FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を鍛えるサイト。

menu

迷晴れFX

【週ナビ#215】何か起こることはわかっても、何が起こるかわからない。

週刊チャートナビ(2018.12.17~2018.12.21)は、ドル円、ユーロドル、ユーロ円の主要三通貨ペアの一週間を振り返ったチャート考察です。

今週の視点

4時間足に月足+週足ロウソク

今週は、米国株下落の影響でリスク回避の円買いとなり、11月安値をブレイク、”E値”を達成した。先週、三角持ち合い㊦(日足トレンドライン)で”フェイク”が入っにもカカワラズ、高値を切り下げたので、11月安値を割りやすい状況ではあったが、ファンダメンタルの材料が出なければ、どうなったかわからなかった。レンジブレイクからの”E値”については動画リンクは最後に記載しておく。

1時間足に週足+日足ロウソク

11月安値Wボトムを完成させた”1時間足強者の安値”が分水嶺とみていた。これを割れば、Wボトムそのものが崩れやすくなると解釈。三角持ち合い㊤を試してダメだったこともあり、11月安値を下抜けていった。

1時間足に週足+日足ロウソク

金曜急落始点を分水嶺とみていて、これを上抜き返せば、1.130今年最安値を巡る戦いに終止符が打たれると解釈した。これを上抜くことで上昇トレンドが生まれ、11月高値を目指す新たなムーブメントが起った。

予想通りになろうが、なるまいが、そこに何の意味もない。

ただ、何かアクションが起こりそうなプライスはわかるし、そこが分水嶺となれば”流れ”が変わる。

その値段さえわかれば、安心してトレードできる。この安心感が何よりも大事だ。

逆に、それ以上の確かさを求めても、過ぎたるは及ばざるがごとしで、心がブレるだけだ。

相場は不確実な世界、何が起こるかはわからない、確実なんて幻想。

何を以って納得するか、その妥協ラインを、自分の答えとするしかない。

ドル円

4時間足に月足+週足ロウソク

今週の見通し

10月安値から11月安値へ切上げているが、同時に高値も切り下げている。

先週は三角持ち合い㊦(日足トレンドライン)ブレイクが”フェイク”になって、三角持ち合い㊤を目指したが、先週終値は、先々週高値を越えられずにクローズ。

11月安値の”フェイク”が、今週どう効いてくるかに注意したい。水曜深夜にFOMCがある。

ハラミ:11月高安のハラミでみる。

下げの目安:三角持ち合い㊤周辺で上げ止まれば、再び、三角持ち合い㊦=日足トレンドラインを目指し、抜ければ11月安値まで。

上げの目安:このまま上昇の流れで三角持ち合い㊤+114.0を上抜けば、10月高値=114.5まで。

今週の値動き:米国株下落の影響から早々に売られた。11月安値は、三角持ち合い㊦の”直近安値”になっていたが、これも下抜き、それまでのブルベア攻防に決着がついたことで、”E値”まで一気に下がった。

1時間足に週足+日足ロウソク 今週の流れ


Dec.17.Mon.先週高値を試して売られ80ピプス下落。
Dec.18.The.さらに戻り売り、1時間足強者の安値+先週始値をブレイクして50ピプス下落、11月安値に到達。
Dec.19.Wed.FOMCで1時間足強者の安値+先週始値を買い手が抜き返そうとするもレジスタンス。
Dec.20.Thu.FOMC高値+1時間足強者の安値+先週始値を試して売られ、11月安値をブレイク、180ピプス下落。
Dec.21.Fri.木曜急落の時間調整日になった。

15分足に日足+4時間足ロウソク

Dec.17 Mon.

流れ:先週は三角持ち合い㊤手前で、前週の高値を越えられずにWトップ、先週金曜日足終値は、1時間足上昇CH㊦でサポート。先週高値を”上げ止まり”とみる人もいれば、11月安値フェイクを根拠に買う人もいるだろう。先週高値Wトップを巡る攻防に注意したい。

売り手の目線:Wトップを下から試せば売られるが、まだ、買い手があきらめなければ、戻り売り失敗になる。

買い手の目線:1時間足押し安値を割るまでは買い手もあきらめないだろう。Wトップからの戻り売りが崩れれば、三角持ち合い㊤+114.0まで買える。

月曜日の値動き:売り転換失敗で先週高値のWトップを崩す動きも考慮したが、東京時間にできた113.5Wトップから、スンナリ戻り売りされ、次のサポート候補である、1時間足強者の安値+先週始値を目指し70ピプスの下落。

買い手の巻き返しを警戒して、欧州初動に安値のキリアゲがないことを確認して、赤1の小競り合い下抜けでショート、NY時間、懸念していた1時間足押し安値や三角持ち合い㊦+113.0もスリ抜けた。

Dec.18 The.

流れ:昨日は、もう少し買い手が抵抗するかと思っていたが、先週高値Wトップからスンナリ戻り売りされ、70ピプスの下落。先週高値売りと、11月安値Wボトムの戦いという様相。

売り手の目線:下降トレンド中、1時間足強者の安値+先週始値を割れば、11月安値まで売り。

買い手の目線:11月安値にできたWボトムのネックラインをブレイクさせた1時間足強者の安値+先週始値で下げ止まれば、前日70ピプス陰線の半値戻しを狙う。

火曜日の値動き:東京時間、1時間足強者の安値を下にブレイク、欧州初動の戻りを待って赤1でショート、11月安値でアウト。

 Dec.19 Wed. FOMC

流れ:昨日は、11月安値に到達、先々週から高値を切り下げ、11月安値のWボトムを成功させた1時間足強者の安値も下抜いているので、このまま下抜ける可能性もでてきた。

売り手の目線:月火連続陰線の戻り売り、ひとまず、11月安値まで、下抜ければ保有。現状、112.5での揉み合いの決着を待って決める。

買い手の目線:月火連続陰線の半値から113.0までの”戻し”を買う。一旦、11月安値まで戻り売りされれば、底から買い。

水曜日の値動き:東京序盤、11月安値まで急落、下ヒゲを出し下げ止まったところを”スパイク”とみて、青1逆張りロング、1時間足強者の安値でアウト。その後は、FOMCまで動かなかった。11月安値での短期足買い転換もなく、1時間足強者の安値を上に抜き返す動きにもならなかった。

Dec.20 Thu.

流れ:11月安値を1時間足以下は深夜にブレイクしたが、4時間足以上は実体で抜けられずFOMCで吹き上げた。現状、1時間足強者の安値+先週始値で頭を押さえられている。

売り手の目線:上にも下にも行けずに中途半端な位置。11月安値買いと1時間足強者の安値の売りで揉みそう。

買い手の目線:1時間足強者の安値を抜き返すか、再度、11月安値を試せば買いやすくなる。

木曜日の値動き:米国株下落の影響を受けリスク回避の円買いとなった。

東京時間、前日高値+1時間足強者の安値から売られ始めたが、前日黄安値ブレイクが”フェイク”になる可能性+11月安値+FOMC安値のサポートを警戒して売れなかった。緑〇部分でもう少し競り合ってくれればFOMC安値抜けで売れた。

東京終盤、紫4時間足が11月安値をブレイク、下抜けた11月安値への戻しを待ったが1波目は見送った。

NY初動、日足ライン1がレジスタンスになったのを、赤1の反発で確認してショート、111.5を下抜けたので、日足ライン2(8月終値)でアウト。

Dec.21 Fri.

流れ:前日は170ピプスの陰線、11月安値を抜けたことで、買いポジの損切りも巻き込み急落した。11月高安レンジ180ピプスの”E値”を使い果たしてしまった感もある。4時間足SMA21を始点に下落しているので、後々、機能するかも。

売り手の目線:前日陰線の半値戻しなら日足ライン1、今週陰線半値戻しなら、11月安値、この辺りが主要な戻り売り候補になる。さらに4時間足SMA21が条件として加われば売られやすくなる。

買い手の目線:日足ライン2(8月終値)を試して下がらなければ、とりあえず、途中のキリ番に注意しつつ、日足ライン1の戻り売り候補まで買い。

金曜日の値動き:東京時間、8月終値サポートから前日陰線半値戻しまで青1でロングするの111.5キリ番に阻まれアウト。欧州初動、赤1の押し目崩れでショートしたが、8月終値で支えられたのでアウト。4時間足SMA21+4時間足トレンドラインのランデブーまで待ち合わせヨコヨコとなるか。

ユーロドル

4時間足に月足+週足ロウソク

今週の見通し

先週、金曜日、欧州経済指標絡みでユーロが売られたが、先週足終値は、4時間足強者の安値で支えられ、1.130今年最安値+11月終値の上で閉じている。1.130は日足終値以上では下抜けていない。

ハラミ:11月高安のハラミ。1.130今年最安値を巡りブルベア攻防中。

下げの目安:先週安値=4時間足強者の安値の支えが破られれば、次の目安は11月安値だが、そうなれば、1.130ブレイクへの確信は強くなる。

スポンサーリンク

上げの目安:先週安値=4時間足強者の安値で支えられれば、11月高値まで。先週金曜急落始点を上抜き返せば、1.130を巡るブルベア攻防に決着がつきそうだ。

今週の値動き:欧州経済指標の結果が悪くユーロが強く売られた”金曜急落始点”、この分水嶺を上抜き返したことで、1.130今年最安値サポートの確信が強まって、210ピプス上昇。

1時間足に週足+日足ロウソク 今週の流れ

Dec.17.Mon.1.130サポートから、先週安値を試すことなく、金曜急落始点まで60ピプス上昇。
Dec.18.The.金曜急落始点を上抜き返した。これにより、1.130を巡るブルベア攻防に買い手が勝利。
Dec.19.Wed.押し目買いで80ピプス上昇。
Dec.20.Thu.押し目買いで120ピプス上昇。上げの目安とした11月高値にほぼ到達。
Dec.21.Fri.上げの目安に到達後、今週の上昇利益確定もあって100ピプス下げ、金曜急落始点でクローズ。

15分足に日足+4時間足ロウソク

Dec.17 Mon.

流れ:4時間足強者の安値に支えられ、先週足終値は1.130上で閉じている。

売り手の目線:先週終値を下から試したのち、先週安値まで、金曜急落からの戻り売りを仕掛けてくるだろう。

買い手の目線:現状から金曜陰線高値までV字回復する可能性もあるが、仮に、先週安値まで売られても、1.130サポートを根拠にする人が多ければ下抜けにくい。

月曜日の値動き:先週安値への試しを警戒して、1時間足下降CH1のブレイクを待つ。欧州初動のブレイク後プルバックしなかったので、次の4時間足切り替えで青1ロング、金曜急落始点の手前1.135でヒゲを出したのでアウト。

Dec.18 The.

流れ:金曜急落始点まで上昇。ここで暫く揉み合いそう。1時間足下降CH2を引く。

売り手の目線:金曜急落始点で上げ止まれば一旦売られるが、もはや、1.130を破る力はないだろう。

買い手の目線:金曜急落始点を上抜けば、1.145まで狙える。

火曜日の値動き:東京時間、1時間足下降CH2㊤をブレイクしたが、黄〇ロングに注意!直近高値=金曜陰線始点という強いレジスタンスがあった。

欧州時間、下値を試してから東京Wトップが崩れた青1でロング、ここで買えなければ、金曜陰線始点をブレイクしてからでもいい。1.140でアウト。

 Dec.19 Wed. FOMC

流れ:昨日は1.140から強く売られたが、金曜陰線始点を上抜き返した事実に変わりはなく買い選好でいく。

売り手の目線:金曜陰線始点を上抜き返した1時間足強者の安値を割れば、昨日の物語がドンデン返しする。

買い手の目線:4時間足上昇CH㊦+1.135サポートで押し目買い、1.140を上抜けば、1.145まで保有。

水曜日の値動き:東京時間、1.135の下からは買えなかったので、欧州初動スパイクを待ったが不発、買うにしても中途半端な位置まで上昇しているので、1.140高値ブレイクを待つ。

NY時間、1.140Wトップ崩れから青1でロング、上げの目安だった、1.145手前の先週高値でアウト。FOMCはノートレードだった。

Dec.20 Thu.

流れ:昨夜はFOMCで急落したが、金曜急落始点でサポートされているので買い目線のまま。

売り手の目線:金曜急落始点を下抜き返せば(1時間足強者の安値もアリ)売りを考え始める。あるいは、前日高値まで上昇すれば売りを考える。

買い手の目線:金曜急落始点裏+前日安値を試しに下がってくれば、前日高値試しを狙って押し目買い。

木曜日の値動き:東京終盤、前日安値を試すことなく赤ネックラインを上抜けた。このとき左側に壁がなかったので青1でロング、先週高値を上抜けたところでアウト。

NY時間、先週高値でのレジサポ転換(押し目)が崩れた赤1で押し目候補までのショート。

Dec.21 Fri.

流れ:昨日は押し目買いで110ピプスの陽線。上げの目安とした11月高値にほぼ到達。1時間足上昇CH1を引く。

売り手の目線:11月高値にほぼ到達している。金曜日ということもあり高値圏での達成感から、利益確定で売られ始めるかもしれないが、現状は上昇トレンド中なので、1時間足上昇CHを割るまで、本格的な売りないだろう。前日高値を試して逆張りできそうなら挑戦してみる。

買い手の目線:1時間足CH1内で上昇トレンドが続いてるので、1時間足上昇CH1㊦周辺まで下げれば押し目買い。ただし、この押し目買いが11月高値を上抜く期待はしない。

金曜日の値動き:東京時間に3回目の上値を試し、反転した欧州初動で赤1ショート、1時間足上昇CH1㊦をブレイク。プルバックを警戒したが、下抜けたので保有、20日の4時間足大陽線始値でアウト。

ユーロ円

4時間足に月足+週足ロウソク

今週の見通し

先週に引き続き、11月高値と10月安値ハラミのなか、180ピプスの子ハラミを抜くまで方向感なし。

今週の値動き:週後半になって子ハラミ㊦をブレイク。10月安値を週足終値が更新。

1時間足に週足+日足ロウソク

子ハラミの下半分で浮動していて方向感なかったが、20日木曜に子ハラミ㊦を日足終値がブレイク、金曜の戻り売りが10月安値を捉えた。

15分足に日足+4時間足ロウソク

Dec.17 Mon.

USDJPY:欧州時間から80ピプスの戻り売り。

EURUSD:1.130今年最安値に支えられ、欧州時間から50ピプス上昇。NY始めで頭打ち。

月曜日の値動き:NY時間、下降フラッグ下抜けの赤1でショート、128.0でアウト。

Dec.18 The.

USDJPY:欧州時間から戻り売り、その後、11月安値さサポートされて、NY時間に買われる。

EURUSD:金曜急落始点を上抜き返し、欧州時間から買われ始め60ピプス上昇。

火曜日の値動き:欧州時間以降、逆相関になり、NY時間手前にユロドルは目標に達したのでノートレード。

Dec.19 Wed.

USDJPY:東京時間に11月安値まで売られNY時間まで横這い。NY時間に1時間足レベルで下抜いたがFOMCで吹き上げた。

EURUSD:1.140でもみ合ってから、上げの目安とした4時間足レジスタンスに到達。

水曜日の値動き:ドル円は11月安値での値動きを気にしていた。ユロドルは、1.140で揉み合ってしまったので、東京時間の青1のスキャルのみ。FOMCを待てば、ユロドルの先週高値+ドル円1時間足強者の安値裏が良いショートポイントだったと思う。

Dec.20 Thu.

USDJPY:米株価下落を受け東京時間からずっと円買い。

EURUSD:押し目買いで上昇。ほぼ11月高値に達してから押し目をつくりに下がり始めた。

木曜日の値動き:ドル円は円買いで下落、ユロドルは金曜急落始点を上抜き返してから上昇していて逆相関していたので、スキャルの日。

Dec.21 Fri.

流れ:20日木曜陰線終値が子ハラミ㊦を割った。

USDJPY:前日急落でエネルギーを使い果たしてヨコヨコ移動。

EURUSD:目標値だった11月高値にほぼ到達したことで、利益確定の売りが入ったせいか、欧州時間から大きく下げた。

金曜日の値動き:上値の子ハラミ㊦を試したところは、ユロドル3回目の上値試し位置もあるので、赤1でショート、ユロドル・タイミングでアウト。

モノローグ

今年も一年間お世話になりました。

2018年の週刊チャートナビは、今回が最後回です。

この週ナビ動画をつくるのに、金曜から準備して、土曜は早朝から、ほぼ丸一日かけて制作しています。

このチャンネルを始めた頃よりボリュームがかなり増していて、一度でも更新をやめてしまうと、そのまま億劫になってしまいそうなレベルです(笑)

この週ナビは、過去の値動きから、未来を学ぶことがテーマです。

ボクの解釈から、何らかのヒントや気づきを得ている方が結構いらっしゃるようです。

相場の解釈に絶対正解はないので、ボクの解釈と違っていたとしても、そこに自分なりの理由があれば、それはそれで正解なので、その辺を理解して、来年も活用していただければ嬉しいです。

相場の世界で生き残るための知恵は、すべて、チャートから得ることができ、チャートこそが最高の教材です。

しかもタダ!

たまに、過去の値動きを後付けで解釈しても意味がないという方がいらっしゃいます。

言いたいことは何となくわかりますが、後付けにもいろいろあります。週ナビでは、起こらなかった、複数の未来を想定しながら解説しています。

そもそも、過去から学ばずして、未来に橋をかけることなどできません。

大切なのは、過去から学び、今、自信をもって行動できる自分になることではないでしょうか。

その結果、予想通りになろうが、なるまいが、そんなことは、どうでもいいんです。

なぜなら、未来は常に変化して、無限のパターンが存在するからです。

アルベルト・アインシュタインの名言です。

「過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望をもつ。」

来年は1月第2周から、週ナビを再開しようと思ってます。来年も、共に探求の旅を続けましょう。

◆お断り◆
この動画は「学習」を目的に制作されたものです。個人の見解を過去のチャートから解説したものであり、未来を予想したり、利益を保証するものではありません。

記事へのレビューやご意見はコメント欄をご利用ください。コメントを「読者さまの声」としてブログや動画に掲載させていただくことがございます。

◆著作権について◆
当サイトは無料でご覧頂けますが、著作権は放棄しておりません。動画等のコンテンツを営利目的でお使い頂くことはできません。

詳細はご利用についてをご覧ください。



こちらの記事もあわせてご覧ください

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (26)

    • shimi
    • 2018年 12月 22日

    今年 1年ありがとうございました

    とてもお世話になった年でした いまだになかなかかてていませんが 

    ダメなところはわかりつつあります

    勝つと調子にのって トレードが雑になり 取り戻そうして 無理なトレードをしている

    自分にあまいので 成長がおそいです

    1年間 週2回 欠かさず UPしていることに 頭がさがります 

    僕もきちんとマイルールを守ればいいだけなのに 

    毎年今年こそと思いつつ 慣れてくると 日記もやめて 早起きもせず 

    感だけのトレード戻っています

    3歩進んで 2歩下がってますが

    来年の目標はせめて

    「3歩進んで1歩さがる」

    でいきたいと思います

    ことしもお世話になりました

    ご自愛くださいませ。

      • NoN
      • 2018年 12月 23日

      3歩進んで1歩下がる。
      名言ですね~。来年は是非それでいきましょ~!

    • 猫チャギラ
    • 2018年 12月 22日

    いつもご教授頂きありがとうございます。「相場の世界で生き残るための知恵は、すべてチャートから得ることができ、チャートこそが最高の教材です。」の一説は胸につき刺さりました。もうそれしかありません。それと前回もコメントしました自分の決めたルールを守ってぶれないことです。そのためには自分用のトレードマニュアルが必要と考えました。そんなにたくさんのものでなく、このコメント欄に書ける位の簡単なものでいいと思います。今年の週間チャートナビは今日で終わりですが、クリスマスに今年最後の動画を上げられると思いますので、そのコメント欄にちゃんと書けるように要点を絞って簡潔にまとめておきます。ただ一つ今書けることがあります。ラジオ、テレビの経済ニュースは今後一切見ないことにします。マヨハレ先生の動画でもニュースやファンダメンタルズは捨てると解説されてるものがありましたが、それを捨てなければどうなるかがわかりませんでした。散々振回され痛い目に遭わされた挙げ句、チャートを見る上で邪魔になるだけだとようやく気付きました。愚者は経験からのみ学び、賢者は知識からも学ぶという一説がありますが、今さらこんなことに気付く私は本当に愚者の極みですね!スマホのイベント欄でfomc、ecb等の重要なものだけチェックし、後は普通のニュースやワイドショーから自然に入るものだけに留めて、専門番組やファンダメンタルズはキッパリ捨てます。

      • NoN
      • 2018年 12月 23日

      色々遠回りしたからこそ、”シンプル”の凄さが深く理解できるというものです(^_-)-☆来年はきっと、そうなりますよ!

    • ティルク
    • 2018年 12月 22日

    マヨさん

    今年、一年ご苦労様でした。

    週間チャート分析~チャートナビ、昔から比べると進化してますよね。
    直近では、日々のトレードシナリオまで加えてますよね。
    これって、凄く参考になると思います。
    想定しているシナリオにならなければ、エントリーを控える。無理にエントリーをしない。
    または、シナリオを組み立てなおす。

    それをする事で、トレード回数も減りますし資金も減らす事を避ける事が出来ます。
    これが一番大事。「まずは生き残れ!儲けるのはそれからだ!」

    僕の場合は、システム開発(無線技術)をしてたこともあり(アメリカドラマ、「24」CTU内の電話機の会社です。)
    トレードのシナリオ作りに苦労をしなかったような気がします。
    ダウ理論と水平線を、システム開発の基本設計に。エントリーは、単体設計に。
    あとは、パスを通す。この間には、詳細設計もありますけど。

    COBOLも書いた事がありますよ~。ホストコンピューター(汎用機)ですね。懐かしいです。

    話は変わりますが、質問があります。
    テクニカルの質問は、始めてかも。

    17日月曜日のEURUSD水色①ロングエントリーの箇所ですが、僕もエントリーしてます。
    僕の鉄板エントリー箇所です。
    その場合の損切りポイントは、僕の場合は1時間足で見える切り上げた安値に置くのですが(15pips未満)
    マヨさんは、どの辺りに損切りポイント設定してますか?

    参考までに宜しくお願いします。

      • NoN
      • 2018年 12月 23日

      久々に懐かしい方からのコメント…嬉しいです!SG1また観たくなりました。

      1時間足下降CHへのプルバックがないことを確認してますが、もし、逆行すれば、CHをブレイクさせた安値の下です。

      「まずは生き残れ!儲けるのはそれからだ!」映画の台詞みたいで恰好イイ!!!

    • ティルク
    • 2018年 12月 22日

    マヨさん

    今年、一年ご苦労様でした。

    週間チャート分析~チャートナビ、昔から比べると進化してますよね。
    直近では、日々のトレードシナリオまで加えてますよね。
    これって、凄く参考になると思います。
    想定しているシナリオにならなければ、エントリーを控える。無理にエントリーをしない。
    または、シナリオを組み立てなおす。

    それをする事で、トレード回数も減りますし資金も減らす事を避ける事が出来ます。
    これが一番大事。「まずは生き残れ!儲けるのはそれからだ!」

    僕の場合は、システム開発(無線技術)をしてたこともあり(アメリカドラマ、「24」のロサンゼルス局内の電話機の会社です。)
    トレードのシナリオ作りに苦労をしなかったような気がします。
    ダウ理論と水平線を、システム開発の基本設計に。エントリーは、単体設計に。
    あとは、パスを通す。この間には、詳細設計もありますけど。

    COBOLも書いた事がありますよ~。ホストコンピューター(汎用機)ですね。懐かしいです。

    話は変わりますが、質問があります。
    テクニカルの質問は、始めてかも。

    17日月曜日のユーロドル水色①ロングエントリーの箇所ですが、僕もエントリーしてます。
    僕の鉄板エントリー箇所です。
    その場合の損切りポイントは、僕の場合は1時間足で見える切り上げた安値に置くのですが(15ピプス未満)
    マヨさんは、どの辺りに損切りポイント設定してますか?

    参考までに宜しくお願いします。

      • ティルク
      • 2018年 12月 22日

      ダブって投稿してしまいました。
      無視して下さ~い m(_ _)m

    • やまだ
    • 2018年 12月 22日

    マヨ晴れさん。こんばんは
    本日、今年最後の動画を見終わりました。今年も1年間ありがとうございました!
    来年もよろしくお願い致します。週ナビに関しては金曜から準備して
    土曜日の早朝から動画編集作業されてるとのこと(ゆっくり休みたいところ恐縮です)
    大変感謝しております。来年もマヨ晴れさんの動画を見て探求させていただきたいと
    思います。マヨ晴れさんの動画のおかげで大きく負けることが減っていったので
    なんとか来年はさらにスキルアップしてトレードの精度を高めたいと考えています。
    トレーダーは孤独ですのでこういったブログと動画を週に2本も更新し続けていただけることは
    励みになります。ありがとうございました!良いお年をお迎えください。

      • NoN
      • 2018年 12月 23日

      大きく負けなくなったのは、良い傾向ですね(^_-)-☆来年も一緒に精進しましょう!

    • tanikoro
    • 2018年 12月 23日

    動画アワードでもコメントさせていたきましたが、
    週ナビの解説がバージョンアップされ、1日単位でのシナリオの立て方やその後の動きがとても参考になります。
    この日は迷晴れさんと同じ考えだったんだな、この日はそう考えるべきだったのか、と
    とても多くのことに気付かされています。
    動画作成は物凄く大変だと思いますが、無理のない範囲で来年も継続していただけると
    本当にありがたいです。

    まだ結果が出ず滑走路内をうろちょろしておりますが、
    来年は大空に向けて飛び立つ助走、離陸できるな大切な1年にして、
    東京オリンピックの時には大空で安定飛行できるようになりたいなと思っています。

    今年も1年間本当にお世話になりました。
    来年もよろしくお願いいたします。

      • NoN
      • 2018年 12月 23日

      一年間、ご視聴有難うございました。来年も、自分の持てる最高のものをお伝えしていきます。

    • toshi
    • 2018年 12月 23日

    マヨ晴れ先生、一年間ありがとうございました。
    今年は先生の動画を何度も繰り返しみて勉強した毎日でした。
    相場の値動きの同じプライスは2度試し、上がらなければ下がる、下がらなければ上がる、値動きを予測は立てても、予測でエントリーはしない、どっちにも付いていけるような心構えでいるの意味が少しずつわかってきました。また、先生の動画のあとの雑談も大好きで、音楽も素敵なので感動して涙目になることもしばしばありました。また、過去動画でその時歴史が動いたに似せて作った動画は笑いました。また、長野に住んでいるのですが、駒ヶ根の蕎麦屋は知らなかったです。この前行ってきたのですが美味しかったです。あと、養命酒の博物館も行きました。
    また、今年は先生にマヨ晴れボックスに採用していただき、大変勉強になりました。あの動画の中で今のマインドを持っていれば、なせばなると言われました。マインドを持ち続け、今度はテクニカルを褒めてもらえるように努力していきたいと思っています。
    ながながとすみません。本当に今年一年お世話になりました。
    来年も先生の動画で沢山の学びを得させて頂きたいです。宜しくお願い致します。良いお年をお迎えください。

      • NoN
      • 2018年 12月 23日

      蕎麦屋さん、行かれたんですね(^_-)-☆
      最近は、健康のため、ラーメン屋に行く回数を減らして、蕎麦屋に行ってます。
      来年も引き続き頑張りますので、応援よろしくお願いします!今年一年、お付き合い有難うございました。

        • toshi
        • 2018年 12月 23日

        ラーメン自分も好きです。
        40過ぎて太ってしまったので、最近我慢してます。そばも大好きでよく行くのですが、長野の戸隠のうずら屋も有名なのでもし長野に来られた際は食べてみてください。そ家は遠いですけど、食べる価値ありです。

  1. 今年も素晴らしい活動を継続されたことに敬意を表します。

    申し訳ありませんが、アワードには参加しておりません。
    ブログ記事はほぼ目を通させていただいてますが、
    動画に関しては、かなり以前から見ておりません。

    別にアンチでも気分が悪いわけでもありませんが、
    時間的にも文章に目を通せば良いかなと思っている程度です。
    ですが、記事の末尾の雑感やまとめは毎回楽しみに見させていただいております。
    私のコメントもその内容に沿ったものがほとんどかと思います。

    ということですのでアワードの不参加をご了承ください。

    さて、今回、

    「その結果、予想通りになろうが、なるまいが、そんなことは、どうでもいいんです」
    と述べられてますが、全くその通りだと思います。

    例えば、引き寄せの法則なるものがあり、私もそれはあるとは思うものの、その根拠を解説している人の説明内容は懐疑的なところも多々あると思っています。

    自分で運が良いと思っている人とそうでないと思っている人の宝くじが当たる確率は同じだそうです。
    一つの現象を受ける確率は人の思考とは関係ないということです。

    ですから、天災などの災害に会う確率は誰もが同じだということです。
    ところが、実際不幸な目に会うのかどうかは、情報の取り方やその情報に基づいた行動によって全く違ったものになります。
    例えば台風の進路など、どうなるのか本当は誰もわからないのです。
    それを過去のデータの蓄積により、かなりの高確率で予測することができます。

    今の若い人は天気予報はほぼ当たるものと思っているかもしれませんが、
    私の幼少の頃の天気予報なんて当たる方が珍しいといった程度でした。

    それでも巨額の投資をして富士山にレーダを設置し、気象衛星を打ち上げて天気図をひいて1日も休まず天気予報は続けられてます。
    それは無駄だったのでしょうか。無駄なのでしょうか。
    そんなことはないというのは、今の天気予報の信頼度を考えれば誰もがわかることです。

    チャート分析や過去の分析が無駄だという人は、こういう事実を客観的に見ることができていない人だと思います。
    全てを与えられていて、与えられていることが当たり前だと勘違いされているのでしょう。
    何事にもそれに関わる多くの人々の弛まぬ努力があり、その努力に対しても多くの失敗を重ねその苦悩を経て、
    現在は当たり前だと思われることが現実化しているのです。

    天気予報などは国家プロジェクトで進められ私たちはほぼ無料でその情報を簡単に手にすることができますが、
    それは税金で行われており、過去から累積したら巨額のお金が投資されています。
    結局タダで手に入れることのできるものなど何もないのです。

    アンチの人たちには、「君たちの考えは本当に底が浅いね」と問いたいところですが、
    さて、それをどう反論されるのでしょうか(笑)

    また、来年以降のご活躍を祈念いたしております。

      • NoN
      • 2018年 12月 24日

      今年一年、mocha0509さんには、コメント欄で大変お世話になりました。

      ”迷晴れコメント大賞”をすれば、間違いなく受賞されたでしょう。mocha0509さんのコメントに、気づき、励まされた方も、たくさん、いらっしゃったと思います。これだけの内容を考えて、時間をかけて、アカの他人である、ボクのブログに残して頂けるなんて感謝しかありません。

      来年もぜひ、マイペースで構いませんので、よろしくお願いしたいと思います。

      • 時間はそんなにかけてませんよ。
        思ったことがついつい長文化しているだけです。
        他人の褌を借りて意見表明しているだけですね。
        50年も生きてれば、それなりの見識もつくものかなと思います。
        それが特に若い人に対して、若干なりとも参考になっているのであれば幸いと思います。

    • かとる
    • 2018年 12月 23日

    今年も、毎週の動画・ブログ作成ありがとうございました。
    週ナビは、自分が認識していたチャートとは別世界を知るような思いで解説を聞いています。
    鳥の目を持つこと。次の課題の一つです。

    21日で今年のトレードは終了。先月に続き今月も月トータルプラス(70pips程度ですが)で終えることができました。またしても100pipsに届かず、残念です。しかし、その日その時にすることを決めて落ち着いてトレードできる回数が増えてきました。これは大きな収穫だと感じています。
    一方で、自分の悪癖である「微損の堆積」が依然としてみられます。情けない・・・。この悪癖はなんとしても払拭せねば。

    来年も、腐らず、決してあきらめず、日々のトレードに臨みます。

    迷晴れさん、そして皆さん、よいお年をお迎えください。

      • NoN
      • 2018年 12月 24日

      解決するテーマも明確で、来年は素晴らしい結果を残せそうですね!微損に目を向けることも大切ですが、同時に、利益を延ばす訓練もしていくといいかもしれません。来年も引き続き、よろしくお願いします(^_-)-☆

    • 村崎色武
    • 2018年 12月 23日

    トレードを始めて3か月ぐらいのときに、あるインジケーターを使って勝ててました。
    そして、初心者だから、設定を変えたらもっと取れるようになるのではないかとか、エントリー回数を増やせばもっと儲かるのではないかって思い。青い鳥探しに出てしまったんですね。
    最近、その時の手法を思い出して、再度取り掛かり始めました。
    今から思えば、美味しいところで利確して(見直したので、利確もインジケーターでわかるので)、少しずつ資金を増やして、ロットを上げていけばいいだけだったのに・・。2年も無駄なことをしてしまいました。
    水平線を引きすぎて身動き取れなくなった今年初めのころを思い出し、なんて馬鹿なことをしていたのかと思います。
    初心者のころに使っていたので、何も飾ってなくシンプルな手法です。
    今年もあとわずか、来年からは、調子だして勝っていきます。

      • NoN
      • 2018年 12月 24日

      昔から「失敗しなきゃわからない」こう言いますが、いろいろ回り道をしたお陰で、わかることってありますよね。とくにシンプルの良さに気づくときって、そんな気がします。

    • 村崎色武
    • 2018年 12月 24日

    クロス円のことですが、
    ドル円と相手通貨のドルストレートの合成になる。
    このため両者が同一方向に動くならクロス円の動きは加速される。
    では、クロス円単独の動きが両者に影響を及ぼさないのか?
    例えばユーロ円がドル円と同じチャートを描く時があります。
    ユロドルが小さなレンジになればあるのではと仮説が立ちますが、
    実際、チャートの動きではそうでないときもあります。
    クロス円チャンスと思い、両者を見比べると相反してるので、
    見過ごすと、いえいえチャンスは正解だった。というのがあります。
    またクロス円にエントリーして、両者が相反してくると、
    失敗かとイグジットしたくなりますし、
    実際イグジットしてしまい、イグジットは待てばよかったと
    残念に思う事もありました。
    年末年始の休み過去検証しようと思います。
    何か気が付くといいのですが・・。

      • NoN
      • 2018年 12月 25日

      クロス円が主導権を握る。
      クロス円の取引量は、ドル円・ユロドルに比べ小さいですが、確かにそう感じるときがありますね。
      ファンダ的には、ユーロが主役のとき、リスク回避で円が買われるとき、ボクは、その辺を意識しています。
      あまり、複雑に考え過ぎないよう基準を単純化してますが、ぜひ、検証してみてください。

    • FX2年生
    • 2018年 12月 31日

    今週の視点のアインシュタインの名言で鳥肌が立ちました。
    「過去から学び今日のために生き、未来に対して希望をもつ」
    世の中の不安を煽る情報に振り回されて、今をきちんとは生きているつもりでも、今という時間を大切に楽しく生きることを完全に忘れていました。

    道のりは長いと思いますが、地道にコツコツと明るい未来、なりたい自分になる未来のために日々勉学に励もうと思います。
    いつも心に残る励まされる言葉や暖かくなる偉人の名言や人生観についてのブログコメント有難うございます。
    来年もよろしくお願いいたします。

      • NoN
      • 2019年 1月 01日

      今を大切に生きる。
      いつも意識しておかないと、一年なんて、あっという間ですよね。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内検索

FX人気口座ランキング
短期売買特化型口座特集
MT4口座特集
システムトレード口座特集

学習ツールと投資関連書籍

フォレックステスター購入
フォレックステスター・導入ガイド
フォレックステスター有料データ購入ガイド
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント

あなたの負けトレードを徹底解説!

迷晴れボックス
海外FX口座の基礎知識
海外FX口座スペック比較

月別ページ

カテゴリー

シストレ24キャンペーン
FXPLUS