FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を学べるサイト。

menu

迷晴れFX

【週ナビ#125】主観より忖度(そんたく)が大事。

今年の流行語になりそうな”忖度”という言葉。他人の気持ちを推し量るということだそうです。重要な節目プライスでは、売り目線、買い目線が交錯しますので、その渦に飲み込まれないようにしないといけません。それには主観を捨て、投資家心理を「忖度」した上で、自分の投資行動を決めます。

スポンサードリンク

今週の視点

自分がどうしたいかを決めるには、他人がどうしたいのかを考える必要がある。

考えてみれば、客観とは主観の集まりであって、その主観を3つに分ければ、売る、買う、何もしない、になります。

トレードでは、この3人の誰についていくのかを決めなければなりません。

ひとつを選ぶことに、恐れや不安を抱くのは、それが誤りであることをイメージしてしまうからですが、トレードで本当に怖いのは、勝敗ではなく、負けた結果が引き起こす、次なる行動です。次の行動は、負けたトレードとは無関係なのに、見事に影響されます。

損切りできないという行動は、100%主観でしかチャートを視れなくなってしまっています。

例えば、自分が売ったとしても、その失敗を待っているトレーダーがいます。

他人の損切りに、買いエントリーをかぶせられたら、グングン上昇して損失が膨らみます。それなら、さっさと損切りした方が被害は少なく、うまくいけば、上昇の流れに乗れるかもしれません。

エントリーした瞬間から、他のトレーダーの行動を”忖度”できず、都合の良い主観でしかチャートを見れなくなることが、恐怖や不安をさらに助長させ、心理的な負けパターンをつくります。

売るか、買うか、最終的に選ばないと成果はでませんが、それ自体に恐怖を覚える必要はありません。怖いのは、自分のポジションしか見えなくなることです。

ドル円

日足

ボックス(112円と115円)はブレイクしましたが、101円からの上昇波押し目買いが、どこから入るかわかりません。111円は水平線が引けますが、110円の半値も気になります。どこで反転するにしても、それは短期足から起こるので、よく観察しておきたいです。

4時間足に週足ロウソク表示

先週足安値を更新するにしても、赤矢印のような”戻し”があってもおかしくはないですが、21日の米国株式相場が下げ幅を拡大したこともあってか、そのまま”先週安値”をブレイク。未来のことは全くわかりません、上か下かを予想する必要もありません。ここで大事なのは、”先週安値”という節目にあって、ここに集まったトレーダーの思惑を”忖度”することです。

向かう方向が決まるまで、様子見しようとする者もいれば、”先週安値”から”戻し”を期待して逆張りするトレーダーもいます。あるいは、短期足でブレイクと判断して売る人もいるかもしれません。自分の選択は自由だし、”先週安値”という根拠でみれば、どちらも、あながち間違いではありません。

たとえ自分が逆張りを選んだとしても、様子見しているトレーダーがいることを意識できていれば、彼らは、あなたの損切りポイントを狙うでしょう。損失が大きくなる前に、潔く損切りすれば済む話です。

長らく続いた緑ボックスをブレイクしましたが、日足チャートでは、いつ”押し目買い”されてもおかしくない雰囲気があります。現在、111円でサポートされていますので、ここは焦らず冷静に”忖度”対応したいです。

1時間足に日足ロウソク表示

先週安値は112.500とも重合した節目です。ここを更新するにしても二通りの想定ができます。ひとつは売りの勢いが強く、たいして戻さずブレイクするパターン、もうひとつは赤矢印のように113.500まで戻してから売られるパターン。

この節目には、先週安値更新を期待して”黄色丸”の陰線で売る人、あるいは”黄色丸”陽線を視て逆張りロングする人、何もしない人の3人がいます。結果としては”先週安値”はブレイクされましたが、どうなるかなんてわかりません。自分が何を選ぶにしても、それ以外に2人いて、各々が異なった思惑でいることを忘れなければいいだけです。

緑レンジ下限の”赤丸”からの戻り売りが”緑丸”で更新できなかった時点で、緑レンジ下限と日足サポート(111円)とでレンジ化する可能性を疑います。この間、50ピプスありますが、ここでのトレードは、さらに小さな波を拾うスキャル対応になります。

15分足に日足ロウソク表示

20(月) 先週安値付近

先週安値を更新するにしても”戻し”を受けてからです。”緑丸反発”もサポートの強さを示唆しています。

戻り売り候補は、113.000あるいは113.500ですが、”黄色丸”高値を、戻り売り候補とみて、高値切り下げなどで売るにしても、ワントライ目なので、抜けなきゃ、逃げねばなりません。

21(火) 先週安値更新

20日黄色丸と21日黄色丸とでダブルトップになったので、ここからの売りなら安値更新するかもしれません。

もうひとつの根拠として”緑枠”の値動きがあります。これは”先週安値”ブレイクアウトで売ったトレーダーが見事、つかまった動きで、この時点では、先週安値の強さを示唆しています。しかし、その後、前日高値で上げ止まり”黄色丸”でダブルトップになりました。

”緑枠”の動きを視て買った逆張りトレーダーも、このダブルボトムの事実をみて逃げる準備をします。”赤丸”は最後の脱出口で、ここを逃せば損切りになってしまいます。

22(水) ボックスレンジ下限+111.500

このボックスレンジは長期間続いていましたが、今週ついに破られました。111円は”日足サポート”になるので、一旦はここまで。ここからは日足チャートを視ているトレーダーが”買い”で参入してくる可能性があります。

15分足に日足ロウソク表示

23(木)24(金)日足サポート 対 緑レンジ下限レジスタンス

111円は”日足サポート”で、押し目買い候補になります。これに対して”緑レンジ下限”でサポレジ転換して売られる可能性もあります。緑レンジブレイクの事実は変わりませんが、4時間足を見れば、さらに上のレジスタンスまで大きく戻ることも考えられます。

仮に、日足チャートの押し目候補になるとしたら、ラージサイズの押し目をつくる可能性があり、中期足は2日間程度レンジ化するかもしれません。その間、レンジ戦略をとるなら、緑レンジ下限での売り、日足サポートでの買いとなります。ただし、111円は日足チャートのサポートなので、それ未満の時間足ではロウソク足が抜けてしまうことに注意します。

ユーロドル

4時間足に週足ロウソク

1.08000に日足レジスタンスがあり、2週間続いた上昇にクライマックス感があります。ならば、高値のチャートフォーメーションをつくるはず、それまでは、最後まで押し目買いするのがわかりやすいでしょう。”先週高値”を試してダメなら、上昇するため、一度押し目をつくる動きになります。結果、”先週終値”を試し、買われていきました。

日足レジスタンス(1.08000)で、過去の緑ゾーンでは、波の反転に一週間かかっていますので、現緑ゾーンでも、それくらいをイメージしておきます。

30分足に日足ロウソク

20(月)先週高値試し

日足チャートのレジスタンス(1.08000)に近づいてきました。波が崩れるまで、まだ60ピプス程の上昇余地があります。そこで、”先週高値”までの上昇を狙いたいですが、もし仮に届いたとしても一発で抜けない可能性もありますし、それ以前に、16日の”黄枠安値”を試す動きも考えられます。この日のような相場では安値から高値まで50ピプス程度で、加えてレジサポが隣接しています。そうなると狙える値幅も10ピプスあるかないかになります。

21(火)先週終値からの押し目買い

17日と20日でダブルボトムになりました。”先週終値”を根拠に押し目買いするなら、ここでの”下ヒゲ”を確認しての逆張りもアリではないでしょうか。

22(水)23(木)24(金)目標達成後のカオス

日足レジスタンス(1.08000)は、大きな節目になります。買いの利確、逆張りショート、抜け期待の買いなど、人種の坩堝となり”カオス化”するので、ネックラインがつくられるまで静観してもいいでしょう。ここから以降、21日足のハラミになっていて、21日青丸押し安値が”頭のネックライン候補”です。

ユーロ円

4時間足に週足ロウソク表示

先週足は大きな陰線で終わっていて、高値も切り下げているので、一度戻してから売られるか、あるいは先週高値を目指す動きになるか、といったシナリオを考えました。ドル円と相関関係にあるので、ドル円が下がり始めれば、釣られてユーロ円も下がり、ユーロ円に下がる余地があっても、ドル円がサポートされれば、半端な位置で止まることもあります。

30分足に日足ロウソク表示

20(月)週足安値サポート

週足安値を更新させるだけ”強い売り”が入るには、一度、戻しが入る必要があります。”赤丸戻り売り”は、その力が弱くて更新できませんでした。

21(火)先週足半値からの戻り売り

20日の戻り売りで”週足安値”を更新できなかったので、さらに深く戻すことになりました。ここにも2つの目線があります。ひとつは”週足安値サポート”を根拠とするブル派と、4時間足チャートでは高値を切下げているので、売りが強いとみるベア派です。黄色丸は20日の動きをWボトムとみて買ったブル派の痕跡(レンジ足)があります。

22(水)先週足安値ブレイク

先週足安値をブレイクしましたので売れますが、”4時間足強者の値”が控えています。強者の値が破られると、買いの損切りを巻き込み急落しました。

4時間チャートをみると、この強者の値は、最終的に高値を更新できていません。なので、格付けとして、そこまで強くありません。これに対して、4時間足で高値を切下げつつの、先週足半値からの売りのパワーは強そうです。もしも、この強者の値が高値を更新していれば、意味合いは変わったと思います。

23(木)24(金)ドル円にもクライマックス感がある。

ドル円ともにクライマックスな感じがします。カオス化するので無理をせず、わかりやすいところだけやるようにしましょう。

今日の雑記

ボクの持ってる法人は3月決算なので、ボチボチそのための会計処理を始めました。

友達に公認会計士がいて、19年前から決算をお願いしています。といっても、会計士に丸投げはせず、自分で会計ソフトに仕訳を入れて、損益や貸借など決算書類までつくっています。会社の数字を把握しておくと、いろいろとメリットがあります。

正直、金銭的に、会社の存続が厳しい時代もありました。廃業という選択もありましたが、なんとか法人の存続をさせてきました。法人は持っているだけで、赤字であっても、年間7万円程の法人住民税がかかり、それに加え、会計士への報酬で、決算時に20万円程はかかってしまいます。個人なら非課税枠でも、法人だと、そうはいきません。

友人で保険やら税金やら、国の制度やらに、やたら詳しいヤツがいます。もの凄い知識で、保険のプロが知らないような、保険のカスタマイズ方法まで、詳しく知っています。彼は今、自営業ですが、ある会社の社員扱いで仕事をしていて、その理由を聞くと、なるほどと納得してしまい、ボクはホントに無知だなぁと思いました。

保険や税金に関して、商売抜きで100%相手のことを考えて教えてくれる人って、なかなかいないので、わからないことがあれば、これからもちょくちょく彼に相談しようと思っています。

昨年くらいから、興味を持った分野で、いろいろと始めています。好きなことで、市場のニーズがあれば、あとは続けることで、自分のスキルとともに成長できると思っているので、今は全くお金になんてなってませんが「続ける」ことが大事だと思っています。

FXに必要な経費はパソコン代とインターネット使用料ぐらいなので、もし、利益が出始めているなら、派手に散財(笑)する前に、自分の得意分野でスキルを伸ばすことに投資して道を模索するのもおすすめです。

これは、以前からお伝えしていることですが、トレードそのものが、何ら新しい価値を生み出すことはありません。トレードのスキルについても、身に付ければ、生きていくために役に立ちますが、それを生業とするかしないかは、ご本人の価値観次第だと思います。

一回しかない人生ですから、できるうちに何でも挑戦します。

◆迷晴れFXの上手な活用法◆
この動画やブログを見るだけでトレードが上達することはありません。

本来の学び場はチャートであり、当コンテンツは【考えるヒント】の気づき場とお考え下さい。自分で仮説をたてて、自分で考えることが勝つコツです。

◆お断り◆
この動画は「学習」を目的に制作されたものです。個人の見解を過去のチャートから解説したものであり、未来を予想したり、利益を保証するものではありません。

記事へのレビューやご意見はコメント欄をご利用ください。コメントを「読者さまの声」としてブログや動画に掲載させていただくことがございます。

個人が運営していますので以下のご質問にはお答えできません。

・サイトの趣旨と無関係なこと。
・調べて頂ければ自己解決できること。
・誘導リンクのあるものはスパム扱いとさせて頂きます。
・初心者の方のご投稿は「迷晴れボックス」をご利用下さい。

◆著作権について◆
当サイトは無料でご覧頂けますが、著作権は放棄しておりません。動画等のコンテンツを営利目的でお使い頂くことはできません。

悪意のあるスパムコメントやコンテンツは証拠として保存しております。悪質と判断した場合、サイバー犯罪として対処いたしますのでご注意ください。

詳細はご利用についてをご覧ください。

スポンサードリンク





おすすめトピック

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (6)

    • GAVI
    • 2017年 3月 26日

    迷晴れさんがチャート上で「こういい時は気おつけないといけない」「ここで売りでも会でもポジションを取らないほうがいい」と言っておられるとき、僕のトレードを後ろから見ておられるのではないかとドキッとしてしまいます。
    俺ってあほやなー

      • NoN
      • 2017年 3月 26日

      そうですかぁ(^^♪ボクもよくやらかしましたから。

    • shimizu
    • 2017年 3月 26日

    こんばんわ

    今回も壁にあたり 助けられた動画をありがとうございました

    3月に入り調子がよく勝っていましたが 勝つとどうなるか? 

    そうです! 精度をよくしようと 線が増えます 横や斜めです

    すると プライスアクションを忘れて 線をガン見です そしてまけまくり  どうなりますか?

    そうです!自分に都合にいいトレードが始まります 

    「ここを割ったら日本が困るとか」わけわからん理由が出てきて 理由なきトレードです

    来週からまた 3歩下がって 先週の高安、強者 だれもが思うプライスそれのアクションを大事に自分の都合は無しで

    また、寒さがぶり返してきました お気をつけて  毎回勉強させてもらい ありがとうございます

      • NoN
      • 2017年 3月 27日

      ”精度をよくしようとして線が増える”確かに!よい気づきを頂きました。

    • takahashi
    • 2017年 3月 27日

    以前の動画のコメント的になってしまうのですが複雑な物を単純に、単純な物を複雑に。の迷い晴れさん自身の体験やらダイの大冒険の動画の語りからじーんと胸にくるものがありコメントさせて頂きます。とにかく自分は迷い晴れさんのメンタル面や雑談のコンテンツがお気に入りです。更新されてるかと毎日チェックさせて頂いてます。
    自分の中で迷い晴れさんはありきたりな言い方でいうと漢の中の漢といった感じです。
    お忙しい毎日でしょうが今後も是非動画をみたいです。

      • NoN
      • 2017年 3月 27日

      有難うございます。雑談系は以前からお好きな方がいるようです。文字では表現できないことも動画だとできるようです。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内検索

FX人気口座ランキング
短期売買特化型口座特集
MT4口座特集
システムトレード口座特集

学習ツールと投資関連書籍

フォレックステスター購入
フォレックステスター・導入ガイド
フォレックステスター有料データ購入ガイド
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント
海外FX口座の基礎知識
海外FX口座スペック比較

月別ページ

カテゴリー

シストレ24キャンペーン
FXPLUS
迷晴れBOX