FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を鍛えるサイト。

menu

迷晴れFX

【週ナビ#259】期待値を上手に下げればうまくいく。

週刊チャートナビ(2019.11.04~2019.11.08)は、ドル円、ユーロドル、ユーロ円の主要三通貨ペアの一週間を振り返ったチャート考察です。

今週の視点

1時間足

5日陽線は当初のシナリオにはなく、上がるにしても下値を試してからと思ってた。7日の先週高値ブレイクもチャートからは想定しなかった。

おそらく米中貿易戦争が休戦した件によるところだと思う。

1時間足

おそらく、5日急落の中身は、買いポジの解放によるもの。

先週高値を目指すパワーがなければ、先週高値付近の買いポジを保有しているトレーダーは逃げないとマズい。

そこに米ドルに有利なファンダ要因と新規売りポジが重なって急落したのだろうか。

売り手シナリオ・買い手シナリオ・神のみぞ知る神秘のシナリオ。

高確率の値動きを推測してるだけで、我々は、予言者でも何でもない。

意識して学べば誰でもできるようになるのは、視聴者の方も証明してる。

むしろ、シナリオ以外の動きになったときに、その神秘をどう受け入れて動きかが大事だ。

ドル円

日足

4時間足に月足+週足ロウソク

今週の見通し

状況:

売り手材料:①日足レベルのラス戻り高値+8月高値+手前に109円②4月高値下降波61.8%戻り目③109天井ネック割れからの戻り売り。

買い手材料:①日足レベルのラス戻り高値8月高値への2回目の上値試し②日足CHで上昇トレンド中。

TR上段㊤:110.0

TR中段:先週高安

TR下段㊦:107.0

売り手目線:109円への上値試しから107.5まで戻り売られるシナリオ、先週安値を注視。

買い手目線:日足CH内押し目買い、押し目候補は先週安値、又は、107.5。109円にワンサイズ大きなWトップをつくるシナリオ。

今週の値動き:想定外の動きをした。

緑〇からショートされず、米中貿易戦争休戦のニュースで先週高値まで一直線に上昇したが、週足終値が日足ラス戻り高値をブレイクするパワーはなかった。

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

今週の流れと節目

5日火曜の陽線は陰線になってもおかしくなかった。日足ラス戻り高値を前提に、先週金曜安値試しの動き、あるいは、先週安値を抜くのを想定したが、結果は、そのまま上昇を続けて先週高値に到達。

これは、米中貿易戦争休戦のニュースによって米ドルが買われたもの。

ファンダ要因で想定が崩れることはよくあるが、何が起こるかわからないから、何も想定しないのは間違いだ。

15分足に週足+日足+4時間足ロウソク

Nov.04 Mon.

状況:木曜大陰線戻り売り局面。109円高値ネックはすでに割ってる。

売り手目線:金曜高値+木曜陰線38.2%戻り目から先週安値への下値試しショート。108.0サポート注意。

買い手目線:108円での安値キリアゲで108.5までロング。

月曜日の値動き:先週木曜陰線戻り売り崩れで、売りNゾーンまで上昇。

欧州初動、青1金曜高値(木曜陰線38.2%戻り目)ブレイク、木曜陰線の戻り売り崩れでロング、木曜陰線の売りN安値でアウト。

Nov.05 The.

状況:先週木曜陰線38.2%戻り目の崩れから、売りN安値まで上昇。109.0ネックでの戻り売りが崩れれば、109.0を上抜く確率アップ。

売り手目線:109.0子ネックから戻り売りセットアップを待ってショート。

買い手目線:①前日陽線押し目買い、前日高値への試しをロング、Nゾーン高値を抜けば109.0を目安に利延ばし。

火曜日の値動き:109円を前日終値がブレイク。

東京時間、4時間足陽線終値が前日高値をブレイク、欧州初動の下値試しを待つも、そのまま高安を更新。

NY時間、青1キリアゲラインへのプルバックでロング、109.0ブレイク、先週高値手前の強反発でアウト。

Nov.06 Wed.

状況:米中貿易戦争が収束にむかってドル高、109円をブレイクして先週高値に到達。

売り手目線:前日陽線あや押し、先週高値反発で仮ネック109.0までショート。

買い手目線:前日陽線押し目買い、109.0付近サポートでロング、先週高値を更新すれば109.5まで利延ばし。

水曜日の値動き:押し目買いは失速、一段下の押し安値まで下落。

東京時間、赤1先週高値への試しで109.0までショート。

黄1のミニWボトム・ロングは、サポートに確信が持てず、欧州時間に、もう一山待つことにした。

NY時間、底値を固めから青1ロング、ネックライン手前でモミ合って撤退、一段下の安値まで下がった。

Nov.07 Thu.

状況:一段下の強者の安値108.8まで下落。

売り手目線:①強者の安値抜けで108.5目安にショート②先週高値を試せばショート。

買い手目線:強者の安値への2回目サポートで先週高値試しをロング。

木曜日の値動き:先週安値上昇波38.2%押し目買いで先週高値を更新。

東京時間、赤1強者の安値下抜けでショート、108.5まで届かなかったので、欧州初動の急騰を警戒して撤退。

欧州初動、108.5スパイクを期待するも、強者の安値直下のブロックを上抜き返したので、青1ロング、先週高値手前モミでアウトしたが、さらに上昇した。

Nov.08 Fri.

状況:前日陽線高値は先週高値を更新、終値はレジスタンス。達成感のあるレートなので109.5はブレイクできそうにない。

売り手目線:109.5前日高値への上値試しから前日陽線のあや押しをショート。

買い手目線:前日陽線押し目(前日終値・半値・109.0)買い、前日高値ネックレジに注意、109.5を上抜ければ日足CH高値まで利延ばし。

金曜日の値動き:109.5更新できずWトップで週を閉じる。

東京、欧州時間、前日高値へのロングはタイミングが合わず見送り。

NY初動、前日高値Wトップで赤1ショート、前日陽線半値押し+ネックラインの下ヒゲでアウト。

ユーロドル

日足

4時間足に月足+週足ロウソク

今週の見通し

状況:

売り手材料:①6月高値からの戻り目にWトップ出現②先週高値を上抜けても1.120+6月高値61.8%戻しから売られるかも。

買い手材料:①9月高値更新で上目線。

TR上段㊤:8月高値

TR中段:1.120+6月高値から61.8%戻し~先週安値ネックライン

TR下段㊦:1.1000付近、10月第三週足安値。

売り手目線:先週高値Wトップから先週安値ネックまでの売りシナリオ。1.120へのスパイクに気をつける。

買い手目線:先週高値Wトップ崩れのシナリオ。

今週の値動き:先週高値でWトップ完成後、先週安値ネックをブレイク、10月陽線半値押し付近まで下落。

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

今週の流れと節目

5日火曜の値動きが分水嶺になった。

先週高値子ネック付近での戻り売り成功が今週一番のチャートポイント。今週は、5日陰線、先週安値までの下落がとれれば、まずまずだと思う。

5日陰線終値が先週安値親ネックでサポートされ、ここで一旦反転かと思いきや、7日に6日高値を試す動きは、なかなかトリッキーだった。

15分足に週足+日足+4時間足ロウソク

Nov.04 Mon.

状況:先週木曜ハラミ足40ピプスのレンジ。

売り手目線:①先週高値の反発で金曜安値(先週高値子ネック)までショート、下抜けば9月高値まで②1.120強襲でカウンター。

スポンサーリンク

買い手目線:①1.115サポで先週高値までロングは値幅がない②金曜安値を強襲すればカウンター。

月曜日の値動き:先週高値への上値試しから金曜安値(高値子ネック)まで下落。

欧州初動、赤1先週高値への2回目の上値試しでショート、急落、1.115でアウト。

NY時間、1.115モミ抜けで赤2ショート、翌朝アウト。

Nov.05 The.

状況:天井圏を形成中、先週高値子ネック+先週陽線半値押しまで下落。

売り手目線:前日陰線戻り売り①このまま前日安値を下抜けば1.110までショート②1.115付近で戻り売り。

買い手目線:前日陰線あや戻し

火曜日の値動き:先週高値子ネックをブレイク、先週安値親ネックまで急落。

東京時間、子ネックをブレイクしたが、長い下ヒゲをみて欧州時間待ち。

欧州初動、上値試しから赤1キリアゲ抜けショート、1.110ブレイク、先週安値+親ネックでアウト。

Nov.06 Wed.

状況:米中貿易戦争が収束にむかってドル高、先週高値子ネックを割り、先週安値親ネックまで下落。

売り手目線:前日陰線戻り売り。①このまま前日安値をブレイクすれば1.105までショート、これを抜けば、10月陽線半値押しまで利延ばし②前日陰線38.2%から50%(1.110)で戻り売り。

買い手目線:①前日陰線あや戻し、前日安値サポートで38.2%から50%(1.110)までロング②このまま前日安値をブレイクすれば1番底から利食い狙いのロング。

水曜日の値動き:火曜陰線38.2%戻り売り、日足終値が先週安値を更新。

東京時間、青1高安キリアゲでロング、火曜陰線38.2%戻り目Wトップでアウト。

NY時間、赤1Wトップ2番天井で火曜陰線戻り売り、利益を確保してホールド、10月陽線半値押しまで狙うも翌朝に利確。

Nov.07 Thu.

状況:前日終値が先週安値を更新。

売り手目線:先週安値反発からの前日安値ブレイクで、10月陽線半値押しまでショート。

買い手目線:前日安値サポート確認後に1.110目安にロング

木曜日の値動き:前日安値ダマシ安値から深く戻して戻り売り。

東京時間、先週安値下のブロック下抜けで赤1ショート、10月陽線半値押しまでの下げを期待したが、安値キリアゲて撤退。先週安値を上抜き返したことで、先週安値更新がフェイクになる疑いがあるので静観。

NY初動、前日高値レジスタンスから赤2キリアゲ抜けショート、10月陽線半値押し手前のWボトムでアウト。

Nov.08 Fri.

状況:先週安値を前日終値が完全更新。

売り手目線:前日陰線Nゾーン戻り売り、10月陽線半値押しまでショート。

買い手目線:10月陽線半値押し1番底から利確狙いのロング。

金曜日の値動き:1.105戻り売りで10月陽線半値押しをブレイク。

東京時間、1.105で上値の重い展開。

欧州時間、赤1東京安値ブレイクからのプルバックでショート、10月陽線半値押しをブレイク、下値が重くなってアウト。

ユーロ円

4時間足に月足+週足ロウソク

今週の見通し

状況:

売り手材料:①4月高値から半値戻り目にて天井形成②日足チャートWボトムへの底値試し

買い手材料:①日足チャートWボトムへの底値試しから上昇3波ロング。

TR上段㊤:122.5+4月高値61.8%戻り目

TR中段:4月高値から半値戻り目(先週高値)~120.0日足チャートWボトムネック。

TR下段㊦:119.0+10月安値から61.8%押し目、買いNゾーン。

売り手目線:4月高値半値戻り売りシナリオ。先週高値レジスタンスを背に、10月陽線の押し目候補TR下段目安に売り。

買い手目線:①121.5天井崩れシナリオ。先週高値をブレイクすれば122.5+4月高値61.8%戻り目まで買い②10月安値上昇押し目買いシナリオ、押し目候補はTR下段。

今週の値動き:今週はドル高の影響でユロ円の値動きは天井圏内に限定された。

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

今週の流れと節目

121.5+4月高値半値戻り目を頭に先週安値の間の天井圏を推移。

ユロ円に方向感はなく、米中貿易戦争休戦でドル主役相場になったため、ドル円とユロドルが逆相関、必然的にユロ円はカオスになる。

トレード対象から外すか、100ピプス以上の値幅があるので、ドル円やユロドルのタイミングで入れそうなところだけ抜く戦略。

15分足に週足+日足+4時間足ロウソク

Nov.04 Mon.

状況:先週木曜大陰線はらみ足。

売り手目線:①金曜高値+木曜陰線半値戻り売りで先週安値までショート。

買い手目線:①金曜高値での戻り売り崩れで、先週高値を目安にロング。

月曜日の値動き:金曜高値を欧州時間にブレイクするも、ドル円とユロドルが逆相関でノートレ。

Nov.05 The.

状況:先週木曜大陰線はらみ中央で浮動中。ユロ円はカオスなので、他2通貨に従う。

火曜日の値動き:米中貿易戦争休戦でドル高相場、ドル円は上昇モメンタム、ユロドルに下降モメンタム発生でユロ円はノートレ。

Nov.06 Wed.

状況:先週木曜大陰線はらみ足中央で浮動。前日に引き続き他2通貨に従う。

水曜日の値動き:東京時間、平行レンジを形成、これを基準にした。

欧州初動、青1ダマシ安値をサインにレンジ高値までロング。

NY時間、レンジ高値+ユロドル戻り売りタイミングで赤1ショート、120.5アウト。

Nov.07 Thu.

状況:ユロ円に方向感はないので、他2通貨の動きに従う。

木曜日の値動き:東京時間、赤1前日安値+キリ番崩れでショート、ドル円のサポートでアウト。

欧州初動、ドル円のタイミングで青1ロング、121.0でアウト。

NY初動、ユロドルのタイミングで赤2戻り売り、安値を更新できずWボトムでアウト。

Nov.08 Fri.

状況:先週安値ブレイクはフェイク。依然、先週高値天井圏内の乱高下が続いていて、ユロ円に方向感はないので他2通貨に従う。

金曜日の値動き:三角持ち合い。NY初動、高値キリサゲ+ドル円のタイミングで赤1ショート、東京安値をブレイクして、先週安値+ドル円タイミングでアウト。

モノローグ

何年かぶりに『サイゼリア』に行った。

驚いたのはまず価格!

ランチ500円、しかも、消費税上がったのに税込み価格。

いまどき、立ち食いそばでも、天ぷらのせれば500円以上するだろうに、ワンコインで食べられるなんて凄い。

さらに驚いたのは、パスタも結構マトモで、普通に食べられるクオリティ。

昔、ロイヤル〇〇〇で、水没したペペロンチーノを出されて顎が外れそうになったことがあるが、サイゼリアはイタ飯に特化しているせいか、パスタという料理を知ってる人が調理してる。

ムダに高いファミレスからすれば、この価格で、このクオリティなら大満足です。

そんなことがあってか、今週の相場をみて、ふと思った。

期待値の下げ方のうまい人は、何事も成功しやすいのではないか。

人は期待から大きくズレた事実を目の当たりにすると、感情が動き、その感情が良かれ悪かれ行動のきっかけになる。

サイゼリアのランチは、期待値ゼロだったのに、期待以上だったから心が良いほうへ動いた。

相場もこの原理で動いているし、今週のドル円、ユロドルにも、そんな場面があった。

そして、今までの人生を振り返ると、情熱的で期待値が高い人ほど、スグ挫折したり、あきらめやすいかもしれない。

そして、人生を激変させるようなビッグチャンスばかり期待していて、いつも失望感や不足感に包まれてる。

期待値が高い人ほど、その反動で心も折れやすく、期待値が低い人よりも、失望感を感じやすくなかろうか。

心が失望感で満杯になれば、絶望して「あきらめる」行動をとる。

相場でも、溜まったポジションが損切りされると、急落、急騰するが、これも同じ理屈、値動きの正体は『絶望感』である。

ボクの周りは事業者が多いが、皆、期待値が低いような気がする。

うまくいかなくても、間違ってないはずなのに…とか、正しいはずなのに…とか言わない。

一発でうまくいくとも思ってないし、二度とチャンスが来ない、なんて焦りもない。

失敗しても「まぁ、そういうこともあるわ」で済ます。

なぜ大きな期待をしないのか?

それは、経験から、期待しても、その通りにならないことをよく知ってるからだと思う。

期待より良くなることもあれば、期待より悪くなることもある。

だから、期待をしても、失望するだけだから、最初から期待しない。

だからといって、どうせ…ダメだから、みたいなネガティブさはない。

淡々としているのだ。

このマヨハレも、大きな期待をせず、淡々と続けている。

ちょっときついときもあるが、楽しいと思える範囲でやっているので、おかげさまで長寿番組になってきた。

トレードで、売りシナリオと買いシナリオを考えるのは、期待値を半分にするため。

これなら失望しないし、期待値100%のときのように一喜一憂しない。

さらにボクは、売りシナリオと買いシナリオにプラスして、『神秘のシナリオ』を準備している。

神秘は「神のヒミツ」だから、ボクの考えなど到底及ばないことが起きる。

ただ、そういうこともあるという心の受け入れ態勢をつくる。

これで期待値は1/3だ。

期待するなといわれると、期待してしまうのが人間。

だから、ゼロか百かではなく、期待値を分割すればいい。

その方がきっと、幸せになれる。

だって、期待よりも、良いことが起こりやすくなるし、期待より悪いことが起こりにくくなるから。

◆お断り◆
この動画は「学習」を目的に制作されたものです。個人の見解を過去のチャートから解説したものであり、未来を予想したり、利益を保証するものではありません。

記事へのレビューやご意見はコメント欄をご利用ください。コメントを「読者さまの声」としてブログや動画に掲載させていただくことがございます。

◆著作権について◆
当サイトは無料でご覧頂けますが、著作権は放棄しておりません。動画等のコンテンツを営利目的でお使い頂くことはできません。

詳細はご利用についてをご覧ください。



こちらの記事もあわせてご覧ください

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (6)

    • H
    • 2019年 11月 09日

    いつも素敵な動画をありがとうございます。今週、ドル円は日足の波を意識していました。106.5ブレイクからの上昇波3段上げの3段目が入るかな・・・、との想定です。そこから109円近辺で大きなダブルトップを作り、上昇するならダブルトップを崩して月足高値ブレイク!が買い目線のシナリオでした。しかし、もう少し時間がかかるだろうと想定していたのでまさかこんなに早い展開がくるとは・・・と驚いていました。

    売りシナリオとしては、108円サポートを週初めに崩すシナリオと先週のネック割れ陰線の戻り売りが入るシナリオも想定していました。上にバイアスはかかっていましたのでシナリオ通りでしたが上昇が早すぎて、天底をすべて取るのは無理でした汗。ただ、上目線かつ直近の流れを考慮できていたので火曜のISMからの上値ブレイクはわかりやすかったかな?と思いました。

    木曜のロングは欧州初動の急騰には乗れなくて、直近のラス戻り高値での売りの失敗を受けてからロング。月足レジ下の直近戻り高値で利食いをしてしまいましたが、上抜けてしまいました汗。

    ユロドルも売りの波に乗れていたのですが、木曜のもみ合い下抜けショートで逃げ遅れて欧州初動の急騰で切られてしまいました泣。その後のショートで取り返しましたが、逃げるのが下手なのもまだまだ課題です汗。

    ユロ円は、値幅のある天井圏レンジだったので天底からの逆張り戦略。もちろん、ドル円とユロドルを見ながらですがレジサポがかなり明確なので逆にこういう相場は好きです!

    思うのですが、迷晴れさんの動画を穴が開くほど見て検証すればそこまで間違ったシナリオを立てるということはなくなるのでは?と思います。ただ、大事なことは「狙う波を決めたらその波のサイズに合わせたエントリー・イグジットをする!」&「シナリオ通りにエントリーするかどうかは値動きを見て判断する!」ということです。昨日のユロドルなども、東京時間のレンジを「なんだかもみ合ってるな?」と見るのではなく、「直近の流れを考慮しながら下降フラッグ作ってるなぁ・・・じゃあ、買いの最後の抵抗を受けてから買いが失敗した所で売りについていこう・・・。」のように値動きを見ていれば自然にエントリーすべきポイントがわかります。ちなみにこの場所では18時台に入ったのでちょっとフライング気味のエントリーでした汗。決定打は19時45分の上ヒゲ陰線のでき方で確信できますね。最近は前より自信をもってエントリーできる回数が増えました。自信が逆に隙を生み、逃げ遅れという弱点を作ってしまっているのが課題ではありますが汗。今回のお話のように期待値の考え方で中庸を保てるように訓練していきたいと思います。

      • NoN
      • 2019年 11月 09日

      負けてもスグに、当たらなシナリオをつくり、リカバリーできるところが素晴らしいですね。ユロ円の判断もお見事でした(^_-)-☆『買いの断末魔、売りの断末魔を聴く』これエントリーの極意ですね!ちなみにぼくは、19:45分に買いの断末魔を聞きました。

    • すがやん
    • 2019年 11月 10日

    いつも更新ありがとうございます。

    前回記事でコメントしましたが、数回のトレードですが初めての週勝ち越し…小さな進歩でも自分を褒めてモチベーションを保っていこうと思います。まさに期待値のお話しですね。また、損切になった部分もしばらくチャートを見られず、判断としてはあり得る想定だったのではないか?撤退後にドテンできる場所ではなかったか?とどう反省すべきかなーと思っていましたが、まさに迷晴さんもエントリーして即撤退、逆にエントリーをしていた場面でした。少しずつ少しずつ、自分のペースで着実に進歩を目指していきます。

    来週も更新、楽しみにしております。また前向きなコメントができるよう頑張ります!

      • NoN
      • 2019年 11月 11日

      お疲れ様です!今週も先週同様、お互い丁寧なトレードを心がけていきましょう。

    • ふっかつぐみ
    • 2019年 11月 11日

    いつも何もかもありがとうございます!
    この週のトレードを、自分と迷晴れさんのエントリーを見比べて思ったのです。
    嬉しい事にエントリーポイントは似てきてはいるのですが、何か違う。
    環境認識の精度と、神のシナリオに振り回されない穏やかさだ!
    そんな時、注文した「さかもとこーひー」が届きました。
    パッケージには「丁寧な暮らし」・・なるほど。。
    エントリーが丁寧なのだ! 上のすがやんさんの返信にも「丁寧!」
    いつも言われている記憶があるのに自らが、問題の解答にしないと、身に沁みないですね。
    フレンチプレスが未だ届いてないので、飲めてないのが残念ですが
    「丁寧な暮らし」という言葉、ふっかつぐみの私の人生を言語化してくれております。
    バリスタのボタンを辞めて、フレンチプレスをする度に人生もトレードも「丁寧」を思い出すようにします!
    手の込んだエントリーも、遠回りに見えますが簡易的なエントリーより美味しいのでしょう。

      • NoN
      • 2019年 11月 11日

      さかもとこーひー購入者、いつの間にやら、増えてますね~。
      心が急いても、良いことはなし。フランチプレスはお湯を注いで4分間待つだけなので、お互い一息つきながら頑張りましょう。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内検索

FX人気口座ランキング
短期売買特化型口座特集
MT4口座特集
システムトレード口座特集

学習ツールと投資関連書籍

フォレックステスター購入
フォレックステスター・導入ガイド
フォレックステスター有料データ購入ガイド
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント

あなたの負けトレードを徹底解説!

迷晴れボックス
海外FX口座の基礎知識
海外FX口座スペック比較

月別ページ

カテゴリー

シストレ24キャンペーン
FXPLUS