FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を鍛えるサイト。

menu

迷晴れFX

納得感1000%トレードの秘訣、武器を選ぶより戦場を選べ! / MBOX#102

迷晴れボックス第102回、視聴者さんのトレードをテクニカルとメンタルの両面から深~く考察する代理学習シリーズ。

投稿者ねこ3さん

いつも、的確なアドバイスありがとうございます。しかしながら、未だに利益にならず、勝った、出来たと思ったら負け続けるを繰り返す日々です。ルールは変えず、しっかりと過去検証・環境の見方だけに注意し何を取捨選択するかを試行錯誤しながら行っていますが行き詰っています。今回も、ドル円でしっかりとルールは守ったのに負けてしまいました。でもトレードなので、精神衛生上は冷静に見れているとは思いますが、まだ利益が続かないという嫌な思いは延々と続いています。

今回のトレードの反省点は、自分の考察ではよくわかりません。考えられることは・・・

  • 1時間足の起点の見方が誤った。
  • 週足のペナントの下限でのエントリーだったこと。(大きなひげの陽線なので、エントリーは控えないといけなかった?)
  • 日足で週足ペナント抜けではなかった・・・ダマシだった?

波形の見方含め、自分がこういったポイントでエントリーし続けてしまい、ルールは守っても負け続けてしまう原因を消していきたいのですがどうにも修正が効きません。訓練すべきポイントなど、気づいたことがあればアドバイスよろしくお願い致します。

迷晴れ的考察

ねこ3さんは2017年に迷晴れボックスで2回取り上げさせていただき、YOUTUBEへのコメントもおそらく50件以上はいただいてる方で、トレード歴はおそらく7年ぐらいだと思います。

お腐れ神と河の神(2017/01/18) では上位足レジサポへの壁打ち負けトレードをご投稿頂きました。またジブリ・アニメのお腐れ神のように、いろんな情報をくっつけ過ぎてむしろ頭が働かないのではないかと指摘させても頂きました。

迷晴れボックス26(2017/10/25)でも相場の環境認識不足を指摘させて頂きました。

あれから3年、今回のご投稿も『環境認識不足』が見て取れます。

背景の整理ができてないなぁと感じました。

あとから見直してもわからないということなので、おっしゃるように、そもそも見るべきポイントがおかしいのかもしれません。

背景の整理ができないとダイレクト勝率を悪くするし、動揺から生じるミスショットやチキン利食いの回数が増えます。

勘違いしてほしくないのは、ボクが手法はシンプルなのがいいと思う理由は…

インジをゴチャゴチャ表示する複雑な手法は、背景の整理に邪魔になること。

シンプル手法のほうが、値動きに関する有益な気づきを生みやすい。

シンプルな手法にすれば勝てるのではなく、背景の整理が上手だからシンプル手法で勝てる、という意味で、背景の整理ができることが大前提なんです。

「日足方向へ1時間ラス押し戻しブレイクでエントリー」

このルールはシンプルですが、背景の整理ができなければうまく機能しません。

トレードを見送るべき背景も多くあるなか、何でもかんでもこのルールを適用してしまうので上手くいかないのではないでしょうか。

そこで今回はこの『背景の整理』について触れながらトレード考察します。

投稿されたチャート画像を見て瞬時に負けた原因を特定できるレベルの方は参考程度にご覧ください。

2つの支配値で戦場を確定する。

唐突ですが、ねこ3さんは空気を読むって得意でしょうか?

空気を読むとは、具体的にどういうことでしょう。

空気を読むとは、その場を支配するキーパーソンの気持ちを察することです。

そして支配権のあるキーパーソンに気に入られる言動や行動をすれば世の中うまく立ち回れます。

相場にも空気があります。

相場の空気を読むとは、その場を支配する売り値と買い値、2つの支配値を察することです。

どのレジスタンスvs.サポートの戦いなのか『戦場』を確定させることです。

これができれば魔法のように相場がかんたんに見えてきます。

週足は上昇波はらみ内、高値切下げ、104円付近に強いサポートアリ。

ボクならこの三角持ち合いは引きません。仮に引いても直近安値104円付近を意識します(この辺の話は過去数回お伝えしてます)

斜めラインは主観や期待が入りやすいので、ねこ3さんは引かないほうがいい気がします。

まず、ねこ3さんは日足より大きな週足104円付近のサポートを見落としてます。仮に104円に気づけなくても、4時間足の急騰波をみれば104円付近にサポートがあるって気づきます。

日足は巨大なハラミのなかで、106円割れで一時的に下目線になってますが、急騰波押し目買いで2回目の高値を試してからでないと売られないかもとボクなら考えます。

4時間足は急騰波の押し目買いでMトップの可能性アリ。1時間足のラス押し安値割れをトリガーとするにしても、そもそもトリガーを引けない背景のときがあります。

1時間足 月足+週足+日足ロウソクを表示。

買い手の根拠
  • 7月終値が106円付近でサポート。
  • 週足サポート104円での強反発。その結果、先週足は下髭の長いピンバー。
  • 104円起点急騰半値押し。
売り手の根拠
  • 日足ロウソクが106円を下にブレイク。
  • 1時間足ラス押し安値をブレイク。

結果、急騰半値押し目で下げ止まってから2番天井を試したあと、戻り売り失敗でさらに上昇しました。

ねこ3さんは売り手側でしたが、買い手側の気持ちをあまり考えてません。「大きなひげの陽線なので、エントリーは控えないといけなかった?」というコメントのみです。今から買い手のサポートを売り崩そうというわけなので、むしろ買い手側の気持ちを重く考えるべきです。

4時間足 月足+週足ロウソクを表示

相場は必ずどこかのレジスタンスと、どこかのサポートで戦っています。今が売り手優位であっても、その先にはサポート側の支配値が存在します。

この2つの支配値を見極めて戦場を確定できないと不安定な心理状態のまま、気の迷いやビビりでミスショットやチキン利食いを多発させます。

今回のチャートなら買いの支配値は104円付近週足サポート、売りの支配値は強者の高値レジスタンスなので、強者の高値レジと104円付近週足サポの戦いになります。

この2つの支配値の強さですが原則は週足サポート104円の方が強者の高値よりも強いですが、その辺りは終わってみたいとわかりません。

スポンサーリンク

ただし、この2つの支配値の影響を受けてる事実を知るだけで十分、どっちが勝つかなんて予想は占い師にまかせて、どっちに転んでも対応できるようにしておきます。

シナリオは①2番天井まで買われて戻り売り②急騰半値押し目崩れで104円目安にショート③急騰半値押し目から2番天井までロング。

ボクなら急騰波半値押し目で買われてMトップになって売られそうな感じがします。

すべての出来事には、その背景があります。

背景の整理とは、売りと買い2つの支配値を見極め、戦場を確定することです。

武器選びより戦場選び。

4時間足 月足+週足ロウソクを表示

順序としてまず背景を整理して戦場を確定させ、次に相場がどうなったらトレードできる状況になるかというセットアップを待って、整ったらトリガーを使ってポジションを持ちます。

1時間足 月足+週足+日足ロウソクを表示。

2番天井までのロングを狙うなら、急騰波半値押し目での下げ止まりサインとしてWボトムを待ちます。これがセットアップ。

急騰波半値押し目下にロスカットを置けば、タイミングをとるトリガーはWボトム以降なら何でもいいです。

「日足方向へ1時間押し安値・戻り高値ブレイクでエントリー」

このねこ3さんルールですが、2017年から19年は大きく利益になったといわれてますので、今年はダメということなんでしょうが、相場の動く原理・原則は昔も今もそう変わってません。ランダムに発生するファンダメンタル要因にしても、ファンダで大きく動いてはテクニカルで止まるのも一緒です。

どの年であろうが今回のレートから背景を無視してショートはできません(もっと上からなら売れますが、急騰半値押し目まで限定です)

戦場を見極めれば、そのなかのトレードは合理的にできます。

合理的に勝ち、合理的に負けて、合理的な負けは未来をつくる糧にできます。

戦場において1000%納得できる戦い方ができることは精神衛生上も正しいです。

ねこ3さんは、あれから3年経ちましたが、いまだ『戦場の霧』のなかにいるようです。

敵と味方の区別や位置もわからないまま霧に包まれた戦場で、武器を非合理に振り回しては心とお金を消耗しているのかもしれません。

この戦場の霧を晴らすのは意外と簡単です。

武器で勝とうとせず、かんたんな戦場を選べばいい。

わかる戦場を選んで、わからない戦場はスルーする。これだけです。

わかる戦場がひとつもないなら、ひとつ得意な戦場をつくることから始めます。

ものごと、かんたんに思えるときしかうまくいきません。

かんたんに思える=合理的な根拠が見つけられる、ということなので、そのなかでトレードすれば勝敗に関係なく合理的なので100%納得できます。

自分の勝敗に合理的な解釈がつけられないうちは、いつまでたっても戦場の霧のなかです。

週刊チャートナビをフル活用。

ねこ3さんは8月5日のトレードを8月12日水曜日に投稿頂きましたが、8月8日土曜日の週ナビ296でこの辺の解説をしています。

毎週土曜日配信の週ナビの存在はご存じなはず…これを先にご覧頂ければ、今回の投稿はなかったのではないでしょうか?

ボクの解説が完全正解ではないですが、ひとつの解釈として参考になったはずです。

ボクは投資アドバイザーではないので相場予想はしませんが、その週のラインやゾーン、値動きの経緯は翌週に引き継がれることが多いです。

今週の週ナビは翌週のシナリオをたてる参考になるはずで、賢明な視聴者さんは復習+翌週のシナリオ立てに週ナビを活用されてます。

実際、そういう方々からサンクスメールやコメントを貰いますし、ボクと同じシナリオだったとよく言われます。

このブログや動画のスタートからずっと『背景の整理』に重きを置いてます。

それが普遍的で応用可能、パワフルな分析方法と思うからです。

週ナビは地味でマンネリなので眠くなるかもしれません。しかし、涓滴岩を穿つ(けんてきいわをうがつ)で、週一回の脳トレ、トレード脳を鍛える脳トレと考えてください。

ちなみに理解度があがってくると、有益な気づきが増えるので眠くなるどころではないそうです。

結局、毎日、毎週、チャートと正しくにらめっこした人が生き残るんだと思ってます。

他人の主観や編集のない情報ソースは唯一チャートだけで、右でも左でも、上でも下でも、売りでも買いでもない事実がチャ-トにはあります。

動画やブログは所詮、二次情報なので主観や編集が必ず入っていて、このブログや動画もそうです。

今回の『戦場』を意識して、もっとしっかりチャートの一次情報をみてやってください。

今回のまとめ

釣りバカ日誌のハマちゃんはグータラなサラリーマンですが、空気を読む力だけで支配者である社長のスーさんに気に入られ出世してしまいます。

きっとハマちゃんは空気を読んで立ち回ることで、自分にとって有利な環境をつくりだせる「人たらし」の達人なのでしょう。

相場も『場』の空気があります。

この空気読み=トレードセンスなのでしょう。

ひとつコツを教えるだけで勝手にグングン伸びていくセンスある人もいますが、何年経っても…という人もたくさんいると思います。

もしかすると運動神経みたいなものかもしれません。

ボクは子供の頃、野球、剣道、水泳など、親にいろいろ習わされましたが、すべて燦燦たる結果でした。帰宅部で運動系の部活動には一切かかわりませんでした。

小学生から中学生の前半にかけて、いじめられたのをきっかけに、体を鍛えなければ大人になっても舐められ続けると思い自転車に乗り始めました。

自転車って運動神経なくても乗れるし、好きだった旅もできるので、最終的に日本中を回りました。

スポーツ競技に向く人間ではありませんが、体を鍛えることはできました。

社会にはコミュ障チックな人が結構いますが、実は、ウチの息子は幼いころからコミュ障の傾向がありました。担任教師にアスペルガーかもと言われたこともありました。

そうだとしても、それは個性であって治せるものではないので、彼の強みや得意を活かせる方へ舵を切りました。アスペルガー認定されレッテルを貼られることが彼の人生にプラスになるとは思えなかったからです。

コミュ障であっても謙虚であれば味方になってくれる人は必ずいます。だから、俺が俺がの「が」は捨てて、おかげおかげの「げ」で生きよ、とそこだけ教えました。

彼は、ゲームプログラマーになりました。

空気があまり読めないので、お盆に東京から普通に帰省しましたが、今は自由な社風のなか、似たような個性の人もいるらしく楽しく働いてます。

体質の旧い企業や頭の旧い上司のもとで働けば、きっとコミュ力のなさが露呈して凄いストレスでしょう。理解ある会社や業界でよかったと思ってます。

トレードのセンスないかも…と落胆することはありません。

自分に合った戦場を選べば問題なし!

あわせて読みたい5つの関連記事




◆お断り◆
この動画は「学習」を目的に制作されたものです。個人の見解を過去のチャートから解説したものであり、未来を予想したり、利益を保証するものではありません。

記事へのレビューやご意見はコメント欄をご利用ください。コメントを「読者さまの声」としてブログや動画に掲載させていただくことがございます。

◆著作権について◆
当サイトは無料でご覧頂けますが、著作権は放棄しておりません。動画等のコンテンツを営利目的でお使い頂くことはできません。

詳細はご利用についてをご覧ください。



こちらの記事もあわせてご覧ください

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (14)

    • Tony
    • 2020年 8月 20日

    素晴らしい動画、ありがとうございます!

    ご投稿者さんのお名前を聞いた途端、なんだ聞き覚えがあって、
    今回は3回目の投稿だったのですね!笑 聞いててとても懐かしい気分になりました。
    そして3回目ということで、まよはれさんも遠慮なく率直なアドバイスをなさったのですね。

    未だに成績がドンドンである自分が言うのも何なんですが、
    戦場選びは本当に大切です。
    今週のUSDJPYように、長期ダウに従わず安易な逆張りする瞬殺されるわけですね笑
    (といってもそんなに下落したとは想定外でした、、、)

    自分はねこ3さんと逆で、ルールが守られない人間なので、
    負けても理由がわかっててMAYOHARE BOXに投稿しませんでした。
    今はトレード数とロット数を下げて再スタートするイメージです。
    負けても、MAYOHARE BOXに投稿できるような負けができるように頑張っています。

    ねこ3さん、一緒に頑張りましょう!

      • NoN
      • 2020年 8月 21日

      ねこ3さん、ご存じの方は懐かしく感じたかもしれませんね。迷晴れボックスでは、いつも投稿者さん一人に対して語り掛ける気持ちでいます。ねこ3さんには厳しめになってしまいましたが、なんとかブレイクスルーしてほしいと願ってます。

    • sasakiyo
    • 2020年 8月 20日

    今回の動画はマヨ晴れ様の思いの丈が伝わる動画でした。ねこ3さん頑張っていきましょう!

    そこでshortしてしまい損切となってしまいましたが、その後もう一本4時間足で同じようなヒゲをつけました。そこでねこ3さんはどう感じたのか気になりました。下方向に見ていたトレーダーもこれで4時間足レベルのWボトム形成(日足の安値切り上げ)を認識し、目線を上に認識した人も多いのではないかなあと思います。(私がそうです)。その後雇用統計発表でなかなか手は出しづらいですが・・。

    自分に注意喚起されているようなためになる動画でした。ありがとうございました。

      • NoN
      • 2020年 8月 21日

      後からでもリスクの存在に気づけば問題ないんですよね。似た局面を、見方を変えずに沢山観察することでリスクに気づきやすくなると思います。

    • 猫チャギラ
    • 2020年 8月 20日

    いつもご教授頂きありがとうございます。自分も背景の整理、戦場の確定、セットアップ、トリガー、この4つの順番が曖昧でなんとなく値頃感や上位足の大まかな環境認識だけでエントリーしてしまうのでなかなか結果が出ないのだと思いました。週間チャートナビで毎日やっているように週足、日足、4時間足で大きな環境認識をした上で1時間足でゾーニングする。売り買いのシナリオを立ててその条件が整ったら入って出る。こうした一連の流しなしに常に場当たり的にやってように思います。それと今どの時間軸で動いているかという認識も今一つ把握し切れてません。15分足の中で動いているのに4時間足の感覚で一気に行く期待だけをして、しっかり伸びたところで切らなけれればならないところを放置してその後大きく引かされたりしてます。それも突き詰めれば4つの順番でトレードしているかということになるのかと思っています。

      • NoN
      • 2020年 8月 21日

      プロ写真家と素人写真家の違いは「背景の整理」にあるといいます。見たいものしか見えてないと、どの世界でも一皮抜けないということなんでしょう。

    • たいざん
    • 2020年 8月 21日

    昔からテニスが好きで、今もずっとやっています。

    最近よく感じるのは、テニスに限らずスポーツとトレードはよく似ているということですね。(迷晴れさんのおっしゃる通り!)

    メンタリティというか、意識の持ちようと言うか、上達するのに必要な考え方は同じなんだなと。

    テニススクールでも、いつまでたっても上達しない人はたくさんいます。

    テニス歴は10年だけれども、スキルは初級レベルという人ですね。

    そういう人を良く観察しているのですが、共通して言えるのは、いつも同じフォームで打っていること。

    私としては、週一のレッスンででも少しでも上達したいと思うので、うまく打てるフォームを常に探り、少しずつ改善しながらレッスンを受けているのですが、万年初級者の人は、そういった意識が欠けているように感じます。

    間違ったフォームであっても、何球も打っていればそのうちうまく打てるようになる、そう思っているのかもしれません。

    テニスで最も大切なのは、ラケット面の真ん中にボールを正しく当てること、これに尽きるのですが、これを疎かにしていると途端にミスヒットしまくります。

    間違ったフォームでは、この基本ができにくいんですね。

    だから、正しいフォームと言うのはとても大切なんです。

    じゃあ、トレードで最も大切なのは何かと言えば、やっぱり環境を正しく把握することなのでしょう。

    上に行くか下に行くかわからない暗中模索の手探り状態では、たとえ正しくエントリーできたとしても、いつ反転するかと気が気でなりません。

    逆に、環境認識さえできていれば、多少逆行したとしても、「あれだけ大きな天井の形ができたのだから、そのうち下落するさ」と腹を据えて見ていられます。

    ロットを上げれば上げるほど、そういった意識の持ちようが大きく影響してきそうです。

      • NoN
      • 2020年 8月 21日

      なるほど!正しいフォームが、ブレない心をつくるんですね。Wボトムや移動平均線をフォームと思い込むと迷宮入りしてしまいます。

    • Tom
    • 2020年 8月 21日

    久しぶりに投稿させていただきます。
    ねこ3さんは、良くも悪くも3回も迷晴れBOXに投稿されているので、行動力あるなと思いました。
    また、迷晴れ先生の厳しい指摘もすごく大切だと思います。
    なかなか正しい事でも厳しく指摘してくれる方は、本当に貴重です。

    自分もトレードセンスはないです・・・
    兼業トレーダなので、欧州中盤~NY時間にめげずにトレード戦場におります。

    週間チャートナビは、1週間の振り返りとして、勉強させてもらっています。
    気になるところは何回も見ます。
    同じシナリオだったり、同じとこでエントリーできていたりすると、本当にうれしくて、とても自信になります。最初に今週の見通しとしてトレードゾーン(上段中段下段)を解説してくださっているので、それすなわち戦場です。

    毎回見ていると、センスのない私もトレードゾーンがわかるようになってきましたので、
    ねこ3さんも参考にされてみてはいかがでしょうか。
    ゾーン以外のところやゾーンや直近ハラミ足の真ん中付近ではトレードは控えるようにしています。

    今回の迷晴れBOXの内容も環境認識がまだうまくできない方にとてもわかりやすいのではと思いました。
    (他の動画も毎回、学びの宝庫なのですが)

    迷晴先生の自転車の話は、聞けてうれしかったです。
    自分は弱虫ペダルのファンなので、登場キャラの過去の話とかとリンクできて、勝手にうれしい気持ちになりました~。

    いつも大切なことを教えていただき感謝しかありません。
    ねこ3さんもあきらめたらそこで試合終了なので、一緒に頑張りましょう!

    長文失礼しました。

      • NoN
      • 2020年 8月 22日

      今週の見通しとしてのトレードゾーン(上段中段下段)は戦場。はいそうです!言い忘れました(^_-)-☆これ翌週も有効なので参考にされるといいと思います。

    • たぁた
    • 2020年 8月 22日

    いつもお世話になってます!

    ねこ3さん?あ、お腐れ神さまの人だ!とブログの始めのところで思いました(*^-^*)
    リアルタイムでは動画を見ていないのですが、迷晴れさんがとっても熱く解説されていたのでとても印象に残っていました。

    私も空気読めない、コミュ力無しなので、今回の動画ドキッとしました。
    どうも人と感覚が違うので、コメントも空気読めてないんじゃないかと心配になることも…。
    嫌な思いをさせてしまっていたらごめんなさいm(__)m

    週ナビフル活用。
    今は、毎日前日の反省用のチャートと当日のシナリオ用のチャートを印刷し、迷晴れさんのブログの真似っこでシナリオを立て、前日の値動きの確認とトレードをしていたら反省を書き込み。
    週ナビもまずブログを見て、迷晴れさんのシナリオと考えを印刷したチャートに書き込み、迷晴れさんがどうしてそこでエントリーしたかを確認。自分との違い、あっているところを見るようにしています。

    迷晴れさんの動画のおかげで、自分がどの波を取りたいか、そのためにどうしたらいいか、が、やっと見えてきた気がします。
    要領が悪くてノロノロ運転ですが、もうちょっとがんばろうと思います(*^-^*)

    今回も動画をありがとうございましたm(__)m

      • NoN
      • 2020年 8月 22日

      ねこ3さん、完結編として、「あのねこ3さん、ついにブレイクスルー!」という動画をつくりたいので、がんばってほしいです(^_-)-☆

    • H
    • 2020年 8月 24日

    いつも素敵な動画をありがとうございます。ねこ3さんの「お腐れ神と河の神」は当初何度も拝見させていただきました。ですので、今回の投稿も色んな感情を込めて拝見させていただきました。トレードにおいて同じ相場は2度とは現れないですが、似たようなパターンであれば何度でもお目にかかることができます。ここ3か月くらい、月のアベレージが1000pipsを余裕で上回るようになってきた今だからこそ言えますが、月に400pipsほどであれば誰でも取れるようになると確信を持って言えるほどトレードは難しくありません。トレンドに向かって逆ポジを持たない、レンジでポジポジしない・・・など、自爆を防いで押し目買い、戻り売りだけやっていれば利益は自然と積み上がっていきますよね。ねこ3さんからの、サンクスメールを拝見できる日を心待ちに勝手に応援させていただきますね。ねこ3さん、ファイトです!!

      • NoN
      • 2020年 8月 24日

      コメントありがとうございます!次は「いったい、ねこ3さんに何が?!」というブレイクスルー動画をつくれる日を楽しみに待ちます。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

神回バナー

サイト内検索

FX人気口座ランキング
海外FX口座の基礎知識
海外FX口座スペック比較

オリジナル・インジケーター

オリジナルインジケーター販売所
オリジナル・インジケーター動画・記事まとめ

特化型FX国内口座開設

短期売買特化型口座特集
MT4口座特集
システムトレード口座特集

学習ツールと投資関連書籍

フォレックステスター購入
フォレックステスター・導入ガイド
フォレックステスター有料データ購入ガイド
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント

あなたの負けトレードを徹底解説!

迷晴れボックス

月別ページ

カテゴリー

シストレ24キャンペーン
FXPLUS