FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を鍛えるサイト。

menu

迷晴れFX

チャートを「塊」で視るとトレードが超簡単になる。/週ナビ#349

週刊チャートナビ(2021.08.23~2021.08.27)は、ドル円、ユーロドル、ユーロ円の主要三通貨ペアの一週間を振り返ったチャート考察です。

ドル円

今週の見通し

共通認識
日足

  • 日足は高値圏。111.0/21年高値越え分をオーバーシュートとみればMトップ、更新とみれば109.0/7月安値は4月安値↑61.8%押し目候補になる。
  • 今週の26日-28日にジャクソンホール会議開催、パウエル議長発言に注目。
4時間足に月足+週足ロウソク

  • 先週は陽線コマ足、先週高安レンジ中央で持ち合って方向感なし。
  • 5週前陽線ハラミ足+4
売り手の材料

111.0/日足M2番天井。

買い手の材料

109円付近日足クラスの押し目候補。

TR上段㊤:110.6/4時間ラス戻り高値・5週前はらみ足高値

TR中段:先週高安

TR下段㊦:8月安値

4時間足ベアの視点:先週高安の持ち合いに注目。①先週高値への上値試しからショート。②木曜安値サポート崩れで先週安値へショート。

4時間足ブルの視点:先週高安の持ち合いに注目。①先週木曜安値サポートで先週高値へロング。②先週安値まで売られればロング検討。③先週高値ブレイクで5週前ハラミ足高値へロング。

今週の値動き

1時間足に月足+週足+日足ロウソク


金曜のJH会議パウエル議長講演待ち、先週木曜安値と先週高値の持ち合いが続いた。金曜、FRBパウエル議長が量的緩和縮小「年内開始が適切」との発言からドルが売られたが、講演内容が想定内ということで大きな影響はなかった。

毎日の見通し

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

08/23月曜

先週コマ足のなか先週高値と木曜安値の持ち合い。

1時間足ベアの視点:①先週高値への上値試しから109.5へショート、途中に1時間チャネル安値サポートアリ。②1時間チャネル安値割れから109.5反発を受けて先週安値へ戻り売り。

1時間足ブルの視点:1時間チャネル安値への下押しから先週高値へロング。

08/24火曜
  • 先週高値付近から戻り売られて1時間チャネル安値を下抜いた。
  • 109.5木曜安値付近と先週高値の持ち合い。

1時間足ベアの視点:①2週前高値戻り売りの続き、1時間チャネル安値裏アタックから109.5へ戻り売り。②109.5サポート崩れで先週安値へショート。

1時間足ブルの視点:①先週安値押し目買い、月曜始値、または、109.5サポートで2番天井への試し、1時間チャネル安値へロング。②先週安値付近まで売られればロング検討。

08/25水曜
  • 先週高値から戻り売られたが109.5木曜安値を下抜けなかった。
  • 27日金曜日、オンライン方式に切り替わったジャクソンホール会議でのパウエル儀長講演待ちか。

1時間足ベアの視点:①109.5サポート崩れで先週安値へショート。②前日高値を再び試せば戻り売りチャレンジ。③110.0×1時間チャネル安値まで買われればショート検討。

1時間足ブルの視点:①先週安値押し目買い、109.5への下押しから前日高値へロング。②先週安値付近まで売られればロング検討。

08/26木曜
  • 火曜高値の戻り売りが負けて先週高値目前まで買われた。
  • 先週高値と109.5の持ち合いで、明日のジャクソンホール会議でのパウエル儀長講演待ちか。

1時間足ベアの視点:月曜高値とのMトップから前日押し安値へショート。

1時間足ブルの視点:①火曜高値まで押されれば前日高値へ押し目買い。②月曜高値ブレイクで5週前はらみ足高値へロング。③前日押し安値まで売られればロング検討。

08/27金曜 JHパウエル議長講演

先週高値で天井形成モードに入った、ジャクソンホール会議でのパウエル儀長講演待ちか。

1時間足ベアの視点:①先週高値2番天井、または、水曜高値三尊天井肩ラインから前日安値仮ネック抜けてけショート。②5週前はらみ足高値まで買われればショート検討。

1時間足ブルの視点:①前日安値サポートで先週高値へロング。②先週高値ブレイクで5週前はらみ足高値へロング。

毎日の値動き

15分足に週足+日足+4時間足ロウソク

08/23月曜

東京時間早朝、1時間チャネル安値への下押しからはロングできず、先週高値への上値試し待ち。

NY初動、先週高値ネックへの試しを1時間ツツミ足で確認、赤1ショート、1時間チャネルで半決済、翌東京時間にアウト。

08/24火曜

東京時間、1時間チャネル安値裏への戻り待ち。

ロンドン初動、1時間チャネル安値反発、赤1戻り売り。

NY時間、109.5でアウト。

08/25水曜

東京時間、109.5下値試し安値キリアゲ黄1ロングは火曜高値への値幅なく見送り。前日高値2回目の試し、ミニ三尊天井、黄2ショートは109.5の強反発をみて見送り。

ロンドン時間、火曜高値の戻り目が崩れた。

NY初動、火曜高値反発、青1ロング、1時間チャネル安値裏でアウト。

08/26木曜

東京時間、月曜高値Mトップ黄1ショートは、火曜高値への値幅もなく、月曜高値にもう一山つくる可能性から見送り。

ロンドン時間前の急騰で先週高値まで買われてしまい、天井形成モードに入ったのでノーポジ。

08/27金曜

東京時間、前日安値反発。

ロンドン初動、15分キリサゲL抜け、青1ロング、水曜高値でアウト。

NY時間、FRBパウエル議長、量的緩和縮小「年内開始が適切」と言及、先週高値2番天井から急落、一旦先週高値を試したがショートできなかった。

ユーロドル

今週の見通し

共通認識
日足


高値キリサゲMトップを形成、1.160/ラス押し安値手前でサゲ渋る。

4時間足に月足+週足ロウソク


4時間クラス戻り売りVS.1.160日足ラス押し安値サポート。

売り手の材料

4時間クラスのサゲダウが継続中。

買い手の材料
  • 1.160日足ラス押し安値を割るまで日足クラスはアゲダウ。
  • 1.160日足ラス押し安値手前でサゲ渋り、先週陰線終値が1.170日足ネックを未更新。

TR上段㊤:1.190戻り高値

TR中段:先週高値と先週安値。

TR下段㊦:1.160/日足ラス押し安値

4時間足ベアの視点:①先週陰線を1.160へ戻り売り、1.170から7月安値が戻り目候補。②1.190まで買われればショート検討。

4時間足ブルの視点:①先週安値への浅い下押し、または、Wボトムで7月安値へロング。②1.180レジスタンス崩れで1.190へロング。③1.160日足ラス押し安値まで売られればロング検討。

今週の値動き

1時間足に月足+週足+日足ロウソク


今週始め、先週陰線終値が1.170でサポートされたためか、先週安値への試しなく、そのまま7月安値の先週陰線戻り目まで買われたが、崩れてさらに上昇。

金曜のJH会議パウエル議長講演で量的緩和縮小「年内開始が適切」との発言からドルが売られたが、講演内容が想定内ということで大きな影響はなかった。

毎日の見通し

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

08/23月曜
  • 週足陰線終値は1.170でサポート。
  • 先週安値にもうひとつWボトムをつくるかも。

1時間足ベアの視点:1.170(木曜高値を含む)レジで先週安値へ戻り売り、木金Wボトム2番底からの買いに警戒。

1時間足ブルの視点:①木金Wボトムへの下押しから木曜高値へロング。②先週安値まで売られれば1.170へロング。

08/24火曜

先週安値で反転、先週陰線の戻り目、1.175/7月安値まで戻した。

1時間足ベアの視点:①1.175の戻り目形成を待って先週陰線戻り売り。②火曜高値まで買われればショート検討。

1時間足ブルの視点:①前日陽線を木曜高値まで下押せば1.175まで押し目買い。②1.175戻り目崩れで火曜高値×1時間チャネル高値へロング。

08/25水曜

前日陽線終値が先週陰線の戻り目候補1.175/7月安値を僅かに上抜いたが微妙。

1時間足ベアの視点:①前日高値に戻り目形成を待って先週陰線戻り売り。②先週火曜高値×1時間チャネル高値まで買われればショート検討。

1時間足ブルの視点:①1.175反発からの高値抜けで火曜高値×1時間チャネル高値へロング。②前日安値まで売られれば1.175へ押し目買い。

08/26木曜

1.175付近の先週陰線戻り売りは失敗、先週火曜高値×1時間チャネル高値目前まで買われた。

1時間足ベアの視点:先週火曜高値×1時間チャネル高値に戻り目をつくれば前日安値へショート。

1時間足ブルの視点:①1.175への下押しから先週火曜高値へ押し目買い。②先週火曜高値×1時間チャネル高値の戻り目崩れで先週高値抜けてけロング。

08/27金曜 JHパウエル議長講演

火曜高値目前に日足SMA21に頭を押さえられ天井形成モード。

1時間足ベアの視点:先週陰線戻り売り。前日高値×1時間チャネル高値2番天井、または、1時間ミドル反発から火曜高値三尊天井肩ラインからショート。

1時間足ブルの視点:①1時間ミドルのサポートで前日高値へロング、火曜高値に注意。②前日高値×1時間チャネル高値の先週陰線戻り目崩れで先週高値抜けてけロング。

毎日の値動き

15分足に週足+日足+4時間足ロウソク

08/23月曜

東京時間、浅い下押し(売り弱し)からの高値抜けで青1ロング、木曜高値更新。

ロンドン初動に押し目買いされ水曜高値でアウト。

08/24火曜

東京・ロンドン時間、押し目候補の木曜高値まで下がらず。

NY時間、1.175/7月安値を短期足が上抜いたが、有力戻り目候補なのでノーポジ。

08/25水曜

ロンドン時間、前日高値2回目の反発、赤1先週陰線戻り売り。

NY時間、前日安値での安値キリアゲで撤退、7月安値付近の戻り目が崩れた。

08/26木曜

天井形成モード、NY時間に日足SMA21反発で強く売られたがショートできなかった。

08/27金曜

NY時間、FRBパウエル議長、量的緩和縮小「年内開始が適切」と言及、1時間ミドルチャネルへの下値試しから青1ロング、1.180先週高値付近でアウト。

ユーロ円

今週の見通し

共通認識
日足


1月安値↑61.8%押し目候補×日足チャネル安値をブレイク。

4時間足に月足+週足ロウソク


7月安値を先週陰線終値がブレイク。

スポンサーリンク

売り手の材料
  • 4時間足クラスはサゲダウ継続。
  • 先週陰線終値が日足チャネル安値と7月安値をブレイク。
買い手の材料
  • 127.0/2020高値+1月安値↑76.4%深い押し目候補。
  • 先週後半のサゲ渋り。

TR上段㊤:8月高値

TR中段:129.7戻り高値と先週安値

TR下段㊦:127.0/2020高値+1月安値↑76.4%深い押し目

4時間足ベアの視点:129.7戻り高値からの下降波戻り売り。129.0から129.7戻り高値が戻り目候補。

4時間足ブルの視点:先週安値から戻りをロング。

今週の値動き

1時間足に月足+週足+日足ロウソク


月曜に129.0付近の戻り目候補まで上昇、火曜に戻り目をつくるも、水曜に崩れて、木曜に129.7戻り高値まで全戻し、天井形成モードに入った。

毎日の見通し

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

08/23月曜
  • 4時間クラスの下降トレンドが継続中だが、先週後半から下げ渋った。
  • 先週安値にもうひとつWボトムをつくるかも。

1時間足ベアの視点:128.5金曜高値レジで戻り売り。木・金曜底値からの買いに警戒。

1時間足ブルの視点:①木・金曜底値試しから木曜高値へロング。②先週安値まで売られれば128.5へロング。

08/24火曜

先週安値から反転、戻り目129.0×4時間キリサゲLまで戻した。

1時間足ベアの視点:①129.0戻り目形成を待って戻り売り。②先週高値まで買われればショート検討。

1時間足ブルの視点:129.0戻り目崩れで先週高値へロング。

08/25水曜

月曜高値での戻り売りは安値更新ならず。

1時間足ベアの視点:①129.0×4時間キリサゲL反発で戻り売り再チャレンジ。②先週高値まで買われればショート検討。

1時間足ブルの視点:①前日安値サポートで129.0へ押し目買い。②129.0戻り目崩れで先週高値へロング。

08/26木曜

129.0の戻り目が崩れ129.5まで買われた。

1時間足ベアの視点:①129.5Mトップで月曜高値へショート。②129.7戻り高値まで買われればショート検討。

1時間足ブルの視点:前日大陽線の押し目買い。1時間SMA21が押し目候補だが129.5まで値幅がないので、月曜高値まで押されればロング検討。

08/27金曜
  • 129.7戻り高値で天井形成モードに入った。
  • 前日終値は先週高値でレジスタンスされ、1時間SMA21と4時間SMA21の持ち合い。

1時間足ベアの視点:①月曜高値サポート崩れで水曜強者の安値へショート。②129.7戻り高値付近まで買われればショート検討。

1時間足ブルの視点:①月曜高値×4時間SMA21サポートで先週高値抜けてけロング。②水曜強者の安値まで売られればロング検討。

毎日の値動き

15分足に週足+日足+4時間足ロウソク

08/23月曜

東京早朝、先週安値への下押しはロングできず、ユロドルのタイミングで青1ロング。

ロンドン時間、4時間キリサゲLでアウト。

08/24火曜

東京時間、129.0への戻り待ち。

ロンドン初動、129.0高値キリサゲ、赤1先週陰線戻り売り。

NY時間、安値更新ならずに撤退。

08/25水曜

東京時間、129.0×4時間キリサゲL反発、ダマシ高値サインで赤1戻り売り。

ロンドン時間、安値キリアゲで損切り。

NY時間、129.0戻り目崩れ、青1ロング、先週高値でアウト。

08/26木曜

東京時間、1時間SMA21での2回目の反発、129.5目前で黄1押し目買いは見送り。

ロンドン初動に急騰して目標値の129.7戻り高値に到達。

NY時間、天井形成モードに入ったので様子見。

08/27金曜

東京時間、月曜高値反発。

ロンドン初動、15分キリサゲL抜け、青1ロング、15分チャネル高値でアウト。

NY時間はパウエル議長講演があるためノーポジ。

今週の視点

日足

先回の動画、今年はどうなる?夏枯れ相場と秋の大相場の因果関係を考える。/週ナビ#347は”夏枯れ”がテーマでしたが、どうやら今年の8月足は7月足に孕まれて終わりそうですね。

4時間足

週明け時点で方向感の無さを感じ取れるチャート。

1時間足

今週の攻略ポイントは”先週高値と109.5先週の木曜安値の持ち合い”を認知できること。

これがわかれば”レンジ戦略”でオッケー!

先週高値に引きつけてショート、109.5に引きつけてロング。

これだけです。

15分足

レンジ高安への引きつけは、23日先週高値引きつけの赤1ショートと、25日109.5引きつけの東京早朝ロング(買えなかった)

26日の先週高値引きつけの黄1ショートは見送りましたが、アリなところかもしれません。

カオスになりやすい”レンジ中央エリア”でのトレードは避けるのが賢明です。

つまり、25日などは”スキャル限定の日”になります。

日足

1.170日足ネックを下抜いたものの下げ渋ってる感じでした。

4時間足

ユロドルは下降トレンドが出ているので”戻り売り戦略”で、戻りを買う、戻ったら売る。

なんも難しくありません。

1時間足

今週の攻略ポイントは”先週陰線終値の1.170サポート”を認知できること。

これができると、2つの”かも”をイメージできます。

1.先週安値への試しなく戻り始めるかも。

2.7月安値付近の戻り売りが失敗するかも。

トレードの戦略なんて、ぶっちゃけ次の3つぐらいしかありません。

1.下降トレンドなら、戻り売り、上昇トレンドなら押し目買い。

2.レンジなら、高値に引きつけショート、安値に引きつけロング。

3.ブレイクアウト(レンジ高安や注目レート)なら、押し戻しを待ってポジションを持つ。

相場世界は”フラクタル構造”をしているので、どのタイムフレームでもこの考え方でいけます。

小さなタイムフレームのトレードになると、大きなタイムフレームの影響を受けるだけです。

物事をシンプルに考えるコツは、自分の頭で処理できる”塊”を決めることです。

4時間足

ユロドルなら先週高値から先週安値の塊。

4時間足

ドル円なら先週高値と109.5先週木曜安値の塊。

デイトレなら”4時間足クラスのトレンドやレンジを塊とみる”のがおすすめです。

訓練を積めば4時間足クラスの塊のなかに、1時間足の塊や15分足の塊を認知して、小さなトレードもできるようになれますが、最初は”4時間足クラスの塊”に慣れるといいでしょう。

4時間足は日足と1時間足の中間でデイトレには丁度いいサイズだし、影響を受ける上位足が日足と週足くらいだから、凄くシンプルになります。

相場分析は複雑で難しいとか、簡単で易しいとかではなく、簡単で易しいチャートの見方と、複雑で難しいチャートの見方があるだけです。

複雑で難しく思えるチャート分析は情報処理が追いつきません。脳の情報処理が追いつかないから複雑かつ難しく思えるんです。

自分の脳で完全に処理できる”塊(範囲)”を決め、それ以外のことを戦略的にシカトできればトレードは超簡単になります。

来週の攻略ヒント

4時間足に月足+週足ロウソク

現在、日足クラスの高値圏にあるが”横這い”で方向感なし。

先週高安のレンジ中央持ち合いと週足SMA21を注視。

仮に、週足SMA21サポートが機能すれば、先週水曜押し安値付近サポートから先週高値を上抜きにかかるかもしれない。

先週高安のなかから買えれば111.0まで幾つかのレジスタンス突破を余裕が見物できる。

来週は月末のロンドン・フィクスと3日に米雇用統計があります。

4時間足に月足+週足ロウソク

1.180/4時間ラス戻り高値を上抜くまで4時間クラスはサゲダウだが、1.160日足ラス押し安値のサポートに届かずに、先週陽線が2週前陰線を全戻しして”下げ渋り感”が強い。

週明けは1.180のプライスアクションに注目したい。

1.180をこのまま上抜き4時間クラスがアゲダウになるか、それとも、1.180がネックラインになって2週前安値付近まで売られてWボトムになるか。

来週は月末のロンドン・フィクスと3日に米雇用統計があります。

あわせて読みたい5つの関連記事









◆お断り◆
この動画は「学習」を目的に制作されたものです。個人の見解を過去のチャートから解説したものであり、未来を予想したり、利益を保証するものではありません。

記事へのレビューやご意見はコメント欄をご利用ください。コメントを「読者さまの声」としてブログや動画に掲載させていただくことがございます。

◆著作権について◆
当サイトは無料でご覧頂けますが、著作権は放棄しておりません。動画等のコンテンツを営利目的でお使い頂くことはできません。

詳細はご利用についてをご覧ください。



こちらの記事もあわせてご覧ください

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (9)

    • mr03911gt1
    • 2021年 8月 28日

    動画・ブログ更新ありがとうございます。
    インジはお役に立ちましたでしょうか? 週ナビにピボットが登場する日は来ますか?笑

    今週もドル円・ユーロドル共ほとんどのトレードはピボットで解釈でき驚き半分納得半分です。
    私も今週も無敗でした。ジャクソンホールの変動を含めほぼピンポイントで一致しています。
    大口のアルゴリズムにピボットが組み込まれているからだと思います。

    ランダムな過去検証ではピボットトレードは勝率6割RR2.0PF3.0が良くあるパターンなんですけど
    リアルでは今のところ利確遅れの建値撤退がたまにあるものの負けなしです。
    いつか帳尻合わせが来るのではないかと戦々恐々としています。

      • NoN
      • 2021年 8月 29日

      ピボット・インジは今後の自動売買の検討案件のひとつにしようと考えてます。インジを使うほうがプログラム化が簡単なんですよね。

    • MATSU
    • 2021年 8月 28日

    動画アップして下さりありがとうございます。

    今週はワントレードでした。
    月曜 LDN ドル円ロング 微益アウト

    持ち合い中の認識があった為、週を通して前のめりになり過ぎないように構えておりました。
    とれませんでしたが、やられることもなかった週でした。

    今週の視点
    個人的には、戦略的シカトの視点が甘い部分を確認致しました。
    短期足まで詰め込もうとする事が、かえってハードルを上げてしまう事を改めて意識します。
    今回ご提示して下さった4時間足を基準足として塊を見る目線を強めます。

    一朝一夕では鍛えられない部分が、マヨハレ様の解説で学ぶことの継続で、
    理解が深まっている感覚があります。
    自己評価に過ぎませんが、分かるところまでは到達していると思っております。
    ただしマヨハレ様のような本物になるには、「分かり抜く」ところまで必要だと考えます。

    来週の攻略
    ブログでアップしてくださることで予習が出来るようになりました。
    動画→ブログでチャート画像と文字情報でデータとして理解→自身で来週のイメージ
    この流れで学んでおりますが、来週のイメージを考える際に、マヨハレ様からの
    アドバイスが加わりました。
    ありがとうございます。

      • NoN
      • 2021年 8月 29日

      おつかれさまです。迷晴れコンテンツをフル活用して頂きありがとうございます(^_-)-☆インスタントに獲得できるものは脆いです。MATSUさんのように地道に経験値を積み重ねた人は強いです。

    • いけちゃんまん
    • 2021年 8月 29日

    ユーロドル/金曜ロングについて教えてください。
    ブログ記載の解説では、”JHでのFRB議長の発言を受けてH1ミドルチャネル反発でロングした”ような印象を受けましたが、JH前のH1ミドルCH反発でロングしたのかなと思うのですがいかがでしょうか。またその場合、重要イベント前にH1ミドルCH反発がそれほど根拠となりえるほど強い根拠とは思えないのですが、見落としている点があれば教えてください。

    先週のドルスト(ドル円以外)は、〇〇/ドル(+〇〇/円)では①戻り売りを本命に、それまでの②調整買い、の2つのエントリーチャンスを狙っていました。
    結果は例えばユーロドルでは①本命の金曜/戻り売りが不発で、②調整程度と見込んでいた上昇が前週大陰線を打ち消す大陽線の全部戻しとなり、週足・月足レベルで期待していた下降トレンド入りに黄色信号が点灯です。

    来週は、日足終値で1.8(8月高安62%+直近の目立つ高値+H4/200MA)を明確に上抜けすれば、次の抵抗レベル1.9まで押し目を買っていこうかなと思ってます。ショート目線は日足終値で1.75を割ってから慎重に検討。
    9/3雇用統計に関しても、JHの反応で年内テーパリング開始は現在価格に織り込み済みでサプライズにはならないことが分かったので、寧ろ予想値より数字が悪かった場合にテーパリング開始時期が遅れる思惑のドル安の方がサプライズになりそう(=値が走りやすそう)かなと思ってます。

    また今週のテーマの4時間足トレードについて、実践している身として確かにメリットが多いですが、当然デメリットも感じます。特に4時間足の波を天井から底まで狙おうとする場合のデメリットをいくつか挙げます。

    ・ポジション保有ストレス・・・保有期間が数日~2週間程度あり、その間ずっと少なからずストレスあり。含み益が大きくなれば利確したいストレス、含み益が目減りしてもあのとき利確しておけばとストレス、含み益から建値付近まで戻されれば建値カットしとくべきかストレスなど。➡事前に自分が取りに行く波のサイズ、逃げる場合の条件、大まかな保有期間を決めておく必要あり

    ・反転が多い時間帯は深夜・・・4時間足ローソクが確定するのは1日6回。私の検証結果では、その6回の中で一番反転するのが多いのが深夜2時に確定する4時間足ローソク。そこから更に1時間足の確定を待ってエントリーとなると深夜3時になってしまい、昼夜逆転生活となってしまう。➡私はそこは諦めて寝てます

    ・多通貨監視・・・エントリーチャンスは1通貨ペアで1週間に多くて2回程度、方向性見えなければ数週間エントリーチャンスがない通貨ペアもあるので、多通貨分析/監視が必要。➡監視はアラートで大分回避でき、分析も毎日ではないので、大きなデメリットにはならない

    ・リスク増大①・・・多通貨見ていてもランダムにエントリーチャンスが訪れる訳ではなく、特定の通貨に引っ張られるし、上手くいくときは全てうまくいくが、上手くいかないときは全滅もある(ドルスト・クロス円など)➡エントリー通貨ペアの厳選orロット調整

    ・リスク増大②・・・一見関係の無さそうな複数の通貨ペアでも同じタイミングでエントリーした場合、全滅の場合もある。これはFXが国同士の相対的な強弱を示すものであり、ある時点にある通貨が買われれば、必ず別のある通貨が売られるため、ある時点で立てたシナリオは関係なさそうな通貨ペアでも影響を及ぼし合っている➡エントリー通貨ペアの厳選orロット調整

      • NoN
      • 2021年 8月 29日

      4時間足トレードのデメリット。これは永久保存版の内容ですね(^_-)-☆4時間足トレードは相場観が身につきやすいかなと、おすすめしてますが、波の端から端まで狙うとなるとポジション調整を含めた色んな工夫が必要ですね。まずは大き目の4時間足1本からでいいので、しっかり抜き取れた成功体験を短期足に振り回されてる方々に肌で感じてもらえればと思っています。23時前に1時間ミドル反発ですが、ロングはその後の下押しです。

    • 猫チャギラ
    • 2021年 8月 29日

    いつもご教授頂きありがとうございます。塊の把握はチャートを見やすくすると改めて思いました。解説でもありましたように、ドル円は三角持ち合いということで自分にとっては今のところトレードの対象外です。三角持ち合いを抜けた後にも上下に壁がありますので、ドル円に関してはその壁に近づいてからトレードを考えたいと思います。ユーロドルに関しては先週の下方ブレイクを今週全否定するかたちで引けてますので、1.16600〜1.18000を一つの塊と見ながら1.18000をネックラインをレジスタンスされるか、更に突き抜けて1.19000付近まで踏み上げられるのかというところに注目していきたいと思います。為替だけでなく米株、米国債利回り、WTY原油等あらゆるチャートが重要な節目に刺しかかっており、来週は月末のロンフィク、そして今年最も注目されてる雇用統計も控えてますので、いつも以上に上下に大きく振らされる値動きには充分注意してトレードしていきたいと思います。

      • NoN
      • 2021年 8月 29日

      素晴らしい相場観!このコメント欄を読めば来週の傾向と対策ができますね(^_-)-☆月末のロンフィクと3日雇用統計を「来週の攻略ポイント」に追記しておきます(うっかり忘れてました)

  1. 迷晴れさん

    今週も動画およびブログの更新ありがとうございます。

    8/26木曜日のドル円の黄色①でもう一山つくると予測されておりますが、こちらの予測の根拠は下記になりますでしょうか。

    1,先週高値vs109円の持ち合いが先週から続いているので、先週高値を本格的に試す動きが発生する可能性があるため
    2, H1SMA21の上昇

    スクリーンショットURL:https://www.screenpresso.com/=J1Osd

    自分はこの時、先週から高値が切り下がっているので、下降する可能性が高いと思っていましたが、実際にはもう一山が形成されました。
    迷晴れさんの見解を、お手すきの際にご教示いただけますと幸いです。

    よろしくお願いいたします。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

神回バナー

サイト内検索

FX人気口座ランキング
海外FX口座の基礎知識
海外FX口座スペック比較

トレード効率化

オリジナルインジケーター販売所
オリジナル・インジケーター動画・記事まとめ
トレード効率化ラボ

特化型FX国内口座開設

短期売買特化型口座特集
MT4口座特集
システムトレード口座特集

学習ツールと投資関連書籍

フォレックステスター購入
フォレックステスター・導入ガイド
フォレックステスター・データ購入ガイド
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント

あなたの負けトレードを徹底解説!

迷晴れボックス

月別ページ

カテゴリー

シストレ24キャンペーン
FXPLUS
★☆検証ソフトForexTester5☆★¥16,000オフ・セールを見逃すな!!詳しくはこちら