FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を鍛えるサイト。

menu

迷晴れFX

【週ナビ#241】行き過ぎは反作用の原因となり、逆方向への変化を促す。

週刊チャートナビ(2019.07.01~2019.07.05)は、ドル円、ユーロドル、ユーロ円の主要三通貨ペアの一週間を振り返ったチャート考察です。

今週の視点

1時間足 行き過ぎもまた相場

1日の窓開けで先週高値をイキナリ上抜いたが、トランプ北訪問がなければ先週高値、又は、5月安値の2番天井から売るつもりだった。

「行き過ぎは反作用の原因となり、逆方向への変化を促す。」これはプラトンの言葉だが、「行き過ぎもまた相場」という格言もある。先週高値を更新したには違いないが、ここは、2月安値+戻り高値に近く、戻り売りゾーンでもあった。

買いバイアス強すぎで、先週高値上で何度もロングしてしまった人はいなかったろうか。

1時間足 一週間のスケジュールを確認する

先週安値ネックラインを意識できれば下落相場をとれたと思う。

今週は、独立記念日もあったうえ、週末の米雇用統計待ちもあって、押し目候補に達してからは動かなくなった。

強者の安値を挟んで、1.130と5月高値の30ピプスの間で浮動したが、ムリをせずに金曜日まで様子見できたがろうか。

週間の経済指標や要人会見スケジュールは各FX会社が用意しているので、事前に調べておけばリスク回避できることも多い。

ドル円

4時間足に月足+週足ロウソク

今週の見通し

状況:2月安値+戻り高値売りvs.先週安値上昇波押し目買いの構図。トランプ氏の北朝鮮訪問インパクトか上に窓を開けた。4時間21MAサポ、日足21MAレジがある。

TR上段㊤:2月安値(戻り高値)

TR中段:5月安値と107.5(押し目候補)この間で揉むカモ。

TR下段㊦:先週安値

売り手目線:2月安値(戻り高値)からの戻り売り。5月安値の戻り目を上抜くと、2月安値(戻り高値)を上抜く可能性もでてくる。

買い手目線:先週安値上昇押し目買い、押し目候補は107.5から20283月高値を考えているが。このまま上昇するかもしれない。

今週の値動き:当初、5月安値+先週高値付近を戻り売り候補とみたが、G20に続くトランプ大統領北朝鮮電撃訪問の影響か、この戻り目を上抜いた。ただ、行き過ぎ感があったせいか長くは続かず、その後は想定通り107.5押し目候補まで強く売られ、米雇用統計の結果待ちとなり、ドルが買われた。

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

今週の流れ

1日、前日の高値更新はG20後のトランプ北朝鮮電撃訪問によるオーバーシュートとみていたので、2日は、2月高値からの戻り売り狙いだった。

3日、4日(アメリカ独立記念日)で押し目をつくり、5日金曜日に押し目買いが始まり米雇用統計で108.5をマークした。

15分足に週足+日足+4時間足ロウソク

JULY.01 Mon.

状況:トランプ氏の北朝鮮ツイッター電撃訪問のせいか、朝から買いが強い。

売り手目線:実は108.0と4時間下降CHレジ+日足21MAクロスで戻り売りを考えていたが、いきなり先週高値を更新してしまったので、5月安値上で強く反発すれば窓埋め狙ってショート。

買い手目線:強い上昇モメンタムを押し目買い、窓埋めが押し目候補。

月曜日の値動き:5月安値(先週高値含む)を高値更新。

朝から上昇モメンタムが強く、これが収まるのを待った。

東京時間、108.5でミニ天井から赤1押し目崩れでショート、黄〇上昇半値押しでアウト。

欧州初動、半値押しまでの売り弱く、戻り高値ブレイクで青1ロング、108.5でアウト。続いて、108.5の2番天井ダマシ高値赤1をみてショート、このショートは失敗しても、2月安値までのロングでカバーできる。

JULY.02 The.

状況:前日終値が5月高値を更新した。

売り手目線:108.5への3回目のアタックで逆張りショート(タイミングはミニハラミ下抜け)で窓埋め狙い、失敗すれば、2月高値までロングしてリカバー。

買い手目線:①108.5前日高値ブレイクアウトで2月安値までロング。②108.0+窓埋めから天井試しの押し目買い。

火曜日の値動き:108.5天井から前回の押し安値まで下降。

東京時間、108.5への3回目のトライ失敗から赤1ショート、3月安値を下抜けずアウト。

欧州初動、108.5への4回目のアタックからの売り転換を赤2ショート、前回押し安値アウト。赤3ショートでもよいと思う。

JULY.03 Wed. ADP雇用統計

状況:前回押し安値まで70ピプス下落。

売り手目線:①前日陰線戻り売り、108.0仮ネック、月曜安値(4時間MA+日足MA)辺りが候補②前日安値崩れれば107.5までショート。

買い手目線:前回押し安値+4時間下降CH㊤での押し目買いセットアップ待ち。

水曜日の値動き:前日安値押し目崩れから107.5押し目候補まで下がってから買われ始める。

東京時間、前回押し安値+前日安値崩れで赤1ショート、107.5押し目候補アウト。その後、押し目買いセットアップ待ち。

NY時間、107.5押し目候補にて高安切上げで青1ロング、東京時間高値にOCOを設定。

JULY.04 Thu. 独立記念日

状況:前日は陰線ピンバー、終値は先週陽線押し目候補107.5でサポート。

売り手目線:①前日高値レジから火曜高値下降波戻り売りで107.5下値試し②月曜安値レジからの戻り売り。

買い手目線:①前日安値107.5への下値試し完了後、前日高値抜け期待ロング②前日高値をブレイクすれば底値試しから3波押し目買い。

木曜日の値動き:独立記念日でノートレード

JULY.05 Fri. 米雇用統計

状況:前日は米独立記念日で動きなし。1時間CH下部107.5でサポート。

売り手目線:①1時間下降フラッグ完成狙い、水曜高値から月曜曜安値での戻り売り②1時間上昇CHサポを下抜け107.5で買いを受けてからの戻り売り。

買い手目線:1時間下降フラッグ失敗狙い。107.5下値試しがフェイクになって1時間CH内に戻れば水曜高値抜けの1波をロング、続いての3波押し目買い。

金曜日の値動き:米雇用統計で50ピプス上昇。

欧州初動、青1水曜高値抜けの1波をロング、雇用統計前にアウト。

NY初動、雇用統計の動き、下値試し後の5月安値ブレイク青2ロング、2月安値には届かなかった。

ユーロドル

4時間足に月足+週足ロウソク

今週の見通し

状況:1.110始点上昇波がN値達成からの天井形成。上昇3波継続でN値を越えていくかもしれない。

TR上段㊤:1.150

TR中段:先週高安天井圏

TR下段㊦:1.130を上抜いた強者の安値。

売り手目線:先週高値天井から売り転換モードに入る。

買い手目線:上昇3波継続押し目買い。

今週の値動き:先週高値N値から売り転換開始、強者の安値付近で押し目を形成し始めるも米雇用統計で崩れた。

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

今週の流れ

1日、先週安値ネックライン割れからの戻り売りが成功して強者の安値まで下落。ここから、4日独立記念日にかけて押し目の形成が始まったが雇用統計で崩れた。

15分足に週足+日足+4時間足ロウソク

JULY.01 Mon.

状況:25日はらみ足の子はらみ40ピプスのなか。

売り手目線:①先週高値を試せば1.135ネックラインまでショート②1.135ネックを下抜けば4月高値までショート。

買い手目線:二週前上昇押し目買い、1.135、4月高値でロング。

月曜日の値動き:1.135先週安値ネックラインを割る。

東京時間、1.135ブレイクアウトで抜けの1波目を赤1ショート、5分足2本目で飛び降りできたのは、レジスタンスが目前にあるため、4月高値アウト。

NY時間、1.135へのプルバックから赤2戻り売り(後から気づいたがこのロングは4月高値押し目買いに負けたかもしれない)、4月安値ブレイクで1.130でアウト、最終的には強者の安値まで延びた。

スポンサーリンク

JULY.02 The.

状況:前日は90ピプス陰線、押し目候補、強者の安値で下げ止まる。

売り手目線:前日陰線戻り売り。4月高値が戻り目、強者の安値をブレイクしても5月高値が直下なので注意。

買い手目線:押し目買いのセットアップからロング。

火曜日の値動き:前日陰線戻り売りでWボトム、押し目買いセットアップには至らなかった。

東京時間、強者の安値、1時間足ブレイクで5月高値までを赤1ショート、これは失敗(この時点では修正前の1時間CHで気づけなかった)

欧州時間、4月高値戻り売り候補の強反発で赤2ショート、NY初動の下ヒゲでアウト。黄1の2回目アタックからの戻り売りは深夜になって入れなかった。

JULY.03 Wed. ADP雇用統計

状況:強者の安値で押し目形成サポート。

売り手目線:①強者の安値押し目崩れで5月高値までショート②4月高値から底値試しのショート

買い手目線:1時間下降CHレジ抜けからロングを狙う。(5月高値スパイクの可能性アリ)

水曜日の値動き:5月高値スパイク上昇するも1.130でレジされ4月高値には届かず。

東京時間、1時間下降CH付近まで様子見。

欧州初動、青1の5月高値スパイクから、1時間下降CH抜けの1波目をロング、1.130でレジされてアウト。

JULY.04 Thu. 独立記念日

状況:先週陽線押し目買い候補周辺、強者の安値を挟んで、5月高値と1.130の約30ピプスレンジで浮動中。

売り手目線:①押し目崩れから1.125を目安にショート、その後、戻り売り②1.130を上抜けば4月高値レジで底値試しショート。

買い手目線:①前日安値+5月高値への下値試しから、1.130上抜け期待で抜けの1波をロング②1.130を上抜けば3波押し目買いロング。

木曜日の値動き:米独立記念日でノートレード

JULY.05 Fri.

状況:米独立記念日で動きなく、5月高値と1.130の約30ピプスレンジで浮動中。1時間下降CHを修正。

売り手目線:1.130上抜けば底値試し2波をショート、売りゾーンは1.135から4月高値、これを上抜けば1時間下降CHレジ。

買い手目線:5月高値サポートから1.130抜けの1波をロング、続いて、3波押し目買い。

金曜日の値動き:米雇用統計で5月高値底値が崩れる。

NY初動、雇用統計の動き、1時間CHサポ割れで赤1ショート、1.120手前押し安値ミニネックのWボトムでアウト。

ユーロ円

4時間足に月足+週足ロウソク

今週の見通し

状況:赤はらみのなか、Wボトム2番底から赤高値を目指している。赤はらみでは売り目線だが、オレンジはらみでは上昇トレンドで買い目線。

TR親レンジ:赤はらみの高安

TR子レンジ:オレンジはらみの高安

レンジ目線:レンジ戦術でオレンジはらみ高安からの逆張り。オレンジはらみ高値を抜けば、赤はらみ高値までロング可能。

今週の値動き:オレンジはらみの高値で強反発、はらみ下限を目指しドル円107.5、ユロドルの強者の安値サポート。

1時間足に月足+週足+日足ロウソク

今週の流れ

オレンジはらみ高値反発で売られ、赤はらみ安値を目指し、2日前半押し目も崩して、121.5+ドル円107.5+ユロドル強者の安値まで下落、独立記念日からの雇用統計の流れで浮動した。

15分足に週足+日足+4時間足ロウソク

JULY.01 Mon.

状況:オレンジはらみ高値付近

売り手目線:オレンジはらみ高値逆張りショート。

買い手目線:先週陽線上昇トレンド押し目買い。

月曜日の値動き:東京時間、オレンジ高値を一瞬突き抜けたがV字回復、この値動きはトランプ氏の北朝鮮電撃訪問の影響とみて様子見。

欧州時間はドル円108.5レジとユロドル4月高値サポ+1時間上昇CHサポに挟まれ様子見。

NY初動、ドル円+ユロドル戻り目売りで赤1ショート、122.5アウト。

JULY.02 The.

状況:オレンジ高値を試して強反発。1時間上昇CHを下に割る。

売り手目線:①122.5から1時間上昇CHを試せば戻り売り②押し目崩れから、先週安値までショート

買い手目線:先週金曜安値付近から押し目買いでオレンジ高値試し。

火曜日の値動き:先週金曜安値の押し目崩れから先週安値まで下降。

東京時間は押し目形成待ち。欧州初動、黄1ダマシ高値からの押し目崩れ狙いで赤1ショート、先週安値アウト。

JULY.03 Wed.

状況:先週安値まで下降。

売り手目線:1時間下降CHレジ戻り売り。

買い手目線:先週安値押し目買い狙い、1時間下降CHレジ抜け待ち。

水曜日の値動き:1時間下降CHレジまで戻す。

東京時間、先週安値ブレイク黄1ショートは1時間下降CHサポが近くて見送り。その後、1時間下降CHレジに向けてプルバックを始める。

NY時間、1時間CHレジ付近でWトップをつくるもネックラインを割れずにショート見送り。

JULY.04 Thu. 米独立記念日

状況:前日終値は121.5サポート、1時間下降CHレジまで戻している。

売り手目線:1時間下降CHレジで戻り売り。

買い手目線:121.5サポートから押し目買いセットアップ完了後に122.0目安にあや戻しをロング。

木曜日の値動き:米独立記念日でノートレード。

JULY.05 Fri.

状況:前日は米独立記念日で動きなし。1時間下降CHは抜けている。他2通貨ペアは雇用統計待ちだが、逆相関すればユロ円は動かない。

売り手目線:121.5にて押し目買いセットアップ崩れ待ち。

買い手目線:121.5にて押し目買いセットアップ待ち。

金曜日の値動き:ノートレード

モノローグ

「最速で勝ちトレーダーになる方法、選択の自由がもたらす2つの罠。」これが、AiriAさんが勝ち組になった原点動画だそうです。

そこで、4年前の動画ですが見返してみました。流石に4年も経つと、当時何をしゃべったかなんて完全に忘れてますので逆に新鮮です(笑)

そこで気づいたのは、4年の隔たりがあっても、ほぼ、現在の認識と一緒ということ。普遍的な内容なので、おそらく10年後に、ご覧になっても情報が陳腐化することはないでしょう。

マンネリも極めれば伝統。昔からそう思っているので、この週ナビにしても、ひとつのやり方を続けています。

150キロの速球を実際に目で追うことは不可能です。だから、バッターは”イメージ記憶”でバットを振りますが、それには”イメージトレーニング”が欠かせません。

「迷晴れ動画を見ていたら、いつの間にかチャートが読めるようになった」

最近、ちょくちょくそういう意見を頂きますが、原理は同じでしょう。

イメトレは素振りみたいなものなので地味で退屈ですが、力がつく練習方法ではあります。

さて、この動画にもありますが、4年経った今でも、”選択の自由”で迷宮入りしてしまう人が沢山います。

情報過多の時代、情報は拾うより捨てるほうが遥かに難しいので、動画のなかで”オッカムのカミソリ”の話がでてきますが、この視点はとても大切にしています。

オッカムのカミソリを、ひとことでいうなら、「単純に考えるほどに気づきは多く、複雑に考えるほどに気づきは少ない」ということです。

最近、カメラで風景を撮影してます。

風景写真は街中のスナップ写真より難しく感じます。なぜなら、景色が広大すぎて普通に撮ると、つならない写真になってしまうからです。

何を撮りたいか(FXならどういう動きを狙うか)というテーマを決めてからでないと、後からみて納得できる写真は撮れません。

カメラは、絞り・シャッタースピード・ISO感度という、3つの要素で適正露出(明るさ)を決めます。

ボクの場合は、写真なら、ISOを100(一番ノイズが小さい値)に固定しますが、これは選択肢を残り2つに絞るためです。

残り2つのうち、絞りは背景をぼかすか、ぼかさないかといった演出で決めるので、残るはシャッタースピードだけになりますが、これは、ヒストグラムをみて白トビ黒つぶれしないよう機械的に設定してます。

動画ならシャッタースピードを固定して、絞りとISOのみを調整します。

ダイヤルロックでも、2ケタの組み合わせは100通りですが、3ケタの組み合わせは、その10倍1,000通りです。

これが、インジケーター探しをやめた理由です(笑)

相場を構成する要素は、値段と時間、それに時間足ですが、カメラの適正露出の出し方と似ています。

個人的には、値段・時間・時間足、この3つを同時にみていて、適正なエントリーポイントを見つけますが、ビギナーなら、どれかひとつを固定して、残り2つで適正なエントリーポイントを測る、なんてことができるかもしれませんね。

いづれにしても、一度にひとつのことにしか集中できません。

ひとつの仮説・ひとつの検証・多くの気づき、ひとつの作業を決めて集中する、これが基本です。

ひとつづつ、こなしていけば、やがて全てを終えることができます。

◆お断り◆
この動画は「学習」を目的に制作されたものです。個人の見解を過去のチャートから解説したものであり、未来を予想したり、利益を保証するものではありません。

記事へのレビューやご意見はコメント欄をご利用ください。コメントを「読者さまの声」としてブログや動画に掲載させていただくことがございます。

◆著作権について◆
当サイトは無料でご覧頂けますが、著作権は放棄しておりません。動画等のコンテンツを営利目的でお使い頂くことはできません。

詳細はご利用についてをご覧ください。



こちらの記事もあわせてご覧ください

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (13)

    • モモイチゴ
    • 2019年 7月 06日

     いつも大変お世話になります。一週間ほどネットが殆どつながらない環境の所に行っており昨夜帰ってきました。今朝、前回の動画を拝見すると、私の書き込みを取り上げて頂いており大変驚いたのと同時にとても感謝しております。そういうわけでお礼がとても遅くなりまして申し訳ございません。厚く御礼申し上げます。
     私はマックを使っていますので、迷晴れボックスに投稿することができません。そのため、わからないことがあるとこちらの掲示板で質問させて頂くのですが、いつもご丁寧な返信を頂き感謝していましたところ今回は私のトレードを題材にして解説して頂き本当にうれしかったです。夢のようでした。
     迷晴れさんが仰ってたように、「負けても間違いではない、その負けを勝ちの材料にする」ということを頭に入れてがんばろうと思います。根っからののんびり屋をしばらくは封印したいと思います。

      • NoN
      • 2019年 7月 07日

      有益なコメントなので共有させて頂きました、有難うございます。
      トレードは正しい解釈をしても負けるとき、誤った解釈をしても勝てるときがあるのが厄介です。誰に相談することもできない状態だと、悩まなくていいところで悩んだりしてしまいますよね。
      あと、マックだとフォームから投稿できないのですね、4年以上続けていて初めて知りました。今後も、このコメント欄をご利用ください。

    • すがやん
    • 2019年 7月 06日

    いつも更新ありがとうございます。

    ドル円に関し
    夜チャートを見られずで取れこそしませんでしたが、比較的シナリオ通りの動きでした。
    週末時点でWトップ右肩形成からの戻り売り狙い勢が多くおり、その勢力が戻り売りを諦めず窓埋め期待+ファンダ買い勢の早期利確/待機勢の損切で、窓埋めを伴う大きめの下降波(その後、押し目買い勢と攻防しモミモミ)と予想。

    振り返れば、本ブログに辿り着いてからは他のブログや教材を見ておらず、まさに今回仰っていた「迷晴FXを見ていたら相場が見えるようになってきた」に少しなっているのかな、と感じました。

    勝ちトレーダーになるにはまだまだ長い道のりで、そもそもそれに見合う時間・努力を注げていないという自覚があるのですが…それでも毎週見ているだけで、大きな努力をしていない素人がここまで全体感・相場の雰囲気を掴めるようになるとは、迷晴FXには物凄いエッセンスが含まれているな、と改めて感じます。

    来週はドル円が5月高値をそのまま更新するか、レジスタンスされるも下値が重く、Wトップ失敗で6月半ばのようなレンジもあり得るかと予想しています。来週も勉強させて頂きます。引き続き更新よろしくお願い致します。

      • NoN
      • 2019年 7月 07日

      ドル円、その通りになりましたね(^_-)-☆
      まずは大局を把握できることが肝心。ウィークリー、デイリー、この2つの大局をおさえて、毎日の三大市場切り替わりを意識できれば、大きく間違えることはなくなります。あとはエントリータイミングですが、これは、練習もいるので、後からでもいいと思います。皆、学ぶ順番が逆だから難しく感じるんです。

    • H
    • 2019年 7月 07日

    いつも素敵な動画をありがとうございます。今週、ドル円火曜日の108.5からのショートが上手く伸びてくれました。月曜は大きな窓開けスタートだったので1日静観していましたが次の日に、見事窓埋めしてくれました。あのゾーンは上位足レベルでしっかりともみ合いを作って下落してきた場所なので1発突破は難しいのでは?と考えていました。仮に上に突破されていても損切も浅く、途転もできたかなと。

    課題が残ったのがユーロドルです。月曜日、1.135からの戻り売りを仕込めていたのですが、23時からIMSの指標が気になりポジションを1度外してしまいました。上から見ると絶好の戻り売りのパターンですが、短期ロング勢からみると押し目買いのセットアップにも見えます。だからこそ押し目を崩せばしっかり下がってくれるのですが。逆行してきても建値撤退くらいで構えておいたらよかったのかな、とタラレバですけど思います。動画でも言われていましたが、サポートが崩れてから入るのが1番安全なのですけどね。水曜日からはノートレードで、雇用統計も参戦はしないで値動きの観察に徹していたのですが、週の初めに大きく取れると心に余裕が生まれますね。

      • NoN
      • 2019年 7月 07日

      お疲れ様です!ドル円、ナイストレードでした。ユロドルは、やはり同じようなところを注視していますね。同じ景色を視てる人がいると思うと、なんだか不思議な気持ちになります(^_-)-☆

    • 猫チャギラ
    • 2019年 7月 07日

    いつもご教授頂きありがとうございます。行き過ぎは逆方向への変化を促すというテーマでしたが、相場はまともに行くときは1割程度で9割はマーケットメーカー達の騙しと聞きました。一時的なオーバーシュートや逆方向にスパイクで振る等、ロンドン初動に限らず常に起きてるとのことです。そうやって個人を焼くのと同時に、これからこっちへ相場を動かすぞというマーケットメーカー達お互いの合図みたいになっているよう。最近フィボの検証を多くやってますが、フィボの当て方も実態で当てて少しズレていてもヒゲで合わせたらピッタリとか、始まりと終わりを少しずらしたり裏当てしたり等、微調整すると毎回必ずガチはまります。そして複数足のフィボが重なるところは皆大きな節目だったりオプションがあったりしてます。毎回そこに自然に一致するとは考えてにくく、やはりマーケットメーカー達がそういうを合図にチャートを作ってるのではないかと最近は強く感じます。そしてそれ以外の場所でおこったブレイク、エントリーシグナルは要注意ではないでしょうか?またFXの歩き方もすぐ見返しました。いろいろ試すと反って悪くなるとのことでしたが、自分も最近は相場の初動を早く的確に捉えるため、三尊、逆三尊に絞ってます。ダブルトップや高安圏の揉み合部分はそれを一つに括り中央の山谷として捉え、押し安値戻り高値を割ったら2つ目の山谷と見て、そこからまた上がってきた下がってきたところを右肩と捉えれば常に三尊、逆三尊にと見れます。それにMTFフィボが重なり三尊、逆三尊とも重なるところを日足以上のところで探していくと、そこで逆に動いているところは全て騙しのようです。しばらく三尊、逆三尊×MTFフィボだけに固定してやってみようと思います。

      • NoN
      • 2019年 7月 07日

      三尊の件、おもしろい視点ですね。それと”ダマシ”を前提にした検証、結果がでたらまた教えてください。

    • ケトラ
    • 2019年 7月 07日

    質問させて下さい。
    ドル円ですが、雇用統計発表後、迷晴れさんがロングを入れたタイミングで、私はショートを入れました。
    理由としては、5月の安値を意識していて5分足で一旦超えたがヒゲでロウソク足は超えずに確定したのでショートしました。

    週の頭の5月安値超えで、レジスタンスの役目は機能しなかったのでしょうか。
    お手数ですが、ご教授の程、宜しくお願い致します。

      • NoN
      • 2019年 7月 07日

      レジ候補ではありますが、勢いもあるので、5分足1本止まったくらいでは判別つかないです。3日、4日で底値を固めていたことと、雇用統計初動で下値を試したこと。こういう早い動きは1分足を使うとわかりやすいかもしれません。

        • ケトラ
        • 2019年 7月 08日

        返信ありがとうございます。

        まだまだ実力不足で素人レベルなので、レベルの低い質問をしてすみません。

        見ず知らずの者にも、ちゃんと回答してくださるので、本当に有り難いです!

        無駄な質問をしないように、また今日から頑張ります(^-^)

    • 蕎麦茶
    • 2019年 7月 07日

    お疲れ様です。
    最近4年前の動画もいくつか見ましたが、何度見ても得るものがあります。本質は全くブレはないのに、進化はされているので凄いの一言です。
    今週は前半2通貨とも押し目までのショートをしっかりとれ、どちらも重要な押し目候補なので攻防が続くなと認識で、勝ってる時の無駄打ちもなく金曜日のユーロドルの押し目崩れもフラットに準備できてました。
    なんか先週あたりから結果も対して出てないのに、妙な自信が出てきたんですよね‥
    何とかなるって妙な、でもけっこうな自信が。
    迷晴れさんのアドバイスのマインドセットでのイメトレと、2月前からぐらいから、退職で追い込んでもう一度1から検証し直したのと、FT3での練習をひたすらやってるのが、ようやく自信に繋がってきたのかなと信じたいです。
    この妙な自信が勘違いではなく確信に替わるようにもう少し必死でやってみます。
    今週もありがとうございます^_^

      • NoN
      • 2019年 7月 08日

      お疲れ様です!イ~感じですね(^_-)-☆練習の成果が出始めて、いろんなことが繋がってきたんじゃないでしょうか。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内検索

FX人気口座ランキング
短期売買特化型口座特集
MT4口座特集
システムトレード口座特集

学習ツールと投資関連書籍

フォレックステスター購入
フォレックステスター・導入ガイド
フォレックステスター有料データ購入ガイド
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント

あなたの負けトレードを徹底解説!

迷晴れボックス
海外FX口座の基礎知識
海外FX口座スペック比較

月別ページ

カテゴリー

シストレ24キャンペーン
FXPLUS