FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を鍛えるサイト。

menu

迷晴れFX

【週ナビ#203】Wボトム?Wボトムもどき?選球眼の身につけ方

週刊チャートナビ(2018.09.24~2018.09.28)は、ドル円、ユーロドル、ユーロ円の主要三通貨ペアの一週間を振り返ったチャート考察です。

今週の視点


生まれてこのかた、海苔がのってるのがざるそばで、海苔がのってないのがもりそばと思ってましたが、ざるに盛るのがざるそば、セイロに盛るのがもりそばらしいです…最近知りました。

似て非なるもの

これは、一見似ているが、本質は異なるもの。いかにも道理に合っているようだが、正しくないもの。まがいもの、まがい商法、そんな意味です。

この歳になってやっと、流行に流されず、モノの良し悪しを判断できるようになってきた気がします。

たくさん痛い目に遭わないとわからないことなのかもしれない。

トレードでも、似て非なる場面に遭遇します。

Wボトムもどき、Wトップもどき、切下げラインもどき、カタチだけみるとエントリーできだが、エントリーしてはいけないところなんか沢山あります。

そこで、正しい経験を積んだ人だけが持ってる”選球眼”がモノを言うわけです。

正しい経験とは、日頃からMTF分析の数稽古を積むことです。

MTF分析には、自分のトレードする時間足よりも、上位足をみて、関連性を分析しなければなりません。

短期足でWボトムが出ても、上位足のレジスタンス付近であれば、それは”Wボトムもどき”になるリスクが高いです。

こういうチャートの基本的な見方をすっ飛ばして、手法、タイミング、インジのせいにしている限り、スキルは停滞したままです。

トレードに携わっている限り、”後退”はありませんが、”停滞”はよくあります。人によっては”停滞”したまま数年経過なんてことも、珍しくないのではないでしょうか。

少しでも前進しないと続ける意味がありません。心配せずとも、正しい経験を積んでいけば、少しづつでも前進します。

似て非なるものを見破る、”選球眼”を簡単に身に着ける方法があります。

それは、エントリーの根拠に、1時間足以上の根拠を必ず含めること。以前、動画でお伝えした”守破離”の”守”を必ず1時間足以上にするだけです。

これで、5分足だけではエントリーできなくなります。

トレーダーは課長のような中間管理職みたいなもので、部下(下位足)のパファーマンスを上げるため、部長(上位足)に忖度しなければなりません。

自ら現場で動くのではなく、現場の部下を管理するマネージャー的な立ち位置で仕事をするほうが”客観的”にチャートをみることができます。

ドル円

4時間足に月足+週足ロウソク

週明け見通し

TR1-先週高安 / TR2-8月高安 / TR3-7月高値~8月安値

9月第3週目の先週足が8月高値をブレイク。7月高値を切下げてWトップになり、売り転換する可能性アリ。ただし、4時間足上昇CHL㊦を抜けるまで買い目線継続。売り転換するなら、押し安値サポートとの攻防で”高値圏”をつくる。

売りの目安:先週高値で押さえられ、4時間足上昇CHL㊦を抜けば、8月高値+112.0周辺までが下降目安。8月高値をネックとした高値圏ができる。
買いの目安:4時間足上昇CHL㊦反発で先週高値への”上値試し”を狙い、先週高値をブレイクすれば、4時間足上昇CHL㊤+7月高値周辺までが上昇目安。

1時間足に週足+日足ロウソク

  • 24Mon.先週終値を試したあと上昇開始。
  • 25The.先週高値+113.0で停滞。
  • 26Wed.先週高値+113.0で高値圏をつくる。
  • 27Thu.高値ネック+4時間足上昇CHL㊦を割ったが、”フェイク”になって先週高値を更新。
  • 28Fri.日足が7月高値をブレイク。4時間足上昇CHL㊤に到達。
15分足に日足+4時間足ロウソク

Sep.24 Mon. 先週終値への試しからの押し目買い

流れ:先週足が8月高値をブレイク。

売り目線:4時間足上昇CHL㊦割るまで売れない。

買い目線:4時間足上昇CHL㊦で支えられれば、先週高値への”上値試し”を狙ってロング。

東京時間、先週終値への試しを待つ。

NY時間、Wボトムネックを上抜き押した青1でロング、これは失速して微損、すかさず、赤1でショート、損失をチャラにする。”スパイク”の下値試しのあと、緑ハラミ足上抜けで青2ロング。

4時間足上昇CHL㊦に届かなかったが、これは、”先週終値”という注目サポートを”スパイク”で強襲したにも関わらず下抜けなかったことで、買い手有利と判断されたからだろう。

Sep.25 The. 高値圏形成

流れ:先週終値反発からの押し目買いで先週高値手前まで上昇。

売り目線:上昇中なので売りを考えるのは天井をつくってからでいい。

買い目線:先週高値でのレジスタンスが弱く上抜ければ、7月高値まで上げ幅アリ。下がってくれば”先週終値”を目安に押し目買い。

東京時間、一本目の4時間足が20ピプスの”緑ハラミ足”になって、そのまま平行移動して終わった。

 Sep.26 Wed.高値圏形成

流れ:25日足が先週高値をブレイクするも113.0で押さえられている。25日一本目の4時間足の20ピプスの”緑ハラミ”になっていて、これをブレイクするまで手を出せなかったが、”FOMC”の4時間足でブレイクした。

 Sep.27 Thu. 売り転換失敗から上昇。

流れ:4時間足上昇CHL㊦まで下がった。FOMC4時間足に高安に警戒、ハラミ足になるだろう。

売り目線:緑高値圏への試しを待って売り。あるいは、先週終値を割り、今週足が陰線になったら売る。

買い目線:売り転換に失敗すれば買い。

東京時間、天井への試し(先週高値ウラタッチ)を赤1で確認してショート。もし、売り転換に成功すれば”先週終値”を抜いていくはずだが失敗。

矢印スレーゾーンの攻防エリアに注意しつつ、先週高値(戻り高値)を上抜き返した青1でロング。結果、4時間足上昇CHL㊦ブレイクは”フェイク”になった、4時間足も下ヒゲの長いピンバーになっている。

Sep.28Fri.

流れ:7月高値を前日足がブレイク。

売り目線:前日80ピプス上昇中の買いオーダー利益確定狙い。

買い目線:金曜日なので深追いロングに注意!

東京時間、前日終値への試しからの、切下げライン上抜けで青1ロング。4時間足上昇CHL㊤でアウト。

東京終盤、2回目の上値試しでできた赤1ピンバーをサインにショート。金曜日なので、買いオーダーの利益確定売りを狙ったが、”先週終値”を割れなかった。

ユーロドル

4時間足に月足+週足ロウソク

週明け見通し

TR1-先週高安 / TR2-8月高安 / TR3-7月高値ー8月安値

9月第三週の週足は8月高値をブレイクできず、上ヒゲを残してクローズ。この辺りが折り返し地点になるかもしれない。

マーケットが”逆三尊”を強く意識すれば、さらなる上昇期待もできるが、1.185日足水平線+6月高値と攻防するだろう。

売りの目安:先週高値で押さえされた場合の下げ幅は、4時間足上昇CHL㊦まで、これを下抜けば、先週安値+日足下降CHL㊤まで。

買いの目安:先週高値への”上値試し”が成功しても、50ピプス上に1.185日足水平線(6月高値)まで。

1時間足に週足+日足ロウソク

  • 24Mon.先週終値への試しから押し目買いされたが、先週高値での売り反発強く、日足はピンバーになった。
  • 25The.24日高安を基準に高値圏をつくり始める。
  • 26Wed.24日ハラミ足確定、高値圏をつくる。
  • 27Thu.24日ハラミ足+4時間足上昇CHL㊦をブレイク、先週安値(TR1)付近までユーロが売られる。
  • 28Fri.ユーロ売りの勢いは止まらず、先週安値をブレイクして、日足下降CHL㊤まで下げ反発した。
15分足に日足+4時間足ロウソク

Sep.24 Mon. 上昇トレンド押し目買い

流れ:先週足は8月高値を越えずに(上ヒゲ残し)クローズ。

売り目線:高値圏ネックを割らないと本格的には売れない。

買い目線:8月高値+先週終値を試してからの、先週高値への”上値試し”を買い。

欧州初動、”黄ダマシ安値”をシグナルに青1でロング、ここは、5分足安値(青サポ)ブレイク飛び降りショート+東京時間の売りオーダーを手仕舞うポイント。

NY時間、東京時間の底固めからネックを上抜き”週足陽線終値”に乗り上げたが、”22:00ドラギ総裁の会見”で急騰してしまったので、5分足の切り替えで飛び乗る(青2)しかない。

要人発言で急騰したが、7月高値+先週高値+4時間足上昇CHL㊤で赤1押さえられた。上位足根拠が複数あるので逆張りショート。買いオーダーの利益確定で半値までは落ちるだろうと思った。

Sep.25 The.

流れ:24日足が高値圏ハラミになりそうな気配。7月高値+先週高値の強さは、前日の値動きで確認済なので、高値圏スキャル対応の日。

欧州初動、2回目の下値試しで”黄ピンバー”出現、下がダメな先週高値を目指す。手前大き目陰線の売りオーダー+青1モミで売り手最後の抵抗を示したが上抜けたのでロング。

Sep.26 Wed.

流れ:24日ハラミ足確定。高値圏形成中、様子見かスキャルで対応。

スポンサーリンク

こういう、ハラミ足のなかのトレードは難しい。後からみれば、黄1でショートできそうだが、ハラミのド真ん中でどっちにいくかわからない。こういうアヤフヤなところでトレードして勝てたとしてもそれは偶然、FOMC前だが、青1のハラミ下限でロングするほうが理に適っている。

 Sep.27 Thu.

流れ:24日ハラミ足のなか高値圏形成中。”FOMC4時間足高安”を基準にシナリオを組む。

売り目線:1時間足高値ネック割れで、20日安値まで売り。

買い目線:FOMC高値を越えないと買えない。

東京時間、前日陰線終値を試し上値が重い展開。東京終盤、1時間足高値ネック+4時間足上昇CHL㊦+FOMC安値をブレイクで”抜けてく波”を赤1からショート。戻りがあるので一旦利確。

欧州時間、続いて、赤2で戻り売り、矢印のように先週終値を裏から試す可能性もあったと思う、20日安値を下抜けたので、さらに利を延ばせた。

Sep.28Fri.

流れ:イタリア絡みのファンダ要因のせいかユーロが強く売られ勢いがある。

売り目線:1時間足をみても勢いがあるので戻り売りするが、金曜日なので深追い禁物。

買い目線:売りオーダーの利益確定を狙えれば狙う。

東京時間、戻しが始まって、東京終盤に青サポートブレイクで赤1ショート。先週安値手前だが”逃げ余地”があったのと、下落の勢いがあったので、抜け期待。先週安値で少し揉んだがブレイク、利確目標の日足下降CHL㊦に到達。

ユーロ円

4時間足に月足+週足ロウソク

週明け見通し

TR1-先週高値~9月安値 / TR2-7月高値起点下降波 / TR3-日足4月高値起点下降波

先週足が8月高値をブレイクしたが、日足レベルの下降波起点である4月高値手前で頭を押さえられた。

売りの目安:4時間足上昇CHL㊤を割れば、9月安値起点上昇波の押し目買い候補、131.0までが下降目安。

買いの目安:4月高値を越えれば新展開だが、この天井は固いだろう。

1時間足に週足+日足ロウソク


4月高値+日足水平線に押さえれて、24日ハラミ足のまま高値圏を形成。木曜27日足がこれを㊦にブレイクしたが、ドル円とユロドルが逆相関したことで迷走、金曜日になって下降目安とした131.0を達成。

15分足に日足+4時間足ロウソク

Sep.24 Mon.

流れ:4時間足上昇CHLのなか、日足レベルの下降波起点である4月高値近くまで昇ってる。

ドル円:4時間足上昇トレンド中。東京・欧州時間に底を固め、NY時間から買われ始めた。

ユロドル:4時間足上昇トレンド中。ドラギ会見で買われた。

欧州初動、ユロドルにシンクロして”黄ダマシ安値”出現。ユロドル、ユロ円ともに”先週終値”への下値試し完了とみて、青1ロング。これは、抜けの一波目なので頂点で利確。

その後、ドラギ総裁会見で急騰、5分足を1本待ち、次の5分足で、ユロドルと青2でタンデムロング、続いて、急騰中の買いオーダー利益確定を狙った赤1もショートもユロドルと同じ理由。

Sep.25 The.

流れ:要人発言で先週高値を試したがレジスタンスされた。

ドル円:高値圏形成中、20ピプスの横移動で当てにならない。

ユロドル:高値圏形成中で方向感なし。

ドラギ会見の4時間ハラミ足を高値圏として、緑ブロック内はノートレードとした。

 Sep.26 Wed.

流れ:ドラギ4時間ハラミ足が続いている。

ドル円・ユロドルともに高値圏形成中、ノートレード。

 Sep.27 Thu.

流れ:前日の26日足が4時間足上昇CHL㊦をブレイクしたが、緑ブロック+先週終値サポートがある。カオス化することもあるので要注意!FOMCの4時間足高安を基準にする。

ドル円:売り転換しかかったが、欧州時間以降、ドル高になり、NY時間になると高値を更新した。

ユロドル:東京時間に高値ネックを割り、売り転換に成功、ファンダ要因もあってかユーロが強く売られた。

東京終盤、4時間足上昇CHL㊦で裏反発。ドル円はココカラ下がり始めたが、ユロドルは真下に4時間足上昇CHL㊦があって、黄1での売りを見送った。

欧州初動、ユロドルが4時間足上昇CHL㊦を割った赤1でショート、ドル円112.5+ユロ円131.5手前でアウト。

NY時間以降、ドル円の売り転換がフェイクになり、ユロドルと逆相関になってしまいノートレード。

Sep.28Fri.

流れ:緑ブロックを27日足がブレイク。昨日からユーロ売りの勢いが強いている。先週終値を割って、今週足が上ヒゲから陰線になり始めている。

ドル円:4時間足上昇CHL㊤に張り付くカタチになった。

ユロドル:昨日からのユーロ売りが強く、先週安値を割り、日足下降CHL㊦に至った。

東京時間、先週終値+ドル円4時間足上昇CHL㊤を試して”高値を切下げた”

欧州初動、高値ネック割れ赤1でユロドルとタンデム・ショート、ユロドル日足チャネル㊦でアウト。赤2のモミ下抜けショートでもいい。

Ny時間、東京+欧州時間売りオーダーの利益確定を狙った青1ロング。

今日の雑記

いつも、貴重な動画、ありがとうございます。現在トレードを始めて、一年半くらいになります。当初から迷晴れさんの動画を見させてもらい、現在は月単位で安定的に勝てるようになりました。とても感謝しております。

今日は、今何かと話題のAIが、今後我々個人トレーダーにどのような影響があるのか?迷晴れさんのお考えをお聞きできればと思い、ご連絡させてもらいました。

AIに関しては、日々多くのニュースが出ていますが、例えば、大手ファンドが、ファンドマネージャーを大量に解雇し、運用をAIにシフトしているなどのニュースを聞くと、もうすでにかなりの数のAIがトレードしていると思いますし、今後、裁量トレードがどのようになっていくのか、気になっています。

AIといっても、今後開発されていくトレードAIも、どれも同じではないでしょうし、個性のあるAIが、市場でたくさんトレードするということは、今と傾向は多少変わってくるでしょうが、結局は、何らかの傾向というか、特徴というのは、今の市場のように出てくると思うので、裁量トレードで勝負できるところは、残るのかな~と、思っています。

もちろん将来のことは誰にも分らないと思いますが、AIに関して、迷晴れさんのお考えがお聞きできれば幸いです。

動画の作成、いつも大変だと思いますが、お体にお気をつけて、頑張ってください。いつも励みになっています。

へぼ さん

へぼさんだけではなくYOUTUBEのコメントでも同様のご質問を頂いています。

たしか、少し前の動画でAIについて触れましたが、個人的な意見としては、AIを使った取引が主流になろうが、仮想通貨みたいな新たな投機市場が出てこようが、値動きの本質は全く変わらないと考えています。

値動きの本質は、欲や恐れといった人間特有の感情なので、人工知能が、そういった人間的感情を機械学習で読み取るとしたら、むしろ、EAなどの自動売買より、人間らしい投資行動をとるかもしれません。

イギリス産業革命の時代、紡績機の普及で労働者が職を奪われたように、もしかすると、フロアトレーダーは職を奪われるかもしれませんが、個人投資家には無縁のお話です。

AI導入の一番のメリットは、人間よりAIの方が圧倒的に優れているからという理由より、人件費削減によるコストダウンかもしれません。

将棋ソフトのボナンザや、グーグルの開発したアルファ碁がプロ棋士を次々に負かしましたが、そういうものとは、少し違うかもしれないので、あまり過大評価もしてません。

人間の知能も、人工知能も、パターン認識だと思ってます。

最近は、ディープラーニングのアルバイトというのがあって、月に10万円程稼げるらしい。

おそらく、ポメラニアンの画像を、あらゆる角度から見せて、パメラニアンを覚えさせるのではないでしょうか。

そうすることで、”柴犬カット”のポメラニアン画像をみせても、”柴犬”ではなく、”ポメラニアン”と判定できるようになります。

この迷晴れ動画もグーグルの機械学習初期の段階ではポメラニアンのサムネイルのせいか、”ペット”の関連動画に出されてました(笑)

チャートは嘘をつきません。

もし、今までのパターンの裏をかくようなAIがでてきても、それすらパターンとして、チャートという”棋譜”に残ります。

人間だろうが、AIだろうが、チャートに棋譜は残るし、何人たりとも、それを隠すことはできません。

ボクら個人投資家は、その棋譜の変化を感じ取って、新たな時代の流れに適応すればいいだけです。

川の流れのように、未来永劫、変わらないものはないので、適応するだけです。

人間対人間の攻防が、人間対AI、AI対AIに代わったとしても、”売り手と買い手の攻防”という構造は何も変わりません。

攻防の決着という”事実”についていけばいいだけです。

進化とは環境に適応すること。

おそらく、使えなくなる自動売買や手法は出てくるかもしれませんが、シンプルな裁量トレードの良いところは、その”柔軟性”です。

このブログでお伝えしているプライスアクション手法は、シンプルこの上ないので、それが可能なはずです。

金融庁のレベレッジ10倍案のときも、いろいろ騒がしかったです。そうなったらなったで、いくらでも方法はあるのに…と思ってました。

こういうとき、恐怖や不安を煽って金儲けしようとする輩がウジャウジャでてくるので、”AIトレード詐欺”にはくれぐれもお気をつけください。

AIプログラムの専門家によると分野によっては向き・不向きがあるそうです。そもそも、本当にトレードにAIが必要なのかどうかもよくわかりません。

仮に凄いAIがあったとしても、一般人に出回ることはないでしょう。

それよりも、脳ミソという素晴らしいAIを、ディープラーニングで鍛えるほうがいいです。

当たり前のことを、バカになって、ちゃんとやる。

ヒューマン・ディープラーニング、正しい経験を積んだ人の脳って、結構、凄いかもしれませんよ。

◆お断り◆
この動画は「学習」を目的に制作されたものです。個人の見解を過去のチャートから解説したものであり、未来を予想したり、利益を保証するものではありません。

記事へのレビューやご意見はコメント欄をご利用ください。コメントを「読者さまの声」としてブログや動画に掲載させていただくことがございます。

◆著作権について◆
当サイトは無料でご覧頂けますが、著作権は放棄しておりません。動画等のコンテンツを営利目的でお使い頂くことはできません。

詳細はご利用についてをご覧ください。



こちらの記事もあわせてご覧ください

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (14)

    • shimi
    • 2018年 9月 29日

    いつもお世話になっております。

    AIのブルとAIのベアの決着に乗ればいいんですね

    川の流れに乗らずに

    自分で流れがこっちだろう こっちだったらいいな

    トレードをしていました

    いつでも リセット  良い言葉をありがとうございます。

      • NoN
      • 2018年 9月 29日

      力技で何とかなればいいんですけどね(^_-)-☆

    • 猫チャギラ
    • 2018年 9月 29日

    いつもご教授頂きありがとうございます。人間からAIに変わっていっても我々はその変化に適応していくだけとのことですが、本当にその通りだと思いました。今までの歴史でも人は様々な変化に適応してきましたし、これからもそうしていくでしょう。そして人としての根本的なところだけは変わりませんね!最近いろいろ混乱するので、マヨハレ先生以外のfxの研修動画は見ないようにしてますが、その空いた時間で長者番付常連の斎藤一人さんの講話を聞いています。今日は成功者の共通点のお話を聞いたのですが、成功者は心の振動数が高いそうです。心の振動数を上げるには気楽、気軽になることを常に考えるようにすることだそうです。ヘビーな気持ちはダメとのことです。私は美術館に行った後fxの勝率がいいのも気が楽しくなってるかもしれません。逆に連敗する時は振動数が下がってる

      • NoN
      • 2018年 9月 30日

      病気やトラブルなど、悪い出来事があっても、そうなったからこそ、よかったこともあると思える人は長生きできるそうです(^_-)-☆

    • 猫チャギラ
    • 2018年 9月 29日

    すみません。先程のコメントガチンコ途中で切れてしまいました。連敗したら一旦斎藤一人さんの講話を聞く等して心の振動数を上げてからトレードするようにしてみます。

    • わた
    • 2018年 9月 29日

    9/28 帰宅後をチャートを見てすぐ、21:15にEUR/JYPのショートでポジションを持ち、攻防の目安としていた131.4を越えたので21:55に損切りして、すぐにロングして損を取り戻しました。
    根拠として8/13週の逆に週足・日足で2σを越えており、トレンドが反転する想定していた。
    4時間足の移動平均線も反転して下げトレンドなっていることから、131.0のサポートラインもブレイクするかもしれないと想定し、最悪の展開でも131.0付近まで近づいてから反発する判断して10pisは取れると思いショートしました。
    私は131.2付近でホジション持ちましたが、迷晴れさんであればやはり131.0をブレイクした時点入りますか。

      • NoN
      • 2018年 9月 30日

      金曜日、NY時間、131.0、ドル円サポートと、下げ止まる要素が多いですね。131.0を完全ブレイクしない限りショートはなしです。

    • モモイチゴ
    • 2018年 9月 30日

     いつも為になる動画ありがとうございます。9月のトレードが終わりましたが、迷晴れさんの動画のおかげで

      • モモイチゴ
      • 2018年 9月 30日

       途中で変な形で送信されてしまいました。完成型をあとで送信させていただきました。お手間でなければ消去して頂いて結構です。

    • モモイチゴ
    • 2018年 9月 30日

     いつもとても為になる動画ありがとうございます。9月のトレードも終わりました。9月までの収支ですが。1月-65.7、2月40.2、3月78.65、4月62.6、5月28.4、6月-149.7、7月-12.1、8月12.05、9月24.05pipsでトータル18.45pipsでした。小数点以下2桁になっているのは半利確したものを平均したからです。プラスもマイナスも一般的にはトレードをしていないにも等しい少ない数値と思われますが、今まで毎月何百pipsも負けていた私にとっては九月終了まで微々たるものでもプラスになったことはとても大きいです。迷晴れさんの動画に出会わなかったら今でも月に何百pipsも負けていたか、トレードを辞めていたかのどちらかです。本当に感謝しております。
     上記の月別の結果で前半のほうが後半よりも利益が大きいのですが、これは損切りを20〜40pipsとっていたためです。成功すればよいのですが、6月に負けが続き大きな損失を出してしまいました。その後、損切り値を小さくしようとしたので値動きが小さくなりました。今、損切り値を小さくしてどのようにしてトレードしていくか模索中ですが、今回のドル円24日の迷晴れさんの途転は本当にすばらしかったです。損切り値を小さくして損失をなくすにはこの途転が最適だとは思うのですが、なにしろとても難しいです。今までも何度か挑戦しましたが殆どが往復ビンタを食らいました。以前他の方が損切りの動画も作ってほしいと書かれていました。私も迷晴れさんが可能でしたら是非拝見したいのですが、こればっかりはFT3で数稽古しかないのではないかと思いました。以前ライブで損切りすぐ途転も拝見しましたが、自分には無理だとおもいました。途転は方向性と逆の方にするので、またいつ順行するかわからないからです。
     一つお伺いしたいのですが、エントリー時に損切りを想定するのは当然ですが、迷晴れさんは全ての損切りに対して途転をするシナリオを立てられているのでしょうか?

      • NoN
      • 2018年 10月 01日

      トレードには学ぶ段階と、稼ぐ段階があります。トータルで微益・微損でも、これを学ぶ段階とすれば、とても充実しています。

      ボクは逃げ場のないトレードを避けるようにしています。
      ここで上がらなければ、ここまで下がる。
      ここで上がらなくても、最悪ここまで上がるから、そこで逃げればいい。
      そんな感じです。

        • モモイチゴ
        • 2018年 10月 01日

         ご丁寧なお返事ありがとうございました。「逃げ場のないトレードを避ける」これは私も以前から考えていたのですが、目の付け所が間違っていました。逃げ場を作る為に勝負のつく前に早くエントリーして逆行されまくっていました。
         
        「ここで上がらなければ、ここまで下がる。
        ここで上がらなくても、最悪ここまで上がるから、そこで逃げればいい。」

         迷晴れさんのこの言葉を脳にしみこませようと思います。ただこれにはチャート読解能力が必要だと思いますので何度もチャートナビを拝見して実力を付けたいと思います。貴重な金言ありがとうございました。

    • nico-nico harry
    • 2018年 10月 01日

    遅ればせながら、今週も大変勉強になる動画をありがとうございました。お陰様で、「守破離」「攻防の決着を待つ」「足場を足掛かりにする」という事を考えながらトレードできるようになってきましたが、中々うまく行かず悲しい結果の1週間…いや、1ヶ月となってしまいました。けれど、今回の動画で「1時間足以上のレジサポ」という所が守れていなかった自分に気づき、もやもやが少し晴れました。振り返ると、この1ヶ月で今の自分にエントリー出来る所はドル円だと10回もなかったのかも知れません。でも、それでもマイナストレードを積み重ねるより良かった、と反省しています。反省とともに、「これを守ることが出来れば未来が開けるかもしれない」と少し気持ちを取り戻しています。大変ありがとうございました。10月は、「ありがとうございました!」だけではなく、「プラスになりました!」とご報告できるように、時間足メインの厳選トレードを頑張ります!

      • NoN
      • 2018年 10月 01日

      ぜひぜひ!お試しください。また、結果報告をお待ちしております(^_-)-☆

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内検索

FX人気口座ランキング
短期売買特化型口座特集
MT4口座特集
システムトレード口座特集

学習ツールと投資関連書籍

フォレックステスター購入
フォレックステスター・導入ガイド
フォレックステスター有料データ購入ガイド
投資関連書籍まとめ
トレードのヒント

負けトレードを無料診断&課題発掘

迷晴れボックス
海外FX口座の基礎知識
海外FX口座スペック比較

月別ページ

カテゴリー

シストレ24キャンペーン
FXPLUS