FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を学べるサイト。

menu

迷晴れFX

波のテイクオフと後悔しない利確。

前回、相場の波をサーフィンに例えた動画がとても盛り上がったので、今回はさらに掘り下げた内容をお送りします。トレードもサーフィンも波をつかまえて乗るという点では同じで、今、ライディングしようとしている波の性質、波の始点、波の終焉をイメージできることが上手になるコツではないでしょうか。

スポンサードリンク

波との融合

サーフィンでは波に乗ることをテイクオフといますが、そのコツは、波と同じ速さまでパドリングで加速しながら、波のピーク(頂点)をつかまえることだそうです。

波がピークに達した瞬間にテクオフできれば、あとは、波に乗って終焉までライディングできます。

これは短期足でエントリータイミングをとったり、利を延ばすのとよく似ていますね。

失敗トレードの多くは、波の始点から終点間の中途半端なポイントで入ること。これでは、損切りレートも曖昧になります。

ハンパなトレードで負けた後悔の念が、次のトレードに影響するのが一番の問題かもしれません。

反対に、波のピークで入れれば、もし負けても、損切りは浅く、納得もできます。

結局、サーフィンもトレードも、どれだけ波と融合できるかにかかっています。

知識としての理屈も大事ですが、最終的には、その理屈に裏付けされた「感覚」が最大の武器になるのではないでしょうか。

あなたの感覚は、相場の波と何%シンクロできていますか?

波のサイズと利確ポイント

2

波の性質にもいろいろありますが、せめてサイズの違いがわからないと、ハンパなポイントでのエントリーやチキン利食いを連発してしまいます。

たとえば上図のようなL・M・S、3サイズの波があるとします。

赤丸はL波の戻り売りポイントですが、ここで入れればL波のピークでテイクオフできたことになります。

L波は大きな波なので、それ未満のサポートラインなどは突破することが多いです。大きな指標発表や要人発言などがないなら、最終的には、さらに大きな波であるXL波のサポートでエンディング(ダブルボトムなどの底値パターン)を迎えます。

赤丸でテイクオフできても、L波にライディングしている感覚が無く、S波の短期足安値しか見ていなければ、波を途中で降りることになります。始めからそういうルールならいいのですが、それが悔しさにつながると次のトレードに悪影響がでます。

赤丸でのテイクオフを逃したら、次は青丸でM波のテイクオフを狙います。赤丸からのM波フルスイングをとることはできませんが、片波ならとれます。

黒丸はS波のテイクオフですが、S波は短命なので、ある程度伸びると、すぐにM波の戻りが始まります。

1、2、3番が失敗トレードになるのは、まず、第一に、波のピークにテイクオフできてなく、第二にすぐにS波やM波の引き波につかまるポイントだということです。

日足

d1

赤縦ライン部分の日足が戻り部をつくり、次の日に大きく下落、週足ラインで止まりました。この日は大きく利を延ばせるボーナス日でした。

4時間足に日足ロウソク表示

h4

デイトレードならM波の戻り売り(100ピプス以上)にライディングできれば最高です。さらに大きなL波の勢いも借りて、週足黄XLラインまでの下落が期待できます。

15分足に日足ロウソク表示

m15

白丸上段、ここで入れば、下に伸びきったところで貰うか、さらに保有して週足黄ラインまで保有します。L波を背景にしてのM波戻り売りなので、それ未満の時間軸のサポートでは勢いを止められない可能性が高いからです。

チャートを監視できない方で白丸上段を逃したら、次は白丸下段まで波待ちしてからテイクオフです。

間違っても、1、2番では波に入らないことです。こういうポイントでは波が走りません。

今日のまとめ

余程ハンパなところでエントリーしなくなれば成績は劇的によくなるはず。

確実に負けにくくなります。

最近そういうコメントが多くなってきました。

そうなると、次なるテーマは利確ではないでしょうか。

次の高値、安値までと利確ルールを決めるのも、これはこれで正解ですが、あとからチャートを見て後悔してルールを変更しない自己規律が求められます。

ボクは伸ばせるところまで伸ばしたいので、波のサイズやタイプをみて引っ張ります。

50ピプス伸びたあと、押し戻しで20ピプスまで半減しますが、うまくいけば100ピプスとれます。

利確ルールに正解はありませんが、やはり性格に合ったものにすべきです。

スキャルピングが性に合ってる人なら、何時間もホールドするのは苦痛かもしれません。その間、数ピプスを連続ゲットする方がおそらく気持ちいいでしょう。

スイングが性に合ってる人なら、何回もエントリーするのはリスクにしか感じません。

脳科学で「コンフォートゾーン」と呼ばれている精神環境があります。

気持ちがいい、安心する、楽しい、わくわくする。

そういった、心地よい環境のなかでは、何事もうまういくそうです。

トレードでも、心地よさを崩さないコンフォート・ルールを持つことが大事かもしれません。



◆お断り◆
この動画は教育目的で制作されたものです。相場についての個人の見解を過去のチャートから解説したものであり未来の利益を保証するものではありません、自分の答えを見つけるヒントにして頂ければ幸いです。

記事内容に関するご質問やご意見、応援メッセージはコメント欄をご利用ください。

コメントを「読者さまの声」としてブログや動画に掲載させていただくことがございます。

個人が運営していますので以下のご質問にはお答えできません。

・サイトの趣旨と無関係なこと。
・個人的なエントリーやチャートの診断
・調べて頂ければ自己解決できること。
・誘導リンクのあるもの。

◆著作権◆
当サイトは無料でご覧頂けますが、著作権は放棄しておりません。動画等の作品自体又は作品内容を営利目的でお使い頂くことはできませんのでご注意ください。

詳細はご利用についてをご覧ください。

スポンサードリンク





おすすめトピック

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (19)

    • ナカムラ
    • 2016年 8月 10日

    迷い晴れ様、こんにちわ
    今回もまた、口を開けばチキン利食いチキン利食いと嘆く私向けな動画・・・・感激です。

    しかし、この波のサイズで大きな利食いを狙う手法が自分の身になるのはとても難しいんでしょうね。
    頭でわかっていても。
    長い足をメインに見て、たまに5分足を見る習慣づけと、自信を持ってポジションを長く持つ練習でしょうか?

    今朝9時頃ドル円売りエントリーして、「満面の笑み」で20ピプスで利確しましたが、
    いつものようにそれが凍りつくまで1時間かかりませんでした(チーン)

    ・・・また次の波がくるのを待ちます・・・←この心の持ちようも迷い晴れで学んだことです。

      • NoN
      • 2016年 8月 10日

      ナイストレード!波はまた来ます。
      凶暴なサメには気を付けましょう、血の匂いを嗅ぎつけて襲いに来ます(^^♪

    • shimizu
    • 2016年 8月 10日

    おはようございます いつもお世話になっています

    1時間足や30分足で見ていて 5分足でエントリーして

    なぜか あせって 5分足で利確するのが多い時がありました

    30分足をみて 5分足で入ったら 30分足で利確するようにします 

    今まで 他に人など見ていて 「お試しロング」など真似して7へんな負け癖がついて 勝ってもチャラでしたが

    今では 無駄打ちをしなくなり いい感じです いつもなら 先週の火曜日の下落のあとは頑張っちゃって

    次の日撃沈なんてパターンでしたが

    冷静に入れるところがなくノートレでした 勝ちが減らずに良かったです

    暑いひが続きますが ご自愛ください

      • NoN
      • 2016年 8月 10日

      少しバテ気味ですが、スタミナつけて頑張ります…有難うございます。ムダ打ちが減って何よりです。

    • 高浜 弘樹
    • 2016年 8月 10日

    お疲れ様です!

    わざわざ動画の内容に取り上げて下さって申し訳ないです。

    昨日から今日にかけてユーロドルのトレードで例の真実の、、、を使って昨日の夜9時の足で入って今日の昼の3時の足で利食いました。

    僕は伸ばしたいけどチキン野郎なんで半分は夜10時の上ヒゲの辺りで利食いしてます。 ただリスクリワードの比率が良くなった節目で半分利食いするのが僕のルールなんです。半分利食いしとけばサーフィンいけますし(笑)

    故にLの波欲しくて乗り遅れた、けどM待つの面倒くさいって時はSで入って半分利食いしとけばMプルバック耐えれる見たいな場所で解ってエントリーする事は有ります。

    資金を増やすって考え方ではなく如何にして資金を減らさないか、如何にして資金を守るかってチキンマインドであれば勝手にお金は増えてきました。

    サーフィンの話しですがパドリングと波を読む(ドピークをよむ)のと 上手いサーファーとのドピークの取り合いには本当に苦労しました、たまに邪魔して上手い人に怒られてましたし海から上がらされた事もありました。相場なら退場ですよね(笑)

    相場も買いのドピークでも買いが失敗したら売りのドピークに瞬時に姿を変えますから、ある意味売りと買いのピークの取り合いでよね(笑)

    下げ三波動か上げ三波動を選択するのかを経に相場は争ってますもんね(^o^)

    それとこの動画のBGM気に入ったんでダウンロードしました。コーヒー飲みながら毎朝聞くことにしました!(^o^)

      • NoN
      • 2016年 8月 10日

      ピークの取り合い、まさにそう思います。そう考えると、ますますインジの類ではピークが捕りにくいのではないかと実感します。

    • y.h
    • 2016年 8月 11日

    いつも拝見させていただいております。
    私はFXを初めて9ヶ月ほどの初心者です。
    最近ようやく安定的に利益を重ねられるようになり、この喜びと感謝の気持ちを伝えたいとコメントさせていただきました。
    初めの頃は当然ですが上手くいかず、本やネットで情報を集めては試行錯誤を続けていました。
    その中で見つけた動画が迷晴れ様でした。
    トレードの実践からメンタル面まで多岐にわたり、見やすくわかりやすい動画で、遡ってほとんど見てしまいました。
    これからも応援しています。
    今後ともよろしくお願いいたします。
    ありがとうございました。

      • NoN
      • 2016年 8月 11日

      9ケ月で安定!なかなか凄いと思います。このブログも3年目になりましたが、それなりに世の中の役に立ってきているような気がします。

    • Tom
    • 2016年 8月 11日

    迷晴先生、
    いつも素敵な動画ありがとうございます。
    エントリータイミングの次は、イグジットタイミングが大事というのは、最近の相場に絶妙な動画ですね。
    ありがとうございます。私の場合もほぼご指摘の通り。今までよりは、相場観、波のサイズをお陰様で理解できてきましたが、
    たまにMサイズの波をSサイズの抵抗帯が跳ね返すことがあって、建値損切り・・・という悪いイメージが頭の片隅にあります。せっかくの利益がなくなるのが本当に自分の心理衛生上よくないので、20PIPS確定以降は、結構、損切りをトレールします。迷晴先生は、あまりトレールはされないとおっしゃっていたような気がしますが(^^;)

    私の場合は、一旦離隔して、次のピークでまたエントリーが今の自分には性にあっているのかもしれません。
    しかし、目指すべきところは、迷晴先生と同じような、トレード回数を減らして、なるべく利を延ばすといったデイトレ以上スイング未満なトレードです。一回のトレードで100pips以上取ったことは何度かありますが、やっぱそのときは、マインドも充実している気がします。

    要は、いつも教えていただいている通り、波のサイズ観、ゾーニング、しいては環境認識力のレベルアップですかね。
    いつも気づきと学びをありがとうございます。
    今回の動画は、特に自分の事を言われているようでめっちゃ示唆にとんだ内容でした!!

    あと、ちょっとサーフィンしたくなりました。やった事ないんですが(笑)

      • NoN
      • 2016年 8月 11日

      ボクも20ピプスを目安に、ある程度伸びたら逆指値を入れています。おっしゃる通りSサイズの抵抗体がMサイズに勝つこともありますね。その場合は、とくに面白い動きになるような気がします。

    • たか
    • 2016年 8月 11日

    いつもありがとうございます。迷晴れさんが使用されているチャートで高安に○が付いていますが、そういうインジがあるんでしょうか?探したのですが、わからず、大きな波をみるのに目安になるのかなあ?と思いまして。
    いつも、相場のフラクタルを見事に解説されているので、考え方やチャートの味方などをきっちり勉強して、検証。というのが、実際見検証している最中に生きてるような気がするので。頑張って根拠を考えます。
    過去の週刊チャートナビもすごく勉強になります。急がば回れで、水平線をマスターしたいです。

      • NoN
      • 2016年 8月 11日

      フラクタルはとても肝だと思うので是非マスターしてください。高安インジは、チャートも重くなるのでオススメできません。解説用の目安として表示しているだけでトレードに活用しているわけではありません。

        • たか
        • 2016年 8月 11日

        そうだったんですね。残念です。
        本当にそうだと思います。本当に大切なことは全体的な波を捉えることで枚数が増えればストレスがかかるので、ここを解決してからでも枚数を増やすのは遅くはないのだなあと思いました。
        また、何を意識されているのか勉強させて頂き検証をしてみます。

    • Tom
    • 2016年 8月 12日

    迷晴先生も逆指値入れたりもされると聞いて、少し安心でした!(^^)
    一旦離隔(誤字)→一旦利確でした。失礼しました。(^^;)

    • かにずき
    • 2016年 8月 12日

    拝見させていただきました。

    私の場合「伸びたのに」と思うストレスと、「貰っておけたのに戻ってきちゃった」と思うストレスでは後者が大きいみたいです。
    時間というリスクを取るか、エントリー回数というリスクを取るか、性格的には後者かもと思うこの頃です。
    常に相場を見れない状況にもありそっち行ってしまいます。
    スイングトレードがしたかったはずなんですが?

    素晴らしい気づきをありがとうございました。

      • NoN
      • 2016年 8月 12日

      片波で貰っておけば利益は残せるので、まずは、そこからかもしれませんね。

    • サボ
    • 2016年 8月 12日

    迷晴れさん、いつもながら鋭い洞察と基本に沿った相場の見方
    参考にさせていただいてます。

    迷晴れさんは長期の流れ見て短期でタイミングを取るといった、王道というか定石通りのトレードをなさってると思うのですが、相場を3次元的に見るみたいな

    ただ短期の優位性のみでのトレードでも長期の環境認識してやるトレードと勝率、PF、増えていく口座資金とかに変わりようが無ければ
    それはそれで有りだとお思いですか?
    それとも、それは絶対にあり得ないとお考えでしょうか?
    相場は確率と考えるなら、短期の優位性のみでも確率さえ良ければ単一時間足でのトレードも有りなのだと思うのですが、その辺のお考えをお聞きしたいです。

    何らかの意図はございません、単なる好奇心と探究心です。
    勝ってるトレーダーはどの様に考えているのか?
    それを知りたいのでございます。
    よろしくお願い致します。

      • NoN
      • 2016年 8月 12日

      ありだと思いますよ。ちなみにボクも始めは1分足と5分足しか使いませんでした。利を延ばすことはできませんが。

        • サボ
        • 2016年 8月 13日

        お返事ありがとうございます

        へ〜迷晴れさん、最初は短期足のみだったんですね
        ちょっと意外でした。

        僕とは逆ですね、僕は最初に長期の環境認識で短期のタイミングが全てだと思ってやっていて
        今は短期足のみ
        確かに利は伸ばせませんよね〜
        ただ口座資金が増えればいいので気にはしていませんが(笑)
        なるほど〜勉強になりました
        ありがとうございました。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

迷晴れ動画アワード2017

サイト内検索

FX人気口座ランキング
短期売買特化型口座特集
MT4口座特集
システムトレード口座特集

学習ツールと投資関連書籍

フォレックステスター購入
フォレックステスター・導入ガイド
フォレックステスター有料データ購入ガイド
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント
海外FX口座の基礎知識
海外FX口座スペック比較

通貨ペアの相関関係(-100%~+100%)

月別ページ

カテゴリー

シストレ24キャンペーン
FXPLUS
迷晴れBOX