FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を鍛えるサイト。

menu

迷晴れFX

【週ナビ#83】相場は呼吸のように吸って吐いてを繰り返す。

呼吸のように相場も息を吸って吐いてを繰り返しています。大きく吸えば大きく吐き、小さく吸えば小さく吐きます。呼吸が乱れれば難しいチャートになり、吐き出しから吐ききるまでがトレンドと呼ばれます。

時間と価格という2つの調整

上昇、下降がある程度続いたあと、相場は調整期間に入ります。このとき上位足に対して、下位足がフラッグ、平行レンジ、ペナントなどのチャートパターンをつくります。

調整に入ったか否かの判断はすぐにはできませんが、たとえば、高安を更新しなくなったら、調整入りの可能性を疑うできでしょう。

ボクは調整を2種類に分けていて、トレンドのプルバック(押し戻し)のような価格調整と、単なる時間調整があります。

息を吸い込む段階の調整中は、息を吐き出してからの値動きとは違います。チャート的にもわかりにくくなるので見送るか、レンジ扱いで対応することになります。

調整と思ったら、そこが天底になってトレンド転換することもありますが、上位足レジサポをみていれば見当がつくはずです。

はぁはぁと息の荒くなった短期足はリズムがつかめず難しいですが、よくみると上位足の調整中だったりすることが多いです。

ユーロドルはキレイなフラッグをつくり落ちていった。

eurusdh4

4時間足に週足ロウソク表示

週足高値(図右下)でレジスタンスされてからの下降波続きを捕るトレード。数回の調整を経て安値ブレイクしていきました。

週足高値レジスタンスという事実から、買いよりも売りが幾分優勢という見方もできます。

レンジAではダマシ的な動きもありましたが、結果的に4時間足21SMAに頭を押えられ、下にブレイクしました。

安値H4-2は強い上昇波起点でしたが、ここも突破され、次のサポート安値まで落ちていきまた。

週足(右下図)を見るかぎり、ダブルボトム、レンジ、下降波継続など、複数のシナリオが考えられますが、今の流れが下げ止まるまでは売り優勢で考えています。

eurusdm30

30分足に日足ロウソク表示

調整1
上位足レンジA個所で2日間続きました。30分チャートだけ見れば、一旦上にブレイクしてレジスタンスを試してからという可能性もありましたが、4時間足21SMAまで時間調整したのちに動き出しました。

調整2
サポートH4-1をすでにブレイクしているので、ここを背中に売りたいですが、どのタイミングで落ち始めるかはわかりません。上から売るならローソク足形状(ピンバーや十字)に注目するか、切上げを引いてブレイクで入るかでしょう。いづれにしても、ここでロングは狙いません。

調整3
サポートH4-2をブレイクしたあともフラッグをつくりました。フラッグになるかどうかは、しばらくたたないと分からず、勢いによっては調整なしで落ちることもありますので、一回目は上から売って、結果として微益微損で逃げるのは仕方ないと思います。問題は調整に入ったことに気付かずに、何度も売り買いをしてしまうことです。

レンジB
フラッグを抜けても1.120との間でレンジをつくりました。こういうところではボリンジャーバンドのスクイーズが助けになって余分なリスクを回避できます。

調整4
この調整がフラッグになるか、H4-3を底値とした動きになるかは未定です。切上げを抜けても、再度H4-3を試してから反転上昇なんて可能性もあります。

ドル円は先週からの売買攻防ゾーンを上方ブレイク。

usdjpyh4

4時間足に週足ロウソク表示

先週からの売買攻防ゾーン(レンジA)をブレイクしてネックライン(H4-2)に到達。達成感の利食いも入ったところで週末を迎えました。

usdjpy30

30分足に日足ロウソク表示

レンジA
上目線固定ならL1からロング、下目線なら109円やL2からのショートですが、安値切上があるので上目線優勢でしょうか。

スポンサーリンク

ブレイクアウト(BO)A
このブレイクは要注意、サポートされるべきレートがL3やL4と離れすぎています。その後の値動きも、下振ってから上昇だったので難しいです。

安値1
この安値は下振ってからの上昇、その後の押し目なので上に抜けやすいと思います。

調整1
強い陽線を棒としたフラッグになりました。しっかりと息を吸い込んでから高値109.50をブレイク、30分足21SMAが上昇の起点になりました。

調整2
時間調整ぽいレンジ、ここでも30分足21SMAから上昇しました。

調整3
目標高値(H4-2)まで届かなかったことでフラッグ化しましたが、これが目標達成後なら三尊天井となります。チャートパターンはこのように移ろうものです。

ユーロ円はレンジ入り。

eurjpyh4

4時間足に週足ロウソク表示

ボクはサポートH4-4をダブルボトムとした上目線で見てましたが、H4-2で頭を押えられてレンジ化しました。ここで売買攻防の決着がつくまではレンジ戦略になります。

eurjpym30

30分足に日足ロウソク表示

攻防1
安値(H4-3)より少し手前で下げ止まり、高値1からの売りと攻防しました。水平線の手前で反転したので決着がつくまで手が出せません。

調整1
高値1の波の内側でレジスタンスされフラッグ化、これも、売りが勝てば天井パターンになりますが、上位足ダブルボトムのせいか上抜けしました。
急上昇した反動の急落は想定内でしたが、その後安値3からは、わかりにくいチャートとなりました。

安値3
安値3からの買いが高値4で失速したら、もはやレンジ入りです。値幅があるのでトレードは可能ですが、中身の少ない相場になるので、大きな利益は望めません。

今日の雑記

スマホでYouTubeを見ていたらCardboardという眼鏡のようなマークが新たに追加されているのに気づきました。

これはグーグルの新たなサービスで、特殊なメガネをかけて動画を見ると360°のバーチャルリアリティ動画を体験できるというものです。眼鏡はダンボール製で1,500円程度、ネット購入したり100円ショツプの材料で自作できるそうです。実はボク、かなり前にハコスコというダンボール眼鏡を購入していて、これそのまま使えそうです。YouTubeの進化が止まりませんが、凄いのは、こういった新技術が誰でも無料で使えることですね。

ボクの知り合いに幅広い人脈を持つ60代後半のK社長がいます。よく連絡をいただいてコメダという珈琲屋でお茶をする仲なんですが、ボクのような根無し草とは違い立派な経営者の方です。いつも、二人でビジネスのアイデアを練っていますが、実現するか、しないかは別として、ほとんど遊び感覚で楽しいです。

そんなK社長が、プロモーションビデオ(PV)をつくれないかと連絡をくれました。

大手不動産会社の会長と友達らしく、名古屋の高級住宅地で1億円の建売住宅をいくつか販売していて、ボクの話をしたら、面白そうだから動画をとって欲しいという流れになったそうです。

しかし…ボクの撮る動画はパソコン画面をキャプチャーしたもので、PVのような動画はつくったことがありません。映画を見るのは好きですが、そもそも、映像制作スキルや経験もゼロ、カメラはもちろん三脚すら持っていません。

つまり、技術も機材もありません。

少し前、K社長に頼まれて動画を何本か撮って差し上げたんですが、その中にシネマチックなものがあって、どうやら、それを気に入ってくれていたようです。

どうなるか全く見当が付きませんが、すべてをiphone一台で撮影することを了解してもらいました。

映像制作のプロからしたら、お前なめてんのか!と叱られそうですが、ボクひとり、iphone一台で映像作品をつくることに壮大なロマンを感じます。

iphone一台で1億邸宅を売る。

面白いことにチャレンジできる、いい時代だなぁと思います。

◆お断り◆
この動画は教育目的で制作されたものです。相場についての個人の見解を過去のチャートから解説したものであり未来の利益を保証するものではありません、自分の答えを見つけるヒントにして頂ければ幸いです。

記事内容に関するご質問やご意見、応援メッセージはコメント欄をご利用ください。

コメントを「読者さまの声」としてブログや動画に掲載させていただくことがございます。

個人が運営していますので以下のご質問にはお答えできません。

・サイトの趣旨と無関係なこと。
・個人的なエントリーやチャートの診断
・調べて頂ければ自己解決できること。
・誘導リンクのあるもの。

◆著作権◆
当サイトは無料でご覧頂けますが、著作権は放棄しておりません。動画等の作品自体又は作品内容を営利目的でお使い頂くことはできませんのでご注意ください。

詳細はご利用についてをご覧ください。



こちらの記事もあわせてご覧ください

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (13)

    • オク
    • 2016年 5月 22日

    こんにちは
    映像制作の話し素晴らしいですね、人生いい事も悪い事も何があるか本当にわかりませんね、
    週刊チャートのオープニング映像の素晴らしさからして、きっといいものが出来ると思います。どんなものが出来るか是非見てみたいです!難しいとは思いますが、、、
    年齢と共に色んな事をあきらめてしまいがちですが、私も励みに頑張りたいと思います

      • Non
      • 2016年 5月 22日

      若い頃はお金にならないこと、得にならないことはやらないと、お金や周りからの評価が基準でしたが、最近は、巡り巡ってみたいな感覚になってきました。歳のせいですかね(^^♪

    • たろー
    • 2016年 5月 22日

    初めて投稿させていたいただきます。
    一年ぐらい前に、迷晴れさんの動画を見つけて、今日までのすべて拝見しました。
    私の日々のトレードに役立ち、とても感謝しています。ありがとうございます。
    今回の動画で、一点質問させていただきます。
    いつもチャートに25のボリンジャーバンドを表示して、補助的に使っていたと思いますが、今回21の
    ボリンジャーバンドを使用したのには何かイミがあるのでしょうか?
    過去動画で、「インジケータの一度決めたパラメータの数字は変えずに、そのインジケータが利いている時間足を探して、トレードすること」みたいなものがあったと思うのですが。
    ご回答よろしくお願い致します。

      • Non
      • 2016年 5月 22日

      ご存じのように、ボリンジャーのミドルバンドは移動平均線です。21は25より少し反応が早い程度で、ほとんど差はありません。ボリンジャーは25のままです。ボクの中では21も25も同じようなもので補助的に「付近」として見ています。あくまで、エントリーのひとつの条件になる程度のものです。

    • mocha0509
    • 2016年 5月 22日

    こんにちは、

    根無し草ですか?
    いえ、迷晴れブログがしっかり根付いてます。
    昔、北斗の拳で、雲のジューザという登場人物がいましたが、我流の拳を使い雲のように生きる。
    ジューザのように我流のテクニックでプロの仕事に挑む。カッコイイじゃないですか。
    成果があることを祈念してます。

      • Non
      • 2016年 5月 22日

      北斗の拳、懐かしいですね。ジューザみたいなカッコいいもんじゃないですが、挑戦してみようと思います。こういう些細な出来事がきっかけで、何かが始まることは過去にもあったので。

    • りっきー
    • 2016年 5月 22日

    今週も振り返りと気づきをありがとうございます。iPhoneでの豪邸のプロモ素晴らしいですね、おそらく技術だけでなくお人柄を信頼通してのお話だと思われますし趣味やお仕事のボーダーの延長であらたなことに挑戦できる幸せってワクワクしますよね、どうぞ頑張ってください☆

      • Non
      • 2016年 5月 23日

      人を感動させることで生きていけたら最高です。トレードは、いろんな意味で、それができる「余裕」を与えてくれている気がします。

    • 高浜 弘樹
    • 2016年 5月 24日

    何時もお世話になります。

    お久しぶりです。

    今日は迷晴れfxさんに御礼が有りましてコメントさせて頂きます。

    自分はサーフィンが趣味で、先日もサーフィンに行って来ました。そこで感じた事なのですが、サーフィンは相場と良く
    似ています。

    相場と同じくサーフィンも自分には師匠たる人物が居なく何時も孤独でした。
    そして無知が故に自分の行動の一体何が正しくて何が間違っているのかを何をもって証明すれば良いのか分からず苦しんで波に飲まれ続ける日々を送っていました。
    そして人に聞けどネットに頼れど引き出せる情報と言うのは「とにかく○○すればいい」みたいな抽象的な事ばかりで 何故 ○○するのか何故○○してはならないのかについては一切分かりませんでした。
    そんな中ある日海に行き高台からぼーっと波を見ていると気づく事が有りました。それはサーフィンは波に乗るスポーツであり、具体的には波に呼吸を合わせて波と共に行うスポーツだと言う事です。

    当たり前じゃないか!!と思うかも知れませんが私はわかっている様でわかっていませんでした。 毎日の様に自分のスキルの無さに悲観していましたが、そうでは無く単に波を読む ないしは波を見る目が無かったから板の上に立つ事すら出来なかったのです。

    波が割れる場所の近くに寄り過ぎて崩れる波と共にテイクオフしていたため崖から落下する様にテイクオフしてしまい巻かれる、逆に波が割れる場所より沖で波待ちしすぎていた為波に置いて行かれるなど、高台から眺めた事により自分の失敗及び間違いが明確になりその後は嘘の様にすんなり行き、やっとサーフィンにおける自分の間違いの「何故」が分かりました。

    しかし今書いた事は相場でやった失敗と全く同じで、ただ対象がfxなのかサーフィンなのかの違いであり、やってる事は同じなんだど身にしみました。

    物事は結局前提となる必要最低限の知識やスキル、サーフィンであれば波を見る目やパドリング、相場であればダウ理論や水平線などが有って始めて正違の判断がついて結果成長に繋がる、そう言った「人間力」を迷晴れfxさんは私に気付かせて下さいました。

    もしかしたら迷晴れフィッシングだっかも知れないし迷晴れDIYだったかも知れない、迷晴れfxさんのブログを見続け此処に来てやっと、本当の迷晴れfxに出逢えた気がします。

    自分の実家の家業も上手く行って居ないのですが、何とか出来る気がします(笑)

    長々と失礼しました。
    そして本当に有難うございました。

      • Non
      • 2016年 5月 24日

      このブログや動画の目的は「視る目を養うこと」です。これは、すべての事象に応用できる万能ツール的なモノの考え方だと思ってます。相場でいえば上位足で相場を俯瞰して環境認識をすることが、手法よりも大事なことを意味します。

      そこが抜けている人は、永遠に波をつかまえられず、ドラムでもグルーブ感を出せません。サーファー、ドラマー、トレーダー、全てアーティストです。

    • はる
    • 2016年 5月 24日

    Nonさん、こんにちは。五香のはるです。お久しぶりです。
    コメダは、こちらにもたくさん出来てます。わたしは数年前まで生粋の名古屋譲でしたのでシロノワールとの再会は感激でした。

    トレードの方は、慎重すぎて機会損失が多いので、LCをイヤがって今の収支プラスを守るよりも、機会は逃さずつかむことが最優先課題になっています。わたしだけかもしれませんが、自分の行動なのに一貫性を持たせる訓練は、馬の調教か、筋トレか、という感じです。今はリアルマネーはお休みしてデモトレードで訓練中です。これをクリアしたら素晴らしい景色が広がると信じて奮闘です(^^)

    雑記のiphone一台で1億邸宅を売る、かっこいいですね!!
    水平線1本でFXで勝つ!と同じ、Nonさんスタイルですね!!
    もし、動画が公に公開されることがあったら、その時はブログで教えてくださいね☆

      • Non
      • 2016年 5月 25日

      どこかで必ずリスクはとらねばならないのがトレードなので、何度も練習して、負けても納得できる内容にしていくしかないですよね。

    • かにずき
    • 2016年 6月 01日

    拝見させていただきました。

    複数時間足のによる確認が大切とわかりながら、
    いつも気がつくと単眼的な思考になっています。
    自分の悪いパターンにも注意をはらいます。

    いつもありがとうございます。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内検索

FX人気口座ランキング

オリジナル・インジケーター

オリジナルインジケーター販売所
オリジナル・インジケーター動画・記事まとめ

特化型FX口座開設

短期売買特化型口座特集
MT4口座特集
システムトレード口座特集

学習ツールと投資関連書籍

フォレックステスター購入
フォレックステスター・導入ガイド
フォレックステスター有料データ購入ガイド
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント

あなたの負けトレードを徹底解説!

迷晴れボックス
海外FX口座の基礎知識
海外FX口座スペック比較

月別ページ

カテゴリー

シストレ24キャンペーン
FXPLUS