FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を鍛えるサイト。

menu

迷晴れFX

【週ナビ#252】20%先の未来をハイビームで照らせ!

週刊チャートナビ(2019.09.16~2019.09.20)は、ドル円、ユーロドル、ユーロ円の主要三通貨ペアの一週間を振り返ったチャート考察です。

今週の視点

1時間足

17日、18日の上値が重い値動き中に何度もポジポジしてないだろうか。

4時間足

4時間足

移動平均線やトレンドラインをブレイクしても、そのままトレンド転換するとは限らない。

相場の値動きは「投資家意識の多数決」で決まり、今回のケースなら、ブル派が諦めないと、ベア派は本格的には売らない。

先週から続く「上昇トレンド」は、フラクラ安値手前のビッグWボトムに起因してる。

二週間も続いたトレンドを、一日や二日(緑Wトップ)で、ブル派があきらめるとは考えにくく、今週のように、天井づくりに一週間かかっても何ら不思議ではない。

週明けに考えなきゃいけないのは、どこに「ネックライン」ができるか。

この基準さえ決まれば、①ネックライン押し目買い組②先週高値から108.5周辺の逆張りショート組③天井形成を静観する組の存在に気づける。

③静観組が多ければ値動きは弱くなるので、17日、18日の弱い動きは推測できる(今週はさらにFOMC待ちの人もいた)

ドル円

4時間足に月足+週足ロウソク

今週の見通し

状況:フラクラWボトムから上昇1波が発生、週足終値は日足CH高値でレジスタンスされた。

1.今週は売りの番でフラクラWボトムへの下値試しが起こる。

2.日足CH高値の売りが崩れ、108.5を上抜き8月高値を目指す。

3.先週高値で大き目のWトップをつくる可能性がある。日足CH高値と108.5に挟まれた三角地帯に注意。

TR上段㊤:8月高値

TR中段:8月高値ネック108.5から買いN下限106.5

TR下段㊦:フラクラWボトムの押し安値105.7、これを割るとWボトムが崩れ始める。

売り手目線:日足CH高値レジスタンスから、4時間SMA21を割れば、フラクラWボトムへの下値試しが起こりやすくなる。

買い手目線:このままの上昇ペースが続くとは考えにくいが、高値108.5を上抜けば、8月高値まで上げ幅ができる。

本命はフラクラWボトムへの下値試しから上昇3波押し目買い。押し目候補は、先々週高値から106.5のNゾーン。

今週の値動き:3番目のシナリオ、先週高値にてWトップを形成、高値ネックラインでクローズ。

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

今週の流れと節目

1時間CH+4時間SMA21の下でからスタート、緑ブロックWトップでは先週上昇波を転回半径にしては小さいので、仮ネックライン107.5を割るまでブル派はあきらめない。

もし、18日水曜のFOMCがなければ、日足CH高値での抵抗はあったが、18日を頂点にネックライン107.5を目指していたかもしれない。

木曜は108.5レジスタンスからのベア派と日足CH高値サポートのブル派が競り合っていたが、FOMCの力を借りても108.5をブレイクできなかった事実が効いていたせいか、金曜日はネックラインまで戻り売りされた。

15分足に週足+日足+4時間足ロウソク

SEPT.16 Mon.

状況:安値107.5での強い押し目買いが、高値を明確に更新できなかったことが「上昇クライマックス」を予感させる。安値107.5より上を天井圏とみている。

売り手目線:上昇クライマックスからの売り。先週高値でもう一山つくるかもしれない。

買い手目線:4時間SMA21を下抜けても、安値107.5を割るまで上昇トレンド継続の可能性が残っている。

月曜日の値動き:仮ネックライン107.5サポートから2番天井への上値試し。

東京時間、ネックライン107.5への2回目の下値試しから青1下ヒゲをサインにロング、欧州初動、「窓埋め」前だったが、東京高値でアウト。

欧州時間、東京安値での強い反発をみて黄1戻り売りはパス。東京安値107.5への下値試しがブロックを形成、NY時間、ブロック高値のブレイクアウトで「窓埋め」狙いで青2ロング、窓埋めアウト。

SEPT.17 The.

状況:仮ネックライン107.5より上で2番天井をつくるとみている。

売り手目線:先週高値2番天井からネックライン107.5までショート。

買い手目線:前日高値ブレイクで108.5までロングスキャル。

火曜日の値動き:先週高値と4時間SMA21に挟まれた凪相場で静観日。

SEPT.18 Wed. FOMC

状況:先週高値で2番天井形成。

売り手目線:2番天井で逆張りできれば、高値ネック107.5までショート。

買い手目線:前日高値ブレイクから、売りポジの損切りパワーで108.5上抜け期待ロング。

水曜日の値動き:先週高値で2番天井形成。FOMC待ちのマーケットで静観者しかいない。FOMC砲であっても、108.5をブレイクできなかった事実を残した。

SEPT.19 Thu.

状況:FOMCでも8月高値ネック108.5をブレイクできなかった。

売り手目線:先週高値Wトップ完成で、FOMC上昇分がフェイクになるシナリオ、108.5でレジスタンスされ、前日安値を割って、ネックライン107.5を目指す動きをショート。

買い手目線:先週高値Wトップ崩れ狙い。先週高値かFOMC安値試しでロング、あるいは、このまま108.5をブレイクすればついていく。

木曜日の値動き:FOMC上昇分がフェイクになって先週高値Wトップ完成か?

東京時間、108.5のミニWトップ・ネック抜けで赤1ショート、FOMC安値を抜け、日足CH高値まで延びた。

欧州時間、日足CH高値での黄1ロングはパスした。似た理由で、黄2ロングもパスしたが、ある「事実」があればロングできた、それは何でしょうか?

ANS.①FOMCの上昇でも108.5をブレイクできずにフェイクになった②東京時間の強い下落の戻り売りが入るかもしれない③日足CH高値サポートの強さがわかならかった。黄2ロングはFOMCで108.5をブレイクしていれば押し目買いできる。

SEPT.20 Fri.

状況:日足CH高値サポートと108.5からの売りが攻防。

売り手目線:日足CHサポートが崩れれば、ネックライン107.5までショート。前日の陰線戻り高値での売りも考えている。

買い手目線:日足CH高値サポートでベア派が負けれ(前日安値下値試しか、戻り高値ブレイク)ば、第一目標108.5までロング。

金曜日の値動き:108.5戻り売りが日足CH高値サポートをブレイクさせた。

東京時間、赤1前日陰線戻り売り、欧州初動、前日安値+日足CH高値のスパイクでアウト。続いてブロック高値ブレイクから青1押し目買い、108.0を2回試すもブレイクできず撤退、買いが弱いことが判明。

その後、深夜にネックライン107.5まで下落したがエントリーできなかった。

ユーロドル

4時間足に月足+週足ロウソク

今週の見通し

状況:ラス戻り高値1.116を上抜くまで下目線の人もいるが、先週のECB砲でも安値を更新できずにWボトムになったことで、買い転換する可能性がでてきた。

TR上段㊤:戻り高値1.125

TR中段:先週高値とラス戻り高値1.116

TR下段㊦:先週安値

売り手目線:4時間CH高値+1.110での天井形成から、9月安値Wボトム底値試し。

買い手目線:9月安値Wボトムへの下値試し完了後にロング。このまま、先週高値1.110をブレイクすれば、ラス戻り高値1.116まで上げ幅ができる。

今週の値動き:9月安値Wボトムへの底値試しから上昇1波が入ったが4時間CH高値+1.110を上抜くモメンタムが得られずに失速。

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

今週の流れと節目

SEPT.16 Mon.Wボトムへの底値試し
SEPT.17 The.Wボトム底値試しから上昇1波発生
SEPT.18 Wed.上昇1波押し目をつける
SEPT.19 Thu.押し目買いされるが高値未更新
SEPT.20 Fri.高値を切下げ火曜はらみの安値付近まで下落

スポンサーリンク

15分足に週足+日足+4時間足ロウソク

SEPT.16 Mon.

状況:4時間CH高値と1.110の戻り目で頭を押さえられている。

売り手目線:9月Wボトムへの底値試し。先週高値1.110への2回目の上値試しからショート。1.105を下抜けば1.102まで利を延ばす。

買い手目線:先週高値1.110への2回目の上値試しをロング、上げ幅がなくなれば、1.110を上抜けてから考える。

月曜日の値動き:9月Wボトムへの底値試し。

欧州初動、先週高値1.110への上値試しは、赤1上髭で失敗、1.105下抜け期待ショート、押し安値1.102を抜けて1.100アウト。

SEPT.17 The.

状況:9月Wボトムへの底値試し中、前日安値は1.1000でサポート。

売り手目線:前日陰線戻り売りの続き、1.102で戻り売りか、前日安値ブレイクで売り、下げの目安は1.097と1.095。

買い手目線:9月Wボトムへの底値試し完了後に上昇1波ロング。

火曜日の値動き:9月Wボトムへの底値試しから上昇1波発生。

東京時間、1.100周辺で底値固め。

欧州初動、スパイク発生、青1ダマシ安値をサインに、9月Wボトム上昇1波をロング、利益確保して翌朝まで保有。下から入れなければ、レンジブレイク青2ロングでもいい。

SEPT.18 Wed. FOMC

状況:9月Wボトムからの上昇1波発生中。16日急落起点の1時間強者の値で上げ止まってる。

売り手目線:先週高値+4時間CH高値でレジスタンスされれば、前日陽線利確売りを考える。前日高値と4時間CH高値でカチカチし始めるかもしれない。

買い手目線:上昇1波は先週高値1.110抜け期待感アリ。前日陽線押し目買い(1.105)か、このまま前日高値ブレイクすればついていく。

水曜日の値動き:Wボトム上昇1波失速。

東京時間、1時間強者の高値で上値の重い展開。

欧州初動、東京安値ブレイクの黄1ショートは、キリ番1.105が目前でパス。

NY初動、Wボトム切上げ2番底で青1押し目買い、高値更新を狙ったがFOMCを控え決済。

SEPT.19 Thu.

状況:Wボトムからの上昇1波は、FOMCで撃ち落とされた。

売り手目線:下ヒゲが強いので戻り売りは敬遠。前日高値に届けば売りを考える。

買い手目線:前日安値を試せば、前日高値を目安にロング。

木曜日の値動き:火曜はらみ足のなかの動き。

東京時間、FOMC安値付近の強反発を根拠に、安値切上で青1ロング、前日高値レジでアウト。ここから売りの順番になるが深夜になるのでショートはパス。

SEPT.20 Fri.

状況:火曜はらみ足のなか、頭上には4時間CH高値が迫りつつある。

1時間切上ラインを引いて三角持ち合いの想定で考える。上抜けても1.110はブレイクできそうにない、下抜ければ火曜安値までのショートを狙ってみる。

金曜日の値動き:火曜ハラミの中、高値から安値まで売られる。

欧州初動、火曜高値への試しで高値を切下げ始める。

NY時間前、切上げラインブレイクで赤1ショート、火曜安値手前、キリ番1.1000アウト。

ユーロ円

4時間足に月足+週足ロウソク

今週の見通し

状況:日足CH高値の戻り売り候補に達して、ドル円+ユロドルと高値圏という状況が似てる。

TR上段㊤:日足レベル戻り高値121.3

TR中段:先週高値120.0とフラクラ安値118.5

TR下段㊦:先週安値117.5

売り手目線:日足CH高値+先週高値レジスタンスで2番天井売り。

買い手目線:先週陽線押し目買い。4時間SMA21を割っても、118.5を割るまで、ブル派はあきらめずロングしてくる。このまま、先週高値をブレイクするようなら戻り高値121.3を目指すだろう。

今週の値動き:フラクラ安値+118.5と日足CH高値との天井づくりに終始。

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

今週の流れと節目

月曜の時点で1時間CH安値+4時間SMA21を割ったが、ここで下目線にするのは早計。ネックラインとなる安値ができて、そこから、上値を試すと考えるべきで、月曜安値をネックラインの安値と見立てられれば完璧!!

15分足に週足+日足+4時間足ロウソク

SEPT.16 Mon.

状況:日足CH高値+120.0でレジスタンス後、40ピプス下窓を明けてスタート。

売り手目線:先週高値120.0への上値試しからショート、1時間CH安値を下抜いても、強者の安値118.7を割るまでブル派はあきらめないだろう。

買い手目線:1時間CH安値+119.0サポートで押し目買い、119.5を上抜けば先週高値120.0まで利を延ばす。

月曜日の値動き:東京時間、ミニネック119.5レジスタンスで赤1ショート・スキャル。続いて、1時間CH安値+ドル円107.5サポートで青1ロング、119.5でアウト。

欧州時間、1時間CH安値ブレイクを確認後に赤2ショート、強者の安値118.7でアウト。

SEPT.17 The.

状況:4時間SMA21+1時間CH安値をブレイク、強者の安値118.7でサポート。

売り手目線:先週高値上値試しからショ-ト。

買い手目線:強者の安値118.7サポートで先週高値120.0上値試しロング。

火曜日の値動き:ドル円は天井圏で上値の重い展開、ユロドルは押し目が拾えそうな日。東京時間、強者の安値で「逆三尊」になり、欧州初動、ユロドルの押し目買いタイミングで青1ロング、ユロドルと一緒に保有して翌朝利確。

SEPT.18 Wed. FOMC

状況:強者の安値118.7から、ユロドルの押し目買いと一緒に先週高値付近まで上昇。

売り手目線:先週高値120.0Wトップ狙いで2番天井からショート。

買い手目線:Wトップ崩れを狙って2番天井まで、前日陽線押し目買い。

水曜日の値動き:NY初動、ユロドル押し目買いタイミングで青1ロングするも上値が重くなってアウト。

SEPT.19 Thu.

状況:先週高値に2番天井が完成。

売り手目線:2番天井からネックライン118.7目安にショート。

買い手目線:2番天井崩れから、120.0抜け期待ロング。

木曜日の値動き:東京時間、ドル円108.5レジスタンスから、ミニネック抜けで赤1ショート、ドル円タイミングでアウト。

SEPT.20 Fri.

状況:先週高値2番天井で売られてから、天井へのプルバックが入る。

売り手目線:前日高値ブロックへの上値試しからネックライン118.7抜け期待ショート。

買い手目線:2番天井が崩れ119.5ブレイクで120.0抜け期待ロング。

金曜日の値動き:NY初動、赤1レンジブレイクでショート、ネックライン118.7でアウト。

モノローグ

先回、「初心者に誤解されやすいトレード常識」についての動画をつくったが、「未来を予測するな」も、誤解されるフレーズではなかろうか。

ボクはこれを当初、真に受けていた。

予測すればバイアスがかって負けるから、システムトレードのような無感情さが必要なのだと思ってた。

それだから、無感情でも勝てる手法を求めた。

勿論、これもひとつの「やり方」なのかもしれないが、それなら、ドローダウンを受け入れてシストレをすればいい。

正直、無感情になれる唯一の方法は、チャートを見ないことしかないだろう。

そもそも、チャートをみるなら、無感情になんてなれない。

今はどうかといえば、バリバリ「予測」してます。予測なしでトレードできないし、過剰な感情を持たなければ問題ない。

ではなぜ、過剰な感情を持つのか?

チャートに向かって「あおり運転」していた頃は、「先行きの不透明感」が原因だった。

おおむねシナリオ通りになる安心感から、先を急ぐあおりトレードはしなくなりました。

過剰な感情を持たなければ、「俺の走りを邪魔してる」なんて、過剰なバイアスはかからない。

つまり「予測力」がメンタルを安定化させたのです。

予測とは仮説、つまり「仮の答え」、仮の答えの正解率が上がれば心に余裕がでてくる。

いつだって、心に余裕のない人が間違いを起こすものだ。

シナリオを建てる時点でバイアスはかかるが、売りと買いの両パターンを想定するので一方に極端に偏ることはない。

過ぎたるは及ばざるがごとし。というが、何事もバランス感覚を保つことが大事なのだろう。

ただ、あまりに遠い未来のことは「予言者」でもなければわからない。

ボクが予測するのは、せいぜいチャートの右20%空白の近未来、左80%の歴史をもとに近未来20%の空白を埋める。

自動車にはロービームとハイビームがあるが、これもよく誤解されてる。

ロービームの正式名称は「すれ違い用前照灯」で、対向車とすれ違うときのみ使用して40m先を照らす。

ハイビームの正式名称は「走行用前照灯」で100m先を照らす、運転中はハイビームで走るのが正しい。

相場もハイビームである上位足を意識するのが基本、ロービームである下位足は、エントリーやイグジットのときだけ使う。

20%の近未来予測に役立つのはハイビームだ。

◆お断り◆
この動画は「学習」を目的に制作されたものです。個人の見解を過去のチャートから解説したものであり、未来を予想したり、利益を保証するものではありません。

記事へのレビューやご意見はコメント欄をご利用ください。コメントを「読者さまの声」としてブログや動画に掲載させていただくことがございます。

◆著作権について◆
当サイトは無料でご覧頂けますが、著作権は放棄しておりません。動画等のコンテンツを営利目的でお使い頂くことはできません。

詳細はご利用についてをご覧ください。



こちらの記事もあわせてご覧ください

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (8)

    • H
    • 2019年 9月 21日

    いつも素敵な動画をありがとうございます。先週のドル円、108.5まで届かなかったのはなんでだろう?と思っていたのですが、日足のチャネルラインがあったとは・・・。大変勉強になりました。まだまだ修行が足りません汗。今週はドル円、天井圏の想定、107.5を天井ネックと見立ててのシナリオでトレードしましたが、おそらく週ナビを見て研究しすぎたせいで迷晴れさんと近い見立てができるようになってきたのだと思います笑。近いというだけで、やはりその差はまだまだ遥か遠いと感じておりますが汗。迷晴れさんは、おそらく裁量トレードの完成形なのだと思います。その域には簡単には到達できませんよね汗。ちなみに、ドル円月曜9時の107.5からのロング、金曜9時のショートはほぼ同じタイミングでエントリーしていました。面白かったのが、金曜ショート、サポートからのスパイクで途転のロング108円抜けず撤退の流れが同じでした笑。あの後、金曜深夜でなければ、再度ショートを狙ってたかなと思います。ただ、木曜黄色1場面のロングは直近戻り高値まで値幅がありショートの利確と合わせて取れたらラッキーかなとロングしていました汗。あくまで売りのターンの想定ではありましたのでリスクはやっぱりありましたね汗。ユーロドルでは、火曜に絶好の買い場を逃してしまったのですが、金曜ショートをほぼ天底で取れたことが今週の会心のトレードでした。欧州初動のダマシの高値&三角もちあいの天井高値切り下げダブルトップ右肩を根拠に1.10までを目標としたショートでしたがちょっとタイミング早かったかな?との反省点もあります。

      • NoN
      • 2019年 9月 22日

      木曜黄色1ロングは直近戻り高値までの限定ならオッケー!ユロドル金曜欧州初動の値動きは入り損ねました~(^_-)-☆完璧ですね!

    • 猫チャギラ
    • 2019年 9月 21日

    いつもご教授頂きありがとうございます。今週のドル円はFOMC終了後は絶好の売り場と見ていたのですが、ユーロドルも引き続き日足以上の大局が下と見てガチホ中だったので、ドル円までロッドを入れる資金的余裕がなくて残念でした。ユーロドルも先週から1.10600付近から入れて利確目標を1.08000においてガチホしてましたが、昨夜1.10000の切り番を今週は割らないと判断して一旦1.10130付近で利確してしまいました。来週以降一つ上の切り番1.10500に引きつけて再度ショートを入れて1.08000まで再度ガチホしようと思ってます。週足根拠に入ってるので目標の途中での利喰いはどうかと思いましたが、とりあえず目先の利益に負けてしまいました。1.10500引き付けのシナリオ通りに行けばいいのですが、このまま1.10000のスーパー切り番を下に抜かれてしまうとシナリオの建て直しになってしまいます。あれもこれもやりたい欲はいろいろ出てきますが、週足根拠に入ってスイング気味デイトレの勝ちパターンが完成するまではひたすら他のことは我慢しようと今は考えてます。

      • NoN
      • 2019年 9月 22日

      軸が大きいと押し戻しもハンパないです。いろいろ試行錯誤の時期ですね。また何か気づきがあれば教えてくださいね(^_-)-☆

    • すがやん
    • 2019年 9月 23日

    いつも更新ありがとうございます。

    火曜のユロドル、チャートを見ていない時間だったのですが、自身の振り返りでは「今の自分の実力でもエントリーできる位分かりやすい環境」という認識で、見ていたらこの2箇所でエントリーだったなぁ…という○が動画上と同じだったため、良い答え合わせになりました。

    実際にエントリーできなかった所の振り返りを、自身のフィードバックと週ナビで比較出来る事が非常に良い勉強になります。まだ自分の得意なセットアップがあまりに少ないため、今週から2週間をFX強化期間にし過去検証も重ねる予定です。

    勝ちトレ・迷ボや、コメント欄からもいつも学びを頂いておりますので、私も失敗・成功を共有できるよう実践練習も増やしていこうと思います。FXとは無関係ですが先週ビジネスのご縁があり、迷晴FXで学んだ在り方や思考法が非常い役立っています。今後も迷晴FXを人生のバイブルとして、更新を楽しみにしております。

      • NoN
      • 2019年 9月 23日

      すがやんさんは、トレードだけでなく、マルチに才能のありそうな雰囲気の方なので、将来有望ですね!

    • なお
    • 2019年 9月 23日

    いつもためになる動画をありがとうございます。

    迷晴れさんの動画を見るようになってから少しずつ、利益がでるようになりました。
    まだ、FXを初めて1年ほどで仕事の関係からあまりトレードはできていませんが、毎日隙間時間にチャートを確認して、
    次はどのように動きそうか予想と検証をおこない、日々勉強はしています。
    最近、悩んでいることがありまして、押し目買い・戻り売りをする際に自分が根拠としているレジサポラインで確かに止まってから反転し、自分が引いたここまで伸びるだろうと予想した、レジサポラインで勢いが止まるので、ラインを引いている場所自体は間違っていないと思うのですが、エントリーする場所が遅いのかそれほど利益になりません。また、少ない資金でトレードをおこなっていることもあり、すぐチキン利確をしてしまいます。
    こんな私が見るべき迷晴れさんの動画があれば、教えていただけないでしょうか。

      • NoN
      • 2019年 9月 24日

      ブログのカテゴリーで「マインド」をご覧ください。あとは「検索」機能を使って調べてみてください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内検索

FX人気口座ランキング
短期売買特化型口座特集
MT4口座特集
システムトレード口座特集

学習ツールと投資関連書籍

フォレックステスター購入
フォレックステスター・導入ガイド
フォレックステスター有料データ購入ガイド
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント

あなたの負けトレードを徹底解説!

迷晴れボックス
海外FX口座の基礎知識
海外FX口座スペック比較

月別ページ

カテゴリー

シストレ24キャンペーン
FXPLUS