FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を学べるサイト。

menu

迷晴れFX

簡単な相場を一瞬で見抜く方法。

簡単な相場と難しい相場を見極めるには、知識重視から意識重視へ、トレードに向き合う姿勢を変えていきましょう。

スポンサードリンク

知識のトレードから意識のトレードへ。

相場には優位性のない難しい場面と、優位性のある簡単な場面があります。この考え方は、短期足になるほど優位性の継続時間が短くなるだけで、どの時間足にも通用します。

チャートという地図の見方がわかる人なら、一瞬でわかる「今」の難易度。これを身に付けるのにインジケーターは使いません。チャート左側から流れを見ていけばいいだけです。

初心者の方は、まず簡単な相場から利益を抜くことを覚えるべきです。難しい相場は売り買いの攻防があるので、もともと優位性が低く負けやすいものです。

トレードを上達させるのは知識量ではありません。チャートのどのポイントに意識を向けるか、また、トレード時の心の感じ方にどう向き合うか、こちらの方が遥かに重要です。

知識でするトレードから意識でするトレードへ脱皮できると見える世界が変わってきます。

FXは知識量では勝てない。真面目なトレーダーを苦しめる魔物の正体。
FXでは知識量がそのまま成績には結びつきません。むしろ真面目で知識欲がある人ほど負けやすい傾向にあります。今回のテーマは知識量と...

相場を「塊」で見る。

スライド3

プロの画家から聞いた話ですが、彼らはものを「塊」でみるそうです。その塊の中で最も重要なラインを一本選ぶ描くことで、描かれていない部分さえもイメージさせることができるのだそうです。

上図、緑で囲ったのが「塊」で、よくあるのがダブルトップ、ボトム、フラッグ、ボックスレンジなどのチャートパターンです。これは人が勝手に命名しているだけで、レジスタンスとサポートで囲われたエリアは全て「塊」と判断できます。

売り買いの攻防が発生しやすい場所には「塊」ができやすいので、レジサポラインを上下に2本程度引き、エリアを区别することでトレードの作戦を立てていこうというわけです。

相場は一本調子では動かないので、要所に必ず「塊」をつくります。初心者の方は、この「塊」を抜けるまで手を出さなければいいのです。とても単純な話です。

慣れてくれば、一瞬で「塊」が見え、その塊の境界線となるレジサポ・ラインが見えてくるようになります。見方にさえ慣れれば、抜けるだろう段階でのエントリーもできるようになります。

見方とはフォースであり、人生を支える知的財産。

star-wars-751562_640

やり方とは目に見える「知識」です。トレード手法やインジケーターなどなど、視覚化できるので誰でも瞬時に理解できます。

やり方を知ると聖杯を手に入れた気分になれます。知識欲が満たされるので満足度は大きいですが、中毒性もあります。その満足度を求め、次から次へノウハウを漁る商材ジプシーになる人がいるのはそのためです。しかし、そういった充実感は、実戦でほとんど役に立ちません。

トレードはリスクがあります。心理面の影響をとても受けるので、勝てそうなレシピを知っただけでは、同じようにできないのです。

見方とは目に見えない意識の集中、フォースです。フォースは訓練によってしか身につきませんが、正しい意識の集中とコントロールができれば、その見方は半永久的な知的財産になります。

あらゆるクリエイティブの基準となり、応用範囲が無限に広がります。

複雑に見えたチャートが、ある日突然、単純に見えてきて、エントリーに対する躊躇や恐れが消え失せたらフォースが備わった証拠です。

心のレンズが歪んでいると、歪んだ反応をしてしまう。

yugami

僕たちは物事に直接触れることができません。全て心のレンズを通して感じています。この心の感じ方そのものが、次の行動を決めているのです。

正しいレンズで物事を見れば、正しく対応できますが、歪んだレンズで見れば、恐れから逃げ出したり、敵視して戦おうとします。

その状況(値動き)になった瞬間、心に浮かぶイメージが歪んでいれば、心にマイナス意識の癒着があるということになります。

歪んだレンズは過去の出来事によって受けた傷でつくられます。

過去にひどいイジメに何回もあった人なら、大人になっても、人はイジメるものだという意識を持ち続けることになります、これが歪んだレンズ。これを正常なレンズに交換するには意識を付け替える必要があります。

それには、まず、気づくこと。

自分が歪んだレンズを付けていることを認知することです。

次に、思いやりのある優しい人間と多く接触すること。そうすれば、人は全ていじめっこという意識の上に、人は本来、優しい生き物という意識が上書きされます。

トレードも同じ、値動きを理解する前に、自分の心の動きを理解して受け入れることから始めるのです。

値動きに反応して死ぬか、対応して生きるか。
最近のコメントから、これは共有したいと思ったものをメンタルとテクニカルでひとつづつ取り上げさせていただきました。

見方を変えれば、世界が変わる

何もしなければ、あなたの過去は、そのまま、あなたの未来になってしまいます。過去から繰り返している意識パターンを手放さなければ、未来は現在の延長になってしまうということです。

それだけは避けねばなりません。

人にはホメオスタシスという現状維持システムが備わっていて「今」が変わり始めると、このシステムが働き出します。体温が常に36.5度程度だったり、血液中の塩分濃度が一定なのも生命を維持するために必要だからです。

このホメオスタシスには、心の安定を保つ役割もあり、より良い未来に進もうと悪戦苦闘する「今」のあなたを現状維持させようと、過去に起こった痛いイメージを見せつけてきます。それはまるで悪い魔女があなたに幻想の魔法をかけるように、自然かつ速やかに行われます。

気付いてください。それは、ただの記憶、それは、今のあなたに対して何の効力もありません。戦ったり、逃げたしている相手は、目の前の値動きではなく、幻想をリアルと勘違いしている自分自身であり、心のなかに内在化している過去の意識なのです。

チャートの見方を鍛えて、小さな成功体験を繰り返せば、うまくいって当然という新しいパターンがつくられ、過去の残念パターンに上書きされます。この自信に満ち溢れたパターンこそ、あなたの未来を変える聖杯です。

再レビュー(2016/02/03)

「塊で観る」これができるとチャートをスッキリ整理して眺めることができます。そして、短期足で具体的なエントリーポイントを決める際にも、この「塊」という見方が重要になってきます。

再レビュー動画では、「塊」を抜けるとき、いわゆるレンジブレイク手法について解説しました。

◆お断り◆
この動画は教育目的で制作されたものです。相場についての個人の見解を過去のチャートから解説したものであり未来の利益を保証するものではありません。売買取引についての判断は一切行っておりませんので、投資をされる場合は、それに関わるリスクを十分に考慮の上、ご自身でご判断ください。

読者の皆様にとって有意義なコメント欄にするためにご協力をよろしくお願いいたします。記事内容に関するご質問やご意見、有り難い応援メッセージは下のコメント欄をご利用ください、頑張って返信させていただきます。
記事内容以外のコメントに関してはお答えできないことがございますのでご了承ください。また、FXとは無関係なコメントに関しては掲載いたしませんのでご了承ください。
※コメントを「読者さまの声」としてブログや動画に掲載させていただくことがございます。

スポンサードリンク



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (15)

    • ヒマラヤ
    • 2015年 6月 18日

    今日もありがたいアドバイス、ありがとうございます。
    いつもいつもですが励まされます。

    正しいレンズに修正するため、あのFT2で励んでいます。
    また、ご案内のあったIIYAMAのモニターも購入し、
    満足しています。

    一生モノの財産、時間かかりそうですが
    研究を重ねていくつもりです。

    これからも、配信を楽しみにしています。

      • mayohare-fx
      • 2015年 6月 18日

      テーマを決めてFT2で検証すれば、多くの気付きが得られるはずです。それは必ず財産になりますよ。有難うございます。

    • タッチ
    • 2015年 6月 18日

    迷晴れさん、こんにちは。

    ついに「真髄」まで来ましたか。。。。
    手法よりも大事な「見方」を述べる人はまずいないでしょう。

    マインドという人はたくさんいますが、その人はマインドが何かを説明できません。

    私の見方の構成要素は主に4つです。セオリー、メンタル負荷、時間、抽象度です。

    私は基本的に簡単な相場のみを選択してトレードしますが、もちろんレンジ対応力もあります。
    それは自分のセオリー通りにトレードしてメンタル負荷を軽くし時間を味方に付けながら資産構築してゆくという考え方に基づきます。時間こそが最大のレバレッジ、アドバンテージだという考え方です。

    農作物も動物もそして人間の成長も、全ては時間があってこそです。
    見えない時間こそが最大のカギだからこそ、セオリーとメンタル負荷を大事にしています。

    そして日常生活の中で意識の抽象度を上げることが、トレードにおいても極めて重要です。

    見方や考え方は手法よりもはるかに重要ですね。

      • mayohare-fx
      • 2015年 6月 18日

      なるほど、急がばまわれといいますが、メンタル負荷と時間はトレードオフの関係かもしれませんね。4つの構成要素、勉強になりました。トレードの上手な人は皆、哲学者みたいですね。

    • 欄丸
    • 2015年 6月 18日

    こんばんは!今の自分には涙ものの動画です。フルスイングで殴られた気持ちでした…相場の動き癖など目がボヤける位検証してるんですが、それだけじゃダメなんですね。よく、幼稚園生にもわかるくらいシンプルに考えた方がいいと聞きますが、それを考えれば考えるほど難しくなります。『見方を変えれば世界がかわる』ワンパターンな相場の見方を修正しながら、相場そのものを味方につけられるよう精進したいと思います。

      • mayohare-fx
      • 2015年 6月 18日

      例えば短期足のレンジブレイク、まずはひとつに絞って検証してみるといいです。その際、トレードする時間足は当然ですが、その上位足のレジサポを必ず意識してください。上位足トレンド方向へ短期足レンジブレイクでエントリーするようにすれば勝率も高いはずです。

      まずは、レンジブレイクの欄丸と言われるくらい得意の技を磨いてください。(レンジブレイクでなくても、ひとつだけを選んでください。)

        • 欄丸
        • 2015年 6月 18日

        わかりました。レンジマンと言われるくらいやりたいと思います。アドバイスありがとうございました!

    • イワタ
    • 2015年 6月 18日

    すばらしい 内容 の記事ありがとうございます。感謝です。

     ESETソフト 導入させていただきました。 安価で助かります。^^

     イワタ

      • mayohare-fx
      • 2015年 6月 18日

      あれ軽くていいですよ。僕も使ってます。

    • voyage6
    • 2015年 6月 19日

    今回の動画で、会社の先輩を家に迎えて飼っていた犬に対しての先輩の反応で、まず思い浮かんだのが、マークダグラスの「ゾーン」の中でも例えとしてありましたね。

    今回の動画であった、「やり方」と「見方」の違いの説明で、今までの自分のレンズがゆがんでいたことを思い知りました。

    実は、今月は負けが続いていて、トレードを見返すと、「損小利大!」という言葉に惑わされ続け、損益比率の設定が相場の状況に合致していないケースが多く、相場の状況より自分の都合で損益比率を設定していたことに気づかされました。

    まさに、レンズがゆがんでいるとはこのことかもしれません。

    その後も、手法をあれこれ、やれブレイクアウトだ、今度はレンジだと色々やらかし、今月は商材1~2個位のレベルで負けていまが、今月の負けで以前は知識レベルで知っていたことでしたが、多くのことを実体験できたと思います。

    迷晴れさんの動画で多くのことを学べています。どうもありがとうございました。
    これらも暑くなりますが体調を崩さないよう健やかにお過ごしください。

      • mayohare-fx
      • 2015年 6月 20日

      有難うございます。意識レベルの重要さに気付かれたということで、次の幕を開ける準備ができている方だなぁと思いました。

    • たま
    • 2015年 6月 20日

    「今日のまとめ」には、痺れました。
    相場でホメオスタシスは、初めてではありませんでしたが、「今日のまとめ」は非常に分かりやすく、感動しました。

    「FXは何を学べば勝てるの?勝ち組と負け組の学びの違い。」から「FX どう勝つかより、どう負けるかが大切。」までの
    マインド動画8本を、毎日聴いています。
    これで、なんとかプロのトレーダーのマインドが、体に染み込んできたかなと感じています。

    いつも素晴らしいブログと動画、ありがとうございます。

      • mayohare-fx
      • 2015年 6月 20日

      マインド動画は、結構つくるのに苦労します。おぼろげな部分を言葉として紡いでいくのに頭を捻っています。それだけに毎日見ていただけて製作者冥利につきます。一番見ていただきたい動画を、一番見ていただきたい人に見ていただいているようです。有難うございます。

    • なご
    • 2016年 2月 18日

    どうすれば見方が身につくのでしょう。
    入るタイミングが悪いとわかっているのですが、私がポジションを取るとそこで揉み合い反転が良くあります。
    チャートがはっきりした時にはもう遅い。
    今は特にレンジ相場なので、流れに乗ると置いて行かれます。
    勢いがよく行き過ぎた時には必ず調整が入る。でも私がポジを持っていると動かない。

    そんなジレンマに陥っています。
    お恥ずかしい話ですみません。

    • かにずき
    • 2016年 7月 05日

    拝見させていただきました。

    意識についてはトレード以前からずっと追求してきたテーマです。
    自分なりにかなり研究が進んできていると思いますが、実践の量が少ないとは感じていました。
    今はトレードを通じる中でフィードバックを得ることを重視しています。

    塊でとらえるという意識でチャートを見る訓練をしてみます。

    素晴らしい気付きをありがとうございました。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FX人気口座ランキング
短期売買特化型口座特集
MT4口座特集
システムトレード口座特集

学習ツールと投資関連書籍

フォレックステスター購入
フォレックステスター・導入ガイド
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント

迷晴れFx限定 タイアップ・キャンペーン

シストレ24キャンペーン
海外FX口座の基礎知識
海外FX口座スペック比較

月別ページ

カテゴリー

GOOGLEサイト内検索

Facebook

Twitter

アウトプット

迷晴れBOX