FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を学べるサイト。

menu

迷晴れFX

レジスタンスとサポートの強弱がわかれば、優位性の高いトレードができる。

相場が波をつくるのはレジスタンスとサポートがあるからです。このレジスタンスとサポートの強弱関係がわかれば、トレードを有利にすることが可能になります。

photo credit: P a U L i u S via photopin cc

スポンサードリンク

トレードはレジスタンスとサポートに挟まれたスキマを取る作業。

レジスタンスとサポートには強弱があって、大体は強い方が勝って、弱い方へ抜けていきます。この習性を利用してラインに挟まれたスキマを取っていくのがトレードという作業です。

スキマには上目線、下目線、どっちつかずの3種類があります。

新しいSkitchファイル_080914_112919_AM

上図が1時間足で下降トレンド中だとします。一見するとAが戻り売りポイントになりますが、ここで大切なのはレジスタンスラインとサポートラインの強弱関係です。Aで自信満々にショートできるためにはレジスタンスライン>サポートラインろでなければなりません。もしレジスタンスラインい<サポートラインろなら、Aからのショートは安値更新しないかもしれないので保有できません。

これはよくあるケースですが、1時間足が下降トレンドだとしても4時間足の押し目買い候補に近づいている場合など、レジスタンスラインとサポートラインに挟まれたゾーンが時間足ごとに上下目線が逆になっていて、どっちつかずゾーンになることがあります。はっきりしないのであれば、サポートラインを下抜けたBからのエントリーの方が安全です。逆にレジスタンスラインを上抜ければ短期的な上目線と見ることができます(下降トレンド中なのであくまで戻り目候補まで)

レジスタンスラインやサポートラインはゾーンとして余裕を持って見る。

スクリーンショット_080914_105621_AM

レジスタンスやサポートは実際の相場ではラインでピタリ反応するばかりではないので、ある程度ゾーンとして見た方がいいでしょう。僕の場合、たとえばレジスタンスゾーンBのように強い売りが入り重要な安値を抜いたレートを起点として、終点は波が戻ってきたときに止められそうなレートまで幅を持たせています。レンジ帯ならその上下限でゾーンを引きます。

日足が下目線の状態で、レジスタンスゾーンはサポートゾーンを下に抜いて安値を切り下げました。これで8時間足も下目線になったのでレジスタンスゾーンはかなり強いゾーンになります。相場は一度レジスタンスゾーン(1時間戻り高値付近)を切り上げました。レジスタンスゾーンとレジスタンスからサポートに変化したゾーンに挟まれた場所は攻防の起こるどっちつかずゾーンになります。

エントリーポイントはゾーンを下にブレイクしたらショート(ゾーンBの勝ち)またはゾーンを上抜いてからロング(ゾーンCの勝ち)。相場は長い時間足の方が強いので、売りにバイアスをかけて、ゾーン天井付近からもみ合い覚悟の戻り売りショートでもいいと思います。

エントリーポイントに100%正解はありませんが、ゾーンが切り替わったら、なるべく上からショート、下からロングを意識します。ゾーンのド真ん中の中途半端な位置で入るのはいけません。

今日のまとめ

レジスタンスとサポートが見えてくると相場をゾーンで区切ってみることができます。ゾーンの境界線を意識してトレードできることは波の折り返すポイントを捉えるのと同じことなので、結果として良い位置でエントリーできることになります。

■投資のリスクについて■この動画、ブログは、相場について個人の見解を解説したものであり、利益を保証するものではありません。投資をされる場合は、それに関わるリスクを十分ご考慮の上、ご自身でご判断ください。

スポンサードリンク





おすすめトピック

関連記事

    • 一柳和明
    • 2015年 7月 15日

    迷晴さん、いつも有意義な情報ありがとうございます。
    この動画を今日見なおしたんですが、一つわからないところが有りました。
    文章だと説明しづらいので、図にしてみました。御覧ください。
    https://or2.mobi/index.php?mode=image&file=113295.png
    私はBだと思ってたんですが、今回の迷晴さんのご説明だとAが正しいような気がして、
    ここのところをご説明いただけたら嬉しいです。

      • mayohare-fx
      • 2015年 7月 15日

      僕の考え方はラス戻り高値を抜けたら、目線を上にしています。エントリーに関しては陰線で戻ってきてからがいいと思います。目線変更=即エントリーというわけではないです。

        • 一柳和明
        • 2015年 7月 16日

        あぁ!なるほどですね。
        そういう考え方ですか。
        エントリーする時は押し目とかが必要になりますもんね。
        分かりました、ありがとうございます。

    • かにずき
    • 2016年 6月 09日

    拝見させていただきました。

    レジサポの強弱、わかっているつもりでその場になると考慮出来ていません。
    チャートの背景を読み解き前後関係を理解する。
    心がけます。

    ありがとうございました。

    • 山爺
    • 2017年 1月 04日

    迷晴さん、

    明けましておめでとうございます。
    質問するのは初めてなのですが、1:44あたりで、戻り波に関して目線が下げに変わるのは、20本弱前のローソク足のあたりで、なぜならここからぎゅつと伸びているからとのお話ですが、これは、今までのダウを使った目線の確認方から得られるものなのでしょうか?上げの波を追っていくと、一番上のピンク色の平行線がダウの示す目線の変更ポイントのように思われるのですが。この二つの線の根拠、どう解釈したらよいのでしょうか?宜しくお願いいたします。

      • NoN
      • 2017年 1月 04日

      すいません。

      1:44秒の個所を見たのですがよくわかりません。詳細な内容になると文章では伝わりにくいので、できれば画面をキャプチャーして頂き、注釈を書き加え、「迷晴れボックス」からメールで送っていただけると助かります。

      ただ、2014年の古い動画になると、今の考え方と若干異なることがありますのでご了承下さい。

        • 山爺
        • 2017年 1月 05日

        ありがとうございます。先ほど送らせていただきました。宜しくお願い致します。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

迷晴れ動画アワード2017

サイト内検索

FX人気口座ランキング
短期売買特化型口座特集
MT4口座特集
システムトレード口座特集

学習ツールと投資関連書籍

フォレックステスター購入
フォレックステスター・導入ガイド
フォレックステスター有料データ購入ガイド
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント
海外FX口座の基礎知識
海外FX口座スペック比較

通貨ペアの相関関係(-100%~+100%)

月別ページ

カテゴリー

シストレ24キャンペーン
FXPLUS
迷晴れBOX