FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を鍛えるサイト。

menu

迷晴れFX

出過ぎた杭は打たれない!大陽線・大陰線はビッグチャンスのシグナル。/週ナビ#340

週刊チャートナビ(2021.06.21~2021.06.25)は、ドル円、ユーロドル、ユーロ円の主要三通貨ペアの一週間を振り返ったチャート考察です。

ドル円

今週の見通し

日足

4時間足に月足+週足ロウソク

共通認識

年初来高値(3月高値)に天井形成中、Mトップ完成なるか?

売り手の材料
  • FOMCの急騰でも年初来高値に届かなかった。
  • 先週陽線終値が5月高値でレジスタンス。
買い手の材料

3月高値→4月安値ハラミ内上昇トレンド継続中。

TR上段㊤:年初来高値111.0

TR中段:5月高値(先週陽線終値)とFOM水曜安値

TR下段㊦:6月安値

4時間足ベアの視点:年初来高値Mトップを背景にFOMC水曜安値ブレイクを狙う。①先週陽線終値+5月高値レジスタンスから売り。②先週高値へ上値試し後の売り。

4時間足ブルの視点:FOMC急騰波を使って先週高値へ押し目買い。6月安値×4時間チャネル安値まで売られればロング検討。

今週の値動き

1時間足に月足+週足+日足ロウソク


5月高値・金曜高値・先週高値を崩して23日水曜に年初来高値(目標値)に到達、天井形成後、25日金曜にネックラインを割った。

毎日の見通し

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

06/21月曜

5月高値を挟み金曜高安で気迷いレンジ。

1時間足ベアの視点:金曜高値110.5への上値試しから金曜安値へショート。レンジ中央で揉めば抜けた方へついていく。

1時間足ブルの視点:金曜安値110.0への下値試しから金曜高値110.5へロング。レンジ中央で揉めば抜けた方へついていく。

06/22火曜

水曜安値でスパイクしたが5月高値を上抜けず月曜陽線終値はクローズ。

1時間足ベアの視点:FOMCでの5月高値上抜けをフェイクと見立て①前日安値を逆三尊天井と見て、右肩崩れで水曜安値へショート。②金曜高値110.5まで買われればショート検討。

1時間足ブルの視点:FOMC上昇波の押し目買い。前日安値を逆三尊天井と見て、右肩への下押しから金曜高値110.5抜けてけロング。

06/23水曜

5月高値を火曜陽線終値がブレイク、先週高値まで買われた。

1時間足ベアの視点:先週高値2番天井から先週水曜安値へショート。

1時間足ブルの視点:火曜陽線Nボックスから押し目買い。先週高値を上抜けば年初来高値まで保有。

06/24木曜

目標値の年初来3月高値111.0に到達、水曜陽線終値はレジスタンス。

1時間足ベアの視点:111.0逆張りで水曜下髭先へショート、下抜けば、110.5を目安に狙う。

1時間足ブルの視点:①111.0レジスタンス崩れで111.5へロング。②今週の上昇波押し目候補(110.5目安)で押し目買い。

06/25金曜

目標値の年初来3月高値111.0で2日連続で日足がレジスタンス。

1時間足ベアの視点:3月高値111.0Mトップへの上値試しから水曜安値目安に戻り売り。

1時間足ブルの視点:3月高値111.0Mトップ崩れ狙い。戻り売りを受け、安値キリアゲでロング。

毎日の値動き

15分足に週足+日足+4時間足ロウソク

06/21月曜

東京時間、5月高値から金曜安値サポートを下抜き水曜安値まで売られる。

東京終盤、水曜安値のアンダーシュート確認後、スパイク狙いで青1ロング。

ロンドン時間、戻り高値反発で半決済。

NY時間、5月高値のオーバーシュートでアウト。

06/22火曜

東京時間、逆三尊肩ラインまで下がらず、5月高値で反発上昇。

NY初動、金曜高値を上抜けたが、4時間チャネル安値目前で黄1ロングは見送り。

06/23水曜

東京時間、火曜Nボックスまで下がらずに買われ始め、先週高値までのアゲ幅なく黄1ロングは見送り。

ロンドン時間、先週高値Mトップが崩れたが年初来高値までのアゲ幅なくロングは見送り。

NY初動、年初来高値111.0の強反発を確認。

06/24木曜

東京時間、3月高値111.0×1時間チャネル高値×2番天井で赤1ショート。

ロンドン時間の戻りを耐え、NY時間、前日安値Mネック反発でアウト。

06/25金曜

東京時間、年初来3月高値反発、1時間ピンバーをサインに赤1ショート、前日安値で半決済。

NY時間、110.5到達でアウト。

ユーロドル

今週の見通し

日足

4時間足に月足+週足ロウソク

共通認識
  • 2021高値に2番天井を形成中。
  • 日足は1.160割れまでアゲダウ。
  • 日足クラスMネックは1.170
売り手の材料
  • 21年高値Mトップの2番天井から日足Mネックへ向けて売られている。
  • 先週は290ピプス大陰線
  • 4時間クラスはサゲダウ。
買い手の材料

日足クラスはアゲダウ、先週安値は3月安値上昇波の76.4%深い押し目候補。

TR上段㊤:先週高値

TR中段:先週安値と5月安値

TR下段㊦:3月安値1.170+日足Mネック(手前に斜めネック有り)

4時間足ベアの視点:先週大陰線の戻り売り。①4時間SMA21反発。②先週安値を早々にブレイクすれば3月安値へショートだが日足斜めネックに注意。

4時間足ブルの視点:下げ止まりを待って先週陰線の戻りを5月安値へロング。

今週の値動き

1時間足に月足+週足+日足ロウソク


21日月曜から先週安値にサポートされ先週陰線の戻りが始まった。戻り売り候補の4時間SMA21を上抜け戻りが続き、5月安値下に戻り目を形成中。

毎日の見通し

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

06/21月曜

先週安値に3月安値上昇波の押し目ブロックをつくる可能性を考慮。

1時間足ベアの視点:①金曜高値への上値試しから先週安値へ戻り売り。②先週安値をブレイクすれば1.180へショート。

1時間足ブルの視点:先週安値サポから1時間SMA21上抜けで金曜高値へロング。

06/22火曜

先週安値で1回目の反発、金曜高値まで戻された。

1時間足ベアの視点:先週大陰線の戻り売り。金曜高値×4時間SMA21反発で先週安値へショート。

1時間足ブルの視点:①金曜高値付近の戻り目崩れで5月安値へロング。②先週安値まで売られれば2番底ロング検討。

06/23水曜

先週安値から火曜安値へキリアゲ、1時間チャネル高値を火曜陽線終値がブレイク。

1時間足ベアの視点:①先週大陰線38.2%戻り売り。火曜高値1.195に戻り目形成で下降フラッグ安値へショート、下抜ければ先週安値まで狙う。②5月安値付近まで買われればショート検討。

1時間足ブルの視点:先週安値から火曜安値のキリアゲ根拠に、下降フラッグ安値から火曜高値1.195へ押し目買い、上抜けば、5月安値まで狙う。

06/24木曜

下降フラッグで短期上昇中。

1時間足ベアの視点:①火曜高値1.195Mトップへの上値試し、または、下降フラッグ安値抜けで先週安値へ戻り売り。②5月安値まで買われればショート検討。

1時間足ブルの視点:①下降フラッグ安値サポートで5月安値へ押し目買い。②先週安値まで売られればロング検討。

06/25金曜

1時間フラッグ安値からのロングは火曜高値1.195にレジされ、1.195ショートも安値更新できずレンジへ。

1時間足ベアの視点:①1.195三尊天井と見て、1.195上値試しで先週安値へ戻り売り。②5月安値まで買われればショート検討。

1時間足ブルの視点:①1.195三尊天井崩れ(1.195上抜け、または、1.190サポートから安値キリアゲ)で5月安値へロング。②先週安値まで売られればロング検討。

毎日の値動き

15分足に週足+日足+4時間足ロウソク

06/21月曜

東京時間、先週安値にWボトムを確認。

ロンドン初動、1時間SMA21上抜きから青1押し目買い、1.190で半決済。

NY時間、金曜高値でアウト。

06/22火曜

東京終盤、金曜高値の天井形成から赤1戻り売り。

スポンサーリンク

NY初動の安値キリアゲで建値撤退、戻り売り失敗とみて4時間SMA21上抜け青1ロング、1.195でOCOアウト。

06/23水曜

ロンドン初動、フラッグ安値まで届かず反転、火曜高値1.195までのアゲ幅なくロングは見送り。

NY時間、火曜高値1.195上の1時間打消し線をサインに、フラッグ安値へ赤1ショート、翌東京時間のWボトムでアウト。

06/24木曜

東京終盤、1時間下降フラッグ安値のダマシ安値をサインに青1ロング。

NY時間、火曜高値1.195を越えられず、戻り売りリスクから撤退。

06/25金曜

ロンドン時間、1.195レジスタンスを確認。

NY初動、三尊天井1.195崩れ黄1ロングは先週陰線戻り売りを警戒して見送り、水曜高値オーバーシュートをサインに赤1ショート、1.195ブロック安値の反発でアウト。

ユーロ円

今週の見通し

4時間足に月足+週足ロウソク

共通認識

3月安値上昇波押し目買いと先週大陰線戻り売りの攻防。

売り手の材料
  • 5月安値割れで日足クラスはサゲダウ。
  • 先週300ピプス大陰線
買い手の材料

週足クラス、先週安値は3月安値上昇波の61.8%押し目候補で週足SMA21サポートもある。

TR上段㊤:先週高値

TR中段:先週木曜高値と先週安値(3月上昇波61.8%押し目)

TR下段㊦:4月安値(3月上昇波76.4%押し目)

4時間足ベアの視点:4時間SMA21候補で先週大陰線戻り売り。

4時間足ブルの視点:強い下落の下げ止まりを待って先週陰線のあや戻しロング。先週安値と週足SMA21のサポートを注視!

今週の値動き

1時間足に月足+週足+日足ロウソク


21日月曜に先週安値をアンダーシュートしたが週足SMA21で反転。22日火曜131.5×4時間SMA21の戻り目を崩して4時間チャネル安値裏まで買われた。
その後は、4時間SMA21と4時間チャネル安値裏に挟まれ膠着状態が続いた。

毎日の見通し

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

06/21月曜

先週安値サポートに注視。ここに3月安値上昇波の押し目ブロックをつくる可能性を考慮。

1時間足ベアの視点:①金曜高値まで買われれば先週安値へ戻り売り。②先週安値をブレイクで130.0へショート、週足SMA21サポートに注意!

1時間足ブルの視点:先週安値サポから1時間SMA21上抜けで金曜高値へロング。

06/22火曜

先週安値をアンダーシュートして金曜高値まで戻された。

1時間足ベアの視点:先週大陰線の戻り売り。金曜高値×4時間SMA21反発で先週安値へショート。

1時間足ブルの視点:①月曜高値の戻り目崩れで132.0へロング。②先週安値まで売られればロング検討。

06/23水曜

金曜高値131.5の戻り目を崩し、先週大陰線の半値辺りまで戻した。

1時間足ベアの視点:火曜高値付近レジから1時間SMA21割れで131.5へショート。

1時間足ブルの視点:1時間SMA21反発で先週木曜高値へロング。

06/24木曜

水曜陽線終値は4時間チャネル安値裏でレジスタンス。

1時間足ベアの視点:水曜高値への上値試しから仮ネック132.0へショート。

1時間足ブルの視点:仮ネック132.0サポートで2番天井へ押し目買い。

06/25金曜

4時間チャネル安値裏でレジスタンスされ膠着状態。

1時間足ベアの視点:①132.5付近2番天井形成から132.0抜けてけショート。②先週木曜高値まで買われればショート検討。

1時間足ブルの視点:①4時間SMA21反発、先週木曜高値へロング。②131.5まで売られればロング検討。

毎日の値動き

15分足に週足+日足+4時間足ロウソク

06/21月曜

東京時間、先週安値+130.5下抜け赤1ショート、130.0でアウト。

ロンドン初動、先週安値レジでの黄1戻り売りは週足SMA21サポート目前で見送り、1時間SMA21抜き返しで青1ロング。

NY時間、金曜高値でアウト。

06/22火曜

東京時間、金曜高値131.5で戻り目形成待ち。

ロンドン時間、1時間SMA21下抜け赤1ショートは損切り、131.5戻り目崩れで青1リカバリー・ロング、132.0でOCOアウト。

06/23水曜

東京時間、火曜高値で戻り目形成待ち。

ロンドン初動、火曜高値が崩れたが、高値掴みのリスクからロングは見送り。

06/24木曜

4時間チャネル安値付近での膠着状態が続きノートレ。

06/25金曜

4時間チャネル安値裏と4時間SMA21に挟まれヨコヨコのままノートレード。

今週の視点

日足


ドル円は年初来3月高値付近に2番天井を形成中。

4時間足


先週のFOMCパニックによる5月高値抜けに関して相反する見方ができた。

ベア派は先週陽線終値が5月高値下でクローズした事実を重視。

ブル派は5月高値抜けの事実を重視。

そんなふうなので、水曜安値を割るまでブルベアの優劣がつけられないと思ってました。

1時間足

21日はピンバーになりましたが5月高値にレジスタンスされ、18日高値の強反発もあるので方向感を失ったように見えました。

その後、5月高値や先週高値のレジスタンスを崩して年初来3月高値を達成したので、結果的にはブル派が強かったことになります。

22日、金曜高値110.5を上抜いたことで買われやすくなりましたが、先週高値を含むレジスタンス・エリアが近く、上値追いになるのでロングは敬遠しました。

後からみると、21日月曜安値のロング・ポジションを持っておけば…となりますが、途中にカオス地帯を通るので、短期トレーダーのボクとしてはこれで納得です。

ただ、21日月曜安値のロングは一番安いところで買えた自覚もあったので、節目で決済しながら、111.0の到達、または、1時間SMA21を割るまで保有するのもアリだったかもしれません。

日足


2021年高値で2番天井を形成中、日足クラスのMネック(斜めラインと水平ライン)へ向かうモメンタムがあるとみました。

4時間足


日足ネックまで十分な下げ幅があるので、先週の大陰線が活用できる位置です。

先週の大陰線は2番天井下の4時間ラス押し安値をブレイクさせた”強者のロウソク”なので、きっとマーケットも意識するはずです。

今週はリトレースメント(戻り波)で終わりましたが、エネルギー充電後の3波が期待できます。

重要な節目をブレイクさせた大陰線・大陽線はトレードの材料として使えます。

出る杭は打たれ”ダマシ”になりますが、出過ぎた杭は打たれません。

マーケットにブレイク足として認定されれば、むしろ、活用されます。

  1. 上位足の流れに逆らわない。
  2. 上位足レジサポまでの利幅がある。
  3. リトレースメント(戻り)の時間を考慮。

これら3つの点に気を付ければ、大陽線・大陰線からの3波狙いは勝ちやすいです。

4時間足


ドル円の先週足はFOMCで一時的に5月高値を越えましたが上髭になりました。

今週は年初来高値111.0が目前に迫り、5月高値でレジスタンスされる可能性もあったのでユロドルより難しかったと思います。

 

あわせて読みたい5つの関連記事









◆お断り◆
この動画は「学習」を目的に制作されたものです。個人の見解を過去のチャートから解説したものであり、未来を予想したり、利益を保証するものではありません。

記事へのレビューやご意見はコメント欄をご利用ください。コメントを「読者さまの声」としてブログや動画に掲載させていただくことがございます。

◆著作権について◆
当サイトは無料でご覧頂けますが、著作権は放棄しておりません。動画等のコンテンツを営利目的でお使い頂くことはできません。

詳細はご利用についてをご覧ください。



こちらの記事もあわせてご覧ください

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (14)

    • mr03911gt1
    • 2021年 6月 26日

    動画・ブログ更新ありがとうございます。
    今週はトレンドの逆方向だったせいか太丸がなかったですね。

    以前、トレードエピソードシリーズってあったと思います。
    録画・編集がなかなか大変だとは思いますが、久しぶりにどうでしょうか?

    というのは、迷晴れさんがトレード途中で何を考えていらっしゃるのか知りたいからです。
    週ナビで「〇〇でエントリー、□□でアウト」で、すぐ次の場面に行くじゃないですか。
    あれって進行が早いなって思う人が結構いると思うんです。
    分かってくれば「あーはいはい」なんですけれど。もう少し考えるタメが欲しいっていうか。

      • NoN
      • 2021年 6月 27日

      おつかれさまです!昔はちょくちょくアップロードしましたね。解説しながらのトレードが意外にストレスなのと、録画時間が長いと編集ソフトが固まる問題で久しくやってませんが考えときますね(^_-)-☆

    • MATSU
    • 2021年 6月 26日

    動画アップして下さりありがとうございます。

    月曜 LDN ユーロドル ロング +15pips
    金曜 LDN ユーロドル ショート 指標上昇でアウト -12pips
       NY ユーロドル 指標上ヒゲでショート 高値更新でアウト -13pips

    ドル円は、週前半の上昇についていけませんでしたが、
    値ごろ感で逆張りしなかったのはよかったと考えています。
    週後半は売り目線で見てはいましたが、トレードするところまで落とし込めず。

    ユーロドル、月曜はとれましたが、金曜はよくありませんでした。
    金曜LDNショートは、三尊に目がくらんでおり、1.195ミニダブルトップで勇み足になってしまいました。
    NYショートもヒゲだけで入ってしまっており、早まっております。
    後からチャートを見れば、下落になりましたが、心も揺さぶられており取れず仕舞いでした。

    今週の視点で、現在の環境を解説してくださりありがとうございます。
    ドル円は、週初めFOMC安値・先週金曜高値に注目してました。
    月曜はスパイクっぽい動きをすることもイメージできていました。
    トレード出来てませんが・・・
    ただ、月曜を逃すと高値追いは出来ず、週を通してドル円は消極的に見ていました。

    ユーロドルは、金曜の見極めの甘さを反省。

    個人的に思うこととして、「トレードは洞察力が求められるなあ」と、最近は特に思います。
    解説してくださったように、ドル円方向感不明なんかもチャートから見えてくる。

    「洞察力」というワードは、過去動画でマヨハレ様の解説で話しておられます。

    MTF分析+サイコロジカル分析=マヨハレ式トレード

    最近このようなイメージです。

      • NoN
      • 2021年 6月 27日

      おつかれさまです!トレードって明解と難解の間にある事実をどう扱うかが難しいですよね。方向性が明らかなところと、カオスに気づけても、どっち?みたいなところでバイアスがかかってミスりますね。

    • 猫チャギラ
    • 2021年 6月 27日

    いつもご教授頂きありがとうございます。出る杭は打たれるとのお話しでしたが、金曜日まさに出る杭にがっちり打たれてしまいました。22:30頃、豪ドル米ドル0.76000を4時間足確定で乗り上げてきたのを見てスケベロングしてしまいました。0.76000は日足のネックラインとして今年に入ってからずっとサポートされていた所で、先週ついに下方ブレイクしたラインです。金曜日に0.76000まで戻ってきたのを見てこれは週足レベルでのピンバーになると考え、更にオプションオーダーでもここを超えるとストップロス買いとあったので、いつもの悪い癖でここが勝負所と判断して全力で入ってしまい、そのまま会社の仕事に入ってしまいました。朝4:00の休憩時間にチャートを確認したら案の定しっかり強制ロスカットされてました。やはり重要な節目では上下に振らされることが多いと思い知らされました。日足、週足クラスの節目ですから4時間足確定くらいでは根拠が薄いですし、23:00を境に大きく波が転換することが多いことも忘れてました。チャートに貼り付いてしっかり監視しなければならない局面にもかかわらず、その判断も誤ってしまいました。自分はいろんな原理原則は散々勉強してきたと思うのですが、いざそれを実践に移す時に雑なトレードになっているようです。簡単に考えるということと、安易な判断や雑なことをするということは違うことだとしっかり頭に入れておきたいと思います。

      • NoN
      • 2021年 6月 27日

      歯がゆいですね(^_-)-☆節目などでチャートに張り付かなくても、半自動化できないかなぁ…なんて思う今日この頃です。

    • H
    • 2021年 6月 27日

    いつも素敵な動画をありがとうございます。今週のドル円、出来上がったチャートを見ると簡単そうに見える週だったと思うのですが、個人的に火曜日がすごく難しかったです。同じく、火曜、水曜は結局ただ見てるだけでエントリーできませんでした。「押し目待ちに押し目無し」状態でレジスタンス目前となるとリスクを考えてしまいます。月曜は同じくロンドン前にかなり安い位置でロングできたのですがどうしても戻り売りの警戒もあったため途中で利食いです。結果的に保有していれば爆益だったのに、やっぱりまだまだ下手くそなのかなぁ・・・なんて思いながら週ナビを拝見すると迷晴れさんも似たような環境認識をされていたので一気に安心しました笑。上げきってしまった後で上から売るのは簡単なのですが、やはり節目の分水嶺で決着がつく場所というのは陰線、陽線が入り乱れますし苦手なのですよね・・・。日足では上昇トレンド継続なので買いが有利なのかなとも思いながら、でも高い位置に来てるので高値切り下げると売りのターンもあり得るよな、とかいくつかの想定パターンを考えると結果として「見送る」という選択肢を選んでしまう事もあります。また、チャートの顔がバーゲンセールモードに入ってくれた時にしっかり頂ければいいかなと考え、次の大きなチャンスを待ちたいと思います。

      • NoN
      • 2021年 6月 28日

      ドル円、全く同じ感想でノートレードでした。こういうの「電車道」というのでしょうか…111.0まで届かず高値キリサゲの可能性を考えて買えませんでした。

    • いけちゃんまん
    • 2021年 6月 27日

    クロス円が全般的に4時間足レベルの戻り売りチャンス到来!と思い水曜22時の4時間足確定のタイミングで、フライング気味なのは分かりつつ、いくつかのクロス円をスイングの想定でショート。その後ポンド円以外は金曜になっても小幅動き継続で、ショートの優位性は感じるも攻防中の勝負は降りておこうとポンド円含め退散してしまいました。

    デイトレでは先週はエントリーを見送るケースが多かったり、その焦りからか最後の見極めが甘くなりお手つきをしてしまったケースがありました。
    そこで初歩的な質問ですみませんが、2点教えてください。

    マヨハレさんのトレードスタイルは、
    ・1時間足以上のチャートで意識されそうなポイントを予めいくつか想定しておき、
    ・そのポイントに近くなったら短期足(5分/15分足)で監視し、
    ・短期足の決着が想定通りになればエントリー ・・・①
    ・短期足の決着が想定とは異なれば見送り ・・・②
    という流れがメインだと思うのですが、①と②の割合はどの程度でしょうか?
    (エントリーポイントで短期足の攻防を見始めてから実際にエントリーする割合)

    また、①で決着が付いたと思ってエントリーした後、まだ攻防中だったというケース(例えば、切り上げライン抜けを基準と考えた局面で、切り上げライン抜けでエントリー後、ボックスレンジで攻防だったり、15分足実体でレンジ抜け後、1時間足確定で戻ってきてしまう、など)での対処方法について、状況に応じて対処するということになると思いますが、原則とする考えがあれば教えてください。

      • NoN
      • 2021年 6月 28日

      ①と②の割合は相場環境によって偏りがかなりあります。今週のドル円、火曜・水曜は高値圏ということがあって全て見送りでした。決着(と思われる)後のトレードは、どうなったら損切りするかを決めています。レンジになってしまえばタイムアウトして仕切り直すこともあります。

    • YuMasuki
    • 2021年 6月 28日

    今回も楽しく拝見させていただきました。

    先週は大きく伸びた週足の次、って事でマヨ晴さんの様なデイトレーダーはチャンスと見るのだろうなとワクワクしていました。

    私自身は殆どノーポジションだったのですが、火曜日にユーロドルでロング20pipsで投了。
    金曜日のニューヨーク時間のユーロドルショートに参加して25pips抜いて終わりにしました。
    こういうデイトレーダーの真似事が出来る様になったのはマヨ晴れさんの動画を見ていたからだったのだなと感謝しています。

    大きく縦に動けば暫くは横に動く。

    この動きはスウィングトレーダーにとっては暇を持て余す時間になってしまいますが、その中で支持抵抗線を定義しトレンドを掴んだり逆張りしたりするデイトレードも十分やれる。
    こういったことが去年から出来る様になったのは、自分にとって大きな進歩でした。

    両建て状態も容認しつつ利益を上げることが出来る様になった私の中には、異なる物語が同時進行しているという状態ですが混乱しているという感覚はありません。

    「ジャクソンホールまで逆張り」という私と
    「今はドル買いを継続」という私が仲良くやっています。

    世界中でも、異なるポジションを取りながら何方も利益が上がるという現象は起きるのでこれは可能ですね。

    そして、それを許容するマーケットはつくづく素晴らしい。
    一つの思想や哲学だけが幸福に至る唯一の道ではないと言ってくれているようです。

    狭量ではマーケットで大きな成功は出来ないかもしせません。

      • NoN
      • 2021年 6月 28日

      スイングトレーダーとデイトレーダーでは見てる世界が違いますが、YuMasukiさんのコメントは、いつも、ひとつ外側の世界を垣間見れて楽しいです。

    • たぁた
    • 2021年 6月 30日

    迷晴れさん、いつもお世話になってます(*^-^*)

    ドル円、6月24日(木)、ブログに「ロンドン時間の戻りを耐え」とありましたが、Mネック前日始値付近を狙ってショートしたんですけど私は耐えられずに出ちゃいました(;^_^A
    迷晴れさん、流石ですね(*^-^*)
    いつも印刷したチャートにブログの内容を書き写して読み返しているんですが、思わずマーカー引いてしまいました。

    今日も練習がんばります(*^-^*)
    今回も動画をありがとうざいましたm(__)m

      • NoN
      • 2021年 6月 30日

      おつかれさまです!年初来高値111.0到達後だったので、正直、期待感がありました(^_-)-☆

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

神回バナー

サイト内検索

FX人気口座ランキング
海外FX口座の基礎知識
海外FX口座スペック比較

トレード効率化

オリジナルインジケーター販売所
オリジナル・インジケーター動画・記事まとめ
トレード効率化ラボ

特化型FX国内口座開設

短期売買特化型口座特集
MT4口座特集
システムトレード口座特集

学習ツールと投資関連書籍

フォレックステスター購入
フォレックステスター・導入ガイド
フォレックステスター・データ購入ガイド
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント

あなたの負けトレードを徹底解説!

迷晴れボックス

月別ページ

カテゴリー

シストレ24キャンペーン
FXPLUS
★☆検証ソフトForexTester5☆★¥16,000オフ・セールを見逃すな!!詳しくはこちら