FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を鍛えるサイト。

menu

迷晴れFX

【週ナビ#227】その弱さが強さを呼び込む。

週刊チャートナビ(2019.03.25~2019.03.29)は、ドル円、ユーロドル、ユーロ円の主要三通貨ペアの一週間を振り返ったチャート考察です。

今週の視点

1時間足

先週安値Wボトムのシナリオも持っていたが、26日陰線終値が先週安値をブレイクすると下がっていった。

1.125、2月安値、11月安値と連続したサポート群になっていたところが難しい値動きになったが、値段と時間の待ち合わせ場所として、1時間下降CHを意識できて引きつけられれば問題なかったと思う。

ラインドナンバー50ピプス刻みの間に、上位足レジサポがひとつも存在しないことが理想だが、今回のユロドルのように2本あることもある。そうなると、小刻みに上下してしまい、半端なところで入ると負けやすい。

1時間足

先週金曜大陰線戻り売りvs.107.0上昇半値押し(先週安値)押し目買いの攻防を読めたかどうか。読めていればニュートラルな目線を維持できたでしょう。

先週安値3ボトムネックをブレイクさせた強者の値という逆サイドを試してから先週金曜高値まで上昇しました。

先週金曜大陰線戻り売りが、強者の安値を崩せず『売りが弱い』事実がトリガーになって、先週安値を底値とみた上昇3波ロングを呼び込みました。

このとき、仮に緑ボックスのなかをレートが行き来してるだけでは、売りと買いのどっが強いのわからず、暫くレンジが続いたかもしれません。

強者の安値まで売られたからこそ、売りの弱さが、多数に露呈したわけです。

昔の炭鉱夫は、有毒ガスを人よりも早く探知させるためにカナリアを連れていったそうです。

屈強な炭鉱夫と、か弱いカナリア、その組み合わせが絵になるので、よく映画のワンシーンで使われてますね。

相場でも、『弱さ』に気づけるか弱きカナリアを一匹、籠に入れておきましょう。

4時間足に月足+週足ロウソク

今週の見通し

先週足190ピプス陰線をどこまで戻すか注目。111.0を上抜き返すと天井が崩れる可能性もでてくる。

TR上段:㊤先週高値

TR中段:㊤高値ネック111.0(週足ハラミ㊦をブレイクさせた強者の高値)㊦先週安値(107.0上昇波半値押し109.5を含む)

TR下段:㊦1月終値+強者の安値、107円からの上昇波61.8%押し周辺

売り手目線:ラス押し目を割って下降トレンド発生中。下降フラッグ下辺も抜けているので、売Nゾーン(111.0~ラス押し目)から戻り売りを仕掛けてくる。

買い手目線:107円始点の上昇押し目買い候補(半値~61.8%)にあるので、下げ止まれば逆張り派に火がつく。

今週の値動き:先週金曜高値での戻り売りは、先週安値に届かず安値を切り上げ全戻しされた。

1時間足に週足+日足ロウソク

今週の流れ

Mar.25 Mon.先週安値で底値形成
Mar.26 The.底値からネックブレイクの70ピプス大陽線
Mar.27 Wed.先週金曜大陰線戻り売りvs.先週安値押し目買いで攻防
Mar.28 Thu.先週安値強者の安値から75ピプス大陽線で先週金曜大陰線高値に到達。
Mar.29  Fri.先週金曜大陰線高値附近で揉み合い、今週足終値はレジスタンスされた。

15分足に日足+4時間足ロウソク

Mar.25 Mon.

流れ:1時間CHのなか下降トレンド発生中。

売り手目線:売りNゾーン(1時間CH㊤+ラス押し目裏が有力候補)で上げ止まり確認後戻り売り。

買い手目線:先週安値で売り尽くされれば、ショート利確+逆張り派ロングを狙った「あや戻し」を1時間CH㊤までロング。

月曜日の値動き:

東京時間、先週安値でWボトムを確認後「あや戻し」を青1ロング、ラス戻り目でアウト。

欧州時間、下降トレンド赤1戻り売り、上昇3波を警戒して強者の安値手前でアウト。

Mar.26 The.

流れ:前日の戻り売りは先週安値でサポートされ底値形成。

売り手目線:戻り売りしても底堅い値動きになってるので上昇3波に注意。この底値が崩れそうならショート。

買い手目線:先週安値Wボトムからネックを上抜く上昇を崩されたが、直後に反発しているところをみるとサポートが効いている。もう一度、先週安値を試せば前日高値を抜く波をロング、戻り売りが入ったところで利確。

火曜日の値動き:先週安値を試す動きが、1時間下降CH㊤で止められた青1ロング、高値ネックでアウト。

 Mar.27 Wed.

流れ:先週金曜高値からの戻り売り候補に到達。先週安値押し目買いvs.先週金曜大陰線戻り売りが競ってレンジ化する可能性アリ。

売り手目線:金曜高値で戻り売りできるが、底値からの上昇3波に注意!

買い手目線:戻り売りが弱ければ底値からの上昇3波をロング。金曜大陰線戻り売りが崩れれば、111.0レジがあるが、4時間下降CH㊤を目指すだろう。

水曜日の値動き:

欧州初動、前日高値+高値ネックに出現した赤1打ち消し線をサインに戻り売り、底値ネックでアウト。

続く黄1での上昇3波はスルー、そのわけは①戻り売りと競合してレンジになる可能性。②強者の安値まで下抜ける可能性があるが10ピプスしかないのでリカバリーが難しい。

Mar.28 Thu.

流れ:先週金曜大陰線戻り売りvs.先週安値押し目買いでレンジ化しているので前日高安を基準に考える。

売り手目線:売N㊤へのフェイクに注意しつつ、前日高値戻り売り。

買い手目線:買N㊦へのフェイクに注意しつつ、前日安値押し目買い。

木曜日の値動き:

東京時間、キリアゲライン下抜け黄1ショートは底値からの上昇3波を警戒して見送り。

欧州初動、強者の安値から上昇3波青1押し目買い、金曜高値アウト。

Mar.29 Fri.

流れ:先週安値底値ブロックから上昇3波発生で約80ピプスの上昇、金曜大陰線戻り売りを崩した。

売り手目線:金曜高値でベア最後の抵抗が考えられるが、昨日の売り強さを考慮すると弱いかもしれない。金曜大陰線高値での強いPA、高値ネック110.5を基準に売りを考える。

買い手目線:前日陽線押し目買いだが、金曜大陰線高値のベア最後の抵抗に注意!金曜高値を上抜けば、4時間下降CH㊤を目安にロング。

金曜日の値動き:東京時間、金曜高値2回目の強反発した赤2でショート、仮ネック110.5手前でアウト。

ユーロドル

4時間足に月足+週足ロウソク

今週の見通し

ECB高値を上抜き返し、さらにFOMCで1.140高値を更新したが逆Vで全モ、そこからFOMC安値を独PMIが下抜き返したが、先週終値は1.130(2018サポート)でサポートされている。今週はこの1.130サポートとPMI高値に考える。

TR上段:㊤先週高値+FOMC高値

TR中段:㊤独PMI高値㊦独PMI安値+先週安値

TR下段:㊦ECB安値

売り手の目線:独PMI戻り売り。このまま先週安値を割れば、ECB安値まで50ピプスのキリ番を目安に売る。

買い手の目線:1.130で底堅い値動きになれば、PMI高値目安にロング。

今週の値動き:注目の1.130が絡んでいたので、先週安値でWボトムになるかと思いきや、先週安値割れで11月安値まで下降、週足終値は1.130を完全にブレイク。

1時間足に週足+日足ロウソク

今週の流れ

Mar.25 Mon.PMI高値下降波あや戻し
Mar.26 The.PMI下降波戻り売りが先週安値を日足終値ベースで更新。
Mar.27 Wed.先週安値ブレイクがダマシにならず25日安値で戻り売りされる。
Mar.28 Thu.1時間下降CH㊤反発で戻り売りされ2018.11月安値まで下がる。
Mar.29 Fri. 2018.11安値で底堅い値動きになって今週足は11月安値でサポート。

15分足に日足+4時間足ロウソク

Mar.25 Mon.

流れ:独PMI高値と先週安値で考える。

売り手目線:PMI下降波戻り売り、候補は1時間CH㊤+FOMC安値が有力。このまま先週安値を割れば、50ピプスキリ番を下げ止まりの目安にする。

買い手目線:先週終値は1.130サポートされた。PMI急落戻り売り候補までの「あや戻し」を1時間CH㊤+FOMC安値までロング。

スポンサーリンク

月曜日の値動き:東京時間、先週安値を試すも下値が重い展開。欧州初動、先週安値を試す挙動があったが1.130で反発したので青1ロング、上値も重くタイムアウト。

Mar.26 The.

流れ:1.130(2018サポート)が意識されたのか、先週安値まで下がらずに上昇を始めた。2時間足SMA21が機能中だが、もう少し横に移動すれば1時間CH㊤も近く、戻り売り待ち合わせ場所にふさわしいい。

売り手目線:1時間下降CH㊤+切上げサポート下抜けで、先週安値目安に戻り売り(1.130サポに注意)

買い手目線:前日安値Wボトム2番底からロング、このまま、前日高値+1時間CH㊤を抜けば、戻り売り候補Nゾーン㊦1.135までロング。

火曜日の値動き:欧州初動、引き直し前の1時間下降CH㊤反発で赤1ショート、1.130をブレイク、先週安値アウト。

 Mar.27 Wed.

流れ:PMI高値戻り売りで前日陰線終値が先週安値を更新。

売り手目線:先週安値更新を根拠に、前日陰線終値を試しての戻り売り。候補は1時間下降CH㊤+25日月曜安値、先週安値や1.130で反転する可能性もある。

買い手目線:先週安値は押し目買い候補+1.130サポートもあるので、先週安値更新部がダマシになる可能性もある。1時間下降CH㊤+1.130を上抜き返すとその可能性が高まる。わかりやすい下ヒゲピンバーや1時間下降CH㊤へのプルバックなどのサインが出ないと買いにくい。

水曜日の値動き:

東京時間、黄1先週安値反発戻り売りはダマシになるリスクを考え見送り。

欧州初動、1.125ダマシ安値をサイン+キリサゲラインブレイクで1.130目安に青1ロング。

NY初動、25日月曜安値反発で赤1前日陰線戻り売り、1.125アウト。

Mar.28 Thu.

流れ:前日足が先週安値を完全にブレイク。火曜+水曜と連続陰線だが、勢いは弱くなっている。

売り手目線:1.125が崩れても2月安値、11月安値と、1.120までの50ピプスにサポート群が連続しているので売りづらい。

買い手目線:1.125で強いPA、あるいは、2月安値への試しから前日高値を目安にロング。

木曜日の値動き:

東京時間、1.125で底値形成するも1時間下降CH㊤+2時間SMA21が降りていたのでロング見送り。1.125底値崩れで赤1ショートスキャル、スパイクを警戒して2月安値アウト。

続いて、東京高値+1時間下降CH㊤+2時間SMA21レジスタンスで、スパイク上昇失敗とみて赤2ショート、11月安値アウト。

Mar.29 Fri.

流れ:前日足は11月安値でサポート、11月安値が底値になるとすれば、前日高値=仮ネックとのスキマ、40ピプスが底値圏になる。1時間下降CHを引き直した。

売り手目線:下降中なので前日高値戻り売りだが、そうなれば、1時間下降CH㊤はブレイク済みなのでプルバックが完了すれば買われ始める。金曜日なので、11月安値からTR下段㊦まで40ピプスあるが、ここからの売りは安値掴みに注意。

買い手目線:11月安値+前日安値で強いPAが出れば逆張りロング、1時間下降CHへのプルバックからロング、本格的に買い始めるなら、前日高値仮ネックを上抜いてから。

金曜日の値動き:欧州初動、1時間下降CH㊤を黄1で5ピプス抜けたが、この程度では抜けたとみなせずスルー。続いて11月安値を試したところでスパイクを狙って青1ロング、1.125に届かずアウト。その後は乱高下してしまった。

ユーロ円

4時間足に月足+週足ロウソク

今週の見通し

先週終値は2月安値+ユロドル1.130+ドル円半値押しでサポートされている。

TR中段:独PMI高安230ピプス

売り手目線:独PMI下落戻り売り、他2通貨にもよるが125.0が有力。

買い手目線:PMI下降波あや戻し狙い、先週安値+2月安値で底堅い値動きになればロング。

今週の値動き:ドル円半値押し+ユロドル1.130サポートから戻しが入り、125.0で戻り売りされたが、週後半になると、ドル円が買い選好になり、先週安値を下抜くパワーを得れなかった。

1時間足に週足+日足ロウソク

今週の流れ

Mar.25 Mon.PMI高値への戻しが始まる
Mar.26 The.PMI下降波戻り売り候補到達後、戻り売りが始まる。
Mar.27 Wed.戻り売りが2月安値に到達
Mar.28 Thu.先週安値到達後に強反発
Mar.29  Fri.125戻り売りvs.先週安値押し目買いで攻防。

15分足に日足+4時間足ロウソク

Mar.25 Mon.

流れ:ドル円半値押し+ユロドル1.130が下値を支えてる、ユロ円もそうそう下がらないだろう。

売り手目線:PMI下降波戻り売り候補は125.0を高値とする売Nゾーン。

買い手目線:先週安値WボトムでPMI下降波売りポジ利確+逆張り派買いポジに便乗してロング。

月曜日の値動き:

東京時間、先週安値への試しからドル円タイミングで青1ロング、売N㊦でアウト、Wボトムネックを上抜く上昇波になった。

欧州時間からなら、Wボトムネックのブレイクで青2ロング、ユロドル1.130サポートも根拠にできる。

NY時間、PMI下降波戻り売り、これは、買い手からすればあや押しの波で、売り手からすれば戻り売りの波。つまり、Wボトム2番底からの上昇3波押し目買いが途中に入るので、そこまでしか売れない。2番天井赤1でショートして強者の安値でアウト。

Mar.26 The.

流れ:PMI高値戻り売り候補に到達。

売り手目線:売N㊦、崩れれば売N㊤から戻り売り。

買い手目線:売Nを㊤抜くまで考えない。

火曜日の値動き:売N㊦を試し高値を切り下げた黄1ショートを考えたが、ドル円は買い選好で逆相関していたので見送った。

 Mar.27 Wed.

流れ:戻り売り候補N㊤+1時間上昇CH㊤から売られている。

売り手目線:前日の天井を試せば戻り売り。

買い手目線:1時間CH㊦反発から売N㊦までロングスキャル。

水曜日の値動き:欧州初動、1時間上昇CH㊦安値切上げからの黄1押し目買いは、ドル円+ユロドルの戻り売りを警戒してスルー、N㊦で赤1戻り売り、2月安値アウト。

Mar.28 Thu.

流れ:金曜大陰線戻り売りが下降フラッグ㊦を抜いている。

売り手目線:下降フラッグ㊦抜きから、先週安値まで戻り売り。

買い手目線:先週安値サポート逆張りロング。

木曜日の値動き:

東京時間、前日陰線終値への試しから安値ブレイクで赤1ショート、先週安値アウト。

欧州初動、瞬間的に先週安値を下抜いたが、直下に控えるドル円の強者の安値を使って青1ロング、ユロ円の東京高値+ユロドル戻り売り候補でアウト。

NY初動、先週安値反発青2ロング、ドル円の先週金曜大陰線高値でアウト。

Mar.29 Fri.

流れ:前日は先週安値で強く反発。火曜高値125.0起点の戻り売りvs.先週安値起点の押し目買いで競り合うので、レンジ上下に引き付けての逆張り作戦。

売り手目線:124.5に引き付けショート。

買い手目線:2月安値に引き付けロング。

金曜日の値動き:欧州時間、2月安値反発ロング、124.5アウト。続いて、124.5反発ショート、レンジ中央で停滞したのでアウト。

モノローグ

心理学で『セルフハンディキャップ』と呼ばれるものがある。

自分の能力に自信がないとき、成績が悪かった場合、本当はできるのに、ハンディキャップがあったからできなかったんだと言い訳するために行う自己評価や自尊心を守るようにする自己防衛のための行為である。 成功した時は、問題があったのにできたと自己の評価を高められる。

Wikipedia

失敗する前提で、わざと不利なことをして、受けるショックを半減させる技である。

テスト直前に、「俺、昨日寝ちゃったよ~」というアレです。マラソン大会の直前に「体調悪~」というアレです。

プレゼンの前に「昨日、寝てないんだよね~」が口癖の人がいました。

成功すれば、徹夜したのに凄いといいたいのか、失敗したら、寝てないことを言い訳にしたいのか…アレもセルフハンディキャップだったんだと思います。

ネットの世界にも『セルフハンディキャップ』な人たくさんいるなぁ~と思います。

頑張ってる人を、頑張ってない人がディスるのも、頑張れない自分を正当化したいだけです。

頑張っていて評価されていれば、イチイチ他人のことなんて気になりません。

これはボクの経験ですが、誰かに強烈な憎しみを持ってる間、人生が一時停止しました。

相手を呪い殺すことなんてできませんし、相手も全く気づいてません。

まぁ、自分の評価を下げたくないからするんですよね、言い訳って。

でも、冷静に考えると、一体、誰に向けて、言い訳するんでしょう?

結局、自分の頭に、「正義」とか、「俺のせいじゃない」とか、書かれた帽子をかぶせて周りの人にアピールするのって、周りからみたら滑稽で、評価を下げることはあっても、上がることはおそらくないでしょう。

実際に世の中に貢献してみせないと評価なんて上がらないので、言い訳してもムダ、自分を正当化するのって、かなりパワーを使いますが、できない、やれないアピールをしたところで、実のところ、誰も気にも留めてくれません。

先回、「逆張り人生」的なお話をしましたが、周りからどう見られているかを気にしていると、逆張りなんて、いつまで経ってもできません。

新しいビジネスの立ち上げも、10人中10人が、いいね!なんてのは、もう遅すぎて手遅れ、10人中1人か2人ぐらいが興味をもってくれるのが丁度いいといいます。

日本マクドナルドの礎を築いた藤田田さんの名言。

「常識にこだわる奴は常識に殺される」

大河のごときトレンドも、ひと雫の逆張りから始まる。

言い訳なんかしてても、状況は好転しません。

それより、より深い自己理解を求め、自分の知らない自分、『未知の窓』の解放を目指したいですね。

◆お断り◆
この動画は「学習」を目的に制作されたものです。個人の見解を過去のチャートから解説したものであり、未来を予想したり、利益を保証するものではありません。

記事へのレビューやご意見はコメント欄をご利用ください。コメントを「読者さまの声」としてブログや動画に掲載させていただくことがございます。

◆著作権について◆
当サイトは無料でご覧頂けますが、著作権は放棄しておりません。動画等のコンテンツを営利目的でお使い頂くことはできません。

詳細はご利用についてをご覧ください。



こちらの記事もあわせてご覧ください

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (11)

    • 蕎麦茶
    • 2019年 3月 30日

    お疲れ様です。
    言い訳はしないと常々心掛けているんですが、気がつけば言い訳してる事があり、なかなかこの悪癖は厄介です。
    まず受け入れる良癖に早く書き換えたいです。
    未知の窓の解放、以前動画で話されていたコンフォートゾーンを広げる感じですかね。
    あの動画を見て興味を持ち本を何冊か読みました。読むとさらに興味が湧き今ハマっています^_^
    こんな事迷晴れさんに聞くのはお門違いかもしれませんが、もし良ければアドバイス頂ければ‥
    今の会社で後任が決まらず、夏のボーナスまでおったら?と何人かに言われ、なんか安心してしまった自分がいます。
    1月に退職を伝えた後不安とロットをあげて上手くいかなかった時、今できる事をやるしかないと開き直れた事で、確実に一段上に上がれたと思いコンフォートゾーンも少しは上に広がったかなと思ったのですが、今回の夏のボーナスまでと聞いてホッとしてホメオスタシスが働き元のコンフォートゾーンに戻ってこのままズルズルいくんじゃないかと逆に不安になり少し悩んでいます‥
    なんか重いしあれだったらスルーして下さい。すいません。

      • NoN
      • 2019年 3月 31日

      会社を辞めるのは一大決心ですよね。ボクのときも引き留めてくれる仲間がいまして、特に結構式の仲人をしてくれた直属の上司に対しては、心苦しい気持ちでいっぱいでした。

      大きく動き出すときって、置いていかなきゃならないモノやヒトがでてきます。今までとは違う時間軸を生きるわけですから。

      でも、なんとかなるもんです!

        • 蕎麦茶
        • 2019年 3月 31日

        返信頂きありがとうございます。感謝です。
        専業という自分で決めた方向性は強い意志を持って進めます。
        時期については奥さんと相談して1番良い落とし所で考えてみます^_^
        今週もありがとうございます^_^

    • 猫チャギラ
    • 2019年 3月 31日

    いつもご教授頂きありがとうございます。今週一週間はいつも主役のドル、ユーロ、円が脇役でポンド中心に動いている印象を受けました。こんなことも滅多にないのですが、実際に自分も今週はなんとユーロドルのエントリーが一度もありませんでした。ポンドに比べてユーロドルはあまり動きがないように感じていたのですが、動画を見たらそれなりに動いてました。特に週足が1.13000を明確に割ったのは大きな事実だと思いますので、来週はその点を頭に入れてトレードしたいと思います。またイギリスのブレクジットが合意なき離脱になりそうなことも注意したいと思います。あまりファンダを気にし過ぎてもかえって相場を見る目を曇らせますので、あくまでチャートをしっかり見てトレードしようと思いますが、突然の乱高下にも十分警戒しつつ損切りラインの入れ忘れがないようにしたいです。動画の最後のまとめにもありましたが、失敗してからの言い訳にならないようにしよう思います。

      • NoN
      • 2019年 3月 31日

      イギリスの件があるせいか、昔よりも、ユーロの経済指標が過敏に反応している気がしますね。

    • あっちゃんFX
    • 2019年 3月 31日

    いつも動画作成ありがとうございます。
    このサイトと出会ってから約6か月、わずかですが今月プラス収支で終われました。
    成績はまだまだ安定には程遠いですが、最近週間チャートナビで1週間を振り返って注目していたところが重複してき始めました。成績よりもそのことが自信になります。
    まだまだ見落としや勘違いもありますし、エントリータイミングなど強化しないといけないところはたくさんありますが、進むべき方向性が見えてきた感じがします。
    これからもどうぞよろしくお願いいたします。

      • NoN
      • 2019年 3月 31日

      凄いじゃないですか!細かいテクニックなどは、時間が解決してくれますよ。
      何より、向かう方向に間違いがないことが自信につながります。

    • 山崎
    • 2019年 3月 31日

    いつも気付きの多い動画ありがとうございます。

    セルフハンディキャップもそうですが、

    じゃあ逆をすればいいかというと、そうでもないのが心が絡む問題の難しいところですよね。

    よく書店で、悩まない自分に、考えないをしよう、などという本がありますが、

    毎回、そりゃあなたが信じることができる考えが自分の中にあるからでしょ!って思います。

    その人が悩んで、自分にとっての考えが単純化され、日常が変化し、そのあとに成功した結果があるのに、

    みんな成功した結果ばかり書いてある本を、よかっただの言っているような気がします。

    私からすれば、料理の先生の本だって、数学だって、自己啓発の本だって全て同じです。

    ある種から、こういう花が咲いたといっているのに過ぎないのです。

    それを、あの花がきれいで、どういう栄養を与えたらしいという情報ばかりが先走っているのは、

    水をあげすぎ、根腐れを起こしている花に似ています。

    まず、あなたの種が何なのか、というほうがよっぽど重要です。

    そして、それに気づいた時にセルフハンディキャップなどほとんどの心理的問題が解決してしまうのだと思います。

    マヨハレさんの雑談が人気があるのは、きっと種の話をしてくれるからなんですよね

    会社を続けているときに、まるで無人島でビスケットを小さくかじっているかのようだった。

    という話はいま思い出しても涙がでます。

    この誇張のない等身大な表現が、いつも心地よくみています。

    とりとめのない話、失礼しました。

    ありがとうございました。

      • NoN
      • 2019年 3月 31日

      自分は何の花の種なのか。
      神様にひとつ質問できるなら、まさにコレですよね。
      この歳になって、自分のことが、何となくわかってきた気がします。
      これを、仕事や遊びを通じて追及するのが人生という遊具の遊び方なのかもしれません。
      誰でもその人なりに楽しめるが、やり込み度で差がでるのでしょうね。

    • ねず吉
    • 2019年 3月 31日

    いつも更新ありがとうございます。

    最後の「セルフハンデキャップ」のモノローグ
    ちょうどイチロー選手の会見でグッときた部分と、自分の中でリンクする部分がありました。
    セルフハンディキャップのように、周りの目や順張りに固執してしまう思考傾向というのは
    結局、様々なモノサシを自分の外に置いているからな気がします。

    イチロー選手は
    「自分は人より頑張るなんて出来ない。秤は自分の中にある」
    と仰っていました。
    きっと突き詰めるとこの考え方で、迷晴さんの「逆張りこそ、オレの順張り」も本質は同じと理解しています。

    FXで自分の中に作るべき秤は、聖杯探しをやめてシンプルなマイルールを1つずつ検証していく事
    自分の決めたシナリオに対し、目線とルールを守ってトレードできたか
    これをとにかく積み重ねていく事が大事だと、ようやく頭では完全に理解できるようになりました。
    あとはそれを実践できるよう、引き続き毎週末週ナビでチェックしていきます。

    今週もありがとうございます

      • NoN
      • 2019年 4月 01日

      おっしゃる通り、自分の真ん中に真っ直ぐなモノサシを一本だけ持てばいいんですよね。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内検索

FX人気口座ランキング
短期売買特化型口座特集
MT4口座特集
システムトレード口座特集

学習ツールと投資関連書籍

フォレックステスター購入
フォレックステスター・導入ガイド
フォレックステスター有料データ購入ガイド
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント

あなたの負けトレードを徹底解説!

迷晴れボックス
海外FX口座の基礎知識
海外FX口座スペック比較

月別ページ

カテゴリー

シストレ24キャンペーン
FXPLUS