FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を学べるサイト。

menu

迷晴れFX

プロは簡単に稼げる相場と、そうでない相場を知っていてトレード戦略を使い分けている。

プロトレーダーは簡単な相場で大きく稼ぎ、難しい相場ではムリをしません。今回のユロ円のように短期足から長期足までの目線が揃った状態になると割と簡単に利益を出すことができます。
photo credit: JD Hancock via photopin cc

スポンサードリンク

 短期足から長期足の目線が揃えばビッグチャンス相場。

動画は日本時間午前中のリアルトレードを撮影しましたが、その日の内に相場が上昇を始めました。長期足である日足のダウが転換して、各時間足の目線も買い目線となり、大きな波が発生しやすくトレーダーとしては大きく稼げる局面です。

日足ダウが転換して、すべての時間足が買い目線になっている。

20140918b

日足高値R1で一旦上昇を止められましたが、日足はネックラインを上抜いた時点で買い目線になっています。上図には記されていませんが、下には週足や月足クラスのサポートがあり、日足ダウ転換に拍車をかけています。

日足の押し目は、1日かけてつくられる。

20140918a

日足などの長期足になれば押し戻し部分を作るのに相当の時間を要します。5分足が手漕ぎボートだとすると日足はタンカーのようなUターンの仕方をします。そういう動きになる可能性を知っていればBOX1のような動きにも静観できるようになります。BOX1のような転換部分は難しいので、積極的に手を出すべきではありません。

ロングでガンガン行こうぜ!

20140918c

ネックラインS1を抜けてしまえばロングでガンガン行きたい相場です。僕が動画でエントリーしたポイント①は結局R2を抜けず、全戻しの可能性があったので逃げましたが、その後R2をブレイクしました。参考までに、その後のエントリーポイントを紹介しておきます。

エントリーA:ネックラインS1を背にしてのロング、一番早いエントリーです。

エントリーB:R2を抜けてからの押し目買いは、レジスタンスだったR2が今度はサポートになるという教科書通りの動きをしているので入りやすいはずです。ただし損切り幅には注意ですね。ポイントAまでの値幅が許容できれば入れます。

エントリーC:R2に瞬間的に押し目を付けに来る動きを知っていれば入れますが難易度は高めですね。

エントリーD:BOX2抜けロング、R1は日足高値なので当然売りが入ってきましたが、その攻防BOX2を上抜けたとなればR1ブレイクを狙ったエントリーができます。

エントリーE:日足高値R1を抜けてからの押し目買い、レジスタンスがサポートになる。こちらも教科書通りの動きですね。

初心者の方でも入りやすいのはエントリーBとエントリーEです。

大事なことは、こんな上昇相場でショートは考えなくてもいいということです。もちろん上級者になれば、押し目までのショートを取ることができますが、初心者がこれをやると大概負けます。こういう相場は簡単に稼げる局面なので目線を固定してガンガン攻めていきたいところです。

今日のまとめ

相場には簡単な局面と難しい局面があります。1時間足BOX1の中は取れなくても全然問題ありません。むしろ、こんな相場で利益がとれても誰も褒めてくれませんし疲れるだけです。逆にBOX1を抜けてからはガンガン攻めるべき相場です。こういう局面で利益を出せないといったいどこで稼ぐの?となります。

■投資のリスクについて■この動画、ブログは、相場について個人の見解を解説したものであり、利益を保証するものではありません。投資をされる場合は、それに関わるリスクを十分ご考慮の上、ご自身でご判断ください。

スポンサードリンク



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • かにずき
    • 2016年 6月 14日

    拝見させていただきました。

    簡単な相場と難しい相場はなんとなくわかるとは思うのですが。
    なかなか値動きの初動を察知できないのが未熟なところです。
    いつも後手にまわった動きになっています。
    入ることばかり考えているからかもしれません。

    ありがとうございました。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FX人気口座ランキング
NDD業者
MT4業者
システムトレード

学習ツールと投資関連書籍

FT3
相場観を鍛え、貴方だけの聖杯をつくるソフト。
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント

迷晴れFx限定 タイアップ・キャンペーン

シストレ24キャンペーン
海外FX口座
海外FX口座スペック比較

月別ページ

カテゴリー

GOOGLEサイト内検索

Facebook

Twitter

インフォメーション

迷晴れBOX