FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を学べるサイト。

menu

迷晴れFX

目から鱗!待てないあなたに贈る、チャートの未来を知る方法。

誰のチャートにも過去と現在しかなく、未来は描かれてません。もし、未来が描かれていれば、「あとから見ればわかるのだが…」なんてこと誰も言わなくなります。では、チャートの未来とは、皆目見当がつかないものなのでしょうか。もしそうなら、トレードは単なるギャンブルになってしまいます。今から数分、数時間先の未来なら、何が起こるかある程度わかる、そういう領域にいる人がいるはず、そう考えてことはありませんか。

スポンサードリンク

同じミスを繰り返すのは、脳の危険回避メカニズム。

じっくり考えろ。しかし、行動する時が来たなら、考えるのをやめて、進め。
ナポレオン・ポナパルト

この言葉通り「今」という瞬間は、「進む」ためにあるのであって、迷うためではありません。でも、人は、今を意識しすぎるがあまり、今に感情的になります。

失敗トレードを日誌をつけているのにも関わらず、何度も同じミスを繰り返し、自分はバカじゃないかと悲しくなるのは、あなたが悪いんじゃく、脳のメカニズムとして当たり前のことなんです。

ヒトの脳は、リアリティーある思い込みを「現実」として捉えてしまいます。ホントの現実なんて、もともと存在しないものなのかもしれません。

トレードだと、「常勝」にリアリティがあれば80%勝ち続け、「常敗」にリアリティがあれば80%敗け続けます。

実際、勝てている人だって20%は負けていますが、80%勝てるという「プラス観念(思い込み)」が、常勝という好循環をつくりだしているだけです。

常敗の人は、同じミスを繰り返すことで、自分はダメな奴という自己嫌悪を招き、それが「マイナス観念(思い込み)」となって、悪循環を引き寄せます。ビギナーズラックが起こるのは、この「マイナス観念」が、まだできていないおかげです。

敗け続けるのは、スキルが足らないんじゃなく「マイナス観念」のせいです。

熱いものを触ると火傷するというリアリティ、すなわち「マイナス観念」があるから、注意できるように、危険を避けるという脳の仕組みであって、どうしょうもありません。

負け続ける未来にリアリティがある限り、負けやすいように「今」を動いてしまうのは必然的なことです。

そこで、今回は、このマイナス観念をプラス観念に上書きする方法をお伝えします。

波のイメージができない初心者の壁

トレーダーの持つ波のイメ-ジは、そのままトレードに反映されます。正しい波のイメージを待てば勝ち、間違った波のイメージを持てば敗ける。たったこれだけです。

4時間足

先週末の109.00サポートは強そうです。ここを大底と観て買い始めている人たちがいて、そのチャレンジが底値をつくりました。これに対して、緑高値を意識していて、まだまだ、戻ってきたら売ろうと、売る気満々な人たちがいます。

15分足

戻り売りの有力候補はフィボナッチ61.8%周辺にある、2本の青水平線になります。そして、手前の半値に反応する可能性も考えておきます。

この日のトレードプランは、戻り売り候補まで買って、本命は戻り売りですが、赤ボックスのようなところ(青〇からの半値)での、ブルベア綱引きに警戒します。

つまり…売ったとしても、すぐには下がらずにレンジ化する可能性が高いということです。

高値1の下降波半値で反応していますが、崩れて上昇。高値2のフィボナッチ61.8%+青水平線でも同じ現象が起こっています。

1分足 高値1

トリプルトップの押し安値をブレイクしたことで、赤〇からショートした人がいます。しかし、この売りポジションは檻に捕われ、最終的に損切されました。

下降波半値で反応しているので、1分足だけ見れば売れそうなカタチですが、こういうところで売っちゃっていませんか?

なぜ、ここで売ってしまうのか、その原因と対策を、今回のテーマと絡めて、あとから解説したいと思います。

1分足 高値2

高値2は下降波フィボナッチ61.8%+青水平線の高値もあって、戻り売りの有力候補です。

Wトップネック抜けで、1分足しか観てなければ、ブレイクと判断して、赤〇からショートしそうな感じです。黄部分は5分足ではヒゲになってますが、うっかり売った人がいます。

高値2は、適当な戻り売りポイント。そう考える人が多ければ多いほど、逆に、そうならなかったときのことを考えます。

相場では「大方の予想に反して」という動きが出たらチャンスです。

仕込んでいた玉が多い分、値が逆に走る可能性が高くなります。そうなれば、安値を切上げた青〇は絶好の買い場になります。

未来へのライン取り

波のイメージが大事というのは、これまでもお伝えしてきましたが、これができるか、できないかが、勝ち組と負け組の分水嶺といっても過言ではないかもしれません。

成長の第一段階は「今」しか観てませんので、敗けまくります。

第二段階は、それに気づいて、過去を観るようになります。過去を分析して未来のシナリオを建てようとします。ところが、この第二段階でも「今」しか観てません。「今」への意識が強すぎるところへもってきて、短期足チャートを観てしまうことで、せっかく建てたシナリオが全く活かされません。

第三段階になり、今という「点」ではなく、波という「流れ(点の繋がり)」を意識するようになって、ようやく、どこで待つべきかを知るようになります。

チャートには、過去と現在が描画されていますが、未来は描かれていません。もし、未来が描かれていたら、全戦戦勝ですよね。

「チャートができた後ならわかる」これ、よく聞くスレーズですが、未来がないなら、つくってしまえばいいのです。

「未来チャート」をつくってしまえばいいのです。

ボクがこれに気づいたのは、MT5の「チャートをシフト」するというボタンを押したときです。試しに、このボタンを解除して、右端の空白を消してみると、とてもトレードできる気がしません。

それだけ、この「20%の空白」重要で、未来をイメージするために存在します。このスペースをどう活用するかが勝つコツです。

慣れてくれば、頭の中だけで、未来をイメージができますが、そうなるまでは、実際にラインを引いてみましょう。

これは、ゴルフのパッティングや、レースのライン取りのようなものです。パッテングの瞬間にゴルファーの頭にあるのはカップインする未来、コーナーリングの瞬間にレーサーの頭にあるのは、コーナーを抜け加速する未来、未来です。

バイクレーサーもゴルファーも、「今」という地面ではなく、前方の「未来」を見てるんです。

これと同じ原理で、チャートに未来のライン取りをします。シナリオには、未来のイメージが大事なんです。

15分足

やり方は簡単で、緑高値からの下降波を引いて、戻り売り候補から平行ラインを未来に向けて引くだけです。

このチャートでは、109円からの押し目買いもあるので、実際には、赤ボックス内でブルベア綱引きレンジになる可能性が高いですが、とりあえずは引いてみてください。

そうすると、下降波半値の戻り売り候補である高値1に達したとき、何か突発的なことでもない限り、赤矢印のような動きにはなりにくいことがわかります。

1分足

ところが1分足をみると、戻り売りシナリオを建てていたにも関わらず、「今」しか観れなくなり、その結果、赤1のようなショートをしてしまうことになります。

もし、ここに白い波のイメージがあれば、少なくとも黄1まで待てるのではないでしょうか。

高値2でも同じことがいえます。黄2のショートならアリですが、、赤2のショートは見送ることができます。

短期足に振り回されている人は、「今」に振り回されている人です、足元の地面しか見てない人なんです。こうすることで、「今」に振り回されなくなります。

脳はリアリティーを現実と思い込み、それに反応して行動してしまいます。

これは、チャートにライン取りをすることで、リアリティーを「今」という地面から「未来」という前方へシフトさせるという技です。単純なことですが、パワフルに機能します。

今日のまとめ

人生は、常に一歩目しかありません。

なぜなら、今からすることが、未来をつくるわけですから。

過去からは多くのことを学べますが、それもこれも未来を良くするためで、未来を悪くするためじゃありません。

過去から持ってこれるのは、知識や知恵、そして、観念(思考や感情)です。しかし、良くも悪くも、この観念こそが、驚くほど「今」に影響します。そして大概の人は、マイナス観念を抱いているので、不幸なループにはまりやすいものです。このループから抜け出そうともがくほど自己嫌悪感が高まり、かえって悪循環になります。

この「マイナス観念」からくる危険回避システムは、命を守るために必要なものなので変えることはできませんが、それなら、逆に、この思い込みのパワーを利用してしまえばいいのです。

今までの人生で染みついたマイナス観念を消し去ることはできませんが、上書き更新することはできます。

上書きされてしまえば、過去データとしては残りますが、二度と、「今」に悪影響を及ぼすことはなくなります。自転車に一度乗れてしまえば、転ぼうとしても、転ぶイメージができずに転べないようなものです。

今から、お盆で親戚の家に行きますが、しゃぶしゃぶが待っています。数時間後のボクの未来はしゃぶしゃぶで確定!メチャ、リアリティーあります。だから何の迷いもなく親戚の家に向かいますし、道順もわかっています。

リアリティに引き寄せられて動く。

これが人間じゃないでしょうか。

もし、しゃぶしゃぶが何かの手違いで、焼き肉になったとしても、それはそれで構いません。そういうこともあるのが人生ですから。

トレードもこれと同じではないでしょうか。

リアリティーは、脳の幻想なのかもしれませんが、感触や感覚が伴っています。

手法の数より、これを続ければ勝てるという「勝利のリアリティ」、たったひとつでも構いません。これを獲得、持続させることが大事なのではないでしょうか。

◆迷晴れFXの上手な活用法◆
この動画やブログを見るだけでトレードが上達することはありません。

本来の学び場はチャートであり、当コンテンツは【考えるヒント】の気づき場とお考え下さい。自分で仮説をたてて、自分で考えることが勝つコツです。

◆お断り◆
この動画は「学習」を目的に制作されたものです。個人の見解を過去のチャートから解説したものであり、未来を予想したり、利益を保証するものではありません。

記事へのレビューやご意見はコメント欄をご利用ください。コメントを「読者さまの声」としてブログや動画に掲載させていただくことがございます。

個人が運営していますので以下のご質問にはお答えできません。

・サイトの趣旨と無関係なこと。
・調べて頂ければ自己解決できること。
・誘導リンクのあるものはスパム扱いとさせて頂きます。
・初心者の方のご投稿は「迷晴れボックス」をご利用下さい。

◆著作権について◆
当サイトは無料でご覧頂けますが、著作権は放棄しておりません。動画等のコンテンツを営利目的でお使い頂くことはできません。

悪意のあるスパムコメントやコンテンツは証拠として保存しております。悪質と判断した場合、サイバー犯罪として対処いたしますのでご注意ください。

詳細はご利用についてをご覧ください。

スポンサードリンク





おすすめトピック

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (12)

    • おりょう
    • 2017年 8月 17日

    迷晴れ先生 こんにちは。いつもお世話なっております。
    今回の動画は今の自分にドンピシャで大変ありがたく拝聴させていただきました。私はこの連休中にFT3で、以前の先生の授業(動画)^_^の波と節を繰り返し観させて頂き、毎日ひたすらチャートに日足から、1時間足まで色を変えて太さも変えてラインを引いてました。単純かつ、気長にする作業で大変疲れました。実はやろうと思った目的は損切りする方達の心理をもっと捉えられないかな?って思いからでした。もう一つは波を感じとることでまあまあな約定が出来るようになりたいとも思いました。この動画のおかげで今からラインの引き方に約定ポイント向上の意志入れの為作業が出来そうです。ありがとうございます😊 私バイク🏍に乗ります。コーナリング大好きです。相場の波のクリッピングポイントが分かれば綺麗に曲がれますよね。転倒しないように(ToT)練習したいとおもいます。トップトレーダーはドリフトしながらコーナリングしてぶち抜いて行くんでしょうね。先生の授業(動画)に出会えたおかげでエントリー時の入り方も変わりました。先生の真似をして、ポトっと置いてくようになってきました。以前は大砲を撃つ気持ちで入り自爆しました。(^^) そこで、相場での損切りトレーダー達の心理をもっと捉えたい。理解したいです。週間チャートナビでいい例あればまた解説お願いします。長々とすみません。ありがとうございました。

      • NoN
      • 2017年 8月 17日

      ボクも初めのころはマシンガンのように撃ちまくってましたが、エントリー回数が減るにつれて、バスケのシュートのように置きにいく感じになりました。

    • ナカムラ
    • 2017年 8月 17日

    迷い晴れ様こんにちわ。
    これまた遺産級の動画、まさに目から鱗が落ちるようです。
    「ドル円111を抜けなかったら売り」というざっくりとした予想は大当たりでしたが(というか誰もがそう考える事でしょうが)その通りに実行できない私向けの動画ではないかと思います。昨晩は深夜だったんで仕方ないのですが・・・・

    早速、自分なりにやってみました・・・戻り売り候補110.5とするとドル円は2,3日ヨコヨコと判定されました。この通りに動くとは限らないですが目安になりますね。

      • NoN
      • 2017年 8月 17日

      有難うございます!

      自転車に乗るときも、下を向いていると転びますが、前を向いてペダルを回せば進みます。
      流れを意識しておけば、下ではなく、ちゃんと前を向いてトレードできるのではないでしょうか。

      「目安」まさにその通りです。

    • PTGM
    • 2017年 8月 17日

    初めまして。
    いつも濃い内容ありがとうございます。
    最近、このページや動画を知って見はじめました。

    今回の動画、N字ラインを引いたチャートが1分足に切り替わった瞬間、
    「おーーっ」と思わず声を出してしまいました。
    他の皆さんもコメントされていますが、タイトル通りまさに目から鱗ですね。
    なんだか脳の中のスイッチが切り替わった感じがします。
    1年ほどFXから離れており、今月からインジケーターなど全て取っ払って、
    チャートの波そのものをみる練習を開始したところです。
    ブログ、動画を参考にさせていただき、焦らずきっちりと検証しながら土台を作っていきたいと思います。

    本当に素晴らしい動画ありがとうございます。

      • NoN
      • 2017年 8月 17日

      コメント有難うございます。あくまで目安なので、今回のようにならないこともありますが、何かしらの基準がないと「今」の動きに振り回されてしまいます。下ではなく、前を向いてのトレードの一助になればと思います。

    • mocha0509
    • 2017年 8月 17日

    こんにちは、未来を知る方法はないですね。
    ドラッカーは、「未来を創造せよ」と言いました。
    私たちは相場の値動きを創造できませんが、相場から資金を得る方法は創造できます。
    相場に向き合って最初に予測するべきことは、レンジになるのかトレンドが始まるのか、そのトレンドが継続するのかだと思います。
    レンジになっていると見ることができれば、ダブルトップでしかも上ヒゲ陰線が出ても想定レンジの中段付近であれば見送りです。下降トレンド中のプルバックからの想定ライン際でこれが出れば即エントリーです。環境認識によって同じような形でも全く行動が変わります。これをきっちり見分けなければ、ダブルトップがなぜあっさり抜かれたのかがわかりません。そして、これがトラウマとなりチャンスで素早くエントリーできず、利益を逃すというミスを誘発します。それで焦りが生じ理屈の合わないエントリーやトレードをやってしまいメンタルまで崩れてしまいます。こうなると何をやっても勝てません。
    そして初心者に推奨されるトレンドフォローの説明やダウ理論の説明が、レンジであったりレンジになる傾向があるにもかかわらずトレンドが起きるというバイアスをかけてしまい、結果として負けやすい位置でのエントリーを誘発してしまいます。さらに相場のほとんどがレンジであるという現実が多くのトレーダーを苦しめ混乱に陥れます。
    レンジとトレンドで対応を変えなきゃいけないのにトレンドが伸びるという前提で相場を見るとレンジの兆候を見落とします。
    このミスを防ぐのに2つのシンプルな問いが有効だと考えます。
    「このエントリーのリスクに対するリワードは十分か」「今見ているチャートはレンジなのかトレンドなのか、であればこのエントリーの方向は適切か」
    誰もが説明し誰もがわかっているはずのことですが、インジケータやチャートのパターン、エントリータイミングを測るローソク足の形に目を奪われ優位性や方向性が曖昧になりがちであり、そこに上手くいかない大きな原因があると思われます。
    プロゴルファーは、スイングやアドレス、フォームに対していくつものチェックポイントを持っていて、無意識にそれらのポイントがずれないようになるまでに意識して練習したり確認を繰り返していくそうです。
    この前、松山英樹選手の練習動画を見ましたが、とにかく同じショットやアプローチを何度も何度も繰り返します。素人から見るとほぼ完璧なように見えますが、本人は納得しているのかしていないのかよくわからないくらい無表情で同じことを淡々と繰り返していきます。ツアーで見せるスーパーショットも当然真似できませんが、誰でもできるような練習でありながらその高度な集中力とショットやパットに対する追求の姿勢もとても常人の真似できるものではなく、プロとはかくあるものであると感じました。
    トレードにおいてもこの基本の繰り返しが重要であるということですね。

      • NoN
      • 2017年 8月 18日

      Wトップ・ボトムは波の反転箇所に必ず出現するので、どこにできているのかを見極めることができないと敗けまくります。レンジについても、レンジになる前に想定する必要があるので、木をみて森を見ず、結局はこれを、どうやって克服するかですね。

    • oda
    • 2017年 8月 18日

    動画有難うございます、私は日足・週足のMAの位置で値動きの見当だけつけて
    4Hの方向に合っていればエントリーし、ひたすら待ちです。
    おかげさまで今週も週利が確保できそうです、有難うございます。
    しゃぶしゃぶですか、、あー、なんと!
    大勢で囲む鍋! うらやましいですね!
    では、お元気で!

      • NoN
      • 2017年 8月 18日

      シンプルでいいですね!コメント有難うございます。

    • Tom
    • 2017年 8月 19日

    迷晴れ先生
    今回の動画も皆さんのコメントからもうかがえますが、めちゃめちゃ刺さっておりますね。
    私は、あえて1分足は見ないようにしてます。見ると「今」にとらわれて、エントリーしてしまうからだと
    今回の動画でさらに腑に落ちました。

    漫画「ONE PIECE」で「見聞色の覇気」って技があって、相手の仕掛ける攻撃を読める力を磨いていくんですが、
    強敵の1人がその覇気を鍛えまくって、ちょっと先に起きる未来の出来事がわかってしまうようになったんです。

    このエピソードとチャートの未来を読む事が私の中で勝手にバッチリリンクしてます(^^)
    2つのシナリオを立てて、検証あるのみです!!
    ちょっと先の未来を描ける力を磨きたいと思います。

    そういえば、子供の頃もよく「後先の事を考えて行動しなさい」って言われてたなぁと、
    すべて繋がってるんもんだと妙に納得してしまいました。

    いつも深い気付きをいただきありがとうございます。

    お盆に親戚とナベを囲む!素敵ですねー。

      • NoN
      • 2017年 8月 19日

      シンプルな教えって、実は深かったりしますよね(^_-)-☆
      「自分がされて嫌なことは他人にするな」こんな、教えでも、守ると守らないじゃ人間的に大きく差が開きます。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内検索

FX人気口座ランキング
短期売買特化型口座特集
MT4口座特集
システムトレード口座特集

学習ツールと投資関連書籍

フォレックステスター購入
フォレックステスター・導入ガイド
フォレックステスター有料データ購入ガイド
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント
海外FX口座の基礎知識
海外FX口座スペック比較

通貨ペアの相関関係(-100%~+100%)

月別ページ

カテゴリー

シストレ24キャンペーン
FXPLUS
迷晴れBOX