FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を鍛えるサイト。

menu

迷晴れFX

TitanFX(タイタンFX)トータルバランスに優れた新興ブローカー

titanb

オーストラリアのPepperstoneは、かつて日本で大人気だった業者でしたが、途中から日本居住者の口座開設ができなくなってしまいました。そこで、Pepperstoneの上層部が設立したのがTitanFXです。TitanFXはニュージーランド金融規制庁(FSPR)の認可と規制を受け、顧客資産の全額信託保全を行っています。

2016年より最新技術ZeroPointテクノロジーによる安定した取引環境をさらに向上、追証請求のないゼロカット方式に移行したことで、大きな成長を遂げました。完全なNDD(ノン・デイーリング・デスク)方式なので、スキャルピング、自動売買も制限なく行うことができます。

TITANFXの公式サイトはこちら

TITANFXの口座開設はこちら

TITANFXの強み

全ての口座で狭いスプレッド

TitanFXはスタンダード口座(STP)とブレード口座(ECN)の2種類あります。ブレード口座は別途手数料がかかりますが、スプレッド、手数料ともに業界最狭クラスの低さです。

STANDARD BRADE(手数料込)
USDJPY 1.33pips 1.03pips
EURUSD 1.28pips 0.9pips
EURJPY 1.74pips 1.44pips

おすすめは、ブレード (ECN) 口座で、ECN手数料はAXIORYやTradeviewと肩を並べる安さです。また、口座開設には身分証明書・住所証明書の提出が不要という手軽さです。

信託保全について

金融ライセンスを取得しているニュージーランドには信託銀行がありませんので、信託保全は、オーストラリア最大、150年の歴史を持つ金融機関NAB (National Australia Bank)の信託口座(Client Trust Account)で管理されていて、仮に会社が破綻しても顧客資金の全額が返還されます。

サクサクな約定

新興業者はサーバーが貧弱で取引環境が整ってないことがありますが、TitanFXなら心配ありません。Titan Fx ECN(電子商取引ネットワーク)は通信速度がとても速いことで評判のニューヨークのEquinex NY4金融データセンター内にサーバーを設置し、先端技術であるZeroPointテクノロジーにより安定した取引環境をを提供しています。さらに、LP先が50と、とても多いことも手伝ってサクサク約定します。

最大レバレッジ500倍、ロスカット水準20%・ゼロカット導入

ロスカット水準20%なのでギリギリまでポジションキープができます。また、2016年よりゼロカットシステムを導入、これにより追証なしになりました。

入金、出金について

国内業者のクイック入金同様、30分で入金できる「国内銀行送金」に対応している、海外FX業者には見られない「国内銀行出金」に対応しています。ただし、「国内銀行出金」の手数料は出金額の1%となっているので、出金額が50万円以上なら「海外銀行送金」を利用する方が安く済むでしょう。

NDD方式で規制もなし

TITANFXは、NDD方式を採用しているので、顧客と業者の利益が相反しません。高速回転スキャルや自動売買もやりたい放題です。

日本語サポート

シンプルで見やすくホームページに好感が持てます。メールは24時間対応、ライヴチャットは日本時間7AMから9PMまでです。完全日本語対応なので安心です。

TITANFXの弱点

ボーナスは無し

ボーナス分をスプレッドに還元する方針。

金融ライセンスが弱い

XMやAXIORYと同じ理由で、日本の金融庁の影響が薄いニュージーランドのライセンスを取得しています。

出金手数料がかかる

クレジットへの出金は無料ですが、海外銀行送金だと20AUD(1600円程度)かかります。mybitwalletに対応しているので、こちらを利用すれば無料です。

TITANFXの公式サイトはこちら

TITANFXの口座開設はこちら

関連記事