FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を鍛えるサイト。

menu

迷晴れFX

【週ナビ#236】フィボナッチ・リトレースメント「9」の使い方

週刊チャートナビ(2019.05.27~2019.05.31)は、ドル円、ユーロドル、ユーロ円の主要三通貨ペアの一週間を振り返ったチャート考察です。

今週の視点

1時間足

4月4週陰線ハラミが5月の高安になりましたが、今週はこのハラミ中央からのスタート、正直、月曜日の段階では上か下かわかりません。

火曜日28日、天井への試しが弱かったことで、買いの弱さを感じましたが、それでもそうなるかわからないので、”期待”は禁物です。

今週、戻り売りで利を延ばせたとしても、次に同じような局面に出会ったとき、再現できるどうかなんてわかりません。

ドル円

4時間足に月足+週足ロウソク

今週の見通し

状況:

5月最終週。先週は、4月高値下降波半値戻り売りで約140ピプス下落、状況は、安値109.0を目指し、残り20ピプスに迫っている。今週は、109.0を更新するか、または、2番底で下げ止まってレンジになるかを注視したい。

TR上段㊤:5月高値

TR中段:先週高値から安値109.0

TR下段㊦:5月高値戻り売りN値108.0

売り手目線:安値109更新シナリオ。週明け現在、4時間マイナス1σの外側をバンドウォーク中、このままブレイクするか、3月安値で戻り売りされるか、109を更新すれば、次のサポート候補は日足のサポート108.5。

買い手目線:安値109で2番底形成のシナリオ。

今週の値動き:安値109切上げのフィボ9%で下げとまり底値形成。ここから反転する想定だったが、金曜東京時間、トランプ大統領のツイート砲で状況が一変。メキシコに対して5%の制裁関税賦課を表明し、リスク回避の円買い一辺倒になった。

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

今週の流れ(状況変化)

今週前半は、109.0サポートで2番底を形成。水・木曜に上昇し始めたので金曜は押し目買いと思いきや…トランプ砲で流れが崩された、

15分足に週足+日足+4時間足ロウソク

May.27 Mon. 米国休場

状況:安値109.0を目指しての戻り売り中。3月安値と109.0をトレーディングレンジとみる。

売り手目線:先週陰線戻り売りの続き。安値109まで20ピプスあるが、安値切上げになるかもしれない。突っ込み売りはリスクが高い。3月安値から売りたい。

買い手目線:109逆張り。下げ止まればショート利確狙いでロングを考える。

月曜日の値動き:米国休場ということもあって、約30ピプス戻しただけだった。矢印のように3月安値に届かず、かといって、青ネックラインも割らず、109.5周辺で波動が弱くなってしまったのでノートレード。

May.28 The.

状況:3月安値から109.5にかけての戻り売り候補に達している。

売り手目線:先週陰線戻り売り。前日終値ネックラインを下抜けば先週安値までショート。3月安値への上値試しスパイクに注意!

買い手目線:3月安値戻り目の崩れから110.0までロング。戻り売りされれば、先週安値から逆張り。

火曜日の値動き:欧州時間、ネックライン下抜けで赤1ショート、先週安値更でアウト、続いて、青1下ヒゲ確認後、戻り目までロング、NY初動、戻り高値緑1でショートを狙うも紫の動きでスルー。

May.29 Wed.

状況:前日終値は先週安値でサポート、109.0(現在5月安値)に対する切上げの2番底を疑う。

売り手目線:先週安値崩れで109.0までショート、下抜けば日足サポ108.5まで保有。

買い手目線:先週安値+1095月安値2番底反発で逆張り。

水曜日の値動き:東京時間、先週安値を15分足がブレイクしたがフォローが入らず高値更新してから、高値更新もできずに、25ピプスの”ツツミ”になる。

欧州初動、ツツミのなか、先週安値サポートの底堅さを確認して、青1下ヒゲをサインにロング、ツツミ上でアウト。

ツツミはハラミ(レンジ)に移行することが多く、次のエントリーポイントはブレイクアウトからの緑1になるが、訪れたのは深夜になってしまった。

May.30 Thu.

状況:先週安値での底堅い値動きに対し3月安値戻り売りの攻防。

売り手目線:先週安値の崩れ狙いだが、先週安値サポートや109.0へのスパイクの可能性もあるので注意。

買い手目線:先週安値2番底からの3月安値上抜け期待ロング。押し目候補は、1時間強者の安値から109.5にかけてのゾーン。

木曜日の値動き:東京時間、109.5で下げ止まって上昇し始めたが、3月安値までの値幅がなくて緑1ロングはスルー。

欧州初動、分足が3月安値をブレイク、しばらくモミ合ったあと青1ダマシ安値をサインにモミ合い上抜けでロング、急騰後にアウト。

May.31 Fri.

状況:先週安値での2番底形成から上昇して押し目をつけてる状況。前日コマ足陽線終値は3月安値でレジスタンス。

売り手目線:2番底からの買い転換が崩れれば売りを考える。1時間強者の値を割れた辺りから雲行きが怪しくなるが、109.0へのスパイクもあり得る。

買い手目線:先週安値2番底からの買い転換で押し目買い。候補は前日安値周辺だが、先週安値へのスパイクにも注意!

金曜日の値動き:トランプ大統領のツイート砲で状況が一変。メキシコに対して5%の制裁関税賦課を表明し、リスク回避の円買い一辺倒になった。

東京時間、朝から1時間足が強く下げ始めたのをみて異変を感じた。先週安値でスパイクする可能性もあるので様子見すると切下げた。そこで、1時間強者の安値裏を試した赤1でショート、そのまま、先週安値も109.0も下抜けたので、後はOCOで108.5まで利を延ばせた。

ユーロドル

4時間足に月足+週足ロウソク

今週の見通し

状況:先週に引き続き、4月4週150ピプスレンジ内、週足サポート反発でレンジ中央まで戻している。

TR上段㊤:4月高値

TR中段:先週安値・週足サポートから5月高値(4月4週陰線高安)

TR下段㊦:1.105

売り手目線:TR中段㊤レンジ上限ショート。TR中段レンジ内は1時間足で対応。

買い手目線:TR中段㊦レンジ下限ロング。TR中段レンジ内は1時間足で対応。

今週の値動き:ハラミのなかは指向性が弱く大きくは狙えない相場。先週高値から売られ始め週足サポートを試したが壁が厚かった。

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

今週の流れ(状況変化)

買い目線なら先週安値(ハラミ安値)からの上昇押し目買い、売り目線なら5月高値(ハラミ高値)戻り売り。どちらもあり得るのがハラミの真ん中。

値動きは、月曜日から5月高値戻り売りが先週安値を試す動きになったが、先週安値は週足サポートでもあるので下抜けずに、金曜日に今週下落の半分を戻して閉じた。

15分足に週足+日足+4時間足ロウソク

May.27 Mon. 米国休場

状況:ブルベアの力関係を、先週金曜曜高安(高値=先週高値、安値=3月安値)基準でみる。

売り手目線:金曜高値+先週高値+4時間切上げラインでレジスタンスされれば、3月安値+金曜安値目安にショート。

買い手目線:3月安値+金曜安値サポートから金曜高値目安にロング、

月曜日の値動き:東京時間、先週高値を試し、青ネックライン下抜きからの赤1ショートは、3月安値まで届かず金曜陽線の押し目が入ってきてしまった。

NY時間以降は米国休場のため天井への試しが起こらずノートレード。

スポンサーリンク

May.28 The.

状況:レンジ中央なので指向性が弱い。引きつづき、3月安値と先週高値のレンジでみる。先週金曜陽線がはらみ足になった。

売り手目線:先週高値天井部への2回目の試しからショート。

買い手目線:金曜陽線半値から前日高値まで押し目買い、3月安値への下値試しに注意。

火曜日の値動き:東京時間、金曜陽線押し目崩れで赤1ショート、3月安値までスッと下がらずにミニWボトムでアウト。

欧州初動から天井試しの上昇が開始、青1で押し目買いするも失速。

NY時間、天井を試す力がない、つまり”買い弱し”と判断して、3月安値下抜け期待で赤2ショート、抜けたので逆指値を入れて保有。

May.29 Wed.

状況:3月安値押し目が崩れ、先週安値からの上昇波半値押しの位置まで下がった。週足サポートでは、すでに2回反発しているので今のところ底値とみている。

売り手目線:前日陰線戻り売り。先週金曜陽線はらみ足ブレイク。下げの目安は先週安値から5.3安値のゾーン。

買い手目線:週足サポート2番底からの押し目買い。先週安値から5.3安値のゾーンで下げ止まればロング。ここから買われた上昇波は4月4週陰線高値を目指すかもしれない。

水曜日の値動き:欧州初動、3月安値プルバックからの切上げライン下抜けで赤1ショート、キリ番間際でモミ合ったが、NY時間に下抜けて5.3安値に到達。

May.30 Thu.

状況:底値から巻き返しを計る買い手と、先週安値ブレイク期待の売り手との戦い。

売り手目線:先週安値*週足サポート目前の安値圏、ここから突っ込んで売るのはリスク高そう。売るなら前日陰線1.115辺りまで戻してからにする。週安値を割れば50ピプス下までの下げが見込めるが可能性は薄い。

買い手目線:短期足が下げ止まれば、戻り目1.115辺りまでのあや戻しをロング。ただし、そこから、2回目の安値試しがあるので長く持てるポジションじゃない。

木曜日の値動き:戻り目候補1.115にも、先週安値にも届かなかったのでノートレード。

May.31 Fri.

状況:先週安値+週足サポートへの3回目の試しで底値形成中。

売り手目線:先週安値を割れば50ピプス下までショート。

買い手目線:昨日の底値ブロックを使ってロング、今週下降波の戻しを狙う。下値試しからの逆張りか、1.115からのプルバックを待って押し目買い。

金曜日の値動き:東京時間、底値への試し、ダマシ安値青1をサインにネック抜けてけの1波目をロング、1.115でアウト。

続いて、NY時間、ネックライン反発から3波目をロング、3月安値でアウト。ラッキーにも、この直後の急落を免れた。

ユーロ円

4時間足に月足+週足ロウソク

今週の見通し

状況:

先週終値は日足122.5でサポート。今のところ、先週安値を底とみる。

ドル円は安値圏にあるので買い転換すればユロ円にも影響が出るだろう。

TR上段㊤:窓埋めレート

TR中段:先週高安

TR下段㊦:121.5

売り手目線:日足サポ122.5ブレイクを含む先週安値更新シナリオ。

買い手目線:日足サポ122.5を含む先週安値からの買い転換シナリオ。

今週の値動き:木曜まではドル円の先週安値+ユロドルの先週安値で底堅い値動きになったが、一変、金曜の東京時間のトランプ砲で、リスク回避の円買いとなった。

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

今週の流れ(状況変化)

ユロ円単独でみれば、先週安値ブレイクから戻り売りすればいいチャートに見えるが、29日安値付近にはドル円の先週安値2番底、30日安値付近にはユロドルの週足サポートがあって、買われてもおかしくない状況だったのが、金曜日のトランプ砲で円買いムード一色になった。

15分足に週足+日足+4時間足ロウソク

May.27 Mon.

状況:日足サポ122.5の上にある。

売り手目線:日足サポ122.5ブレイクで先週安値までショート。

買い手目線:日足サポ122.5で底値をつくり試せば金曜高値までロング。

月曜日の値動き:東京時間、日足サポ122.5にできた底値を試した青1下ヒゲでロング、金曜高値アウト、NY時間は、米国休場でノートレード。

May.28 The.

状況:日足サポ122.5上でサポート中。

売り手目線:日足サポ122.5ブレイクで先週安値までショート。

買い手目線:日足サポ122.5で底値をつくり試せば金曜高値までロング。

火曜日の値動き:東京時間、日足サポ122.5での底値が崩れ下にブレイクしたので赤1で抜けの1波目をショートするも延びずに撤退。

欧州初動、日足サポ122.5へのプルバックから赤2でショート、先週安値に届く前に、ドル円+ユロドルのWサポートでアウト。

NY時間、日足サポート122.5へのプルバックから赤3モミ下抜けでショート、先週安値でOCOアウト。

May.29 Wed.

状況:前日終値は日足サポ122.5+先週安値122.0もブレイクした。

売り手目線:前日陰線戻り売り。

買い手目線:122.0で底値形成すれば日足サポート122.5までロング。

水曜日の値動き:東京時間、122.0にツツミ発生、欧州時間、このツツミを割ったが、すでにドル円主要サポート間際で緑1ショート見送り。ドル円・ユロドル共に下げ止まりポイントにあったが、先週安値へのプルバックは深夜になってしまいとれなかった。

May.30 Thu.

状況:ドル円、ユロドルともに安値圏にあるので、両通貨ペア共に買える状況になればユロ円も買っていく。

売り手目線:先週安値戻り売り。

買い手目線:先週安値付近の戻り売り崩れから日足サポート122.5までロング。

木曜日の値動き:先週安値付近前日高値で上げ止まったが122.0を割らずに売れる状況にならなかった。

May.31 Fri.

状況:先週安値から戻り売りが入りかけているが、ドル円、ユロドルは安値圏なので買い選好。

売り手目線:先週安値は戻り売り候補だが他2通貨次第。

買い手目線:先日高値上抜き返しからのロング。

金曜日の値動き:東京時間、トランプ大統領のツイート砲で状況が一変、リスク回避の円買い一辺倒になった。

東京時間、ドル円タイミングで赤1ショート、121.5を下抜け、欧州時間に入って下値が重くなったのでプルバックを警戒して一旦アウト。

NY時間、121.5プルバックからの赤2戻り売り、急落したので121.0でアウト。

今日の雑学

1,1,2,3,5,8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233, 377, 610, 987, 1597, 2584, 4181, 6765, 10946, 17711, 28657

自然を創り出している”フィボナッチ数列”の求め方はとても単純で、左2個分の数字を足し算するだけです。

一番右の”28657”を基準数として左の数字で割っていくと、なんか見たことあるような数値になりました。

17711/28657=0.618

10946/28657=0.381

6765/28657=0.236

4181/28657=0.145

2584/28657=0.09

これは”フィボナッチ・リトレースメント”の数値です。フィボナッチリトレースメントとは、基準数との離れ具合を見てるわけです。

4時間足

さて、今回ご紹介するのは”9%”という数値の使い方。

Wボトムの安値切上げ

Wトップの高値切下げ

よく注意して見ると、この”9%”になることがよくあって、1番底や1番天井の”ミニネックライン”で止まることが多いです。

今週は金曜日東京時間のトランプ砲で自然美が破壊されましたが、何事もなければ、おそらくこの”9%”が機能したことでしょう。

フォレックステスター4が間もなくリリースされます。

フォレックステスター4が間もなく発売されますが、これに先立ち、ただいま、フォレックステスター3ファイナルセール開催中です!

すぐ”4”が発売されるのに、今更なぜ”3”なのか?

実は、このファイナルセールで”3”を購入すると、”4”へ無料でアップデートできます。つまり、新機能を搭載したフォレックステスター4を150ドルも安く購入できるという寸法です。

フォレックステスターの購入を検討中の方は、この機会をお見逃しなく!

フォレックステスターのご購入はこちら

◆お断り◆
この動画は「学習」を目的に制作されたものです。個人の見解を過去のチャートから解説したものであり、未来を予想したり、利益を保証するものではありません。

記事へのレビューやご意見はコメント欄をご利用ください。コメントを「読者さまの声」としてブログや動画に掲載させていただくことがございます。

◆著作権について◆
当サイトは無料でご覧頂けますが、著作権は放棄しておりません。動画等のコンテンツを営利目的でお使い頂くことはできません。

詳細はご利用についてをご覧ください。



こちらの記事もあわせてご覧ください

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (18)

    • H
    • 2019年 6月 01日

    いつも素敵な動画をありがとうございました。金曜日、完全に上目線だったので「押し目こい!押し目こい」と念じる内に見事なナイアガラが完成していました汗。このショートが取れてたらなぁとも思いますが、日足クラスのラインをぶち抜いてくる相場は自分の力量ではまだ難しく感じるので、「機会損失した!」と考えるのではなく、「値ごろ感で逆張りして爆死しなくてよかった」、と考えるようにしました。自分が分かったのは、先週安値での攻防、M15上ヒゲ陰線からの押し目崩れで109円までのショートくらいでした。来週以降、またレンジ形成を待ってから仕切り直し、自分のトレードを続けていきたいと思います。

      • NoN
      • 2019年 6月 01日

      お疲れ様でございます!
      31日の朝イチで1時間足がグングン下げ始めたのを見て、押し目待ちしていたからこその”違和感”を感じました。
      押し目待ちの人が上から売るのはムリなので、ボクも入れたのは先週安値にできた15分足の上ヒゲからでした。

    • noa
    • 2019年 6月 01日

    いつも拝見させて頂いてます。今週は買う気満々でしたが、急落の原因はトランプ発言だったのですね。参考になりました。マヨ晴れ様と同じ様なところで買いましたが、利確せずにholdしてしまいました。H4で109.700を実体抜けしなかった時点で違和感を感じ、途中両建てもしましたが、買うバイアスが強過ぎて、ナンピンや動画でのspikeの辺りまで損切りを拡大してしまいました。売り視点や潔く負けると言うマイルールに反省する週となりました。大まかな視点は合っており、自信にはなったので前向きに頑張りたいと思います。要人発言には疎いですが…笑

      • NoN
      • 2019年 6月 02日

      ボクもニュースや要人発言には疎いですよ。マーケットがどう反応するかなんて、終わってみたいとわからない面もありますしね。気にしすぎると何もできなくなります(^_-)-☆

    • Tom
    • 2019年 6月 01日

    迷晴れ先生

    お世話になります。久しぶりにコメントさせていただきました。
    最近あまり負けることはなくなっておりましたが、今回は見事に振り回されてしました...

    東京市場時間に大きく動いていたので、違和感を感じてはいたのですが、
    109円付近でスパイクするだろうと安易な逆張りで損切。108.90付近のもみあい、108.70付近のもみあいでも1分足、5分足と普段見ない短期足をがんみ見てしまい、買い目線が外せずに基本的な切り下げラインブレイクだったり、Wボトムを待たずにエントリーなどなど勢いのある相場に溺れてしまいました。
    結果5回ほどエントリーし、-13Pipsの損で終わっておりすが、

    目線を売りに変更できたら、素直に売ってたらとまだまだ未熟な自分に気づかされました~。

    普段兼業なので、自分の土俵はNY市場の夜9~12時くらいなので、日中はトレードしないのですが、お昼休憩時にチャートをチェックして異変に気付いたのが良かったのか悪かったのか・・

    勢いのある相場の時にどうするか?の自分のルールの再構築したいと思います。
    なんかそわそわする気持ちもよくないかもしれませんね。

    とにもかくにもトランプさんのツイッターは相変わらず攻撃力がありますね~。

      • NoN
      • 2019年 6月 02日

      スパイクを期待して敗けるなんて、ある意味、迷晴れユーザーらしいですね(^_-)-☆
      これを機会に逆張りルールをつくるといいかもしれません。

    • 猫チャギラ
    • 2019年 6月 01日

    いつもご教授頂きありがとうございます。5/31(金)はいつもの如くまたバカな負けを何度もしてしまいました。まずドル円ですがトランプ発言の少し前にロングしてしまいました。理由は前日の上げに対して109.600付近まで押されて止まってる感があり、ニューヨークの株式も上げて終わったことや、月末需給のドル買いが入り安いこと、更にはこの日のNYオプションが111.000に大きめであったこと等を勘案して早めにロングしました。トランプ発言はスマホで確認してましたが、すぐに急落しなかったのでやはり買い圧力が強いと判断し売りが一巡するのを待つまで耐えようとして頑張り過ぎた結果、マイナス40pipsの大負けとなってしまいました。やってしまってから気付いたのでは遅いのですが、相場に絶対はないのでどんなに買われる条件が揃っていてもそうならない時がありますし、むしろ買いの条件が沢山あるのに下に動いた時点で「あれ?」と思わないといけませんね!とりあえず浅いうちに一旦損切って様子を見るべきでした。更に日付が変わったニューヨーク時間にもポン円をショートしてしまいました。十分下げていることは分かっていたのですが、ドル円の戻りが弱いことや、ポン円が再び下げ始めたのでまだ下を掘ると判断し結構枚数を上げてショートしてしまいました。結果は40pipsを越える大負けで散々な週末となりました。ポンドのプルバックは大きいので少し待とうと思ったのが悪かったようです。NYオプションでドル円下値のカット108.500に届かったことやニューヨーク株式が下げ止まって買い戻されてること、そしてポン円も下げの勢いが弱まってること等を考えるればロングは即刻撤退すべきでした。どちらの負けも逃げが遅過ぎですね!おかしいと思ったら即逃げる、そうした逃げ上手のテクニックも今後絶対に必要になると感じてます。

      • NoN
      • 2019年 6月 02日

      むしろ買いの条件が沢山あるのに下に動いた時点で「あれ?」と思わないといけませんね!
      この違和感、思い込みを外して、この違和感を客観視できるかどうかがカギになりますね。

    • 猫チャギラ
    • 2019年 6月 01日

    訂正です。ニューヨーク時間のロングは即刻撤退と書きましたが、正しくはショートは即刻撤退です、すみません!

    • 村崎色武
    • 2019年 6月 03日

    お疲れさまです。
    金曜日はもう下げ目線でした。
    2017年5月の最終金曜日もそうでしたし
    6月の株主総会で決算書を出すために
    海外に子会社のある企業が連結決算するために
    手持ちドルを円換金するからだろうって勝手に思ってます。
    エントリーを発表する会の主が、
    いつもならある場所へ金曜日に行くのに木曜日に変えているのもそのアノマリーを意識していると思いました。
    今月からまた個別にエントリー報告になったのですが、エントリーできない条件反射が治るかどうかです。

      • NoN
      • 2019年 6月 04日

      お疲れ様でございます。知りませんでした…そういったアノマリーがあるんですね。

        • 村崎色武
        • 2019年 6月 04日

        国際会計基準とか、日商簿記1級の出題範囲、海外子会社のある連結決算書作成だったか。
        おそらく、お抱えの税理士さんが詳しいのではないでしょうか。

    • ている
    • 2019年 6月 04日

    悩ましい。
    FT4が出てしまうというのに、まだFT2を使い続けています。
    FT2で使えるインジがFT3で動くかどうかわからないことが理由。4になったらもっとわからないですね。
    値段的には3に乗り換えればいいんだけど・・・・
    始めなければ、何も変わらない・・・

    近くの公園のユリが満開になっています。
    土日は人だらけですが、平日にゆっくり花を見たり、写真を撮ったりしています。公園まではお散歩をしているのですが、最近腰痛で動けず。今日は腰にベルトを巻いて(というか巻かされて)ちょっとだけ歩いてきました。
    でも痛い。。。。
    歳は取りたくないですねえ~(ー。ー)フゥ

      • NoN
      • 2019年 6月 04日

      MT4とMT5もプログラムが違っていて難儀します。ちなみに今度のFT4はMT4のインジを使えるらしいです。これは朗報ですね(^_-)-☆

      ユリのシーズンですね。数年前に荘川にササユリを見に行きました。あの辺は温泉のお湯もいいですよ。白水湖の露天風呂がオススメです。

        • ている
        • 2019年 6月 04日

        思わず、荘川、ササユリで検索してしまいました(笑)
        6月下旬が見ごろのようですね。
        白水湖の露天風呂・・・・。結構、奥ですねぇ~。(^^)
        ・・・・
        モチベーション下がり気味だったので、ありがとうございました(・_・)/

          • NoN
          • 2019年 6月 05日

          大白川露天風呂は、結構奥で、6月上旬まで冬季閉鎖されます。毎年行ってましたが、源泉かけ流しでいいお湯ですよ~。山小屋があって、昔は、そこの人が管理されてましたが、今は、体制が変わったようです。

    • すがやん
    • 2019年 6月 04日

    いつも更新ありがとうございます。

    先週キレイに戻り売りの波が出来つつあった割には、底堅いなぁ…と思っていましたが、トランプ発言で急落しましたね。
    以前であれば、ここで「ん?おかしい」と思う事も出来なかったですが
    「おや?」と思い、ザっとニュースを見ていると、トランプ発言。あーこれか、と納得できました。
    ファンダでの異変を感じ、すぐに原因を推察できるようになったのも、地道に迷晴記事で学び自分で考えチャートを見る練習をしてきたからだと思います。

    また、今週下限を108.5辺りで見ていて(年明け後の上昇波を見て、次のサポートになりそうだったため)
    その間に注目すべきプライスはないので、グンと下げるか?でもそこまで一気には落ちないか…でも止まりそうな所もないし…

    と金曜午前は急落のイメージでフワフワ考えていましたが、結局イメージに近い形となりました。
    予定があり、実際のトレードはできませんでしたが、自分のイメージでトレードしていれば利を伸ばせた場面です。
    今はまだFT3での検証と、毎日チャートの見立てと結果の照合から分析。という練習メインの段階ですが
    自分なりに根拠を持ってチャートを見る事で、見る目を養い自信を付けるだけでなく、「根拠のない不安」を打ち消す事にも繋がると、新たな発見ができました。(今回であれば、そんな急落はしなそう…という不安)

    来週から語学留学で英語学習メインになりますが、引き続き少しFXの学習もコツコツしていく予定です。
    今後も勉強させて頂きます。いつもありがとうございます。

      • NoN
      • 2019年 6月 04日

      今の時代、語学必須ですもんね。ボクは密かに心理学を勉強中ですが、全く記憶に残りません(^_-)-☆

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内検索

FX人気口座ランキング
短期売買特化型口座特集
MT4口座特集
システムトレード口座特集

学習ツールと投資関連書籍

フォレックステスター購入
フォレックステスター・導入ガイド
フォレックステスター有料データ購入ガイド
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント

あなたの負けトレードを徹底解説!

迷晴れボックス
海外FX口座の基礎知識
海外FX口座スペック比較

月別ページ

カテゴリー

シストレ24キャンペーン
FXPLUS