FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を学べるサイト。

menu

迷晴れFX

頭と尻尾はくれてやれ、相場の基本原理を表した秀逸な相場格言。

相場格言『頭と尻尾はくれてやれ』を武器としてトレードにどう使うのかを解説します。

photo credit: Sakurako Kitsa via photopin cc

スポンサードリンク

波の転換期は目線がふわっとするので、目線が固定できるまで待ってからトレードしましょう。

『頭と尻尾はくれてやれ』この格言をもっと具体的にいうと、波の転換期は目線が浮動するので欲を出してトレードするより、目線が定まるまで待ってからエントリーしましょうという意味になります。この格言をトレードルールに加えることによって余計な負けトレードを防止できます。

 大きな波になると急反転できない、ターンにはある程度時間がかかる。

 

スクリーンショット_081114_093804_AM

この図の場合、初心者の方におすすめするのはピンク波が下目線になってからのエントリーです。理由はオレンジ波が下降トレンドなので方向が揃ってからのほうが利益が伸びやすいからです。頭と尻尾部分は相場に方向感がないのでトレードするには難しい場所になります。この考え方の基本にあるのはダウ理論なので、下降トレンドなら最後の戻り売り上昇トレンドなら最後の押し安値を特に意識してください。

実際のチャートでも、頭と尻尾は難しい場所。

20140811a

1時間足チャート、上昇の最後の押し安値を下抜いてから勢い良く下降の流れをつくっています。

20140811b

1時間足チャート、下降からの尻尾をつくりました。最後の戻り高値を上抜いてからも暫くモタついていますが、最終的に上昇していきました。尻尾といっても日足や4時間足などのより大きな足と重なっている場合、長期間かけて巨大な尻尾をつくります。ヘタをすると何週間もレンジが続くことがあります。

今日のまとめ

現在のレートがどの波のどの位置なのかを大きな時間足から把握しましょう。複数波のサイズとそれぞれの現在地がわかると、利益が伸ばせる場合とそうでない場合の区別がつくようになりまり、損小利大のトレードができるようになります。取るべき相場でガッツリ利益が取れるというプラスの経験をたくさんするとトレードにストレスがかからなくなります。

■投資のリスクについて■この動画、ブログは、相場について個人の見解を解説したものであり、利益を保証するものではありません。投資をされる場合は、それに関わるリスクを十分ご考慮の上、ご自身でご判断ください。

スポンサードリンク





おすすめトピック

関連記事

    • かにずき
    • 2016年 6月 09日

    拝見させていただきました。

    この心得は他のテクニカルよりも初心者にもやりやすそうなのに出来ていません。
    だから身が取れた経験が全く記憶にありません。
    待つことが出来るよう意識します。

    ありがとうございました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内検索

FX人気口座ランキング
短期売買特化型口座特集
MT4口座特集
システムトレード口座特集

学習ツールと投資関連書籍

フォレックステスター購入
フォレックステスター・導入ガイド
フォレックステスター有料データ購入ガイド
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント
海外FX口座の基礎知識
海外FX口座スペック比較

通貨ペアの相関関係(-100%~+100%)

月別ページ

カテゴリー

シストレ24キャンペーン
FXPLUS
迷晴れBOX