FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を学べるサイト。

menu

迷晴れFX

AXIORY(アキシオリー)日本人向けサービスが高評価、勢いのある新興業者。

日本市場のマーケティングが秀逸

axioryb

日本語ホームページがとても見やすく、日本人トレーダーが海外FX業者に求める理想が満たされている印象を受けます。狭いスプレッド、取引の透明性、安定した約定、顧客資産の信託保全、入出金の利便性など、日本人が海外FX業者に口座を開く際、ためらうマイナス要素を潰しています。

なかでも、AXIORYは、取引の透明性を強くアピールしていて、提携先のリクイディングプロバイダーの社名を公開、「顧客利益の最大化」をモットーとして、正真正銘のNDD(ノンディーリングデスク)を保証、顧客との利益相反がないことを宣言していますので、透明性の高い取引が期待できそうです。

2013年に事業を開始したAXIORYは、日本人に向けたサービスの進化を止めないことが高評価できる新興業者です。

口座開設の申し込みはこちら

ナノスプレッド口座(ECN)の手数料は業界最安値

NDD方式を採用するAXIORYには、STP口座とECN口座があります。STPスタンダード口座のスプレッドも、決して広くはありませんが、ECN方式のナノスプレッド口座は、手数料込みでドル円0.9ピプス(手数料をピプス換算)程度と業界最安値を誇ります。ナノスプレッド口座では、今までFxProのみ導入していたcTraderを利用することができます。cTraderはシンプルな操作性と「板情報」を閲覧できる新しい取引プラットフォームです。

約定率の公開とスピードの追及

AXIORYでは時間帯ごとの約定スピードを公開しています。約定スピードを公開している業者は珍しく、AXIORYのアピールする透明性の確保にも一役かっています。EQUINIX社データセンターを利用して、レイテンシー(遅延)の軽減にも努めて1/1000秒のスピードにこだわっているようです。新興業者にありがちなのは、貧弱なサーバーのせいで約定処理が遅れたり、サーバーダウンしたりすることですが、AXIORYでは問題なくクリアできているようです。

信託保全と分割保管

AXIORYはベリーズ国際金融サービス委員会 IFSCの認可と規制を受けていますので、万一、破綻しても、資産返還規約に基づき監査機関の名義で返金されます。メジャー国の金融庁の規制を嫌い、あえて、ベリーズという小国で金融ライセンスを取得しているのは、自由なサービスの提供ができるのと、日本人居住者が、オーストラリアで認可を受けている業者に登録できなくなったようなケースを避けるためと思われます。少し気になる点は、信託保全される金額は「入金分のみ」で、運用利益は補償対象外という点ですが、トレードで得た利益を、長期間預け放しにしなければ問題ないでしょう。

日本人サポートと入出金の利便性向上

入金は「国内銀行送金」に対応しているので、国内業者のクイック入金同様、30分以内に口座反映します。また、「24時間出金対応サービス」により、時差に関係なく即座に出金処理が行われるなど、国をまたいだ送金処理にかかる時間を少しでも短縮しようとする企業努力がみられます。疑問や質問には、日本人スタッフが10時~23時で無料電話、メール、ライブチャットにて対応してくれますので、英語は一切必要ありません。

口座開設の申し込みはこちら

関連記事