FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を学べるサイト。

menu

迷晴れFX

海外FX業者スペック比較


statistic
海外FX業者(ブローカー)を、実績と信頼、約定力、スプレッド、証拠金維持率、入出金の利便性、サポートで比較しました。すでにブランディングに成功している老舗業者と、ここ数年で日本上陸を果たした新興業者では、魅力が異なりますので、今後の参考にしてください。

海外FX業者と国内FX業者の違い

取引方式 スプレッド 追証 証拠金の管理 最大レバレッジ 取引チャート スキャルピング・EA
国内FX業者 DD方式:相対取引で透明性が低い。 極めて狭い 有り 法律により全額信託保全が義務化されている。 個人25倍 オリジナルチャート 規制あり
海外FX業者 NDD方式:取引に関与されず透明性が高い。 普通 無し 業者のポリシーに依存する。 規制なし MT4/5 cTrader
規制なし
国内FX業者の強み
  • 顧客資金の信託保全が義務化されている。
  • 圧倒的なスプレッドの狭さ
国内FX業者の弱み
  • レバレッジ規制(個人25倍)により、少額資金では利益が出しにくい。
  • 週末の価格急変、リーマンショック等の不測の事態が起こると口座資金がマイナスになる追証(負債)を請求される。
  • 顧客と業者の相対取引(DD方式)なので取引に介入される不透明感が否めない。
  • DD業者はスキャルピング、自動売買禁止。
海外FX業者の強み
  • ハイレバレッジなので、少額資金でも利益を出しやすい。
  • ゼロカット方式の業者を選べば、不測の事態が起こっても、預けた証拠金以上に負債請求されない。
  • NDD方式で取引の透明性が高い。
  • スキャルピング、自動売買ができる。
海外業者の弱み
  • 顧客資金管理が業者のポリシーによる。
  • 国内業者に比べスプレッドが普通水準。

安全性の高い海外FX業者の見極めポイント

海外FXは国際的な金融取引となり、日本の法律が適応されず、顧客資金の信託保全も義務化されていません。そこで、なるべく安心して取引のできる海外FX業者を選ぶ条件をいくつか挙げてみました。

顧客資金を「信託保全」または「保障」している

海外FX業者における「顧客の資金保全」は国内FX業者とは違い、業者のポリシー次第となります。顧客資金を、会社のお金とは別に管理することを「分別管理」といいますが、これだけですと、業者内で銀行口座を分けているだけなので勝手に流用される危険性があります。

「信託保全」とは証拠金を、別の管理者(信託銀行等の別法人)が管理することで「分別管理」よりも安全性が高く、さらに安心なのは「信託保全」された証拠金を、第三者機関に監視させていることです。「信託保全」あるいは、それに準じる顧客資金の返金保障をしていれば安全性が高いといえます。

信頼性のある金融ライセンスを保有している

キプロス証券取引所(CySEC)・イギリス金融行動監査機構(FCA)・オーストラリア証券投資委員会 (ASIC)・ニュージーランド証券投資委員会(FSP)などの金融ライセンスを確認して、金融ライセンスを保有しない業者を利用するのは論外なので絶対にやめましょう。金融ライセンスの中でも、FCA次いでCySECは取得が難しく世界的に信頼性が高いと言われています。

ゼロカット方式で追証なし

ゼロカット方式とは、2015年のスイスフランショックやFX業者の営業していない週末に強制決済がマヒするような不測の事態が起こっても、口座をマイナスにしない仕組みのことです。国内FX業者のように「追証」を請求される危険性がありません。

スイスフランショックの際、FXDDは「追証なし」を謳っていましたが、「特殊なケースにあたる場合追証請求をする」と方針を一変しました。これに対してXMFXPROは多額のゼロカットを実施した実績があるので信頼できます。

日本市場開拓に積極的である

ホームページの日本語化・日本人サポートの有無、日本人向け入出金オプションの有無などで日本市場開拓への本気度が伺えます。日本上陸直後の新興業者はシステムに不備があったり、サーバーの安定性が悪いことがあるので、しばらく様子を見るのがいいでしょう。

海外FX業者スペック別比較

実績と信頼

信託保全 金融ライセンス数 資本金 事業開始年度 ゼロカット
FXPRO 2万EUR(約230万円)まで信託保全 キプロス証券取引所(CySEC)イギリス金融行動監査機構(FCA)オーストラリア証券投資委員会 (ASIC) 1億ドル+ 2006年 採用
2万EUR(約230万円)まで信託保全 キプロス証券取引所(CySEC)イギリス金融行動監査機構(FCA)他10ケ国 3億6000万ドル 2009年 採用
LAND-FX 5万GBP(約640万円)まで保障 イギリス金融行動監査機構(FCA)NZ金融サービスプロバイダ(FSP) 非開示 2013年 採用
AXIORY 入金分のみ信託保全 ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC) 非開示 2013年 採用
TITANFX 全額信託保全 ニュージーランド証券投資委員会(FSP) 非開示 2015年 採用
実績と信頼ならココ!
FXPRO
  • 国内FX業者のように顧客資金を「信託保全」していること。
  • 信頼性のある金融ライセンスを取得していること。
  • ゼロカット方式で追証がないこと。
  • 資本力があること。
  • 一定の運営期間があること。

上記5つの条件をみると「安心と信頼」で選ぶならXMFXPROの2社になります。金融ライセンスは信頼性のあるCySEC(キプロス)とFCA(イギリス)をダブル取得しています。

資本金を公開しているXMが3億6000万ドル(375億円)、FXPROが1億ドル(104億円)以上となっていて、国内最大手のGMOクリック証券の43億円、DMM FXの98億円と比べても圧倒的な資金力を保持しています。事業継続期間も他社に比べ長いことで、取引プラットフォームの信頼性も高く安定したパフォーマンスが保たれています。

FXPROは海外FX業者中、最もコンプライアンス意識の高い業者として有名です。「トレードはカジノではなくビジネス」という企業理念からボーナスを撤廃、NDD取引透明性の証明としてカバー先の公開などを積極的に行っていて、顧客の取引に関与することは一切ないことを公言しています。数千万単位の入出金も日常的に行われるなど大口トレーダーにも人気があることからみても、入出金トラブルなどが起こる可能性も低いと推測されます。開業以来、10年間、社名変更もすることなくブランドイメージを築きあげてきた優良業者です。

新興業者には、後発がゆえの魅力がありますが、トラブルの少なさや取引プラットフォームの安定性を優先させるなら、ブランドが確立されている老舗業者に軍配があがります。

約定力と約定スピード

約定方式 スプレッド スリッページ リクオート 約定力 約定スピード
STP Instant FX業者が即時カバー 広い 許容スリッページ設定可 あり 高い 速い
STP Market FX業者がカバー 狭い あり なし 普通 普通
ECN インターバンク直結 狭い(別途手数料) あり なし 普通 普通

「約定力」とは決済注文してから何ミリ秒で約定するか、「約定スピード」とは注文からポジションを持てるまでの時間です。「約定力」と「約定スピード」を決めるのは、注文の執行方式です。よく、サーバーの処理能力と約定力、約定スピードを一緒にしてしまいがちですが、これは全く別の問題になります。XMFXPROLAND-FXAXIORYは具体的な約定スペックを公式サイトで開示しています。

STP方式には2種類あり、「STPインスタント・エクスキューション」は、FX業者側で顧客の注文を即時処理式するので、最も約定力が高く、約定スピードも速いですが、FX業者側がスリッページ等のリスクを負う形になるので、スプレッドが広めです。国内業者の「呑み方式」と同一視されそうですが、顧客数の多い業者であれば、自動で注文をマッチングできます。FXPROのMT4インスタントやXMのスタンダードがこれに該当します。

「STPマーケット・エクスキューション方式」は、受けた顧客注文をそのままカバー先に流します。STPインスタントに比べ、約定力と約定スピードは普通ですが、スプレッドはSTPインスタントより若干狭くなります。AXIORYTITANFXFXPROのMT4マーケットがこれに該当します。STPマーケット方式では、スプレッドが狭い代わりに、急な価格変動があった際、「STPインスタント」よりも、スリッページの発生率が高いのが特徴です。

「ECN方式」はSTP方式より、さらに透明性が高い取引ができますが、売り手と買い手を、その場で探さなければならないため、約定力と約定スピードはSTP方式より劣ります。リクオート(約定拒否)は起こりませんが、スリッページは起こります。その代わりにスプレッドがSTP方式よりも狭いです(別途手数料を含めると普通並みのスプレッド)

STPインスタント STPマーケット ECN
スキャルピング 不向き 向く 向く
デイトレ(1日数回) 向く 普通 普通
デイトレ(1日5回以上) 普通 向く 向く
中長期スイング 向く 普通 普通

約定力が高く、約定スピードが速く、スプレッドが狭い業者は存在しません。狭いスプレッドの業者はスリッページが発生しやすく、反対にスリッページが少ない業者はスプレッドが広めなのが普通です。ネット上で語られている約定スピードは、単にサーバーまでの到達速度であって正直、あてになりません。もとより「約定」だけを重視して業者を選ぶことはナンセンスといえます。一日に何回もトレードするなら、ある程度のスリッページを受け入れ、取引コスト重視の「STPマーケット」、デイトレード以上なら「STPインスタント」、徹底的に取引の透明性を重視するなら「ECN方式」を選択するといいでしょう。

サーバー 情報開示
FXPRO  毎秒7,000件の注文を即時処理 42ミリ秒以内に99.9%の注文を執行
同時アクセスできるユーザー数上限100万人 99.35%を1秒以内に約定
LAND-FX EQUINIX社東京サーバー、Amazon、RousTech、PrimeXM 約定速度0.035秒
AXIORY EQUINIX社データセンター 約定率99.8%+時間帯ごとの約定スピードを開示
TITANFX ニューヨークEQUINIX NY4 金融データセンター  ゼロポイントテクノロジーを導入

約定力や約定スピードとは別問題ですが、サーバーの処理能力が低いと注文が執行されるのに時間がかかります。口座数が多ければ、それだけ強いサーバーが必要になります。新興業者は口座数増加に応じてサーバーを強化していく傾向があります。また、データ送信時間という点でいえば、LAND-FXのように日本国内にサーバーを設置している業者の方が若干有利といえます。日本上陸直後の業者は、貧弱なサーバーが原因でシステムが不安定になることがあるので要注意です。

スプレッドと取引手数料

口座種別 方式 取引ツール 最低取引単位 手数料
PIPS換算
最低入金額 USD/JPY
(手数料込)
EUR/USD
(手数料込)
EUR/JPY
(手数料込)
通貨ペア数
FXPRO MT4 STP Instant MT4 1,000通貨 無料 5万円 1.6 1.4 2.1 69
FXPRO MT4 STP Market MT4 1,000通貨 無料 5万円 1.3 1.2 1.9 69
FXPRO MT5 STP Market MT5 1,000通貨 無料 5万円 1.5 1.4 2.1 69
FXPRO cTrader ECN cTrader 10,000通貨 0.9 10万円 0.6(1.5) 0.4(1.3) 1.0(1.9) 57
マイクロ STP Instant MT4 10通貨 無料 500円 1.9 1.8 2.7 59
スタンダード STP Instant MT4 1,000通貨 無料 500円 1.9 1.8 2.7 59
ゼロ ECN MT4 1,000通貨 1.0 2万円 0.45(1.45) 0.3(1.3) 0.7(1.7) 56
LAND-FX 個人 STP MT4 1,000通貨 無料 3万円 0.8 0.8 1.5 60
AXIORY スタンダード STP Market MT4
cTrader
1,000通貨 無料 2万円 1.3 1.5 1.8 38
AXIORY NANO ECN MT4
ctrader
1,000通貨 o.6 2万円 0.3(0.9) 0.4(1.0) 0.9(1.5) 38
TITANFX スタンダード STP Market MT4 1,000通貨 無料 2万円 1.33 1.28 1.74 63
TITANFX ブレード ECN MT4 1,000通貨 0.7 2万円 0.33(1.03) 0.2(0.9) 0.74(1.44) 63
STP口座 狭いスプレッドならココ!
LANDFX
AXIORY
TITANFX
ECN口座 安い手数料ならココ!
TITANFX
AXIORY

FX業者の手数料はSTP方式はスプレッド、ECN方式のスプレッドは極めて狭いですが別途手数料がかかります。海外のNDD方式は変動スプレッド制なので、業者にもよりますが、日本、ロンドン、ニューヨークの3大為替市場が重なる日本時間22時以降が最もスプレッドが狭くなる傾向にあります。

STP口座ではLAND-FXがダントツ狭く,次いでAXIORYTITANFXFXPRO(マーケット)が肩を並べています。ECN口座ならAXIORYTITANFXの手数料が安いです。

取引プラットフォームはMT4とcTrader(ECN口座専用)の主に2種類で国内FX業者のような専用チャートはありません。FXPROAXIORYが提供するcTraderは余計な機能を極力排除した軽快な操作性と、グラフィカルなインターフェイスを備えた最新の取引ツールで板情報や1Tick足から月足まで39の時間足に対応しています。

証拠金維持率

口座種別 最大レバレッジ 証拠金維持率(ロスカット水準)
FXPRO MT4/5 500倍 証拠金の20%
FXPRO Ctrader 500倍 証拠金の30%
マイクロ・スタンダード 888倍 証拠金の20%
ゼロ 500倍 証拠金の20%
LAND-FX 個人 500倍 証拠金の30%
LAND-FX ECN 200倍 証拠金の30%
AXIORY スタンダード/ナノ 400倍 証拠金の20%
TITANFX スタンダード/ブレード 500倍 証拠金の20%

強制ロスカットとは一定の証拠金を上回る損失がでた場合、ポジションを自動決済する仕組みのことです。一般的には証拠金維持率100%~300倍ほどのレバレッジでトレードするのが安全とされていますが、あえて、少ない証拠金にハイレバレッジをかけると(ハイレバを推奨しているわけではありません)、最大レバレッジが大きくても「証拠金維持率」が低いことで、あっという間にロスカットされることになります。証拠金維持率が低いほどギリギリまでポジションを保有できます。「証拠金維持率」が100%に近い業者は少額資金+ハイレバトレードには不向きといえます。

※証拠金維持率=有効証拠金(証拠金±含み損益)÷建玉必要証拠金×100

入出金の利便性と手数料

 入金  国内銀行入金 クレカ/デビカ  海外送金  電子マネー
FXPRO 無料対応 無料 無料(別途中継手数料+着金手数料) Paypal/Neteller/Skrill
無料対応 無料 無料 (別途中継手数料+着金手数料) Neteller/Skrill
LAND-FX 無料対応 無料 無料(別途中継手数料+着金手数料) 未対応
AXIORY 無料対応 無料 無料(別途中継手数料+着金手数料) Neteller/Skrill
TITANFX 無料対応 無料 無料(別途中継手数料+着金手数料) Neteller/Skrill

出金 クレカ/デビカ 海外送金 国内銀行出金 電子マネー 専用プリペイドカード
FXPRO 1.6% 無料(別途中継手数料+着金手数料) Paypal/Neteller/Skrill 未対応
無料 無料(別途中継手数料+着金手数料) XM負担 Neteller/Skrill 未対応
LAND-FX 無料 $45(別途中継手数料+着金手数料) 未対応 対応(登録に要パスポート)
AXIORY 無料 無料(別途中継手数料+着金手数料) Neteller/Skrill 未対応
TITANFX 無料 出金額の1%(30万円以下は3,000円) Neteller 未対応

⚠電子マネーやクレジットカードを使った入出金は大変に便利ですが、日本人利用者の急増や資金の流れが把握しずらいために規制対象になりやすいオプションです。現在、FXPROのPAYPALを除き、海外FXにおいて電子マネーに関して日本居住者の利用ができにくくなっていて、取扱いを中止する海外FX業者も増えています。必ず最新の公式サイトもご覧いただき、不明な点はFX業者にメールでお問い合わせください。

国内FXでの入出金は「銀行送金」のみですが、海外FXでは様々な入出金オプションが選べます。国内FXと違い、海外とお金をやりとりする海外FXでは、資金の移動に手数料がかかるため、こまめに入出金する方なら手数料も気になるところです。

2016年10月時点で最も確実でおすすめなのは、入金は「国内銀行送金」、出金は「海外(銀行)送金」です。日本市場の開拓に積極的な業者は「国内銀行送金」オプションを用意しています。出金は「海外送金」となり銀行側の手数料がかかりますが、国際取引である以上やむを得ないでしょう。

  • 国内銀行送金(入金)

国内FX業者の「クイック入金」と同様に、業者が日本国内に口座を設け、そこへ入金する仕組みです。海外送金ではないので、手数料も数百円程度と格安です。今後、日本人にとって主流となりそうな入金オプションです。

  • 電子マネー

電子マネーを利用した入出金は、資金の移動がスムースで手数料も安いので大変に便利です。最もおすすめなのは、ドルから円への為替手数料がかからないネッテラーですが、現時点で日本人の利用が制限されていて、専用カードを使ったセブンイレブンATM出金ができなくなり、魅力が半減してしまいました。(業者によってはネッテラーを利用できる旨のアナウンスがありますが、時間の問題で利用できなくなる可能性があります)

国内と海外では電子マネーに対する考え方が違い、海外では主流ですが、国内では規制対象になりやすいオプションです。今後、ビットコインを含めた電子マネーへの国内規制がどうなっていくかわかりませんが、今のところ、FXPROが取扱うPAYPAL(世界的に有名な電子マネー)以外は、利用しずらくなるでしょう。

  • クレジットカード/デビットカード

入金は簡単かつ迅速ですが、ショッピングの返金扱いとなるため、出金時にタイムラグが数日から数週間発生します。当然ながら、入金分しか出金できないため、トレードの利益分は他の出金方法を選ぶことになります。銀行系のクレジットカードによっては、対応していないことがありますが、数万円程度の入金であれば選択肢のひとつになるでしょう。

デビットカードは銀行口座と直結しているカードで、銀行口座に残高があれば、そのまま支払いができます。一般のクレジットカードと違い、審査もなく、支払いは即時決済です。入出金の際、デビットカードの方がクレジットカードよりも迅速で使いやすいと言われています。

  • 海外送金(国際送金)

経由銀行側で3,000円~5,000の送金手数料が発生しますが、日本人にも馴染みがあり確実な出金方法です。「新生銀行」に口座を開けば、着金時の手数料を安く抑えることができます。

  • 業者専用プリペイドカード

業者専用プリペイドカードは、円対応ではないので、出金時に「為替手数料」がかかりますが便利で迅速です。しかし、国内での資金移動の把握が難しくため規制対象となり、多くの業者が撤退を余儀なくされています。2016年11月時点で専用カードが使えるのはLAND-FXのみです(申請にパスポートが必要)

日本市場への積極性

業者名 サポート ウエブサイト 取引ツール
FXPRO メール、チャット、電話(フリーコール)、コールバック(全て15時~23時)日本人スタッフ 日本語化 日本語化
メール、チャット(9時~21時)、電話(キプロス英語のみ)コールバック、日本人スタッフ 日本語化 日本語化
LAND-FX メール、チャット、電話(NZ)、コールバック、日本人スタッフ、10時~17時、日本人スタッフ 日本語化 日本語化
AXIORY メール、チャット、電話(日本国内)、コールバック、日本人スタッフ、10時~23時、日本人スタッフ 日本語化 日本語化
TITANFX メール、チャット(7時~21時)、電話(NZ8時~17時)、コールバック(8時~17時)、日本人スタッフ 日本語化 日本語化

電話サポートはFXPROは無料、AXIORYは国内通話、そのほかの業者は国際電話なので事実上利用できませんが、メールやチャットを利用できるので問題ありません。対応時間はFXPROAXIORYが日本時間23時までなので、帰宅後のトレード時間内もカバーされます。

海外FX業者まとめ

FXPRO

口座開設の申し込みはこちら

詳しい解説ページはこちら 

海外FX業者のトップブランド、低スプ業者とは一線を画す比類なき安心感。

FXPROでは顧客をビジネスパートナーと考え、開業以来、透明性の高い取引をモットーとし情報開示も積極的に行うコンプライアンス意識が高い企業です。プロトレーダーの運用をコピーできるSuperTrader口座が20万円から設置できるなど画期的なサービスを展開、数千万円単位の取引を行う大口顧客にも絶大な人気があります。スプレッドの狭さに特化した業者ではありませんが、長年の実績から取引プラットフォームの信頼性や安定性を確保しています。トレードをビジネスと考え、トレード環境の安定性や業者の信頼性を重視するなら、きっと高い満足感を得られるはずです。

✅顧客資金の安全性維持を最重要事項とする企業方針

✅日本人向けサポートの充実

✅SuperTraderはプロトレーダーの戦略を利用できる画期的サービス



XM

口座開設の申し込みはこちら

詳しい解説ページはこちら 

豊富なボーナスと888倍のレバレッジ

ボーナスのXMといっても過言ではありません。口座開設(未入金)だけで$30のボーナスが付与されますので、888倍のレバレッジを活かして、一切お金をかけずに資金を増やしていくことも可能です。老舗ブランドで約定力や証拠金管理への信頼性も申し分ありません。他の業者と比べ、スプレッドが狭くはないので、数ピプスを狙ったスキャルピングには不向きですが、一日、数回のデイトレードなら問題ないでしょう。

✅99.35%の注文を1秒以内に約定

✅無料口座開設で$30のボーナス発生

✅英国の金融庁(FCA)を含め多数の金融ライセンスを取得


landfx

LAND-FX

口座開設の申し込みはこちら

詳しい解説ページはこちら 

スプレッドがダントツ狭い!英国FCAライセンスを取得して信頼性向上。

スプレッドの狭さならLAND-FXになります。この狭さなら国内業者から移行しても違和感がありません。2013年創業の新興企業ですが、2016年6月に最も取得が難しいとされるイギリス金融行動監査機構(FCA)を取得して信頼性がグンと上がりました。日本限定スプレッドや東京に日本人専用サーバーを設置するなど、とにかく日本市場進出に積極的で入金ボーナスも厚いです。

✅日本限定の海外FX業界最狭スプレッド

✅世界で最も信頼性の高い英国FCAライセンスを取得

✅約定スピード0.035秒でサクサク約定


AXIORY

口座開設の申し込みはこちら

詳しい解説ページはこちら 

顧客利益最大化をビジョンとする新興業者

AXIORYは、新興業者の中でも顧客が疑念を抱く可能性のある運営は一切行わないことを宣言していて、取引の透明性を強くアピールしています。FXDDや日本を撤退した大手業者のスタッフが日本向けにマーケティングを行っているようで、日本向けホームページも大変わかりやすく、日本市場へのサービス提供にあたっての本気度が伺えます。

✅約定率99.8%+時間帯ごとの約定スピードを公開

✅STP口座、ECN口座ともに狭いスプレッドと手数料を実現。

✅日本人向けサポートが充実


TITANFX

口座開設の申し込みはこちら

詳しい解説ページはこちら 

日本で人気を集めたPepperstoneの生まれ変わり。

TITANFXはFSP(ニュージーランド証券投資委員会)の認可を受けた新興業者で、かつて日本で人気を集めたPepperstoneの再来といわれています。顧客資金はオーストラリア最大の金融機関であるNAB (National Australia Bank)で信託保全され、万が一業者が破綻しても顧客資金の全額が返還されます。TITANFXはスタンダード口座(STP)、とブレード口座(ECN)の2種類から口座を選択でき、おすすめはブレード口座です。日本語サポートも万全で、メール、チャット、電話に対応、日本時間23時までOK。

✅安心な全額信託保全で万が一でも安心

✅強靭な専用サーバーで安定した約定

✅ブレード口座は海外FX業界最狭スプレッド



関連記事

⚠ご注意 海外FXには高いリスクが伴います。当記事は海外FX一般に関する情報提供を目的として作成したものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。また、正確性、安全性を保障するものではありませんので、最新情報は各業者の公式サイトをご確認ください。当サイトの情報に基づいて被ったいかなるトラブルや損害についても一切責任を負いません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。