FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を学べるサイト。

menu

迷晴れFX

海外FXの基礎知識 世界標準はハイレバレッジ×NDD方式×ゼロカット追証なし

global

国内FXと違い、海外FXの特徴はハイレバレッジ・注文約定にディーラーを介さないNDD方式による取引透明性・追証なしという仕様です。海外居住者からすればスタンダードですが、海外業者ということでネガティブなイメージを持たれている方もいると思います。

通販サイトに国内と海外があるように、FX業者にも国内と海外があります。海外通販サイトで買い物をするなら、海外にお店があるので、その国の法律や規制ルールが適応されます。あえて、海外業者を利用するなら、その基礎知識や常識の違いを知っておくべきと思います。

ハイレバレッジの誤解と心得

海外FX、最大の魅力は「ハイレバレッジ」であることです。国内FX業者のレバレッジには「25倍」という規制があるので、少額資金での取引枚数が限られます。複利で枚数を上げていく方法もありますが、数万円から始めて、短期間に資金を増やそうと考えるなら、現実的に考えて海外口座は国内口座より圧倒的に有利かもしれません。

ハイレバレッジが危険という誤解。

ハイレバ=危険という勘違いをされてる方もいますが、必ずしもそうではありません。問題はレバレッジの高さではなく、歯止めの効かない人間側にあります。湯水のごとくお金を使ってしまう人にとっては25倍も500倍も同じこと。生活費に手を出したり、挙句の果ては、借金してまで追加入金してしまう。これはレバレッジのせいではなく、自制の効かない人間側の問題です。法律でいくら規制しても、この類の愚かな行為は防げません。自己責任を重んじる海外にはレバレッジ規制がありませんが、日本では(自制の効かない)投資家保護のためにレバレッジに25倍の規制を設けています。自制心がないのなら、初めからFXトレードなどすべきではありません。

ハイレバレッジだと、より多く損をするというイメージがありますが、レバ500倍でトレードすれば500倍損するわけではありません。トレードスタイルが決まってくると「平均損失ピプス」も決まってきます。たとえば平均損失ピプスが10ピプスとすると、トレード枚数1枚なら1,000円、10枚なら10,000円、100枚なら100,000円の損失です。ポイントはその損失を許容できるかどうかです。許容できる範囲内でレバレッジ(枚数)を調整すれば問題ありませんし、海外FXだからといってフルレバレッジする必要はありません。

ハイレバレッジ専用ルールを決める。

ボクの知人はかつて、オーストラリアにある某海外FX業者を利用してハイレバレッジでデイトレードしていて、厳格な「資金管理ルール」を定めています。

失くなっても生活に困らないお金でトレードする。

リスクは唯一コントロールできるものです。許容できる範囲内のお金でトレードすれば何の問題も起こりません。彼は、ひと月に損しても生活に支障をきたさない金額を入金、月末になったら翌月分の軍資金だけを口座に残し、利益分を全て出金しています。たとえば、月初に軍資金5万円でスタートして、月末に利益が出たら利益分を出金。もし、途中で5万円が枯渇したら、その月はトレードせずに翌月にまた5万円を入金してトレードを始めるということです。これなら、ひと月に5万円以上損することはありませんし、万が一、FX業者が倒産しても、入金額以上の損失を被りません。

やめ時を決める。

ハイレバトレードは、一般的に言われている1回の損切りを資金の1%~2%程度にするという資金管理方法では成り立たないので、ハイレバ専用の撤退ルー ルを設けなければなりません。彼は、入金分が枯渇したら、その月はもう取引しないというルールを守っています。 これによって、熱くなって追加入金する愚かな行為を防いでいます。

ポジポジ厳禁、ワンチャンスにかける。

ハイレバ・トレードはワンチャンスにかけるので、経験から一日に一回か二回程度、手堅いポイントのみでトレードしています。

国内FX業者にないメリット

レバレッジ規制がないので、少額資金でも大きなポジションが持てる。

2011年、日本国内のFX業者は個人口座のレバレッジを25倍に下げました。これに対して、海外FX業者はレバレッジの制限がありませんので、国内口座よりも、遥かに大きなポジションを持てます。

たとえば、ドル円で証拠金10万円なら、国内口座では、20,000通貨(2枚)までしかポジションを持てませんが、レバ500倍の海外口座なら400,000通貨(40枚)のポジションを持てます。2枚で10ピプス勝っても2,000円ですが、40枚なら40,000円です。

スキャルピングOK・自動売買OK

国内FX業者の多くは「DD(ディーリングデスク)方式」またはOTC方式とも呼ばれる顧客とFX業者との相対取引となっています。この方式だと、顧客の注文が、そのまま為替市場に出されているわけではないので、スプレッド自体、有って無いようなものです。業者と顧客は利益相反となり、顧客が損するほど業者が儲かる仕組みになっているため、取引介入の可能性は否めません。

これに対して、海外は「NDD(ノンディーリングデスク)方式」がスタンダードです。NDD方式は「市場直結型」と呼ばれ、ディーラーを介さずトレードできます。顧客が得するほど業者が儲かる仕組みになって、顧客のトレード回数、枚数がそのまま業者の利益となるのでスキャルピングOK,自動売買OK、両建てOK、取引への介入もありません。

メタトレーダー(MetaTrader)が使える。

メタトレーダーとは、MT4やMT5と呼ばれる、ロシア・メタクォーツ社製のFX・CFD用のトレードソフトで、世界中で利用されています。海外FX業者のほとんどが、メタトレーダーを標準プラットフォームとして提供しています。

国内FX業者でメタトレーダーを利用する場合、海外FX業者のプラットフォームを流用することになります。しかし、これだと国内業者レートと海外業者レートとの間にズレが生じてしまうので、海外FX業者で本口座を開設して業者専用メタトレーダーを使えば、そういう違和感もありません。(数少ないですが国内業者でメタトレーダーを利用できる業者もあります)

追証なし、ゼロカット。

国内FX業者は「追証」といって、〇〇ショックなどの突発的な動きで、口座がマイナスになったら追加入金をしないといけません。これに対して、海外FX業者の多くは「ゼロカット」といって証拠金がゼロになれば、それ以上の追加請求はありません。

高額で豊富なボーナス。

日本のFX業者も、「口座開設キャッシュバック」などがありますが、海外FX業者は、さらに高額なボーナスを提供しています。ボーナスで付与された資金は出金できませんが、トレードの軍資金として使うことが出来ます。

株価指標やCFDなどの豊富な商品

海外FX業者では、FX・株価指数・CFD取引などを、同一口座で行うことができます。

海外FXで気になること。

言葉の壁

多くの海外FX業者は日本語スタッフが対応してくれるので、言葉の壁は全く心配ありません。逆に、日本語スタッフのいない業者は、日本市場に関心がないともいえるので、やめておいた方がいいでしょう。

スプレッドは普通

国内DD方式の極端に狭い「表示スプレッド」を見慣れているとウ~ンとなりますが、実際には、原則固定スプレッド+スリッページ+約定拒否などの隠れコストが発生しています。大事なのは注文が約定する「約定スプレッド」ですが、多くの国内FX業者はこれを公表していません。

最近の国内FX業者だとドル円0.3銭ですが、海外FX業者に多いNDD方式(市場直結型)のスプレッドは1ピプス~2ピプスです。しかし、スキャルピングのような高速回転売買ならともかく、一日数回のデイトレードなら問題ない範囲内ではないでしょうか。近年、日本市場を意識して1ピプスを切る狭いスプレッドを提供する海外FX業者も出てきました。

出金拒否・口座凍結の噂

業者側としても出金拒否をすればライセンスをはく奪される恐れがあるので、滅多なことで出金拒否や口座凍結など起こしません。利用者の資金など業者側からしたら微々たるものなので、出金拒否や口座凍結されるには、それなりの理由があるはずです。

出金時のトラブルで利用者が気をつけたいケースは2つです。ひとつは、クレジットカードで出金すると、なかなか着金しないケース。これについては、FX業者側の問題ではなく、ショッピングのキャンセル扱いとなるクレジット会社側の手続き上の問題になります。

もうひとつは禁止行為を行った場合です。これをすると、口座凍結後、数週間の審査が開始され、最終的には禁止行為によって得られた利益分を没収されます。国内大手業者でも、禁止されている高速スキャルピングを行うことで、口座凍結されたケースは多々あります。海外FXは基本的にはスキャルピングOKですが、業者によっては、サーバーに負荷をかけるようなケースの場合に限り、スキャルピングを禁止しているところもあるようです。

  • 複数口座間や他業者間での両建ての禁止(同一口座内であれば両建てOK)
  • サーバーまでの地理的接続遅延(レイテシー)を悪用したプログラムでのスキャルピングの禁止
  • 他業者間のレート乖離を利用した裁定取引(アービトラージ)の禁止
  • 家族名義で複数口座をつくるなどしたボーナスの不正取得

禁止行為は業者ごとマチマチですが、不正行為の排除と、サーバー負荷対策のためにルールを設けています。常識的なトレードをしていれば問題ありませんが、高速スキャルピングや、両建てをしたいなら、これを全面的に許可している業者を利用するか、一度、サポートに問い合わせてみることをおすすめします。

また、急速に顧客数を伸ばしている新興業者は、入出金管理が運営上追いつかなくなることも考えられますので、出金が遅延している場合はサポートへ連絡をとるようにしましょう。

安全性を信託保全の有無と金融ライセンスで確認する。

FX業者は自らもトレードをしているので、もし破綻した場合、国内FX業者なら「信託保全(顧客資金を信託銀行へ預ける)」で顧客の損害をカバーします。海外FX業者の顧客資金管理は、日本のように信託保全を義務づけられていないので「分別保管」(顧客資金と会社資金を別々の銀行に預ける)だけの業者も存在します。このような業者が破綻したあとは、会社側のや良心まかせということになりますので「信託保全」を行っている業者を選びましょう。

FXCMジャパンが楽天証券に売却されたように、大きな規模の業者なら破綻するまえに吸収合併されますので、利用者側からすると資金の移動なく口座を維持することができますが、小さな業者はそのまま破綻してしまうことになります。

顧客資金管理において、信頼性が高い金融ライセンスは「キプロス」と「イギリス」次いで「ニュージランド」と「オーストラリア」といわれています。XMFXPROなど、キプロスに拠点を置く業者は「投資家補償基金」という信託保全制度に加盟する義務があり、利用者は最大2万ユーロ(230万円)までの補償を受けることができます。この制度は業者の不正防止のためのもので、違法な業者であっても、230万円までは第三者から補償されます。また、英国金融行動監視機構(FCA)は世界でも屈指の厳しい審査規定があり、これを取得できた業者は世界的に信頼性が高いといえます。

金融ライセンスなしで営業している無名な業者を使うのは絶対にやめましょう。FX業者は銀行ではないので、多額の資金を何年間も預け放しにするのも避けた方がいいでしょう。ライセンスを保有しているからといって完全に信用できるかといえばわかりません。詐欺業者とまではいかなくても、トラブルのある業者も存在します。

入出金方法が色々選べる。

クレジット/デビットカード 国内銀行送金 海外(銀行)送金 電子マネー FX業者専用プリペイドカード
入金
出金 〇(入金分のみ)
メリット 簡単・口座への反映が速い 手数料が安い(数百円) 100万円以上の高額送金が可能 口座反映が速い・国内ATM出金可能 国内ATM出金可能
デメリット 出金はショッピング返金扱い 対応している業者のみ 中継銀行手数料は3,000円~5,000円 国内では規制対象となりやすい 為替手数料がかかる・取扱い停止傾向

国内FX業者なら入金も出金も「銀行送金」の一択ですが、海外FX業者では様々な入出金オプションが用意されています。入金に関しては、どれも、国内の「クイック入金」のように、1時間~2時間ほどで口座に反映させることができ不便さは感じません。

海外FXは国際取引となるため、出金時にマネーロンダリングなど犯罪行為対策のためのルールがあります。それは、入金方法と出金方法が、同一名義人かつ同一経路であること。仮に口座に「銀行振込」で入金したなら、出金も同一名義の口座に「銀行振込」でしか出金できません。同様に「クレジットカード」で入金したら「クレジットカード」に出金します。ただし、トレードで得た利益分(入金額以上分)の出金に関しては、好きな出金方法が選べます。

たとえば、10万円を入金、トレードで30万円に資金が増えた場合、入金した10万円までは、 入金と同一の出金方法を選ぶしかありませんが、20万円の利益分については出金方法が選べます。

クレジットカード/デビットカード

VISA・Master・JCBなど、クレジット/デビットカードでの入出金が可能です。日本で発行されたクレジットカードの場合、ショッピング利用限度額(キャッシング枠ではありません)まで、デビットカードなら利用限度額まで、トレード口座に入金することができます。仮に10万円入金するなら、10万円買い物をしたことになり、カードの引き落とし日に10万円が銀行口座から引き落とされます。クレジットカードでショッピングする感覚で入金ができ口座への反映も速いのが特徴です。

デメリットは、クレジットカードへの出金が「ショッピングの返品処理扱い」となるため、カード会社側の対応に時間(数日~1ケ月)がかかります。その点、デビットカードの方が出金時の着金が速いと聞きます。また、利益分はクレジットカードへ出金できません。

国内銀行送金

「国内銀行送金」を扱う業者なら、この入金方法が最もリーズナブルでおすすめです。国内FX業者の「クイック入金」と同様の仕組みで入金できます。銀行の窓口やATM、インターネットバンキングにて、海外FX業者指定の国内銀行口座(三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行)に振込をします。国内送金のため手数料は数百円しかかかりませんし、口座反映も30分から遅い業者でも2営業日程度です。

海外送金

国内銀行送金では100万円を超えるような高額送金は受け付けてくれません。その場合は、「海外送金」することになりますが仲介継銀行で3,000円~5,000円ほどの送金手数料がかかります。

出金時、国内の銀行へ送金する手数料は、「海外FX業者の出金手数料」、「中継銀行の手数料」、「受取銀行の手数料(被仕向け送金手数料)」の3つとなり、3000円~5000円程度かかります。「中継銀行の手数料」は安くできませんが、出金手数料無料の海外FX業者を利用する、ソニー銀行や新生銀行などの「被仕向け送金手数料」が無料の銀行を利用することで節約できます。海外から 国内への送金はSWIFTコードを持つ銀行にしか対応していません。

電子マネー

⚠電子マネーを使った入出金は大変に便利ですが、日本人利用者の増加や、資金の流れが把握しずらいため、規制対象になりやすいオプションです。現在、FXPROのPAYPALを除き、海外FXにおいて電子マネーに関して日本居住者の利用ができにくくなっていて、取扱いを中止する海外FX業者も増えていますので、現時点ではおすすめできません。

電子マネーとは、国内と海外の橋渡しをする「お財布」のようなものです。このお財布を通じて簡単に入出金することができます。日本ではあまり知られていませんが、海外ではショッピングなどでペイパルなどの電子マネーを使うのが主流です。口座番号やクレジットカード番号を相手に知られることなく利用することができます。

「PayPal」「Skrill(旧moneybookers)」「NETELLER(ネッテラー)」などの口座残高を上限として、トレード口座に入金(出金)することができます。「PAYPAL」は世界的に有名なサービスですが、FXPROしか対応していません。

電子マネー入金は、1時間程で口座に反映します。迅速かつ手数料も安く、出金も、電子マネー専用カードをつくれば、国内のATMから引き出し可能です。ネッテラーは、「円建て口座」がつくれるので、海外FXの円口座でトレードしていれば、ドルを円に換える為替手数料もかかりません。

ネッテラーの詳しい解説はこちら

海外FX業者専用プリペイドカード

⚠不正防止の規制強化のため、ほとんどの海外業者は、日本人を対象にしたカード発行を現在停止しています。

海外FX業者は、自社のカードを発行しています。これを利用すれば、口座への入金はもちろん、出金にあたっても非常にスムーズでATMでの出金も可能ですが、最近、取扱い中止の傾向にあります。デメリットは、カードが「ドル建て」なこと。トレード口座が円建てで、カードがドル建ての場合、出金時に「為替手数料」が発生します。

万が一の出金トラブルに備えてメガバンク銀行口座を用意。

海外FXは、入金よりも出金時のトラブルが多いと聞きます。これはFX業者の問題 ではなく、仲介するクレジット会社などの処理が遅れるためです。クレジットカードでの返金処理できなくなった場合、銀行口座を利用せざるをえないことがあ ります。自分の持っている銀行口座が海外送金を受けつけていればいいのですが、SWIFTコードのない一部のネットバンクなどは受け付けられません。万が一に備えて、新生銀行やメガバンクに口座を開いておくとよいでしょう。

関連記事

⚠ご注意 海外FXには高いリスクが伴います。当記事は海外FX一般に関する情報の提供を目的として作成したものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。また、正確性、安全性を保障するものではありませんので、最新情報は公式サイトをご確認ください。当サイトの情報に基づいて被ったいかなるトラブルや損害についても一切責任を負いません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。