Wトップの大きさに対して売りが下げ止まったと判断するには1周り小さい波で、高値抜け期待のエントリーをしてしまったと感じています。

      やはりどんなラインを引いていても、そこに至るまでの値動きの認識が足らないとなかなかうまくいきませんね。
      迷晴れさんは本当に的確だなといつも思います。

      勝手ながらコメント失礼しました。

        • ふっかつぐみ
        • 2020年 7月 20日

        Takaさん横から出てきて頂きとても嬉しかったです!
        なんで誰も切り下げラインの事を書いてないの~!?って思って、そんなにおかしな事をしてたのかと焦っていました。
        本当に迷晴れさんは的確でした。本当に脱帽です。ありがとうございました!
        最近、頭の中に迷晴れ動画リストができたのか、迷晴れさんの返信コメントにも『合わせて見て欲しい関連動画は~』と記憶から引っ張り出せるようになってきました笑

    • eri sumi
    • 2020年 7月 19日

    こんにちは。

    乖離は気にしていましたが、こうやって見ると本当にわかりやすいですね!!
    なのに私は焦ってだましに何度も合ってます。。。( ;∀;)とほほです。

    もうちょっとの所なので、ヒントにさせていただきます!!
    いつも動画ありがとうございます(^^♪

      • NoN
      • 2020年 7月 19日

      移動平均線は値が動きだした後から出ないと傾かないので初動を捉えるのは難しいかもしれませんが、乖離した状態から戻る値動きはつかみやすいかと、来週のユロドルどうなりますかねぇ(^_-)-☆

    • 猫チャギラ
    • 2020年 7月 19日

    いつもご教授頂きありがとうございます。先日7/16の迷晴れboxですが時間がなくコメントできませんでしたので、今回の週間チャートナビと一緒にコメントさせて頂きたいと思います。まず7/16の迷晴れboxですが、投稿者さんも言われていたように無理のないロットで入るということが重要だとつくづく思いました。自分も勝率は決して悪くないのですがちょっと調子が良くなるとついロットを上げたくなってしまいます。その結果それまで勝っていた分を1回の負けで全部吐き出し、更にそれを取り戻そうとして無理なエントリーに走り一気にその月の証拠金がなくなってしまう繰り返しです。自分の場合はトレードの手法や相場観を磨くというより、欲を抑えて安定したメンタルを如何に保つかが一番大きな課題になってます。今週の週間チャートナビでは移動平均線の解説がありましたが、他のボリバンや一目均衡表も同じですが、そのインジの特徴をよく理解して適切に使うことが重要だと思います。特に日足以上の環境認識には便利なツールだと思いますが、大まかに環境認識をして更に4時間足以下に落としてマヨハレ先生からたびたびご指摘頂いてるプライスアクションをよく見て、特にダウ理論をしっかり押さえたいと思います。でも繰り返しになりますがやはり安定したメンタルを保って適正ロットのトレードを如何に続けるか、これに尽きます。

      • NoN
      • 2020年 7月 20日

      いつもありがとうございます。おっしゃる通りですね、やり方(体)と在り方(心)を一体化させるのが大切ですよね!あっそれと、下でナンピンしてるコメントは削除でよろしいでしょうか(^_-)-☆

    • mr03911gt1
    • 2020年 7月 19日

    今週もブログ・動画配信ありがとうございます。

    オススメ動画に挙げられている「移動平均線の核心」は私のMAに対する考え方を一変させてくれた動画でした。
    なのでユーロドル15日欧州初動、黄色1のH1SMA21タッチでロングしました。自分なりにH1のチャネルは引いていましたがチャネルの上にまたチャネルを作るパターンかなと思ったんです。そうはなりませんでしたけど。

    人間の脳には生まれつき「顔」に反応する神経細胞があるそうで、〇を三個、逆三角形に配置して真ん中に点を打てば、ほとんどの人が「顔」と認識するそうです。生まれつきでなくても●を三個、交わるように逆三角形に配置すればほとんどの人は隠れミッキーだと認識するでしょう。慣れてきたらそれを半分隠しても脳が無い部分を補完して隠れミッキーだと推定できるようになるでしょう。昔人面魚とか人面〇〇が色々話題になりましたが、あれは人間が元々持っている顔認識神経細胞が反応しているから多くの人がそう思ったんですね。

    トレーダーとしてやっていくためにチャートをずっと見続ける時期が必ず必要(≒経験が重要)なのは恐らくこのためで、迷晴れさんが火曜の段階でドル円三尊の左半分を見ただけで明日三尊が完成するかもしれないと思えた理由は迷晴れさんの脳内には三尊認識神経細胞が後天的に確立されているから、なんでしょう。ちなみに私はその日ドル円の三尊は予見は出来なかったので完成してからM15切り上げライン抜けでショートしました。なのでもうしばらくの間、三尊認識神経細胞が確立するまでチャートを見続ける必要があるようです。

    ちなみにこれは何でプロゴルファーのパットは二回三回曲がってカップインするのか、と同じ理由なんじゃないでしょうか。
    答えは「過去に何度も見たことがあるから」

      • NoN
      • 2020年 7月 20日

      冷静な判断ですねナイストレード!人気漫画、鬼滅の刃でいうところの『隙の糸』ってやつでしょうか。これもチャートをひたすら見てきた成果なのかもしれませんね。

    • 猫チャギラ
    • 2020年 7月 19日

    いつもご教授頂きありがとうございます。先日7/16の迷晴れboxでは時間がなくてコメントできませんでしたので、今週の週間チャートナビと一緒にコメントさせて頂きます。まず7/16の迷晴れbox ですが投稿者さんも言われてましたが、自分も勝率は決して悪くないのですが少し調子が良くなるとついロットを上げたくなってしまいます。その結果一回の負けでそれまで勝っていた分を全部吐き出し、更にそれを取り戻すため無理なエントリーを繰り返し、遂にはその月の証拠金を全部使ってしまうの繰り返しです。如何に安定したメンタルを保つかが大きく課題です。次に今週の週間チャートナビですが、移動平均線の解説がございましたがその他のボリバンや一目均衡表も然りで、そのインジの特徴をよく理解して適切に使うことが重要だと思います。日足以上で大まかな環境認識をして4時間足以下のプライスアクションをよく見てトレードしたいと思います。特にダウ理論はしっかり押さえたいところです。しかし繰り返しになりますが、やはり今の自分は安定したメンタルを如何に維持するかということに尽きます。

    • ている
    • 2020年 7月 20日

     結局ネオワイズ彗星は、見えませんでした(=;ェ;=)

     先日、藤井棋聖の師匠である杉本八段の話をしているテレビ番組があって、ちょっと見ていました。
     面白いと思ったのは、杉本八段のところは授業料というものを取らないのだそうです。理由について杉本さんは、お金を取ると、教える教えられるという上下関係ができてしまい、教えられたことだけではプロとしてやっていけないと話してみえました。
     なんか有料レベルのコンテンツを無料で出し続けているmayohareFXに似ているなあと思いました。
     また指導をすることはあるけど、基本的には自分で考えさせる、ということも話してみえたので、これもまた似ているなあと思いました。藤井棋聖については、一度も指導将棋をしたことはないのだそうです。
     などなど他にも興味深いお話がいくつかあり、いつもだらだらやっている自分の背筋が、少しピシっとしたような気がしました(;^_^A

     そう、もう一つ思い出したのは、門下のルールとして、辞めることは恥ずべきことではない、というのもありました。これには唸ってしまった。。。。

     引き続きお世話になります

      • NoN
      • 2020年 7月 20日

      かねてから、『欲しいものより、ためになるものを。』この考えでやってます。結構な数のサンクスメールも頂けるようになったので、今後も、この方針でいこうと思ってます。

        • ている
        • 2020年 7月 20日

         以前NoNさんは、ここには自分よりレベルの高い人たちも集まるような場所にしたい、というようなことをおっしゃられていたと思います。
         杉本八段は藤井棋聖についてどう思ってみえるんでしょう?
         番組の最後にMCが、次回の対戦の時は、下座に座られるんでしょうか?と聞かれたとき(普通は師匠だと上座になるんでしょうかね??)、杉本さんは、「胸を張って下座に座ります(笑)」と答えられていたことが印象に残りました。

         実はもう一つ、少し前の動画を見ていて、「自己実現」という言葉が頭の中でうろうろしていますが、うまく言葉が出てきません。NoNさん的にネタとして使えそうなら、NoNさんなりのお話を、また、聞かせていただけるとうれしいな、と思います。
         今日は書きすぎだ~(=^‥^A アセアセ・・・

    • たぁた
    • 2020年 7月 21日

    いつもお世話になってます!

    暑いですね~。溶けそうになりながら毎日過ごしてますが
    迷晴れさん体調くずしてないですか?
    お体気を付けてくださいね(*^-^*)

    先週三尊肩からのショート入れました!(デモですけど…)
    でも、いつも入るのが早いです。
    そして中々思い通りに動かず目線が泳いじゃって結果取れずにいることが多いんですが
    三尊重視で根拠が崩れるまでとホールド出来ました。

    待つこと。
    大事ですね。

    今の状況でベストを尽くして、がんばりたいと思います。

    今回も動画をありがとうございましたm(__)m

      • NoN
      • 2020年 7月 21日

      完璧に夏バテです。毎年ですが…養命酒を飲んで頑張ります。結構、『待つ』って漠然とした表現なので、言語化するといいですよね!

        • たぁた
        • 2020年 7月 22日

        言語化、私そこが曖昧なのだと思います。
        深堀してみますね。

        ご指摘ありがとうございました!

    • H
    • 2020年 7月 21日

    いつも素敵な動画をありがとうございます。最近「トレンドはフレンド」という相場格言の深みが身に染みているこの頃です。トレードを正しく学ばなければ余計な知識や間違った成功体験を積んでしまい、変に考えすぎたり裏の裏をかこうとしたり、相場の自然な流れを無視して短期足だけを見て逆張りしてノックアウトしてしまうものなのだよなぁと思っています。純粋にチャートから集められる証拠をもとにして波に乗っていく。最初は5分や15分のさざ波も1時間、4時間のビッグウェーブに発展する感覚を何度かつかめさえすればプラスの成功体験のループに乗れますよね!最近ではトレードを振り返ると、まさにここしかない!という絶妙のエントリーポイントで入れているので、これも迷晴れさんのおかげだといつも感謝しています。

    ただ最近、目標ライン到達前に利食いをしてしまうことがあるのでそこが現状の課題です汗。20~30pipsほど伸ばすのは何の抵抗も感じないのですが、50~100pipsの値幅を狙うとなると我慢できないことが時々・・・汗。いつもは30、60の幅で分割決済しながら利を伸ばすのですが5分をガン見しているとつい「ポチっと」途中で利確してしまうことがあります汗。特にロットを上げて入った時にかぎってこういう傾向があるので、ロットの壁というのはゆでガエルの如く脳を騙し騙し突破していくのがいいのかなぁ?なんて思う今日この頃でした。

      • NoN
      • 2020年 7月 21日

      裏の裏をかかない。ビッグウェーブへの波及。プラスの成功体験。数々の素敵な幸せを呼ぶキーワード、有難うございます(^_-)-☆

      枚数とパフォーマンスは反比例しますね。むしろ、1ロットと100ロットで同じところで利確できることより、適当なところで利食ってしまうほうが精神的に健全かもしれません。ボクの場合、パフォーマンスが崩れない程度の枚数です。

        • H
        • 2020年 7月 21日

        やはりそうですよね。精神衛生的に楽であることが1番なので、今の適正ロットで堅そうな所で適宜利食い。伸ばしたい所は気にならないレベルまでロットを押さえて的な戦略でしばらくトライしてみます。コメント欄でもすっかり迷いを晴らしていただきありがとうございました。

    • 村崎色武
    • 2020年 7月 24日

    お疲れさまです。
    今週は水曜日動画がなかったようですね。
    (それにコメントをと考えてました。こちらにします。)

    以前、迷晴れさんが話しておられた
    ケチなトレーダーは相場では勝てないという一言が耳に残ってます。
    落語に「けちの金づち」というのがあるのですが、
    ケチは相場では泳いで行けないという風に思い、クスッと。

    あとは、頭と尻尾はくれてやれですが、
    でもトレーダーは、頭と尻尾を探すのが仕事なのじゃないかと思いました。

      • NoN
      • 2020年 7月 24日

      すいません。今週の水曜動画はお休みしました。頭から尻尾で体を成すものなので探しますねぇ。頭の先から、尻尾の先まで、わかった上でなら、あげてもいいですが…(^_-)-☆

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内検索

FX人気口座ランキング
オリジナルインジケーター
短期売買特化型口座特集
MT4口座特集
システムトレード口座特集

学習ツールと投資関連書籍

フォレックステスター購入
フォレックステスター・導入ガイド
フォレックステスター有料データ購入ガイド
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント

あなたの負けトレードを徹底解説!

迷晴れボックス
海外FX口座の基礎知識
海外FX口座スペック比較

月別ページ

カテゴリー

シストレ24キャンペーン
FXPLUS