FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を鍛えるサイト。

menu

迷晴れFX

米大統領選2020・決着の舞台は投票から法廷へ!?/週ナビ#309

週刊チャートナビ(2020.11.02~2020.11.06)は、ドル円、ユーロドル、ユーロ円の主要三通貨ペアの一週間を振り返ったチャート考察です。

ドル円

今週の見通し

4時間足に月足+週足ロウソク

共通認識
  • アメリカ大統領選挙の投票日は11月3日火曜日(日本時間・3日夜~4日午後)、すでに、バイデン勝利が織り込まれたマーケットになってるので、バイデン勝利なら反応は緩やかかもしれない。もし、トランプ氏が勝てば104円(9月・10月安値)と19年安値(月足と週足終値は未更新)をサポートにドル円の爆上げが期待できそう。
  • 105.0をネック2に三尊と逆三尊をつくるかも。
売り手の材料

104.0を割り込めば103円まで売り。

買い手の材料
  • 104.0と19年安値は日足レベルの押し目サポート帯。
  • 先週足が同時線で下げ止まり感アリ。

TR上段㊤:7週前ハラミ下降波高値

TR中段:104円と2週前の戻り高値。

TR下段㊦:103円

4時間足ベアの視点:①105.0レジスタンスで19年安値の逆三尊肩まで戻り売り。②9月安値を割り込めば103円までショート。

4時間足ブルの視点:104円の日足押し目Wボトムを根拠に、7週前高値Wネックまでの流れをロング。

今週の値動き

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

トランプ氏の追い上げで104円を背中に逆三尊からドル円上昇かと思いきや、バイデン氏の勝利が濃厚になった木曜大陰線が104円を完全にブレイク。結局、決着がつかないまま、トランプ氏は民主党が選挙を盗んだ!郵便投票に不正があった!などとして法廷闘争に持ち込む模様。大統領が決まらないまま年越しになるかもしれない。

毎日の見通し

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

11/02月曜

木曜陽線のハラミでみる。

1時間足ベアの視点:105.0逆三尊ネックからのショートを考える。

1時間足ブルの視点:19年安値+逆三尊仮肩ラインへの下押しから105.0までロング。

11/03火曜
  • 選挙結果がでてくるのは日本時間の水曜お昼過ぎから夕方だろうが、郵便投票の開票は時間がかかるので、完全に結果がわかるまで時間がかかりそうだ。
  • 前日は19年安値でサポートされて約50ピプスの陽線、105円まで届かず1時間CH裏で2回反発。

1時間足ベアの視点:105円への上値試しから、19年安値(逆三尊肩ライン)目安にショート。

1時間足ブルの視点:19年安値(逆三尊肩ライン)サポートで105円までロング。

11/04水曜
  • 日本時間のお昼過ぎから夕方くらいに米大統領選の結果が出始めるのでマーケットの急激な価格変動に注意!
  • 前日は19年安値(逆三尊肩ライン)まで売られた、ここで下げ止まれば104円を頂点とする逆三尊の確度が上がる。

1時間足ベアの視点:19年安値・逆三尊肩ラインを崩せば104円までショート。

1時間足ブルの視点:19年安値(逆三尊肩ライン)サポートで105円まで押し目買い。

11/05木曜 FOMC
  • 大統領選の決着がつかないまま一夜明け、チャートは19年安値でサポートされたカタチになっている。
  • 現在、バイデン優勢だが、まだどうなるかわからないので本日も乱高下への心構えをしておく。
  • 前日水曜高安をハラミ足とみる。

1時間足ベアの視点:19年安値・逆三尊肩ラインを崩せば前日安値抜け期待で104円目安にショート。

1時間足ブルの視点:19年安値(逆三尊肩ライン)サポートでロング。

11/06金曜 米雇用統計

まだ、米大統領選の結果は出ていないが、マーケットはバイデン勝利で動いてドル売りされ、前日大陰線の終値が9月・10月安値をブレイクした。

1時間足ベアの視点:前日陰線戻り売り。戻り目候補は1時間sma21でみている、前日の勢いで103.5を割り込むようなら103.0までショート。

1時間足ブルの視点:前日陰線戻り目までのロングは戻り幅が小さい。103.5Wボトムを待ってロングするか、103.0まで売られてから考える。

毎日の値動き
15分足に週足+日足+4時間足ロウソク

11/02月曜

東京時間早朝に19年安値へ下押しされて、2回目の下げもなく、105円にも届かなかったのでノーポジ。

11/03火曜

東京時間、高値を切り下げたが、19年安値まで下げ幅少なくショートは見送り。19年サポートで逆三尊右肩をつくるのに時間がかかるとみてノーポジ。

11/04水曜

東京時間、19年安値への下値試しからの逆三尊形成、普段なら黄1ロングだが、大統領選の投票中、初動の急騰は見送り。

ロンドン時間、東京時間の急騰波半値押し目崩れ狙いの高値キリサゲで赤1ショート、急騰安値ブレイク、7月安値の強反発でアウト。

11/05木曜

東京時間、19年安値を4時間足がブレイクしたが、前日安値を切上げてたので、ロンドン初動の黄1ショートは見送って、10月安値ブレイクを待つ。

NY初動、10月安値反発で上下に髭を出したあと赤1でショート、レンジになってアウト。

11/06金曜

東京時間、1時間sma21とのランデブー待ち。

ロンドン時間、1時間sma21反発、赤1戻り売り、1時間下降CH安値付近サポートで戻り売り崩れ、雇用統計を控えていたので撤退。

ユーロドル

今週の見通し

4時間足に月足+週足ロウソク

共通認識
  • 先週大陰線戻り売りと9月安値・日足押し目候補の戦い。
  • 先週は4時間上昇CH安値をブレイクして9月安値1.16まで30ピプス地点まで売られた。
売り手の材料
  • 先週大陰線
買い手の材料
  • 9月安値(6週前ハラミ足安値)日足押し目サポート。

TR上段㊤:9月高値

TR中段:6週前ハラミ足高安

TR下段㊦:1.15

4時間足ベアの視点:先週大陰線の戻り売り、9月安値を割り込めば1.15までショート。

4時間足ブルの視点:9月安値に日足押し目2番底形成中、サポート確認後に6週前高値Wボトムネックまでロングを狙う。

今週の値動き

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

9月安値+6週前ハラミ足安値タッチからの急騰、バイデン氏の巻き返しで勝利が濃厚になった木曜日が大陽線になって6週前ハラミ足高値に到達、先週陰線を全戻しした。

毎日の見通し

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

11/02月曜
  • 9月安値20ピプス手前にいる。
  • 金曜陰線は木曜陰線の半サイズで売りの勢いは弱まってる。

1時間足ベアの視点:1時間下降CH高値に引きつけ戻り売り、先週安値割れで9月安値まで狙う。

1時間足ブルの視点:①先週安値サポートから1時間下降CH高値抜けでロング。②9月安値まで売られればロングを考える。

11/03火曜
  • 前日陰線終値は先週安値+10月安値でサポート。
  • 1時間下降CH内を売られているが勢いはない。

1時間足ベアの視点:下降波戻り売り、売Nボックス1.170高値を上限に4時間sma21を戻り目にショート。

1時間足ブルの視点:1時間CH高値×1.165上抜けを待って1.170までロング。

11/04水曜

先週高値発下降波の半値を戻した。

1時間足ベアの視点:先週高値発下降波の戻り売り。先週木曜戻り高値から先週安値2番底狙いのショート。

1時間足ブルの視点:先週安値まで売られて2番底をつくればロング。

11/05木曜 FOMC
  • 大統領選の決着がつかないまま一夜明け、チャートは10月安値+9月安値でサポートされたカタチになってる。
  • バイデン優勢だが、まだどうなるかわからないので本日も乱高下への心構えをしておく。
  • 前日水曜足をハラミ足とみて基準にする。

1時間足ベアの視点:先週高値発下降波の戻り売り。先週木曜高値を戻り目に火曜高値への上値試しから10月安値+先週安値へのショート。

1時間足ブルの視点:4時間sma21クロスが押し目候補、または、10月安値+先週安値付近まで売られればロング。

スポンサーリンク

11/06金曜 米雇用統計

米大統領選の結果は出ていないが、マーケットはバイデン勝利で動いていてドル売り、6週前高値まで先週陰線を全戻しした。

1時間足ベアの視点:6週前ハラミ足高値でのMトップから1時間sma21割れで前日陽線の押し目候補(火曜高値から水曜高値)までショート。

1時間足ブルの視点:前日陽線押し目買い。押し目候補は火曜高値から水曜高値、1時間sma21反発なら、6週前高値抜け期待でロング。

毎日の値動き
15分足に週足+日足+4時間足ロウソク

11/02月曜

東京・ロンドン時間は1時間CH高値への戻り待ち。

NY初動、1時間CH高値への2回目の試し、赤1の15分足打ち消し線でショート、ロンドン初動安値を割れず大陽線出現で撤退。

11/03火曜

東京時間、1時間下降CH高値+1.165ブレイクで青1ロング、ロンドン初動に4時間sma21をブレイク、戻り高値1.170でアウト。

NY時間、さらに買われたが先週陰線の戻り売り警戒から上値追いはやめた。

11/04水曜 

東京時間、先週木曜戻り高値への強いアタックから急落、急騰安値1.170割れで赤1ショート、9月安値でアウト。

ロンドン初動、9月安値への下値試しから安値を切上げた青1でロング、5分足sma21をガイドに保有、NY時間、火曜高値レジでアウト。

11/05木曜 

東京時間、下値が重くズルズルと買われて、ロンドン初動、先週木曜戻り高値をブレイク。

ロンドン時間、前日高値をブレイクしたが黄1ロングは、押し波に巻き込まれるリスクがあって見送った。

11/06金曜

ロンドン時間、1時間sma21に支持され、三角持ち合い上抜けで青1ロング、6週前高値でアウト。

ユーロ円

今週の見通し

4時間足に月足+週足ロウソク

共通認識
  • 10月陰線終値が9月安値をブレイク、先週大陰線をベースに考える。
  • 大統領選挙によるドル売り、ドル買いで逆相関が懸念される。
売り手の材料

10月陰線終値が9月安値をブレイク。

買い手の材料

ドル円とユロドルの9月安値サポート。

TR上段㊤:先週高値

TR中段:Mトップネック123.0と10月安値+先週安値

TR下段㊦:121.0

4時間足ベアの視点:先週大陰線戻り売り。半値戻り目123.0から先週安値までショート。

4時間足ブルの視点:①先週大陰線の戻り目123.0までの戻りをロング。②121.0まで売られればロングを考える。

今週の値動き

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

大統領選で乱高下。5日木曜に先週陰線半値戻り目123.0への2回目の試しから売られたが安値を切上げ、水曜はらみ足のなかを攻防中。

毎日の見通し

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

11/02月曜

9月安値を10月終値がブレイク。

1時間足ベアの視点:先週大陰線戻り売り。4時間sma21まで戻ればショートを考える。

1時間足ブルの視点:10月安値サポートから4時間sma21を上抜けば123.0を目安にロング。

11/03火曜

10月安値で底値固め中。

1時間足ベアの視点:先週大陰線戻り売り。4時間sma21を戻り目の目安にショート。

1時間足ブルの視点:10月安値サポートから4時間sma21を上抜けば123.0を目安にロング。

11/04水曜

10月安値で反転、先週陰線の半値近くを戻し、ユロドルのレジスタンスで止まった。

1時間足ベアの視点:先週陰線戻り売り、戻り目候補は前日高値から123.0まで。

1時間足ブルの視点:10月安値での2番底待ち。

11/05木曜 FOMC
  • 123.0で戻り売りされたが、その後、乱高下。
  • 前日水曜足をハラミ足とみる。

1時間足ベアの視点:123.0への2回目の上値試しから先週陰線戻り売り。

1時間足ブルの視点:水曜安値まで売られてサポートされればロング。

11/06金曜 米雇用統計
  • 先週陰線戻り売りで4時間sma21まで売られた。
  • 先週陰線戻り売りと10月安値押し目買いの戦い。
  • 水曜陽線コマ足がハラミ足確定。

1時間足ベアの視点:水曜高値への試しから前日安値割れで水曜安値までショート。

1時間足ブルの視点:①前日安値サポートで123.0までロング。②水曜安値まで売られればロング。

毎日の値動き

15分足に週足+日足+4時間足ロウソク

11/02月曜

4時間sma21まで戻らずにノーポジ。

11/03火曜

東京時間、4時間sma21とランデブー待ちから赤1戻り売りは損切り、4時間sma21戻り売りが崩れたので、青1ドテンでロング、スパイク上昇して122.5でアウト。

11/04水曜

東京時間、先週木曜戻り高値への強いアタックから急落。大統領選の開票日ということでノーポジ。

11/05木曜

東京時間から安値を切上げ始めたが、サポート側に確信持てずノーポジ。

NY時間、前日高値を強襲、15分足上髭2本レジスタンスからの123.0割れで赤1ショート、122.5でアウト。

11/06金曜

東京時間、前日安値2回目のサポート、ミニWボトム確認後に青1ロング、122.5上にクラスターをつくり始めたので雇用統計前にアウト。

今週の視点

大統領選挙、なかなか結果がでませんね。

最後の最後になって、やはり、郵便投票をめぐる不正疑惑や様々な問題が噴出しました。

このままだと、今回の選挙は投票では決まらず、法廷闘争という新たなフェーズに移行するかもしれません。

まさに、前代未聞の「場外乱闘」といった感じです。

ネットでも話題になってる、ミシガンとウイスコンシンのバイデン・ジャンプ。

ウイスコンシン州で夜中にバイデン12万票がドンと入ってバイデンが逆転してます。

しかも、トランプは0票…真偽のほどは不明ですが、おかしくないですか?

もし、これが不正なら、いったいどこの国の選挙ですか?って話です。

事実、法律違反もあったようです。

ミシガン、ペンシルベシアについては法律で定められた監視人を置かなかったそうです。

密室で開票が行われた場合、投票の有効性そのものが疑われます。

ボクは政治に詳しくないし、あくまで個人の意見ですが、トランプさんは結構好きです。

今までの人生で、口の悪いヤツほど、意外にいいヤツってことが多いのと、問題発言があるにしても、既得権側に忖度せずアメリカ・ファーストを有言実行する姿勢を評価してました。

環境問題とかサスティナブルとか、聞こえのいいことを言ってるだけの人たちより、実際に雇用を創出したし、安倍さんの努力もありますが、北朝鮮や中国にもにらみを利かしてくれてます。

台湾や尖閣を含め日本の安全保障上、とても助かってますよね。

バイデンさんについては…よく知りません。サンダースさんでは左寄り過ぎなので、真ん中辺りで選ばれた人なのかもしれません。

そもそも、トランプvs.アンチ・トランプの構図なので、誰でも良かったという説もあります。

今回、思ったのは、トランプってどんだけ嫌われてんの?ってこと。

これって、やはりメディアの偏向報道や印象操作のせいなのでしょうか。

CNNやABCなど大手メディアはこぞって反トランプですし、ツイッターやフェイスブックもバンデン氏の息子ハンターバイデン氏をめぐる発言を検閲して問題になってます。

日本のメディアもほぼ反トランプで、トランプが不利になる報道はしても、トランプの功績やバイデン一家と中国の繋がりなど、有利な報道はほとんどしません。

トランプに人種差別主義者のレッテルを貼り、人格や知性を否定し、史上最悪の大統領に印象操作している気がしてなりません。

安倍さんのときもそうでしたが、世界的にも評価されてる外交については、ほとんど語られず、トランプさんのように人格を否定できるキャラでないので、連日連夜、モリカケサクラでした。

お昼のワイドショーでこぞってトランプは知性がないなどと小ばかにする芸能人をみると、あまりのアンフェアさに、正直、吐き気がするし、それこそ、民主的じゃありません。

しかし、各社メディアに叩かれながらも、トランプさんに半数近くの票が入るのは、やはり、実績を残してきた証拠でしょう。

ここからメディアは、往生際が悪いとか、さっさと敗北宣言しろ、とか言い出すでしょうし、それに同調する人もいるでしょう。

不正があるなら、法廷闘争でも何でもして、最後まで戦ってほしいと思ってます。

法廷闘争になると、最長で1月20日まで次期大統領が決まらないことになります。

ただでさえ荒れやすい年末年始の為替相場、大荒れになるかもしれません。

4年前の大統領選の記事



◆お断り◆
この動画は「学習」を目的に制作されたものです。個人の見解を過去のチャートから解説したものであり、未来を予想したり、利益を保証するものではありません。

記事へのレビューやご意見はコメント欄をご利用ください。コメントを「読者さまの声」としてブログや動画に掲載させていただくことがございます。

◆著作権について◆
当サイトは無料でご覧頂けますが、著作権は放棄しておりません。動画等のコンテンツを営利目的でお使い頂くことはできません。

詳細はご利用についてをご覧ください。



こちらの記事もあわせてご覧ください

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (19)

    • mr03911gt1
    • 2020年 11月 07日

    遅くまで動画・ブログ更新お疲れ様です!ありがとうございます!

    テレビ新聞はバイデン報道がほとんどの一方でトレーダーSNS界隈ではトランプ支持が多かった気がします。
    私がフォローしている領域というバイアスなのかもしれませんけど。
    このままバイデンになったら初年度だけドル高でそのあとは円高でしょうか?

    さて、鬼滅の刃めちゃ流行っていますが、迷晴れさんが継子を育てるとして、自身の継子が「このままいったら確実に失敗する」状況が見えたときに、どうしますか?

    私なら、それが何年かかる道であろうとも、そのまま順当に失敗させます。それが道理なので。
    継子といえども他人。他人に対する転ばぬ先の杖なんて百害あって一利なし。魚をあげるのではなくて、魚釣りの方法とその現実を教えろ、と。
    私には子供が二人いますが、一人は失敗してから3年かかって自力で道を見つけました。もう一人はただいま失敗の真っ最中です。
    彼の場合、失敗の根本的な原因が自分のメンタル(克己心・自律心)にあるのですが、そこに自分ではっきりと気付いて確実に克服しない限り、今後一生同じ失敗を繰り返すと思っているので、まず核心に自分で気が付き独力で克服するその時までじっと見守っている感じです。ていうかそろそろ気づけよ遅いよおまえ笑 でも言葉で言っても伝わらないですよね。

    今の子は大体メンタルが弱いです。今の30代以下はほぼそうかな。その年で子供もいるのにまだ承認欲求とか何言ってんの??って感じですね。

    まあでも世の中大分前からそんな時代なんで、一回がっつり思いっきり失敗させる。本当にその人の再起を考えるならそれが大事かなと思っています。

      • NoN
      • 2020年 11月 08日

      気づけないと変われない、とボクも思います。でも、気づかせるって、直接答えを教えるのではなく、質問を考えて投げかけるわけなので、かなり難しいですよね。おっしゃるように、確実に気づきスイッチが入る最強の質問は「失敗」ではないでしょうか。そうなると、一度や二度の失敗で挫折しない打たれ強さが肝心ですね。

        • mr03911gt1
        • 2020年 11月 08日

        返信ありがとうございます。

        白石康次郎さんのヴァンデグローブがスタートします。
        53歳。今年は新艇?
        打たれ強さっていうとまずこの方が思い浮かびます。

    • 猫チャギラ
    • 2020年 11月 07日

    いつもご教授頂きありがとうございます。今週はまたいつもの悪い癖が出てしまい、高過ぎるロットで入って強制ロスカットを喰らってしまいました。11/4の午前中にドル円が105.200付近まで急騰した場面だったのですが、104.500あたりで揉んでいたのでバイデン勝利で下がると見て勝負してしまいました。静観しなければならないところなのに馬鹿下駄ことをしたと反省してます。ただしその次の日にロットを10分の1に落としたにもかかわらず1日で負けを全部取り戻し、更に金曜日にはその倍取れました。自分は馬鹿なことさえしなければしっかり利益を残せると思いますので、勝っても調子に乗らずに淡々とトレードしていきたいです。今週はドルインデックスは今年の最安値まで売られて止まってますし、ユーロドルも1.19000手前で止まりました。凄い重要な場面にきたと思いますので、迂闊にエントリーせずどっちに抜けるのかをしっかり確認してからトレードしたいと思います。

      • NoN
      • 2020年 11月 08日

      手に汗握る一週間でしたね(^_-)-☆でもまぁ結果オーライということで。ボクは4日は荒れると思っていたので枚数を落としました。今日は日曜日ですが、バイデンが勝利を宣言するようなので週明けどうなるでしょうね。

    • 黒蜜
    • 2020年 11月 07日

    今週もお疲れ様でした。クロス円はカオスだったのでスルーで正解でした。

    トレードを始めたのがコロナ相場で、今回の大統領選もビビりながらのトレードでした。
    結果、おどおどしてるうちに波に乗れず焼かれてしまいました。

    11/5(木曜)ユーロドル、しっかりとした押しがなく、だらだらと上がってしまい、指を加えた状態で週が終わりました。
    スイングで初動(11/4)に乗れたトレーダーさんたちは金曜までの波を取れているのではと、これもデイトレ とスイングの違いなんだな〜と。。。まだまだ私は細切れに入るのが難しい〜>_<
    特に迷晴さんの金曜の三角持ち合いでのエントリー惚れ惚れです…10/21の高値が直前だったので、ビビって無理でした。

    考察時に「正しくビビる」と言うお言葉を頂いたのにすっかり忘れてしまってました(笑)
    ほんと、これに限らずいろんなことを忘れがちなアラフィフですwww

    来週以降も決着が着くまでは乱高下に注意しないとですね…。
    今週も週間チャートナビありがとうございましたm(._.)m

      • NoN
      • 2020年 11月 08日

      ユーロドル、ダラダラでしたね~こういう値動きは苦手です。4日2番底ロングは、おしゃる通りポイント的に長く持てそうですが、トランプが勝っていれば5日に下落していたでしょうから、何ともいえませんね。もともと記憶力にはとても自信がないので、記憶力が衰えていても逆にあまり気づきません(^_-)-☆

    • いけちゃんまん
    • 2020年 11月 07日

    いつも動画解説ありがとうございます!
    大統領選、おっしゃるとおりメディア報道には並々ならぬ反トランプの意図を強く感じます。
    前回はヒラリー圧勝の事前報道に対し、メディアは隠れトランプ支持者が多かったのが見抜けなかったとの理由。
    その失態を踏まえてのはずの今回にもかかわらず、またも大ハズレ。メディアからの釈明はこれからでしょうが、影響力の強い米メディアが世界中が注目する内容をそろいもそろって2度も見抜けなかったと考えるよりも、このままではトランプが再選してしまう、何としてでもトランプ再選は阻止したい!だからバイデン圧勝の嘘報道・トランプに不利な情報が一方的に発信された、と考えた方が自然な気がします。
    それが真実だとしてバイデン大統領誕生となればメディアの大勝利ですね。

    14週目の収支もプラス。大統領選で火水と休みましたが先週からの日ベース勝ち越しは継続できました。
    先週は大統領選もありトレード回数少なくしてしまい、エントリーポイントが来ても、もう少し様子見てからと躊躇しエントリー出来なかったケースが何度もあり、ポジポジ病の次のタジタジ病ってやつなんでしょうが、来週は狙った値動きになったら躊躇せずスパッと入ることを意識します。

      • NoN
      • 2020年 11月 08日

      メディアの大勝利!まさにその通りかもしれません(^_-)-☆大統領選はもともとバイデン勝利が織り込まれていたせいか、開票日の乱高下はあったものの、その後は通常運行でした。バイデン氏、勝利宣言をするようですが、週明け、どうなってますかね。

    • ノーマ
    • 2020年 11月 08日

    はじめまして。
    いつも勉強になる動画の配信ありがとうございます。

    今週中盤からバイデン有利で円高傾向になっていたのでバイデン売りで30pips位利益出ていたのですが、週末の雇用統計で上がってしまい結局10pips程度でチキン利食いしてしまいました。
    今週はイベントが多くファンダによる急激な動きもありましたが、それでもPAで動いていましたね。
    改めてチャートが全て、チャートが事実、チャートは唯一嘘をつかないと思ファンダによる

    さて、はじめまして。と書きましたが、実はそこそこ前からYouTubeにはコメント入れさせていただいておりました。
    が、おそらく迷晴れ様から私のコメントが見えていないらしく、私のコメントにだけリプがないのでおかしいな~と思っていましたが私が端末でオペラブラウザーを使っているせいかもしれません。

    ずいぶん前から動画を拝見しているので迷晴れ様が『こいつはめんどいからリプ入れんとこ』等と考えることをするような方でないことはわかっていましたので、色々原因を考えるとそれくらいしか思い浮かびませんでした。

    これからはブログのほうにコメントさせていただきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

      • NoN
      • 2020年 11月 08日

      大統領選で霞んでますがFOMC・雇用統計と、今週はファンダな一週間でした。大統領選は投票日の乱高下はあったものの意外にもチャート通りに動きましたね。コメントの件はおそらく何らかの不具合かと…よければ今後もブログの方にコメントください(^_-)-☆

      • ている
      • 2020年 11月 08日

      > ノーマさん
       私もopera利用者です。ハンドルネームは違うものの、YouTubeの方にもコメントを入れていますが、NoNさんからのリプライはほぼ確実にあります(数十回)。詳しくないので、原因について考えることもできませんが、operaの設定を見ても、YouTubeと絡みそうなところは特に見当たりませんでした(理解不足かも)。
       自分で言うのもなんですが、いまさらoperaでなくてもいいような気もしますので、Edgeとか他のブラウザに乗り換えるのもいいかと思ったりします(^▽^;)

    • Tony
    • 2020年 11月 08日

    素晴らしい動画、ありがとうございます!

    今週はFXを始めて以最初の大統領戦なので、かなりトレードを控えましたが、
    終わってみたら、乱高下は若干しているものの、テクニカルはちゃんと機能してくれましたね。
    来週はロットを下げて、普通にトレードしてみたいと思います。

    また、最後の大統領トーク、面白かったです!
    僕もトランプさんが好きですので、頷いていながら聞いていました。
    小さい頃よくテレビが言っていることがすべてだ!なんて思っていましたが、
    ネットが発達しているおかげで、色々な意見が聞けて、客観的に物事をみる機会があってありがたいです。

    いずれにしよ、はやく結果が出て、いつもの相場に戻って欲しいです!笑

      • NoN
      • 2020年 11月 08日

      すでにバイデン勝利が織り込まれてたんでしょうか。開票日初日は一瞬乱高下しましたが、結局、テクニカル通りの値動きでしたね。

    • H
    • 2020年 11月 08日

    いつも素敵な動画をありがとうございます。ユロ円、火曜ショート&ロング、木曜ショートとまったく同じエントリーでした笑。ユロ円ショートの損切まで同じだったのでいつもながら解説を聞きながらニヤッとしてしまいました笑。あそこは5分の切り上げライン抜け、ミニネック抜けでエントリーでした。いつもながら相場の未来はどうなるのかはわかりません。わからないからこそ買いと売りのシナリオを両方立てることによって、AがダメならBのシナリオが発動という「次の手」が打てるのですよね。地図無きトレードでは暗闇に迷い込んで自滅の嵐を量産させてしまいます。勝負に負けようが結果は時の運、いつでも合理的な選択を取り続けること大切ですよね。

      • NoN
      • 2020年 11月 08日

      ユロ円ショートの損切りまで一緒とは恐れ入りました(^_-)-☆勝負に負けるのと自滅の違い。これはホントに大きいですね。ショートするとき、ロングを考えてましたし、逆にロングできるところだから、思い切ったショートが打てます。

    • マツザキ
    • 2020年 11月 09日

    トランプ大統領について
    主要マスコミも腐敗政治家も、トランプ大統領の正義の力が恐ろしいから、必死で潰そうとしているように見える。
    必ず復活して、公約の1つの政界の泥水を一掃することを信じている。
    左寄りの価値観の人の行動は目的の為には手段を選ばないがじがする。
    基本 神さまを信じていないから良心に対して恥ずる心が無いのでは。
    全く無駄な人生、マイナスの人生。
    マヨハレにコメントする内容でないと思いましたがが、勝手に共感を覚えましたので書き込みさせていただきました。

      • NoN
      • 2020年 11月 09日

      アメリカを分断させたのはトランプさんではなく、トランプをネタにしたマスメディアじゃないでしょうか。バイデンさんが当選しても、トランプ支持者は根強く残るでしょうね。

    • ノーマ
    • 2020年 11月 10日

    ているさん

    となると原因はわかりませんね~
    ネット環境はいろいろ考えられることがあるので、原因追究している時間があるならもうブログにコメントさせていただこうと思った次第です。
    Opera慣れてしまって使いやすいんですよね。
    Edagは強制的に引っ付いてくるBingがとっても嫌なんですよね(;^_^A

    アドバイスありがとうございました( ´∀`)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

神回バナー

サイト内検索

FX人気口座ランキング
海外FX口座の基礎知識
海外FX口座スペック比較

オリジナル・インジケーター

オリジナルインジケーター販売所
オリジナル・インジケーター動画・記事まとめ

特化型FX国内口座開設

短期売買特化型口座特集
MT4口座特集
システムトレード口座特集

学習ツールと投資関連書籍

フォレックステスター購入
フォレックステスター・導入ガイド
フォレックステスター有料データ購入ガイド
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント

あなたの負けトレードを徹底解説!

迷晴れボックス

月別ページ

カテゴリー

シストレ24キャンペーン
FXPLUS