FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を学べるサイト。

menu

迷晴れFX

【トレードエピソード】キリ番からキリ番へ棚板トレード。

先回の週ナビでは、ラウンドナンバーについて語りましたが、今回は実証してみました。トレードプランのインとアウトを決めるのにも、ラウンドナンバーはとても有効に思います。

スポンサードリンク

移動平均線よりラウンドナンバー


チャートを棚板に見立てると、一段づつ、上下を繰り返していることに気付きます。スモールサイズの波で上段に行けなければ、一旦、下段に下がって、ミドルサイズの波になって上段に上がる。

どのサイズの波をトレードするかによって、棚板の間隔が変わるだけで、基本の考え方は同じです。

今回は50ピプス刻みで棚板をはめましたが、途中の25ピプスにもスモールサイズの波動の半値という棚板がありそうです。利益を出すには上昇、下降するための値幅が必要なので、それを確保しやすいのが.00と.50ということになり、.25は中途半端な感じもします。

どのサイズの波を、どこから、どこまで狙うのかを決める。

これが、できてないと、結局、中途半端な位置でポジることになります。移動平均線を入れる前に、ラウンドナンバーを意識してほしいです。全時間足で世界が共通認識できる指標だというだけで優位に立てます。

4時間足に週足ロウソク表示

115.00から下目線優勢と仮定すると、115.50はトランプ氏当選以降の上昇トレンド転換からの、最初の戻り売り候補となる可能性がある。大きな流れは下目線ですが、前日の安値を下抜けずダブルボトムになってから、114.00の戻り売り半値(115.50)までの流れをトレードしました。

15分足に日足ロウソク表示

前日日足終値を試しダブルボトム形成後、113.00まで上昇、切り下げネックラインと、この113.00が重合するポイントのブレイクアウトでロングしました。青丸イン、赤丸アウト、39ピプスのトレードでした。

このブレイクアウトが、直近高値にレジされてフェイクになる可能性もありますので、直近高値を抜けてから、一度押しを待ってもいいです。今回は113.00サポート+ネックラインブレイクで、順次売りの損切り注文が入り、浅い押しから急騰することも考慮して早めに入りました。113.00を背中にエントリーしたので、この根拠が崩れたら、数ピプスで損切りすればいいだけです。

第一関門としていた青ラインでレジされた時点で、逃げるのもよいと思います。5分足レベルの押し目買いで、第一関門が突破できないと、113.00まで下落するので、スプレッド分マイナスになります。こういう値動きのときは、113.00でV字反転する可能性があり、そうなると、再び入り直すのが難しそうだったので耐えました。

113.00を強い根拠と考えた理由は、前日日足終値112.50をダブルボトムで試したあとに、ネックライン113.00をつくったからです。ネックラインを抜けば、50ピプス幅のダブルボトムと、同幅の上昇が見込めます。

めでたく、第一関門を突破、第一目標である、前日日足陰線半値113.50に達したので利食いました。最終目標は緑の戻り売り半値でしたが、ここまで来るには、一旦、日足半値からの売りを受けなければなりません。ダブルボトム安値112.50と前日日足半値113.50の戦いになることもあります。

結果として、ネックラインを試す動きになり、下が拒否されたことでV字回復しました。これは第一関門が突破できなく、一旦、113.00を試しV字回復した値動きと、サイズの違いはあれ、同様の動きです。第一関門突破の際は逃げなかったのですが、113.50では逃げないと、戻り売りをまともに受けることになります。

「逃げるは恥ではなく役に立つ」

今日のまとめ

チャートに理由もなく水平線を引くぐらいなら、いっそのことラウンドナンバーだけ見るようにした方が、迷わなくて済みます。過去動画で何度も紹介している、ネックライン、強者の値、前日の日足4本値、サンドイッチラインですら、ラウンドナンバー付近に具象化しやすいので、なんだか「鶏が先か、卵が先か」のようなテーマですが、プライスが意識されることで、節目になるというのは自然な気がします。

インディージョーンズに出てきた聖杯は、金ピカではなく、地味な木の杯でした。

トランプ氏の影響で金ピカブームが来そうですが、本物は地味で目立たないものだと思います。

灯台下暗し。足元にいくらでも転がっている手がかりを見逃し、正解は、「自分より高いところに燦然と輝いている」と思い込んでしまうところが問題です。

「相場は実は小学生レベルの単純さである」という前提に立てば、あえて大学レベルの複雑な方程式で解く意味はありません。単純なものは、単純な方法で解けるはずです。もちろん例外はありますが、不確実性な世界では、複雑にしても同様に起こります。

複雑で難しいと思わせておく方が得をする人間がいます。必要なものと思わせておく方が得をする人間がいます。これって、搾取する者と搾取される者を隔てる、社会のヒエラルキー構造と似ています。

これを回避するには、玉石混合で加工済の二次情報ではなく、「相場のことは相場に聞け」の精神で、チャートに描かれたプライスとロウソク足という一次情報を信頼して検証することが大事ですね。

◆迷晴れFXの上手な活用法◆
この動画やブログを見るだけでトレードが上達することはありません。

本来の学び場はチャートであり、当コンテンツは【考えるヒント】の気づき場とお考え下さい。自分で仮説をたてて、自分で考えることが勝つコツです。

◆お断り◆
この動画は「学習」を目的に制作されたものです。個人の見解を過去のチャートから解説したものであり、未来を予想したり、利益を保証するものではありません。

記事へのレビューやご意見はコメント欄をご利用ください。コメントを「読者さまの声」としてブログや動画に掲載させていただくことがございます。

個人が運営していますので以下のご質問にはお答えできません。

・サイトの趣旨と無関係なこと。
・調べて頂ければ自己解決できること。
・誘導リンクのあるものはスパム扱いとさせて頂きます。
・初心者の方のご投稿は「迷晴れボックス」をご利用下さい。

◆著作権について◆
当サイトは無料でご覧頂けますが、著作権は放棄しておりません。動画等のコンテンツを営利目的でお使い頂くことはできません。

悪意のあるスパムコメントやコンテンツは証拠として保存しております。悪質と判断した場合、サイバー犯罪として対処いたしますのでご注意ください。

詳細はご利用についてをご覧ください。

スポンサードリンク





おすすめトピック

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (13)

    • じぇん
    • 2017年 1月 25日

    お疲れ様です。いつもありがとうございます。

    今回の動画とは関係ない話ですが、先週末にある気付きがあってからなかなか調子がよいです。
    朝イチに上位足を見て環境認識をしていますが、結果的に正しく見れていないことがちょくちょくありました。
    「上位足を見てる」っていう感覚で上位足を見てて何となく苦手意識があったのですが、「上位足は遠い存在ではない。1分足と同じ」ということに気付いてそれを意識してから、「今の波のサイズ」というのが感じやすくなりました。
    実は以前にも同じことを意識して見てた時があったのですが、その時とは全く違った感覚で応用できています。

    立て続けにどうでもよいこと。
    迷晴れさんが良く言う「どこかでリスクを取らないといけない」というフレーズがいつもトレードの時に迷晴さんの声で何度も脳内再生されてエントリーの力になっています。笑

      • NoN
      • 2017年 1月 25日

      なんか映画の台詞みたいで格好いいですね。判断は慎重に、決断は迅速に!判断を慎重にしないと、ただスリルを買うことになりますので。

    • ナカムラ
    • 2017年 1月 25日

    迷い晴れ様、こんばんは
    いつもヒントになる動画ありがとうございます。
    回を重ねるごとに内容がシンプルになっていくような気がします。ダウ理論ですら難しいと感じるほどに。

     ブレイクが成功するか(レジサポ変換するか)ダマシになるか(V字回復するか)はひとえにそのラインが強いかどうかであり、それは左側を見たり短期足の動きを見て判断すりゃ良いだけだと。なんとシンプルなことでしょう。過去チャートを眺めていてやっと気づきました。

    実はこの動画のちょっと前の場面(13:10頃)でロングして、青〇より前の押しの前で利確してました^^;
    112.5は強いね。前日安値より2ピプスしか更新してないから。時間帯的にダブルボトム形成するだろう(エントリー)
    切り下げラインブレイクはダマシのリスクあり、逃げるが勝ち、また入りなおせばいいだけ(決済)。

    しかし入れなかった。気が付いたら17:00以降のもみ合いで、下に抜ける前に健康的に寝た。健康的に寝たおかげでそれからのダマシを回避できた。昨日はこんな感じのトレードでした。
    相場ってこんなゲームですよね?

      • NoN
      • 2017年 1月 25日

      ナイストレードです(^^♪

    • wamu
    • 2017年 1月 25日

    NoNさんこんばんわ。動画作成お疲れ様です。
    今回ので狭いところでトレードすると~て部分ですがずばりやってました…ブレイクを支えてる水平線からキリ番まで25pipsしかないようなところですね。一応下から113.2台から買ってはいたものの上が上げ止まったところで利食いすればいいところでせずに落ちて建値撤退。
    今日はせっかく底で買っておきながら、直前の値動きで駄目だなと判断して建値撤退したらバーンと伸びたりとか。なんというか負けが込むとあらゆる判断が裏目にでますねえ
    もうちょっと判断の精度を磨きたいものです。

      • NoN
      • 2017年 1月 25日

      上がらないと下がって、ワンサイズ大きな波で上がるという波の習性みたいなものを感覚でつかめるようになると楽ですよ。あとは数稽古です。

    • ham
    • 2017年 1月 26日

    動画作成ありがとうございます!

    前動画からラウンドナンバーを100ピプス単位で入れてみています。

    今までは損切りの根拠はあっても、利確の根拠が左側の節目だけだったのが、ラウンドナンバーも考え方の一つに入り、少しだけ目標が設定しやすくなりました。その私の考えが勝ちにつながるかはまだわかりませんが・・(´∀`;)

    昨日も80ピプス分のトレードが思った通りの方向に動いてくれたのですが、利確ラインの前に決済してしまいました。(1000通貨単位なので利益はアレですが・・・)

    エントリーは損切りと利確がはっきりしてないとエントリーしてはならないと迷晴れさんに怒られそうですが、私の次なる目標は、指値でしっかり決済できる利確ラインを見つけれるようになることです。

    あ〜フォレックステスターが欲しい!(´∀`)

      • NoN
      • 2017年 1月 26日

      波のサイズ感がつかめると利確目標が決めやすくなります。
      中サイズ片波のクライマックスであっても、小サイズ波で押し目買い可能ですが、すぐに利確しないと、中サイズ波の戻りにつかまります。

      ひとつ上波との位置関係を意識すれば、どこまで伸ばせるか大体の見当がつきます。

        • ham
        • 2017年 1月 26日

        いつも4時間足でタイミングを待ち、1時間で利確エリアを定め、15分で狙い撃つ感じでやっています。もちろん日足、週足も見ています。4時間足の流れの中で利確エリアを決めてるので、ここの直近高値ぐらいまでは行くだろうという予想をしても、上手く伸びない事が多いです。

        ヘタレてるとは言っても、きっと私が何かのサインを見逃しているだけだろうと思いますけどね・・(;^ω^)

        過去で検証しつつ、迷晴れさんの動画を漁ってきます!

    • シバズケ
    • 2017年 1月 26日

    迷晴先生こんにちは。初めて質問するものです!参考になる記事ばかりなので先生と呼ばせて頂きます(笑)最近先生の動画を見始めて凄く参考に突破口を見出そうと頑張っている投資歴3ヶ月の素人でございます。一つだけ質問させてもらっても良いでしょうか?昨日朝9時、114円まで上がり、夜の21には113円まで下落し、と思いきや2
    時後の23時には、ほぼ114円まで前戻ししました。この2時間あまりでほぼ前戻しの投資家の心理とか理由というのはどのようなものなのでしょうか。初心者には凄く難しく思えたのですが昨日25日~26日、(今日の朝)までのベテランのトレーダーさんはどの様に感じたのでしょうか?長くなりましたが宜しくお願いします!

      • NoN
      • 2017年 1月 26日

      単純に、114.00戻り売り対113.00押し目買いの戦いでレンジ化したということで、動きの値幅的には、特別ではありません。今は、トランプ砲があるので、急落や急騰など、短期的に何が起こってもおかしくありません。

    • シバズケ
    • 2017年 1月 26日

    すいません。前戻しじゃないく全部戻すと伝えたがったのです(笑)

    • シバズケ
    • 2017年 1月 26日

    何か指標が出た訳でもなく、ほとんど、もむこともなく2時間あまりの時間で一直線に1円を戻した事に疑問があって質問してみました!まだまだ経験不足だと感じました!ありがとうございます!これからも宜しくお願いします!

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内検索

FX人気口座ランキング
短期売買特化型口座特集
MT4口座特集
システムトレード口座特集

学習ツールと投資関連書籍

フォレックステスター購入
フォレックステスター・導入ガイド
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント
海外FX口座の基礎知識
海外FX口座スペック比較

月別ページ

カテゴリー

シストレ24キャンペーン
FXPLUS
迷晴れBOX