FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を学べるサイト。

menu

迷晴れFX

【週ナビ#138】トレードはレジサポまでの値幅次第

トレンドフォローが基本手法と考えますが、その途中に起こるブレイクアウトも、見た目にわかりやすいので個人的に好きです。ブレイクアウトはタイミングもさることながら、次のレジサポまでの値幅を意識したいです。

スポンサードリンク

今週の視点

ブレイクアウトといっても、できる場所によっていろいろあります。

中段持ち合い(平行レンジ・三角持ち合いなど)、天底持ち合い(Wボトム、トップ、H&Sなどのフォーメーション)、トレンドの高値安値ブレイクなど、ブレイクアウト手法は、トレンドフォローと並び、大昔から存在している伝統的な手法です。基本はトレンドフォローと思っていますが、それは、波のジグザグした両端を意識でき、さらには、トレンドが出ていれば高安を更新しやすいからです。

中段持ち合いやトレンドの高安ブレイクは、途中乗りになるため、次のレジサポまでの値幅次第では使えないこともあります。

ボクは2つの異なったサイズ波のコンビネーションで押し目買いや戻り売りをしています。

Lサイズ波の押し目買いならMサイズ波がWボトムになるので、Lサイズ押し目買い+MサイズWボトム・ネックラインブレイクアウト後の押し目買いというコンビネーションになります。同じように、Mサイズ波ならSサイズWボトムとのコンビネーションです。

ブレイクアウトに限ったことではありませんが、トレードで常に意識したいのは「値幅」です。値幅さえあれば多少汚いチャートでもトレードできますが、値幅がなければ綺麗なチャートでもトレードできません。

トレンド中の高安ブレイクアウトでは、すぐにプルバックに巻き込まれたり、中段持ち合いのブレイクアウトでは、高安までの値幅が少ないと失敗します。

逆に値幅が50ピプスもあれば、トレンド中の高安ブレイクアウトでも問題なくトレードできます。

ドル円はチャネル上限で反発するも高値更新ならず。

4時間足に週足ロウソク

オレンジ点線のように安値を切上げ、4時間足チャート全体が、大きな時間足の押し目買い候補なのがわかります。今週はチャネル上限反発からのロングを狙っていましたが、結局、急落起点赤□高値が抜けませんでした。

Aゾーンでは、ネックラインが入れ子になっていて、どちらで止まるかわかりません。Wボトムが安値を切り上げ、Wトップが高値を切下げるのは、だいたい、こういうメカニズムです。

1時間足に日足ロウソク

白〇Wボトムの流れも加点としてみて、チャネル上限反発でロングを狙います。16日高値戻り売りと「半値衝突」が想定されますが、それまでの流れから、ブル強とみました。

チャート左、赤〇高値での抵抗が思ったよりも強く、21日安値からの押し目買いでも高値更新できなかったことで、あれっ?となりました。この押し目が成功しないならレンジになるかもしれません。結果、赤チャネル上限からの上昇波ハラミになり、混沌としています。

15分足に日足ロウソク

19(月)赤チャネル反発押し目買いロング

先週ナビでもお伝えしたように、赤チャネル反発ロングへの期待はありました。週明けチャネル上限+先週足で反発(下ヒゲ2本)を確認して逆張りロング。このポジションは保有しようと決めました。

16日高値戻り売りとで「半値衝突」するのも想定内ですが、それまでの流れからしてブル強と判断していました。

16日高値と19日安値の値幅は60ピプス、真ん中で30ピプス。もし、中央部分で20ピプスレンジ化したら、高安までの値幅はマックスでも20ピプス未満となります。

半値衝突からのブレイクアウトは、波のド真ん中からの売り買い、さらに、ネックラインと隣接していれば、高安まで素直に順行しないこともあります。今回のケースでも、ウエッジ切下げラインのブレイクから、オレンジ□で反発して、青ネックラインまで戻されてしまいました。この場合、白□で逃げておかないと、全戻しになります。

ウエッジからのブレイクアウトが崩れたので、一旦、仕切り直しです。再びロングするなら、ベア派が「やはり下はないか」とあきらめるところを狙いたいです。

そのため、一度、オレンジ□からの戻り売りを受け、その強さを確かめる局面を待ちます。青ネックラインで待ち構え、Wボトム(赤□)で下値が堅いことを確認、さらに、戻り売りがネックラインを抜けなかったところからロング(緑〇)します。

20(火)高値越えなるか

オレンジ水平線は大陰線の高値で、ここを抜けてしまえば、さらに次のレジスタンスまで利を延ばせます。

16日高値ブレイク(青〇)ですが、高値や安値のブレイクはプルバックに巻き込まれるリスクもあり、やはりここでも利幅を考えるべきです。オレンジ水平線の高値までは20ピプスありません。エントリータイミングやスプレッドを加味すれば、おそらく10ピプス強でしょう。そのことを理解して、かつ、オレンジ水平線ブレイクへの抜け期待を抱かない人が持てるポジションになります。

オレンジ水平線をSサイズ波のパワーだけでブレイクするか、あるいは、さらに深く押しMサイズ波で抜けるか、あるいは抜けないか。結果は、Mサイズ波でも抜けませんでした。

青□からの上昇がWトップになったことで、Sサイズ波でのブレイクは難しい可能性が出てきました。そうなると、19日陽線を含めたMサイズ上昇波の押し目候補まで下落します。

19日朝のロングポションは、オレンジ水平線の高値を2度試して抜けなければ、決済しようと決めていました。そうしないと、大きなMサイズのプルバックを覚悟しなければなりません。

先週足高値付近からのブル派の抵抗虚しく、高値を抜くことができません。赤□部分が「諦めの高値」となり、買いポジが解消されたことで急落、一段下のサポートでスパイクしました。

21(水)Mサイズ波押し目買い

前日にSサイズ波で高値ブレイクできなかったことで、Mサイズ波の押し目候補まで下げるシナリオでした。小さなサポートが連続しているので、下がるにしても、3歩下がって2.5歩戻る感じの下降トレンドになってしまいます。このコレクティブムーヴを捨てて、M波押し目買いのみを狙うのもいい手だと思います。

こういう下降トレンドの安値ブレイクは、次のサポートまでの値幅がないので危険です。プルバック逆行を許容すればいいかもしれませんが、それなら、プルバックを待って戻り売りする方が値幅が確保できます。

ボクは、朝の先週足高値を試す動きから、なるべく早い段階で売ってしまいました。いつ押し目が入るか、わかりませんが、欧州時間になったからかなぐらいに考えていました。

結果、緑□Wボトムが押し目になりました。しかし、このプライス(1時間足水平線はあるが…)に強い確信がなければ、逆張りはできません。もう一段下の青水平線に付けにいくかもしれません。矢印のような動きがあれば買いやすいですが、そのまま勢いよく上昇してしまいました。白□で小さなWボトムになっているので、こういうところを利用してロングするしかありません。

Mサイズ波でもオレンジ水平線高値更新することができませんでしたので、ここから先はカオス化するリスクがあります。ちなみに赤□は「諦めの高値」買いがあきらめるポイントになります。

15分足に日足ロウソク

22(木)仕切り直し

オレンジ水平線がM波押し目買いでブレイクできなかったことで、仕切り直しの感が強くなりました。そうなるとチャートがつくられるまで方向感のないマンボー的な動きになります。小さな節目から次の節目までを狙ったスキマトレードしかできません。

21日赤〇と22日赤〇は同じように見えますが少し違います。21日赤〇はM波押し目買いまでのショートが狙えますが、22日赤〇は前日に高値更新を失敗しているので、そこまで下がるかわかりません。それを理解して短期で売るならいいと思います。

こういう局面で、ボクがよくやるのは、緑〇のような「押し目崩れ」を狙った損切り狙いのブレイクアウトです。売るにしても買うにしても、小さなレジサポでの反転リスクがあります。その理由は、大きな後ろ盾が希薄になっているからです。

23(金)方向感なし。

20日、21日のWトップのサイズを考えると、上昇するにしても、一旦、矢印のようなWボトムをつくるかもしれません。いづれにしても暫く手を出せない状況です。

ユーロドルは高値圏50ピプスレンジ

4時間足に週足ロウソク

相変わらず高値圏をウロウロしています。下がるにしても緑□を下抜けないと売りにくく、現状、方向かつかみにくいです。

30分足に日足ロウソク

オレンジ□安値からの上昇波は高値を未更新なので、その安値を抜き返した強者の値(水色水平線)にそこまでの強さはないかもしれません。先週足終値でのレジスタンスを根拠にショートするにしても、途中サポートで反転する可能性もあります。

今週のユーロドルも値幅のないチャートで、たとえば、21日三角持ち合いブレイクにしても期待できる値幅は少ないです。23日ミニダブルボトム+H&Sからのロングにしても第一目標は19日ネックラインまでとなります。

ユーロ円は高値圏が続く。

4時間足に週足ロウソク

今週は100ピプスの週足、ボラのあるユーロ円にしては小幅な動きでした。それだけ方向感がないことを示唆していて、上か下か明確なシグナルが出るまでカオスは続きます。

今は、黄色ボックスレンジを上下とした頭と尻尾だけのマンボー相場です。ボラがあるので、オレンジ水平線までの下落は狙えますが、2本のオレンジ水平線で挟まれたゾーンに買いの圧力があるのは明白なので、これを下に抜けないと、わかりやすいチャートにはなりません。

反対に黄色ボックスを上抜け、赤水平線を目指すかもしれません。いずれにしても、この黄色ボックスをブレイクしないとやる気になりません。

30分足に日足ロウソク

4時間足では高値切下げてはいますが、高値圏の中にあって方向感は希薄です。先週足高値を背中にショートしても、想定ネックライン(黄色点線)までですが、それもどこで反転するかわかりません。

ボクは今週、ユーロ円をトレードしませんでした。先週、先々週と安値圏となったため、今週はその対となる高値圏をつくる可能性がありました。この流れからすると、20日高値を更新するか、21日の安値を更新する必要があります。

今日の雑記

テレビをつけると、どのチャンネルも海老蔵さんの奥様のニュースばかりで、正直、あまりいい気持ちにはなれません。

乳がんの専門医を呼んで、癌の苦しさを聞く司会者を見ると、この人、いったい何がしたいんだと思います。

ああいった報道をみて、改めて癌への恐れを抱く人はいても、癌患者の方が前向きな勇気を貰える内容じゃありません。

親友の奥さんは、3年前から白血病を患っています。2回の骨髄移植を受け、完治せず自宅療養中ですが、数ケ月前もハワイ旅行に行ってました。義母の友達の夫は、何十年も前から癌を患っていて、積極的な治療はしてませんが、食事に気を使いながら普通に暮らしています。

癌と闘うというよりも、極力、癌を忘れて戦わない感じがします。

深夜番組で、さだまさしさんが言ってました。よく5年生存率とかいいますが、あれはあくまで統計であって、めちゃくちゃ個人差があるものだそうです。

ステージ4だから、もう寿命がないとか、そいいうことでもないらしいです。

ボクの女友達も最近、ステージ1の肺がんを患いました。こういうニュースを見て、いい気持ちにはならないと思います。亡くなった母もそうでしたが、いつも頭の片隅に「再発」への恐怖を抱えて生きていました。

海老蔵さんの奥様も、同じ癌患者の方たちに勇気を与えるためにブログを続けたのだと思います。

確かに、こういうブログを自発的に見る方は勇気を貰えるでしょう。ただ、癌患者の方や、経験のある方が、みんな強いわけじゃありません。むしろ、弱いです。なかったことにしたいというのが本音だと思います。

潜在意識って諸刃の剣です。不安や恐れを抱えると、それが具象化してしまうことは、過去、様々な書籍に書かれています。

そう考えると、ニュースを見るたびに腹が立ちます。いったい何の得が、誰の得があってそうしているのか。

◆迷晴れFXの上手な活用法◆
この動画やブログを見るだけでトレードが上達することはありません。

本来の学び場はチャートであり、当コンテンツは【考えるヒント】の気づき場とお考え下さい。自分で仮説をたてて、自分で考えることが勝つコツです。

◆お断り◆
この動画は「学習」を目的に制作されたものです。個人の見解を過去のチャートから解説したものであり、未来を予想したり、利益を保証するものではありません。

記事へのレビューやご意見はコメント欄をご利用ください。コメントを「読者さまの声」としてブログや動画に掲載させていただくことがございます。

個人が運営していますので以下のご質問にはお答えできません。

・サイトの趣旨と無関係なこと。
・調べて頂ければ自己解決できること。
・誘導リンクのあるものはスパム扱いとさせて頂きます。
・初心者の方のご投稿は「迷晴れボックス」をご利用下さい。

◆著作権について◆
当サイトは無料でご覧頂けますが、著作権は放棄しておりません。動画等のコンテンツを営利目的でお使い頂くことはできません。

悪意のあるスパムコメントやコンテンツは証拠として保存しております。悪質と判断した場合、サイバー犯罪として対処いたしますのでご注意ください。

詳細はご利用についてをご覧ください。

スポンサードリンク





おすすめトピック

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (12)

    • ソフトクリーム味
    • 2017年 6月 25日

    今回の動画【週ナビ#138】の字幕を投稿しました!
    ご確認よろしくお願いします(^-^)

      • NoN
      • 2017年 6月 25日

      有難うございます。視聴者の方に、あまり負担をかけたくないので無理をしないでくださいね。

    • mocha0509
    • 2017年 6月 25日

    おはようございます。
    マスコミ批判コメントを結構今まで書いてましたが、実は私の知人、友人に大手マスコミの人がいます。個人的にはとても常識的で良い人たちです。しかし、私は今やテレビはほとんど見ませんし、新聞も購読を辞めて2年以上経ちますが、子供たちを中心にテレビを見るので、たまにテレビをチラ見するとかなり違和感を感じます。
    ネットの情報力もかなり大きくなってきましたが、やはり地上波の影響力はまだまだ絶大であると思います。その上で免許事業であり公共性も高いということを考えると、特に報道のあり方についてはよく考えて欲しいものです。
    戦前では、マスコミが戦争をあおったという面もありますが、国民がそれを期待したということもいわれます。
    テレビも営利事業なので、何かの使命や思想というより、視聴者が期待するものを作製し放送しているということだと思います。
    期待するから腹が立つので、期待せずに見ないのが良いのかも知れませんね。
    今までは、マスコミの発信してた情報を知らないと遅れているという空気がありましたが、これからはマスコミの情報を鵜呑みにしている人が遅れているということになってくると思います。
    これは昔からそうなのでしょうが、生きていく上で欲しい情報を手に入れるスキルというのが重要なのだと思います。
    日本は知る権利が憲法においても保障されていますが、大手マスコミがそれを担保する時代は終わろうとしていると思われます。それでも日本においては、世界の中でも知る権利や言論の自由は最高レベルに保たれています。
    そう考えると素晴らしい状況で今生きていることができているので、これは喜ばしいことと思います。
    多くの人がそう考えると世の中は良い方向に流れていくのだと思います。

    海老蔵さんの奥様にはご冥福をお祈りします。

      • NoN
      • 2017年 6月 25日

      これからはマスコミの情報を鵜呑みにしている人が遅れている。

      まさに、その通りだと思いました。

      ボクもテレビはほとんど見ず、新聞もとってませんが、昼のコーヒータイムにテレビをつけるのがダメですね。これからは、ネガティブダイエットします。

      出演者名や司会者名で番組フィルターみたいのがかけれるといいのですが(^^♪

        • mocha0509
        • 2017年 6月 25日

        私は四六時中コーヒータイムですが、昼食どきは、ネットの報道番組をよく見ています。
        オンエア中ではなく、アーカイブで拾ってきます。
        CMはカットできるし、見たくないところはとばせるし、相場が動きそうだと番組のいいところでも一旦止めれるし、お気に入りの帯番組であっても、この人の話は聞きたくないなとか、聞いても仕方ないなというときは見ません。
        理路整然としていたり、情報の正確性のある人であっても、その人の言う意見が全面的に正しいとは限りません。
        逆に素人さんでも中には素晴らしい見識を示す人もいます。
        ネット情報の優位性は、早いということもありますが、それよりも内容や質、時間の取捨選択が容易にできるところだと思います。

    • 原口
    • 2017年 6月 25日

    いつもありがとうございます。質問させてください。
    ブログ記事中のドル円、22日の解説に
    「こういう局面で、ボクがよくやるのは、緑〇のような「押し目崩れ」を狙った損切り狙いのブレイクアウトです。」
    とありますが、迷晴さんは15分足で狙ったんでしょうか?それとも5分足や1分足を見て判断されたんでしょうか?
    よろしくお願いいたします。

      • NoN
      • 2017年 6月 25日

      15分では遅いので、1分+5分を視ます。

    • Zemu
    • 2017年 6月 25日

    いつも動画を見させていただいております、初めての投稿かと思います。

    私はマスコミの情報よりネットからの情報を多く取るようになって、癌は保険会社(特にに外資系)のビジネスとしか言いよ

    うがないと思うようになりました。人に恐怖と不安を植え付け保険料を一生払い続けさせる、だから大衆には癌は治らないも

    のと思い込ませておく必要があるんだと思います。そして癌になったらなったで(これもさえも信用ならない)今度は「死ぬ

    かもしれない」という不安と恐怖を利用して高額の延命治療だけをを続けさせる、そして製薬会社が儲かる、全く保険会社と

    製薬会社はグルではないのかとさえ思います。

    有名芸能人、タレントの人を利用して「あんなお金持ちでも癌は治らないんだ」という刷り込みが行われているとしか見えま

    せん。

    上記のことは癌は治るということが証明されなければ単なる陰謀論でしかないわけですが、近年いろいろ情報が出てきて

    いますし、あともう少しで本当の事が分かる時代がくるのではないでしょうか。

    小林麻央さんのご冥福をお祈り致します。

      • NoN
      • 2017年 6月 25日

      「あんなお金持ちでも癌は治らないんだ」これ、保険のおばちゃんとかがクロージングで使いそうです(^^♪
      人の弱点をつくのが、お金儲けの鉄則という人もいますが、感情を引っ掻いて買わせるビジネスは嫌いです。そういうからくりを知ってしまうと、一気に興ざめしますね。

  1. おひさしぶりです。
    その節はありがとうございます。

    といっても以前コメントさせて頂いてから、もう2年くらいは立ってて私のことはご記憶にないと思いますw
    あれから退場を重ね、諦めずいろいろな試行錯誤も重ね、私なりの資産運用術にたどり着きました。

    残念ならがトレード主体ではなくなってしまったのですが、ときどきトレードもしております。
    そんなこんなで私なりの運用哲学を書きなぐったブログの開設にいたりましたw

    また、お手すきの時に遊びにいらしてください。

    今回はまだ自分生きてます!っていう報告とブログの宣伝にまいりましたw

    よろしくお願いします!

    • よっしー
    • 2017年 6月 29日

    初めまして!
    いつも動画で参考にしています。

    ブログ内容とは関係ないのですが、今後の投資・投機(主に為替)について、
    疑問と言うか不安を感じる部分があるので迷晴れさんの意見を頂きたくて
    コメントさせてもらいました。

    今、AI(人工知能)が発達していき、為替などにも導入されていたりして、今後もますます
    AIが為替で活躍する時代が来ると思っています。
    AIが為替を支配し、人間のトレーダーは追いやられて減っていくのでは?と思うのですが、
    迷晴れさんはどのように思いますか?

    さすがに今後のAIなどは予想の範囲でしか分からないと思うのですが、
    迷晴れさんのように本質に基づいたトレードでAIに対抗できると思いますか?

    僕の考えた意見としては、本質に基づいたトレードは通用はするが、それでもさらに技術を磨いた人が
    生き残り、大半が消えていくのかな?と思います。

    よければ迷晴れさんの意見を聞かせてください。

      • NoN
      • 2017年 7月 02日

      全く同じ質問を過去にされたことがありますが、人工知能がどういうものかわからないので、なんともいえません。
      おそらく、過去のデータや傾向から、未来を予測するのだと思いますが、それなら、ボクもいつもしています。

      人工も天然も、同じ知能、ひりの人間として扱って対応しようと思います。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内検索

FX人気口座ランキング
短期売買特化型口座特集
MT4口座特集
システムトレード口座特集

学習ツールと投資関連書籍

フォレックステスター購入
フォレックステスター・導入ガイド
フォレックステスター有料データ購入ガイド
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント
海外FX口座の基礎知識
海外FX口座スペック比較

通貨ペアの相関関係(-100%~+100%)

月別ページ

カテゴリー

シストレ24キャンペーン
FXPLUS
迷晴れBOX