FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を学べるサイト。

menu

迷晴れFX

大陽線のあとに…週刊チャートナビ#62 ユーロ円&ユーロドル

今週の相場は先週の大陽線を受けて、天井圏の値動きをどう捉えるかがポイントでした。

スポンサードリンク

大陽線や大陰線の後は、暫くフワフワと浮動することが多い。

今週のユーロ円とユーロドルは大陽線の後ということで、しばらくレンジになる可能性もあると観てました。押し目をつけにいくにしても時間がかかるかもと思ってました。

結果的にはユーロ円は暫くレンジとなり平行移動、ユーロドルは、さほどレンジにならず浅い押し目から高値を更新しました。

迷晴れエッセンス濃縮!相場は波と節(フシ)で出来ている。
複雑に考える一番の弊害は、トレードの決断力が軟弱になること。テクニカルツールの中で一番価値があるのはアナタの経験そのもの。道具...

ユーロ円は暫くモミそうだな、そのあと、どこまで下げるかな?

d1

先週の大陽線が上げ止まり、暫く天井圏のレンジになりそうな気配からのスタート。

売り目線なら、上昇A波の押し目買い候補をzoneA(フィボナッチ50~61.8%)として、下降A波の売り圧力を使ってのショート戦略。

買い目線なら、上昇A波の浅い押し目候補(フィボナッチ38.2%)からのロング戦略。

僕の場合は売り優先で観てました。

h4

売り目線なら、zoneAの高値に引き付けての逆張りショート、あるいはレンジ下限zoneBをブレイクしてからのショートが有効。

買い目線なら、大陽線の押し目候補であるフィボナッチ38.2%からのロング、ですが、浅い押し目なのでレジサポ転換したzoneBにレジスタンスされる可能性も大。

大陽線のあとなので、暫くレンジが続くかも?という想定もしておくべきでしょう。

とほほトレードから抜け出す「ワンセット思考」のススメ。
出来上がったチャートを見て「あ~やっぱりここで入っておけば、とほほ…」となることはないですか?今回の記事は、損切りを連発してしま...

m30

僕の場合は大陽線押し目候補、本命となるzoneAまで売りを考えていたので、昇って来たらショートといった感じでした。

1、2、3はzoneAを背中にした、30分足の高値切下げ後ショート。

4、zoneA付近での高値切下げ確認後、直近安値ヌケショート。

5.大陽線押し目候補、フィボナッチ38.2%ロング、プルバック狙い。

6.zoneB、下抜けプルバック後、ショート

買い目線で考えていたなら、zoneBからの高値試しロングでしょう。

相場は逆説で考えれば上手なエントリーができる。
逆説で考えてエントリーすると、絶妙なポジションを取れることが多い。波の頂点では必ず売り手と買い手の逆転現象が起こっているので、...

ユーロドルは浅い押し目からの高値更新成功。

usd d1

ユーロドルは高値でさほどレンジをつくらずに下落を開始しました。押し目候補まで下落したらジャッジ。最初の押し目は浅いので短期足でしっかりと反転を確認したいです。

usd h4

ユーロ円のように高値付近で暫くレンジをつくる可能性もありましたが、ユーロドルはスンナリ1.08キリ番まで落ちてきました。結果だけ観れば、この浅い押し目で高値を更新しましたが、さらに深く押した未来もあったと思います。

1.08にレートが来たとき何を考えるか。フィボナッチ38.2%+キリ番と複数条件が重なりますが、押し目としては浅いことも考慮に入れておくべきでしょう。スッポ抜けてさらに落下する可能性だってあったはず。

その後、高値更新後は押し目を待って!Aでロングでいいと思います。

usd m30

売り目線なら、まずは1.08押し目候補までのショート。

買い目線なら、浅い押し目候補1.08ロングですが、30分足ダウ反転、戻り高値上抜き戻ってきた1番でロングは固いと思います。

エントリーの極意、タイミングは「守破離」で考える。
とにかく感情まかせのムダ打ちをやめること、下手な鉄砲は全く当たりません。利益を出すことより、ひとつでもムダ打ちをやめるの方が先...

結果として、1.08押し目で高値を更新しましたが、青レジスタンスで阻まれてレンジを形成、あるいはフィボナッチ50%の深い押し目をつける未来もあったかもしれません。

今日のまとめ

相場の未来なんて、どうなるかわからない平行世界(パラレルワールド)です。これは人間世界も同じで、誰と出会って、どの道を選ぶかで未来は無限に存在します。

未来に起こる「選択」なんて予想するだけムダな努力というものでしょう。

相場も人生も「選択」の結果、向きを変えるもの。右か左か、売りか買いか、ほんの少しの差が分かれ道となります。

人生の選択に100%右、100%左がないように、相場にも100%買い、100%売りなんてありません。

短期トレードの素晴らしいところは、予想などしなくても、選択された方を選べばいいことです。

それを知るには、今、どこがサポートで、今、どこがレジスタンスか、それを知るだけです。

サポートが選ばれれば、次のレジスタンスまで、レジスタンスが選ばれれば、次のサポートまで、サポートが選ばれなければ、次のサポートまで。レジスタンスが選ばれなければ、次のレジスタンスまで。

今、重要なA地点とB地点を知ればいいだけです。

◆お断り◆
この動画は教育目的で制作されたものです。相場についての個人の見解を過去のチャートから解説したものであり未来の利益を保証するものではありません。売買取引についての判断は一切行っておりませんので、投資をされる場合は、それに関わるリスクを十分に考慮の上、ご自身でご判断ください。

読者の皆様にとって有意義なコメント欄にするためにご協力をよろしくお願いいたします。記事内容に関するご質問やご意見、有り難い応援メッセージは下のコメント欄をご利用ください、頑張って返信させていただきます。記事内容と無関係なコメントに関しては掲載しないことがございますのでご了承ください。
※コメントを「読者さまの声」としてブログや動画に掲載させていただくことがございます。
※他サイトへのリンクがあると自動的にスパム扱いとなりますのでご注意ください。

スポンサードリンク





おすすめトピック

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (10)

    • mocha0509
    • 2015年 12月 12日

    こんにちは、
    今まで、売りの戦略を取るのか、買いの戦略で行くのか自分の選択が明確でないために、目先の値動き
    に翻弄されていたことにようやく気付きました。苦節5ヶ月くらいですかね(笑) その前は、もう一つ基
    本的なことが理解できてなかったので、苦節以前の問題でした。
    このブログや動画を参考に検証しても、どうも今ひとつパフォーマンスが上がらない、説明されている
    コンテンツ一つ一つは正しい。分かっているつもりなのに、つまらないミスを繰り返す。
    「なぜか」というのが、ここ数ヶ月のトレードに対する命題でした。
    戦略とは、一言で「選択と集中」といいかえれます。自分の中で、今日は売りなのか買いなのか明確で
    ないということは、戦略なきトレードだったということでした。会社員時代、うちの会社はどっちに向
    いているのか戦略が明確でない。と批判していても、いざ自分が選択を迫られる状況では目先の利益に
    とらわれ、戦略のない状況でした。これでは、いくら小手先のテクニックを理解していても十分な利益
    を出すことはできませんね。
    今週は、売り戦略を選択しました。買いを捨てたので、意外と買える場面を冷静に分析することができ
    ました。今まで「買えなかったぁ」とか「ヤッター大きく利が取れた」と一喜一憂で感情が先立って、
    細かい値動きや状況がしっかり見れてなかったことがよくわかりました。
    以前の動画で、「押し目買いなら押し目買いに徹すれば、その中でいろいろなものがみえてきます」と
    説明されてましたが、今になって理解できてきました。やはり奥が深い。ありがとうございます。
    もう一つ、戦略を明確にするとエントリー、イグジットに対するシナリオの精度も上がってくるように
    も思います。
    さて、来週はどの戦略で行きましょうか(^^)

      • Non
      • 2015年 12月 12日

      戦略とは一方を捨て、一方を選び、戦いを略すことかなと思います。わかってしまえば、何てことはないのですが、「略す」という言葉の意味を間違えると迷宮を永遠に彷徨い歩くことになりますね。

    • taku
    • 2015年 12月 12日

    今週も相場解説ありがとうございます。

    私も大きな戦略ができていないと感じます。今週のように大きく相場が動いた後は、少しとまどってしまって戦略が立てにくかったです。今迷晴れさんの解説を見て納得してしまいましたが、まだ自分には大きな目ができていないように感じます。
    週足や日足などの大きめの足をよく観察すれば戦略が立てられるはずですね。これから来週の戦略を練ります。

    ではまたよろしくお願いします。 (今週は最初にまずいトレードをしていまいました。)

      • Non
      • 2015年 12月 12日

      デイトレの場合でも1時間足以上で相場をとらえることが重要かと思います。相場って思ってる以上にゆっくりしか動かないものです。

    • Kazuo Momiki
    • 2015年 12月 12日

    今週もチャートナビありがとうございます。
    今週は、自分が思ってるポジションまで動きがなかったので、ユーロ円、ユーロドルは様子見でした、急激な値動きの後はレンジになりやすいと、以前迷晴れさんが言っていたのが頭の隅にあってのことです。
    最近は本当に待てるようになりました、「果報は寝て待て」ですね、来週は上か下か? 自分が狙ったポジションまで動きがあるといいと思います。

      • Non
      • 2015年 12月 12日

      様子見も立派な戦略です。計画性があって、とても良いと思います。トレードを厳選するやり方の方が、枚数の増加にも耐えやすいと思います。

    • dai
    • 2015年 12月 12日

    今週も相場解説ありがとうございます
    迷晴れさんのおかけでチャートなんとか読めるようになりました。
    FT2購入練習したいですが無料データとVIPデータがあります,どっちが選んだ方がいいですか

      • Non
      • 2015年 12月 13日

      VIPデータだとティックデータ(1分足よりも細かい足)の動き、無料データだと1分足は全く使い物になりません。1分足レベルが欲しいならVIPをおすすめします。

        • dai
        • 2015年 12月 14日

        ご返信ありがとうございます

    • かにずき
    • 2016年 7月 20日

    拝見させていただきました。

    今回のお話しで、上昇波と下降波が入れ子になっていて押し目と戻り売りポイントが交錯するイメージが少しわかりました。
    色々な値動きがオーバーラップしてきて、さらに時間単位ごとの値動きもレイヤー構造をなしている。
    だから未来が複数あるんだなとイメージ出来ました。
    今はまだ間違っているかもしれませんが、たたき台として先につながる雛形のイメージが持てたと感じています。

    素晴らしい気付きをありがとうございました。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

迷晴れ動画アワード2017

サイト内検索

FX人気口座ランキング
短期売買特化型口座特集
MT4口座特集
システムトレード口座特集

学習ツールと投資関連書籍

フォレックステスター購入
フォレックステスター・導入ガイド
フォレックステスター有料データ購入ガイド
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント
海外FX口座の基礎知識
海外FX口座スペック比較

通貨ペアの相関関係(-100%~+100%)

月別ページ

カテゴリー

シストレ24キャンペーン
FXPLUS
迷晴れBOX