FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を鍛えるサイト。

menu

迷晴れFX

第三のシナリオ、あえて”なにもしない”ことで得られる3つの得。/週ナビ#311

週刊チャートナビ(2020.11.16~2020.11.20)は、ドル円、ユーロドル、ユーロ円の主要三通貨ペアの一週間を振り返ったチャート考察です。

ドル円

今週の見通し

4時間足に月足+週足ロウソク

共通認識
  • 19年安値を月足終値は下抜けてなく、2週前終値はブレイクしたが先週の急騰で打ち消された。
  • 先週陽線高安を基準に考える。
売り手の材料
  • 大きくみると10月高値を上抜くまで売り目線。
  • 日足下降CH高値で先週高値1回目のレジスタンス。
買い手の材料
  • 先週安値逆三尊
  • 2週前戻り売りを打ち消した先週大陽線。

TR上段㊤:10月高値

TR中段:先週高値と19年安値(先週陽線半値押し目)

TR下段㊦:先週安値

4時間足ベアの視点:10月高値発下降波の戻り売り基準。19年安値を割れば9・10月安値104.0までショート、または、先週高値への上値試しからショート。

4時間足ブルの視点:先週安値強反発が根拠①逆三尊右肩ライン×19年安値サポートで先週高値への2回目の試しをロング。②104.0と19年安値は攻防するかも。

今週の値動き

1時間足に月足+週足+日足ロウソク


17日火曜、先週安値を頭にした逆三尊肩ライン崩れから、先週安値ネックまで売られた。9・10月安値104.0サポートが想定よりも弱かった。

毎日の見通し

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

11/16月曜

先週月曜大陽線の半値押し目+逆三尊右肩ライン付近まで押されてる。

1時間足ベアの視点:①金曜陰線のNボックスで戻り売り、戻り目見当は先週火曜安値見当。②月曜大陽線半値押し目+19年安値104.5の押し目崩れで、9・10月安値104.0までショート。

1時間足ブルの視点:月曜大陽線半値+19年安値104.5で押し目買い。

11/17火曜
  • 米国の製薬会社ファイザーに続き、米モデルナ社が新型コロナウイルスワクチンの治験で94.5%の有効性が確認されたとの報道を受け、急騰したが、この値動きはすぐに帳消しになった。
  • テクニカル的には、先週水曜高値発下降波戻り売りが19年安値を2回目に試してるところ。

1時間足ベアの視点:月曜大陽線半値+19年安値104.5の押し目崩れで9・10月安値104.0までショート。

1時間足ブルの視点:月曜大陽線半値+19年安値104.5で押し目買い。

11/18水曜
  • 19年安値の押し目崩れで104.0目前まで売られた。
  • 104.0は先週安値トップの逆三尊右肩でもあり、ここで押し目買いされるなら底値固めに2日ぐらいかかるかもしれない。

1時間足ベアの視点:①前日陰線の戻り売り、戻り目は19年安値裏。②このまま104.0を割るようなら、先週安値ネックまでショート。

1時間足ブルの視点:104.0逆三尊右肩サポートからの1時間sma21上抜きで、19年安値裏までの戻りをロング。

11/19木曜

104.0サポートが予測よりも弱く、ズルズル売られて前日陰線終値がブレイク、先週安値ネックでサポートされた。

1時間足ベアの視点:前日陰線の戻り売り、戻り目は104.1。このまま前日安値+先週安値ネックを割るようなら、103.5に警戒しつつ先週安値までついていく。

1時間足ブルの視点:先週安値キリアゲ2番底狙い。先週安値ネック2回目のサポートで前日戻り高値104.1までロング。

11/20金曜

先週安値ネックまで戻り売りされた。

1時間足ベアの視点:4時間sma21戻り売り、先週安値ネックを割れば103.5まで、さらに、これを割れば先週安値まで。

1時間足ブルの視点:先週安値ネックでWwボトムになれば104.0までロング。

毎日の値動き
15分足に週足+日足+4時間足ロウソク

11/16月曜

東京時間、19年安値での反発待ち。

ロンドン初動、19年安値で1回目の反発確認、ミニWボトム待ち。

NYオープン前に急騰!金曜Nボックス内、ミニMトップネック割れで赤1ショート、急騰安値でアウト。

11/17火曜

東京時間、19年安値で押し目待ち、1時間sma21×東京高値を上抜けたらロング。

ロンドン初動、19年安値割れで赤1ショート、急落を期待したが、9・10月安値104.0手前ミニWボトムでアウト。

11/18水曜

東京時間、9・10月安値104円をあっさりブレイク。

ロンドン初動、黄1戻り売りは、先週安値ネックまで値幅なく見送り。

NY初動で再び104.0を試したが、黄2ショートも同じ理由で見送った。

11/19木曜

東京時間、先週安値ネックへの2回目の下値試しを確認。

ロンドン初動、1時間sma21を上抜き反発で青1ロング、4時間sma21タッチアウト。

NY時間、4時間sma21反発からの高値キリサゲで赤1戻り売り、先週安値ネックでOCOアウト。

11/20金曜

4時間sma21まで戻ることなく、先週安値ネック張り付きでノーポジ。

ユーロドル

今週の見通し

4時間足に月足+週足ロウソク

共通認識
  • 9月陰線はハラミ足。
  • 先週は2週前大陽線の半値まで押して強反発、逆三尊を形成。
  • 8週前ハラミ足高値ブレイクは微妙。
売り手の材料

先週安値を崩せば、9月安値Wボトム崩れの可能性がでてくる。

買い手の材料
  • 9月安値Wボトムは日足押し目候補。
  • 先週安値の逆三尊が底値試し完了サインとなるか?

TR上段㊤:9月高値

TR中段:7月高値1.190と先週安値

TR下段㊦:9月安値Wボトム(日足押し目候補)

4時間足ベアの視点:9月安値Wボトム崩し狙い。先週安値を崩せば9月安値目安だが、1.170付近にも伏兵が潜んでそう。

4時間足ブルの視点:9月安値Wボトム基準での日足押し目買い。先週安値逆三尊が9月安値Wボトムへの下押し完了サインとなるか。

今週の値動き

1時間足に月足+週足+日足ロウソク


先週安値発上昇トレンドが先週高値を試して、火・水高値で2番天井を形成、その後、先週安値発上昇波半値押し目買いが、再び先週高値を試し、Mmトップの可能性を残した。

毎日の見通し

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

11/16月曜
  • 2週前陽線半値押し目買いと9月安値Wボトムネック1.190レジスタンスの攻防。
  • 先週安値の逆三尊が9月安値Wボトムへの底値試し完了サインとなるか。
  • 先週水曜ハラミ足+2。

1時間足ベアの視点:金曜高値レジからの1時間sma21割れで、逆三尊肩ライン1.180までショート。

1時間足ブルの視点:先週安値逆三尊ネック(金曜高値)上抜けで7月高値目安にロング、逆三尊肩ライン1.180への下押しがあれば買いやすい。

11/17火曜
  • 1.175逆三尊頭・2週前陽線半値押し目買いと9月安値Wボトムネック1.190レジスタンスの攻防。
  • 逆三尊ネック(金曜高値)を上抜き1.190を目指したが8週前高値でレジスタンスされた。

1時間足ベアの視点:先週高値1.190付近Mトップ狙い。8週前高値、または、1.190で2番天井をつくれば、先週安値1.175に向けてショートを考える、1時間CH安値割れで売りやすくなる。

1時間足ブルの視点:先週高値1.190ブレイク期待で、先週安値発上昇波の押し目買い、1時間上昇CH安値と前日安値を押し目候補とする。

11/18水曜
  • 先週安値発上昇波の押し目買いがされたが、前日陽線終値は8週前ハラミ足高値でレジスタンス。
  • 1.190に2番天井をつくるか、先週安値を9月安値Wボトムへの底値試し完了サインとして、このまま上抜けていくか?

1時間足ベアの視点:1.190反発、または、前日安値を割れば月曜安値までショート。

1時間足ブルの視点:①1時間上昇CH安値×前日安値への下押しから、8週前高値に警戒しつつ1.190までロング。②月曜安値まで売られれば買いに備える。

11/19木曜
  • 先週高値1.190に対して、火・水高値でキリサゲ2番天井を形成。
  • 1.190の2番天井から先週安値に向けて売られ始めるか、先週安値サポートが効いて上抜けていくか?

1時間足ベアの視点:先週高値2番天井(火水高値)から先週安値発上昇波の半値押し目候補・月曜安値までショート。火曜安値+1.185からの上値試しを受けて月曜安値までショート、このまま火曜安値を割れば、月曜安値までショートして戻り売りに備える。

1時間足ブルの視点:先週高値2番天井(火水高値)崩れ狙い。火曜安値+1.185サポートで1.190抜け期待のロング、または、月曜安値まで売られれば、先週安値発上昇波を押し目買いに備える。

11/20金曜

先週安値発上昇波半値(月曜安値)押し目買いが、先週高値2番天井を崩しかけている。

1時間足ベアの視点:先週高値2番天井でMmトップになれば月曜安値を目安にショート。

1時間足ブルの視点:先週高値1.190ブレイクを狙って前日陽線の押し目買い。1.185への下押しがあれば買いやすい。

毎日の値動き

15分足に週足+日足+4時間足ロウソク

11/16月曜

東京早朝からズルズルと金曜高値を上抜けていったので、ロンドン時間は押し目待ち。

NY時間、押し目をつくり始めたが深夜になるのでノーポジ。

11/17火曜

東京時間、1時間上昇CH安値の反発待ち。

ロンドン初動、1時間上昇CH安値には届かず、1時間足sma21反発で買われ始めたが、8週前ハラミ高値まで値幅なくノーポジ。

11/18水曜

東京時間、1時間上昇CH安値で1回目の反発。

ロンドン初動、1時間上昇CH安値への2回目のアタックは起こらずノーポジ。

その後、前日高値に対する2番天井から赤1ショート、1時間上昇CH安値を割るも、Mネック1.185で強反発、戻り売り崩れでアウト。

11/19木曜

東京時間、火曜安値を割り込んで戻り待ち。

ロンドン初動、1.185レジからの15分キリアゲL抜けで赤1戻り売り、月曜安値の強反発でアウト。

NY時間、先週安値発上昇波半値押し目候補に到達、2回目の下値試し15分足ピンバー高値抜けで青1ロング、火曜安値裏での戻り売り失敗を確認後に8週前高値でOCOアウト。

11/20金曜

NY時間、8週前ハラミ高値レジ、高値キリサゲで赤1ショート、1.185を割れずにアウト。

ユーロ円

今週の見通し

4時間足に月足+週足ロウソク

スポンサーリンク

共通認識

先週月曜大陽線の押し目を形成中。

売り手の材料

9月安値から10月安値へキリサゲ。

買い手の材料

先週の急騰を考慮すると、他2通貨ペア次第だが、9・10月安値は「キリサゲWボトム」になるかもしれない。

TR上段㊤:戻り高値126.0

TR中段:10月高値+先週高値と先週安値

TR下段㊦:10月安値

4時間足ベアの視点:木曜ハラミ足安値を崩せば、先週安値付近までショート。

4時間足ブルの視点:9・10月安値キリサゲWボトムとみて、木曜ハラミ安値への下押し完了後に先週高値までロング、上抜けば、126.0までロング。

今週の値動き

1時間足に月足+週足+日足ロウソク


先週陽線半値の押し目候補とみた先週木曜ハラミ安値を火曜陰線終値がブレイク、先週安値付近まで売られたあと、戻りをつけたところでクローズ。

毎日の見通し

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

11/16月曜
  • 先週月曜大陽線の61.8%押し目・木曜ハラミ足に到達。

1時間足ベアの視点:月曜大陽線押し目候補・木曜ハラミ安値を割れば、月曜急騰始点までショート。

1時間足ブルの視点:月曜大陽線押し目買い。木曜ハラミ安値への下押しから1時間下降CH高値までロング。

11/17火曜
  • 米国の製薬会社ファイザーに続き、米モデルナ社の新型コロナウイルスワクチンの治験成功報道で急騰したが、すぐに帳消しになった。
  • 先週木曜ハラミ足が継続している。

1時間足ベアの視点:月曜大陽線押し目候補・木曜ハラミ安値を割れば、月曜急騰始点までショート。

1時間足ブルの視点:月曜大陽線押し目買い。木曜ハラミ安値への下押しから1時間sma21上抜けで1時間下降CH高値までロング。

11/18水曜
  • 先週木曜ハラミ安値を前日陰線終値がブレイク。

1時間足ベアの視点:先週月曜大陽線押し目候補123.5×1時間キリアゲL崩れで、先週月曜急騰始点までショート。

1時間足ブルの視点:先週月曜大陽線押し目買い。123.5×1時間キリアゲLサポートからの1時間sma21上抜けでロング。

11/19木曜

先週月曜大陽線の押し目を崩して、先週月曜急騰始点123.0まで売られた。

1時間足ベアの視点:先週安値目前なので下値追いはやめて、4時間sma21×123.5付近まで戻り待ち。

1時間足ブルの視点:1時間sma21上抜けば4時間sma21までの戻りをロング。

11/20金曜

月曜からの下降波の戻りが始まった様子。

1時間足ベアの視点:4時間sma21×123.5レジスタンスで123.0まで戻り売り、これを割れば、先週安値まで保有。

1時間足ブルの視点:4時間sma21×123.5の戻り目を崩せば、1時間下降CH高値目安にロング、または、先週安値まで売られればロングを考える。

毎日の値動き

15分足に週足+日足+4時間足ロウソク

11/16月曜

木曜ハラミ安値の反発待ち。

ロンドン時間、木陽ハラミ安値反発から124.0上抜きで青1ロング、急騰後、5分足高値キリサゲでアウト。

NY時間、急騰安値モミ下抜け赤1から木曜ハラミ安値までスキャル。

11/17火曜

東京時間、先週木曜ハラミ安値でのプライス・アクション待ち。

NY時間に木曜安値を割ったが、ドル円はサポート目前、ユロドルは上昇モメンタムでノーポジ。

11/18水曜

東京時間、先週月曜大陽線の押し目候補123.5×1時間キリアゲLで押し目待ち。

ロンドン初動、123.5×1時間キリアゲL黄1で2回目の反発があったが、1時間sma21にレジされてロングならず。

その後、123.5×1時間キリアゲL押し目崩れから赤1戻り売り、123.0×1時間下降CH安値アウト。

11/19木曜

ロンドン初動、1時間sma21ブレイクの黄1ロングはドル円・ユロドルが逆相関だったのでノーポジ。

11/20金曜

東京時間、4時間sma21×123.5の強反発をみて赤1戻り売り、先週月曜急騰安値の揉み合いで半決済。

NY時間に戻り売りされたが、123.0を下抜けずにアウト。

今週の視点

ボクのトレードはシンプルです。

  • レジスタンスで上げ止まれば、次のサポートまで売り。
  • サポートで下げ止まれば、次のレジスタンスまで買い。
  • レジスタンスを上抜けば、次のレジスタンスまで買い。
  • サポートを下抜けば、次のサポートまで売り。

上位足トレーダーのフォローが期待できれば利を延ばし、期待できなければサクっと利確。

これだけなんですが、これをやろうとすると、レジサポの「目利き」がポイントで、マーケットが注目するレートと、ボクの注目するレートが一致しないと成り立ちません。

4時間足

先週安値を頭にした逆三尊肩ライン×19年安値。このレートへのボクの注目度は三段階レベルでいえば「サポート・レベル3」、おそらく、マーケットも注目するだろうと見立てました。

1時間足

注目レートの崩れは美味しい値動きになるセオリー通り火曜陰線をゲット。

問題は水曜陰線。

104円は9・10月の安値であり、月足終値ベースで未更新、さらに、先週大陽線が2週前の陰線を全否定してました。

104円もサポート・レベル3の見立てでした。

仮に104円を一時的に割っても、週足の下髭になるかもしれない、なんなら、104円で4時間sma21まで横滑りするかもと予測してました。

結果、水曜陰線はノーポジでした。

104円サポートのバイアスをかけてなければ、1時間足sma21に沿って戻り売りするだけなんですが、あえてなにもしませんでした。

上図はレジスタンス・ラインの抜け方パターンです。

AからDまでのパターンは、レジスタンスをマーケットが注目してくれたらという仮定です。

マーケットの意識がレジスタンスに集まらないので、Eパターンのような抜け方もします。

こうなると、レジスタンスを上抜いた「足場」もないのでロングできません。

IF 〇〇(A)なら売る。

ELSE IF △△(B)なら買う。

ELSE AとBが成立しなければ何もしない。

これは以前にも紹介したプログラム構文です。

ボクはコレに当てはめてトレードしてるだけで、あえてなにもしない、という選択肢が用意されてます。

この「あえてないもしない」が第三シナリオが存在してることがミソなんです。

なにもしないシナリオが存在するメリットは3つあります。

1.心のメリハリが集中力を高める。

常に何かしてないと気が済まない人は、不安に襲われやすく、いざというとき集中できません。

ボクはトレードをスキャルから始めてますが、1分足と5分足をみて、毎日20回から50回もポジってました。

この方法は、年齢にもよるかもしれませんが、とてもじゃないけど集中力が続かず、10年後もこれを続けるイメージができませんでした。

ミスもするし、興奮状態が一日中続くのは体や心によくありません。

必要なときに高い集中力を発揮するには、なにもしない時間をつくって、静と動のメリハリをつけるのがよいです。

2.トレードしなきゃいけない!この思い込みを排除できる。

「シナリオ思考」とは、きっと〇〇になるであろう、と予測しながら仕事を進める事ですが、これをする目的は「思い込み」の排除です。

人には、都合の良い変化だけを受け入れ、都合の悪い変化に盲目になる機能が備わっていて、これが厄介なんです。

売りシナリオと買いシナリオの2つの設定しかないと、そのどちらかを選ばないといけない強迫観念が生まれます。

なにもしない、という第三のシナリオがあれば、これを選ぶのも仕事ということになります。

相場では、なにもしないことが最適解なことも多いので、なにもしないは、ひとつの勝ちパターンになりえるし、ないもしないことで機会損失しても、勝ちパターンを崩してまで、それをとりにいこうとは思いません。

3.気配察知能力が上がる。

トレードって待ってるときのほうが「空間認識力」が高いです。

気配を感じやすく、気づきやすいのは、待ってるときです。

トレードに集中してるときのフォーカスはタイトで中心視野、解像度は高くても視野が狭くなります。

対して、何となく待ってるときのフォーカスはワイドな周辺視野、解像度は低くても空間全体が見えてる状態です。

なにもしない時間があることで、中心視野と周辺視野の切り替えを無意識に行えるわけです。

これによって、木を見て森の見ずという「ガン見」況が起こりにくくなります。

さて、よく、人生は変えるには、思い込みを排除して、理想のシナリオを持つのがいいといわれます。

ただ、実際のところ、シナリオも思い込みも「今まで〇〇だから、この先も〇〇だろう」という過去の思い込みからつくられます。

思い込みには、プラスに作用するものもあれば、マイナスに作用するものがあります。

思い込みは信念も絡んで強化持続しるので、要するに、使いようなのでしょう。

思い込みはパターンの一種かなぁと考えます。

10人に猫の画像を見せたら「猫」と判別できます。

猫というパターンを知ってるから、猫とわかるわけです。

猫というパターンの認識精度が高ければ、おそらく、どの角度からの画像でも猫とわかります。

ところが、今まで猫をみたことのない人なら、正面の画像すら、猫と判別できません。

何ごとも、初心者とベテランでは、質と量の差において、この思い込みパターン認識の精度が違うだけです。

トレードにおけるパターン認識の精度は、その人の持ってる「相場観」のことです。

時折、猫によく似た、紛らわしい生き物が紛れ込むことがありますが、わからないものは、わからないままにしておくのが、最適解と思ってます。

マッキンゼーが採用した思考のフレームワークに、「ソラ・アメ・カサ」があります。

ソラ:事実(曇ってる)・アメ:解釈(雨が降りそうだ)・カサ:判断(傘を持っていこう)

仮に雨が降らなくても、傘を持ってくのは最適解であり、つながりへの納得感があります。

さて、宇宙戦艦ヤマトのテレビアニメが始まったのが1974年、アニメでは、2199年10月8日にイスカンダルに向け16万8000光年の旅に出ます。

1974年の225年先の未来では16万8000光年の恒星間航行ができる設定なんですが、当時テレビをみていて全く疑問を持ちませんでした。

たぶん、人の寿命を越えるような、あまりに遠い未来については、過去につくられた観念の影響を全く受けないからでしょう。

200年先は全くイメージできないくせして、数年後の未来を現状の延長として予測します。

50歳を過ぎると人生半分過ぎた、もう半分もだいたい察しがつく、そんな感覚になりますが、これこそ最悪の思い込みかもしれません。

本当は、明日も来年も200年後も、人生を変えるのに時間軸なんて全く関係ありません。

ボクは今までの過去に一切関係なく、出来ごとに意味を与えることで、瞬時に人生を変えられる体験を何度かしてきました。

そのたびに、新しいパターンをつくってきました。

この迷晴れFXも、10年前には想像すらしなかった新種のパターンなんです。

過去の思い込みパターンをどう活かすか、あるいは、全く新しい勝ちパターンを創造することもできます。

一番勿体ないのは、過去の思い込みパターンに縛られ、「今」身動き取れなくなることです。

あわせて読みたい5つの関連記事








◆お断り◆
この動画は「学習」を目的に制作されたものです。個人の見解を過去のチャートから解説したものであり、未来を予想したり、利益を保証するものではありません。

記事へのレビューやご意見はコメント欄をご利用ください。コメントを「読者さまの声」としてブログや動画に掲載させていただくことがございます。

◆著作権について◆
当サイトは無料でご覧頂けますが、著作権は放棄しておりません。動画等のコンテンツを営利目的でお使い頂くことはできません。

詳細はご利用についてをご覧ください。



こちらの記事もあわせてご覧ください

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (15)

    • Tony
    • 2020年 11月 21日

    素晴らしい動画、ありがとうございます!

    今週は木曜日までは調子がよく、USDJPYもEURUSDも二箇所ずつシンクロしましたが、
    金曜日の深夜に熱くなって抜け期待をして、ポジポジ病で微損で終わる一周間でした!

    EURUSDですが、月~木の値動きをみて、売りが弱いと感じたので買い目線でいました。
    欧州初動で出来た戻り売り起点がブレイクされたら抜け期待でロングすると決めましたが、
    そのちょび抜けでポジった、、、なんという初心者ミスをしてしましました。
    (その直後僕の損切りはまよはれさんの利益になりました笑)
    USDJPYも同じ感じで、金曜23時なのに、売りにバイアスをかけてしまって、直近安値抜けて売りを入れました。

    自分の中で、それを抜けたら結構伸びる予感がしたので余計に熱くなりました。
    念頭にWW・MMのシナリオもあったらそういうことが起きなかったでしょう、、

    ですが、嬉しかったのは木曜日までにチャートに対する認識はほぼまよはれさんと一致しました。
    「何もしない」という選択肢を意識して、来週の相場に臨みたいと思います。

      • NoN
      • 2020年 11月 22日

      おつかれさまです!相場の呼吸とシンクロしてきましたね、E感じではないでしょうか(^_-)-☆

    • H
    • 2020年 11月 21日

    いつも素敵な動画をありがとうございます。今回、個人的に今年の神回です。「なにもしないは、ひとつの勝ちパターンになりえる・・・」これ本当に共感できるお言葉です。少しトレードが上手くなってきたなと感じてきた頃、全ての波が取れない自分に悔しさを感じる時期がありました。なんであの急騰急落が取れなかったのだろう。あそこを取り逃した自分はまだまだ下手なのではないか・・・、などなど。しかし、今となっては相場の全てを取ることは不可能に近いことだと思えるようになり、自分の得意パターンの条件に当てはまった時にのみエントリーし、そうでない時には仮に伸びたとしても見送る。運を天に任せて勝負するのではなく、自分の信頼できるパターンの時にのみ勝負する。これだと負けても納得できますし、間違った勝ち体験を積まなくてよくなります。「常に観戦モードで正しく待てるようになる」これも迷晴れさんの名言ですが、名著『デイトレード』を越える深みが迷晴れさんのコンテンツにはありますよね。ちなみにボクの最も好きなパターンはレンジブレイク!何度もお伝えしてきている事ですが『レンジブレイクの極意』の動画を真に理解する事で自分のトレードは劇的に変化してきました。いつもありがとうございます。

      • NoN
      • 2020年 11月 22日

      手を出さなかった納得。
      手を出せなかった後悔。
      ひとつの事実に、相反する感情。これを排除するには、おっしゃるように「自分の得意パターン」でのみ勝負することのメリットを実感することですかね。

    • ノーマ
    • 2020年 11月 22日

    迷晴れ様
    いつも勉強になる動画配信ありがとうございます。

    目利きのお話が出てきましたが、同じチャートを見ていても勝つ人と負ける人がいるのは、目利きが出来るか出来ないかだけのような気がしています。
    今週ドル円の異形逆三尊ですが、僕は全くそれを認知出来なかったのでなかなかうまくトレードできませんでした。
    これも教科書通りの逆三尊がイメージとして脳にインプットされているからなんでしょうね。
    チャートを見ていかにどのパターンに当てはめることができるのかがポイントなのかもしれません。

    大統領選やコロナワクチンの突然のチャートの動きにもなかなかついていくのが難しいですね…

      • NoN
      • 2020年 11月 22日

      マーケットと自分の注目レートが十中八九、一致するようになってくると、安心感が全く違います。急激な値動きでV字ができたら、三尊を疑うようにしてみてください。

    • 猫チャギラ
    • 2020年 11月 22日

    いつもご教授頂きありがとうございます。何もせずにチャンスが来るまで待つことの重要性を頭ではわかっていてもつい忘れてしまいます。大きくpipsを取った直後等は調子のいい時にできるだけ取ってやろうと思い、そこで終了すべきなのに深追いしてしまいます。大勝ちした直後は大体トレンドも一段落して値が動かなくなってくることが多いのですが、気持ちがイケイケになってるとそんなことも忘れてしまっています。更にロットを上げてガッツリいってしまい、当然やられた後は感情リベンジトレードで視野がドンドン狭くなるといった悪循環に落ち入ってしまいます。今回の動画で改めてドツボにハマるパターンを確認しましたので、来週以降そうして罠にハマらないようにしたいです。

      • NoN
      • 2020年 11月 22日

      相場は静と動を交互に繰り返すので「動」のあとには「静」がやってきます。「動」で大きく成果を出せるなら、あとは「静では動かないという仕事」ができるようになることですね。

    • mr03911gt1
    • 2020年 11月 22日

    今週も動画・ブログ更新ありがとうございます。お疲れ様です。ユーロドルH4の画像が?

    今週の視点に繋がる話として私の「お箸」について書きます。過去動画でお箸しか使えない人はお箸で食べられるものだけにしてナイフとフォークで肉を食うのは諦めろ、みたいなお話がありました。

    私の「お箸」はただ一つ【波の反転】です。壱の型。終式。補足として反転の崩れを含み、時間足は任意です。補足の補足で反転の背にするものがあることが必要です。M15の波の反転または崩れ、H1の波の反転または崩れ、などです。これしかやっていません。注意が必要なのは、背にするものがない所でも容易にトレード出来てしまうので、それで勝てるときは良いのですが調子の悪い日に酷い連敗を喫し利益を全て吹っ飛ばすということが起こるようになりました。ここからが今週のテーマです。その損失を回避するために考えたのが「ジグザグ線」です。チャートの右側の空間にこれから起こるであろう波をレートの節目と時間の節目を考慮してジグザグ線で描き、その通りになりそうだったら波の反転ポイントでエントリーし、ならなかったらノーポジで終わる。そう決めました。答えを出し精度を高めるのはジグザグ線を描くまでで終わっているので、いざ相場が始まったら事前に決めたエントリーポイントまでは待つだけ、そこに来なかったらその日は「何もしない」。自然にそうするしかなくなりました。最初の頃は1日4本くらい色を変えてジグザグ線を描いていたけれど今は一つか二つです。ジグザグ線は私のいろんな問題を一気に解決してくれました。例えば、ずっとチャートを見ていられるわけではないので、パソコンでtradingviewに描いた線をスマホから時々見ればそこにあるのはMTFを全て考慮した線なので小さい画面でも何の不安もなくトレードしたり待ったり出来る、という訳です。ポジポジ病も完治します。

    利食いと損切りについてはまたそのテーマの時に・・

    最後に、みなさん、ヴァンデ・グローブ、白石康次郎さん観てください。vendeeglobeウェブサイト、YouTube、BS朝日で観れます。序盤の嵐でセールがやられましたが一週間かけて洋上で一人で修復しました。多分ダントツのビリになりますけど、目標は完走(食料が尽きるかも)・・ 迷晴れさんと同い年くらいの53歳のおじさんです

      • NoN
      • 2020年 11月 22日

      ご指摘ありがとうございます。ユロドルH4画像、やらかしてました(^_-)-☆やはり洞察力を上げることで、ほとんどの問題が解決するんですよね!そして、いくつになっても、いろんな意味で「旅」をすべきと思いました。

    • ふっかつぐみ
    • 2020年 11月 22日

    いつもなにもかもありがとうございます!
    皆さんのコメントの質が高くて自分のコメントを書いてはやっぱり投稿しないを何度もやっております。
    でもずっと頑張ってるからたまには迷晴れバーに立ち寄って、今日は常連さんが座るカウンターの隅にいます。
    今日のまとめの後半、年を重ねても人生の新しいパターンを見つけようとされている迷晴れさんに嬉しくなりました。テクニカルの熟練者になるとパターン認識からの未来予測で人生に副作用がでそうですね。
    年を重ねるごとに周りからは新しいパターンを探す人は減っていき、自分だけが探している状態で寂しさを感じていました。自分の勝ちパターンありますし、欲の皮がつっぱっているわけでもないし足るを知ることもわかっているつもり。ただ何となく「そぞろ神」に誘われるのですよね。素敵な動画ありがとうございます。

      • NoN
      • 2020年 11月 23日

      いつまでも少年の心を持ち続けないといけないと感じる、今日このごろです(^_-)-☆お互い、新しいパターンを探しましょう。

    • たぁた
    • 2020年 11月 24日

    いつもお世話になってます(*^-^*)

    相変わらず自分でツッコミを入れたくなるトレードがやめられないですが、これさえ克服すれば(;^_^A
    今回も動画をありがとうございました!!

      • NoN
      • 2020年 11月 24日

      なんでやねん(^_-)-☆

        • たぁた
        • 2020年 11月 24日

        ありがとうございまーす(*^-^*)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

神回バナー

サイト内検索

FX人気口座ランキング
海外FX口座の基礎知識
海外FX口座スペック比較

オリジナル・インジケーター

オリジナルインジケーター販売所
オリジナル・インジケーター動画・記事まとめ

特化型FX国内口座開設

短期売買特化型口座特集
MT4口座特集
システムトレード口座特集

学習ツールと投資関連書籍

フォレックステスター購入
フォレックステスター・導入ガイド
フォレックステスター有料データ購入ガイド
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント

あなたの負けトレードを徹底解説!

迷晴れボックス

月別ページ

カテゴリー

シストレ24キャンペーン
FXPLUS