FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を学べるサイト。

menu

迷晴れFX

【週ナビ#113】FOMCでドル円は週足レジスタンス到達、ユーロドルは週足サポート突破!

アメリカ大統領選以降、ドル高が続いていますが、今年もいよいよ大詰め、クリスマス休暇を前に大口のポジション決済もあるので要注意ですね。

スポンサードリンク

今週の視点

今年もあとわずか、ドル円は週足ネックラインまで上がってきました。ユーロドルも、週足チャートで見て、左に値がないところまで落ちています。

高値圏のブルベア攻防、波の正面衝突、それに、FOMC前の緩慢な値動きの中のトレードに気をつけるべき一週間となりました。

アメリカのクリスマス休暇は12/24~1/1までだそうですが、その前に大口のポジション決済が入ることがあるので、来週はいつもより気をつけたほうがよさそうですね。

ドル円はFOMCの影響で、またもや高値更新。

先週末に注目されていた高値(青点線)を更新したことで、上位足からの押し目買いが入ることが想定されていましたが、FOMCが2015年12月以来、政策金利を0.25%引き上げたことで、さらにドル高が進行しました。

今週の負けやすいところはFOMCを控え動きが悪くなるところと、週足レジスタンスとなる118円の高値付近ではないでしょうか。週足は118円でレジスタンスされましたが、日足以下の時間足はブレイクしているので判断に迷いが生じると思います。

FOMCで急騰したので、その利食いや逆張り、さらに高値圏でも抜け期待買いするトレーダーとで乱高下しました。

1時間足に日足ロウソク表示

15分足

【重要高値更新で押し目を買っていく】

重要な高値を抜けているので、売りは考えずに、押し目を買うプランです。どこで押し目が成功するかは終ってみないとわかりませんが、今週はFOMCがあるので、近づくと動きが悪くなることが考えられます。結果的に、FOMCがきっかけとなり、重要高値でレジサポ転換して、押し目を成功させました。

押し目買いでは、レジスタンス目前など、値幅が確保できないとリスクが高くなります。黄1、2がそうですが、小さなネックライン目前+浅い押し目ということで失敗しています。勢いが強ければ、浅い押し目でも、レジスタンスを突破するかもしれませんが、1分足程度でしか認識できないダブルボトムだけでは心もとないです。せめて、適当な水準まで押したあとに、5分足のダブルボトムを認識、さらには逃げれる値幅が確保できる青1や、緑1モミ抜けの青2などで入りたいです。

青3は押し目候補で安値を切上げているので買えますが、緑2のヒゲを観たら逃げます。ここの押し目買いが失敗すると、青点線まで損切りを巻き込み急落する可能性があります。赤1はそのエントリーポイントです。緑3からの上昇もネックラインまで届かず青ラインまで落ちました。

青ラインは有力な押し目候補ですが、成功するか否かは高値H1をブレイクするまでわかりません。安値L1でダブルボトムを確認してから、ベアの逃げ出す青4辺りで買うのはいいですが、上値が重く感じたら利食っておくのが無難です。高値H2をつくったベア損切りで、急落し始まる赤2もスキャル的には好きなポイントです。

【FOMC待ちの緩慢な値動きから急騰】

FOMCを控え動きが悪くなってしまいました。こういうところで無理にトレードすると利益を放出することになります。安値L1と安値L2でダブルボトムになりました。FOMCは不参加でしたが、2日間に渡りプルバックしていた切下げライン抜けの青5、あるいは、高値更新した青6、三角持ち合いを抜けた青7、高値H3からの急落を受けた青8などがエントリー候補です。黄4は高値に近いので注意しましょう。週足レジスタンス118円目前ですが、週足は遥か左にあり、短期足ならレートを行ったり来たりする可能性があるので、緑4のレンジブレイクを試してみてもよいでしょう。

【週足レジスタンス周辺の動き】

FOMCの急騰後は、暫く調整期間に入り高値圏をつくって、さらに上昇するか、一旦大きく押すことが想定できます。買いの利食い、逆張り、追随買いが入り混じり乱高下しました。暫く難しくなりそうなので静観でもいいですが、ボラはかなりあります。

もう上がらないことを示唆した赤3は、緑4レンジブレイクで買ったトレーダーの利食い、緑5ロングの逃げ、高値H4戻り売りで急落しそうなポイントです。さらに、高値4から5へ切り下げたあとの赤4も左に壁がないので、スキャルなら可能です。

ユーロドル、FOMCで1.05000のレンジ下限ブレイク!

週足でも1.05000より下は左側のない世界なので、底固いと思っていましたが、週足レベルでブレイクしました。今週、注目したいのは1.06500と1.06000のレンジ、戻り売りと押し目買いが衝突するポイントと、FOMC急落後の調整期間で、いずれもリスクが高くなり負けやすいポイントです。

1時間足に日足ロウソク表示

15分足

【レンジ下限から買い】

レンジ下限候補1から逆張りするにも、黄1で安値を切下げてしまい買いにくくなりました。ネックラインと戻り高値の値幅もない黄2も厄介です。もう少し、押してくれれば買いやすいのですが、そのまま1.06000をブレイクしてしまいました。

青1での押し目買いは、高値H1でレジスタンスされましたが、緑1で下ヒゲを出し反発した青2から買えます。

【戻り売りVS押し目買い】

1.06500赤ラインと1.06000青ラインで攻防するゾーンです。FOMCを控えているので、頑張ってトレードすることもないかと思いますが、やるなら、レンジ上下限からのトレードになります。

【FOMC以降の流れ】

1.05000は堅いと思ってましたが、さらに下落は続きました。緑6モミや緑7モミを抜ければ逆張りロングの損切りを巻きこむポイントなのでチャンスです。下落が伸びきると調整期間に入るので、積極的にトレードするところではありません。

ユーロ円はヒゲ多く、厄介な値動き。

今週はドルに注目していて、ユーロ円はノートレードでしたが、ドル円とユーロドルの影響を受け厄介な動きをしていました。

1時間足に日足ロウソク表示

15分足

【波の衝突はブルの勝利】

戻り売りVS押し目買いの決着は、レンジをブレイク後、緑1小さなモミを抜けた辺りでついたようです。122.500で三角持ち合いをつくりましたが、高値H1まで到達しました。この上昇波をとるには1分足をみるしかありません。15分足レベルでは押し安値がハッキリしなく、高値H1から下がってきたときの押し目候補が見つけにくいです。

【122.500高値の攻防】

ここが天井になるか否かはわかりませんので、値幅があれば、下がってきたとき、押し目買いをします。安値はL1からL2へ切り上がり、青2は高値H2から切り下がってきている間にショートしたトレーダーが決済したことで上昇したのでしょう。L1からL3の安値を抜けるまではロングで攻めますが、赤1は高値H3からH4へ切り下がり、切上げライン抜けで、ロングしていたトレーダーの決済注文が入りそうです。

【FOMC以降の流れ】

FOMCがきっかけとなり高値をブレイクして、124円まで上昇しました。その後、乱高下しましたが、赤2は左に壁がないのでボーナスゾーンになります。

今日の雑記

アマゾンFIRE TVを購入して以来、深夜にプライムビデオを観るのが楽しみになっていて、明日の出勤を気にしなくていいことに、とても幸せを感じます。

日本のドラマも無料で視聴できますが「深夜食堂」なんか、まったり見ていると癒されます(何か旨いものが食べたくなりますが…)

もうひとつ「ナポレオンの村」という唐沢寿明主演のドラマがあって、地方公務員が限界集落を立て直すというストーリーなんですが、決め台詞が「ナポレオンの名言」なんです。

そこで、トレードに役立つナポレオンの名言をいくつかご紹介したいと思います。

お前がいつの日か出会う禍は、お前がおろそかにしたある時間の報いだ。

確かに!テキトーなことを続けていると、そのしっぺ返しはあとから来るものです。

じっくり考えろ。

しかし、行動する時が来たなら、考えるのをやめて、進め。

シナリオを立てルール通りにすればいいだけ。そこからの迷いは禁物ですね。

敵が間違いを犯している時は、邪魔するな。

人の損切りを待つときの心境ですね。

人間を動かす二つのてこは、恐怖と利益である。

テコが効いてるところを見極めれば勝てるわけです。

兵法に複雑な策略などはいらない。最も単純なものが最良なのだ。

偉大な将軍達が間違いを犯してしまうのは、難しい戦略を立て、賢く振る舞おうとするからだ。

心にズンときたら幸いです。

◆お断り◆
この動画は「学習」を目的に制作されたものです。相場についての個人の見解を過去チャートから解説したものであり、未来の予想したり、利益を保証するものではありません。

記事へのレビューやご意見はコメント欄をご利用ください。コメントを「読者さまの声」としてブログや動画に掲載させていただくことがございます。

個人が運営していますので以下のご質問にはお答えできません。

・サイトの趣旨と無関係なこと。
・個人的なエントリーやチャートの診断
・調べて頂ければ自己解決できること。
・誘導リンクのあるもの。

◆著作権について◆
当サイトは無料でご覧頂けますが、著作権は放棄しておりません。動画等のコンテンツを営利目的でお使い頂くことはできません。悪質なケースはサイバー犯罪となりますのでご注意ください。

詳細はご利用についてをご覧ください。

スポンサードリンク





おすすめトピック

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (8)

    • mocha0509
    • 2016年 12月 18日

    こんばんは、

    IR法案(カジノ法案)が成立する際に野党からギャンブル依存症についての指摘がありましたが、カジノの前にパチンコはギャンブルだろう、何がギャンブルなのかという話題が上がったりしました。
    その中で「株はギャンブルではないかもしれないが、FXはギャンブルだ」と言ってた人がいました。(多分、相場を知らない人の意見だと思いますが)
    私は、対象物でなく、リスクリワードを計算せずに行う行為をギャンブルだと考えます。そして、一見真面目な人でも人間はギャンブルが基本的に好きなのだと思います。賭博だけでなく、戦争も人生も経営もFXも全てギャンブルの要素があります。
    ナポレオンの名言は、ギャンブル的要素のものからギャンブル的要素を排し、勝つ確率を上げるための方法論を説明しています。
    パチプロは、パチンコ店は2割の客に勝たすために1割から2割程度の出る台を置いていることに着目し、その台を選びひたすらその台を打ち続け、台の選定を誤ればすぐに打つのをやめる。一時的な勝ち負けではなく、トータルで勝つことを目指しているそうです。
    この勝つための方法論は、一般的な事業経営でも同じことが言えます。もちろんFXでも、
    表面的なことをもってギャンブルであるとかそうでないとか議論するより、本質的なことを理解し確率を重んじてそれを実践できる人が勝者になれるのでしょうね。
    一般人は、心の隙間を埋めるためにスリルとカタルシスを求め、プロは生きていくために確率を求めるという基本的な考え方の違いが結果の違いを生み出すのだと思います。
    私も長い間、トレードにおける自分のギャンブル脳に苦しんできました。厄介なのは、自分がギャンブルをしているという自覚がないところです。技術的な詰めを行っていながら、ギャンブルで水泡に帰するという繰り返しを行い、なぜこんなことになってしまうのか真の原因がわかりませんでした。技術的な過ちは、チャートを凝視すれば見えてきます。技術的な答えはチャートに書いているのですが、自分のメンタルについては、どこにも答えが記されていません。そしてそれが困難を生む原因になっていると思います。
    歴史に名を残している人は、その部分を克服したのか、ナポレオンの晩年を考えるとやはり、ナポレオンですら克服できなかったのでしょうか。

      • NoN
      • 2016年 12月 18日

      ボクがFXを始めたのは、家族3人と犬一匹が乗れるイカダをつくりたかったからです。

      時々は外で好きなものを食べて、暖かい服が買えて、住むところがあって、健康だったら、それで十分。「幸福感」はその現状をどう感じるかという感受性の問題であって、決してモノでは埋まらないことを過去から学びました。むしろ手に入れたものを失いたくないという「恐怖」が常にありました。

      勝ちたいというより、平凡な人生を取り戻したかっただけです。

      ギャンブル依存症の人たちは、「勝ちたい」という欲が抑えられないのでしょう。おっしゃる通り、これはビジネスでも同じだと感じます。「勝ちたい」からこそ勝つための知識をむさぼるように求め、ズルをして、自分の外側に答えを探し回り、挙句の果てにヒトやモノに依存します。

      ところが、パラダイムが「勝ちたい」から「負けなければいい」に変わると、真摯に、負けトレードの分析を始めます。その過程で、心理や技術面をを含め、いろいろな「気づき」に出会い飛躍的に伸びます。自分のことなんだから、自分の内側にこそ答えがあることに気付いたからです。

      不思議なことですが、同じジャンルにおいても、全く交差しない、平行した次元を進む人がいます。

      「勝つと思うな思えば負けよ」

      本物のギャンブラーは「勝ちたい」なんて思ってもない気がします。

      いつもコメント有難うございます。

      このブログを運営していて、心が少しブルーになったとき、mochaさんのコメントを拝見すると元気を貰えます。
      僅かながらでも、ボクのしていることが、人の役に立っていることを実感できます。

    • まつおーじ
    • 2016年 12月 19日

    今週もチャートナビ、ありがとうございます。
    迷晴さんのコメント拝見しました。
    僅かながらどころか、とても質が高くかつ共感できる表現を使われ、
    かついつもしっかりと分析されているので、自分のトレードがどれだけ助けられているか。
    とても感謝しています。
    さて、私事で恐縮なのですが、今週は自分のギャンブル性に気づきました。
    お察しの通り、FOMACでやられ、さらにナンピンをやらかし、
    前の2週間で勝った以上に吐き出してしまいました。
    チャートを見ているとエントリーしたくなってしまうようです。
    今回の負けでは自分のギャンブル性が、今までよりもハッキリと認識できました。
    しっかりとメンタル、テクニカル、フィジカル、サイコロジカルを磨いていくことにします。
    一日一番、20ピプス獲得を念頭に、仕切り直していきます。

    いつもありがとうございます。いつも応援しています。
    いちファンより。

      • NoN
      • 2016年 12月 19日

      コメント有難うございます!とても励みになります。

      自分のできる範囲内ですが、これからも、ベストを尽くそうと思っています。
      来年は、もう少し、趣向を凝らしていきたいです。

      一日一番、頑張って下さいね(^^♪

    • ごんぴこ
    • 2016年 12月 20日

    迷晴れさん、いつも動画ありがとうございます。
    今回は、Amazonプライムビデオの話が出てきたので、ついつい書き込みたくなりました!

    好きなドラマの新シーズンがアップされるとそのシーズンの最終話まで狂ったようにみてしまいますw

    迷晴れさんは日本のドラマがお好きなようですが私はアメリカのドラマ派です。
    プライムビデオの中には含まれていませんが、新シーズンがでると有料でもみたいと思う作品があります。

    Game of Thrones(ゲーム オブ スローンズ)

    1話10億円の製作費がかかっているといわれていますが、納得の出来栄えです。
    七国を治めていた王様がなくなることにより大きく動き出す人々の権力への欲望。

    そんな中、世の中を俯瞰する若者が現れます。
    人間同士で争っている場合ではない、敵はもっと大きいと。

    自分の欲望だけのために多くの人を犠牲にし、のし上がろうとする人たちと
    大切な人を守るために人々を束ねようとする若者。

    どちらの気持ちもわかるぅぅぅなんて思いつつ、夢中になってみています。
    おすすめです!

    みたいドラマや映画がなくなったら思い出してみてみてくださーーい。(もうご覧のようでしたらすみません(^^;))

      • NoN
      • 2016年 12月 20日

      コレ聞いたことあります(^^♪相当おもしろそうですね。ロードオブザリングや「剣と魔法の世界」大好きなので、見てみたいです。テレビで民放ではないものを色々見れるって、革新的ですね。

    • Tom
    • 2016年 12月 21日

    迷晴れ先生、いつも素敵な動画をありがとうございます。私が迷晴れFX動画を拝聴させていただくのも早いものでもうすぐ1年です。FXの成果は、1ロットでやっているので、目に見える効果は得られてませんが、トータルで負けなくなりました。少しずつ資金は増えています。早くレバレッジをかけたいのですが、あせると無茶をする自分がいるので、あせらず、淡々と自分を信じて進んでいきたいと思います。売買における逆側の心理を少しは考えられるようになりました。おかげさまでFXのことがより深く学べた1年となりました。ブル派ベア派の考え方が自分にはハマっております!
    成長できた1年となりました。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

    Amazonはプライム会員ですが、FIRETVもそうですが、以前ブログでおっしゃられていたFIREタブレット(8インチ)がちょっと購入候補に浮上中です。サンタさんがプレゼントしてくれるといいんですが、トレードで大勝したときの自分へのご褒美にしようかとニヤニヤしてます。

      • NoN
      • 2016年 12月 21日

      ブルベア分析法は、シンプルかつ強力です。わかってくれば、インジによる分析法が、短期売買においては、痒いところに手が届かないと感じるようになります。

      FIREダブレット、なかなか便利ですよ。気になる点は、アマゾンのタブレットなので、アンドロイド、アップルのアプリは使えず、数も少ないです。YouTube,Facebook,Twitterなどのメジャーなものは用意されていますが、ブラウザがアマゾン専用のものになります。

      デメリットはそれくらいで、なんといっても激安です。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内検索

FX人気口座ランキング
短期売買特化型口座特集
MT4口座特集
システムトレード口座特集

学習ツールと投資関連書籍

フォレックステスター購入
フォレックステスター・導入ガイド
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント
海外FX口座の基礎知識
海外FX口座スペック比較

月別ページ

カテゴリー

シストレ24キャンペーン
FXPLUS
迷晴れBOX