FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を学べるサイト。

menu

迷晴れFX

今のトレードは投資、消費、浪費のどれ?賢くお金を使うならパブロフの犬になればいい。

お金の使い方は浪費、消費、投資の3つがある。投資はお金を増やすことにつながるが、消費や浪費でお金が増えることはない。トレードでのお金の使い方を、全て投資に向かわせるにはどうしたらよいだろうか。

スポンサードリンク

浪費家→消費者→投資家とレベルを上げていく。


今のトレードが投資、消費、浪費のどれになるかを考えると面白い。

投資は、出したお金よりも、大きくなって返ってくること。

消費は、出したお金と同じくらい返ってくること。

浪費は、出したお金が全く返ってこないこと。

ポジポジ病というのは浪費の典型的なパターンだ。暮らしの中のポジポジ病は食べ過ぎ、飲み過ぎ、寝過ぎ、とにかく〇〇過ぎることが多い。過ぎた分は浪費なので、何も返ってこないどころか、身体にとってはマイナスになる。

トレードでも、難しく考えすぎ、手法漁り過ぎ、インジいじり過ぎ、商材買い過ぎは、全くもって時間とお金の浪費でしかない。

お金を出すことに意味づけをする。

意味

トレードも最初の頃は、とことん浪費しまくり、出したお金は返ってこない。投資家としてデビューしてみたものの浪費家になってしまっていることに気づくまでは浪費が止まらない。

ある程度、痛い目に遭って、このままではいけないと改心するが、ある意味、このタイミングが本当のスタートかもしれない。

トレード記録をつけて、勝ち負けのパターンを確かめるなら、後々、浪費したお金を取り戻すこともできる。

お金を出すことで返ってくるものは、何もお金だけとは限らない。負けた理由をきちんと言える負け方なら、その損失は授業料であり、先行投資ともいえる。

消費と浪費の違いは、結果がプラマイゼロなら消費で、マイナスなら浪費だが、金額的にマイナスであっても、そこに学びがあれば投資と考えることもできる。

大事なのは、負けるなら、ちゃんと負けること。ちゃんと負けるとは、自分の描いたシナリオ通りにトレードして負けること。衝動的なトレードは勝ち負けに関係なく間違っている。

浪費家から消費者、消費者から投資家という上達プロセスは、誰もが通る道だと思う。誰もが最初、浪費家から始まり、消費者で成績がトントンになり、最後に投資家になって儲かる。

ひとつのトレードを丁寧に意味づけすることができれば、金額的に負けていても、それは投資家マインドといえよう。

値動きに反応して死ぬか、対応して生きるか。
最近のコメントから、これは共有したいと思ったものをメンタルとテクニカルでひとつづつ取り上げさせていただきました。

良くも悪くもパブロフの犬

犬

人は刺激に対して反応する生き物で、これは人も犬も変わりない。問題は刺激に対する反応をどんどん強化してしまうことだろう。

リベンジトレードでさらに負ける人の特徴は、負けたという刺激にたいして、暴言や暴動で反応して、やり場のない怒りを鎮めようとするが、この行動が負の反応が強化してしまい、パブロフの狂犬になる。

こういう人は、もともと好戦的な自分が好きなんだろうが、チャートに怒りをぶつけても、鏡のように自分に返ってくるだけだ。

人が刺激に反応するのは、過去の条件づけの結果でしかない。要するに、「〇〇〇なときには△△△する」というプログラムが書き込まれて〇〇〇なことが起こると条件反射で△△△してしまうのだ。

厄介なことに、人間様のプログラムは学習機能を搭載していて、負の反応がどんどん強化されて、

〇〇〇なときには△△△する、が、

〇〇〇なときには△△△する、となる。

このプログラムのルーチンを書き換えない限り、同じ過ちを何回も繰り返してしまうことになる。

トレードにスリルを感じなくなる唯一の方法。
相場の不確実性を深く理解できると、いい意味でトレードに諦めがつき、迷いがなくなります。確実という、もともと存在しないものに振り...

正の反応も強化できる。

強化

「〇〇〇なときには△△△する」というルーチンを「〇〇〇なときは□□□する」に書き換える方法は簡単だ。

過去のトレード記録を見直して「私が、あかんトレードをしてしまうのは〇〇〇なときである」と紙面化すればいい。

たとえば、私が、あかんトレードをしてしまうのは「レンジ相場のど真ん中である」と、問題になる相場環境を特定する。こうすることで最悪なルーチンを削除して、新たなルーチンに上書きできる。

「私は、レンジ相場の真ん中ではトレードしない」

「私は、レンジ相場の端っこでトレードする」

こうして、ルールを決めたら、何度も練習して、今度は正の反応を強化すればパブロフの名犬になれる。

押し目買いとか戻り売りとか、誰が見てもチャンスとわかる相場に出くわしたときに、正しく反応できるのは、パブロフの名犬だけ。狂犬はそこで負の反応を示してしまう。

正しく反応できたら、パブロフの名犬(自分)に褒美をとらす。怒りをぶつけることで負の反応が強化されるように、褒美を与えることが正の反応を強化する。

うちのクルミはお留守番の前に「おとなしくお留守番ね」と言い聞かせて、帰って来たら「ちゃんとお留守番できたね」とご褒美をあげる。

人間は犬より賢いが、賢さなんて表面的なものであって、深い部分の行動心理は同じようなレベルなのかもしれない。犬にできれば、人にもできる、メンタルが弱いとか自分を責めることはない。

FX トレードで負けると怒りや悲しみがこみ上げてくる方に見てほしい心理メソッド。
今回の記事はトレードで負けるストレスから解放され、あなたの努力が報われやすくなる心理メソッドをご紹介します。

今日の雑記

最近、アマゾンでポチポチ病になってる。数千円の買い物なら、全く躊躇がない。毎日、ひっきりなしに宅急便が来るので、嫁さんにウザイと言われてる。

ポチポチ病もポジポジ病と似ていて、一旦買い始めると、次から次に買ってしまう。もともと欲しかったものもあるが、「こちらもどうですか?」の誘惑に勝てない。

冷静になって3日間くらい買い物を辞めると、あの衝動買いは何だったんだろうと後から思うが、しばらくすると、別の買い物がきっかけで「こちらもどうですか?」の罠にまたハマってる。

トレードのポジポジ病も、衝動買いみたいなもんだろう。その場の衝動が抑えられなくて、ノープランで買ってしまって後悔する。

買い物も、自分の描いたシナリオ通りにすべきなのに、アマゾンのシナリオにまんまとのせられている。

そこで一計を案じて、いくら欲しくても、その場では買わずに「欲しいものリスト」に入れることにした。これなら、本当に欲しいかどうかを後から冷静に判断できるだろう。

そして…欲しいものリストを上から順番に買ってる自分がいる…恐るべしアマゾン

スポンサードリンク



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (15)

    • kazuo Momiki
    • 2016年 3月 09日

    今の自分は、限りなく浪費家に近い消費者でしょうか。
    最近の自分の負けパターンはトレンド反転の時です、特に重要なライン付近で利が伸ばせそうな時に、だましひげにひっかかることが多いです、チャートを見ながらエントリーできないのに、指値を入れちゃうんです、損切りラインもギリギリで・・
    重要なところではダブルフェイクやトリプルフェイクとひげ出しまくりで、一般投資家にガンガン損切りさせながら結局は目線通りに動かす、ファンドの手口もわかっているつもりですが、見事にひっかかります。

    「私は、トレンド反転の時は指値を入れません!! チャートを見れるときだけエントリーします、待てないときはあきらめます」
    守れるといいですが・・・・

    話変わりますが、血圧190ってすごいですね、気を付けてください。

      • Non
      • 2016年 3月 09日

      血圧はもう大丈夫です(^^♪

      紙に書いて目につくところに貼っておくといいですよ。指値はボクもやりません。やるとしたらタイトな損切はムリでしょうね。

    • mocha0509
    • 2016年 3月 09日

    こんばんは、

    迷晴れFXで勉強を始めて、若干上振れ下振れはあったものの結果的に7カ月間消費者状態で、振り返ると感覚的には、浪費トレードの連続で全く勝てる根拠を持っての自信はつけれませんでした。資金が減ってないのは奇跡としか言いようがありません。最近になってようやく負けない自信がついてきました。これで感覚的にも消費者レベルです。
    負けないというのは、簡単にはトラップに引っかからない。チャンスをしっかり待てる。間違えたと思ったら、微損・微益で逃げれるというレベルであって、勝てるレベル・スキルとは若干違うように思います。勝つためにはエントリーのタイミングなり方向的な感覚なりもう一段レベルの高い精度が必要だと思います。 しかし、これを身に付けるにはトレード→精査・検証を地道にくり返しながら経験値を積み上げていくしかないですね。
    「学問に王道なし」トレードにも王道なしでしょうか。
    「トレードに迷晴れFXあり」とは思います(笑)
    いつもありがとうございます。

    私も怒りが収まらず、ベッドのマットレスを10回くらい連続で叩き続けたら飼い犬に「ガルガルガル」(いい加減にしろよ)と怒られたことがあります。パブロフの狂犬どころか犬以下の狂人でした(笑)

      • Non
      • 2016年 3月 10日

      思わず吹き出してしまいました(^^♪

      ボクも似たようなことをしてましたが、あの悔しさ、情けなさは相当なもんですね。トレードをやらなければ、知らなかった自分の新たな「狂人」の側面です。

    • hagi
    • 2016年 3月 10日

    私もはじめはFXトレードの間違った認識で私も〇〇過ぎるを行っていました。

    FXトレード=なんだかとても難しくギャンブルのようなもの=特殊なインジケーターや特別な商材が必要→インジケーター沼や商材沼にハマる。

    しかし迷晴れブログによってFXトレードの考え方がとてもシンプルになり、今ではそのシンプルなものに対して深く考えて追求した結果でトレードを行い、浪費家から投資家への変身を図っています。

    話は変わりますが、自分は晩ごはん抜きの一日二食ダイエットを行っています。
    これと軽い運動をすることで体重が10kg減りました。かれこれ3年続いていますので、もはやダイエットというより習慣になっています。今のところ体に不調はなくすこぶる調子は良いです。
    栄養が偏るではないかと思われそうですが、逆に三食食べていた頃よりも栄養に気を使ってしっかり野菜や果物をとっています。

    一日三食食べなければならないという世間の常識に囚われていて、自分がいちばん知っているはずの自分の体に合わせて物事を考えていなかったんだと思いました。

    この考え方はダイエットだけではなく、FXトレードや生きていく上で重要なことではないかと思っています。

      • Non
      • 2016年 3月 10日

      子供の頃、親から「晩飯抜きよ」と言われるとガーンとなりましたが、ある程度の歳になったら、その方がいいかもしれませんね。40代が20代の体重に戻るには、食事の量も半分ぐらいでいいのではと思います。

    • 螺子
    • 2016年 3月 10日

    いつも更新ありがとうございます。
    久しぶりにコメントさせて頂きます。
    今回の記事とは関係のない事で大変恐縮なのですが、
    心の師である迷晴れさんに聞いてみたいことがあり質問させて頂きます。

    何ヶ月か前にコメントさせて頂いた時は、10枚で取引するかしないか〜って時だったと思います。

    その後トレードは順調に利益を積み重ねていき、
    現在100枚程で取引するようになり。
    少し前の金銭感覚では、考えられなかった数字を見るようになりました。
    そこで、時間の束縛から解放されたいという思いもあり、
    5月より専業トレーダーとして歩を進める事にしました。
    そこで質問なのですが、専業トレーダーとして生活していく中で、節税として法人になった方がいいのか迷っております。
    専業で法人化している方は多いのでしょうか?
    ご教授お願いします。

      • Non
      • 2016年 3月 10日

      マジかよ~て皆さんが羨ましがるようなコメントですね(^^♪

      昔と違って法人設立そのものは会計士にお願いして20~30万程度でできます。会計士絡みで年間にかかる経費とすれば、決算と毎月の顧問料ですが、これは会計士次第です。一般的な会計士ですと、決算で10~30万円、毎月の顧問料で数万円だと思います。赤字決算の場合でも年間7万円(市県民税のようなもの)の税金がかかります。

      FXの場合は難しい会計処理などないので、「弥生会計」などのソフトで自分で行って、最終的なチェックと書類提出だけをしてもらえる会計士を探せば、かなり安く運営できると思います。

      あと、個人と法人では税率が違いますので、ご注意ください。個人なら雑所得で一律20%ですが、法人なら課税所得扱いになります。法人になると経費計上できますが、FX取引だけの場合ですとPC代やネット通信費ぐらいしか経費計上できません。なので、かえって個人よりも多くの税金を徴収される可能性(プラスして会計士への支払い)があります。

      専業=法人化と考える人も多いと思いますが、実際のところはよくわかりません。とりあえず、個人で青色申告して経費を計上してみるという方法もあります。

      すでに法人を持ち、別の事業収入があれば、経費も合算できるメリットがありますが、FXだけとなると、どうやって経費を計上するかがポイントになるかと思います。

      法人化を考えられるレベルになっているというのは素晴らしいことです。まずは、おめでとうございます。

        • 螺子
        • 2016年 3月 10日

        まさにいま現在、このコメントをしてる僕が居るのは、ここに巡り会えたおかげだと思って本当に感謝してもしきれないほどです。

        投資家としての、チャートの見方。
        投資家としての、勝ちかた負け方。
        投資家としての、心構え。
        わかったつもりの自分がわかれば、
        積もり積もったつもりを1から見直していければ、後は結果がついてくる。
        僕はここで全て気付かされました。
        本当にありがとうございます。

        とりあえずは
        個人で1年間やってみて、
        税金がどの程度のものなのか把握してみようと思います。
        アメリカの場合年間の所得合計で税率が変わるのでうまく調整するか、もう少し枚数を上げるか検討中です(^-^)

    • taku
    • 2016年 3月 11日

    今日はECBの指標を頭に入れてなくて損きりにかかってしまいした。久しぶりの大損でした。指標のチェックは基本中の基本ですね。ちょっと最近調子がよかったの気の緩みですね。大反省です。

    FXの勉強にはたくさんお金を使いました。結局迷晴れさんのブログだけでOKだったのですが・・・。でも大金をつかったおかげでここにたどりつけたと思っています。無駄といえばそうですが、私には必要な投資だったかもしれません。

    ところで迷晴れさんはローカーボン食をしているそうですが、原始人食をご存知ですか。人類が生まれて1年だとすれば、農耕生活を始めてからまだたった1・8日しかたっていないそうです。狩猟採集生活をしていたころの人類にはほとんど病気もなく寿命も長かったそうです。(狩猟採集の人類は平均寿命40代、農耕が始まってから18世紀までの人類の寿命は20代)なのでそのころの食生活にもどせば健康になるということです。

    人類は肉食を中心とした雑食が良く、米や小麦などの穀物類は、消化酵素など生化学的に見ても人類にはあっていないらしいです。まだ摂取し始めて日が浅いので人類は適応できていないのです。そのことは科学的にも証明されているそうです。僕も今取り組んでいますが、この食事のいいことろは無理なく実行できることです。飢餓感がまったくありません。興味があればネットで調べてみてください。「パレオ食 崎谷」がお勧めです。

      • Non
      • 2016年 3月 11日

      日本人は農耕民族だし、江戸時代くらいからしか魚類など肉も食べてなかったから、現代人は肉が腸で腐敗して病気になると思ってました。だから米が合っているのかと思えば違うんですね。原始人とは、さらに遡りますね。

        • taku
        • 2016年 3月 11日

        そうです。私はこれは食のパラダイムシフトだと思っています。私も以前は玄米菜食が我々には向いていると思っていました。でも玄米菜食の人って癌でなくなる人が多いのです。アップルのスティーブンジョブズも菜食主義者で、果物好きから会社をアップと名ずけたそうです。彼は若くしてすい臓がんでなくなりましたね。ジョブズの伝記映画の俳優もジョブスを真似て果物ばかりを食べてたので、急性すい臓炎で緊急入院したそうです。  この食のことみんなに知ってほしいですね。

    • タツヒコ
    • 2016年 3月 13日

    迷晴れさん!いつも本当に素晴らしい動画をありがとうございます。
    一つ気づいたことがあるのですが、リベンジトレードなどの感情トレードって、ひょっとして、心理学で言うところの、承認欲求が満たされないことによって引き起こされているのではないでしょうか??
    承認欲求は、ご存知と思いますが、社会に自分のことを認めさせたいとか、認めてほしいとかって言う、人間の基本的な欲求ですが、社会を相場に置き換えれば、相場に自分のことを認めてもらいたいけど、認めてもらえなくて負けまくることで、承認欲求を否定されたことになり、自分のことを認めろよ!!っていうリベンジトレードをしてしまう。 こういうことではないでしょうか??
    承認欲求を満たすには、自己承認が有効だとのことですが、この動画で言われていた、自分にごほうびを与えるってことが、自己承認をするってことになると思いますので、これで承認欲求が満たされて、良い精神状態が保てるってことなのではないでしょうか??
    ここでメンタルが弱い、ダメなやつなんだとかって自分のことをせめると、それこそ食欲とか睡眠欲とかの基本的な欲求を否定するのと同じことになり、どんどんおかしなことになっていく、、。だって寝たいって言う欲求そのものをこ、寝たいなんてメンタルが弱い、ダメなやつなんだって言うのおかしいですよね

      • Non
      • 2016年 3月 14日

      承認欲求ですか、言われてみれば、そういう見方もできますね。いずれにしても相場は宇宙的な存在なんで、仕返しなどと考えても往復びんたを喰らうだけです(^^♪

    • かにずき
    • 2016年 8月 06日

    拝見させていただきました。

    トレードで勝つことを一番シンプルに考えると正に今回のことだと感じています。
    今の私は、まだ消費家になれていない浪費家だと思いました。

    自分の確信として、トレードで勝つということだけなら思考と決断のパータンだけあれば絶対になれると考えています。
    ただ、それはそれで人間徹底だとも思っています。
    チャートも読めて優位性を確認できるとお互いに補完し強化できるということだと思っています。

    自分はまだまだ、思考と決断のパータンも固まっていません。
    ましてチャート分析などは夢のまた夢といったところです。
    まずは相場で起きている現象をに対し、自身が何を考えどう決断するか。
    そこに集中していきたいというのが今現在の想いです。

    素晴らしい気づきをありがとうございました。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FX人気口座ランキング
短期売買特化型口座特集
MT4口座特集
システムトレード口座特集

学習ツールと投資関連書籍

フォレックステスター購入
フォレックステスター・導入ガイド
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント

迷晴れFx限定 タイアップ・キャンペーン

シストレ24キャンペーン
海外FX口座の基礎知識
海外FX口座スペック比較

月別ページ

カテゴリー

GOOGLEサイト内検索

Facebook

Twitter

アウトプット

迷晴れBOX