FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を学べるサイト。

menu

迷晴れFX

ロールリバーサルを狙う。

ロールリバースはプライスアクションの基本。波の特性を知ることで、次にどういう動きを狙うのかというシナリオが立てやすくなる。

2014/06/05 木曜 EUR/JPY

photo credit: Sunova Surfboards via photopin cc

スポンサードリンク

ロールリバーサル=レジスタンスとサポートの転換現象

サポートラインがレジスタンスラインに転換、レジスタンスラインがサポートサインに転換することをロールリバーサルと呼ぶ。チャートを上下に分ける水平線など、強く信頼できるラインの場合、高い確率でこの現象が起こる。

ダブルボトムや押し目などの場合にも反発する候補として使える。

2014-06-06 9-27-58

4時間足にネックラインとフィボナッチ61.8%の2本のラインを引いてロールリバースを待ち構える。結果、61.8%ラインまで落ちたが、ローソク足の実体はネックラインできれいに止められた。こういうオーバーシュート(一瞬の行き過ぎ)もよくあるので、注意が必要だ。

ロールリバーサルは至る所で起こっている。

2014-06-06 9-31-07

1時間足ネックライン付近でもロールリバーサルが起こった。チャートを見ると至るところで、この現象が起こっているので、できれば実際に検証してみてほしい。ラインでピタリ止まることもあれば、今回の4時間足のように行き過ぎる場合もある。

 止まった事実を短期足で必ず確認する。

2014-06-06 9-33-14

ロールリバースでの上げ止まり、下げ止まりを最後に短期足で確認するといい。あくまでも事実についていくことで、より精度の高いトレードができる。

今日のまとめ

ロールリバースはプライスアクションの基本。ラインの信頼度が高ければ高いほど(長期間効いているラインなど)、高確率でこの現象が起こる。ただし、最終的なエントリーの判断は短期足の動きを確認した方がいい。相場は行き過ぎることが結構ある。

■投資のリスクについて■このブログは、相場について個人の見解を解説したものであり、利益を保証するものではありません。投資をされる場合は、それに関わるリスクを十分ご考慮の上、ご自身でご判断ください。

スポンサードリンク





おすすめトピック

関連記事

    • かにずき
    • 2016年 6月 01日

    拝見させていただきました。

    反転を見抜ければそれだけで勝てる。

    それは、
    見抜くということなのか?
    先を読むということなのか?
    まだまだ腑に落せていません。

    ありがとうございました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

迷晴れ動画アワード2017

サイト内検索

FX人気口座ランキング
短期売買特化型口座特集
MT4口座特集
システムトレード口座特集

学習ツールと投資関連書籍

フォレックステスター購入
フォレックステスター・導入ガイド
フォレックステスター有料データ購入ガイド
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント
海外FX口座の基礎知識
海外FX口座スペック比較

通貨ペアの相関関係(-100%~+100%)

月別ページ

カテゴリー

シストレ24キャンペーン
FXPLUS
迷晴れBOX