FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を鍛えるサイト。

menu

迷晴れFX

エントリーの本質は『下げ止まり・上げ止まり』の見極めにある。 / MBOX#98

迷晴れボックス第98回、視聴者さんのトレードをテクニカルとメンタルの両面から深~く考察する代理学習シリーズ。

プリンさんトレード

初めまして プリンと申します。FXを知ってから10年以上、途中で辞めてみたり再度挑戦してみたりしてきました。ろくな勉強もせず、10分足を見て高安を切り上げている場面で切り上げ・切り下げラインを引きブレイクしたらエントリーみたいなトレードをしていました。

もちろん上位足での環境認識などしていませんでした。

私は40代後半(女性)で、体を痛め仕事がきつく、これ以上続けていたら本当に体が壊れてしまうと思っていました。年齢的なことを考えると、再就職は難しく自分の力で収入を得るにはやはりFXしかないと思ってから、再度勉強を始めました。

迷晴れ様の動画を知ってから、8か月くらいになりますが、中々エントリータイミングがつかめず、早いエントリーが多いです。短期足の値動きに振り回されていました。

なので4時間と1時間の波の押し目買い、戻り売りだけに絞り最後のタイミングだけ15分足で確認しエントリーすることにしました。

そんな中の負けトレード(2020年6月19日 EURUSD)です。

日足

日足の上昇波のフィボナッチ38.2%付近まで戻しているところ。

4時間足

  • 天井圏の三尊天井 ラス戻り安値(※ラス押し安値)付近まで下落してきている。
  • ラス戻り安値(※ラス押し安値)は1.12000のキリ番が重複している。
  • 4時間足が少し実体で抜けているが、日足ではヒゲになっている。強いサポートだと判断。

三尊天井ができてるが、ラス押し安値+1.120にフォーカスできたのは良い判断。

1時間足

ダブルボトムになっていて、安値を切り上げている。ネックラインをブレイク。

ラス押し安値+1.120のWボトムを確認後、15分足で高値Aからの売りを一度受けてから、押し目押し目買いを実行、第一利確目標が戻り高値Aなのも問題ない。

5分足※1.120キリ番の位置が作図と異なる。

15分足ラス戻り高値も実体でブレイク。ブレイクした起点からフィボナッチをあて、50%付近で買いエントリーするが、あえなく損切り。

後から1時間足を確認したら、前日陰線のフィボナッチ61.8%~74.6%付近でした。完全に見落としです。敗因はここにあると思いました。

4時間足のあの見事な三尊天井は強い下落トレンドだと判断し、最後まで戻り売り目線でいるべきだったと反省しています。

1時間足のラス戻り高値を抜くまで待つべきでした。

そもそも私が1時間足で判断したダブルボトムは形が悪く、もともとダブルボトムではないのか、何かもっと違う見方が出来るのか迷晴れ様はどのようにこの状況を判断するのでしょうか。

何かアドバイスいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

迷晴れ様の動画を参考に相場観をだいぶ変えることができましたが、まだまだ短期足に落とし込むことがうまくできていないと思います。ですが、あともう少し、あともう少しでブレイクスルーするんだけど・・・・・って感じています。

その、あともう少しが短期足への落とし込みなんだと思っていますが、うまくいきません。練習あるのみですよね?

もっとFT4とデモトレードで練習していきます。いつも有益な動画配信ありがとうございます。本当に感謝しています。まだ仕事は続けながらですが、必ずFXを自分のスキルにしてみせます。

次は快進の勝ちトレードを投稿します。お忙しいところ読んでいただきありがとうございました。

トレード考察&アドバイス

4時間足

ボクはこのとき、4時間上昇CHを引いていたので、1.120を割っても4時間CH安値まで下がってから買われる可能性もあるとみてました。

近くに有力なサポートがあるとき、「4時間CH安値を試してから…」とロングに票を投じる人が割れることがあります。

1時間足

プリンさんは、このチャネルに気づいてないので、ラス押し安値+1.120をサポート候補としたのは適切です。

15分足

スポンサーリンク

トレードは『セットアップ』と『トリガー』の連携で行い、トレード手法も、この2の組み合わせでつくられます。

セットアップとは、上位足チャートがトレードできる状況になること。

トリガーとは、セットアップ完成後、下位足がエントリーできる状況になること。

セットアップ完成後、トレードできる状況になっても、エントリーを見送ることは多々ありますが、今回はそのケースに当てはまります。

トリガーを『トレード手法』と勘違する人がいますが、それは一部でしかありません。

スイングのように損切り幅を大きくとるなら、セットアップがそのままトリガーになるケースもありますが、

デイトレードは数十ピプスの値幅を、その半分以下の損切り幅で達成するスタイルなので、損小利大を実現するには、セットアップとトリガーの二段階認証でポイントを絞りこむ必要があります。

プリンさんのトレードの問題点は、セットアップではなくトリガー、ご本人もお気づきですがエントリー・タイミングにあります。

セットアップもトリガーも、本質は同じで『注文の偏り』を見ます。

つまり、マクロでみても、ミクロでみても、注文にバイアスが発生したときにトレードを実行します。

4時間足 セットアップ1

5月安値からの上昇波が調整局面に入って4時間CH安値+上昇する日足sma21に近づいています。

ロング一発で押し目にはならないかもしれませんがロングを検討できます。

つまり、上位足が買い注文>売り注文の状況になります。

1時間足 セットアップ2

下降波の下げ止まりの事実として1.120にWボトムを目視。これにより、それまでのショート組の利確+逆張りロングで買いに注文が偏りやすくなります。

15分足 トリガー

Wボトムから前回高値の売りを受けてから押し目買い。

押し目買いとは、下げ止まる+買われ始める(買い注文に偏る)ポイントでロングする手法です。

白ブロックの1.120Wボトムからネックラインを上抜き、前回高値で売られた後、次のようなプライス・アクションをもたらします。

  • 白ブロックWボトム内のショート組は、戻ってきてヤレヤレと買い戻す。
  • 戻り高値1.125のショート組は、Wボトムからの押し目買いを恐れ逃げ始める。
  • それ以前のショート組も、Wボトムからの押し目買いを恐れ利確する。

つまり、これ以上売りポジションを持ち続けるのはリスキーと判断する人が現れます。

そこで見極めなければならないのは『下げ止まり』です。

これをトリガーにします。

今回のケースなら、『15分はらみ足』を使います。

このはらみ足のなかで、5分足や1分足がWボトム(下げ止まりサイン)をつくるからです。

キリサゲL抜けをトリガーとしても構いませんが、今回のケースだと急角度過ぎます。

15分はらみ足高値を、15分陽線終値が抜けて確定したら、これを『下げ止まり』トリガー発動で次の15分足でロング。

プリンさんは、フィボナッチ50%という目安でロングしましたが、これだと丁半博打です。

トリガーとなる事実は値動きでしか観測できません。

※テクニカル指標をトリガーとする人もいる。

プリンさんは『事実』を見てないだけなので、そこを改善すれば劇的に勝率が上がるはずです。

百里を行く者は九十を半ばとす。

科学的にセットアップを待てたのに、エントリーとなると非科学的になってしまう。

最後まで科学者でありましょう!

ちなみに、相場はフラクタル構造なので、注文の偏りに出現するプライスアクションはどの時間軸でも似たようなものです。

白ブロック内の値動きと、15分足はらみ内の値動きは、フラクタルになってます。

まとめ

4時間足のあの見事な三尊天井は強い下落トレンドだと判断し、最後まで戻り売り目線でいるべきだったと反省しています。1時間足のラス戻り高値を抜くまで待つべきでした。そもそも私が1時間足で判断したダブルボトムは形が悪く、もともとダブルボトムではないのか、何かもっと違う見方が出来るのか迷晴れ様はどのようにこの状況を判断するのでしょうか。

トレードの失敗から、自己否定モードですが、見立ては間違ってませんし、Wボトムのカタチも別に悪くないです。

ダウ反転を待つか、Wボトムネック抜けで入るかはチャートのカタチによります。

このケースだと、1時間ラス戻り高値を上抜くのを待っていたら、かなり上昇してしまうことになります。

大切なのはセットアップ、つまり上位足で背景を整理して、トレードできる状況を待てることにあります。

勝敗は運命で、神のみ知る未来なので、トレーダーは相場の原理・原則に沿って行動するしかありません。

それはできているので、もっと自信をもってください。

正しく負けたトレードは反省の必要ありません。

正しく負けたトレードで自分を責めたら、正しいことまで疑ってしまい、正しいことが実行できなくなります。

科学的に正しいと思うことをして、非科学的で筋の通らないことはやらない。

この線引きを自分のなかでできるようになることが確固たる自信につながります。

自信がつけば、正しいことをして負けても、正しいことがやれたと、誇りが強化されるだけです。

プリンさんが、今回のアドバイスでブレイクスルーできることを願ってます。

あわせて読みたい関連記事5選

◆お断り◆
この動画は「学習」を目的に制作されたものです。個人の見解を過去のチャートから解説したものであり、未来を予想したり、利益を保証するものではありません。

記事へのレビューやご意見はコメント欄をご利用ください。コメントを「読者さまの声」としてブログや動画に掲載させていただくことがございます。

◆著作権について◆
当サイトは無料でご覧頂けますが、著作権は放棄しておりません。動画等のコンテンツを営利目的でお使い頂くことはできません。

詳細はご利用についてをご覧ください。



こちらの記事もあわせてご覧ください

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (25)

    • たいざん
    • 2020年 7月 09日

    プリンさん、いいところまで来ていると、自分も感じました!

    いざエントリーのタイミングになると、前のめりになってしまいがちですよね。

    自分も今までさんざん同じようなミスをしてきましたが、最近になってようやく待つことができるようになってきました。

    年齢もスキルも同じくらいのプリンさん、ぜひがんばってもらいたいです!

    ところで、トレードは事実に基づいて行動することの大切さ、最近になって身に染みてわかったきました。

    「上がるだろう、下がるだろう」でエントリーすると、ポジションを持った後は「上がってほしい、下がってほしい」という願望が出てきます。

    そうではなく、上げダウなり下げダウなりを確認した後のエントリーであれば、

    「少なくとも事実に基づいて行動したのだから、損切りになっても仕方がない」

    そんな心持ちでいられるような気がします。

    心の平安がトレードには必要だなと、つくずく感じる今日この頃です。

      • NoN
      • 2020年 7月 10日

      大きな事実がセットアップ、小さな事実がトリガー。事実に基づく行動が平常心を支えるんですよね!

      • プリン
      • 2020年 7月 14日

      たいざん様

      ありがとうございます。大変励みになります。

      ”いいとこまできている”の言葉に勇気をもらいました。

      絶対あきらめず頑張ります。

    • H
    • 2020年 7月 09日

    いつも素敵な動画をありがとうございます。MTF分析は正しく練習を積めば、どこが押し目候補、戻り目候補かということを想定するのは意外と難しくはありません。しかし、肝心のエントリーのトリガーについてはとことん数稽古をしておかなければラインタッチで入ってしまいもみ合いに巻き込まれるとか、エントリーした瞬間にそのまま突き抜けていくなんて目にもあってしまいます。ポイントは短期足の波の反転のブレイクポイントに乗っかっていくって感じですよね。1時間のダブルボトムの右底で入ったつもりでも、短期足の転換を見届けなければ、そのまま底を崩して1段下がるなんてこともありますものね。そんなに難しいことではないのですけどやはり練習してないと、「待てない」「早すぎ」「遅すぎ」「逆のトレンドの壁に突っ込む」なんてことになってしまいます。ちなみに、6月度の成績は1530pipsで20pips以上の負けは1度だけでした。ポンドもやっているというのもありますが、本当に特別なことをしているつもりはありません。迷晴れさんのセットアップとトリガーをひたすらに真似てきただけなのですよね。「買いたいのなら十分に売られてから」「売りたいのなら十分に買われてから」これを各時間軸に落とし込むとそれぞれの時間足の反転のタイミングがあぶり出しのように浮かんでくるものですよね。

      • NoN
      • 2020年 7月 10日

      短気波の反転ブレイクポイントに乗っかる。フラクタル構造が理解できれば、難しくはないですが、やはり練習は必須ですよね!

    • 猫チャギラ
    • 2020年 7月 09日

    いつもご教授頂きありがとうございます。波が何処で反転するかの見極めとしてプライスアクション非常に有効ということがよくわかりました。長期足はもちろんのこと短期足でもフラクタルに起きるということも改めて実感しました。自分は最近通貨のチャートだけでなくニューヨークの株価、ドルインデックス等も見てますが、株価もドルインデックスも同じようにプライスアクションがあるようです。最近は株価とドルインデックスは逆相関になっており株高ドル安の傾向が強く今後しばらく続くかもしれませんが、当然押し目もしっかり入る訳でちょっと押しただけで迂闊にドルストレートをロングするのではなく、しっかりプライスアクションを見て下げ止まりを確認したいと思います。それと今後は上位足の重要レジスタンス突破の可能性もあると思いますので、そこもしっかりプライスアクションを応用して見極めていきたいと思います。

      • NoN
      • 2020年 7月 10日

      途中からハイドにならぬよう、よくプライスアクションをみて、ジギル博士でいきましょう(^_-)-☆

    • 黒蜜
    • 2020年 7月 09日

    迷晴さん、こんばんは。黒蜜です。

    プリンさんのトレード、ちょうど本日(7/9NY)ユーロドルの押し目買いを待っている時にベストなタイミングで視聴してました!
    下げ止まりをしっかり見計ってから…買いたいのに揉み始めました(汗)
    15分足レベルでは押し安値を割っているので下がることも想定、「マンボウ」にもなるかもしれないので、しっかり足場を確認してからのエントリーしないとですね!
    最近は後から気づけば揉み合いに突っ込んでしまったり、待ちすぎて置いていかれたり、散々な結果が多いです。

    プリンのさんのトレード、大変参考になりました。
    ありがとうございました。

      • NoN
      • 2020年 7月 10日

      エントリー・タイミングは理論×実践で身につけるしかなく、ボールにジャストミートさせる練習に近いです。

    • mr03911gt1
    • 2020年 7月 10日

    いつも為になる動画・ブログ更新ありがとうございます。

    今日のトレード日誌の一文は、
    たとえその日最高の建玉を持っていたとしてもヒゲで戻ることもある
    以上です。

      • NoN
      • 2020年 7月 10日

      何か意味深な一文(^_-)-☆

        • mr03911gt1
        • 2020年 7月 10日

        いえ特に深い意味はないです。
        ユーロドルをNY初動に1.135の少し下の揉んだところからショートしたんですよ。
        そしたらいきなり建値近くまで戻ってきて、そのあと買い手の損切でバビューンと伸びたと思ったらまた戻ってきて、まあマイナスにはならなかったのでほっといたらまた下がった、という状況を一文にしてみました。

          • mr03911gt1
          • 2020年 7月 10日

          追記です。
          今日のドル円ショートはどこからエントリーされましたか?
          朝イチのH1SMA21タッチで入ろうと思ったのですが昨日の安値がH1同時線なのが気になって入らず、割って戻ってきたけど107.00が目の前で入らず、結局107円の下の東京終盤で少し揉んだところでショートという半端な入り方をしてしまいました。明日の正解を楽しみにしています!

    • そうもも
    • 2020年 7月 10日

    いつも動画を見させていただいております。
    最近は、自分のトレードに苛立ちを覚えてなりません。勝てないのも当然なのですが、、、
    環境認識をしているつもり、、、良いトレードをしているつもり、、、勉強したつもり、、、
    あまりにムカつくと適当に売買を繰り返し更にキズを深めてしまいます。
    何でFXを始めたんだろうとか余計なことばかり考えてしまいます。
    FXと出会わなければ余計なロジックを買うこともなかったとか、、、
    あまりにムカつくと壁でも壊しそうです。
    当分の間は、トレードを控え動画を見て
    落ち着かせようと考えてます。
    誰にも相談できないのでついコメントを書いてしまいました。

      • NoN
      • 2020年 7月 10日

      一息入れてリセットしたほうがよさそうですね。

    • こう
    • 2020年 7月 10日

    初めまして。
    こうと申します。

    今回のトレード、私もよくこのようなミスをするので凄く参考になりました。

    ネック抜け押し目買い、戻り売りをしていても勝てなかったのは、トリガーを確認した“つもり”になっていてギャンブルトレードをしていただけなのだと思いました。

    4Hの画像三尊天井なのですが、私ならもう一つ上のところを押し安値と見て抜けた後戻ってエントリーを考えます。

    環境認識が大切と言うのは
    短い足でも同じく環境認識が大切なのですね。

      • NoN
      • 2020年 7月 10日

      環境認識も『フラクタル』に(^_-)-☆

    • たぁた
    • 2020年 7月 10日

    いつもお世話になってます!!

    “心穏やかでありたい”
    私がどうありたいかです。

    ちょっと穏やかじゃなかったので、リアルはお休みしてデモに切り替えました。
    そうしたら勝てるんですよね~。う~。
    時間が取れるときに、毎日印刷している5分、15分、1時間、4時間足とにらめっこしています。

    大丈夫、落ち着け落ち着け。
    そう言い聞かせてがんばってます。

    今回も動画をありがとうございましたm(__)m

      • NoN
      • 2020年 7月 10日

      いつもコメントありがとうございます!
      あわてないあわてない、一休み一休み(^_-)-☆平常心を保てるやり方が聖杯です。

    • ふっかつぐみ
    • 2020年 7月 11日

    いつも何もかもありがとうございます。
    つくづく思いますが迷晴れさんは釈迦とか孔子みたいですね。
    絶対勝てる手法のような経典を作らず、いろんなレベルの弟子の対話に教えがあるところ。
    その教えも大きいモノから小さいモノまで、すべて一貫した真理がちりばめられており、形やアクセスは違えど、ひたすら同じことを何度も言っている。真理とはそういうものでしか表現や体得できないのかもしれませんね。
    しっかり練習していたら、ある日突然ブレイクスルーしますからっていつかの動画で言っておられらのは「香厳撃竹」ある日竹の音を聞いてだけで道を悟った話みたいですね。
    迷晴れさんのおかげで、本当にFXが楽しいです!!

      • NoN
      • 2020年 7月 11日

      押しえられた答えは、自分の答えではない。大きなことはできませんが、せっかくなので、何がプラスになるかを考えてます。

    • sumi eri
    • 2020年 7月 11日

    こんにちは(^^)/

    早すぎるエントリーでいつも失敗してしまいます(*_*;
    私って逆神なの?と思ってしまうほどですが(笑)
    毎日BLOGを拝見して、成長できるよう学ばせていただきます!!

      • NoN
      • 2020年 7月 11日

      はじめまして!早すぎるエントリーなら、今回のケースに当てはまるかな、と思います。

    • じんまる
    • 2020年 7月 12日

    素晴らしい動画をありがとうございます。
    プリンさん、ブレイクスルー間近ですね。

    NoNさんの最後のお言葉

    「正しく負けたトレードで反省の必要はない」

    には、とてもしびれました。

    これは仕方ないと思える負けでも、反省材料をムリヤリ探している自分がいます。
    その見極めにも留意して、振り返りを実施したいと思います。

    プリンさん、ご投稿ありがとうございました!

      • NoN
      • 2020年 7月 12日

      再現性のないことを反省しても意味がないですもんね(^_-)-☆

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内検索

FX人気口座ランキング

オリジナル・インジケーター

オリジナルインジケーター販売所
オリジナル・インジケーター動画・記事まとめ

特化型FX口座開設

短期売買特化型口座特集
MT4口座特集
システムトレード口座特集

学習ツールと投資関連書籍

フォレックステスター購入
フォレックステスター・導入ガイド
フォレックステスター有料データ購入ガイド
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント

あなたの負けトレードを徹底解説!

迷晴れボックス
海外FX口座の基礎知識
海外FX口座スペック比較

月別ページ

カテゴリー

シストレ24キャンペーン
FXPLUS