FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を学べるサイト。

menu

迷晴れFX

移動平均線の核心 SMA?EMA?種類選びはもうやめにしませんか。

メジャーインジケーターの移動平均線。その種類や期間パラメーターに迷い始めたら迷宮入りします。移動平均線の使い方で大切なのはソコではありません。今回は移動平均線の正しい見方と使い方についてです。
photo credit: haydnseek via photopin cc

スポンサードリンク

期間パラメーターをいじっても時間のムダです。

移動平均線を使えば次の3つのことがわかります。

  1. 上目線、下目線、横ばい、相場の勢いなどがわかる。
  2. 押し目買い、戻り売りの基準になる。
  3. 並び方を見て利を伸ばすことができる。

ただし、移動平均線には種類やパラメーターがあって、いったい何を信用すればいいのかよくわからないのが問題です。

期間パラメーターをひとつ決めたら、それが効いている時間足を探す。

20140915a

移動平均線の種類、パラメーターを研究しだすとキリがありませし、そこに大した意味もありません。なぜなら絶対的な答えなどないからです。相場や時間足によって機能している移動平均線が異なるということは、言い換えれば移動平均線の種類やパラメーターには正解がないということになります。正解が無いことを研究しても時間のムダです。

そこで逆転の発想をします。まず移動平均線を1種類、1パラメーターに決めます。例えばSMA(単純移動平均線)25期間として、それが機能している時間足を長期・中期・短期の時間足からそれぞれ探すのです。見つかれば、それをMA基準足として使っていきます。

上図の1時間足においてはSMA25で反発後に上昇トレンドを作っていることからMA基準足として機能しているのがわかります。これならSMA25上にレートが位置している限り上目線として押し目買いを狙えます。レートが転換する際もSMA25に裏タッチして落ちていくことが多いです。SMA25の角度も、急過ぎず、緩過ぎず丁度いい傾斜なので安定した上昇トレンドと見ることができます。

20140915c

同じ時間帯でも15分足のSAM25は全く機能していませんので無視して構いません。

20140915d

別の時間帯の15分足ではSMA25が機能しています。このように移動平均線が機能する時間足は、時間帯によって違います。短期足でも5分、10分、15分でどの時間足が機能しているのか把握する必要があります。しかし、一度機能してしまえばトレンド継続中は使い続けることができます。

移動平均線はレンジ相場では機能しない。

20140915b

移動平均線はトレンド相場で使うもので、レンジ相場では機能しません。移動平均線を使う前提として、最低限、相場がトレンドか?レンジか?を判断できなければなりません。上図の4時間足はレンジ相場です。SMA25は波打っていますが機能していないのがわかると思います。こういうところで移動平均線を基準にエントリーすると負けまくります。

定番手法のゴールデンクロスでは遅すぎる。

20140915e

ゴールデンクロスとは短期移動平均線が中期(長期)移動平均線を下から上に抜いたらエントリーする手法です。ただ、反応が遅すぎるので僕は全く使いません。上図で言うと緑ラインがSMA25/SMA50のゴールデンクロス、青ラインがSMA25/SMA75のゴールデンクロスになります。見てわかると通り、すでにトレンドは真ん中辺まで来てしまっていてトレンドの初動を完全に逃しています。特に短期足のトレンドは途中で崩れることも多々あるので、下手をすると天井を掴まされる可能性もあります。

20140915f

デッドクロスはゴールデンクロスの反対で短期移動平均線が中期(長期)移動平均線を上から下に抜いたらエントリーする手法です。こちらも同様に反応が遅いです。クロスだけ見てエントリーすると上図のように一旦逆行を食らったり、モミ合いにつかまったりします。

20140915g

上図はレンジ相場でクロス手法を使った場合どうなるかです。緑ラインの高いところからロングして大きく損切られるトレードになってしまいます。やはり相場観なしでは使えない手法です。

移動平均線は並び方が大切。

20140915h
安定したトレンドは大きな利益をもたらします。上図の1時間足はMA基準足であると同時にパーフェクトオーダーになっています。パーフェクトオーダーとは上昇トレンドなら移動平均線が右肩上がりで短期、中期、長期の順番で上から並びます(下降トレンドは逆)。この並び方になると、長期間トレンドが続きやすくなりパーフェクトオーダーが崩れそうになるまで利益を伸ばせます。

今日のまとめ

インジケーター全般に言えることですが相場環境を知るにはいいですが、エントリーで使うには反応が遅いです。慣れないうちは、移動平均線を相場環境を知る補助として使うのは賛成ですが、自転車の補助輪も乗れてしまえば邪魔になるだけです。インジケーターの使い方を極めるよりも、やはり水平線とローソク足を極める方がおすすめです。これらは余計なパラメーターもなくシンプルで、相場の変化をいち早く知ることができる最強のテクニカルです。

■投資のリスクについて■この動画、ブログは、相場について個人の見解を解説したものであり、利益を保証するものではありません。投資をされる場合は、それに関わるリスクを十分ご考慮の上、ご自身でご判断ください。

スポンサードリンク





おすすめトピック

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (3)

    • ひよっこ
    • 2014年 9月 16日

    こんばんわ
    いつも分かりやすい動画ありがとうございます
    昨日は一撃取り損ねました(笑)
    5分足Lvで短い陰線が上昇中に一本出ただけでチキン利食いをしてしまいました
    なので次のWボトムは5分足Lvで揉んでたのですが、見ないようにして放置しておりました
    その結果一時間で軽く揉んで指標でもないのに一気に下落しました
    利確は経験が必要ですね!
    来月あたり給料入ったらフォレックステスター等の購入を考えてみようと思います
    MT5のバックテストは何だかよくわかりませんでした(笑)
    いつか一撃取れるようなトレーダーになりたいと思います
    何か月?何年かかるかわからないですが、諦めずに勝つ努力をしていきます
    今日もさっそく寝るまでmayohareさん動画をみて癒されてきます

      • mayohare-fx
      • 2014年 9月 17日

      利食いは僕も難しいです。とりあえず何かルールを決めるとチキン利食いの予防になるかもしれません。

    • かにずき
    • 2016年 6月 14日

    拝見させていただきました。

    移動平均線をエントリーに使おうとしばらく試してみました。
    平均線同士のクロスはあまり気にせず、平均線とロウソク足の絡みでやってみました。
    曲線を描くので判断の基準が曖昧で主観が入りやすく結局殆ど勝てませんでした。
    都合良く考えてしまいがちな自分の性格にも合わないようです。
    今回の動画を参考に別の使い方をしていきます。

    ありがとうございました。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内検索

FX人気口座ランキング
短期売買特化型口座特集
MT4口座特集
システムトレード口座特集

学習ツールと投資関連書籍

フォレックステスター購入
フォレックステスター・導入ガイド
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント
海外FX口座の基礎知識
海外FX口座スペック比較

月別ページ

カテゴリー

シストレ24キャンペーン
FXPLUS
迷晴れBOX