FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を鍛えるサイト。

menu

迷晴れFX

【週ナビ#273】非常時は”自動思考者”を逆手に儲ける。

週刊チャートナビ(2020.02.24~2020.02.28)は、ドル円、ユーロドル、ユーロ円の主要三通貨ペアの一週間を振り返ったチャート考察です。

ドル円

今週の見通し

日足

先週は110円の戻り売りを崩して、日足レベルの節目である4月高値まで急騰。

4時間足に月足+週足ロウソク

先週大陽線を基準に考える。先週高値で2番天井をつくり下げ始めるか、高値更新でさらに”円安”が進むかが焦点になるが、急騰後の調整で暫く天井圏をつくるかも。

ラス押し目111円を割ると売り手が強まるが、先週大陽線安値を割るまで買い手もあきらめず押し目買いしてくる。

TR上段㊤:2018年12年13日戻り高値

TR中段:4月高値と111.0付近の先週陽線半値押し目+ラス押し目+先週木曜安値

TR下段㊦:先週大陽線安値

4時間足ベアの視点:先週高値2番天井で売りシナリオ。仮ネックから2番天井を試せば押し目候補までのショート、仮ネックを抜けても、先週木曜安値+ラス押し目+111.0先週陽線半値押しで安値を切上げ天井を崩す可能性もある。流れに対しては逆張りになるのでブロック抜けや上値を試してから売る。

4時間足ブルの視点:①先週大陽線押し目買い。木曜安値+ラス押し目+111.0先週陽線半値押し目の上から2番天井までロング、4月高値を更新するかに注目。②先週木曜安値を割れば先週陽線61.8%押し目や1月高値(深押し)が押し目候補になる。

今週の値動き

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

コロナショックで青〇3か所、すべての押し目が崩れた。

平常時なら先週高値でWトップになったはずが一気に先週陽線61.8%ラインまで急落、ここでの押し目も崩れて先週陽線の91%でいったん下げ止まるかの思えたが27日陰線終値が先週安値をブレイクすると、さらに1月安値まで(ナイア)ガラった。

毎日の見通し

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

02/24 月曜

天井圏の値動きでもう一山つくるだろう想定、4時間と1時間のMAに挟まれ浮動する可能性もある。

1時間足ベアの視点:4月高値を強いレジ壁とみている。上値を試しても、もう一山つくるので、すぐには下がり始めない。4月高値で強く反発すればカウンターショート。

1時間足ブルの視点:先週陽線押し目買い。週明け時点で4時間21MA反発で買われ始めている。111.5に乗り上げて1時間21MAを上抜けば先週高値目安にロング、あるいは、先週木曜安値+先週陽線半値押しを試せばロング。

02/25 火曜 

先週木曜安値より上でのWトップ・シナリオが崩れ、先週陽線の76.4%まで深く押したが、前日陰線終値は先週陽線61.8%押し目でサポート。

1時間足ベアの視点:前日陰線戻り売り。戻り目の候補は木曜安値裏から111.0を考える。

1時間足ブルの視点:①111.0戻り売り崩れから急落高値まであや戻しのロング。②前日安値への下値試しWボトムで111.0に向けてロング。

02/26 水曜

110.3先週陽線の深い押し目候補を前日陰線終値がブレイクして110.0に達した。これで先週陽線のほぼ全部91%を戻したカタチになる。押し目候補を崩した110.68強者の高値をマーク。

1時間足ベアの視点:下降波戻り売り、1時間21MA×月曜陰線安値付近を戻り目候補とみている。

1時間足ブルの視点:①1時間21MA×キリサゲL基準、これを上抜いてからロングを考える。②先週安値まで下がって強反発すればカウンターのロングを狙う。

02/27 木曜 22:30米GDP

前日は数回戻り売りされたが110.0安値に届かず安値を切上げたところで浮動中。

1時間足ベアの視点:前日高値への上値試しで下降波戻り売り、110.0を割れば先週陽線安値まで利を延ばせる。

1時間足ブルの視点:110.0を2回目に試せば前日高値目安にロング。

02/28 金曜

水曜高値戻り売りで先週大陽線の安値まで全戻し、前日終値が先週安値を若干ブレイク、水曜高値のベア派と先週安値のブル派、100ピプスレンジで攻防するかも。

1時間足ベアの視点:安値を更新したので前日陰線戻り売り。前日終値が先週安値をブレイクしたとみなす人が多ければさらに下がる可能性もある。

1時間足ブルの視点:先週安値反発でロングだが、本格的な上昇は底値固めしてからになるだろう。

毎日の値動き
15分足に週足+日足+4時間足ロウソク

02/24 月曜

東京時間、111.50上に乗り上げたので、欧州初動を待ち、1時間21MAを上抜け(黄1)ば先週高値に向けロングを構えていた。

欧州初動、111.5サポートが崩れ今週始値まで下落。4時間21MA反発を考え、黄2ショートは見送り。

NY初動、緑攻防をみて、先週木曜安値が15ピプス下にあったが逃げ切れると判断、4時間21MA裏反発で赤1ショート、110.5でアウト。

02/25 火曜

東京時間、先週陽線61.8%に乗り上げサポートで青1ロング、111.0を上抜けずにアウト。

欧州初動、111.0へ2回目の上値試し×1時間21MA反発で赤1戻り売り、前日安値でアウト。

NY時間、先週陽線61.8%押し目サポートからのキリサゲL+1時間21MA上抜けでロングを準備していたが、反発、赤2モミ抜けを押し目崩れとみてショート、110.0で停滞したのでアウト。

02/26 水曜

東京時間、1時間21MA×キリサゲLでの2回目の反発、黄1戻り売りは上抜けて見送り。

欧州初動、110.5での2回目反発戻り売りは、手前の安値を更新できず損切り。

02/27 木曜

東京時間、早々に下がり始め、欧州初動に黄1で上値を試したが110.0キリ番が近くショートは見送り、結果的には戻り売りされ先週安値まで下がった。

02/28 金曜

東京時間、先週大陽線安値の裏反発で赤1ショート、先週安値を割ること自体、シナリオになかったことなのでコロナショックの影響は測り知れない、NY時間、緑〇の強い反発でアウトしたが、その後1月安値まで下落した。

ユーロドル

今週の見通し

週足

2017年4月の窓埋め完了。

4時間足に月足+週足ロウソク

2017年4月窓埋めから反転を狙う組と、2月高値からの下降トレンド戻り売りで窓埋め安値下抜け期待組の戦い。先週高値+ラス戻り目を仮ネックとみている。下がってきた日足21MAに警戒。

TR上段㊤:1.095+2月高値からの下降波半値戻り目

TR中段:先週高安、高値はラス戻り目、安値は窓埋め安値。

TR下段㊦:2017年4月9日の週足あごヒゲ

4時間足ベアの視点:①1.085+先週高値+仮ネックのレジスタンスで先週安値2番底までの下値試しをショート。②先週高値下でWボトムになってネックを上抜けば、1.0900から底値試しのショート③1.095+2月陰線半値戻り売り。②可能性は低いが窓埋め安値を下抜けばキリ番に注意しつつついていく。

4時間足ブルの視点:2017年4月窓埋め安値への下値試しから反転狙い。1.085仮ネックを上抜け後、1.0900反発で底値試しされれば、下げ止まりから1.095目安にロング。

今週の値動き

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

先週安値Wボトムからの反転を狙っていたが、そのまま安値切上げて先週高値(ラス戻り目)をブレイク。緑□で日足21MAも上抜くとベア派の失望売りも手伝って急騰、2月高値に迫った。

毎日の見通し

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

02/24 月曜

週足レベルの窓埋めから急騰、先週高値をラス戻り目とみている。買い手は先週金曜急騰押し目買い、売り手は先週安値へ2番底をつける動き、それぞれのパワーが拮抗すれば、途中で持ち合う可能性もある。

1時間足ベアの視点:先週高値への上値試しから、1.0800目安に先週安値2番底へショート。

1時間足ブルの視点:先週金曜急騰押し目買いを考えていたが窓を開けて早々に始まってしまった。もう一度下げてくれれば買いたい。

02/25 火曜 16:00独GDP

前日終値は仮ネック+先週高値手前でクローズ。

1時間足ベアの視点:①先週高値レジスタンスで先週安値2番底へのショート、前日急騰安値サポートを注視。②このまま、先週高値を更新して1.0900まで上昇すれば戻り売り準備。

1時間足ブルの視点:①先週高値下にブロックをつくればブレイクで1.0900までロング。②前日急騰安値へのスパイクでロング③先週安値付近1.0800まで下げれば2番底形成モードに入りそうだが、3日かけて1番底をつくっているので暫く時間がかかりりそう。

02/26 水曜

前日陽線終値が先週高値を更新、2月陰線38.2%(1.0900)の浅い戻り目候補の手前で止まって売りN安値に到達した。日足21MAが近づいているので、4時間21MAとサンドされて先週安値起点のロング組とカチカチするかもしれない。

1時間足ベアの視点:売りNゾーン1.0900付近で戻り売りセットアップ待ち。

1時間足ブルの視点:先週安値起点上昇トレンド押し目買い、先週高値裏から1.085を押し目候補とみている。

スポンサーリンク

02/27 木曜 22:30米GDP

先週安値起点の上昇トレンド中だが、2月陰線38.2%戻り目+1.0900に差し掛かつて上値の重い展開。日足21MAと4時間21MAにサンドされて揉みあうかも。

1時間足ベアの視点:1.0900+2月陰線38.2%戻り売り、下がり始めても4時間21MAを注視。

1時間足ブルの視点:上値追いはやめておく、火曜急騰安値まで下がれば反発でロングを考える。

02/28 金曜

有力な戻り売り候補だった日足21MAをブレイクしてからの上昇モメンタムが強く、2月陰線76.4%付近まで一気に戻した。

1時間足ベアの視点:1.1000レジスタンスで前日陽線の押し目候補1.096までショート、Wトップになればネックライン抜け期待のショート。

1時間足ブルの視点:前日陽線押し目買い。1.096反発ロング。

毎日の値動き

15分足に週足+日足+4時間足ロウソク

02/24 月曜

東京時間、ギリ窓が埋まらず窓埋めショートは見送り。

欧州初動、金曜急落安値には若干届かなかったが、4時間21MA反発で青1ロング、急騰後アウト。

NY時間、底値固めから青2高値抜けロング、先週高値手前のモミでアウト。

02/25 火曜

東京時間、先週高値での戻り売り待ち。

欧州初動、先週高値への2回目の上値試しで赤1ショート、月曜急騰からの押し目買いが入ってしまいアウト。

NY時間、黄1ショートは見送り。Wボトムから月曜急騰押し目買いを青1ロング、先週高値を更新、その後、先週高値裏へのプルバックを警戒して片波でアウト。

02/26 水曜

欧州初動、先週高値裏での2回目の反発で青1押し目買い、1時間CH高値でアウト。

NY初動、1時間CH高値をオーバーシュートしたピンバーをサインに赤1ショート、先週高値裏でアウト。

02/27 木曜

欧州初動、1.0900戻り売り崩れ+日足21MAブレイクで青1ロング、2月陰線半値戻り目を上抜き1.1000でアウト。

02/28 金曜

東京時間にドル円が先週安値をブレイクして、売り選好になったので”円買い”に的を絞った。

ユーロ円

今週の見通し

日足

日足は下目線、先週は2019年1月のFlashCrashの安値で強反発。

4時間足に月足+週足ロウソク

先週陽線終値は121.0戻り高値でクロ-ズ。先週大陽線押し目買い組と1月高値起点の下降波61.8%戻り売り組の攻防が想定できる。

121.0をブレイクすれば買い手有利になるが、それには、ドル円の4月高値突破か、ユロドルの底値反転が条件。

TR上段㊤:1月高値

TR中段:先週高値と先週木曜安値+先週陽線半値押し目+ラス押し目

TR下段㊦:先週陽線安値

4時間足ベアの視点:先週高値Wトップからの売り転換狙い。①先週高値Wトップからのショート②仮ネック下抜け後、先週木曜安値サポートで天井を試せば戻り売り。

4時間足ブルの視点:先週陽線押し目買い。①120.5~先週木曜安値のNゾーンで先週高値2番天井まで押し目買い。②先週木曜下抜け後の押し目候補は、119.5上の先週陽線61.8%押し目を考えてる。③121.0を日足終値がブレイクすれば買い手が有利になりそうなので、日足CH安値裏を目安にロング。

今週の値動き

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

新型肺炎によるリスク回避の円買いのため、先週高値にWトップをつくらずに先週陽線61.8%まで下落。27日木曜に先週高値を試すも、ドル円が先週安値をブレイクするとさらに円買いで続落、先週陽線を全戻しした。

毎日の見通し

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

02/24 月曜

先週高値で1時間レベルのWトップ形成中だが、もうひと山つくるかも。120.57を仮ネック、ラス押し目を先週木曜安値でみる。

1時間足ベアの視点:①窓埋め完了後に仮ネック120.57までショート。②120.57仮ネック割れで、先週木曜安値までショート。

1時間足ブルの視点:120.57仮ネックサポートで先週高値までロング。

02/25 火曜 16:00独GDP

120.57ネックライン候補のサポートが崩れて、先週木曜安値で前日陰線終値がクローズ。

1時間足ベアの視点:120.57裏反発から前日陰線戻り売り。前日安値を更新すれば、119.5手前の先週陽線61.8%押し目候補まで利を延ばす。

1時間足ブルの視点:先週木曜安値2番底から天井への上値試しのロング。

02/26 水曜

先週陽線61.8%押し目候補まで下落。4時間21MAと1時間21MAに挟まれて浮動するかも。

1時間足ベアの視点:下降トレンド戻り売り、候補は120.18前日の強者の高値から前日高値の間でみる。

1時間足ブルの視点:1時間21MAサポートが近いので4時間21MAを上抜いてから考える。

02/27 木曜

4時間21MAと1時間21MAに挟まれ浮動中。

1時間足ベアの視点:120.0割れか、上値試しで下降波戻り売り。

1時間足ブルの視点:昨日の戻り売りブロック上抜きでネックラインまでロング。

02/28 金曜

戻り売りが崩れて、先週陽線終値121.0まで上昇。

1時間足ベアの視点:ドル円が先週安値を更新しているのでこのまま下がり始めればついていく。

1時間足ブルの視点:前日陽線押し目買い、120.5が押し目候補。

毎日の値動き

15分足に週足+日足+4時間足ロウソク

02/24 月曜

東京時間、窓埋め完了後の赤1ショートは120.57仮ネックでアウト。

欧州初動、仮ネックサポートの黄1ロングは、ドル円が仮ネックを割ったため見送り。

NY時間、120.57割れからプルバックを待って赤2ショート、先週木曜安値でアウト。

02/25 火曜

東京時間、120.57へのプルバックを青1ロングして、欧州初動の2回目の上値試しを待機。

欧州初動、120.57への2回目の試で赤1(ドル円シンクロ)戻り売り、先週木曜安値で安値切上を警戒したが更新に成功、先週陽線61.8%押し目でアウト。

NY時間、プルバックから赤2戻り売りは119.5でV字になってアウト。

02/26 水曜

東京時間、120.18強者の高値で戻り売りセットアップ待ち。

欧州初動、強者の高値への2回目の上値試し黄1からキリアゲ抜けのショートは見送り。

NY初動、120.57の上値試しのピンバー出現で赤1ショート、キリアゲLを抜けたが戻ってしまい撤退。

02/27 木曜

東京時間、ミニWトップでの赤1戻り売りは安値を更新できずアウト、この動きでブロックを特定。

欧州時間、ブロックが上に崩れたので、ブレイク安値の120.177に引きつけ青1ロング、ネックラインを抜けて121.0でアウト。この動きが先週高値への上値試しになった。

02/28 金曜

東京時間、ドル円の先週安値裏反発タイミングで赤1ショート、そのまま円買いの流れについていき先週安値でアウト。

今週の視点

先週までとはうって変わり、今週は新型コロナウイルスの世界的なパンデミックを織り込み始め、ダウ平均は連日続落、米10年金利は1.20%割れなど、リスクオフ材料満載のマーケットとなった。

その結果として、リスク回避の円買い・ドル売りとなりました。

為替チャートも乱高下気味で、押し目買い、戻り売りされるべきレートが簡単に崩されたり、Wトップ、Wボトムの値動きが起こりませんでした。

これは平常時の値動きではありません。

さらに、最近のマーケットはAIが主導しているせいか、いったん動き出すと歯止めがかかりにくいようです。

ただし、例え非常時であっても、チャートの反応は紛れもない”事実”、そこに嘘はありません。

こんなときは、平常時モードから、”非常時モード”で対応し、根拠の曖昧なことはせず、”勝負の決着”を観てから後出しジャンケン的にトレードするのが無難でしょう。

15分足

24日の月曜日時点では先週高値までWトップを狙ってました。

週明けは111.5ロングを考えてましたが、下窓を開けてしまい、窓埋めの動きが出ると111.5のサポートがいきなり崩れるので嫌な感じでした。

そこで、上の1時間21MA、下の4時間21MAをレジサポにみて、1時間21MAを上抜けないとロングしない、4時間21MAを下抜けないとショートしないプランにしました。

結果、黄1ロングと黄2ショートを見送り、緑ボックスで最後の攻防をみて”ネックネックL”の赤1ブレイクでショートすると、ブル派のロングポジションを喰って急落、勢いが強く先週陽線61.8%の押し目候補も抜けていきました。

25日の赤2は平常時ならロングしても勝てるかもしれませんが、それまでの円買いの流れからして慎重にならざるをえませんし、27日の110.0への下値試しからのロングも同様です。

常識的なところでロングしてくれたブル派が燃料を満タンにしてくれたおかげで、金曜日、先週安値ブレイク以降の急落の初動パワーになったのだと思っています。

相場では、人の不幸こそ蜜の味なんです。

非常時相場の旨味は、平常時と同じ調子でトレードする人たちのポジションを燃料にできることです。

平常時の相場で勝てる人たちのトレードが”自動思考化”しています。

自動思考とは、そうするのが当たり前となっていて、何も考えなくても行動できてしまう状態のことです。

ビギナーは間違った自動思考をするので自動的に負けるわけですが、正しい自動思考は”一貫性”と同じ意味なので自動的に勝てるようになります。

ただし、こういう非常時には、いったん自動モードからマニュアルモードに切り替えて慎重に対応するのが無難でしょう。

今のマーケットは平常時か?非常時か?

非常時とみる人が多ければ、平常時とは大きく違う値動きをするのも当然といえば当然です。非常時に、平常時の理屈は通用しません。

あわせて読みたい関連記事5選


◆お断り◆
この動画は「学習」を目的に制作されたものです。個人の見解を過去のチャートから解説したものであり、未来を予想したり、利益を保証するものではありません。

記事へのレビューやご意見はコメント欄をご利用ください。コメントを「読者さまの声」としてブログや動画に掲載させていただくことがございます。

◆著作権について◆
当サイトは無料でご覧頂けますが、著作権は放棄しておりません。動画等のコンテンツを営利目的でお使い頂くことはできません。

詳細はご利用についてをご覧ください。



こちらの記事もあわせてご覧ください

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (15)

    • じんまる
    • 2020年 3月 01日

    週ナビの発信をありがとうございました。

    シナリオが崩れたとしても柔軟に立ち回るスキル、そして「いつもと違うな」と感じる相場観に惚れ惚れしました。
    その辺はやはりまだまだ足りないところですが、ここに来てNoNさんと見ているところがリンクしてきており、自信につながっています。
    エントリーはできないですけどw

    実は、12月、1月、2月と3か月連続でマイナス計上となりました。
    そこまで7ヶ月連続プラスだったので、そこそこ自己否定感も強まっていますが、今一度この3か月を振り返り、選択と集中に立ち返って取り組むつもりです。

    ほんとなかなかレンジブレイクしませんねボクも。
    ブレイクされない高値はないと信じて、この深い押し目を楽しみたいと思います!

    いつもありがとうございます。

      • NoN
      • 2020年 3月 01日

      お疲れ様です!最近の値動きがアブノーマルなので…心機一転して3月はプラスを目指しましょう!

    • H
    • 2020年 3月 01日

    いつも素敵な動画をありがとうございます。今週のドル円、週の前半からシナリオの大幅な修正を迫られました。月曜の朝一からの窓開けスタートも想定外の動きでしたので・・・。ただ、月曜に大陰線が出てしまったという事実からは火曜の戻り売り。110円からの転換狙いのロングも狙っていたのですが木曜は負けました。金曜は朝一に日足ブレイクを確認した後、朝からショートを握りっぱなし、シナリオが崩れてはプランCを発動!といった感じの1週間でした。金曜はユーロ円もドル円と同じタイミングでショートを入れていたので1日で大きく勝てたのですが、年に数回の大相場でしたが逆のポジションを握ったままになっているとゾッとしますね。

    完全に目線は下に切り替わりましたが来週以降は、108円を抜くかどうかに注意しながらしっかりと売り買いができる形を待ちたいと思います。週足、月足の形もすっかり顔を変えてしまいましたね汗。

      • NoN
      • 2020年 3月 01日

      お疲れ様です(^_-)-☆まさに、そうそうないレベルの大相場でしたね~。大きく動いた週明けはプランが立てずらいです。

    • bt
    • 2020年 3月 01日

    毎週の解説動画ありがとうございます。
    一つ一つのポジションを取る根拠、
    利確場所の根拠を勉強しています。

    質問があります。ドル円
    25日火曜日の②ショートです。

    1.押し目が崩れたとはどのローソク足のタイミングで判断しているのでしょうか?

    2. ②ショートしたの目の前には前日安値の水平線紫があります。
    25日火曜日①ショートの利益確定根拠にもなっています。②の場所は横ばいにもみ合うようにも思うが、
    この場合には下抜けしやすい理由があるのでしょうか?

    過去動画の中に答えがあるかもとは思ったのですが、
    可能であれば、お答えいただきたく思います。
    よろしくお願いします。

      • NoN
      • 2020年 3月 01日

      通常なら24日に先週高値を目指し買われたはず(想定以上に売りが強い)
      25日61.8%サポートが効くなら赤2揉みあいで買われるはずが下抜けたのでショートです。

        • bt
        • 2020年 3月 01日

        ご丁寧にありがとうございます!

    • モモイチゴ
    • 2020年 3月 01日

     いつも大変為になる動画ありがとうございます。
     
     すこし前に「4時間足のトレンドフォローで勝てるようにりました」と書かせて頂きましたが、1月からの想定外の動きの連続で大負けしていました。1月ー155pips、2月前半で-95pipsでした。これではいけないと思い目線を「虫の目」に切り替え、2月最終週5日間で15勝1敗で102pips取れました。迷晴れさんにとっては1週間で100pipsくらいでは大したことない(それも動きが大きかった相場)と思いますが、私の最終目標は月200pipsですので大満足です。
     
     15勝1敗で102pipsということは1勝あたり7pipsほどしか取れていません。最大20pipsで、ほとんどがチキン利食いでした。チキン利食いした後大きく伸びたことが多々ありましたが、チキン利食いのおかげで負けを回避したことも多々ありました。1日平均10pips取れれば良いので、私にとってはこのやり方もありかなとも思います。でも目が疲れますので伸ばせたら伸ばしたいですが・・・。

     今回、虫の目・チキン利食い・多数回トレードとやってはいけないことのオンパレードでしたが、勝てたのはまぐれではないと思います(思いたいです)。今回のチャートナビの迷晴さんの相場観とエントリーポイントが私の考えていたことと今までで一番一致していたからです。今まで貴サイトで勉強させていただいたことと、4時間足以上でトレードしていたことで「鳥の目」もある程度持った上での「虫の目」だったのが良かったのだと思います。また、私の実力では「自動モード」を持ち合わせていない為、常に「マニュアルモード」なのも良かったのかもしてません。

     今後の課題は、「鳥の目」を持ちながら「虫の目」でも判断をし、チキン利食いで負けを減らしながら伸ばせるところは伸ばすことです。

     勝った時は調子の良いことを言っていますが、また負け続ける日が来るような気がします。しぶとくついて行きますので今後ともどうかよろしくお願いいたします。

      • NoN
      • 2020年 3月 02日

      ボクもそうでしたが、買ったり、負けたりで知らぬ間に上達してました。鳥の目、虫の目を無意識化で意識できるようになれば、それこそ自動思考です。

    • かとる
    • 2020年 3月 02日

    いつもありがとうございます。

    最近は納得できる勝ち方、負け方が増えてきている気がします。2月は大きな下落(GBP/JPY)を数回取ることができました。しかし、利益を得た後にスケベ心が出て「ここは少し取れるんじゃないか」とお手付きエントリーして即逆行「あれ?ここかな?」と思って再度入ってまた逆行というお粗末なこともまだ行ってしまいます。残心が乱れまくっています。
    穴だらけのバケツに利益を注いでも意味がないですね。
    不用意なエントリーをしないこと=負けパターンを減らすことが勝ちに繋がる、ということを再認識しています。

    環境認識、プランA・Bの作成、待ち、エントリー&決済、残心までを一連の型として美しくできるようにトレーニングしていきたいと思います。

      • NoN
      • 2020年 3月 02日

      大きくとれるようになったことで損切りの恐怖心が薄らいできたのではないでしょうか。あとはお手付きを減らすだけですね(^_-)-☆

    • Yoshi
    • 2020年 3月 03日

    今週も解説動画ありがとうございました。先週は、これまでの反省を生かし、なるべく最後までトレンドについていくスタイルで取引できたので、週で200pips近い利益を上げることができました。火曜日のドル円ショートはマヨハレさんと同じ位置で2回入れたので、自信になりました。最近、少しエントリーを慎重にしているところがあり、利益を取り逃すことが多くなっています。たぶん、ボラが大きすぎて、損切幅のpipsが大きく、ビビっているのだと思います。ロットで調整したいのですが、まだまだロット数が小さいので、1万通貨が最小単位のG〇Oではうまくロットコントロールできないのがもどかしいです。基本的に、エントリーしようと思って躊躇した場所には「躊躇」とそのままテキストを打ち込み、後で週ナビでマヨハレさんがどうされているか観察するようにしています。今週は、月曜から早速ドル円の15分足ミニダブルボトム崩れを狙ってショートして損切に合いました(汗)まだまだボラが大きい相場が続きそうなので、今週も気を引き締めていきたいと思います。あ、くるみちゃん元気になってよかったですね!

      • NoN
      • 2020年 3月 03日

      ありがとうございます!週で200ピプスとは大勝利じゃないですか(^_-)-☆

    • すがやん
    • 2020年 3月 05日

    いつも更新ありがとうございます。

    先週の大相場、いろいろと反省・今回の動画からの学びはありますが…一番の反省は2/25の赤2ショート前のモミモミ前に、形だけで安易にロングを入れ損切を喰らってしまった事です。特に先週はチャートを見られる時間が少ない事が事前に分かっていた事もあり、完全な自己欲求トレードで、今年初めて週単位でマイナスとなってしまいました。

    「事実についていく」と頭では理解しながら、実際のトレードと週ナビを見比べると、自分が事実についていけていない≒トレーダーの心理を捉えられていない。と痛感した週でした。迷晴さんが入った2/25赤2でのショート勢により、自分と同じようにWトップ狙いが崩れて損切した勢がいたそれなりにいたはずです。本来はシナリオ形成時にイメージすべきトレーダーの負け方を自身が体験できた事は、貴重な学びになりました。今回の自分のような損切をするトレーダーを常に意識、「なら逆に狙うはココ」という意識をしっかり頭に刷り込んでいきたいです。

    コロナ・大統領選とファンダ要因もいろいろありますが、引き続きチャートの事実だけを注視できる目を養えるよう頑張ります!(木曜になってしまいましたが…)今週もよろしくお願い致します。

      • NoN
      • 2020年 3月 05日

      お疲れ様です!痛くイメージの残る貴重な体験でしたね。必ず次に活かせるはず(^_-)-☆

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内検索

FX人気口座ランキング
オリジナルインジケーター
短期売買特化型口座特集
MT4口座特集
システムトレード口座特集

学習ツールと投資関連書籍

フォレックステスター購入
フォレックステスター・導入ガイド
フォレックステスター有料データ購入ガイド
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント

あなたの負けトレードを徹底解説!

迷晴れボックス
海外FX口座の基礎知識
海外FX口座スペック比較

月別ページ

カテゴリー

シストレ24キャンペーン
FXPLUS