FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を学べるサイト。

menu

迷晴れFX

週刊チャートナビ#50(ユーロ円・ユーロドル) 決着とはどちらか一方が負けを認めること。

今週は、ユーロ円、ユーロドルともに大きな目線ではレンジ気味、すぐに反転してしまい、大きく伸びません。欲を出さずコツコツ利食いしていく相場でした。

スポンサードリンク

どんな相場でも、売りと買いが戦っている。

単純な押し目買いであっても反対ポジションを持つ逆張りトレーダーが存在していて、完全に売りが負けたところから、レートが上昇していきます。トレンド相場は売りと買いのどちらかに偏りがあるので指向性が高いわけです。

ましてや、進む方向に偏りのないレンジ相場では、その戦いがさらに激化します。難しいと感じたら小競り合いが起こるのをあえて待ち、その決着が着いてからエントリーするのが得策です。

ユーロ円、135円付近が上下を分ける分水嶺。

d1

日足は高値と安値を若干切下げていましたが、今週は安値(D1-neck1)を更新できずハラミになりました。

返した波もネックライン付近(D1-neck3)でレジスタンスされて、下に行くパワーも上に行くパワーもない浮動相場になりそうな気配です。

h4

シナリオとしては135円&ネックラインを下抜けてのショートが有効だったかと思います。しかし、明確な方向性がない相場なので、そのまま下がり続けるとは限りません。

完全に下げ止まったのを確認してからロングして、今度は先程のネックライン付近、売りが入りそうなポイントまでの上昇を狙います。

4時間足で見ると135円付近が上下を分ける分水嶺になりそうです。水平線にも色々ありますが、チャートを上下に分ける分水嶺みたいなラインがあります。視覚的にインパクトがあるせいか、投資家心理的にも、強いラインとい う認識が強いのか、上に抜ければ一気に上に行くし、下に抜ければ一気に下に行きやすくなります。視覚的にわかりやすいラインというものは、世界中の誰が見 てもわかりやすいわけです。インジケーターもラインも同じことですが、誰も見てないマイナーなものに価値はないです。10人いたら8 人が引きそうなラインを引くことです。

m15-1

①135円を下抜けてモミました。135円に引きつけてショートして放置しておいてもいいですが、ゾーンAでレンジ上限で買いヘタレ・サインが出ているのがわかれば、レンジブレイク前に売ることも可能です。

http://mayohare-fx.com/yocyo-method/

②日足サポートラインに到達しましたので、短期足ダウ反転を確認してからロングします。ゾーンBで売り抜けなかったサインが出ているので、切下げライン抜けでロングすればいいでしょう。その後は売りが入りそうなポイントまでの押し目買いです。

m15-2

③ここは①からの売りと②からの買いが攻防するポイントなので、様子見するのも良い作戦です。攻めるなら上・下限(切上げライン)に引きつけてトレードしましょう。ブレイクモドキのあと、ロング損切りを巻き込み、下に大き振りかぶってからの上昇となりました。こういうブレイクモドキにやられて、仮に損切りしたとしても、その損切りを利用して売りを被せてくるパターンなので、落胆せずに、気持ちを切り替えドテン・ショートできれば負けを一瞬で帳消しにできます。

http://mayohare-fx.com/breakout-method/

④しっかり下限まで下げてから逆三尊をつくりました。これに気づけば、右肩でロング、今度は高値を更新しました。135円のレジスタンスがあるので目標は、ここまでです。

小競り合いを傍観して買った方についていく。

d1 us

先週、日足レジスタンス(D1-1)から売られた続きですね。下には日足押し目候補もあるので、そこに注意しながらのトレードです。

h4 us

①4時間足強者の値サポート付近(H4-2)。ここを明らかに下抜けば、ネックライン(H4-1)まで下がりそうです。

②ネックライン(H4-1)を下抜けば、次の安値まで狙えそうです。

③下げ止まりを確認してから、ネックライン付近(H4-1)までのロングを狙います。そこを上抜ければ、次は4時間足強者の値(H4-2)までです。

m15us-1

①4時間足強者の値(H4-2)付近、ゾーンAは最後の小競り合い、押し目買いも失敗した後なので、ここを下抜ければ完全に売りの勝ちになるのでショートできます。

②4時間足ネックライン(H4-1)下抜けショート、こういうポイントで入ってしまったら、少し上に損切りを入れておいて放置。チャートを見ないほうがいいです(笑)

http://mayohare-fx.com/candletimes-method/

m15-us2

③しっかりと下げ止まりを確認して安値・高値切上げてからロング。②までを狙います。②からは売りが入り攻防します。ゾーンAのようにモムので決着が付いてから入りましょう。ゾーンBの上ヒゲを見れば売りの損切り(つまり買い)が溜まっているのがわかります。ブレイクしたら一気に吹き上がるパターンです。

http://mayohare-fx.com/kobanzame-method/

④4時間足強者の値(H4-2)レジスタンスからの売り。ラインへのローソク足反応を見れば逆張りも可能です。ゾーンCとDでもモミました。抜けてから入るのもよし、上が否定された瞬間に入るのもよし、どちらにしても1分足を使ったリアル(デモ)チャートでの練習が必要です。

http://mayohare-fx.com/realtrade20150901/

今日のまとめ

損切り数ピプスのエントリータイミングを会得するには、リアル(デモ)チャートで実際のローソク足の振る舞いから学ぶしかありません。ルールやパターンの検証はフォレックステスターなどのソフトを使うと効率がいいですが、タイミングだけは効率良く学ぶ方法がありません。また、体感量の多さが鍵になるので、1日や2日でできることではありません。焦らずやるべきでしょう。経験を積めば損切り幅はどんどん小さくできるはずです。

損切りを小さくするには、相場観が必要であって、それが備わってないのに、損切り幅だけ小さくしても、損切り貧乏になる可能性が大きいので注意が必要です。

http://mayohare-fx.com/forex-tester/

◆お断り◆
この動画は教育目的で制作されたものです。相場についての個人の見解を過去のチャートから解説したものであり未来の利益を保証するものではありません。売買取引についての判断は一切行っておりませんので、投資をされる場合は、それに関わるリスクを十分に考慮の上、ご自身でご判断ください。

読者の皆様にとって有意義なコメント欄にするためにご協力をよろしくお願いいたします。記事内容に関するご質問やご意見、有り難い応援メッセージは下のコメント欄をご利用ください、頑張って返信させていただきます。記事内容以外のコメントに関してはお答えできないことがございますのでご了承ください。また、FXとは無関係なコメントに関しては掲載いたしませんのでご了承ください。
※コメントを「読者さまの声」としてブログや動画に掲載させていただくことがございます。

スポンサードリンク



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (12)

    • 見習いトレーダー
    • 2015年 9月 26日

    動画の後半のBGMが凄く懐かしくて昔を思い出しました^o^

    あのBGMは個人的に凄くリラックスして動画の内容が頭に入って来て、さらに冷静に相場を見る事が出来た事を思い出しました♪

    今後も動画たのしみにしてます!!

      • mayohare-fx
      • 2015年 9月 26日

      僕もこのBGMは好きで最近復活させました。解説の邪魔にならずに集中できるのがいいですよね。

    • まーるぼん
    • 2015年 9月 26日

    はじめまして。
    FX始めて半年、色々なブログ等を見てきましたが今では迷晴れさん一本で勉強させていただいてます。
    勝手に師匠と思っております。

    今まで半年間何とか資金を減らすことなく、トントン~微増ですがなかなかロット数を増やす勇気が持てません。
    現在の悩みは、結果的にエントリーの方向は合っているのに、ちょくちょく損切にひっかかってしまいます。
    トレードスタイルはスキャル~デイトレで、損切ラインは10pips前後が多いです。
    エントリータイミングが悪いのか、もっと損切幅を大きく取るのか悩んでおります。

    いつもたいへん為になるブログ、動画有難うございます。
    これからもよろしくお願いします。

      • mayohare-fx
      • 2015年 9月 26日

      1分足を使うと5pips程度の損切りが可能ですが、この場合、ラインに精度がないと損切り貧乏になります。押し目買い候補等が間違ってなくて単なるブレで切られるなら、1分足でタイミングをはかってみてください。この場合もしっかり引きつけてからエントリーです。

        • まーるぼん
        • 2015年 9月 28日

        アドバイスありがとうございます。

        エントリーには1分足を使ってますが、ラインの精度がないのだと思います。
        有効なラインが引けるよう勉強、検証を重ねたいと思います。

    • 2015年 9月 26日

    こんにちは。
    EUR/JPYの135円割れをずっと狙っていて、割り込んでしばらく様子を見てからショートしたのですが、
    チャートにあるようになかなか進行しなかったので3時間ほど保持したのですが微益で撤退してしまいました。
    その後下落…。
    ストップをちゃんと設定しているのでかかるまで耐えれば良かったのですが、
    自分の場合、長時間ホールドに耐えられなかったり、少しでも含み益があるとそれを逃すのが惜しくて決済してしまい結果的に持っていれば良かったと後悔することが多いです。
    握力の弱さというか、損を許容できないんだなあと思って克服するために反省文書いたり、
    迷晴れ雑談などを見直して改善する努力を続けているところです。

      • mayohare-fx
      • 2015年 9月 27日

      慣れもありますよ、今回の場合はOCO注文してチャートを閉じたほうがよかったですね。あと力量以上の枚数を張るとパフォーマンスが落ちるのでご注意を!

    • mocha0509
    • 2015年 9月 28日

    こんばんは、

    以前、お話しましたが、マラソンのレースまであと1ヶ月あまりとなりました。
    練習は、なかなか思い通りにいかないもので時間ばかり過ぎて焦り気味ではあります。
    レース当日までの練習メニューを我流で組んでみたのですが、昨日、本屋でマラソンの本を購入して、練習
    メニューを見直した結果、①実力に対して明らかにオーバーワークである。②練習の狙いが曖昧である。
    ということが判明し、早速メニューは作りかえました。

    走っていると、本当にトレードのことと重なります。
    実力はすぐには上がらない。焦っても怪我をして良い結果につながらない。長いスパンで練習の方向性を考
    え取り組む必要がある。今日の練習の目的を考え走っているのか。この脚の痛みは休めば治るが、走らなけ
    れば力は付かない。目標に対して時間軸もあるが、期限までに目標が達成されることはあまりない。しかし
    目標を取り下げなければ時間がずれてもそこには到達する。

    今日のまとめを参考にトレードについてもいろいろ考えてみたいと思います。

      • mayohare-fx
      • 2015年 9月 28日

      何事も真剣に取り組めば深いものですね。そこには人生の縮図が見れます。

    • 高校中退中卒バカ
    • 2015年 9月 29日

    いつも勉強させてもらっています。

    先週1週間も1ピプスでしたがプラスで終える事ができました。たった1ピプスですが2週プラスです。今週もプラスで終える事が出来ればマグレが本物に変わる、とは言えませんが、半人前ぐらいは名乗ってもいいですかね?

    前回の迷晴れアワード内にあった『どう勝つかよりも、どう負けるかの方が大切』という事を忘れていました。昨日、どうやったら正しく負けられるか考えながらエントリーをしましたら、含み損を抱える事なく利食い出来ました
    。やはり勝つ事よりも、いかに正しく負けられるか、かっこよく負けられるか。この事を考えてトレードしていく事が私には必要な事でした。

    話が変わってしまいますが、嫁さんと福山雅治が結婚した事を話していたら嫁さんに激怒されました。相場よりも女心の方が難しいと感じました。

    それでは、失礼します。ありがとうございます。

      • mayohare-fx
      • 2015年 9月 29日

      女心と秋の空、相場の大衆心理は多数決ですが、たった一人の女性の心理はランダム過ぎて予測不能です(^^)

    • かにずき
    • 2016年 7月 11日

    拝見させていただきました。

    攻防の決着、これを身に付ければ後出しでエントリーできる。
    他の分析に比べるとピンポイントで見ていられると思っています。
    これだけでも早く出来るようになりたいと感じています。
    意識して、しっかりチャートを見ていきます。

    素晴らしい気付きをありがとうございました。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FX人気口座ランキング
短期売買特化型口座特集
MT4口座特集
システムトレード口座特集

学習ツールと投資関連書籍

フォレックステスター購入
フォレックステスター・導入ガイド
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント

迷晴れFx限定 タイアップ・キャンペーン

シストレ24キャンペーン
海外FX口座の基礎知識
海外FX口座スペック比較

月別ページ

カテゴリー

GOOGLEサイト内検索

Facebook

Twitter

アウトプット

迷晴れBOX