FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を学べるサイト。

menu

迷晴れFX

CATEGORYMethod 手法

エントリー後、残念なイグジットを防ぎ、トレードの敵「躊躇」を無くす方法。

トレードの最大の敵は、躊躇という感情です。これに勝つには「想定」という武器で戦います。何が起きても「想定内です」と負け惜しみではなく言える自分をつくりあげるしかありません。 photo credit: Make a dash via …

ローソク足と時間足、ヒゲで刈られなくなるシンプルな考え方。

相場には「時刻」という概念があり、相場は時刻の更新タイミングで動き出します。エントリーにもこの概念を取り入れてベストなタイミングをつかみましょう。 photo credit: Candle at Christmas via photo…

勝てるエントリー・ポイントは分析力ではなく洞察力で見つける。

チャート分析はできるのにエントリーに臆してしまうのは、あなたの洞察力が不足しているせいかもしれません。 photo credit: avocado via photopin (license) (さらに…)…

波のサイズから、待つ時間、打つ時間を知る方法。

波の反転に要する時間を前もって知ることができれば、待つじれったさがなくなります。今回の記事は、待つべき時間は余計なことをせず、打つべき時間にチャンスを逃さない、そんなメリハリのあるトレードを目指す方法をご紹介します。 photo cr…

勝率に悩むトレーダーに贈るエントリーの鉄則。

初心者は単なる思い込みや期待でポジションを建てますが、熟練者は他人のポジションの成り行きを見てポジションを建てます。この違いは勝率に大きく影響します。 photo credit: tdstone via photopin cc (…

本当は怖いテクニカル沼、あなたを破産させるトンデモ常識。

テクニカル分析と代表選手といえばインジケーターです。インジケーターは初心者でも簡単に儲かりそうなオーラを常に放っていますが、相場はそんなに甘くありません。今、テクニカル沼にはまっている実感のある人は、是非、読んで欲しい記事です。 ph…

相場の空間把握とテクニカルツール

相場の基本的な構造がわかると、トレードするのに何が一番大事なのかが見えてきます。相場の空間把握力を鍛えれば、波の軌道が読めるようになり全てに応用が効くようになります。 photo credit: stockholmssquashklu…

N値とE値でチキン利食いのクセを治す。

利食いの目安として、N値とE値は使えます。特にチキン利食いをするクセのある方は、N値やE値を目標にしてみるのがいいかもしれません。 photo credit: Lincolnian (Brian) via photopin cc …

ボリンジャーバンドで波のライフサイクルをつかむ。

ボリンジャーバンドは様々な使い方ができるインジケーターですが、その形を見て波のライフサイクルをとらえることができます。波の始まりと終わりがわかれば、攻めるべきポイントが見えてきます。 photo credit: Dom Dada via …

目線スッキリ、チャートをシンプルにするNゾーンと3本の水平線。

チャート分析をする上でレジスタンスとサポート、効いているラインが見えてくれば、自信を持ってトレードできるようになります。1本1本丁寧に水平線を引く訓練は必要ですが、ある程度ざっくりとゾーン化することで複雑なチャートを簡単に見せるテクニックを…

チャネルラインは利食いで使う。

トレンドラインと平行するチャネルラインは利食いの目安になりますが、エントリーの基準にするのは難しい面があります。 photo credit: jenny downing via photopin cc (さらに……

エリオット波動とは波のリズム、優位性の高い3波目を狙う。

エリオット波動とは相場の波のリズムを定義したものです。投資家の心理を考えればとても納得できる法則ですしトレードの武器として十分活用できるものです。 photo credit: osseous via photopin cc (さらに&…

後悔しない損切りポイントの決め方。

優秀なトレーダーは皆、損切り方が美しいと思う。今回は損切りの基本的な考え方とポイントを解説します。 photo credit: Aditya Rakhman via photopin cc (さらに…)…

移動平均線の核心 SMA?EMA?種類選びはもうやめにしませんか。

メジャーインジケーターの移動平均線。その種類や期間パラメーターに迷い始めたら迷宮入りします。移動平均線の使い方で大切なのはソコではありません。今回は移動平均線の正しい見方と使い方についてです。 photo credit: haydnsee…

最強のテクニカルツール、ローソク足でわかる3つの重要サイン。

江戸時代から使われ続けるローソク足、今回は実践トレードで僕も使っている3つの見方を解説します。 photo credit: Aih. via photopin cc (さらに…)…

これだけ!トレンドラインの核心、超有名だけど勘違いしている人が多いテクニカルツール。

エントリータイミングをとるのに有名なトレンドラインですが、ラインの引き方を勘違いしている人も多いです。今回はそんなトレンドラインの正しい使い方と役割についてお話します。 photo credit: 96dpi via photopin…

フィボナッチの核心、トレンドフォローで絶対に覚えておきたい2つの数字。

フィボナッチ数列とは自然界に存在する不思議な数列のことで、欧米のトレーダーが相場を分析する上でとても重要視する数字です。相場の波が規則的かつ自然な形に描かれるのは、この数列が意識されているせいかもしれません。 photo credit…

スキャルピングよりもデイトレードを押す理由。

数分間や数秒間でエントリーとイグジットを繰り返すスキャルピングは、トレードする時間がない主婦やサラリーマンには、とっつきやすいイメージがあるが、絶対に初心者にはおすすめできない。 photo credit: marfis75 via …

ダウ理論の核心、目線が決まれば心が決まる。

ダウ理論を目線の基準にしているトレーダーは、世界的にも相当数いると思われます。相場は大衆心理で動くので、なるべく多くのトレーーダーが愛用していて信頼できる理論やツールを使うべきです。 photo credit: Ben Lepley …

簡単で儲かる、楽勝ゾーンの見つけ方。

エントリーポイントには楽勝で儲かるところと、苦勝の末あまり儲からないところがある。 photo credit: .sandhu via photopin cc (さらに…)…

さらに記事を表示する
FX人気口座ランキング
短期売買特化型口座特集
MT4口座特集
システムトレード口座特集

学習ツールと投資関連書籍

フォレックステスター購入
フォレックステスター・導入ガイド
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント

迷晴れFx限定 タイアップ・キャンペーン

シストレ24キャンペーン
海外FX口座の基礎知識
海外FX口座スペック比較

GOOGLEサイト内検索

Facebook

Twitter

アウトプット

迷晴れBOX