FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を鍛えるサイト。

menu

迷晴れFX

【週ナビ#277】チャートのわかりやすさは勝ちやすさ。

週刊チャートナビ(2020.03.23~2020.03.27)は、ドル円、ユーロドル、ユーロ円の主要三通貨ペアの一週間を振り返ったチャート考察です。

ドル円

今週の見通し

日足

16年11月6日のハラミ安値で強反発してから2月高値までほぼ全モ、週足レベルの高値切下げライン反発でクローズ。

4時間足に月足+週足ロウソク

先週高値の位置には週足キリサゲL、2月高値も近い、今のドル高が続くかどうかに注目。

4時間CHのなか急騰気味、ドル高がひと段落すれば、週前半に一息ついてから下値を試しそうな気配。

TR上段㊤:18年12月高値

TR中段:2月高値とN高値(先々週高値)

TR下段㊦:N安値(先週安値)

4時間足ベアの視点:先週陽線の押し目候補までショート、先週高値でレジされれば金曜安値上(仮ネック)を天井圏とみてトレード。

4時間足ブルの視点:先週陽線押し目買い。①金曜安値上での天井圏トレード②4時間CHが割れてもNゾーン高値でのロング③ドル高が続き2月高値を抜けば次のレジスタンスまで。

今週の値動き

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

週前半は先週高値111.5で上値を固め、26木曜から売られ始めた。エネルギーが蓄積していたため先週金曜安値ネックまでの下落は見込めたが27日の続落は想定外だった。

毎日の見通し

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

03/23 月曜

先週金曜同時線が反転サインなるか?ドル高が続くか?現状、先週金曜安値を天井圏仮ネックにみる。

1時間足ベアの視点:①先週高値への上値試しから金曜安値に向けてショート。②1月高値での押し目崩れで109.5までショート③2月高値まで上昇すれば売りを考える。

1時間足ブルの視点:①木曜陽線押し目買い。金曜安値または109.5押し目候補で先週高値までロング。②1月高値押し目崩れで金曜安値に向けてショート。

03/24 火曜

押し目買いされ先週高値に到達。さらにドル買いが続くのかに注目。

1時間足ベアの視点:先週高値、または、2月高値レジで前日安値を目安にショート、1時間キリアゲLと先週高値での持ち合いの可能性も疑っておく。

1時間足ブルの視点:前日安値への下値試し(1時間キリアゲLサポート)からロング、先週高値を越えれば2月高値まで。このまま先週高値を越えれば2月高値までロング。

03/25 水曜

再度、先週高値へのアタックがなされ、1時間キリアゲLと先週高値で持ち合いになった。さらにドル買いが続くのかに注目。

1時間足ベアの視点:先週高値、または、2月高値レジでショート、1時間キリアゲLを抜けても4時間CH安値が控えている。

1時間足ブルの視点:1時間キリアゲL、または、4時間CH安値サポートでロング、先週高値を越えれば2月高値まで。このまま先週高値を越えれば2月高値までロング。

03/26 木曜

先週高値111.5で上値の重い展開、エネルギーが蓄積しているので上抜けるかレジされるか注目。

1時間足ベアの視点:先週高値を背中にショート、1時間キリアゲLを割っても4時間CH安値サポートに注意、2月高値でスパイクする可能性もアリ。

1時間足ブルの視点:先週高値上抜け期待、1時間キリアゲL、もしくは、4時間CH安値反発で2月高値までロング。

03/27 金曜

先週高値が越えられずに先週金曜ハラミ安値まで下落。

1時間足ベアの視点:①水曜安値への上値試しから戻り売り②このまま金曜ハラミ安値を割れば先々週高値108.5までショート。

1時間足ブルの視点:①金曜ハラミ安値サポートから上値試しのロング②先々週高値108.5まで下がってサポートされればロング。

毎日の値動き
15分足に週足+日足+4時間足ロウソク

03/23 月曜

1月高値割れから赤1プルバックを待ってショート、15分足押し安値でアウト。

欧州時間、戻り売り崩れ青1でロング、下降波戻り売りを警戒してモミ合いでアウト。

スパイク狙いで青2ロング、NY時間に高値更新してスパイク成功、先週高値でアウト。

03/24 火曜

東京時間、1時間キリアゲL+4時間sma21ミニWボトムで青1ロング、欧州初動に戻り高値でアウト、続いて、安値切上げ青2でロング、直近高値でアウト。

安値切上げていたので黄1ショートは見送った。

NY時間、戻り高値ブレイクで青3ロング、先週高値でアウト。

03/25 水曜

東京時間、1時間キリアゲLまで下がらずに反転して先週高値を目指し始めた。

欧州初動以降は先週高値ブレイク、もしくは、強い反発からのショートを狙っていたが、何事も起こらずにノーポジ。

03/26 木曜

東京時間、1時間キリアゲLのサポート崩れで赤1ショート、欧州初動、4時間CH安値もブレイク、NY初動、ほぼ先週金曜ハラミ安値に届いたのでアウト。

NY時間、下降トレンド戻り売り、TL反発からの赤2押し目崩れで2番底までショート。

03/27 金曜

東京時間、先週金曜ハラミ安値割れから赤1戻り売り、先々週高値+N高値でアウト。

欧州時間、戻りを待って1時間sma21×109.0Mトップで赤2ショート、N高値で撤退。

NY時間、2回目の上値試しから赤3戻り売り、翌朝、N安値でアウト。

ユーロドル

今週の見通し

4時間足に月足+週足ロウソク

急騰起点の2月安値を下抜き返し、17年4月のサポートラインでクローズ。

引き続きドル高が続くか?先週安値が底値になるか?

TR上段㊤:3月暫定高値

TR中段:先週安値と先週始値

TR下段㊦:16年12月安値

4時間足ベアの視点:先週陰線戻り売りの続き。先週安値が底値になれば金曜高値周辺が仮ネックとみていて4時間sma21が機能しそう。

4時間足ブルの視点:下げ止まりを待って戻りを買う。先週安値が底値になれば金曜高値仮ネックを目安に底値圏内のトレード。

今週の値動き

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

先週金曜高値を仮ネックと見立てたが戻り売りが負けて25日水曜陽線終値が4時間CH高値をブレイク。そこからは先週陰線の戻り売り候補を次々崩して先週高値を目指した。

毎日の見通し

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

03/23 月曜

ドル高継続か?先週安値にサポートされれば金曜高値が仮ネック。

1時間足ベアの視点:①先週金曜高値への上値試しから先週安値までショート。②先週安値を割れば17年4月安値サポートまでショート。

1時間足ブルの視点:①先週安値サポートで金曜高値を目安にロング②17年4月安値まで下がればロングを考える。

03/24 火曜

先週安値で底値を固めている。

1時間足ベアの視点:①底値試し崩れで先週安値抜け期待ショート。②先週金曜高値付近まで上がれば売りを考える。

1時間足ブルの視点:底値試しから先週金曜高値抜け期待ロング。

03/25 水曜

先週金曜高値を越えたが、先週陰線38.2%×4時間CH高値で売られて下値試し中。

1時間足ベアの視点:①先週陰線38.2%付近、4時間CH高値から前日高値にかけてのレジスタンスでショート、越えれば、先週陰線半値1.095、または、先週陰線61.8%の1.1000での戻り売りを考える。②1時間CH安値割れで先週安値への下値試しショート。

1時間足ブルの視点:短期上昇トレンドを1時間CH安値サポートで先週陰線半値1.095+1時間CH高値を目安にロング(途中に4時間CH高値アリ)

03/26 木曜

1時間CHペースで4時間CH高値を前日陽線終値が更新。

1時間足ベアの視点:先週陰線38.2%(前日高値)戻り売り、一旦、1時間CH安値までショートして、4時間CH高値を割れば先週高値を試す動きが出る。前日高値を越えれば先週陰線半値1.095で戻り売りを考える。

1時間足ブルの視点:1時間CH安値+4時間CH高値への下値試しから押し目買い、4時間CH高値を試す可能性もある。

スポンサーリンク

03/27 金曜

先週陰線の戻り目候補を次々ブレイクして先々週安値まで上昇。これを越えれば次のレジ候補は先週陰線76.4%1.110か強者の高値1.118

1時間足ベアの視点:上げ止まりを待ち(前日高値・1.110・強者の高値)上昇波のあや押しをショート。

1時間足ブルの視点:上昇波押し目買い。今の上昇ペースで買うか、いったん上げ止まって下がってから買うか。

毎日の値動き

15分足に週足+日足+4時間足ロウソク

03/23 月曜

欧州時間、先週安値Wボトムへの底値試し、青1ミニWボトムでロング、急騰したので4時間sma21でアウト。

NY初動、4時間sma21への2回目のアタックで赤1ショート、Mネックを抜けずにアウト、その後、上値目標の金曜高値に到達。

金曜高値反発から赤2押し目崩れでショート、直近安値でアウト。

03/24 火曜

東京時間、下から買えずに金曜高値まで待つ。

東京終盤、金曜高値での戻り売り崩れ青1でロング、1.085を越えられずにアウト、続いて、青2押し目買い、4時間CH高値でアウト。

NY初動、4時間CH高値にできた三尊右肩で赤1ショート、押し安値のミニWボトムでアウト。

03/25 水曜

東京時間、1時間CH安値、青1ピンバーをサインにロング、欧州時間、4時間CH高値のレジでアウト、その後、深夜になって4時間CH高値を越えていった。

03/26 木曜

東京時間、1時間CH安値への下値試しなしで前日高値+先週陰線38.2%の戻り目候補をブレイク。

欧州初動、2回目の下値試しで青1ロング、先週陰線半値の戻り目、61.8%の戻り目を越え、1時間CH高値到達でアウト。

03/27 金曜

欧州初動、1時間CH内に戻ってきたので、前日陽線押し目候補まで赤1戻り売り、前日陽線半値押し1.1000でアウト。

前日陽線半値押し1.1000ミニWボトムを使っての押し目買いは失敗。

NY目前、スパイクを狙う、前日陽線半値の押し目崩れで61.8%押し目まで赤2ショートして、青2の反発でロング、スパイク成功で直近高値を更新、翌朝5時にアウト。

ユーロ円

今週の見通し

4時間足に月足+週足ロウソク

先週はドル買いが強くユロ円は浮動、4時間CHを下降中。

TR上段㊤:1月高値

TR中段:2月高値と先々週安値116円

TR下段㊦:17年4月安値

4時間足ベアの視点:先週安値を下抜けば、Wボトム崩れ狙いで売り。

4時間足ブルの視点:先々週のWボトムがまだ生きてるので先週安値を試すか、4時間CH高値抜けで2月高値まで買い。

今週の値動き

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

先週安値への試しは弱く23月曜終値が4時間CH高値を更新して上昇トレンド発生。

はらみ高値もフラッグでエネルギーを溜めてから25水曜にブレイク、2月高値手前まで上昇。

毎日の見通し

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

03/23 月曜

先週金曜の高安を意識。

1時間足ベアの視点:金曜高値、または、4時間CH高値まで上がればショート。金曜安値割れで先週安値までショート。

1時間足ブルの視点:①先週金曜安値への下値試しからロング②先週安値まで下がればロング。

03/24 火曜

ドル円は天井圏内、ユロドルは底値圏内。

1時間足ベアの視点:先々週ハラミ高値まで上昇すればショート。

1時間足ブルの視点:前日陽線、ハラミ高値まで押し目買い、押し目候補は先週金曜高値から4時間CH高値付近。

03/25 水曜

ハラミ高値に到達後に上値の重い展開。

1時間足ベアの視点:ハラミ高値でレジされれば、前日陽線押し目候補までショート。

1時間足ブルの視点:前日陽線押し目買い。119.5から119.0付近が押し目候補。

03/26 木曜

ハラミ高値を前日陽線終値が更新、2月高値まで20ピプス程まで上昇。

1時間足ベアの視点:前日安値レジで1時間CH安値目安にショート。2月高値でスパイクすればショート。

1時間足ブルの視点:上昇波押し目買い。1時間CH安値×120.0が押し目候補。

03/27 金曜

26日高値121.0でレジ、Mトップになった。

1時間足ベアの視点:121.0Mトップへの上値試しからN安値目安にショート。2月高値でスパイクの可能性もある。

1時間足ブルの視点:Mトップの売りが下げ止まったところから天井試しのロング。

毎日の値動き

15分足に週足+日足+4時間足ロウソク

03/23 月曜

欧州初動、金曜安値ブレイク失敗から青1戻り売り崩れでロング、5分足sma21割れまで引っ張る。

03/24 火曜

東京終盤、前日陽線押し目候補119.0の青1ダマシ安値×4時間CH安値反発からのキリサゲL抜けでロング、ハラミ高値でアウト。

03/25 水曜

東京時間、前日陽線押し目候補119.5で青1ピンバー出現、キリサゲL抜けでロング、欧州初動にはらみ高値越え、1時間CH手前で勢いを失くしキリアゲL抜けでアウト。

NY初動、青2押し目買いは高値に届かずにMトップになってアウト、その後、深夜に高値を更新した。

03/26 木曜

東京時間、2月高値への上値試しが失敗。

欧州初動、東京高値への上値試しが赤1打消し線で拒否られ、高値キリサゲでショート、15分CH安値でアウト、続いて、赤2戻り売りは安値更新できずにアウト。

NY時間、1時間CH安値で押し目買いを構えていたが手前120.0で反発、戻り売り崩れで青1でロング、15分CH高値上抜け121.0まで利を延ばす。

03/27 金曜

東京時間、Mトップの2番天井120.5ミニネック抜けの赤1でMネックを狙ってショート、Mネック戻り売り崩れでアウト。

M2番天井ネック120.5への戻りを準備していたが欧州時間にクラスター発生。

NY手前、安値ブレイクで赤2ショート、N安値でアウト。続いて、青1戻り売り崩れでスパイク狙いのロング、翌朝、120.0でアウト。

今週の視点&ケーススタディ

チャートには表情がわかりやすい顔とわかりにくい顔があります。

わかりやすい顔とは、今、何をすべきか、多くのトレーダーの意見が一致してそうなチャート。

わかりにくい顔は、今、何をすべきか、トレーダーによって解釈が分かれそうなチャート。

1時間足

今週のドル円は、とてもわかりやすい顔でした。

大方のトレーダーは20日から20日から25日にかけての”三角持ち合い”を注視していたのではないでしょうか。

この1時間足ダムは木曜ついにエネルギーが放出を始めました。

26日の下落と三角持ち合いには、そういう因果関係があります。

ダム放流は時間足だけでなく分足にも同じ原理で発生しますが、ダムのサイズが小さければ放出されるエネルギーも少なく、上位のダムに堰き止められてしまいます。

やはり、1時間足より大きなダム湖に数日かけてエネルギーが溜まるのを待つとわかりやすい顔になります。

チャートのわかりやすさ=かんたんさなので、初心者の方でも勝ちやすいでしょう。

ダム湖の大きさとブレイク後の波の大きさは比例するので、N値やE値(ボツクスレンジのブレイク)を目安に利を延ばすことができます。

今週のドル円なら、先週金曜の安値ぐらいまでショートを狙えるといった具合です。

27日の続落については起業が3月末の決算期を迎えたせいかもしれません。

さて、解釈の分かれる難しい相場で蝶のように舞い、蜂のように刺せるトレーダーが偉い。

そんなことができるより、ラクでおいしいほうがいいに決まってます。

それには、解釈の分かれる、わかりにくいチャートを避け、解釈の一致するわかりやすいチャートで勝負できるようになるほうがいいです。

大衆のベクトルが揃っていれば、楽に勝つことができます。

コメントで、「こんな簡単な相場、誰がやっても勝てますよね」「今週は相場に助けられました」というのを見かけます。

でも、それは偶然ではなく、わかりやすさやトレンドに気づけたから勝てたわけで、なかには気づけない人もいます。

「簡単な問題から解こう!」

トレードも入試もこれでいいのだと思います。

小学生にも理解できそうなレベルの簡単な問題をたくさん解いて、難しい問題はあとからじっくり解けばいいんです。

それなら”自己肯定感”が下がることなく学んでいけます。

具を入れる順番を間違えるとおいしいカレーは作れません。

チャートのわかりやすい顔には、いろんなパターンがありますが、今週のドル円はそのひとつでした。

あわせて読みたい関連記事5選

◆お断り◆
この動画は「学習」を目的に制作されたものです。個人の見解を過去のチャートから解説したものであり、未来を予想したり、利益を保証するものではありません。

記事へのレビューやご意見はコメント欄をご利用ください。コメントを「読者さまの声」としてブログや動画に掲載させていただくことがございます。

◆著作権について◆
当サイトは無料でご覧頂けますが、著作権は放棄しておりません。動画等のコンテンツを営利目的でお使い頂くことはできません。

詳細はご利用についてをご覧ください。



こちらの記事もあわせてご覧ください

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (17)

    • Yoshi
    • 2020年 3月 29日

    今週も大変参考になる動画をありがとうございました。
    今週はトレンドがしっかり出ていたこともあり、ちょうど先日ここで報告をしていたボリバン1σの利食いルールを適用しやすい地合いだったので、うまくトレンドに乗れて230pipsほどの利益を取ることができました。まだルールを検証している途中なので、最小ロットだったのですが、それでも週当たりの最高益を出すことができました。しかし、何度か含み益が減ることに耐えられず、100pips取れるところを50pipsほどで利食い(それでもR倍数2はあったのですが)してしまったので、反省すべきところは多々ありますが。。。
    さて、マヨハレさんの週刊チャートナビでは、短期足として主に15分足を解説に使用されていますが(一覧性重視のため?)、先々週のチャートナビから、自分のMT5でマヨハレさんがエントリーされているポイントを5分足や1分足でもチェックしてみるようにしました。以前、「売るときは買い方の最後の悲鳴を聞いてから売るようにしている」と動画の中でおっしゃっていたと思いますが、5分足や1分足で見てみると、全てのエントリーポイントでそれを実践されていますよね。本当にどのエントリーポイントもブレずに売り買いの攻防を見極めておられて、チェックしながら、「本当にすごい人だ」と改めて思いました。まだまだ自分はそこまでの正確性を身に付けられておらず、「たぶんこの足場で反転するだろう。。。」という考えから、打診エントリーや、見切り発車エントリーをしてしまいます。兼業であること、小ロットであることから来る甘えもあるのかもしれません。「最後の攻防を見極める」、これをテーマとしてしばらく頑張っていきたいと思います。長々と書いてしまいました。ここで宣言しておくと、「やらねば」という気持ちになれるんですよね(^^; 自己満足のアウトプットなので、適当に流していただいて結構です。。。(笑)

      • H
      • 2020年 3月 29日

      Yoshiさん、週+230pipsの利益おめでとうございます!素晴らしいです!
      自己アウトプット大事です。迷晴れさんのコメント欄に投稿することで思考の整理にもなりますし、見られる意識もあるので真剣さもアップします。何より宣言効果の恩恵を得られますので♪僕の場合にはノートにもめちゃくちゃ書きますし、トレード毎のキャプチャにペイントで視覚的にわかるような振り返りも残します。プラス迷晴れさんのコメント欄投稿・・・これでかなり成長できました♪「打診エントリー」「見切り発車エントリー」が無くなれば驚くほど勝率が上がりますよ!応援しています!

        • Yoshi
        • 2020年 3月 29日

        Hさん、ありがとうございます!
        以前、「値動きに対応できるようになるには、ざっくり見る視点と精密に見る視点の2つのバランスが大事かなと思っています。特に短期足の値動きの研究は超重要ですよね。」とコメントいただいたことから、最近は短期足の最後の攻防の見極めをテーマにトレードしたり、マヨハレさんの動画を閲覧しています。私も画像をキャプチャしてEvernoteに張り付け、文字を書き込んで記録を残しています!やはり、打診エントリーと見切り発車エントリーを無くすことが重要なんですね。。。迷晴れFXはコメント欄でも迷いが晴れますね(笑)

          • NoN
          • 2020年 3月 29日

          実力が伴ってくると、視聴者さん同志のコメントが凄く役に立つかもしれません。

      • NoN
      • 2020年 3月 29日

      ボリバンルール、うまくいきましたね!おめでとうございます。
      実はボリバンのσバンドって、他の時間足の移動平均線と重複するので、ボクもバンドウォークは活用してます。安心して利を延ばせますよね。それと、ご推察通り、解説はしてないですが、ちゃんと5分や1分で最後の悲鳴を聞いてます(^_-)-☆

        • Yoshi
        • 2020年 3月 30日

        トレンドが出ている時のボリバンの1σバンドが下位足(4分の1程度)の移動平均線とシンクロしているような気が何となくしていたのですが、マヨハレさんのコメントを見て確信に変わりました。また迷いが晴れました(笑)
        短期足の動きについては、やはりそうでしたか。私は以前、5分足や1分足をガン見して、短期足の動きに振り回されていました。去年マヨハレBOXで取り上げていただいたアドバイスを元に、損切幅を広げ、15分足を短期足の主軸にして、環境認識を重視したトレードに切り替えてから成績がかなり向上しました。あれから8カ月が経ちました。今なら5分足や1分足にも翻弄されることなく、より精密なエントリーに活用することができるかもしれません。新しい課題ができて、わくわくしてきました。ありがとうございました!

    • モモイチゴ
    • 2020年 3月 29日

     いつも楽しくて為になる動画ありがとうございます。

     今週は9勝2敗でプラス82.0pipsでしたが内容が良くありませんでした。ほとんどスキャルで、勝ちの平均pips負けの平均pips
    の方が圧倒的に大きいです。

     なんといっても「わかりやすい相場」であった今週の相場を私はわかりにくい相場と感じていたことが悔しいです。金曜安値と先々週高値+ N高値は一番強いサポートだと思っていましたが、1時間足の切り上げラインを下抜けても4時間足トレンドラインや23日・24日安値、それに加えてキリ番すべてがサポート候補になると思い、全くエントリーできませんでした。大きく取れたところは一つもありません。特に110.0から金曜安値までの間は15分レベルでは上下が激しく全く見ているだけでした。

     今週から毎朝1時間足レベルで毎日の見通しをノートに書くようにしました。チャートナビで答え合わせをしています。今までよりも理解が深まるように感じます。

     プライスアクションを無視して4時間レベルのトレンドフォローだけやっていて、これではいけないと思いしっかり見るように心がけると怖くて伸ばせなくなってしまいました。理想は迷晴れさんのトレードです。今までよりも学習の濃度を上げて頑張らねばと思います。

      • NoN
      • 2020年 3月 29日

      環境認識の力がついてくると、斜に構えてチャートを見てしまうことがあります。斜に構えて負けるより、素直に考えて負けるほうがいいと個人的には思ってます。

        • モモイチゴ
        • 2020年 3月 29日

         素晴らしいアドバイスありがとうございました。明日からは素直に考えてやってみようと思います。損切り値を大きく取り過ぎなければ大負けはないですし・・・。

    • mr03911gt1
    • 2020年 3月 29日

    ますます切れ味が鋭くなった週ナビ、ありがとうございます。
    じっくり待って、行くべき時に一発で決める。流石です。

    さて、昨日未明の利確で月初からの証拠金2倍増を達成しました。
    が、ほぼこの騒動のおかげなので、通常運転に戻った時の感覚を忘れないようにFT4で遊んでいます。

    今月は一つだけ変えました。先に損切りを入力してからエントリーすることにしました。え、普通じゃんて思われるかもしれませんネ。マウスのワンクリックでエントリーせずに、MT4標準発注システムで、先にそのS/Lを入力してからその価格に充分近づくまで待って、スプレッドが安定していたらエントリー。先月と今月の違いはそれだけでした。

      • NoN
      • 2020年 3月 29日

      証拠金2倍!おめでとうございます(^_-)-☆逆指値を入れておけば波に流されなくなります。そういう工夫って地味だけで効果大です。

    • Tony
    • 2020年 3月 29日

    いつも素敵な動画、ありがとうございます。
    年明けのトレード、どうしてもうまく行かず、がむしゃらにチャート検証をしていましたので、
    いいねしか押していませんでした。
    現在好転はしつつ、成果が出せたら頃に勝ちトレードを皆さんに報告できればと思います。

    今回どうして迷晴れさんにご教示いただきたいのがありまして、
    EURUSD火曜日の戻り売り崩れの青①ロングですが、自分は反対のポジションを持ちました。
    文字だとわかりにくいと思うので画像を添付しました:https://i.imgur.com/5Cqtl1h.jpg
    ショートの理由としては、
    ①Wネック付近に二回レジされて、 Mのカタチが形成
    ②そのMの右肩に、さらにミニMができていて、それの下抜けで僕はショートしました。

    結果として、見事に損切りましたが、
    迷晴れさんがショートしなかった理由、教えていただけないでしょうか、、、?

    自分の反省として、安値が切り上げているので、
    今度売るにしても、そのミニMの上値試しが済んでから売るべきだと思います。

    最近コロナはなかなか大変なことになっていますので、
    どうかご自愛ください!

      • NoN
      • 2020年 3月 29日

      ボクもショートを構えてまして、ミニネック抜けも確認しました。
      ①安値切上げ②1時間+4時間sma21③2月安値(直近で上ヒゲ反発)という理由でミニMトップへの上値試しを待ったのですが1.08000を抜けたので「戻り売り失敗」と判断しました。

        • Tony
        • 2020年 3月 29日

        早速の返答、ありがとうございます!

        ちなみに一個ご報告ですが、、FX初めて以来、一年以上続いている損失は、や
        っと先々週からプラ転しました。

        けど、それは最近のボーナスのおかげだと思うので、、
        まだまだこれから迷晴れさんに近付けるように頑張ります。

          • Tony
          • 2020年 3月 29日

          脱字があたので補足です:
          最近のボーナス「相場」のおかげだと思うので でした。

    • すけきち
    • 2020年 3月 29日

    いつも勉強になる動画、ありがとうございます。
    今週のトレードの振り返りと、この動画で自分の迷いが少しだけ晴れたような気がしましたので、ご報告させていただきます。
    まず、自分の負けトレード分析ですが、簡単に言うと抜け期待のエントリーや短期足の値動きに翻弄され、上位足のトレンドに逆らう逆張りのエントリー、そしてレンジ相場でのポジポジ病、などで損切りがありました。
    トレード成績自体はポンド円やポンドドルの上昇相場に救われ、何とか黒字で終えることができました。
    しかしまよはれ様の過去の動画でも、初心者の負けトレードなどは勉強したはずですが・・・実際にそれを何度もやってしまい落ち込んでいました。
    FXが上手になるということは、難しい相場でも利益が出せる人。そんな人になりたい願望がありました。
    私は周りの人から、性格が真面目過ぎるといわれることがあります。自分でも完璧主義なところがあり、FXをするからには、いかなる相場でも利益を出さないといけない、というような考えがありました。実は仕事中もFXのことが頭から離れず、今日は勝てるだろうか、また損切りになったら嫌だな、ということを思うと少し憂鬱でした。
    私は兼業トレーダーなので、無理にトレードせずとも、一応生活はできています。いつに間にか、必要以上にトレードに固執していたようです。
    そしてこの動画のまとめ部分でおっしゃられている、「初心者でも勝ちやすい簡単な相場」そういう状況になったらトレードすればいいのではないか、という極めて単純なことに気づき、精神的にとても楽になりました。
    そのためには抜け期待トレードはしない、ポジポジ病を克服すること。そして簡単な相場を見分けられるようMTF分析ができないといけません。これからは今まで無理にトレードしていた時間をそれに費やすようにします。
    私のような初心者の悩みや迷いを晴らしてくれる、まよはれ様はやっぱり偉大な方です。
    これからも勉強させていただきます。
    季節的に体調を崩しやすいですが、お体を大事になさってください。

      • NoN
      • 2020年 3月 30日

      なんだか公文式みたいですが、かんたんな問題をたくさん解いて、達成感を味わいながら能力を上げていく方法は王道かもしれませんね。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内検索

FX人気口座ランキング
オリジナルインジケーター
短期売買特化型口座特集
MT4口座特集
システムトレード口座特集

学習ツールと投資関連書籍

フォレックステスター購入
フォレックステスター・導入ガイド
フォレックステスター有料データ購入ガイド
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント

あなたの負けトレードを徹底解説!

迷晴れボックス
海外FX口座の基礎知識
海外FX口座スペック比較

月別ページ

カテゴリー

シストレ24キャンペーン
FXPLUS