FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を鍛えるサイト。

menu

迷晴れFX

ダマシに遭いにくい”三尊天井”の見極め方 / 週ナビ#283

週刊チャートナビ(2020.05.04~2020.05.08)は、ドル円、ユーロドル、ユーロ円の主要三通貨ペアの一週間を振り返ったチャート考察です。

ドル円

今週の見通し

4時間足に月足+週足ロウソク

107.0を割り込むも3月上昇半値押しで下げ止まり思ったより下がらず先週陰線終値は3週前安値でサポートされて安値切上げて閉じた。

TR上段㊤:4月高値

TR中段:4月安値と2週前高値108.0

TR下段㊦:7週前安値+買いN安値

4時間足ベアの視点:4月安値抜け期待で下降トレンド戻り売り。

4時間足ブルの視点:4月安値サポートで買い転換狙い。4時間キリサゲLを上抜けば買われやすくなる。

今週の値動き

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

1時間足がアゲダウになっていたので4日、5日辺りから買われ始めてもおかしくなかったが4月安値を6日陰線がブレイク。

4月安値裏をレジに売られやすくなるかと思ったが、そのまま安値を切り上げた。106円サポートを重要視してなかったので想定外だった。

毎日の見通し

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

05/04 月曜

1時間足ではラス戻り高値を越えて上げダウになってる。

1時間足ベアの視点:107.0を戻り目に先週金曜下降波戻り売り。107.0を上抜けば4時間キリサゲLレジでショート。

1時間足ブルの視点:107.0戻り売り崩れで4時間キリサゲLまでロング、または、4月安値への底値試し後にロング。

05/05 火曜

前日高安のレンジ、107.0で戻り売りされるも弱くて4月安値から切上げ始めてる。

1時間足ベアの視点:4月安値抜け期待、4時間キリサゲL×前日高値レジスタンスで4月安値までショート。

1時間足ブルの視点:4月安値サポート根拠、前日安値への下値試し(4月安値スパイクアリ)から4時間キリサゲLまでロング。

05/06 水曜

戻り売りが4月安値を試し106.5で止まった。

1時間足ベアの視点:106.5サポート割れで4月安値底抜け期待ショート。

1時間足ブルの視点:4月安値2番底から4時間キリサゲLを目安にロング。

05/07 木曜

4月安値を前日終値が更新したが、現在値は3月安値始点上昇波の半値から61.8%押し目Nゾーンでもある。

1時間足ベアの視点:1時間sma21基準の下降トレンド発生。前日戻り売りNゾーンでショート、4月安値更新を根拠に105.0まで戻り売り。

1時間足ブルの視点:1時間sma21を上抜いてから戻りをロング。

05/08 金曜 米雇用統計

106円サポートで月曜高値始点下降波の61.8%を戻して売られたたが1時間足レベルはアゲダウになってる。

1時間足ベアの視点:月曜高値下降波戻り売りの続きを106円サポート崩しのショート。

1時間足ブルの視点:106円サポート×1時間アゲダウを根拠に106円への下値試しから前日高値抜け期待ロング。

毎日の値動き
15分足に週足+日足+4時間足ロウソク

05/04 月曜

東京+欧州時間、107.0への上値試し待ち。

NY時間、107.0への2回目アタックで赤1ショート、利益を確保して翌朝金曜安値でアウト。

05/05 火曜

東京時間、前日安値+金曜安値を1時間足がブレイクしたが、106.5反発で15分戻り高値まで戻す可能性があるので静観。

欧州時間、前日高値試しの動きから三尊天井ネックを下抜いたが106.5を目前に黄1ショートは見送り。

05/06 水曜

東京時間、106.5クラスター崩れで4月安値抜け期待で赤1ショート、抜けの1波目が4月安値裏反発で下がらなかったので一旦アウトして仕切り直し、手前から効き始めた1時間sma21への戻りを待つ。

欧州初動、1時間sma21反発で赤2戻り売り、NY時間、106.0Wボトムでアウト。

05/07 木曜

東京時間、戻り目1時間sma21を上抜いたが、4月安値裏反発で戻り売りされる可能性があるので黄1ロングは見送り。

NY時間、月曜高値始点下降波61.8%戻り売り、前日高値への2回目の上値試しで赤1ショート、利益を確保して翌朝アウト。

05/08 金曜

米雇用統計を待って下値を試してあらのキリサゲL抜けで青1ロング急騰高値でアウト。

4月の米雇用統計は2050万人減で第二次世界大戦後で最大の減少幅、失業率は14.7%とリーマンショック後の10%を越えた。

ユーロドル

今週の見通し

4時間足に月足+週足ロウソク

2月安値ブレイクがフェイクとなり4時間キリサゲL三角持ち合いを上放れた。

TR上段㊤:5週前はらみ高値

TR中段:2月安値と4月高値

TR下段㊦:3月安値

4時間足ベアの視点:先週高値または4月高値レジで、先週陽線の押し目候補までのショート。

4時間足ブルの視点:強者の安値1.083を割るまで先週陽線を押し目買い。強者の安値を割れば2月安値サポートが崩れる可能性もある。

今週の値動き

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

押し目候補を次々崩し、急騰安値まで下落。これを崩したことで急落、2月安値まで下げきってから反転上昇を始めた。

毎日の見通し

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

05/04 月曜

強者の安値1.083を始点に急騰後、金曜終値は3週前高値でレジ。

1時間足ベアの視点:先週高値への2回目の上値試し後、押し目候補までショート。

1時間足ブルの視点:強者の安値(急騰安値)始点の上昇波押し目買い。押し目候補は仮ネック1.095、天井形成後は半値押し×4時間sma21。

05/05 火曜

押し目候補を次々と破られ急騰61.8%押し目1.0900まで下落。

1時間足ベアの視点:前日陰線戻り売り、押し目候補1.0900崩れで急騰安値までショート。

1時間足ブルの視点:押し目候補1.0900セットアップが整えば1.095まで押し目買い。先週火曜高値スパイクにも注意!

05/06 水曜

サポート1.0900崩れで先週木曜急騰安値まで急落。この強者の安値を下抜けば売り手が活性化しそう。

1時間足ベアの視点:先週木曜急騰安値と逆三尊肩のサポ帯間際で1時間sma21で戻り売りしても下げ幅がない。

1時間足ブルの視点:先週木曜急騰安値+逆三尊肩×4時間キリサゲLサポ帯でロング。

05/07 木曜

続落して先週木曜急騰安値を含むサポ帯をブレイク、2月安値を試した。

1時間足ベアの視点:1時間sma21基準で前日陰線戻り売りは2月安値更新を注視!

1時間足ブルの視点:2月安値でのサポートを確認後、1時間sma21を上抜けばロング。

05/08 金曜 米雇用統計

2月安値サポートで強反発、水曜急落高値まで上昇。

1時間足ベアの視点:水曜急落高値レジ確認で2月安値への下値試しをショート。上抜けば一段上のNゾーンまでロング。

1時間足ブルの視点:2月安値への下値試し完了後にロング。

毎日の値動き

15分足に週足+日足+4時間足ロウソク

05/04 月曜

東京時間、仮ネックとみた1.095サポートが崩れたので、一段下の押し目候補・先週木曜押し目×4時間sma21まで静観。

NY時間、4時間sma21を下抜け、1.090も近くてノーポジ。

05/05 火曜

東京時間、サポート1.090のブルベア攻防決着待ち。

スポンサーリンク

欧州初動、先週火曜高値スパイクへの警戒から、上値試し後の5分足上髭をサインに赤1ショート、先週木曜急騰安値でアウト。

NY初動、急騰安値Wボトムで急落の売りポジ利確狙い、1.085反発ショートの弱さを確認して青1ロング、先週火曜高値裏でアウト、その後のV字反転は戻り売りできなかった。

05/06 水曜

東京時間、4時間キリサゲLが絡んだサポ帯を考慮して静観、欧州初動にサポ帯をブレイク、2月安値付近まで下落後は戻り売りを待機。

NY時間、キリアゲLを下抜けたが、すでに2月安値の底値圏で黄1ショートは見送り。

05/07 木曜

東京時間、1時間sma21に接したが、2月安値の底値圏で静観。

NY時間、2月安値を試してできた1時間コマ足高値抜けで青1ロング、翌朝アウト。

05/08 金曜

東京時間、水曜急落高値越えて青1ロング、次の高値まで狙うも1.085でレジされて撤退。

NY時間、雇用統計後、1.085Mトップ崩れで青2ロング、急騰したので高値付近でアウト。

ユーロ円

今週の見通し

4時間足に月足+週足ロウソク

3月安値を更新したが週足終値はサポートされてる。

TR上段㊤:4月高値

TR中段:4月安値と先週高値

TR下段㊦:17年4月安値

4時間足ベアの視点:先週高値×4時間CH高値レジで戻り売り。このレジが崩れれば4月高値を目指す流れをロング。

4時間足ブルの視点:4月安値への下値試し完了後、3月安値辺りから買い始める。

今週の値動き

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

ユロドルが押し目候補を次々崩す流れにシンクロして、ユロドルの2月安値まで下落、その後、木金は月曜からの続落分の戻りが始まった。

毎日の見通し

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

05/04 月曜

先週木曜大陽線基準で考える。

1時間足ベアの視点:先週木曜大陽線、116.8サポートで天井試せば戻り売り。

1時間足ブルの視点:先週木曜大陽線押し目買い、117サポート、または、先週木曜押し目サポートで天井試しロング。

05/05 火曜

ユロドルと似た相場環境で先週木曜急騰の押し目を探ってる。

1時間足ベアの視点:1時間sma21×116.5レジで先週木曜急騰安値まで戻り売り。

1時間足ブルの視点:ユロドルの押し目候補1.0900でサポートされれば押し目買い。

05/06 水曜

押し目崩れで急騰安値+4月安値まで下落。

1時間足ベアの視点:前日陰線戻り売り、4月安値を下抜けば17年4月安値までショート。

1時間足ブルの視点:4月安値サポートから1時間sma21を上抜けばロングを考える。

05/07 木曜

月曜から続落中。ユロドルは2月安値サポート付近だが、ドル円はまだ落ちる可能性がある。

1時間足ベアの視点:前日陰線戻り売り、1時間sma21が戻り目候補。

1時間足ブルの視点:114.5サポートから1時間sma21上抜けで戻る波をロング。

05/08 金曜

114.5サポートで戻りの波が始まってる。

1時間足ベアの視点:キリアゲLを割れば114.5目安に戻り売り。

1時間足ブルの視点:キリアゲL+1時間sma21を基準に押し目買い。

毎日の値動き

15分足に週足+日足+4時間足ロウソク

05/04 月曜

東京時間、ユロドルのサポートまで下落。

欧州時間、ユロドルで押し目買いセットアップを待ったが崩れてノーポジ。

05/05 火曜

東京時間、1時間sma21×116.5で戻り売りセットアップ待ち。

欧州初動、赤1戻り売り、先週木曜急騰安値Wボトムでアウト。

05/06 水曜

東京時間、4月安値ブレイク、欧州初動まで戻り待ち。

欧州初動、赤1戻り売り、17年4月安値を更新、ユロドルの2月安値サポートでアウト。

05/07 木曜

欧州初動、1時間sma21上抜けからの下値試し黄1ロングはドル円戻り売り候補目前で見送り、その後、ドル円レジとユロドルのサポに挟まれてノーポジ。

05/08 金曜

欧州初動、4月安値裏レジから天井試し後赤1、押し目候補までショート。

押し目候補のキリアゲLサポートで青1押し目買い、雇用統計前のレンジでアウト。

今週の視点&ケーススタディ

今回は反転シグナルであるH&Sについて。

H&S(ヘッド&ショルダー)は釈迦三尊像のように中央に鎮座するお釈迦様が突き出てる反転のフォーメーション、”三尊天井”逆なら”逆三尊”などと有難い名を冠してます、

反転フォーメーションの代表格は何といってもWボトム・Wトップですが、これと何が違うのかというとトレンドのクライマックスの節目付近で値動きが加速することで出現します。

勢い余って”節目”を頭一つ突き抜けたてみたが、トレンドの終焉を意識する人たちの利確+利確を狙った逆張りなどで、このような値動きになることが推測できます。

3つ目の山谷が2つ目の高安を目指してみたものの、フォロワーがつかずに力つき反落したカタチです。

三尊の両肩ラインが水平になるパターンや、斜めになることもあります。

三尊のエントリーポイントはフォーメーション完成後のネックライン抜けです。

肩のラインからエントリーできますが、ネックラインを抜けてからのほうが比較的ダマシに遭いずらいかもしれません。

さて、ここからが本題ですが、こういったフォーメーションのカタチだけでトレードしても全く勝てないことは皆さんご存じだと思います。

もし、それで勝てるなら、Wボトムのネック越えたらロング、Wトップのネック割れたらショート、これだけでやってれば誰でも勝てることになります。

反転フォーメーションはいくらでも(特に短期足)出現するので、カタチだけ覚えても、ほとんど意味がありません。

その多くが完成しませんし、完成したとみせかけて崩れることもあります。

むしろ、そこを狙うほうが勝率アガルかもしれません。

なぜそうなるかというと、反転を期待できる条件がそろわず反転フォロワーがつかないからです。

大事なことは、

フォーメーションのカタチではなく、そこに”節目”があること。

先に節目があって、フォーメーションは後からできます。

なので、節目なきフォーメーションはダマシになります。

節目+反転フォーメーションの組み合わせが最強です。

あと丸暗記は全く応用が効かないのでフォーメーションの成り立ちを理解することも大切です。

三尊天井なら、青1順張りの利確+青2順張りの逃げ+赤1利確狙い・赤2逆張りがいて波が反転しますが、これら逆張り派が節目を認知するからこそフォーメーションが完成します。

もし、節目の認知が弱ければ、ネックを抜けていたとしても、再び買われてフォーメーションが崩れます。

反転シグナルが出現したから…ではなく、

反転シグナルがどこに出現したがが重要なんです。

つまり節目の把握。

これにはMTF分析を数か月かけて学ぶしかありませんが、長い人生でたった数か月の話で、楽しよう、楽しようとネットで手法を探しているうちに経ってしまう程度の月日です。

そのことを昔から伝え続けているのが、このブログや動画なので参考になれば幸いです。

1時間足

先週金曜に”逆三尊”、今週月曜に”三尊天井”が出現しました。

2月安値を中央のお釈迦様が突き抜けてますが、日足終値は抜けてません。

3週前の高値をお釈迦様が突き抜けてますが、先週終値と日足終値は抜けてません。

Wボトム・Wトップほどではないにしろ、三尊はよく出現します。

どんなところでWにならずに三尊になるのか調べてみてください。

あわせて読みたい関連記事5選


◆お断り◆
この動画は「学習」を目的に制作されたものです。個人の見解を過去のチャートから解説したものであり、未来を予想したり、利益を保証するものではありません。

記事へのレビューやご意見はコメント欄をご利用ください。コメントを「読者さまの声」としてブログや動画に掲載させていただくことがございます。

◆著作権について◆
当サイトは無料でご覧頂けますが、著作権は放棄しておりません。動画等のコンテンツを営利目的でお使い頂くことはできません。

詳細はご利用についてをご覧ください。



こちらの記事もあわせてご覧ください

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (22)

    • H
    • 2020年 5月 09日

    いつも素敵な動画をありがとうございます。今週、水曜のドル円ですが、ぼくは東京時間の安値ブレイクからの戻り売りを狙って、上昇フラッグ的な動きからの切り上げライン抜けの5分の陰線確定でショート。その後、いったん上にひかされてから想定通りの値動きとなったのですが、迷晴れさんのエントリータイミングと見比べてまだまだ下手くそだなぁと実感した次第です。ちょっと気持ちが前のめりになっていました汗。反省です。この局面、迷晴れさんはどこで入られたかなと週ナビを楽しみにしていたのですが、やはり流石ですね。

    ちなみに、金曜の雇用統計後のロングはほぼ同じタイミングで取れたかなと思います。こういう売りポジションの解放を巻き込んでの上昇は短期間ですっと伸びるのでコスパもよくて気持ちいいですよね。

      • NoN
      • 2020年 5月 10日

      水曜は1時間sma21に気づけてなければ、同じように上昇フラッグでショートしてます(^_-)-☆それと金曜雇用統計のような下を試して上を抜く値動きは鉄板でしたね。

    • s
    • 2020年 5月 09日

    いつも楽しく、そして勉強になる素敵な動画をありがとうございます。私はFX歴一年のSと申します。(マヨ先生にお会いして8か月くらいです)
    今回の形のお話、私が正に今悩んでるお話でした。私は一か月トータルで、トントンくらいです。勝てる時は、もう負ける事はないなーなんて思うくらい連勝するのですが、一度連敗すると、色々考えてしまい、結果、イーブンになったりします。
    私は、なんとなくわかっているのです。チャートから投資家心理を感じ取り、売り買いの強弱をプライスアクションで判断してトレードしてるつもりでも、実は、そこをまだ感じ取れてないことを。
    いつの間にか、水平線、トレンドラインにバイアスがかかり、そこでの形、プライスアクションに翻弄されて、逆行損切りになることが多々あります。上手く行く時は上手く行くのですが、がらがらと崩れる原因は、そこだと感じてます。
    マヨ先生のお陰で上位足からの環境認識はだいぶ理解出来てきたと思います。このような相場観?を鍛えるには、ローソク足のみ(ヌーディスト)での練習などが効果的でしょうか?よろしければ、ご意見をお聞かせください。
    これからも楽しみに拝見させていただきます!!

      • NoN
      • 2020年 5月 10日

      まず使わないインジや、そこまで使ってないインジを思い切って捨てると純粋な値動きに集中できるのでおすすめです。次にラインですが、これもやはりトレードに必要なもののみ厳選ですね。トレードスタイルによりますが20ピプス以上は離して引くなど工夫してみてください。

        • S
        • 2020年 5月 10日

        ご教授ありがとうございます。工夫してトライしてみます!!

    • Yoshi
    • 2020年 5月 10日

    今週も分かりやすい解説をありがとうございます。4日月曜日ドル円は、21時頃にロングで入って、マヨハレさんがショートしたタイミングで利食いしていました。本命はやはりマヨハレさんの撃たれていたショートだったので、下手にロングを打たずに戻りを待つべきでした。6日のドル円ショートはマヨハレさんとほぼ同じタイミングで入れましたが、ボリバン1σのルールに引っかかって106.12くらいで利食いしてしまいました。今週、成長できたと思うのは、5日のドル円ショートを見送れていたことです。私は上への試しが浅くてリスクリワードを考えて入りませんでしたが、4日のユーロドルのもみ合い抜けショート見送りも含めて、見送るポイントが同じだったのはうれしく思います(私の場合は半分びびりが入っていますが。。。)最近は、とにかく無駄なエントリーを無くすことを心がけています。仮に一時的にそちらに動く可能性が高くても、向かう先に抵抗帯や上位足の移動平均線が下りてきていたり、押し戻し(試し)や足場となるもみ合いが無く、目標ラインとのリスクリワードが悪い時にも見送るようにしています。結果、エントリー数は激減していますが、利益は少しずつ積みあがっているように感じます。
    以前、「行き過ぎた優位性はビビりと一緒」ということを言われていたかと思いますので、それとのバランスを取りながら、来週も気を引き締めて相場に向かいたいと思います。

      • NoN
      • 2020年 5月 10日

      毎朝シナリオを考えるとき「今日はどこを試すだろう」ということで、月曜日の107円もそうでした。そこまで待つ、そこに届かなければ見送る、単純ですね(^_-)-☆

        • Yoshi
        • 2020年 5月 10日

        毎週のシナリオを週頭に考えているのですが、1日のシナリオを考えるのが、仕事が終わって帰ってきてチャートを開いてからになるので(その時点で本流が出ていればノートレにしています)、朝なら見えるかもしれないところが見えていないのかもしれません。なかなか朝は忙しいのですが、朝のシナリオ構築に挑戦してみます。

          • H
          • 2020年 5月 10日

          Yoshiさん、今週ナイストレードですね!素晴らしいです。個人的に「無駄なエントリーを無くすこと」これもFXの極意の1つだと思っています。怪しい壁が近くにある時はボクもチャートパターンが出ていても見送ることが多いです。「チャートを開いて本流が出ていればノートレード」これが出来ると、追いかけエントリーから逆行をくらって損切した後にさらに想定方向に伸びていく、みたいな事故が防げますものね。兼業でされている方のお手本のような思考だと思います。

            • Yoshi
            • 2020年 5月 10日

            コメントありがとうございます!Hさんにアシストをいただけると、自分のやっていることにさらに自信が持てます!「チャートを開いて本流が出ていればノートレード」をしている理由は、もう他者の損切などが消化されてしまいエネルギーが無くなっているのと、起点から乗れなければリスクリワードが悪くなるから、という理由付けでしたが、Hさんの指摘されるケースも確かに思い返せばたくさんありました。「なぜそれをするか」の理由付けが協力であればあるほど守る気持ちも強くなります。気付かせていただいてありがとうございました!

    • たぁた
    • 2020年 5月 10日

    迷晴れさん、くるみちゃん、こんばんは。

    今回も動画をありがとうございましたm(__)m

      • NoN
      • 2020年 5月 10日

      いつも心優しいコメント、、ウルっときます。有難うございます。

        • たぁた
        • 2020年 5月 10日

        こちらこそ、迷晴れさんとくるみちゃんには感謝しても感謝してもしきれないです。

        ありがとうございます。

    • すがやん
    • 2020年 5月 10日

    いつも更新ありがとうございます。

    気にしているラインや範囲の想定等は大方同じでしたが、後から週ナビを見ると「何でこんな所で入ったんだ…?」と思うエントリーで負けていた事が分かります。目線は同じだけど、「ここで諦めたら入る」と見ているポイントが虫の目になり過ぎて、結果的に逆張りになっているというケースが多い。という事が分かりました。

    短期足を見て、その後上位足が動くゆらぎと捉える目が、まだまだ不足していると感じます。その原因として、エントリー時も負けた後の分析においても、根拠の言語化が不足していると感じました。サラっと見ていると解説をつい「ふむふむ」と納得した気になってしまいますが、それを踏まえて自身の根拠を再度振り返ると「恣意的なバイアスのかかった無理やり根拠」や「波の形を最大根拠にしてしまっている」等の課題が分かりました。

    やはり時間をかけて、1つ1つ自身の言語化した内容を照合・分析してコツコツやるのが一番ですし、そこを怠っては正しい努力たり得ないと、実感できた週です。

    フォーメーションだけでなく、そこに節目があるか…頭で分かっていても、出来るようになるには訓練が必要ですね、
    来週もまた、よろしくお願い致します。

      • NoN
      • 2020年 5月 10日

      やはり、言語化からの運動化が必要なんですよね(^_-)-☆

    • モモイチゴ
    • 2020年 5月 10日

     いつも大変有益な画像ありがとうございます。先週は所用で出かけておりコメントさせていただきことがどきませんでした。結局5月は-72.4pipsで終わりました。

     自分としては以前よりは実力がついたと思いますので、以前はよく理解できずに流して動画を見ている部分もありましたが今はほとんど理解できるようになりました。内容が理解できるようになればなるほど迷晴れさんの偉大さを強く感じます。とにかく全てが理にかなっていて全くブレがない。私は4年以上前から動画を拝見していますが、初期の頃は「後付けだから言えることだ」とかパッシングする書き込みも時々ありました。でも今となっては「パッシングしていた人の理解度が低かっただけだ」ということがよくわかります。

     理解度は上がったと思いますが「わかるとできるは違う」ということを痛感しております。今週は30.1pipsの勝ちでしたが相場観がめちゃくちゃでした。日足が高音安値を切り下げていたので日足レベルで下降トレンドと思い込み、ショートしか考えていませんでした。その上、日足レベルで障害物がないので「絶対7週前の週足安値まで行く」と思い込んで50pips
    以上含み益があっても保持し続け建値決済になったりしました。後で見ると日足のラス押し安値は7週前の安値なのでまだトレンド転換はしていないと気付きました。来週はもっとニュートラルに考えていこうと思います。

      • NoN
      • 2020年 5月 11日

      お疲れ様です。コロナで大きく動いたあとの調整期間な感じですかね(^_-)-☆ボクも105円までなら落ちてもおかしくはないと思ってました。

    • じんまる
    • 2020年 5月 10日

    いつも週ナビの配信をありがとうございます。
    本当に分かりやすい仕立てで鳥肌すら立ちます。

    4月は4か月ぶりのプラス着地となりました!
    勝率57.1%、PF1.53で104.2pipsとまだまだですが、自信を少し取り戻せました。
    NoNさんやHさんのアドバイスに助けられています。
    ありがとうございます。

    今週の週ナビは、ドル円の見送り判断がとても参考になりました。

    「106円はそんなに強いと考えていなかったからロングは見送った」
    ご自身の判断を信じる強さを感じました。

    ボクは目の前の動きによって、自身のシナリオに対して疑心暗鬼になってしまう弱さがありますので、このような「見送り判断」ができるようになりたいです。

    いつも本当にありがとうございます。

      • H
      • 2020年 5月 10日

      じんまるさん、お疲れ様です。勝率、RFともにいい感じですね!さすがです!今月も肩の力を抜きながら共に頑張っていきましょうね!

        • じんまる
        • 2020年 5月 11日

        Hさん、こんばんは!

        いつも温かい声掛けをいただきありがとうございます。
        Hさんの背中はまだ見えませんが、早くコメント談義ができるよう肩の力を抜いてがんばりたいと思います!

      • NoN
      • 2020年 5月 11日

      おめでとうございます!見送る技術はエントリーの技術より高度です。なぜエントリーしたか、の次は、なぜエントリーしなかったか、この部分を強固なものにしたいですね。

        • じんまる
        • 2020年 5月 11日

        ありがとうございます!

        おっしゃる通り、見送りは「欲」が付け入る隙がない非常に高度なものだと感じます。

        なぜエントリーしなかったのか…
        くぅ~!かっこよくコメントしたいですね!

        がんばります!

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内検索

FX人気口座ランキング

オリジナル・インジケーター

オリジナルインジケーター販売所
オリジナル・インジケーター動画・記事まとめ

特化型FX口座開設

短期売買特化型口座特集
MT4口座特集
システムトレード口座特集

学習ツールと投資関連書籍

フォレックステスター購入
フォレックステスター・導入ガイド
フォレックステスター有料データ購入ガイド
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント

あなたの負けトレードを徹底解説!

迷晴れボックス
海外FX口座の基礎知識
海外FX口座スペック比較

月別ページ

カテゴリー

シストレ24キャンペーン
FXPLUS