FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を学べるサイト。

menu

迷晴れFX

【リアル実況】しくじりトレード、利食いにはテキトーさも大事。

利食い千人力とは、期待通りに値が動いたのに、さらに利益を追うようなことはしないで、テキトーに利益を確定させるのが良いとする教訓。

スポンサードリンク

チャートには現われない、もうひとつの攻防。

エントリー後に利益が乗り始めても、利食いにむけて、僕らは期待承認という感情の間でトレードしています。相場では売りと買いが攻防してますが、自身の心中は、それとは別のものが押し引きしてるわけです。

通常ならば「想定通りの動きになったので利食いをしよう」と利食いを承認しますが、例えば、小さなイレギュラーが起こると、そのいつもの行動ができなくなることがあります。今回のしくじりトレードも、そんななかのひとつです。

あなたも、今回のような場面に遭遇したら、この利食い千人力という言葉を思い出してください。

プロは簡単に稼げる相場と、そうでない相場を知っていてトレード戦略を使い分けている。
プロトレーダーは簡単な相場で大きく稼ぎ、難しい相場ではムリをしません。今回のユロ円のように短期足から長期足までの目線が揃った状...

自由すぎる選択肢がトレーダーを迷いの森に誘い込む。
相場の基礎知識がわかってくると「選択の森」という迷いの森が出現します。この森は「複雑」という霧に包まれていて旅人を惑わします。

新年早々、中国、中東、朝鮮の悪影響で円が買われました。

d1

白枠、重要なラインでのトレードになりました。結果は下落が続きましたが、このトレードの時点ではどうなるかなんて、わからないです。

フェンダメンタルでは、新年から円買いに傾いていたので、ユーロ円下落が止まりませんでした。

m30

白枠部分をトレードしましたが、ここは、130円日足強者の値Aに挟まれていました。目線は下でしたが、今回のトレードでは戻しも狙っています。

m5

1回目のショートはダブルボトム右谷で利食い損ね、急上昇。その後130円日足強者の値でレンジになってしまい、結局9ピプスで逃げてしまいました。

いつもなら、「想定通りの動き」となり、ダブルボトム完成で利食いますが、そこを見逃してしまい、急上昇後レンジ化したので、「ひょっとしたら下抜けするかも」という期待感が芽生え、レンジ下限で利食いできませんでした。

「人間だもの」ルールを決めていても、こういうしくじりは仕方ないかもしれませんが、期待という魔物に支配されずに、従わせるのは、なかなか難しいものです。

2回目のロング、エントリーポイントは感覚的過ぎて、あまりおすすめできません。レンジを抜けて一度押してからの方がいいと思います。

2回目のロングで利食ったところが絶好のショートポイントとなり安値更新しましたが、途中レンジをつくっているので、これは、結果論ですね。

これをすると損切り貧乏一直線、反面教師的ダメトレード。
東京時間ユーロドル、ダメなお手本トレードですが、こういうトレードを連発するとお金がいくらあっても足りません。

今日のまとめ

心の揺らぎは厄介者です。大きな揺らぎは正しい経験を積めばなくなりますが、いくらフォームができていても、人間なので、その日のコンディション次第で、震度1や2は頻繁に起こります。身体に感じない程度の揺れでも、トレードに現れるのを観るにつけ、1分足チャートが地震計に見えてきます。

jishin

トレードなら震度は心度、地震は自震。初心者なら心度4以上を日々、体感すると思いますが、これは避けられないので、心の耐震化やルールの固定などで備えておくことです。

自震が起きたら、慌てず、まずは身の安全を確保。地震と同様に考えて、自震が来たら避難訓練の通りにルールに則った損切りで資産を守るしかありません。

◆お断り◆
この動画は教育目的で制作されたものです。相場についての個人の見解を過去のチャートから解説したものであり未来の利益を保証するものではありません。ご自身の答えを見つけるヒントにして頂ければ幸いです。

◆著作権◆
当サイトは無料でご覧頂けますが、著作権は放棄しておりません。動画等の作品自体又は作品内容を営利目的でお使い頂くことはできませんのでご注意ください。

詳細はご利用についてをご覧ください。

スポンサードリンク





おすすめトピック

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (30)

    • 初心者の初老おやじ
    • 2016年 1月 13日

    はじめまして。最近この動画を知り毎日勉強させていただいております。本当に感謝しております。
    とんちかんな質問で恥ずかしいのですが・・。損益や損切り幅のご説明の時のピプスのことで前々から気にはなっていたのですが、私が1ピプスだと捉えていたのは、実は0.1ピプス?なんじゃないかと・・、こんなアホな勘違いをしているのは私だけw未だに解決しておりません。知恵を貸して下さい。宜しくお願い致します。

      • Non
      • 2016年 1月 13日

      はじめまして。

      ピプスとは、通貨の最小単位のことです。1ピプスは日本円なら1銭(100ピプスで1円)ドルなら1セントになります。為替にはドルとかポンドとかいろいろな通貨があるので、それをピプスとして統一しています。

      スプレッドとは、FX会社の手数料のことで、ドル円0.3銭のスプレッドなら、0.3ピプスがエントリーした瞬間に引かれます。

      その辺と一緒になってしまっているかもしれませんね。
      下記の記事を参考にしてみてください。

      http://mayohare-fx.com/fxwords-jyunbi/

    • shiina
    • 2016年 1月 13日

    前回アドバイスいただきありがとうございました。
    環境認識に関してですが私はエントリーしてストップ入れた後、何時間もほっておくと意外に利益になってることが多く、エントリー後のもみ、逆行で早めに損切りを繰り返していたことが記録をみるとわかりました。
    迷晴れ動画でいうところの鳥の目で見れていても、虫の目では見れていないんだなとわかり再度、検証を行っています。
    今回の動画は昼ドラのような悲哀からカンフー映画のような追い上げ、そしてエンディングテーマと盛りだくさんで一映画見たような感覚で笑ってしまいました。
    一つ疑問なんですが、2回目のロングエントリーはもみあいの中からブレイクして130円までをとりあえずの目標としてのロングであってますでしょうか。動画内では水平線もなくスルっとはいって伸びていったようにみえて魔法を使ったのかなと思いました。一見、怖い場所にみえたのでそこでエントリーするのが意外だなと感じてました。

      • Non
      • 2016年 1月 13日

      相場では、まず鳥の目、次に虫の目、SHIINAさんのお考えは正解だと僕も感じています。鳥の目があれば、2,3ピプスの誤差はありますが、そうシビアなエントリーポイントで入らなくても伸びていきます。

      2回目のエントリーはブルースリーの如く「考えるな感じろ」エントリー(笑)なので理屈では説明できませんし、本来エントリーすべきところではないです。。下をあきらめ、上に行きたがっていると感じたのでレンジブレイク前に入りました。

      理屈で言えば、レンジブレイクしたあとの押しで入るべきだと思います。130円を狙ったのは、その通りです。

    • りっきー
    • 2016年 1月 13日

    くるみちゃんの「しくじりました…」韓流ドラマの効果音楽のようで心の琴線にふれ目が潤み泣きそうになりましたがセカンドアタックの逆三尊もみ合いからのロングは狙い通りで素晴らしいトレードでしたね。結果しくじっていないので「実録検証!強者の値は今回も強かった」くらいのお題がふさわしかったように思えます(笑)楽しめる工夫たっぷりの動画を今回もありがとうございました(^^♪くるみちゃんに癒されながら月次収支プラスで終われるようにがんばりたいと思います。

      • Non
      • 2016年 1月 13日

      今回は途中、録音できないくなりましたが、お楽しみいただきよかったです。

    • 欄丸
    • 2016年 1月 13日

    こんばんは!
    面白い動画で事故りそうになりました!
    今日は質問があります。つまらない質問ですが…
    Nonさんの動画を知る前には色々な方の動画やブログなどを観たりしてきましたが、いつも思ってた事があります。
    ポン円でトレードする方は少ないんでしょうか?自分がやってる訳ではないのですが、ボラが大きいから同じ勝ちパターンでやれば、『ひゃっは〰』になるのではないかと…すいません、素でそう思ってたもので。またコメントします…でわ(^^)

      • Non
      • 2016年 1月 13日

      スプは大き目ですけど、投機的な彼女(彼氏)にはぴったりの通貨ですよね。ボクはあまりしたことがないのでわかりませんが、性格的にはユーロ円と同じような感じなのでしょうか。

    • 初心者の初老おやじ
    • 2016年 1月 13日

    こんばんは。早速のアドバイスありがとうございました。やはり勘違いしていたみたいです。これからも宜しくお願い致します。

    • ゆう
    • 2016年 1月 14日

    こんにちは。
    くるみちゃんの可愛さに癒されました~。
    2回目のロングエントリーされる前に、
    「何の優位性もないから初心者はやらない方がいい」とご説明された1分足のレンジ内ですが、
    私の癖と言いますか、トレード記録を復習すると、サポートされたはずとロング目線にバイアスがかかり、ロングエントリー後に安値を更新され損切りになる失敗が多いです。(今回はサポートされましたが)
    守破離の動画を繰り返し拝見し、検証もしましたが、どうしてもストップまでの距離が近くて済むWボトムの右側を狙いたくなります。何かご助言をいただけましたら幸いです。

      • Non
      • 2016年 1月 14日

      ローソク足の勢いとかヒゲの出方とか、感覚的なものもあるので、なんとも言えないです。ボクの場合は1分足を観て判断していますが、切り下げラインとかを使うといいかもしれません。

    • けん
    • 2016年 1月 14日

    はじめまして何時も動画を有難く拝見させて頂いています。(今では完全に習慣化しています)
    なんとなくですが動画内で使用されている曲で私と同世代かなと感じます(当方今年で49歳です)
    FXを初めて2年ほど遠回りしましたが迷晴れさんの動画で1から勉強させ頂き半年程たちました。
    最近では年始の下落相場で大きく勝ち越しできています感謝!!

    今回ちょっと気になったので初めてコメントさせて頂きましたが
    チャートのピンバー発生でロウソク足の色が変わっていますが
    インジゲーターによる変更でしょうか?
    お忙しいとは存じますがよろしくお願いします。

      • Non
      • 2016年 1月 14日

      それはMT5チャートのローソク色設定です。実体とヒゲの色を変えてます。

    • taku
    • 2016年 1月 14日

    さすがですね。うまいです。
    この冷静さがすごいです。
    私だとすぐ逃げてしまいそうです。
    売った後にすぐ買ってしまうのがまた冷静に状況を判断していますね。
    迷晴れさんの言っている理屈はよくわかりますが、瞬間に判断するのはかなレベルが高くないと無理だと思います。
    私はポジションを持った後、見ているとすぐに逃げてしまうので、結果的にパソコンを閉じてしまったほうが利益が大きいのでそうしようかと悩んでいるところです。

      • Non
      • 2016年 1月 14日

      見ないというのは、アリだと思います。見ててもどうにもなりませんし、その時間がもったいない気がします。動画撮影していたので監視していましたが、ボクもOCOで見ないときも多いですよ。

        • taku
        • 2016年 1月 15日

        そうしてみます。

    • masatoshi
    • 2016年 1月 15日

    はじめまして。
    いつも大変勉強になる動画、ブログを投稿していただきありがとうございます。
    約1年ほど前からFXに興味を持ちインターネット上に溢れているインジケーター、◯◯手法という情報だけを勉強し、トレード(1000通貨)をしていましたが、この迷晴れFXさんの動画、ブログに出会い、本当に大切なのはプライスアクション、チャートをシンプルに読み解く力をつけることだということを学び、一からFXの学び方を変えるきっかけになりました。とても感謝しています。
    そこで、アドバイスを頂きたいのですが、近々FT2を購入し、テーマを一つに絞り検証を始めていきたいと思っています。
    FT2での検証と並行して、リアルマネーでのトレード(1万通貨)をするべきなのか、否かということです。
    FT2では得られない相場の時間感覚を掴む、待つ訓練の為にリアルマネーでのトレードをしたほうが良いのか、もしくは
    FT2での検証→デモトレードで実力を確認→リアルトレードの方が良いのでしょうか。
    とても個人的な質問になってしまい、申し訳ございませんが、アドバイスを頂けると嬉しいです。

      • Non
      • 2016年 1月 15日

      走りながら考えるべきです。完璧なトレードが出来るようになってからリアルでとなると、いつまで経っても勉強ばかりで頭デッカチになってしまいます。
      本日はセンター試験なので…

      1.環境認識+機能する水平線の検証が一番大事です。(基礎学習)
      2.トレードルール(応用問題)の検証、ルールをひとつに絞ること、FT2のVIPデータ購入で、ほぼリアルに近いタイミング検証可能です。
      http://mayohare-fx.com/forex-tester/
      3.デモトレード(模擬試験)
      4.リアルトレード(センター試験)

      5.あとは仮説テーマ毎に検証(応用問題)・デモ(模擬)・リアル(本番)の繰り返しです。

    • kazuo Momiki
    • 2016年 1月 15日

    迷晴れさんこんにちは。

    今回のトレードも、迷晴れさんにとっては「しくじった」かもしれませんが、私にとっては勉強になりました。
    1、微益でも取る逃げのタイミング。
    2、すぐに頭を切り替えて次の策を練る。
    3、新しいシナリオを立てて再度エントリー。
    昔の私だったら
    1、粘りに粘って結局損切り。
    2、冷静さを失いチャートを眺める。
    3、そのまま眺めて次のチャンスを逃す。
    こんな感じでしょうか。
    最近は微益でも取って逃げるようになってきましたが、その後の作戦がなかなか立てられずにチャンスを逃すこともあります。
    「しくじった」後もチャートは動いてる事を忘れずに、冷静に対処しないといけませんね。
    また、勉強させてもらいました、ありがとうございます。

      • Non
      • 2016年 1月 15日

      負けたところや、逃げたところは、次のチャンスになることがよくあります。ただし、慌てると連続でしくじるので要注意です。、

    • mocha0509
    • 2016年 1月 15日

    こんにちは、

    2回目のエントリーは、「えっ、ここでロングですか?」という感じでしたが、見事に上昇していきましたね。
    私が感覚的に入ると、ほぼ例外なく見事に逆行します(泣)

    私は、20年以上現場作業を見てきましたので、初対面の人でも、その立ち姿を見ただけで、その人にスキルがあるかないかが瞬時にわかりました。(今や人を使う仕事は嫌で辞めたので、全く役に立たない能力になってしまいましたが)
    しかし、なぜその人が出来る人なのかそうでないのか、論理的には説明できません。見たらわかるだろうの世界です。何人もの人の作業を見続きて、いつの間にかその共通項が一瞬でつながり判別できるようになったと思われます。
    相場も早くそうなりたいものですね(笑)
    だれにでもその素晴らしい能力があると信じたいです。
    それを発揮するための膨大な努力・経験も必要ですが。

      • Non
      • 2016年 1月 15日

      教科書的にはレンジブレイクしてから…ですが、どうせ上昇するだろうと、ブレイク前に入りました。

      観ているのは、ローソク足の立ち振る舞いです。レンジ時間がある程度の長さになると、シャッターチャンスのような瞬間があるんですよね。

      利確目標まで20ピプス、一気に伸びてしまったり、押しが浅いと利益が少なくなるので、多少リスクをとってエントリーしました。

    • Aちゃん
    • 2016年 1月 16日

    迷晴れFX様

    いつも動画拝見して参考にさせていただいております。

    質問なのですが迷晴れFX様のようにFX経験が長く知識に富んでいるにもかかわらず
    あえて1分足のようなスキャルに近いトレードを選択されているのは何故でしょうか?

    特に1分足や5分足、15分足でもダウが効かない場合も多く騙しや予想外のレート変化があり
    時間足が短ければ短いほどトレードは非常に難しくなると思うのですが・・・

    ・ロット数が大きくして取り引きしているため?
    ・1回の取り引きの完結が早く気分的に楽?
    ・損切りピップが少なくて済む?
    ・利益を上げる点ではデイトレ、スイングそしてスキャルもそれ程変わらない?
    ・デイトレ、スイングは一般的に言われている程簡単ではない?
    ・ある程度経験を積むとスキャルに行き着く?

    などなど勝手に想像しています。

    迷晴れFX様はどのような見解をもたれているのでしょうか?
    差し支えなければご意見をお聞かせ願えれば幸いです。

      • Non
      • 2016年 1月 16日

      スキャル、デイトレ、スイングの時間感覚が、人によって違うと思うので…ボクの場合は、一回の利益が20~30ピプス(伸びないと10)位が多いです。一発で100ピプス以上を狙うトレードはしてません。一瞬だけ下がるところを抜くなどというスキャルでは数分でケリをつけます。

      これはボクの考えですが、時間軸が変わっても、尺が変わるだけで、チャートの見方は同じような気がします。エントリーはスキャルタイミング、イグジットはデイトレ、スイング(伸ばせるなら)というのが基本的な姿勢です。

        • Aちゃん
        • 2016年 1月 16日

        早速のご回答ありがとうございます。

        損切りの小さいスキャルで相場を見ながら
        思惑のほうへ動く可能性が高い所でエントリーして状況によって利を伸ばすような姿勢ですか。

        相場経験が長くなればスキャル程度の値の動きは捉えやすくなる瞬間が分かるようになり
        そこで勝負をすれば勝率は高いのかも知れませんね。

        私も勉強頑張ります!

    • 初心者の初老おやじ
    • 2016年 1月 16日

    こんにちは、お世話になっています。

    また一つ教えて下さい。

    迷晴れさんクラスになりますと、勝った10回の内に、何回位は一時的な含み損を抱えてからの利確となりますか?

    私は勝った時でも、ほぼ毎回数ピプスの含み損を抱えるものですから・・。

      • Non
      • 2016年 1月 16日

      5ピプス程度なら、しょっちゅうありますよ。

        • 初心者の初老おやじ
        • 2016年 1月 16日

        有り難う御座いました。。参考にさせて頂き、引き続き学ばせて頂きます。

    • しげる
    • 2016年 1月 18日

    こんばんは、ビックリしました。曲使って頂いて、大変驚いています。ありがとうございます。

    今の心境を曲にしましたが、月トータルでトントンか少しプラスになるように、焦らずやっていきます。

    今後ともよろしくお願いします。

    • かにずき
    • 2016年 7月 22日

    拝見させていただきました。

    昨日、ちょうど今回のお話しにあるような、自分の心の状態から失敗してしまいました。
    そに日は朝からいつもと心身の状態が違い気付いてはいました。
    失敗トレードの前にいつもは控えている物を食べていたことにも後から気が付きました。
    それを食べたから失敗したのか、そういう心境だから失敗したのか。
    本当のところはわかりませんが、迷晴れ様もおっしゃっているように僅かなことに影響されてしまうのだなと実感しました。

    素晴らしい気付きをありがとうございました。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

迷晴れ動画アワード2017

サイト内検索

FX人気口座ランキング
短期売買特化型口座特集
MT4口座特集
システムトレード口座特集

学習ツールと投資関連書籍

フォレックステスター購入
フォレックステスター・導入ガイド
フォレックステスター有料データ購入ガイド
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント
海外FX口座の基礎知識
海外FX口座スペック比較

通貨ペアの相関関係(-100%~+100%)

月別ページ

カテゴリー

シストレ24キャンペーン
FXPLUS
迷晴れBOX