FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を学べるサイト。

menu

迷晴れFX

CATEGORY相場に学ぶ

【週ナビ#146】敗者の出口が、勝者の入り口。

ボクは他者の損切りや逃げ、利確を意識してトレードしています。そうすることで、必然的に、すぐ順行を始めるポイントでエントリーできることになります。トレードには入り口と出口があって、エントリーしたからには、どこかで利食いか損切りをしなければなり…

【週ナビ#145】弱いものイジメという勝ちパターンもある。

ランチェスターの3原則に「弱いものいじめ」がある。弱い相手としか戦わなければ勝つ確率はグンと上がる。これはトレードにもいえることではないだろうか。それには、そういう弱い相手が何を考え、どういう行動をとるのか知る必要がある。 (さらに…

【週ナビ#144】リスクとは、自分が何をやっているかよくわからないときに起こるもの。

タイトルは、ウォーレン・バフェットの名言ですが、今週も「現在地」を見失いがちな相場でした。自分が何をやっているのかわからなくなったら、「わかるチャート」になるまで待っているべきです。 (さらに…)…

【週ナビ#143】短期トレードではレジサポのスキマが利益になる。

よく言われる、トレンドは簡単で、レンジは難しい。これって常識扱いされてますが、短期売買では、そうともいえないこともあります。 (さらに…)…

【BOX#21】タダ働きは嫌だ!過去の観念が引き起こすココロの負けパターン。

負けパターンのなかには、心理面が原因のものも多くあります。今回、ご紹介する投稿もそのひとつです。これは、ボクも含め、おそらく誰でも身に覚えのあることです。理論的にダメとわかっていても、目の前のネズミに襲い掛かる猫のようになります。悲しいかな…

【週ナビ#142】トレード上達の秘訣はサカサマに考えること。

3年前から、変わらず伝えていることは、売りたいなら、買いたい人の思考をして、買いたいなら、売りたい人の思考をする。そういう逆説思考の重要性です。トレードは相場が俯瞰でき、相手の立場で逆説的な思考ができればいいだけです。あとはひたすら訓練して…

【週ナビ#141】相場も映画も、クライマックスだけ見ても楽しくない。

小泉今日子の歌に「クライマックスご一緒に♪」というのがあったが、長く続いたトレンドのクライマックスは、ブルベア双方向の圧が一定期間かかるため、売りも買いも共倒れになるリスクがあります。映画もトレンドもクライマックスがおいしいのは、はじめから…

【BOX#20】1分足はお手つき足

迷晴れボックスに寄せられた投稿にお応えするコーナー。今回のご投稿内容は、チャート右側(未来)を早く知りたいと思うがあまり、1分足への依存度が高くなってしまうというテーマです。 (さらに…)…

【週ナビ#140】チャートには晴れた顔と曇った顔がある。

チャートはトレーダーの心理状態を映す鏡です。なので、顔と表情があります。晴れた顔のときもあれば、何を考えているのかわからない曇った顔のときもあります。その表情変化に早く気づいて対応することで、負けにくいトレードを実現します。 (さら…

【BOX#19】一貫性とイレギュラー

迷晴れボックスに寄せられた投稿にお応えするコーナー。今回のご投稿内容は、少し変則的な押し目の入り方についてですが、チャートの値動きパターンをレギュラー(通常)とイレギュラー(例外)の、どちらで扱うかという、結構深いテーマにつながります。 …

【週ナビ#139】持合い放れにつけ!

ユーロドルとユーロ円は5週間に渡る持合いをブレイクしました。永らく待った甲斐のあるチャンスでした。 (さらに…)…

【週ナビ#138】トレードはレジサポまでの値幅次第

トレンドフォローが基本手法と考えますが、その途中に起こるブレイクアウトも、見た目にわかりやすいので個人的に好きです。ブレイクアウトはタイミングもさることながら、次のレジサポまでの値幅を意識したいです。 (さらに…)…

【BOX#018】事件は現場で起きるが、その原因は過去にある。

原因は結果よりも時間的に先行します。今、目の前で起きた「結果」の「原因」は過去の中でつくられた因果律です。現場を見なければエントリーはできませんが、なぜ、その結果が起きたのかを過去から読み取ることで、売りと買い、どちらが有利なのか、あるいは…

【週ナビ#137】行き過ぎも相場、行って来いのロウソク足は強い反発の証。

行って来いのロウソク足は、上位足ではヒゲになっていて強い反発の証です。下位足では水平線をブレイクしているので注意が必要です。 (さらに…)…

【BOX#017】目線固定の意義と出口戦略。

迷晴れボックスのご投稿を紹介するコーナー。今回は目線固定の意義や出口戦略からエントリーポイントを考えてみました。 (さらに…)…

【週ナビ#136】時間をミカタにつける。

今週のドル円とユーロ円は待機時間の長い大きなブレイクアウトという好機に恵まれました。 (さらに…)…

【週ナビ#135】猫耳は触っても、額には触るべからず。

ドル円はADP雇用統計と週末の雇用統計でチャートの顔が変ってリセットされた感じです。 (さらに…)…

さらに記事を表示する

サイト内検索

FX人気口座ランキング
短期売買特化型口座特集
MT4口座特集
システムトレード口座特集

学習ツールと投資関連書籍

フォレックステスター購入
フォレックステスター・導入ガイド
フォレックステスター有料データ購入ガイド
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント
海外FX口座の基礎知識
海外FX口座スペック比較

月別ページ

カテゴリー

シストレ24キャンペーン
FXPLUS
迷晴れBOX