FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を鍛えるサイト。

menu

迷晴れFX

デイトレでヒヨらなくなる『目線づけ』の方法。/ 週ナビ#317

週刊チャートナビ(2021.01.11~2021.01.15)は、ドル円、ユーロドル、ユーロ円の主要三通貨ペアの一週間を振り返ったチャート考察です。

ドル円

今週の見通し

4時間足に月足+週足ロウソク

共通認識
  • 先週は大陽線
  • 103円+12月安値にサポートされ104円まで買われた。
売り手の材料
  • 高値と安値を切下げていて104.0の戻り目でレジスタンス。
  • 2020安値まで150ピプスの下げ幅がある。
買い手の材料
  • 先週安値頂点の逆三尊の可能性(103.0右肩・104.0ネック)
  • 9週前陽線ハラミ足が継続(陰線終値で抜けてない)

TR上段㊤:12月高値

TR中段:先週高値104.0付近と103.0下の押し安値

TR下段㊦:先週安値

4時間足ベアの視点:先週高値104.0戻り目から103.0を目指して売り。103.0を割ると先週安値を割り込む目がある。

4時間足ブルの視点:①104.0戻り目崩れで12月高値まで買い。②逆三尊狙いで右肩103.0まで売られてサポートされればロング。

今週の値動き

1時間足に月足+週足+日足ロウソク


先週高値+104.0戻り売りのシナリオが崩れ、一段上の19年安値を試してから売られ、高値キリサゲMトップを形成。

毎日の見通し

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

01/11月曜

先週高値104.0付近で戻り目を形成中。

1時間足ベアの視点:104.0戻り売り。先週高値での強い反発があれば木曜終値目安にショート。

1時間足ブルの視点:①104.0戻り目崩れで19年安値までロング、日足CH高値アリ!②高値ネックライン(木曜終値・金曜安値)が定まれば先週高値へロング。

01/12火曜
  • 前日陽線終値が先週高値+104.0の戻り目を更新。
  • 19年安値で強レジスタンス、19年安値裏が天井になるかも、高値掴みに注意。

1時間足ベアの視点:19年安値2番裏天井への買いを受け、104.0までショート。

1時間足ブルの視点:104.0付近サポートから、19年安値2番天井へロング。

01/13水曜

19年安値レジスタンスで50ピプス急落、先週安値発上昇波の38.2%を押した。

1時間足ベアの視点:①天井への試しから前日陰線戻り売り②前日安値割れで先週安値発上昇波の50.0%押し目103.5までショート。

1時間足ブルの視点:先週安値発上昇波38.2%押し目買い。前日安値×1時間足上昇CH安値でのWボトム形成後に天井への試しを先週高値目安にロング。

01/14木曜

先週安値発上昇波の半値押し目でV字反転、104.0まで買われて、4時間SMA21と1時間SMA21に挟まれ攻防中。

1時間足ベアの視点:①104.0への2回目の上値試しから戻り売り。②火曜陰線終値付近の押し目崩れ(ブルベア攻防決着)で、先週安値発上昇波の半値押し目103.5までショート。

1時間足ブルの視点:先週安値発上昇波の半値押し目103.5への2回目の試しでロング、手前の金曜安値から反転する可能性アリ。

01/15金曜
  • 104.0では上げ止まらずに先週高値を試してから先週安値発上昇波半値押し目103.5を試す動きになった。
  • 先週高値と半値押し目103.5の攻防。

1時間足ベアの視点:104.0への上値試しからショート。

1時間足ブルの視点:103.5への下値試しからロング。

毎日の値動き
15分足に週足+日足+4時間足ロウソク

01/11月曜

東京時間、4時間足終値が先週高値を上抜いたが、日足CH高値でのMトップ可能性から静観。

NY初動、日足CH高値を上抜いたが、19年安値までの値幅がなく見送り、その後も、高値掴みリスクからノーポジ。

01/12火曜

東京時間、前日高値への上値試しが高値を切り下げたが、先週高値までの値幅がなく黄1ショートは見送り。

NY時間、赤1ダマシ高値をサインにショート、15分CH安値抜けを確認後、逆指値を売れて就寝、翌朝、1時間上昇CH安値でアウト。

01/13水曜

東京時間、前日安値(先週安値発38.2%押し目)×1時間上昇CH安値の押し目崩れで赤1ショート、先週安値発上昇波半値押し目手前でアウトしてWボトム待ち。

欧州初動、Wボトムにならず安値キリアゲ、黄1ロングは戻り高値目前で見送り。

NY時間は4時間SMA21×104.0レジと1時間SMA21サポの攻防タイム入りでノーポジ。

01/14木曜

東京時間、104.0を上抜き先週高値を強襲、黄高値反発が先週高値レジスタンスの強さを示唆した。

ロンドン時間は先週高値Mトップ待ち。

NY時間、Mm2番天井で赤1戻り売り、5分足-1σバンドウォーク、5分足戻り高値に逆指値して先週先週金曜でOCOアウト。

01/15金曜

東京・ロンドン時間は103.5への下値試し待ち。

NY初動103.5手前の先週金曜安値反発で青1ロング、前日の急落618%戻り目×4時間SMA21でアウト。

ユーロドル

今週の見通し

4時間足に月足+週足ロウソク

共通認識
  • 2020年高値にレジスタンスされ先週は陰線コマ足。
  • 4週前ハラミ足継続。
売り手の材料

2020高値レジ+4時間上昇CH安値割れ。

買い手の材料

4時間上昇CHを割ったが、4週前ハラミ安値割れまで上昇トレンド継続中との見方もできる。

TR上段㊤:1.240

TR中段:2020高値と先週安値

TR下段㊦:4週前ハラミ安値

4時間足ベアの視点:2020高値レジを根拠に、4週前ハラミ安値を目指して売り。

4時間足ブルの視点:上昇トレンド押し目買い。先週安値×日足SMA21、または、4週前ハラミ安値が押し目候補。

今週の値動き

1時間足に月足+週足+日足ロウソク


11日月曜陰線が先週安値を更新、4週前ハラミ安値まで売られてWボトムを形成しかけたが、15日陰線がこれを崩した。

毎日の見通し

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

01/11月曜

4時間CH安値レジと先週安値1.220サポの攻防とみる。

1時間足ベアの視点:①金曜陰線戻り売り。1時間SMA21が候補で1.220まで。②先週安値サポ崩れで1.215まで戻り売り。

1時間足ブルの視点:先週安値1.220付近で底値を固めて1時間SMA21を上抜けば1時間CH高値を目安にロング。

01/12火曜
  • 前日陰線終値が先週安値を更新、4週前ハラミ安値まで売られた。
  • 4週前ハラミ安値に底値圏を形成する前提で、安値掴みに注意。

1時間足ベアの視点:前日陰線、Nボックス(Wネック候補1.217)から4週前ハラミ安値2番底への戻り売り。

1時間足ブルの視点:4週前ハラミ安値2番底への戻り売りを受け1.217Wネックまでロング。

01/13水曜
  • 4週前ハラミ安値サポートから先週高値発下降波の38.2%を戻した。
  • 前日陽線終値が1時間足ラス戻り高値を更新。

1時間足ベアの視点:先週高値発下降波38.2%戻り売り。前日高値でのMトップ形成後に底値試しのショート。

1時間足ブルの視点:①Wネックへの底値試しから前日陽線押し目買い。②前日高値上抜けば1.225付近の先週高値発下降波半値までロング。

01/14木曜

1.215まで売られて2番底形成中。

1時間足ベアの視点:安値圏なので下値追いは避ける。前日高値付近まで買われるか、4週前ハラミ安値割れでショートを検討。

1時間足ブルの視点:1.215付近で2番底形成後、前日高値Wネックを目指してロング。4週前ハラミ安値へのスパイクに注意!

01/15金曜
  • 4週前ハラミ安値を試してスパイクしたが直近高値を越えられなかった。
  • 前日終値は1.215でサポート。

1時間足ベアの視点:安値圏なので下値追いは避ける。水曜高値ネックや先週安値まで買われればショートを検討する。②4週前ハラミ安値割れでショート。

1時間足ブルの視点:1.215から4週前ハラミ安値のサポートから水曜高値ネックを目指してロング、途中、先週安値アリ。

毎日の値動き

15分足に週足+日足+4時間足ロウソク

01/11月曜

東京時間、4時間足終値が先週安値を更新後、戻り待ち。

ロンドン初動、先週安値裏で赤1戻り売り、NY初動前の1.215ミニWボトムでアウト。

01/12火曜

ロンドン初動、1.217ネックでの黄1反発を受けてのショートはキリ番まで下げ幅がなく見送り、底から買うことにした。

NY時間、青1ダマシ安値をサインにロング、翌朝、4時間SMA21でアウト。

01/13水曜

東京時間、前日高値を4時間足終値が上抜いたが日足SMA21タッチでロングは見送って戻り売り準備。

ロンドン初動、赤1ダマシ高値をサインにMトップ2番から戻り売り(失敗すれば半値戻り目までロング)、15分SMA21の上抜け後の売りを受けてからアウト。

NY時間は1.215での2番底形成タイムになってノーポジ。

01/14木曜

東京時間、4週前ハラミ安値での底値固め待ち。

ロンドン初動、ミニWボトム2番底での黄1ロングは1時間SMA21目前で見送り、その後、戻り売りされたが下値追いになるので静観。

スポンサーリンク

NY時間、4週前ハラミ安値スパイク狙い、5分SMA21上抜けで青1ロング、ロンドン時間高値でOCOアウト。

01/15金曜

東京・ロンドン時間は4週前ハラミ安値でサポート待ち。

NY初動、4週前ハラミ安値崩れから赤1戻り売り、深夜なので片波でアウト。

ユーロ円

今週の見通し

4時間足に月足+週足ロウソク

共通認識
  • 先週の陽線は2020高値でレジスタンス。
  • 4週前ハラミ足が継続中。
売り手の材料

2020高値に天井を形成、週足終値ベースで未更新。

買い手の材料

4時間上昇CH内で高値・安値を更新中。

TR上段㊤:128.0

TR中段:2020高値と先週安値126.0

TR下段㊦:10月高値125.0

4時間足ベアの視点:①2020高値レジを根拠に先週高値から先週安値まで売り。②4週前ハラミ安値崩れで125.0まで売り。③128.0まで買われれば売りを検討。

4時間足ブルの視点:①先週高値ブレイクで128.0まで買い。②先週安値、または、4時間上昇CH安値サポートで押し目買い。4週前ハラミ安値へのスパイクに注意!③125.0まで売られれば買いを検討。

今週の値動き

1時間足に月足+週足+日足ロウソク


2020高値での売り圧力が強く、先週高値から先週安値126.0まで売られて高値キリアゲMトップを形成。15日金曜はユロドルに釣らてか4週前ハラミ安値を割り込んだ。

毎日の見通し

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

01/11月曜
  • 先週安値と2020高値も絡んでの先週高値のブルベア攻防。
  • 2020高値を更新済とみるか否かで解釈が分かれる。

1時間足ベアの視点:①2020高値レジスタンスを根拠に127.0×1時間SMA21反発でショート。②金曜安値崩れで126.5までショート。

1時間足ブルの視点:金曜安値サポートからの1時間SMA21上抜けで2020高値までロング。

01/12火曜

先週安値と2020高値も絡んでの先週高値のブルベア攻防。

1時間足ベアの視点:1265.5付近の押し目崩れで先週安値を目安にショート。

1時間足ブルの視点:126.5付近で押し目買い、11日高値127.0まで狙う。

01/13水曜
  • 先週安値と2020高値も絡んでの先週高値のブルベア攻防。
  • 前日はドル円売り選好、ユロドル買い選好、このまま逆相関が続けばユロ円はトレードに適さない。

1時間足ベアの視点:1265.5付近の押し目崩れで先週安値を目安にショート。

1時間足ブルの視点:126.5付近から押し目買い11日高値127.0まで狙う。

01/14木曜

126.5を崩したが先週安値126.0には未到達。

1時間足ベアの視点:126.5への戻りを待って先週安値126.0まで売り、4時間上昇CH安値の反発に注意!

1時間足ブルの視点:4時間上昇CH安値付近Wボトムで押し目買い、先週安値126.0へのスパイクに注意!

01/15金曜

先週安値126.0まで売られた。4時間上昇CH安値を割ったが、前陰線日終値は先週安値126.0でサポート。

1時間足ベアの視点:4時間CH安値反発からの先週安値126.0割れで4週前ハラミ安値までショート。前日高値126.5まで買われると4時間CH安値がサポート役になるかも。

1時間足ブルの視点:①先週安値への2回目の試しから前日高値126.5までロング。②4週前ハラミ安値まで売られればスパイク狙いでロング。

毎日の値動き

15分足に週足+日足+4時間足ロウソク

01/11月曜

東京時間、金曜安値でのアクションを静観。

ロンドン初動、127.0×1時間SMA21反発で赤1戻り売り、金曜安値を更新、NY時間のWボトムでアウト。

01/12火曜

ドル円は天井圏、ユロドルは底値圏ということでユロ円はノーポジション。

01/13水曜

NY時間前に黄1で押し目126.5を割り込んだものの、ドル円とユロドルの動きが止まっていたのでノーポジション。

01/14木曜

東京時間、126.5への戻り待ち。

ロンドン時間、126.5への2回目の試しで赤1戻り売り、4時間CH安値を割り込み、先週安値126.0でアウト。

01/15金曜

ロンドン初動、前日安値+先週安値126.0ブレイクで抜けの一波を赤1ショート、4週前ハラミ安値でアウト。

NY時間、4週前ハラミ安値を下抜いたが、ドル円・ユロドルの逆モメンタムでノーポジ。

今週の視点

目線は心のサポートラインです。

目線がブレれば心がブレ、トレードもブレブレになります。

目線が定まらないと、目先の値動に誘われてミスをします。

しかしながら、4時間足チャートでは下目線。1時間足チャートでは上目線、15分足では下目線、なんてことはザラなので、どの目線が正解なの?どれかひとつを選べない!なんて嘆きが聞こえてきます。

結論!目線に唯一の答えはなく、そもそも、波のサイズで目線は変わるものです。

5分足の目線はコロコロ変わりますが、4時間足の目線ならそうそう変わりません。

だから、目線は上か下かではなく、

ここから、ここまで下目線。

ここから、ここまで上目線。

ただの目線ではなく「限定目線」です。

特に「ここまで」がわかることで、安心・安全のトレードができます。

実際、目線は波のサイズで変わるものなので、この方が合理的です。

今回は、MTF分析にまだまだ慣れてない方のために、初心者でも目線づけに迷わない簡単な方法をご紹介します。

4時間足

まず、4時間足チャートを分析します。

安値Bをオレンジ2(オレンジ1はアンダーシュート)で下抜いたことで、高値Aから安値Cの下降波がメインストリームになりました。

このメインストリーム支配下において、高値Aを上抜くまで下目線です。

いやいや、ラス戻り高値Dを上抜けているから上目線ではないか?

勿論、それはそれで正しいのですが、それはメインストリームよりも小さな波においてで、今週はメインストリームの半値戻しの戻り売り候補でした。

安値Cの抜け方が浅いしV字で急騰したので、高値Aまでいくかもしれませんが、今週のなかでは、そこまで考えなくてもいいでしょう。

今週、月曜日に反転候補とした先週高値を上抜きましたが、それでも下目線です。

メインストリームの戻り売り候補なので、先週高値を上抜いたからといって、すぐに上目線にするのは間違いの素です。

15分足

今週のロングは、このメインストリームに逆らったトレードになります。

だから、15日青1ロングもショート組がいるところまでの「限定ロング」という認識です。

今週は結果的にメインストリームに沿ったショートがメインになりました。

13日黄1ロングをしていれば104.0に届きましたが、それは結果論で手前で戻り売られたかもしれません。

ここから、ここまで上目線。

というロングになります。

ちなみに、14日の先週高値抜け、黄高値に飛びついてませんか?

このロングはメインストリームを把握していればやらないはずです。

4時間足

メインストリームは1.160から長く続く上昇波で、1.160を割るまで上目線ですが、2020高値にレジされ今週は天井部という認識でした。

ドル円の半値戻しとは違い、2020高値を強い節目とすれば「ここから、ここまで下目線」で、メインストリームの適当な押し目候補までショートできます。

15分足

メインストリームに沿うならロングが順張りになりますが、天井圏はそもそもレンジになるので、2020高値を根拠に逆張りショートもやってます。

14日4週前ハラミ安値を使ったスパイク狙いのロングはメインストリームに沿った順張りになります。

結果的に、4週前ハラミ安値付近のWボトムが金曜日に崩れましたが、相場はテクニカル以外、ファンダメンタル要素でも動くものです。

まとめると、目線づけは上か下かではなく、どこからどこまで上、どこからどこまで下、という見方ができないと、片手落ちでヒヨりますが、「どこまで」の目星がつくと、そのまま利益確定ポイントにもなります。

デイトレなら4時間足と1時間足を確認すれば、ほぼわかると思います。

4時間足のメインストリームを支配するのは日足以上のメインストリームなので、もし、4時間足でわからなければ日足を確認してみてください。

あわせて読みたい5つの関連記事







◆お断り◆
この動画は「学習」を目的に制作されたものです。個人の見解を過去のチャートから解説したものであり、未来を予想したり、利益を保証するものではありません。

記事へのレビューやご意見はコメント欄をご利用ください。コメントを「読者さまの声」としてブログや動画に掲載させていただくことがございます。

◆著作権について◆
当サイトは無料でご覧頂けますが、著作権は放棄しておりません。動画等のコンテンツを営利目的でお使い頂くことはできません。

詳細はご利用についてをご覧ください。



こちらの記事もあわせてご覧ください

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (19)

    • H
    • 2021年 1月 16日

    いつも素敵な動画をありがとうございます。動画の最後に今週の関連動画のリンクが貼られていると思うのですが、youtubeから視聴する場合にはしっかりと関連動画の紹介が見えるのですが、ブログページから動画を視聴するとなぜか最後の関連動画の紹介部分が空白になってしまっています。いつもブログ記事の方から動画は視聴させていただいていたのですが、最後の画面がいつも空白のままで不思議に思っていたのですがブログの記事の最後に関連記事が紹介されているのでそういう仕様なのかな?と思っていました。しかし、先日たまたまyoutubeのプラットホームから視聴した際に、今週の関連動画の場所にしっかりと映っていたのを見て、あやっぱり!となりました。自分のパソコンが悪いのかな?と思いスマホからブログに飛んで確認した所やはり最後の場面が空白のままとなっていました。意味わかりますでしょうか?(;^_^A

    今回は動画の内容ではないのですが、取り急ぎ報告させていただきました。

      • NoN
      • 2021年 1月 17日

      その件、長らく放置してました(^_-)-☆只今、「三大通貨2021年レンジ予想」より前の数本分を修正してみました。おそらくPC画面でも表示されてるはず…ちなみにスマホでブログを開いて動画を視聴する場合、やはり表示されません(汗)まぁ、そういう見方をする人は少なかろうかと思います。ワードプレスでブログを書いていますが、そろそろ大幅リューアルが必要かもしれません。知識が乏しいのでぶっ壊れないかと恐れてます。

    • 松田隆幸
    • 2021年 1月 17日

    昨年プロのトレーダーから半年間のご指導を頂いて、最近ようやく勝てるようになって来ました。
    実はこちらのブログには四年ぐらい前に出会っていましたが、当時のワタシにはその内容の深さが理解出来ませんでした。
    自分で言うのはためらいもありますが、今現在成長途上にあるワタシが改めてこちらのブログに再会して一言「素晴らしい」と思いました。
    最初から勉強させて頂きます。
    有り難うございました。

      • NoN
      • 2021年 1月 17日

      光栄です!最初は固いが、噛めば噛むほど味の出る「スルメ動画」を目指します(^_-)-☆

    • 猫チャギラ
    • 2021年 1月 17日

    いつもご教授頂きありがとうございます。目線付けのお話がありましたが大局ではドル円は下、ユーロドルは上と自分も見ていますが共に調整局面に入っていると見てます。ドル円の方は日足が20smaに乗り上げてきており、4時間では今週の最後は足場を作って上に抜けたようにも見えます。ただしそれでもまだ木曜日の4時間足の大きい陰線のハラミにあるので売りも買い見ていける環境にあると思ってます。はっきり決着がつくまで様子見の選択もあるとは思いますが日足、4時間足となると時間がかかりすぎるかもしれません。1時間足に落として抜いて確認した次の足を狙うとか、直近にできた大きめのハラミを利用するなどの工夫も必要かと思います。いずれにせよ場当たり的な思いつきや値頃感で飛びついて短期的な動きに振らされないようにはしたいです。

      • NoN
      • 2021年 1月 17日

      おっしゃるように、中長期足での戻り目・押し目形成には時間がかかります。対局を把握しておかないと負けまくる状況ですね。

    • じゃり
    • 2021年 1月 17日

    迷晴れさん!だいぶ申し遅れましたが、昨年は大変お世話になりました!
    今年もよろしくおねがいいたします。

    豪雪地帯なので雪かきに追われる日々です。
    迷晴れさんもお体にお気を付けくださいませ。

      • NoN
      • 2021年 1月 17日

      雪、日本海側はヤバイらしいですね。本年もよろしくお願いします。

    • 別件バウアー
    • 2021年 1月 17日

    お世話になっております。

    今回のお話、どこまで行くかという目星はとても大切だと感じます。目線はこっちだから、こっちに抜けそうだから予めその方向にポジションをとっておく。相場勘の無い人がこれをやると負けまくります。大波を狙い自分の決断に従う、と言えば聞こえは良いですが勝ててない人にとってはそれは傲慢な行為です。
    この事に気付くまで割と時間がかかったのですが決着点を見極めるにはまだもう少しかかりそうです。
    デイトレではこのような「傲慢」を取り除いて望むことが値動きを観察する上で最初の条件だと思っています。nonさんの仰るバイアスでしょうか。
    傲慢な人はそれが傲慢だと気付いていないのだと思います。
    少なくともその瞬間には正しいと疑っていません。何故なら傲慢だからです。しかし想定に陰りが見えてくると都合の良い事実を拾い集め傲慢をプライドに脳内変換します。
    傲慢と矜持を履き違えないようにしたいものです。

    僕はというと、、口だけなのでまだまだ「傲慢」なのですが。

      • NoN
      • 2021年 1月 17日

      マインドセットとして「チャートのなりたいカタチはなんだろう?」って考え、「我」を持たないように心がけてます。コレいつか動画にしようと思います(^_-)-☆

    • MATSU
    • 2021年 1月 17日

    いつも動画をアップして下さりありがとうございます。
    動画で説明をしてくださった「目線づけ」の内容に関してですが、
    MTF分析をどのように行い、目線づけをどのようにつけるかを実践で示してくださり、
    より理解を深めることができました。
    あのご説明を100%理解出来ないうちは、「マヨハレ完全シンクロ」のトレードは絶対不可ですね。
    分かったような気になっていた一昔前の自分に伝えてあげたい思いです。

    今週は負け越すことなく終えられました。
    ポジションを取るときは、切る場所は明確、
    そしてどのような結果になっても、勝っても負けても原因分析ができますので、
    納得解にたどり着けます。
    週ナビでも答え合わせをさせてもらえます。

    動画アップして下さることを当たり前と思わず、トレードを継続していきたいと思います。

    ———-

    以下、例えばですが、

    間もなく緊急放送が開始され(日本ではありません)、個人的にはとんでも無いと思われる事が明らかになってきます。

    政治的なことは置いておいて、トレーダーとしては下記が気になります。

    共和国になり、
    F*Bが財務省に吸収
    虎ドル(仮名)金準備制 現ドル:虎ドル=1:X
    現時点でXは不明

    仮に将来、公式的にこのような状況になった際は、
    トレーダーが影響を受け、変革しなければならないことなど、
    マヨハレ様のご見解を教えて下されば幸いです。

    宜しくお願い致します。

      • NoN
      • 2021年 1月 17日

      納得解に到達した件、素晴らしいです!世界の裏と表がひっくり返ったら…ひとついえることは、それでもボクはきっと背景と事実に基づき動くだろうと思います。

    • ノーマ
    • 2021年 1月 17日

    迷晴れ様

    いつも勉強になる動画配信ありがとうございます。

    今年出だしから大きくつまずき既に100pipsあまりの損失となってしまいました。
    本当に売買を逆に行えば天才トレーダーになれそうです。
    俯瞰からチャートを眺めているつもりがついつい近視眼になっているかもしれません。
    損切りを浅く設定するとすぐ引っ掛かり、かといって大きくとると大きな損失を抱えてしまう…

    今週のチャートナビ、4時間足で波の流れを把握することを意識してやってみようと思います。

      • NoN
      • 2021年 1月 17日

      今年の厄を落としましたね(^_-)-☆週ナビでもそうしてますが、4時間足や日足で、相場全体の流れを把握しておくのは近視眼予防におすすめですよ。

    • たいざん
    • 2021年 1月 17日

    今回も内容の濃い動画ありがとうございます。

    火曜日のドル円なのですが、黄1ではショートを見送っていますが、赤1ではエントリーしていると思います。
    直下に先週高値があるという点では同じなのですが、赤1でショートされた理由は何でしょうか?

    やはりNY時間ということで、抜け期待という判断でしょうか?

      • NoN
      • 2021年 1月 18日

      黄1ショートを見送ったのは、先週高値サポ+1時間-1σサポ+黄1がMmトップ2番目のm1番天井との見立てだったこと。赤1ショートを執行したのは、時刻的な抜け期待+直前の値動き。黄1ショートも間違いではないと思います。

        • たいざん
        • 2021年 1月 19日

        なるほど!波のイメージのとらえ方が少し異なっていたようです。
        どちらも正解という気がしますが、時間帯を考えると赤1ショートがより優位かなという感じですね!

    • たぁた
    • 2021年 1月 18日

    いつもお世話になってます!

    ドル円。先週末に見通しを立てていた時、4時間足がこ形で大きく動くかな?もう少し塊を作るんじゃないかな?
    と考えて引いたTRが迷晴れさんとほぼ同じで嬉しかったです(*^-^*)

    今週もがんばります。
    今回も動画をありがとうございましたm(__)m

      • NoN
      • 2021年 1月 18日

      おつかれさまです!見立てが似てきましたね(^_-)-☆今週もがんばります。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

神回バナー

サイト内検索

FX人気口座ランキング
海外FX口座の基礎知識
海外FX口座スペック比較

トレード効率化

オリジナルインジケーター販売所
オリジナル・インジケーター動画・記事まとめ
トレード効率化ラボ

特化型FX国内口座開設

短期売買特化型口座特集
MT4口座特集
システムトレード口座特集

学習ツールと投資関連書籍

フォレックステスター購入
フォレックステスター・導入ガイド
フォレックステスター・データ購入ガイド
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント

あなたの負けトレードを徹底解説!

迷晴れボックス

月別ページ

カテゴリー

シストレ24キャンペーン
FXPLUS
★☆ForexTester5新発売!☆★アップグレード版¥4,999・通常版¥16,000のプライスダウン詳しくはこちら