FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を学べるサイト。

menu

迷晴れFX

ダブルボトム(トップ)を制する者は、波の反転を制する。

ダブルボトム(トップ)は非常に出現頻度が高く、相場の成り立ちを知るうえでも絶対に知っておくべきチャートパターンです。

photo credit: Arsh_86 via photopin cc

スポンサードリンク

ダブルボトム(トップ)は、あらゆる波の反転サイン。

入門書などに載っているダブルボトム(トップ)の形を覚えるだけでは実践では役に立たない。むしろダブルを形成したあとの動きを知ることが必要です。それには3つのパターンがあって、相場に合わせて使い分けていかなければなりません。入門書通りに、なんでもかんでもネックライン抜けでエントリーしていたら損切りの山になります。

ダブルボトム(トップ)の動きは3パターンある。

2b
ダブルボトムの動きは3パターンあります。

1:ネックラインを越え、ネックラインまで戻ってから上昇。

2:ネックラインを越えてから深く戻す。

3:ネックラインで反発して戻す。

入門書に書いてあるネックライン抜けのエントリーが負けやすいのは、見ての通り、波の中途半端な場所でエントリーすることになるからです。エントリーの基本は「高い所で売る、安い所で買う」波の反転ポイント付近でのエントリーが一番理想的です。

4時間足の大きなダブルボトムの中に、1時間足の小さなダブルボトムが含まれている。

2014-07-01 17-30-06

相場はフラクタル構造(入れ子)になっています。4時間足の大きなダブルボトムの中に、1時間足の小さなダブルボトムがいくつか存在します。さらに、その中に分足のダブルボトムがたくさん含まれています。

フィボナッチで戻りを予測する。

2014-07-01 17-27-16

ネックラインからの戻りをフィボナッチで予測します。目安としては50.0%61.8%です。これ以上、戻すようならダブルボトム失敗の疑いが出てきます。

今日のまとめ

チャートパターンの中でダブルボトム(トップ)は特に重要です。波が反転する場所では、V字反転を除くと、ほとんどの場合このチャートパターンになります。ダブルボトム(トップ)の後、どのような相場の動きになるのかを、ぜひ実際のチャートで検証してみることをおすすめします。

 

■投資のリスクについて■この動画、ブログは、相場について個人の見解を解説したものであり、利益を保証するものではありません。投資をされる場合は、それに関わるリスクを十分ご考慮の上、ご自身でご判断ください。

 

スポンサードリンク



関連記事

    • かにずき
    • 2016年 6月 02日

    拝見させていただきました。

    波の入れ子構造が初めて実感出来ました。
    今ははっきりしてませんが色々な応用が出来そうです。

    ありがとうございました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FX人気口座ランキング
NDD業者
MT4業者
システムトレード

学習ツールと投資関連書籍

FT3
相場観を鍛え、貴方だけの聖杯をつくるソフト。
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント

迷晴れFx限定 タイアップ・キャンペーン

シストレ24キャンペーン
海外FX口座
海外FX口座スペック比較

月別ページ

カテゴリー

GOOGLEサイト内検索

Facebook

Twitter

インフォメーション

迷晴れBOX