FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を学べるサイト。

menu

迷晴れFX

週刊チャートナビ#47(ユーロ円・ユーロドル)相場パズルはチャートパターンや手法だけでは絵にならない。

エントリー手法やチャートパターン、相場パズルのパーツはたくさんあるが、結局、どんな絵が描かれているのかわからなければ、そのパーツを埋め込むところがわからない。

スポンサードリンク

意外に難しいフラッグの取り扱い。

フラッグとは通常、棒上げや棒下げ後に出現する一時的な逆トレンドのことですが、この形はそれ以外にも頻繁に出現します。

棒上げ、棒下げという前提(上位足に指向性がある)があれば教科書通りの動きになることもありますが、そうでない場合には注意が必要です。

とくに1時間以上の時間足同士が戦うエリアでは、フラッグを抜けたからといって素直に動き出すことは少ないものです。

http://mayohare-fx.com/flag-tokucyo/

ユーロ円は135円サポートの攻防が肝でした。

d1

今週の週足はフラッグを下抜けて陰線となりました。後からチャートを見れば、月曜に売って金曜に買い戻せば大儲けだったとなりますが、当然そんなことは結果論なわけです。

今の相場は下から買いと上からの売りが攻防する場所、135円で反発上昇した可能性だってありました。

ただし、高値を切り下げてダブルトップとなっているので、ネックラインとなる133円付近までは落ちるかなといった感触でしたが、結果的に週足レベルで133円をブレイクしてしまいました。

上昇ダウが崩れたことで来週どうなるかといったところですね。

h4

4時間足Aゾーンを御覧ください。フラッグ下限(トレンドライン)を下抜け後の値動きですが、3日間モミ合いました。要するに、それだけ買い圧力がたまっていたということです。

135円を下抜くまでは、どうなるかわからない相場なので、売るにしても買うにしても、上限下限に出来る限り引きつけてからエントリーしないと損切りすることになります。

135円を4時間足がローソク実体抜けしたことで幾分下がりやすくはなりましたが、火曜の日足ローソクは抜けていません。

一旦上昇して戻り売りが入り水曜の日足も結局抜けずじまいとなり、木曜の要人発言をきっかけにブレイク、大きく下落しました。

http://mayohare-fx.com/candletimes-method/

m30

①フラッグ下限から2回売られましたが失敗、3度目の正直で抜ける予兆として青Aのスキマをつくりました。これは買い圧力が弱くなっている証拠。切上げラインをブレイクしてショート。

http://mayohare-fx.com/breakout-method/

②4時間足100ピプス下落に対する戻り売り。30分コマ足の次からショートを狙えます。

また、4時間足が135円でサポートされた事実を受けての逆張りロングも可能です。その様子を動画で解説していますのでよければ御覧ください。

http://mayohare-fx.com/realtrade20150901/

③4時間足100ピプス陰線の戻り売りOR135円からのロングを狙うか判断が別れるところですが、135円を4時間足が実体ブレイクした事実があるので、戻り売りを狙います。

④このラインは下落幅のフィボナッチ61.8%です。135円で逆張りロングした時点で、ここまで戻ってこないかなと思ってましたが、結局、次の日までかかってしまいました。ここも良い戻り売りポイントです。

⑤ここにきてやっと135円を抜けるタイミングが来ました。散々もみ合った後、下落スピードが半端無く、あっという間に100ピプスを超えてました。激しく動いても、上に行かない事実を確かめてのショートです。

⑥4時間足サポートH4-1で一度サポートされましたが、その後レジスタンスされたので、キリアゲラインを抜ければショートできます。

⑦意外にもあっさり133円を抜けましたので、プルバックしたあとショート。

ユーロドル、週足は抜けてないんですよね。

usd1

日足を見ると完全に高値更新してますが、週足を見れば上ヒゲになってます。それだけ月足レジスタンスのパワーが強いわけですね。

日足押し目買いNゾーン(D1-N1)で待ち構えてロングというのが作戦ですが、売りの勢いも軽視できません。

http://mayohare-fx.com/nzone-method/

ush4

橙Aは日足Nゾーンでの浅い押し目候補、ここで4時間足陰線確定したら短期足を見てロングする場所を探します。

橙Bは月足レジスタンスからの戻る売りポイント。

橙Cは日足Nゾーンでの深い押し目候補です。ここも4時間足陰線確定で、次の足から短期足でロングする場所を探します。

us m30

①押し目候補でサポート(守)+キリサゲライン抜け(破)でロング。

②ネックライン上抜け、押してきてロング、これはたいして伸びませんでした。

③逆三尊の右谷ロング。

④⑤キリサゲライン抜け(破)ロング

⑥高値切り下げ、戻り売りが入ると想定して、ネックライン抜けプルバックしてからのショート。

⑦フラッグ下限レジスタンス(守)、キリアゲライン抜け(破)ショート

http://mayohare-fx.com/syuhari-method/

今日のまとめ

上位足の環境認識あってのチャートパターン、手法です。形だけ覚えても、そうなったり、ならなかったりでは、いつまで経っても背中をあずけることができません。チャートパターンや手法は環境認識と合わせてはじめて確率的に用いることができます。

今回のフラッグにしてもしかり、過去チャートでの検証をして、あなたの両眼にその現象を焼き付けることが最高の学びになります。

http://mayohare-fx.com/forex-tester/

◆お断り◆
この動画は教育目的で制作されたものです。相場についての個人の見解を過去のチャートから解説したものであり未来の利益を保証するものではありません。売買取引についての判断は一切行っておりませんので、投資をされる場合は、それに関わるリスクを十分に考慮の上、ご自身でご判断ください。

読者の皆様にとって有意義なコメント欄にするためにご協力をよろしくお願いいたします。記事内容に関するご質問やご意見、有り難い応援メッセージは下のコメント欄をご利用ください、頑張って返信させていただきます。記事内容以外のコメントに関してはお答えできないことがございますのでご了承ください。また、FXとは無関係なコメントに関しては掲載いたしませんのでご了承ください。
※コメントを「読者さまの声」としてブログや動画に掲載させていただくことがございます。

ながらトレードのススメ

ほしいものが、すぐに届くAmazonプライム

は僕も加入してますが、さらに映画見放題のサービスがスタートします。トレードは待つ時間がほとんどです、この機会にいかがですか。

スポンサードリンク





おすすめトピック

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (11)

  1. いつもお世話になっております。
    3か月間のデモトレードから2週間前よりリアルトレードに戻った所です。
    デモでは伸び伸びとPipsが伸ばせる所がリアルですと、やはり中々そうも行かないものですね。
    やはり経験を積むしか無いのでしょうか。プラン通りにやっているのだから、肝を据えるしか無いと分かっていても、心臓ドキドキ、
    息が止まりそうになったりするのです。しかし1種巻目を過ぎた当たりから腹が据わった様です、笑。
    EURJPYのトレードで迷晴れさんが随分と長く粘っていらっしゃるのを見て、アア凄いなあと思いました。

    この2週間の成績は1日負けたのみで、割に自分としては良い成績が残せました。
    この8月中は一か月間、私の住んでいるドイツでのトレードに関するセミナーをインターネットを通して勉強しましたが、
    迷晴れさんのセミナーと共に非常に勉強させて頂きました。
    チャートや相場環境でかなり正確に判断は出来る様になって来たのですが、心理的にマダマダ経験不足だと思っています。
    不利なトレードは素早く逃げ、失敗しても自分を叱らない事。そして上手く行ったらレンジ相場で無い限り、出来る限りPipsを取る事、
    そして上手く行っても喜ばず、淡々と毎日を過ごす事と、肝に銘じる様にしています。
    負けると非常に辛いのですが、そういう風に受け取らない事、そして感情的になったなと思ったら、休憩する事にしています。

    いつもコメントの後に直ぐお返事して頂き本当にありがとうございます。非常に励まされます。これからも宜しくお願い致します。

      • mayohare-fx
      • 2015年 9月 06日

      ドイツから御覧頂いてるんですね!インターネットって凄いです。僕はドイツは行ったことないですが、隣のウィーンには行きました。グリンツィングという郊外の街のホイリゲ(居酒屋)でフルーティなワインを飲みまくった想い出があります。ヨーロッパの街並みは絵になりますね。

    • ショーター
    • 2015年 9月 07日

    いつも動画楽しみに見ています。
    迷晴れさんの動画を全てコンプリートしようと思って現在70%位拝見してます(笑)
    引き続き拝見しようと思っていますがいくつか質問させて下さい。

    私はウィークリー、デイリーのpivotを表示しウィークリー、デイリー、4時間で気になる価格にラインを引き
    トレンドラインも引いてトレードしています。

    迷晴れさんの動画ではPivotやトレンドラインにはあまり触れていませんが
    Pivot、レジサポライン、トレンドライン、MAでは
    重要度としてどのような並びになりますか?

    また、動画内で良く切り下げラインや切り上げラインでのエントリーも紹介されていますが
    このラインも上記の重要度でランク付けするとしたらどこに位置するのでしょうか?

    お手隙の際に迷晴れさんのご意見をお聞かせ下さい。

      • mayohare-fx
      • 2015年 9月 07日

      最も重要視しているのは価格帯(水平線)です。それ以外は補助的に考えてます。週足ピボットは気にしてますが常に意識するものでもないのでたまに見るくらいです。

    • ヒロ
    • 2015年 9月 07日

    お世話になります。初めてコメントを書かせていただきました。最近、迷晴れさんの事を知り動画を見て勉強させて頂いております。わかりやすく丁寧に動画を作成されているので動画更新をいつも楽しみにしています。私のFX歴は1年半ぐらいで最初の頃はインジケーターなどを使って聖杯探しをしていました。ですがある時にインジケーターを使っての聖杯探しよりシンプルにレジスタンス・サポートを使ってのエントリーの方がいいのでは?と思いレジサポを重要視するようになりました。ただトータルでの利益はまだ出ていません。そんな時に迷晴れさんの動画に出会い、その中でインジケーターの聖杯探しではなく、環境認識、レジサポが重要だと動画の中でおっしゃっていましたので、レジサポ重視に自信を持ちました。ありがとうございます。ただしトータルでは利益は出ていませんので、今後、勉強を重ね必ずトータルで利益を出せるようになりたいと考えています。そこでアドバイスを頂きたいのですが、迷晴れさんが作成されている動画の中で、初心者にはこの動画がもっとも大切だという動画をいくつかチョイスして頂きアドバイス頂けると助かります。初めましてで失礼にあたるかも知れませんが、お時間あるときにでも構いませんのでアドバイス頂けると大変うれしく思います。よろしくお願いいたします。まとまらない文章で申し訳ございません。
    それでは失礼いたします。

      • mayohare-fx
      • 2015年 9月 07日

      ご指摘のような動画まとめをつくろうと考え中です。時間がとれなくてすいませんが、暫くおまちください。動画の見方としては3つのMというのを中心にご覧いただけるといいと思います。

        • ヒロ
        • 2015年 9月 07日

        お早い対応に感謝いたします。
        アドバイス通り3つのMを中心に勉強いたします。私のような初心者はFXをどのよに勉強したらいいのかわからずにいる方はたくさんいらっしゃると思いますので、迷晴れさんが「動画初心者講座」を作成されると大変喜ばれると思います。お待ちしております。
        アドバイスありがとうございました。また、よろしくお願いいたします。

    • ゆきち
    • 2015年 9月 08日

    迷晴れさんこんにちは
    初めましてゆきちと申します
    毎週動画観させて頂いています。

    FXを始めたのが8年程前なのですが、半年も経たずに退場しました。
    ダメなパターンの典型で、数冊本を読みテクニカルをあれやこれやと
    こねくりまわして、気付けば資産を溶かしていました。

    またFXをやろうと思った切欠は、簡単に言うと経営してたのですが色々あり倒産
    現状生活が出来なくなったからです。

    1年ほど前から勉強を始めました。
    当時と同じではダメだ!根本的な所から改善しようと思ってた時に
    まよ晴れさんの動画に出会いました。
    手法・考え方が勉強になったのは勿論の事なのですが、
    なによりも、まよ晴れさんと似たような経緯・境遇だったので共感を得ました。

    現在では平行線、チャネル・トレンドラインだけで分析しています。
    それなりにラインを引ける様になったのですが、自分のラインに自信が持てず
    毎度悔しい思いをしています。
    自分では慎重になり過ぎている様に感じてます…

    ちょっと自己紹介が長くなりました。すみません

    お聞きしたい事があります。
    現在MT4で分析し、外為オンラインで取引しているのですが
    チャートのズレは勿論の事、なにより値が大きく違う時があるのです。
    酷い時は30~40pipsの誤差がありそれが数十分継続する事もあります。
    その為タイミングを逃し損をする事が多いです。
    過去動画でも似た内容のものあったのですが、もうそれを踏まえて取引するしかないでしょうか?
    それありきで分析していくしかないでしょうか?

    文書下手で読み難いかもですが、宜しくお願い致します。

      • mayohare-fx
      • 2015年 9月 08日

      MT4でもデータを提供するブローカーによってチャートが異なりますので、外為オンラインの値動きに近いものを試してみてください。

        • ゆきち
        • 2015年 9月 08日

        早々の返信ありがとうございます。
        やはり出来るだけ値動き近いものを探すのが得策ですよね
        現在はMetaQuotesかOANDAのDemoで観ています。
        色々探して試したいと思います。
        取引も今後GMOにしようと思っているので、そちらの方でも色々照らし合わせてみます。

        これからも動画楽しみにしています。

    • かにずき
    • 2016年 7月 09日

    拝見させていただきました。

    大変に勉強になりました。
    あるチャートパターンが出ても、他の時間足では逆の傾向を示しているのではと漠然と考えていました。
    やはり複数時間足で方向感がそろったときなのでしょうか。
    環境認識の奥深さには腰が引けてしまいますが、なるべくシンプルで自分に合った見方が出来るよう研究していきます。

    トレードをしていて上位足を意識することが、少しずつ出来るようになってきました。
    現在の自分の課題は、どの時間足を自分の基軸にするかということです。
    先々のことも考え、あまりにも短期に偏るのもどうかと考えています。
    やはり1時間足かなと思いますが、以外に忙しいと感じていてこの感覚を捨てきれずにいます。

    素晴らしい気付きをありがとうございました。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内検索

FX人気口座ランキング
短期売買特化型口座特集
MT4口座特集
システムトレード口座特集

学習ツールと投資関連書籍

フォレックステスター購入
フォレックステスター・導入ガイド
フォレックステスター有料データ購入ガイド
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント
海外FX口座の基礎知識
海外FX口座スペック比較

通貨ペアの相関関係(-100%~+100%)

月別ページ

カテゴリー

シストレ24キャンペーン
FXPLUS
迷晴れBOX