FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を鍛えるサイト。

menu

迷晴れFX

マルチ・タイム・フレーム(MTF)を極める!迷晴れFXオリジナル・インジケーターの解説

マルチ・タイム・フレーム(MTF)分析を極めるための迷迷晴れFXオリジナル・インジケーターの解説。

MTF-Candle

機能と目的

ひとつのチャートに上位足のロウソクを3つまで描画するツール。例えば15分足に週足、日足、4時間足ロウソクを表示することでMTF(マルチタイムフレーム)分析を強力にサポートします。

はじめに、オリジナル・インジケーターは自分用でチャートに複数の時間足ロウソクを描画するインジケーターが欲しくて開発しました。

ロウソク足四本値はそれ自体が強力なレジサポラインになるので、それを自動的に描画するインジケーターがあれば便利です。

おそらく、修正や調整を繰り返さないと良いものができないと思って、知人のプログラマーさんに依頼しました。

試作第一号は、多機能で見栄えの良いものでした。

チャート上に専用パネルを表示できるのでインジケーターのプロパティ画面を開くことなく時間足の変更ができましたが、多機能な分、非常に重く、おそらく低スペックのPCで使用するとチャ-トがフリーズするようなシロモノでした。

チャートの機能は値動きのデータをリアルタイムに更新できることが一番重要なの機能なので、それをインジケーターが邪魔しては素も子もないです。

MTF-Candleはトレンドラインや垂直ラインなどのオブジェクトを使ってロウソク足を描いています。

ラインなどのオブジェクトを自動描画するプログラムは、移動平均線など一般的なプログラムと比べて重くなりがちです。

故に開発するインジケーターは多機能さや見栄えより、”軽さ”をコンセプトにしました。

ユーザー側からは全く見えないことですが、メタトレーダーは1分足をつくるティックデータを常に受信しています。

このティック更新のたびにインジケーターが描画を繰り返すことでチャートはリフレッシュされ最新状態を保ちますが、その分、負荷がかかります。

最近の高性能PCなら問題ないでしょうが、そうではないPCの方はストレスを感じるかもしれません。

そのためMTF-Candleは過去の確定ロウソクは更新せず、最新のロウソク足のみをリアルタイムで更新する仕様にしました。

ティック受信ごとの自動更新ではなく、あえて更新キー”B(デフォルト)”を設けたのはそのためです。

タイムフレームを切り替えるか、この更新キーを押したときのみ、過去からのロウソク足がすべて描き直されます。

トレードはもちろん、週末の検証作業や、MTF分析ツールとしてお役立てください。

MTF-Copy

機能と目的

チャートAのオブジェクト(ライン等)をチャートBやチャートCに色種・線種情報を含めコピーするツール。例えば15分足チャートを監視しながら、1時間足、4時間足、日足といった上位足のレジサポ・ラインを視覚化できる。

MTF-Candle完成後、壁に当たりました。

始めはMTF-Candle側のバクと思って調べたところ、それまで使用していたオブジェクトをコピ-するインジケーターと干渉してしまうことがわかりました。

そのため、MTF-Candleと互換性のあるMTF-Copyをつくりました。

もし、MTF-Candleが重いと感じたら、オブジェクト系インジケーターの干渉が考えられるので、MTF-Copyへの変更をご検討ください。

1時間は青、4時間はオレンジなどチャートごと上位足ラインを色指定して視覚化できます。

Indigo Grid

機能と目的

水平線と垂直線のグリッドを自動描画するツール、50ピプスや100ピプスといったキリ番に自動でラインを引きます。キリ番を視覚化することができます。

プロパティの”水平グリッドのレンジ設定”を行うことで、メタトレーダーのデータ更新毎にライン描画を繰り返さない仕様でPCに負荷がかかりません。

垂直線の位置は時間足ごとに固定ですが、”(FXブローカー)サーバー時間との時差”を措定すると、垂直線にカーソルをのせたとき日本時間を表示します。

Indigo Time

機能と目的

チャートに日本時間を表示させるツール。ロンドン初動、ニューヨ-ク初動、ロンドンフィックスといった時刻の節目の見逃しを防止できます。

NYクローズのFXブローカーのみですが日本時間を表示させます。サーバー時刻とPC時刻の時差を自動計算するのでサマータイムの切り替えをする必要がありません。

MTF-MA

機能と目的

複数時間足の移動平均線を1本から3本まで描画します。

移動平均線は、とある期間(ピリオド)内でのプライスの移動幅を見える化したもの、下位足ほど反応が早く、上位足ほど反応が遅くなるのは、それぞれの期間の取り方が異なるからです。

この特徴を活かした有名な手法が、反応の早い下位足と反応の遅い上位足のクロスをエントリーのトリガーとするゴールデンクロス・デッドクロスです。

移動平均線はそれ自体がレジサポとして機能することも多いうえ、相場の方向性や勢いを分析するのに役立ちます。

指向性があってトレードに向く相場、持ち合いでトレードに向かない相場を移動平均線で視覚的に把握することができます。

トレンドフォローの順張りガイド役。

移動平均線をトレンドフォローの目安として使います。

そのトレンドの始点に移動平均線があれば、そのピリオドの移動平均線はその後暫くは機能することがあります。

上位足移動平均線との乖離幅を狙う逆張り。

順張り方向へ値動きが止まったあとは、ひとつ上位の波の押し戻し候補までの動きが狙えます。

このとき一段上の上位足移動平均線が押し戻しの目安となります。

移動平均線収束は様子見サイン。

複数の移動平均線が収束するのは、相場に方向性や勢いがないことを示唆します。

たとえば上位足が押し目や戻り目をつくり始めるとこうなることがあります。

この局面でムリにトレードしてもムダな損切りを重ねるだけで相場が動意づくことはありません。

使い方やアイデアは無限大です。

MTF-MAを背景の整理やオリジナル手法を考具としてお役立てください。

オリジナルインジケーターは、ブログの右サイド、”オリジナルインジケーター販売所”のバナーからお求めください。

今後も開発を進める予定なのでこうご期待ください。

オリジナル・インジケーター販売所はこちら

サイト内検索

FX人気口座ランキング

オリジナル・インジケーター

オリジナルインジケーター販売所
オリジナル・インジケーター動画・記事まとめ

特化型FX口座開設

短期売買特化型口座特集
MT4口座特集
システムトレード口座特集

学習ツールと投資関連書籍

フォレックステスター購入
フォレックステスター・導入ガイド
フォレックステスター有料データ購入ガイド
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント

あなたの負けトレードを徹底解説!

迷晴れボックス
海外FX口座の基礎知識
海外FX口座スペック比較

月別ページ

カテゴリー

シストレ24キャンペーン
FXPLUS