FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を鍛えるサイト。

menu

迷晴れFX

もう往復ビンタは嫌!負けて勝つ途転(ドテン)のコツ。 / 週ナビ#310

週刊チャートナビ(2020.11.09~2020.11.13)は、ドル円、ユーロドル、ユーロ円の主要三通貨ペアの一週間を振り返ったチャート考察です。

ドル円

今週の見通し

4時間足に月足+週足ロウソク

共通認識

大統領選はバイデン氏勝利の確度が高く、104円頂点の逆三尊を崩し、9月・10月安値104円を先週陰線終値がブレイク。トランプ氏は郵便投票に不正があったとして法廷闘争に持ち込む構えだが、メディアはバイデンの勝利を報じている。

売り手の材料

9月・10月安値を先週陰線終値がブレイク。

買い手の材料

先週大陰線の戻し。

TR上段㊤:先週高値

TR中段:19年安値裏(104.0をブレイクさせた強者の安値)と103.0

TR下段㊦:コロナ・ショック安値

4時間足ベアの視点:先週大陰線戻り売り。先週の勢いのまま103.0を割り込むか、104.0まで戻す可能性がある。

4時間足ブルの視点:先週大陰線の戻りを買う。103.0でサポートから先週陰線の戻りをマックス104.0まで買う。

今週の値動き

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

米製薬大手ファイザーが新型コロナウイルスワクチンの大規模試験で90%の感染予防に成功との報道を受け9日月曜に急騰、240ピプスの大陽線になった。

この動きで先週高値まで一気に全戻し、火曜以降は天井圏形成、金曜日に戻り売られ月曜大陽線の半値付近まで押されてクローズ。

毎日の見通し

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

11/09月曜

1時間下降CH内。

1時間足ベアの視点:1時間下降CH高値レジで103.0まで戻り売り。

1時間足ブルの視点:先週安値、または、103.0サポートからの1時間下降CH高値上抜けで金曜高値目安にロング。

11/10火曜

新型コロナワクチンの実用化めどがたったことが好感され240ピプスの大陽線、19年安値も上抜き、先週高値まで急騰、前日陽線終値は先週高値でレジスタンス。

1時間足ベアの視点:先週高値サポート崩れで前日陽線押し目候補(Nボックス)までのショート、または、先週高値でMトップになればショート。

1時間足ブルの視点:前日陽線、押し目Nボックス(104.7と105.0)で押し目買い、または、前日の勢いが続いて先週高値で反発すれば、3週前高値抜け期待でロング。

11/11水曜

月曜大陽線の押し目買いで先週高値へ2回目の上値試しがされ2番天井に三角持ち合いを形成中。

1時間足ベアの視点:先週高値2番天井の持ち合い下放れ+1時間sma21割れから前日安値、Mネック抜け期待のショート。

1時間足ブルの視点:先週高値2番天井の三角持ち合い上放れから3週前高値抜け期待のロング。

11/12木曜

売りが弱く105.0サポートから月曜高値へ2回目のアタック中。

1時間足ベアの視点:月曜高値への上値試しから105.0までショート。

1時間足ブルの視点:105.0まで売られてサポートされればロング。

11/13金曜

月曜高値2番天井から売られたが105.0まで下がらなかった。

1時間足ベアの視点:月曜高値Mトップ基準。先週高値への上値試しで105.0下抜け期待で火曜安値までショート、または、このまま火曜安値まで売られれば105.0レジで戻り売り。

1時間足ブルの視点:月曜大陽線押し目買い。105.0サポートで先週高値までロング、上抜けば、月曜高値まで。

毎日の値動き
15分足に週足+日足+4時間足ロウソク

11/09月曜

東京時間、1時間下降CH高値をブレイク。

ロンドン初動、103.5反発で青1ロング、金曜高値をブレイク、NY初動に19年安値をブレイク、105.0モミで半決済、残りは先週高値でアウト。

11/10火曜

東京時間、押し目Nボックス内、1時間sma21×15分下降CH安値反発で青1ロング、ロンドン時間、先週高値上でアウト。

NY時間、先週高値Mトップ2番天井からの黄1ショートは1時間sma21目前で見送り。

11/11水曜

東京時間、1時間sma21割れで赤1ショート、105.0を更新できず撤退、安値キリアゲの黄1ロングは高値をキリサゲていたので見送り。

11/12木曜

東京時間、月曜高値への上値試しは105.5でレジスタンス、先週高値割れで黄1ショートは火曜から安値をキリアゲていたのと、月曜高値へのアタックがもう一度ある予感がしてノーポジ。

11/13金曜

先週高値への試しなく、105.0を4時間足終値がブレイクして戻り待ち。

ロンドン初動、105.0裏戻り売り崩れ、105.0抜きの高値で赤1戻り売り、NY初動に火曜安値をブレイク、月曜大陽線押し安値でアウト。

ユーロドル

今週の見通し

4時間足に月足+週足ロウソク

共通認識
  • 1.160Wボトム2番底から日足レベルの押し目買いがWボトムネック+7週前ハラミ足高値に到達。
売り手の材料

1.160Wボトムへの底値試し。

買い手の材料

1.160Wボトム2番底発の先週大陽線押し目買い。

TR上段㊤:9月高値

TR下段:先週高安

4時間足ベアの視点:1.160Wボトムへの下押しを売る。先週高値で売られるか、9月高値付近まで買われてから売られるか。

4時間足ブルの視点:1.160Wボトムを根拠に9月高値まで買い。先週の勢いのまま買われるか、一旦、下押しして買われるか。

今週の値動き

1時間足に月足+週足+日足ロウソク


火曜日までの値動きで先週高値トップの三尊天井を形成、その後、水曜に戻り売られたが、先週陽線半値押し目買いと攻防しながら水曜ハラミ足高値まで買われてクローズ。

毎日の見通し

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

11/09月曜
  • 1.160Wボトム2番底から買われてWネックに到達している。
  • 先週高値レジスタンスなら1.180をネックとした三尊天井の可能性がある。※※

1時間足ベアの視点:1.160Wボトム2番底への下押し。先週高値レジスタンスからの1時間sma21割れで1.185仮ネックまでショート。

1時間足ブルの視点:先週の流れ終焉まで1.185仮ネックのサポートで押し目買い。

11/10火曜
  • 先週高値レジスタンスで1時間上昇CH安値×1.180まで売られた。
  • 1.180ネックで三尊天井をつくる可能性がある。

1時間足ベアの視点:1.185三尊肩ラインから1.180下抜け期待ショート。

1時間足ブルの視点:1.180サポートから1.185三尊肩ラインまでロング、これを上抜けば先週高値Mトップを狙う。

11/11水曜

三尊天井肩ライン1.185付近から三尊ネックを抜けかけたがダマシ安値になってモメンタム消失、前日火曜高安をハラミとみる。

1時間足ベアの視点:前日高値への上値試しから前日安値抜け期待のショート。

1時間足ブルの視点:前日安値、または、三尊ネック1.180サポートで前日高値抜け期待のロング。

11/12木曜

三尊天井ネック割れ、現在、先週陽線の半値押しまで落ちている。

1時間足ベアの視点:三尊ネック割れを根拠に、先週木曜強者の安値または木曜安値(先週陽線61.8%押し目)まで戻り売り。戻り目候補は1時間sma21をみている。

1時間足ブルの視点:先週陽線押し目買い。押し目買いエリアまで売られているので下げ止まればロング。

11/13金曜

三尊天井戻り売りと先週陽線半値押し目買いが攻防中、水曜がハラミ足確定。

1時間足ベアの視点:水曜強者の高値・三尊肩ラインからの戻り売り。水曜高値への強反発、または、逆三尊肩ライン崩れで、水曜安値1.175への2回目の下値試しをショート。

1時間足ブルの視点:先週陽線半値押し目買い。水曜安値1.175への下値試し、逆三尊肩ラインサポートで水曜高値までロング、または、水曜安値1.175まで売られればWボトムでロング。

毎日の値動き

15分足に週足+日足+4時間足ロウソク

11/09月曜

東京時間、先週高値レジスタンスを確認。

ロンドン時間、1時間sma21割れで赤1ショート、7週前高値サポートで急騰後の押し目で損切り。

NY初動、黄高値をつけたが、急騰安値抜き返しで赤2ショート、黄だまし高値確定で急落、1.180でアウト。

11/10火曜

東京時間、三尊肩ライン1.185までの戻り待ち。

ロンドン初動、東京高値に黄ダマシ高値発生からミニネック割れで赤1ショート、三尊ネック1.180を割ったが売りが続かずにアウト、三尊ネック割れが否定されて戻り売りは見送り。

11/11水曜

東京時間、前日高値への上値試しから高値キリサゲを確認。

ロンドン初動、15分足キリアゲL抜け赤1ショート、三尊ネックを4時間足陰線終値がブレイクして売りポジ保有、1.175手前でアウト。

11/12木曜

東京時間、三尊ネック割れを根拠に1時間sma21反発で赤1戻り売り、ロンドン初動、1時間sma21が抜き返されて損切り、安値キリアゲで青1ドテン・ロング、4時間sma21でアウト。

スポンサーリンク

11/13金曜

ロンドン初動、三角持ち合い高値上抜けで青1ロング、水曜ハラミ足高値でアウト。

水曜ハラミ足高値2回目のレジスタンスは深夜になってしまいノーポジ。

ユーロ円

今週の見通し

4時間足に月足+週足ロウソク

共通認識
  • 10月安値サポートから買われて、2週前大陰線の半値戻しが完了。
  • 10月安値付近は日足押し目買い候補。
  • 2週前大陰線がハラミ足確定。
売り手の材料

2週前大陰線の戻り目に到達後に複数回反発。

買い手の材料

10月安値2番底から日足レベルの押し目買い。

TR上段㊤:2週前ハラミ足高値

TR中段:先週高値と10月安値

TR下段㊦:121.0

4時間足ベアの視点:2週前陰線を10月安値2番底へ戻り売り。

4時間足ブルの視点:10月安値まで売られれば2番底形成後に日足レベルの押し目買い。

今週の値動き

1時間足に月足+週足+日足ロウソク


月曜いきなりの急騰で2週前ハラミ足高値をブレイクして10月高値に到達。その後は月曜押し安値との間に高値レンジを形成。

毎日の見通し

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

11/09月曜
  • 2週前陰線の戻り目に到達。
  • 水曜ハラミ足+2
  • 三角持ち合い

1時間足ベアの視点:2週前大陰線戻り売り。先週高値から三角持ち合い安値までショート。

1時間足ブルの視点:三角持ち合い安値まで売られてサポートされれば水曜高値までロング。

11/10火曜

新型コロナワクチンの実用化めどがたったことが好感され240ピプスの大陽線、先週高値の戻り目が崩れ10月高値まで急騰、円売り・ユーロ買いになった。

1時間足ベアの視点:10月高値付近まで買われれば、124.0と月曜押し安値を目安にショート。

1時間足ブルの視点:月曜大陽線押し目買い。124.0と月曜押し安値を押し目候補に10月高値を狙う。

11/11水曜

月曜大陽線の押し目買いで10月高値へ2回目の上値試し中。

1時間足ベアの視点:前日高値への上値試しから124.0までショート。

1時間足ブルの視点:ここからの上値追いはリスキー、124.0サポートでロング。

11/12木曜

10月高値レジスタンスで2番キリサゲ天井を形成。

1時間足ベアの視点:124.0ネック割れで123.5までショート、月曜押し安値に注意!

1時間足ブルの視点:月曜大陽線押し目買い、押し目候補は4時間sma21または月曜押し安値。

11/13金曜

月曜高値天井売りと月曜大陽線押し目買いの攻防中。

1時間足ベアの視点:木曜安値頂点の逆三尊肩ラインを崩せば123.5までショート。

1時間足ブルの視点:月曜大陽線押し目買い。逆三尊肩ライン124.0、または、月曜押し安値サポートでロング。

毎日の値動き

15分足に週足+日足+4時間足ロウソク

11/09月曜

東京時間、三角持ち合い安値への下押しなくズルズルと上昇。

ロンドン時間、先週高値ブレイクで青1ロング、先週高値戻り売り組のロスカットで急騰、10月高値手前でアウト。

11/10火曜

東京時間、前日陽線の押し目Nボックス内、104.0反発、ドル円タイミングで青1ロング、ドル円タイミングでアウト。

11/11水曜

東京時間、前日高値への上値試し待ち。

ロンドン初動、前日高値で赤1ダマシ高値生、ミニネック割れでショート、ロンドン初動のモミ合いで半決済、残りは124.0でアウト。

11/12木曜

東京時間、火曜安値124.0×4時間sma21割れで赤1ショート、月曜押し安値反発で撤退。

ロンドン初動、ユロドルのタイミングで青1ロング、124.5でアウト。

11/13金曜

東京時間、逆三尊肩ライン124.0割れで赤1ショート、月曜押し安値手前サポートでアウト、この動きで木曜高安がハラミになる確度が高くなった。

方向感が弱く、月曜押し安値で黄1ロングしても124.0で戻り売られる可能性があるので見送り。

ロンドン時間、先週高値付近でレジスタンス、月曜高値から高値をキリサゲてるので斜めネック割れで赤1ショート、月曜押し安値Wボトムでアウト。

今週の視点

15分足

12日㈭、赤1戻り売りが失敗、安値キリアゲで青1ロング。

15分足

11日㈬、赤1ショートは火曜安値Mネックまで狙ったが失敗、その後、安値をキリアゲたが、黄1ロングは見送った。

ドル円とユロドル共にロングで勝てたが、ドル円のロングは見送った。

月曜日、ワクチンのニュースが飛び込んできて、先週高値をオーバーシュート、3週前高値付近まで急騰。

火曜日に2回目の上値試しから高値をキリサゲたので、水曜日は火曜安値Mネックまで赤1でショートを狙ったのだが失速、安値をキリアゲて再び月曜高値を試した。

月曜高値にもう一山つくるなら、火曜安値まで売られてから買われるのを想定していたが105円でブロックされた。

月曜から火曜へ高値をキリサゲていたので、黄1ロングしても先週高値を越せないと思い見送った。

15分足

対して、ユロドル木曜青1ロングの根拠は、水曜の売りが先週陽線半値押し目付近に達していたから。

木曜赤1ショートで先週木曜安値付近まで、さらなる下落を狙ったが失速して撤退、その後、安値キリアゲ×1時間sma21抜き返しで青1ロングした。

ボクの解釈が唯一の正解ではありませんが、これが、ドル円はドテンせず、ユロドルをドテンした理由です。

上図のケースは途転できる根拠がありません、ただ波に翻弄されて売買してるだけです。

ショートするならブレイク足場を割ってからだし、そもそも、青飛び乗りロングは引かされる可能性大、赤ショートはブレイク足場で反転するリスクが高いです。

下手な難平(ナンピン)スカンピン。

といいますが、

下手な途転(ドテン)もスッテンコロリン。

下手な途転は往復ビンタを喰らうだけです。

しかしながら、相場観さえあれば、途転も難平も立派なワンセット戦術です。

途転買いの成功には、強いサポートで売り手が諦めた買い戻しが必要。

途転売りの成功には、強いレジスタンスで買い手が諦めた投げ売りが必要。

極論、両建でも勝てそうなポイントなら、売り・買いのどちらにポジションを持っても、即リカバリーできるので理論上負けにくいというわけです。

先日、こんな質問コメントを頂きました。

15分足

ラス押し安値(三尊ネック)ブレイクから下降チャネル高値付近(白〇?)でショートして損切りになったのでしょうか。

この視聴者さんはチャートが読める方だと思うので、三尊右肩からの戻り売りの美しさに見とれて、買い手の気配に気づき忘れた様子です。

人は見たいものしか見えないようにできてます。

ボクもバイアスはあるし、バイアスがあるから判断できるともいえます。

プレイヤーにバイアスはつきもので、無理に排除しようとすると、思い切った判断ができなくなるかもしれません。

アクセル全開だったポジポジ病の人が、バイアスをかけぬよう意識するがあまり、今度はタジタジ病にかかりケースがこれでしょう。

だから、プレイヤーにバイアスはあって当然と受け入れてしまうほうが楽です。

そこで、もうひとり、プレイヤーを冷静に観察する別人格のコーチをイメージします。

ペットの写真やぬいぐるみをコーチに見立ててもいいいでしょう。

「そこは先週陽線の半値押し目候補でもあるよね」ときっと教えてくれるはずです。

あわせて読みたい5つの関連記事









◆お断り◆
この動画は「学習」を目的に制作されたものです。個人の見解を過去のチャートから解説したものであり、未来を予想したり、利益を保証するものではありません。

記事へのレビューやご意見はコメント欄をご利用ください。コメントを「読者さまの声」としてブログや動画に掲載させていただくことがございます。

◆著作権について◆
当サイトは無料でご覧頂けますが、著作権は放棄しておりません。動画等のコンテンツを営利目的でお使い頂くことはできません。

詳細はご利用についてをご覧ください。



こちらの記事もあわせてご覧ください

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (18)

    • 猫チャギラ
    • 2020年 11月 14日

    いつもご教授頂きありがとうございます。月曜日のドル円急騰は自分も全く予想外でした、というよりあのような突発的な動きがいつ起きるか誰も予測つかないかと思います。実際に自分も上昇の途中でここらで止まると思われるところでショートして何度も焼かれてしまいました。今回の件で感じたことは大きいボラが出てるイコール勝ち易い相場ではないということです。あのような突発的な動きではテクニカルが全く効かず、何処まで伸びて何処で止まるかわかりませんし、そんなところに途中から迂闊に入れば焼かれるのは当然だと思いました。しっかり波が収まるのを待って、テクニカルが回復してからトレードした方が安全だと思いました。またドテンのお話がありましたが、テクニカルの節目と見てエントリーする時に何処をバックに入るのかを明確にしておくことが重要だと思います。そこを切ったら一旦リセットしてどちらに値が動くかをもう一度確認した方がいいと思いました。多くのバイアスがかかっている節目を逆に動くということは、それが破られた時にはその反動も大きいというを覚えておきたいと思います。

      • NoN
      • 2020年 11月 15日

      おっしゃる通り、ドテンは誰もが売るだろうとき、逆方向の買いバイアスを根拠に、売り手の逃げをトリガーにする戦術といえます。まぁようするに「プランB」です。

    • Tony
    • 2020年 11月 14日

    素晴らしい動画、ありがとうございます!

    まよはれ歴2年弱で、
    最近「まよはれ思考」、段々身についているような気がします!
    今週ピンポイントシンクロしたエントリーポイントは3つありまして、
    EURUSD月曜の赤①の負け、まよはれさんとシンクロしたので、嬉しい負けでした。笑
    また、EURUSD水曜日の赤①戻り売り、直近安値でチキン利食いせず、
    キリ番まで引っ張られてすごく達成感のあるトレードでした。

    ところが、戦略的にはまよはれさんに似てきましたが、戦術的にはまだまだでした。
    というのも、EURUSD月曜の赤①、瞬時に損切の判断ができず、高値で狩られて痛かったし、
    EURUSD木曜のショートも、当時売りのことしか考えていなく、ドテンどころか、損切も遅れました、、、

    まよはれさんのように「蝶のように舞い」というトレードができるまで、
    まだまだ修行が必要です。今回の場合、戻り売りの失敗への警戒心が欠如したからだと思います。
    (ただ、自ら損切ったあとに思惑のように伸びることもあるのでそこの判断は難しいです、、、)

    今後とも精進して参ります!!

      • NoN
      • 2020年 11月 15日

      シナリオはほぼ同じ思考回路(^_-)-☆あとは「プランB」の準備でしょうか。ユロドル木曜ショートは誰もが持つだろうバイアス⇒しかし、押し目買い候補でもある。⇒ショートの逃げがロングのトリガーになりえる。

    • yuua
    • 2020年 11月 15日

    こんばんわ。2回目の投稿です。
    FXを始めて1年ちょっと経過しましたが、やっと月単位で勝てるようになりました。
    もちろん負けもありますが、大きい勝ちでカバーしています。いわゆる逆コツコツドカンですね(^^♪
    これも迷晴れ様とあと投稿されている皆さんのアドバイスのおかげです。本当にありがとうございます。

    今回の木曜日のEURUSDのロングは私も狙っていました。11月4日起点のロングの押し目候補が1.17600あたりだったのですが、1H足で綺麗に安値切り上げのWボトムつくってくれました。私の場合は、Wボトムネックラインを上に抜けてから戻りをロングしました。上値が重く20PIPsもとれませんでしたがまあOKです。

    これからも精進していきます。陰ながら迷晴れ様と皆さまのこと応援しています(^^)

      • NoN
      • 2020年 11月 15日

      「ドカンコツコツ大きく勝てるようになった。」これは、チャートが読める何よりの証拠。おそらくもう月単位で負けることはそうそうないでしょう。ご本人の努力の賜物ですが、お役に立てたのなら嬉しいです、おめでとうございます!

    • H
    • 2020年 11月 15日

    いつも素敵な動画をありがとうございます。個人的には月曜の火柱でお腹一杯といった週でした笑。鬼滅の映画を見に行った後だったので、煉獄さんが炎の呼吸を為替チャートに使ってくれたものと思っています笑。ドル円は想定外でしたが、ユロ円やポン円ではチャート的にここをぶち抜いたらかなりの上げ幅が見込める!という節目で見事に4時間レベルの上昇が入るので不思議なものです。たまにくるファンダ要因がテクニカルの節目でやってくる現象は宇宙の不思議としか言いようがないですね笑。ちなみに金曜ユロ円黄色ロングは個人的に好きなパターンだったので直近高値まで20pips取れたらいいな、と高値切り下げをわかっていながらロングを打ち込みました。少し甘めの球であれ上位の環境において確信が持てないならば見送られるスキルが本当にさすがだと感じます。

      • NoN
      • 2020年 11月 15日

      ファンダ要因がテクニカルの節目でやってくる宇宙の法則?今回もここまでの爆上げを予想できてませんが、結果的に良いタイミングで入れました。これって偶然なのか、必然なのか、正直わかりません。相場の呼吸とシンクロできてるってことでしょうか(^_-)-☆

    • ノーマ
    • 2020年 11月 15日

    迷晴れ様
    いつも勉強になる動画配信ありがとうございます( ´∀`)

    この週は月曜日の大上げで相場には何があるかわからないということを改めて感じさせられました。

    バイアス掛りすぎの為度重なる損切り→やけになって分析なしの馬鹿トレード連発
    バイアス排除しようとあらゆるリスクを回避→バイアス解除を意識しすぎでタジタジ病に

    まさにこのパターンにハマってしまいました。

    FXはメンタルとの戦いですね。
    自分に自信が持てるまでレベルを上げないとなかなか厳しい世界です。

      • NoN
      • 2020年 11月 16日

      ポジポジからのタジタジ(^_-)-☆丁度いいところに収まるまで時間がかかりますが、両極を経験するからこそ、わかってくるのかなぁ、なんて思います。

    • いけちゃんまん
    • 2020年 11月 16日

    いつも動画解説ありがとうございます!
    ドテンって途転って書くんですね勉強になります。
    自分のトレード記録の統計をとった際、伸ばすべき利益を伸ばせない、耐えるべき含み損が耐えられない、が私の2大課題であることが分かりましたが、ドテンすべき場面なのに尻込みして出来ない事例もままあることが浮き彫りになってから、意識してすこし出来るようになりました。
    以前は損切になると意気消沈で試合終了でしたが、今は損切を受け入れた上で、その値動きってどういうことなんだろう?と試合続行モードで集中力を高めてその後の値動きを観察できるようになってきた気がします。

    15週目の収支はマイナスでした。
    日付が土曜に変わるまでは、日ベース負けなし記録で3週間で、週ベースでも最高益、個別トレードでも手ごたえを感じられるようになり今週は良いトレードが出来たなと、チャートも閉じいい気分で晩酌をしていたのですが、就寝前に何気なくメール確認したのがきっかけで大きく変わりました。現在の収入の柱である不動産賃貸事業にて非常に腹立たしいメールが届いており、一気に最悪な気分に陥り、しばらくしてからこれはFXで少しでも穴埋めせねばと思い込み、再びチャートを開き、たまに遊びでやっていたポンド×スキャルピング×無限ナンピンの失敗で2週間分の収益を返上してしまいました。
    落ち込みましたが、まぁいい勉強になりました。もう二度とやりません!!
    成功の要因は、決して過ちを犯さないことではなく、同じ過ちを二度と繰り返さないことにある。
    良いこと悪いこと両方があった週でしたが、それらを含めて全てが学びですね。

      • NoN
      • 2020年 11月 16日

      ホント気分て大事。損切りしても「試合続行モード」気分になれるところが素晴らしい!ボクも経験ありますが…江戸の敵を長崎で打つべからず、これも気分ですね(^_-)-☆

    • たぁた
    • 2020年 11月 16日

    いつもお世話になっています(*^-^*)

    お礼をお礼をと思いつつ、出来てなくてごめんなさい。
    月末月初となんで同じことばっかりで負けてるんだろうというようなことを繰り返していましたが、だいぶ回復してきました(;^_^A
    相変わらずじっくりゆっくりですが、踏ん張っています(*^-^*)

    ポジポジ病にタジタジ病、やっちゃってます。
    ぬいぐるみコーチに
    「そこに理由はあるか?」
    声をかけてもらいますね。

    今回も動画をありがとうございましたm(__)m

      • NoN
      • 2020年 11月 16日

      おつかれさまです!ひとり実況解説も効果ありましたよ、ボクだけかも…ですが(^_-)-☆

        • たぁた
        • 2020年 11月 17日

        いつも返信ありがとうございます(*^-^*)

        ひとり実況解説いいですね。試してみます!

    • mr03911gt1
    • 2020年 11月 17日

    動画・ブログ更新ありがとうございます。
    出遅れました。
    SNSではビットコイン界隈と株界隈が賑わっています。手を出す気は無いですが、ちょっと羨ましいです。
    昨日のドル円欧州時間、H1SMA21のロールリバーサルを仕掛けた直後に急騰
    また先週みたいな事件発生だろうとTwitterを見てみたら案の定「モデルナが~」
    二匹目のドジョウを期待してみましたけど105円で止まっちゃって残念。まあさすがに二回目はあまり来ませんね。
    三回目のワクチン関連ニュースでは反応すらしないかもしれません。
    FXってなんでかわからないけど「3」は効きますね。良く迷晴れさんが仰っているように波は大体3回うったら終わりだし、三尊、とか、三波目、とか。。
    今17;30ですが、そろそろ動き出してきたので、狙った波になりそうになったらエントリーしたいと思います。

      • NoN
      • 2020年 11月 18日

      世界は「3」拍子好きなんですかね。3拍子って安心感・安定感があるし、讃美歌や童謡のふるさとも三拍子…なんかあるかもしれないですね。

        • mr03911gt1
        • 2020年 11月 18日

        返信ありがとうございます。

        少し時間があったのでデータを取ってみました。
        なんとなく「取引時間中にその日の主要なオプションストライクを跨いで超えていくことが少ないな」と思っていたのですが、欧州開始時に上下100pips以内にある既知の当日ストライクをカットオフ時刻前にレートが超える統計的確率を調べたところ、ユーロドルで3割、ドル円で2割未満でした。そうすると、昨日のユーロドルは1.185に2.1bn、1.190に1.1bnのオプションがあって欧州開始時にレートは1.185の少し上にありましたから、0:00までは1.185から1.190の範囲にレートが収まる確率が7割。ということは初動で1.185=H1SMA21にタッチしたところでロングすれば7割の確率で負けないことになります。またロングして伸びても1.190までと最初から分かっていたことになります。

        昨日気づけば良かったです笑

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

神回バナー

サイト内検索

FX人気口座ランキング
海外FX口座の基礎知識
海外FX口座スペック比較

オリジナル・インジケーター

オリジナルインジケーター販売所
オリジナル・インジケーター動画・記事まとめ

特化型FX国内口座開設

短期売買特化型口座特集
MT4口座特集
システムトレード口座特集

学習ツールと投資関連書籍

フォレックステスター購入
フォレックステスター・導入ガイド
フォレックステスター有料データ購入ガイド
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント

あなたの負けトレードを徹底解説!

迷晴れボックス

月別ページ

カテゴリー

シストレ24キャンペーン
FXPLUS