FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を鍛えるサイト。

menu

迷晴れFX

クロス円は”見えざる壁”を見極めて便乗商法で稼ぐ。/ 迷ボ#91

迷晴れボックス第91回、視聴者さんのトレードをテクニカルとメンタルの両面から考察する代理学習コンテンツ。

AUDJPYトレード 投稿者:コンセントさん

3/30~4/3のAUDJPY負けトレードについて迷晴れ様のご意見いただけませんでしょうか。

初めまして、いつも動画拝見させていただいています。私はトレードを初めて1年半程の未熟者です。今は大学を休学し日々トレードに取り組んでいますが、結果が出ず立ち往生していたところ、半年ほど前に迷晴れ様の動画を見つけそれ以降は一進一退ではありますが諦めずトレードに向き合ってこれています。迷晴れ様の動画と出会ってなければ自分は今どうなっていたのか…とつくづく実感するとともに本当に感謝しています。

今回初めての投稿で文章を考えている今もなぜか緊張していますが、どうかこの下手くそな文書を最後まで目を通していただけないでしょうか。できるだけ迷晴れ様にお手数を掛けまいと理解しやすいように工夫して作成したのでどうぞよろしくお願いします。

AUDJPY 4時間足-1

日足目線でも大きな下落。4H相場観察ではオレンジライン高安に対し、緑上段の抵抗体当たりまで61.8%の上昇を見せている。しかし、大局としては下目線な為、戻り高値と意識してオレンジのように落ちていく形をイメージしていた。

AUDJPY 4時間足-2

もちろんこのオレンジラインのように上昇していくことも考えられるが、aをこの大暴落の底とした場合38.2の浅い押し目で形成されるwボトムで転換するとは考えにくい。もう一段下の62.846(63.00キリバン付近)まで一度落としてwボトム形成の方が可能性としてはあり得ると考えていた。

AUDJPY 4時間足-3

赤のトレンドラインを上に抜け、青枠上段の戻り高値(強者の高値)付近まで上昇。ここで反発して、オレンジ高安の38.2%付近まで下落してきたところで、青四角内のはらみになるということを想定しました。また、週の中頃は「方向感が分からない時はやみくもに手を出さないルール」に従い様子見でした。

AUDJPY 1時間足


1H相場観察では4Hでの戻りからの下落を考えていました。下段緑抵抗体の下線を15M実線下抜けでショートエントリーを考えていました。
ショートの根拠としては以下の通り

  • オレンジの上昇に対する38.2%押しのwトップ(相場の転換点で発生するwボトム、wトップはネックが38.2%になることが多い為)
  • 抵抗体に押さえられての高値の切り下げ。
  • 1Hでも強く上を押さえられ目立つ上髭を付けたところに合わせて引く下落のトレンドライン上部ということ。
  • ネックラインと65.00のキリバンが重なっており、抜ければ青レンジ内半値でもある64.00まで狙えるということ。
AUDJPY 15分足

上記の根拠を踏まえ緑下段ライン15M実線抜けでSエントリーしましたが、値動きが大きくビビったため5Mで少し揉めた黄色ライン上段に損切を置きました。しかし、もう一段上まで上昇し損切を食らい撤退。エントリーした下落はフェイクか。緑枠内でレンジ形成し一週間が終了。

ご質問

1.4時間足-1のように下落方向での目線決めは妥当か。

「67円付近は事実としてWトップになっているし戻り売り候補とみての下目線は問題ない。」

2.4時間足-2でaが底でwボトムを形成すると仮定する場合、38.2では押しが浅くもう少し下せめて50%付近まで落ちてくると仮定してそこまでのショートを今回のように取りに行くのは妥当か。

「個人的には安値aからのV字はオーバーシュートとみる。そうなれば下がっても63円、もしかすると64円が逆三尊右肩になるかもと考える。」

3.4時間足-3で戻り高値(強者の高値)と仮定している場所は正しいのか。もう一つ前のAを戻り高値と仮定するべきか。

「Mトップをつくった事実もあるので意識されていたと思う。」

4.エントリーしたポイントは4Hでも実線抜けしているが、今回の下抜けからの反発上昇はどのように解釈することができるのか。

「これに関しては、今回のメインテーマとして取り上げたいので後述します。」

ただこういう時もあると割り切ってルール通りにエントリーできた事を素直に受け入れ考えすぎないべきなのか。

損切の根拠が曖昧で再現性がない為このような場合はロットを落として、やはりもう一つ上の高値にすべきだったか。

またこの他にも自分で気づけていない根本的な相場観や直すべきポイントがあれば教えていただければ幸いです。

トレード解説

AUDJPY 4時間足 黄ショート

L2戻り高値の戻り売り対し、63.0押し目買いの構図。

まずこのチャートをみて目立つのが”週足下ヒゲ”部分だろう。これを”行き過ぎ”とみる人なら、60.0Wボトムというより、63.0辺りをサポートとみるのではなかろうか。ただし、それがL1で反転した理由ではない。

AUDJPY 1時間足 黄ショート

Mトップのネック抜けをトリガーにした黄ショートが64.0まで落ちなかったのはなぜ?というご質問。

AUDJPY 15分足

スポンサーリンク

本題から反れるが、エントリーのタイミングが悪い。

黄ショートは最悪の場合、高値ネックまで戻されるリスクがあって、適当な損切りレートまで遠すぎる。

ショートするなら赤1か、65.0際にできた赤2モミ抜けか、赤3で買い手が逃げ始めるのを待っての戻り売りが適当だろう。

これに関しては「レンジブレクの極意」という過去動画があるので参考にしてください。

さて、本題だが、クロス円は掛け算の通貨ペアである。

USDJPY × AUDUSD = AUDJPY

AUDJPYの価格はこのような掛け算で求められる。

クロス円の流動性(取引量)は低いので、他2通貨のレジサポの影響を受けることになる。

AUDJPYをUSDJPYとAUDUSDのチャートを見ずに単独トレードするということは、片目を塞いで平均台を歩くようなものです。

AUDUSD 1時間足 黄ショート

強反発したラス押し安値が真下にある。

USDJPY 1時間足 黄ショート

107.0サポート(おそらく上昇波押し目候補)が真下にある。

つまり、ダブルサポートの見えざる壁に向かってショートを打ち込んだが、むしろここは、ロングすべきところ。

AUDJPY 1時間足 黄ショート

クロス円のチャートには”見えざる壁”がある。

他2通貨ペアのチャートを見なければそれに気付けない。

ユロ円も同じクロス円だが、利確目標まで届かずに反転したり、狙っていた押し目や戻り目の手前で反転し始めることがよくある。

今回のケースもそういうこと。

クロス円チャートだけなら64.0まで下がってもおかしくないが、他2通貨ペアにサポートされたと考えられる。

AUDJPYは少ない証拠金でトレードできるのが人気だが、前述した理由でクロス円全般はビギナーにはややこしく、常に他2通貨ペアの現在値を把握しておかなければならない。

逆転の発想をすれば、他2通貨ペアの現在値さえ把握しておけば、極論、クロス円のチャートを見なくともある程度トレードできてしまうともいえる。

前述したようにクロス円の流動性は低い、EURUSDやUSDJPYのようなには取引されてない。

ならば、他2通貨ペアに釣られ動くカバン持ちのような通貨ペアともいえるが、ドル円よりもボラが大きいのが魅力。

クロス円にはややこしい性質があるが、成り立ちの理屈さえわかって使いどころを限定すれば案外簡単な通貨ペアともいえる。

個人的にユロ円(クロス円)は、ドル円やユロドルのモメンタムに便乗商法で稼ぐ通貨ペアという位置づけにしてる。

AUDJPY 1時間足

AUDUSD 1時間足

65.0サポートと0.60サポートが重複しているがAUDUSDの上昇モメンタムにシンクロしてる。

USDJPY 1時間足

6日高値付近の重い値動きはUSDJPYが頭をおさえられたことに起因する。

今日のまとめ

リアルにトレードを相談できるような人はいなく、ネットでのちょっとした情報収集と迷晴れ様の素晴らしく為になる動画のみでなんとかここまで何とかやってこれました。
しかし、今回なんとか成長を実感できている中でのだいぶ自信があったエントリーだったため、損切に納得がいかずもうだめなのかとモチベーションが下がりきってしまいました。
ただこんな所でくたばってたまるかと思い、腰を上げ迷晴れ様にご連絡をさせていただいた次第です。
成長曲線の図は頭にしみついています。諦めるつもりはありませんが心をおられることが幾度となくあり、投げ出したくなった事は数えきれないほどです。
迷晴れ様の動画を視聴している方の中にも同じような気持ちの中、諦めず一進一退を繰り返し、とても飛び越えれそうも無さそうな大きな壁にぶつかりながらも努力されている事と思います。
成長曲線を思い出し、気づけば壁を越えていたと思えるまで、高い壁を越えられる日が来ることを信じ、努力あるのみ、皆さんと頑張っていきたいと思っています。
今回の投稿がどうか少しでも視聴者の皆様の役に立てばと思っています。

エントリータイミングについては、まだまだ改善余地アリだが、相場観は急落後の急騰といったイレギュラーな値動きに対して経験不足なだけで、素直に見立てられていると思った。

これはボクも経験してきたことだが、負けトレードを分析するとき、負けた理由をコジつけてしまうことがある。

その無理矢理感に違和感を感じつつも、気分をスッキリさせたいのでどうしてもそうなってしまう。

負けトレードの分析が的外れなことで、誤った思考回路がつくられてしまうのは問題だ。

いずれレベルが上がれば気づくので、「なんだかコジつけぽいな」と感じたら、原因不明のままにしておくほうがいいだろう。

今回のケースも実に単純明快な答えがある。なんだそれだけのことか…といっレベルだろう。

これはボクの考え方ですが、

世の中で起こるあらゆる問題は単純な答えしかない。

世の中に複雑な答えなどなく、答えがあるものについてはすべて単純、最近はそう思うようにしている。

なぜなら、正解のないことに対して”無限問答”になるのが嫌だから。

たとえば、フィボナッチ50%、38.2%、61.8%押し目候補として正しいのはどっち?

こんなのは典型的な無限問答だ。

他の条件次第でいくつもの未来が存在できてしまう。

ところが、移動平均線のクロスなどといった買い手有利な条件の重複があれば単純な答えとなる。

答えなんて案外単純で目の前に転がってるもの。

答えは常に単純明快なもの。

答えに悩み複雑さを感じたら、自分のレベルがまだ単純明快と思える域に達してないか、あるいは、そもそも無限問答になってることを疑うといいだろう。

あわせて読みたい関連記事5選

◆お断り◆
この動画は「学習」を目的に制作されたものです。個人の見解を過去のチャートから解説したものであり、未来を予想したり、利益を保証するものではありません。

記事へのレビューやご意見はコメント欄をご利用ください。コメントを「読者さまの声」としてブログや動画に掲載させていただくことがございます。

◆著作権について◆
当サイトは無料でご覧頂けますが、著作権は放棄しておりません。動画等のコンテンツを営利目的でお使い頂くことはできません。

詳細はご利用についてをご覧ください。



こちらの記事もあわせてご覧ください

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (15)

    • じんまる
    • 2020年 4月 09日

    今回もためになる動画をありがとうございました。

    コンセントさん。
    負けトレードとお気持ちの共有をありがとうございました。

    とっても気持ち分かります。ボクも同じですから。

    19年に7ヶ月連続でプラスになり、少しずつ自信が出たところで、4か月連続のマイナス…
    そして、今月に臨んでいます。
    ただ、確実に成長していると感じて(信じて?)います。
    一緒にがんばりましょうね!

    NoNさんがおっしゃっていた負けた要因の「強引なこじつけ」。

    改めてトレードノートを読み返してみたら、やってますね~こじつけ。
    完全なるこじつけ男子です。

    完璧主義なボクには、ムリヤリにでも答えを出そうとする悪い癖があります。
    「原因不明」と割り切る勇気を持ってみようと思いました。

    ありがとうございました!

      • コンセント
      • 2020年 4月 10日

      嬉しいコメントありがとうございます!

      私もじんまる様の紹介されている動画「#58その日の予定を埋めて、予定にないことはしない。」はとても好きな動画の一つで何度見たか分からないくらい拝見させていただいています!
      分かっているのに同じミスを何度となく繰り返す。感情を出してはダメだとわかっているのに,,,
      どんな値動きにも心を落ち着かせれるように、予定にないことをしない。という考え方は今の自分のトレードに大切な役割を果たせてくれています。

      あの動画から一年半程、頑張られているじんまる様からコメントいただけるなんて夢にも思っていませんでした。
      自信が出てきたと思えばことごとく叩き落されますよね。じんまる様程前に進めていないのですが自分でも苦しいほど気持ちがわかります。

      毎日、一歩でも、半歩でもいい。少しずつ前に進めれている自分に成長を感じ、時には素直に褒めてあげて頑張っていきたいと思っています。
      どうかじんまる様も千里の道も足元に始まる。この言葉を胸に諦めず成功に向けて頑張っていきましょう!
      素敵なコメントありがとうございました!

        • じんまる
        • 2020年 4月 10日

        とんでもないです。
        すべてはNoNさんの「迷晴れFX」のお陰ですよね!

        このブログがなかったひと昔前なら、ボクはFXへの取り組みは続いてなかったでしょうね。

        が故に、どうしても感謝を結果でお返ししたい。
        そんな気持ちだけで今日まで続いているように思います。

        こちらこそ、丁寧にありがとうございました!

          • H
          • 2020年 4月 11日

          じんまるさん、ご無沙汰しております。ぼくも短期的にですが調子を崩すことはたまにあります。自分の場合ですが、長期足の環境認識のシナリオを盲信してしまい短期足の値動きを軽視してしまうことがある、というのが悪い癖の1つでありました。自分の環境認識がこうなのでここまで伸びるだろう!みたいな思い込みを人間なのでどうしてもしてしまうのですよね。適度な所で利食いをしておけばよかったものをポジションを持ちすぎて逆行してしまい、結果微益で決済できなくて損切になる、とかエントリーしてもみ合ってしまい、逃げたら思惑の方向に伸びたのを見て中途半端な所で飛び乗りしてしまい、逆行して損切になるとか・・・。言っていないだけで、けっこう恥ずかしい失敗もこれまでにしてきました笑。

          そこでぼくがこれまでやってきたプチスランプ脱出法ですが、とにかく利確を直近の高安で手堅く利食いをする!というのがおすすめです(と言っても20pipsは最低狙える所で)。利確した後で値が走ろうが気にしません。勝ちの体験を体が思い出してきたら、徐々に狙う利幅を調節するというのがおすすめです。5連勝くらいしはじめてくると気持ちが一気に晴れてきます!また、ロットを落として損切幅を広げるというのもおすすめです。個人的には逆指値は長時間席を外す時以外は設定しません。特にエントリーが早い傾向にある時は、損切を近くに設定すると高確率で変な所でひっかかってしまいます汗。

          「負けた」という事実だけを凝視してしまうと脳がその事実を刷り込みはじめるのでよけいと負のループに陥ってしまいます。ぼくから見ると7か月連続でプラスにできるトレーダーが世の中にどれだけいるのだろう?と思うとじんまるさんは立派な実力を兼ね備えているトレーダーなのだと思います。ぼくも3月に1度ポン円で100pipsの損切を出しています。そんなもんです笑。人生はまだまだ長いのでともに頑張っていきましょうね!

            • じんまる
            • 2020年 4月 15日

            Hさん、こんばんは。
            こちらこそ、ご無沙汰しております。
            Hさんのコメントは欠かさず拝読させていただいております。

            こんなにご丁寧なアドバイスをありがとうございます。感激です!

            なるほど、利食い癖ですね。
            「とにかく利食いを直近高安」
            承知しました。やってみます!

            ボクの場合は、欲張りが過ぎるため、値が走ろうが気にしない…というのが、一番難しいそうですw
            でも、Hさんがわざわざご教示いただいているスランプ脱出法を試さない理由がありません。
            本当にありがとうございます。

            5連勝か~
            確かに気持ちが晴れそうですね。
            イメージトレーニングもしながら、徹底してみます。

            利幅調整、損切幅を広げる、と段階を経て経験値を上げていけるよう精進します。

            こんなボクにまでアドバイスを本当にありがとうございます。

            「立派な実力」を鵜呑みにしてwがんばります!

            Hさんの損切り…
            言いたくないことまでありがとうございました。
            励みになりました。

            いいご報告ができるよう真摯に取り組んでまいります。

    • コンセント
    • 2020年 4月 10日

    トレード考察の採用本当にありがとうございました!

    エントリータイミングについてのご指摘いただきありがとうございます。
    「高値ネックまで戻されるリスクがあって、適当な損切りレートまで遠すぎる」とご意見いただきました。
    自分でも本当にその通りだと思っています。
    私はトレードの勉強を始めた最初のエントリータイミングの考え方が水平線ブレイクアウトであり、以降よく考察することもなく何となくの最終判断材料にしていました。
    また、初動を取ろうとするがあまり、①のポイントでのエントリーにしてしまうと、みている大局のネック抜け期待エントリーになってしまいビビってネックタッチで利食い。結局損大利小になることが多く、行きついたのが定めたラウンドナンバー、トレンドラインなど意識される水平線実線抜けエントリーとなっていました。
    今回の動画のおかげで今一度検証と優位性について考察する必要があると思いました。

    クロス円の関係性については一度、迷晴れ様の「三つの悪魔 クロス円 攻略」に目を通していましたが、何か難しい感じがして無意識に避けていました。しかしこのご指摘のおかげでクロス円について勉強が必要と感じました。動画の方見させていただきます。

    負けた要因のこじつけに関しては、過去のトレードノートを思い出してもやってしまっていた。と反省しています。
    フィボの何パーが正解の押し目候補か。という問いは本当に無駄だと思います。
    基準にはしていますが何パーに拘りすぎても意味がないと思っています。
    このように考えれるようになることがまだまだあり、それは自分の経験不足と未熟な思考法のせいだということですよね。
    「世の中で起こるあらゆる問題は単純な答えしかない。」とても気持ちが楽になった気がします。
    素晴らしい考えでした。まず意識的に自分もこの考え方をしてみようと思いました!!

    他にも沢山お礼の内容を送りたいのですが余りにも長くなりご迷惑をおかけするのでここら辺にしておこうと思います。

    いつも本当に素敵な内容の動画と、迷晴れ様の雑談系の考え方などには助けられ、心を救われています。
    これからもどうぞよろしくお願いいたします。
    自分のトレードの採用、本当にありがとうございました。

      • NoN
      • 2020年 4月 10日

      ご投稿ありがとうございました。今回の内容に共感し、参考になってる視聴者さんが多くいると思います。コンセントさんの相場観については問題ないので、クロス円の見えない壁を意識して頑張ってみてください。良いご報告をお待ちしてます(^_-)-☆

    • H
    • 2020年 4月 10日

    いつも素敵な動画をありがとうございます。今回のような例の場合、自分なら、「売りたい」シナリオが強く、赤1からの下落を見て、戻ってきた所から買い手の諦めを確認する前に即戻り売り!即逆行、「あれーーー」みたいな負け方を何度も経験してきました汗。

    最近よく思うのですが、トレードはわかる所だけやるから利益が積み重なる、ということです。もちろん日々シナリオを立ててトレードしていますが、わからない所はわかりません。正直、どうなるかわからない場面の方が多いです。他の視聴者様の中に、ぼくがよくコメントを残すので何でもわかるトレーダーのように錯覚されている方がおられましたらそれは誤解です笑。たしかに月ベースで負けることはこの先無いだろうとは思いますが、明日の相場がどうなるかなんて全くわかりません笑。

    ただ、待っているとわかるようになる場面が必ず出てくるのでそこだけを狙い撃ちしてやる、そんな感覚なのですよね。(各市場の時間帯毎に1回あれば十分です。)極端な話、月に5回くらいは世界中の誰が見てもチャンス!と思える場面があるのでそこだけやる、でも十分なくらいです。

    わかる場面が増えると、負けトレードを振り返った時にも「あー、そういうことだったのね」ということもしばしばあります。勝てるパターンだけを脳にすりこんでそこだけをトレードするというルールを徹底するだけで負けが減るだけではなく、余計な所でエントリーすること自体が気持ち悪くなってきます。

    さて、今回の投稿者様は大学を休学されてFXに取り組んでおられるということで相当な覚悟を感じます。FXはいくら時間をかけても質を伴った量をこなさなければ上達しないという所がやっかいな所ですが、迷晴れさんのコンテンツでは正しい努力の仕方を提供されている数少ない場だと思います。ぜひとも頑張ってくださいね!クロス円は慣れてくるとボラが大きいので魅力です。その分損切も大きいですが汗。(ちなみにぼくは調子に乗って3月にポンド円で1度100pipsの損切をくらっています泣。完全な自分のミスですが汗)

      • NoN
      • 2020年 4月 11日

      わかったつもりエントリー。
      わかってるエントリー。
      これは雲泥の差ですね。同じ曲を1回や2回弾けたからって、それは「弾ける」とはいえません。何度も何度も、譜面を見なくても指が覚えるまで繰り返すから、本番でも弾けるようになるのだと思います。

    • アキタイヌ
    • 2020年 4月 10日

    こんにちは。

    いつもためになる動画ありがとうございます。

    自分もほんの少し前までは同じ境地でしたww

    ここだ!と思ってエントリー、逆行、損切り、ん?何で?
    ひたすら何でだ?自分の判断の何が悪かったんだ?の繰り返し
    自暴自棄になりましたww
    そして疲れはてて、考えることすら辛くなり、半分投げやりになって損切り食らったら『あぁ、どっかの金持ちが俺と逆のことしやがったんだなぁ』って無理矢理思うようにしたんですw

    でもそう考えてたら不思議なもので、段々見え始めるんですよね。
    『あっ、またここで買ってくる奴らがいるかもしれないからここでショートは止めよう』とか

    『ここは皆んな迷うとこだからレンジになるなぁ』とか

    投げやりでの考えでしたけど、意外とそれが本質でしたw

    自分の悪かったとこ、自分の判断ばかりに目がいって肝心な所が欠落してました。

    今のトレードはこのラインまで来たら押し目買い、ここまで来たら戻り売り、みたいなビシッと決まるカッコいいトレードではなく、皆が意識する値まできたら、ん?どっち?どっち行くの?じゃぁ自分もそっち!みたいならぶっちゃけあんまりかっこ良くはないトレードですw けど、ストレスがなく、凄い楽になり始めてきました。
    Hさんが仰ってたように上か下かなんて僕もほとんどわからないですw
    でも今はそれでいいんだな、それが普通だなと思えるようになりました。

    これも迷晴れ様のおかげです!感謝感謝です!

    これからも色々と勉強させて頂きたく思っておりますので、こんなご時世ですが、お体にお気をつけて頑張って下さい。

    僕も頑張ります!

      • NoN
      • 2020年 4月 11日

      そうです、わからないのが普通です(^_-)-☆上か下か予想すると、予想してる人たちの小競り合いに巻き込まれますよね。だからボクもほぼ後出しジャンケンです。

    • noa
    • 2020年 4月 10日

    お疲れ様です!

    私も豪ドルや豪円を見てますが、未熟者なので基本的にはドルストレートをトレードしています。投稿者様の気持ちは凄く分かります。今でも壁に当たると、感情的になったり、トレードを続けているのはサンクコスト効果やギャンブル脳で諦められないだけなのか?などと悩みますが、ゆっくりでも少しづつ成長している事を実感して諦めない事を決めました。主業を抱えていると甘えたり、時間の融通が効かないので、自信も付いてきた今年からは専業にして敢えて逆境にして追い込もうと思ってます笑

    私の見立てはドルストレートを基準に行うのは前提で、動画内の通り解釈していましたが、仮に豪円だけ見ていたとしても65.0付近の高値を抜いた63.0付近〜の週足高安の波にfiboを引いていました(私は四本値基軸にしているので)。波のサイズが違うので私のチャートだと投稿者様のshortは61.8%に壁打ちになっており、微妙に抜けても直下に先週足closeと67.7付近からの高値切り下げラインのチャネルライン、ラウンドナンバーも控えていたので手前(短期トレンドライン抜け)で売れなければ様子見か、実際出来るかは別としてSpike狙いで買うのも面白いかなあと思えるところですね笑

    考え方の参考になって良かったです。
    迷晴様、投稿者様、貴重な振り返りありがとうございました!

      • NoN
      • 2020年 4月 11日

      お疲れ様です!ご意見とても参考になります。スパイク狙い、いいですね!

    • すがやん
    • 2020年 4月 11日

    いつも更新ありがとうございます。

    今オーストラリアに住んでいる事から、私も豪ドル円を見ています。エントリーこそしませんでしたが、私もコンセントさんと全く同じWトップを注視した「抜けたら下げる」見立てをしておりました。そして入るのが遅すぎて入った途端に逆行を喰らうのも、とてもよく分かります。見方を変えれば、何となく相場観が付いてきた者が、その感覚をエントリーという実弾で活かそうとする際に必ず通る道。とも言えるかもしれません。今回の動画でも、「あ、そうそう。その気持ちわかる」と思う事が多々…迷晴FXの「よく陥る〇〇」系の解説でも「あー自分だ」と思う事が多いです。大勢の人が味わう壁という事は、そこをブレイクスルーすれば非常にチャンスと言える立ち位置にいる、とポジティブに捉えています。

    最近はコメントも本当に勉強になる事ばかりなので、引き続き勉強させて頂きます。コンセントさんも貴重な見立て・エントリーログのご共有、ありがとうございました。

      • NoN
      • 2020年 4月 11日

      コンテンツがSNS化していて嬉しい限りです(^_-)-☆このコンテンツの目指すところはビオトープのような場所にすること。ボクひとりができることなど知れてるので、他の方の意見もどんどん活用してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内検索

FX人気口座ランキング

オリジナル・インジケーター

オリジナルインジケーター販売所
オリジナル・インジケーター動画・記事まとめ

特化型FX口座開設

短期売買特化型口座特集
MT4口座特集
システムトレード口座特集

学習ツールと投資関連書籍

フォレックステスター購入
フォレックステスター・導入ガイド
フォレックステスター有料データ購入ガイド
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント

あなたの負けトレードを徹底解説!

迷晴れボックス
海外FX口座の基礎知識
海外FX口座スペック比較

月別ページ

カテゴリー

シストレ24キャンペーン
FXPLUS