FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を学べるサイト。

menu

迷晴れFX

超絶シンプル!聖杯探しに疲れた人のための1時間足ゆったりトレード手法。

高値、安値で目線の切り替えをするのは昔からある方法ですし、あらためて手法というほどのものではないかもしれません。それでも、トレードの本質を知るためのすべてが内包されています。

スポンサードリンク

チャートを見る時間がないからこそ、ゆったりトレードがおすすめ。

「空き時間でぱっぱと稼げる」という謳い文句でスキャルピングを推奨する人もいるみたいですが、正直、初心者がそんな方法で安定して稼げるようになるとは思えません。スキャルピングは、デイトレよりも速く考え決断する力が必要なので、はっきり言って難しいです。

それに、スキャルピングは狭くて見晴らしの悪い相場のときに向いている方法だと思うので、広くて見晴らしのいい相場のときに、わざわざ短期足で数ピプスをチョコチョコ抜くのは効率が悪い気がします。

もちろん、スキャルピング向きの性格の人もいます。少ないピプスであっても、腕があって、大きな枚数を張れれば、どんなにしょぼい相場であっても、好きなときにぱっぱと稼げるでしょう。でも、それは、上手なスキャルパーの確立された手法であって、初心者がマネできるものではありません。

サラリーマンや主婦の方は、当然、一日中、チャートを気にして監視することはできません。だからといって自分の都合のいいスキマ時間にトレードして勝てるほど甘くありません。大きく狙おうとすればチャンスを待たねばならず、相場の都合に合わせないといけません。

1時間足は一日24本あります。そのうち数本は大きなローソク足になります。その1時間足ローソクを1本トレードするだけでも20ピプス~30ピプスはとれるはずです。大きく取れたという成功体験を積むことはトレード上達の鍵でもあります。

波の習性を利用した1時間足トレード手法。

folding-rule-205001_640

手法の基準

  • 波の転換は短期足から起こるという習性を使って、ダウ理論による短期波の転換サインをトリガーにエントリーします。
  • 使用ツールは水平線と押し戻しを測るフィボナッチ・リトレースメントのみです。

1時間足を使うメリット

  • 世界中のトレーダーが意識している時間足である。
  • 1トレードで大きな値幅が狙える。
  • エントリー後たいして伸びなくても逃げ余地がある。

1時間足を使うデメリット

  • 一日の中でチャンスが少ない。
  • 1時間足だけを使う場合、損切り幅が大きい(短期足と組み合わせることで回避できる)

1時間足、1本を確実に狙う。

h1-1

戦略

  • 月足、週足、日足、4時間足にレジスタンス・サポートラインを引きます。その目的は、1時間足がどこまで上がるか、どこまで下がるかという動きの余地を想定するためです。
  • 1時間足にトレンドが出てないときは、この手法を使えません。(但しトレンドの出ている波までダウン・サイジングすれば同様に使えます)

作戦(1時間足の押し目買い、戻り売り)

  • 1時間足の押し目候補のライン(H1-S1)を引き、レートが落ちてくるのを待つ。
  • 1時間ローソク足が押し目候補ライン(H1-S1)でサポートされる(ヒゲ抜けはOK)のを確認する。
  • 利確は1時間足の高値(H1-R1)、1時間ローソク足実体が上抜けて確定すれば、次の4時間足ラインまで保有可能。

戦術的に5分足でエントリー、損切り、逃げをする。

h1-2

戦術(エントリーと損切り)

 

  • 5分足が戻り高値を上抜いて(波の転換サイン)押し止まったところ(サポート)からエントリー。
  • 損切りは5分足の一つ手前の安値。

 

H1-3

戦術(目標達成前の逃げ)

  • 1時間足の高値(H1-R1)に届かず、5分足のネックラインを割った、または目線が切り替わった場合は戻ったところ(レジスタンス)で逃げる。

 実際のチャートで確認

H1

フィボナッチ+水平線で1時間足の押し目候補を測り、待ち構える。

ポイントAはフィボナッチ61.8%でラインが引けるかどうかは微妙。大きな下ヒゲの先端でサポートされた。

ポイントBはフボナッチ91%で深く押しているが直近高値の押し目候補ラインがある。陰線の終値がラインから離れているので、次のローソク足がサポートされるのを確認する必要がある。

ポイントCは直近高値のローソク実体にラインが引ける。陰線実体でサポートされたあと、次のローソク足が下ヒゲをつけてから上昇を始めた。

M5-real

1時間足が押し目候補でサポートされたあと、5分足を使ってエントリーする。

ポイントAは戻り高値(M5-L1)を上抜けなかったのでノーエントリー。

ポイントBは戻り高値(M5-L2)を上抜いたポイントB’でエントリーできる。損切りはひとつ前の安値(M5-LC2)1時間ローソク足が高値を実体抜けしたので保有できるが、伸びきったところで、もらってしまってもいい。

ポイントCは戻り高値(M5-L3)を上抜いたポイントC’でエントリーできる。損切りはひとつ前の安値(M5-LC3)1時間ローソク足が高値を実体抜けしたので保有できるが、伸びきったところで、もらってしまってもいい。1時間足と短期足がぶつかって攻防しているゾーンを避けてエントリーできていると思う。

今日のまとめ

実は僕はスキャルピングからトレードを始めました。1分足と5分足チャートを使って多い日は一日40トレード以上やってました。丸一日マウスを握りしめるゲームチックなスタイルが全く苦にならない人もいると思いますが、正直、10年先も同じことを続けているイメージが持てませんでした。

トレード・スタイルは性格によってだいぶ変わります。あなたの場合も、どういうスタイルならトレードを嫌いにならずに、続けられるかを真剣に考える時期がくると思います。

もともと僕はトレードが好きで始めたわけではありません。会社経営が座礁して、金銭的に困って、その金策として始めたわけで、これから先、トレードだけで生きていくつもりは毛頭ありません。今もなるべくチャートを監視する時間を減らして必要なときだけチェックして、エントリー、イグジットをしていますし、一日の目標額に達すると、トレードを終了してしまうことが多いです。スキャルピングでしかとれない狭い相場のときは、スキャルしますが、値幅が小さいのでオマケのトレードみたいな感じですし、スキャルでもデイトレでも波の大小があるだけで基本ルールは変わりません。

確かにトレード・スキルは強力なキャッシュ・マシーンになりますが、それ以上の価値はないような気がします。そう考えると、チャートというATMの前に一日中張り付くのはとても苦痛です。なるべくなら、一日、数回、お金を引き出しに行く(そのつもりが預けることになることもあるが…)だけで済ませたいと思っています。

今回の提案は、一日何回もATMで細かくお金を引き出すよりも、まとめて1回で済ませたらというものです。もちろん性格によって向き、不向きがあるので、こっちの方が絶対正しいなんていうつもりはありませんが、ATMを利用する度にスプレッドという手数料をもとられるという事実はあるので、稼ぐ額が同じなら効率が良いほうがいいと僕は考えます。

追記5分足に1時間足を表示するMT4用インジケーター(Custom Candle)は、ザイFX!さんのサイトから無料ダウンロードできます。

「Custom Candles」を使って、5分足と1時間足を1つのチャートへきれいに表示!

MT5用Custom Candle(有料)は以下の記事で紹介しています。

◆お断り◆
この動画は教育目的で制作されたものです。相場についての個人の見解を過去のチャートから解説したものであり未来の利益を保証するものではありません。売買取引についての判断は一切行っておりませんので、投資をされる場合は、それに関わるリスクを十分に考慮の上、ご自身でご判断ください。

スポンサードリンク



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (45)

    • shin
    • 2015年 5月 07日

    ありがとうございます。何回も見て、検証して、体得出来るように取り組みます!本動画は自分にとって完全保存ものです。
    勝ってるトレーダーは、よりシンプルな手法を用いて、トレードにブレがないことがよく分かりました。
    本当にありがとうございます!

      • mayohare-fx
      • 2015年 5月 07日

      ご自身のトレードルール構築の骨子としてお使いください。

    • eli
    • 2015年 5月 07日

    初めまして、eliと申します。

    こっそり見てます。

    いや、わりと、

    ん~!

    ちゃう!ものすごく見てます(*^_^*)

    画像も動画も、綺麗で美しくて、大好きです♪

    この度、初めてコメントをしようと思ったのは
    多分、具体的なエントリーを見せてくれたからと思います。

    質問なんです。

    上手くエントリーできて、値が少しずつ伸びて順調な時
    損切りを上げていきますか?

    上手なやり方が分からないです。
    上手な我慢のやり方のヒントがあれば…

    知りたいです(^^)

      • mayohare-fx
      • 2015年 5月 07日

      損切りは移動しませんが、ある程度伸びれば建値に移動することはあります。基本、目標までホールドしますが、逃げることもあります。つまり損切り(&建値)、目標到達、逃げの3つのシナリオは最初から用意しています。

    • 欄丸
    • 2015年 5月 07日

    今回の動画…丸暗記したいと思います。過去チャートの鬼検証も今からスタートです。一言いわせて下さい…絶対にいないですよ迷晴れさんみたいな人!自分を含む初心者は改めて涙してると思います。ありがとうございました。

      • mayohare-fx
      • 2015年 5月 07日

      今回、提案したのはトレードの骨みたいなものです。検証途中で気づいたことは必ずメモに残してください。

    • TomTom
    • 2015年 5月 07日

    いつも勉強になる動画、ブログを更新して頂いて本当にありがとうございます。
    本やDVD、教材などたくさん渡り歩いてきましたが、迷晴れさんのコンテンツは断トツでわかりやすくて大変気に入っています。教えておられる内容が素晴らしいだけでなく、気分が晴れるようなコンテツで、声のトーンやBGMなどすごく良い感じですね。

    更新もこまめにされておられて、本当にありがたいことで
    きのう悩んでいたことが答えになる動画がアップされていてびっくりしました(笑)
    (1時間足をメインで、短期足のエントリー&逃げ所のパターンが良いか考えてました)

    限られた時間の中で、トレードをして・・・短期足に振り回されて・・・は卒業です。
    検証をして自分のモノにします!

    本当にありがとうございます。

      • mayohare-fx
      • 2015年 5月 08日

      それは良かったです。是非、自分のものにしてください。

    • けんいち
    • 2015年 5月 07日

    以前、コメントさせて頂いてから、自分の基準を作るべく検証を続けておりますが、深い迷路から抜け出せずにおりました。 この度の迷晴れさんの手法、この助け舟につかまり、自分なりに咀嚼して大切に使わせていただきます。          本当に、感謝、感謝です。ありがとうございます。 

      • mayohare-fx
      • 2015年 5月 08日

      この記事を、たたき台にしてもらえれば幸いです。

    • サラリーマンです
    • 2015年 5月 07日

    こんばんは
    素晴らしい動画ありがとうございます。
    見終わった後なんか非常にやる気がでてきました。
    とりあえず今回の動画の内容を自分なりに消化して頑張ります。
    それにしても毎回ためになる動画ばかりでありがとうございます。

      • mayohare-fx
      • 2015年 5月 08日

      モチベーションアップ!ですね。冷めない内に検証を進めてみてください(笑)

    • keko
    • 2015年 5月 08日

    こんにちは。
    今回の動画も凄過ぎです!
    繰り返し拝見しています。見る度にgoodボタンを押したいのですが、1人1回しか押せないみたいですね(困)
    兼業でチャートを見る時間がないトレーダーさんも、たくさんいらっしゃると思います。
    私事ですが、専業なので(専業と言いますか、単なる無職ですが・・・)時間だけはたくさんあります。
    かえってそれが悩みで、長時間チャートを見ているのに、チャンスを逃したり、欧州時間になりチャートが動き始めた頃に、集中力が途切れたり・・・・・。「時間がないから」と言い訳ができない分、悔しさも焦りも大きいような気がします。

    動画に出てきた、5分足チャートに1時間足のローソクを表示する方法を教えて下さい。
    お手数をおかけして申し訳ございませんが、どうぞ宜しくお願い致します。

      • mayohare-fx
      • 2015年 5月 08日

      今回の記事下に追記しておきました。僕のは有料だったのでMT5で使用する場合はcustom candleで検索してみてください。

        • keko
        • 2015年 5月 08日

        ありがとうございました。
        無事に設定できました。
        先日、1時間足のチャートをプリントして、4時間足のローソクを手書きしていました。
        ヒゲを記入する際に混乱して、完成品は、かなりグチャグチャなチャートでした。

        こんなに素晴らしいチャートがあったのですね!
        使いこなせるように努力したいと思います。

    • voyage6
    • 2015年 5月 08日

    今回の動画では基本的な内容だけで、ここまですばらしいトレードルールを構築できるのかと感心しました。

    今回のルールで検証したくてうずうずしている自分がいますが・・・今回のルールで検証する前に「絶対にやってほしい目線の検証」を終わらせなくては!
    ユロ円過去6年分を1h足で印刷したらチャートが300枚くらいになってしまって・・・
    これを終わらせれば今回の検証もより深い理解が得られると楽しみにしています。

    毎回、すばらしい動画をありがとうございます。

      • mayohare-fx
      • 2015年 5月 08日

      今回の手法とメチャ関連性があるので、より深い理解ができると思います。

    • てんてん
    • 2015年 5月 08日

    迷晴れ様

    またまたとても参考になる記事をありがとうございます。

    こちらでいろいろと動画などを見させて頂く様になってから、少しづつですが相場が観える様になってきました。しかし、まだまだ自分の中に落とし込めず、実際にトレードした後に “長期足が観れていないんだな” ”まだ転換するタイミングじゃなかったな”なんて事を繰り返している毎日です。今回の記事で言うとAのポイントから反発して切り下げ線を抜けた所で買いエントリー、なかなか動かずBまで下げる間に損切り・・・。再度上昇した所で再エントリー、どこまで伸びるかわからずチキン利食い。結果、行って来い・・・。そんな事を繰り返している私にとって、この記事もとても参考になります!

    それから、コメントを寄せている皆さんの多くがおっしゃっていますが、私も何かセミナー等をやってほしいなぁと思っている一人です。メールのやりとりでアドバイスを頂ければなぁなんて思っていますが、相当な数の方が観ているでしょうから大変ですよね。でも、こちらの内容はそれだけ価値のあるものだと思いますので、今後も参考にさせていただきます。

      • mayohare-fx
      • 2015年 5月 08日

      落ちるナイフをつかむな、という格言通り、ピンポイントでバチンと入るのは難しいです。エントリーは短期足を見てタイミングをとることになりますが、そのへんは慣れも必要だと感じます。最初の内は枚数を少なくして、損切りに余裕をもたせれば勝率があがるはずです。エントリーするときは、必ず、損切り、利確、逃げの3つのシナリオを考えてからするとよいと思います。

    • れおん
    • 2015年 5月 17日

    こんにちは、いつも勉強をさせて頂いています。
    今回のお話と、ダブル・ボトム・トレンドライン抜けからのエントリーを組み合わせて実戦で使用しまして、聖杯かと思うぐらいの優位性を感じています。これからも検証を続けて磨きをかけたいと思います。これからも動画を期待していますのでよろしくお願いいたします。

      • mayohare-fx
      • 2015年 5月 17日

      相場の動く原理を基にしたルールなので、シンプルですが応用範囲は広いと思います。

    • キャラメルミルク
    • 2015年 6月 24日

    こんにちは。
    私もついにバイーンしました(^^)
    「超絶シンプル」な手法ですが、チャートを前にすると頭が真っ白になり、最初はなかなかエントリーすることが出来ませんでした。
    こちらの動画を50-60回くらい見て、過去のチャートも見ていくうちに、今がエントリーポイントだ!とわかることがあるようになりました(^^)

    まだまだ利益は、出てないのですが、学びたいと思えるものがあるってシアワセなことですね。学ぶことがおもしろいと思えること、目標が持てたこと、向上心が持てたこと、仲間ができたこと、これだけでも半分利益を頂いているようなものです。
    特に私は、家→幼稚園の送り迎え→スーパーの狭いトライアングルの中で生活しているせいか、うるおいのように感じます。

    このような学びのチャンスを与えて下さって、ありがとうございます。 一言お礼申し上げたく、コメントさせていただきました。

    しゃべるわんちゃんにもいつも癒されています。くるみちゃんでしたか?よろしくお伝え下さい(^^)

      • mayohare-fx
      • 2015年 6月 24日

      そんなに見ていただいたんですね。くるみも喜んでおります。希望さえあれば人は頑張れると信じています。僕もひとつ徳が積めて嬉しいです。

  1. いつも動画を観させていただいております。
    以前コメントもしたことがあるhappy monkey 777 と申します。m(_ _)m

    超絶シンプル手法を2ヶ月間チャレンジさせていただきました。
    手法は自分にあった手法にアレンジしてやっております。

    迷晴れ先生に一度見てもらおうと思い、メールしました。

    NARUのFX日記
    http://plaza.rakuten.co.jp/kurikkubokinn/diary/?ctgy=0

    ブログも最初の方は、いろいろと試行錯誤しながらやってましたが、
    だんだんと流れもできて、ペースも良くなってきたのでブログランキングにも最近チャレンジしました。

    なにしろ、ブログにすることによって他人の目もあるためにルールも破らなくなったのが嬉しいです!(^o^)

    お忙しいと思いますが、何かお気づきの点があればご指導いただければ幸いです。

    • サイサリス
    • 2015年 9月 30日

    初コメントとなります。楽しく動画を拝見させて頂いております。

    いつも動画が非常に凝った作りで感動しておりますヽ( ・∀・)ノ

    本日、コメントしようと思ったのは、不肖ながら、水平線のブレイク時に似たような感じの判断をしておりまして、動画の内容に感銘を受け、その上で少しご質問をさせて頂ければと思った為でございます。

    私は1時間足のチャートの高値安値を結んで、水平線を引いておいて、ダウ理論で言うトレンドの発生を捉えようという意図で直近高値(あるいは安値)のブレイクに注文をガチーンとぶつけるような感じのエントリーをしてます。

    その際、高値あるいは安値のラインをどういう値動きでブレイクしたのかに注目しています。

    ここまでは多分、迷晴れ先生と同じと思うのですが、『ブレイクした際の値動き』については時間足を落とさずに1時間足の1SMA(要はラインチャート。MTだとロウソク足とラインチャートを同時に表示するやり方知らないので代用してます)を表示し、直近高値(あるいは安値)をエリオット波動理論で言う推進1波もしくは3波と思われる値動きでブレイクした時にエントリーと言う方法を取っています。

    ブレイクした後、戻されてきた場合には

    ・ブレイクした足が3波であったなら、仮に推進派でも5波しか残されてない為、損切り。
    ・ブレイクした足が1波であったなら、もう1チャンスある可能性が高い為ホールド
    ・ブレイクした足が5波の場合、そもそもエントリーすべきではない。

    と言った感じで立ち回るようにしています。

    ブレイクアウトの際の立ち回りの議論として、ブレイクアウトした後、一旦戻ってくるのを待って、そこがサポートもしくはレジスタンスのラインとなった事を確認してからエントリーと言う議論があると思うのですが、これまで投資して記録を付けてきた経験則からすると勝つ時は、ブレイクしたら戻ってこない(長い目で見てトレンド転換してから戻ってくるという事はあるとしても)事の方が多いように思っています。

    そこでご質問なのですが、迷晴れ先生はエントリーの準備に入る時、特定のラインをブレイクして『から』エントリーの準備をされているのか、ブレイクして行く時の値動きに着目されてるのか等お教え頂けたら、とてもうれしいな~と思って、図々しいと思いながらもご質問をさせて頂きました(;・∀・)

      • mayohare-fx
      • 2015年 9月 30日

      ブレイクしたらバイーンとなりそうかどうかは、ブレイク前の値動きで判断していて、そうなりそうなら飛び乗ることは度々あります、特にショートはそうですね。僕は出来ればブレイク前にエントリーしたいので、そうすることも多いです。ブレイクしてしまったら、しっかり押し戻しを待って入ります。

        • サイサリス
        • 2015年 9月 30日

        ホントは画像とか添付できると分かりやすいかなって思うのですが、分かりにくいっぽい説明だったのにご丁寧にご返信下さりありがとうござます(*´∀`)

        という事は、大波(1時間足見てるなら1時間足で引いた波)のブレイクポイントの手前くらいで小波がトレンド形成したようなところで入る事を第一目標として目指しながらも、そうじゃないような形でぴょこっとブレイクしちゃったような時は押し待ちで入る的な感じでしょうか?

        勝手な思い込みかも知れないですが、背中を一押しされたような感じでまさに『迷晴れ』な感じです!

        お忙しいところありがとうございました(*´∀`)

          • mayohare-fx
          • 2015年 10月 01日

          ブレイク前に入るのは、また別の話として、ブレイク後、どの程度戻しが入るかがポイントです。たとえば上方ブレイクなら売りが入るのと入らないのがあり、入らないブレイクならそのまま行ってしまいます。入るブレイクなら抜けたラインを試しにきます。あと、レンジブレイクとトレンド時の高安ブレイクとは、少し扱いが変わってきます。いずれにしてもブレイク前のプライスアクションを見て判断してます。

            • サイサリス
            • 2015年 10月 01日

            ご返信ありがとうございます!

            昨日のユーロ/ドルとユーロ/円は、ボクの見方ですとブレイク後戻しが入らなかった感じですが、ボクの見方だとユーロ/円の方はショートでエントリーしましたが、ユーロドルの方はしませんでした。

            ユーロドルの方は、1.1259~1.1267をてっぺんとしたダブルトップを形成していて、1.1200位がネックラインと言うような感じで見てました。ネックラインを割った際の目標値としては、1.11560近辺を考えていました。

            昨日の夜、ネックラインを割って来たのですが、割った波が3波もしくはC波と思しき波(結果的にはC波になっちゃったと思います)だったのですが、仮にC波だった場合、A波の大きさとC波の大きさは同程度の事が多いので、

            その時点で、ボクの目に見えていたのは

            A波=1.12576~1.12195の下落(値幅:38.1pipsほど)
            B波=1.12195~1.12286までの上昇(値幅9.1pipsほど)

            これでA波=C波位の大きさであると仮定すると1.11905位が目標値なので、ここはダマシに終わる可能性が高いのではないか?と考えたからです。

            仮にネックラインを突破して、目標値として考えていた1.11560近辺を目指すとしても、一旦ブレイクがダマシになって、次のブレイクで行くのかな?と言うように見ていたのですが、思ったより下落パワー強くて、その波で一気に目標値近辺まで到達してしまいましたので、読みは外れてしまってますが(つ∀T)。

            ユーロ円の方も似たような形で、134.45近辺をネックラインとした三尊みたいな形に見ていて、こちらも同様に134.45近辺を破るかどうかに注目していて、その際の目標値は133.95近辺かと言うような感じで見てました。

            昨日の夜、134.45近辺を割って来たのですが、割って来た波が1波あるいはA波と思しき波で割って来たので、こっちは逆指値でネックラインの少し下に売りをガチーンと入れた感じでした。こっちは読みが当たって、そのまま一気に目標値を一時的に下抜くところまで下げる形になってくれました。

            ブレイクで行くかどうかの判断にはもういくつか判断の材料があるのですが、基本的にはこんな感じで判断をしていて、ブレイクしたら戻ってこないケースではブレイクした波が1波あるいはA波と思しき波という事が、ボクのつけてる記録としては多いような感覚を持ってます。

            これも、プライスアクションを見てるって事になるのかどうかは分からないですが、こんな見方はダメな感じでしょうか~?

              • mayohare-fx
              • 2015年 10月 01日

              結局は確率のゲームなので、そういう検証を重ねていくのは良いことだと思います。より具体的な検証ほど実践で使えます。

    • chakomama
    • 2015年 10月 07日

    本当に分かり易い動画でした。他の動画も少しずつみて、勉強させて頂きます。
    今回の動画で感激したのがcusutomcandleだったので、さっそくDLしてMT4に入れたのですが、どうしても読み込みません。cusutomcandle6というのがあったので、DLしたらそれは読み込んだのですが、ローソク足の形が違うんです。
    途方に暮れたので、思い切って相談させて頂きました。何か解決方法がありましたらご教授いただけませんでしょうか?
    よろしくお願いします。

      • mayohare-fx
      • 2015年 10月 07日

      MT4用のものは前にザイFXというサイトで無料配布されてましたが、現状ではリンクが外れていて、cusutomcandle6とは全く別物です。インジは製作者によって仕様が違うので、なんとも分かりかねます。僕はMT5に有料のカスタムキャンドルを入れています。こちらの記事で紹介してます。MT4とMT5は全く別物なのでご注意ください。http://mayohare-fx.com/trade-tools/

        • サイサリス
        • 2015年 10月 18日

        いつも楽しく動画を拝見させて頂いております。

        横から失礼します。MT4であればHT_higher_candleと言うのを入れて見てはいかがでしょうか?

    • pachi
    • 2015年 10月 30日

    迷晴さん

    いつもためになる動画をありがとうございます。
    毎日通勤電車の中で学ばせていただいております。

    迷晴さんのおかげで相場の流れが少しずつですが分かるように
    なってきたと思っていますが成績としてはまだ
    月単位でマイナスとなっておりもがいている最中です。

    私はサラリーマンのためチャートを観察する時間があまりなく
    基本は帰宅後で時間にして22時~1時ぐらいまでになります。

    そのため迷晴さんの「1時間足ゆったり手法」をベースにトレードを
    しているのですがどうしてもうまくいかない部分があり、
    差し支え無ければアドバイスいただけると助かります。

    上位足を見て戦略、作戦を立てているのですが戦術の部分で
    うまくエントリーできずにいます。
    というよりも自分がここだと思う所では大概チャートを物理的に
    見ることができないことがほとんどのため毎回チャンスを逃し、
    悔しさのあまり変なところでエントリーしてしまいます。

    回避策としてIFO注文を使うことを考えているのですが、それだと
    動画で解説されているデメリットの一つである損切り幅が
    大きくなってしまうと思っています。

    IFO注文を使用する際の注意点や、他の注意点などがあれば
    アドバイスいただけると助かります。

    お忙しいところ申し訳ありませんがよろしくお願いします。

      • Non
      • 2015年 10月 30日

      トレード時間が3時間となると、15分足や5分足程度のサイズを狙ったトレードになると思います。考え方は1時間トレードと同じですが、当然、それより上位足のレジサポに注意、さらに22時からのNY時間は大きく動く時間帯ではありますが経済指標なども多いので注意です。OCOなどで損切りをタイトにできないのは仕方ないかなと思います。その分、枚数を調整して資金管理をしていく方向で考えてみてください。すべてを自動注文するやり方は相場観への自信+ある程度アバウトな感覚でやらないと難しいかなと思います。

        • pachi
        • 2015年 10月 30日

        迷晴さん

        お忙しい中、早々に返信くださりありがとうございます!
        やはりOCOやIFO注文でタイトな損切りは難しいですね。

        アドバイスいただいた通り15分や5分足でのトレードを検討しますが
        まずは検証をしっかりやって確認します。

        もう一つ参考までにお伺いしたいのですが迷晴さんは
        1日のうちどのくらいチャートに張付いているのでしょうか。

        何の動画か忘れましたが夜はあまりチャートを見ず午前中の
        時間帯だけ確認しているといったことをお話されていたと思います。

        私も専業を目指していますが生活スタイルがどのようになるのか
        イメージがあまりできないため是非お聞かせいただければと思います。

        お手すきの時でかまいませんのでよろしくお願いします。

          • Non
          • 2015年 10月 31日

          監視といってもチャートに水平線を引き、その水平線付近にアラートを仕掛けて他事をしている感じですので張り付いているイメージではないです。東京時間から欧州時間、晩飯前にはトレード終了ということが多く、最近NY時間はほとんどノートレードです。

            • pachi
            • 2015年 10月 31日

            迷晴さん

            ありがとうございます!
            チャートをずっと見ていると迷いが生じたり自分の狙っているポイントまで
            待てなかったりすることも多々あるので、アラートを活用してみます。

            アラート機能は盲点でした。
            早く私も迷晴さんのおかげで勝てるようになりましたと報告できるよう
            頑張っていきます。

            今後も動画を楽しみにしていますのでよろしくお願いします。

    • 栗田
    • 2015年 10月 30日

    迷晴さま
    いつも、役に立つ情報、動画を公開して下さりありがとうございます。
    この手法は、仕事がある人にも実践可能な王道メソッドだと思い早速デモで試してみました。
    私は海外に住んでいるため、日本の皆様とは時間帯が違うのですが、昨日10月29日は珍しく朝からチャートを見ることが出来たので、日本時間の15時から22時ぐらいまでドル円で戻り売りを狙っていました。
    結果は、お分かりの通り、値動きは一貫して上に上がって行きました。
    私の場合よくあることなのですが、戻り〈押し)を待っていると、相場は逆に動き、一日たって見ると綺麗な上昇(下降)を描いていたというパターンです。大きい足でのトレンドの把握が間違っているのか、下に大きい時間軸での重要な水平ラインがあるのか、29日の場合は正直よくわかりませんでしたが、どこかで目線の逆転が必要になるケースもあるかと思います。その場合、目線の逆転は何を見て判断すればいいのかを、いつかご説明いただけましたら、幸いです。

    • JBL
    • 2015年 11月 05日

    いつも素晴らしい情報を惜しみなく披露していただき、ありがとうございます。
    初めて書き込ませていただきます。

    僕も仕事でWebサイトの運営や記事執筆、動画などを制作しており、これだけのクオリティはなかなか維持できるものではないと思います。心から敬服すると同時に、お礼申し上げます。

    さて、動画を繰り返し拝見し、過去チャートも検証してみました。お忙しところ恐縮ですが、いくつか質問させていただければと思っております。

    ①エントリーポイントを戻り高値(安値)におき、抜いた後、そこまでの戻りを待ってエントリーするとのことですが、たまにそのまま行く場合があります。そのような場合は仕方ないとして、見送ることが多いでしょうか。

    ②エントリーポイントまで戻ってエントリーしたにもかかわらず、戻しが強く、エントリーポイントの近くでは損切りとなる場合もあるかと思います。直近の高値(安値)まで待てば、期待通りにいくような場合もあったのですが、損切り幅を許容すれば、そこまで待つのもありでしょうか。

    ③②のような「え?」という事象は、動きが少ない東京時間に多いような気がします。ひょっとしたらクジラが操っているのか? などと思うのですが、迷晴れさんはトレードする時間を決めていますか?

    色々と申し訳ありません。お手すきの時にでも、どうぞよろしくお願いします。

      • Non
      • 2015年 11月 05日

      ①この手法は時間足レベルの押し目買い(戻り売り)で波の反転を分足ダウをシグナルにするものです。基本は分足の押し戻しを待ちますがプルバックしないでそのまま行くときもモチロンあります。その辺はぜひ検証してみてください。ヒントはチャートの左側の値動きにあります。

      ②ポジションサイズを調整して損切を目線が切り替わるまで待つのもありです。

      ③トレードは東京時間と欧州時間が多いです。NY時間時間は最近あまりトレードしませんね。

        • JBL
        • 2015年 11月 06日

        早速のご返事、ありがとうございます!

        ①左側にヒントがあるとは! これからしっかり見たいと思います。
        ②①が解れば、エントリーポイントの近くに損切を置いてもいいかもしれませんね。
        ③僕も将来はNY時間にしないでもいいようになりたいと思っています!

        これまでユーロ円やユーロドルの値動きが苦手だったので、躊躇していましたが、今後も検証を重ねていきたいと思っています。

        ふと気になったのですが、迷晴れさんはユーロ円やユーロドルが特に好きだとか、何かこだわりのようなものがあるのでしょうか。

        過去に言及されていて、見落としているのかもしれませんが、もしよろしかったら教えていただければと存じます。

        何度も申し訳ありません。

          • Non
          • 2015年 11月 07日

          ユーロドルは世界一取引されている通貨ペアなので動きも安定していると考えられます。ユーロ円は動くときに大きく動くから、ドル円は他の2通貨と連動していて相関関係があるからです。

            • JBL
            • 2015年 11月 07日

            今回もありがとうございます!

            ユーロドルが安定しているというイメージはあまりなかったので、新鮮でした。今後の検証の際は、その点も合わせて見てみたいと思います。

            僕自身はこれまでポンド円が中心で、いつもポンドドルとドル円の状況を見ながらやっておりました。やはり相関関係ってあるな~と思います。

            これからも応援しております! ありがとうございました。

    • かにずき
    • 2016年 7月 03日

    拝見させていただきました。

    今回の動画も何度も見させていただいています。
    迷晴れ様の動画を毎日数多く見させていただいていて、久々に今回の動画を見ました。
    以前に見た時とは全く違った感覚で捉えることが出来たので、少しは進歩があったのかなという気がしています。
    まだまだ押し目買いの一つも身についていない自分がいますが、壁を越えるまで頑張っていきたいと思っています。

    素晴らしい学びをありがとうございました。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FX人気口座ランキング
短期売買特化型口座特集
MT4口座特集
システムトレード口座特集

学習ツールと投資関連書籍

フォレックステスター購入
フォレックステスター・導入ガイド
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント

迷晴れFx限定 タイアップ・キャンペーン

シストレ24キャンペーン
海外FX口座の基礎知識
海外FX口座スペック比較

月別ページ

カテゴリー

GOOGLEサイト内検索

Facebook

Twitter

アウトプット

迷晴れBOX